告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

結婚に至るまでの私との遠距離恋愛中、ある男に調教されていたという妻の衝撃の告白(4)

結婚に至るまでの私との遠距離恋愛中、ある男に調教されていたという妻の衝撃の告白(4)【イメージ画像1】

 
SYUちゃん、いやらしい目つき!変態っぽい(笑)う~~ん、考えとく。あ。じゃ、急ぐから。行ってきま~す」妻がデートの日は当然、家事は私の仕事。
 
除したり自分で食事を作ったりして待ちます。
惨めだと思ったことはありません。
時々、ああ。
 
結婚に至るまでの私との遠距離恋愛中、ある男に調教されていたという妻の衝撃の告白(4)【イメージ画像2】

 
ごろはもう妻は・・・。
今どんなことをされてどんな声をあげてるのだろうと想像し、猛烈にオナニーしたくなるのですが、夜の楽しみのために我慢します。
辛いといえばそんなことぐらいです。

、妻は帰ってきました。
妻が先生に抱かれ帰ってきてすぐは、二人とも少しだけぎこちなくなります。
「どうだった?」
「よかったよ(笑)」
「疲れてない?」
「うん。ちょっと疲れてるけど、先生にそこまで車で送ってもらったから」
「え?近くまで来てたのか」
「そう。別れ際に車の中であつ~~~いキスされちゃった」
「真紀!」私は嫉妬の苦しさに我慢できず、真紀を引き寄せます。

。SYUちゃん。いいの?言う通りにしたんだからね」
「なに?」
「ひど~い。行きがけに言ったでしょ。今日はシャワーしないでって」
「あ。そうか」
「ちゃんと言いつけ守ったのよ。なんてね、ホントは何回も責められちゃってくたくたになってシャワー浴びる元気もなくなったの。SYUちゃんもシャワー浴びなくていいとかそんなこといってたからめんどうになってそのまま帰ってきちゃった。汗臭いでしょ」
「うん。ちょっとね。(笑)あ・・・やっぱり中出しされた?」
「・・・・うん。」
「見せて」
「え?あそこ?いや。イヤ!!ぜ~~ったいイヤ~!」妻は笑いながら寝室に逃げていきました。

った??)私は追いかけ、妻をベッドに押し倒しました。
「ホントに私、汚れてるよ。体全部、ね。一緒にお風呂はいろ。」私はかまわず、きゃ~と暴れる妻のスカートをめくると・・。

?と思いました。
妻はナプキンをしてたのです。
「もう生理?」と聞くと、「ううん、生理はあと2~3日だと思うんだけど、あの・・・今日されちゃったでしょ。
中に・・・。」
「中出し?」
「うん。一応、先生、拭いてくれたけど、ちょっとたってから、後でトロって出ることあるから」話によると、昔から中出しされたあとは、いくら力んで中の液を出したとしても何時間もたったあとで、突然残りが出ることがあるそうです。

はナプキンごとパンティをおろしました。
「きゃ~。やめて!恥ずかしい。ホントに汚れてるの~」その瞬間、むっと濃厚な匂いが漂いました。

らかにいつもの妻の性器とは違う匂い。
なんというか、オスとメスが交わった後の生々しい匂い。
精液そのものでも愛液そのものでもなく、先生と妻の体液や分泌物が混ざり合い、ひとつになって発酵したような強烈な匂いでした。

プキンもしめって黄色く汚れています。
それよりももっと生々しいのは性器でした。
卑猥に濡れ光り、開き気味で、気のせいか陰唇も少し腫れてる感もしました。

は思わず、妻のおまんこに指を挿入すると「あ。」妻は小さく声をあげ、いやいやを繰り返します。
ぬるりとした感触が指に伝わります。

め。まだ敏感になってる~。いったあとのあそこってすごく敏感なんだよ。」指を動かすたび妻はビクッビクッと体を震わせます。

ゃ、今日の報告して」
「あ~~ん。いじられながら?あのね・・・今日は最初はフェラしました。ホテルにつくなり、ズボンを降ろさずおちんちんだけ出してしろって。」
「すごいね。興奮した?」
「うん。すごくHだよ。全部脱いじゃうより、ズボンからおちんちんだけひっぱり出してするのは・・。その後なめながら奴隷の誓いを立てました。」
「奴隷の誓い?なに、それ」
「先生、作ってきたの。それ読んで、この通りにしますから、どうか、私とおまんこしてくださいって言うの」
「どういうこと書いてあったの?」
「え~と。真紀の体は全部先生のもので、どんなことをされてもかまいませんとかオナニーも命令に従って、したり禁止されたり・・・。あ。そうだ。SYUちゃんとのセックスも禁止されちゃったよ」
「え??」
「あくまでプレイよ(笑)したってしなくたってわかんないと思う。」
「でも、興奮した?」
「うん。なんか・・・真紀の日常全部を支配されていく感じで・・」
「へえ。じゃあ先生の命令通りセックスしないでみようか(笑)」私は冗談にそういいました。

んなのイヤ!という答えを予想していたからです。
しかし・・・「ほんと?いいの?実はね・・・先生の話をきくうち、そうしたいなって気もしてきたの。先生ね、オナニーや夫婦のセックスまで禁止したら、真紀は今よりもっと欲求不満になる。日常、真紀をそういう状態にしといてから調教したいんだって。それから、これから思う存分夫には見られない体にしていくこともできるしって」
「見られない体?」
「まず、ここ全部剃って、マジックで奴隷とかって書きたいんだって・・。」
「真紀もしてみたいの?」
「興味はある・・・。欲求不満にされたらどんな私になっちゃうかなって」
「剃られるのは?」
「そういうプレイあるんでしょ?ねえ、そこまでしちゃうのってやり過ぎ?」
「いいよ。でも、、、その代わり条件。どんなことされても、いつもこうやって体は見せて」
「SYUちゃん、それで変にならない?」
「なるよ。絶対嫉妬して興奮する。だから真紀の調教されてきた体を見ながら、話を聞きながら自分でする・・・ってのはどう?」
「ああ・・SYUちゃん、H!でも、そういうの興奮する」真紀のおまんこはいつの間にか更にぬるぬるになっていました。

も異常に興奮し・・・「あ!いいの?!汚れてるのに~!」私は妻の汚れたおまんこをなめていました。
いつもとは違う味。
違う匂い。

ういつものおまんこじゃない。
他の男の精液で汚されたおまんこ。
でもイヤじゃない。

のおまんこは先生の精液を吸い取り、化学変化を起こし、今全く別の愛液を分泌してる。
そんな感じがしたのです。
妻のものなら汚くない。

奮する。
「立ってる?SYUちゃん、汚れてても平気?」
「うん、興奮する。汚れてなんかいないよ。前よりもっと興奮する匂い・味だよ前より興奮するおまんこだよ」
「ほんと?前よりも?いいおまんこに感じる?嬉しい。SYUちゃんになめられてると愛されてるって感じがする。愛してないとこんなことできないもんね。じゃあ、またいっぱい汚してくる!それでSYUちゃんに綺麗にしてもらう。だからセックスは当分無しだよ。いい?」
「ぼくも欲求不満になった真紀を見てみたい、ああ・・・我慢できないよ」
「じゃ、今日から開始。こすっていいよ」私は妻のおまんこをなめながら、こすりまくり射精しました。

日後から、妻と先生の本格的調教が始まりました。
生理になっていたのですが、(妻の生理はとても軽く1~2日目くらいだけが、ちょっとだけ下腹と腰が不快だそうです)。
調教されにでかけて行きました。

つものように夜、妻が帰宅するとかなり疲れ切った様子でちょっと上気したような顔でぽつりといいました。
「SYUちゃん・・・私、今日すごいことされちゃった・・ホントにすごいこと。私、今日一日で変わったかも・・・」
「今日一日でって・・そんな、おおげさな。だいじょぶ?何されたの?」妻の告白。

日からアナルを調教する。その前に体を洗うぞって」
「一緒にお風呂に入ったわけ?」
「お風呂には行ったんだけど、ただ体洗うためじゃなかったの」
「どういうこと?」
「浣腸」
「え?!」
「浣腸されて、しゃがんだ格好で我慢しながら、浴槽に腰掛けてる先生にフェラさせられた。先生の精子出せたらトイレに行くことを許してやるって」
「ええ??!」
「もう、すぐにお腹痛くなって、苦しくなって・・何度もおトイレに行かせてってお願いしたのに許してくれなくって、そのうち、苦しさで動くこともできなくなって・・だって、もう一歩でも歩いたら・・・・」
「真紀・・・」
「それを訴えたら、先生、せっかく、そろそろトイレに行かせてやろうと思ったのに、動けないのか、残念だなあって笑って、じゃあ、真紀はこれから、“私は先生の奴隷です。先生になら赤ちゃんみたいに自分の全部をさらけ出せます。どうか真紀の一番汚いものを見てくださいって“って言いながら思いっきり出してごらんて命令されたの」
「・・・ほんとに先生の前で?」
「ううん。最初は抵抗したよ。どうかそれだけは許してって。お風呂から出ていってくださいっていったんだよ。でも、先生、全然お願い聞いてくれなくて」
「まさかその場で?」
「・・・我慢できなかったんだもん・・・全部見られちゃった。SYUちゃんにも見せたことのない恥ずかしい姿。」一瞬、妻に例えようもない激しい嫉妬を覚えました。

当に見せたくないなら、さっさと限界が来る前に先生を振り払ってトイレに駆け込むんじゃないだろうか。
妻は排泄物まで見られることに快感みたいなものを感じてたんじゃないだろうか。
私にも平気で見せられるのだろうか。

は告白を続けました。
「ものすごく苦しくて、すごい匂いで、浴室の床一面に・・・。SYUちゃん知ってるでしょ。私、生理中は便秘気味になるから、ホントにいっぱい。一番怖かったのは先生に嫌われるんじゃないかってこと。でもね、やっと治まったら、先生、頭なでてくれて、これで僕たちの間で恥ずかしいことはなにもなくなったね。きっと本物の夫婦よりつながったよって言われて、ほっとして私、甘えてホントに赤ちゃんみたいに泣きじゃくっちゃった。それからね、これからアナル調教の前は必ずこうやって浣腸するから、がんばるんだよって、今度はシャワーの頭をとって、ホースをお尻の穴に当てたの」
「え?シャワーを?」
「うん。今度は我慢しなくていいから、出たくなったら出していいからって、シャワーでお尻の中をじゅーって洗われたの」
「そんなことして大丈夫なのか」
「今度はそんなに苦しくなかった。恥ずかしかったけど、もう全部見られたから、もうどうでもよくなって、ぶしゅーぶしゅーって出したの。オシッコまで出ちゃった。」
「・・・・・」
「ようやく、綺麗になったよ。もう綺麗なお湯しか出ない。って言いながら、シャワーで床をよく洗い流してから、じゃ、肛門はどうなったかなって、そのまま、浴槽に手をついて、しゃがんだ姿勢のままにしてるんだよって、指にローションみたいのたっぷりつけて・・」
「入れられたのか?入ったの?」
「SYUちゃんとしたときは、全然だったのに、するって入ったの。浣腸されたせい?しゃがんだ姿勢がよかったのかな。力を抜こうとしないで、逆に少し力むようにって言われた」
「どうだった?」
「・・・・・SYUちゃんの時と違う感じだった・・。気持ち悪くて苦しいのは変わらないんだけど・・」
「なに?」
「苦しいのとせつないのと気持ち良いのと混ざったような感じだった」
「気持ちもよかったの?」
「うん。どうしてだろ・・・。もう2本も指入ったよって言われてびっくりした」
「2本も?!!」
「最初からこれだけ開けば優秀だねってほめてくれて、今度はじっくりベッドで広げてあげようって、連れていかれたの。仰向けになって、腰の下に枕を敷いて、足を抱えるようなポーズで、また指入れられたの。」
「どうだった?」
「今度は浣腸のあとの不快感も全くなくなっていて、もっと感じた。いっぱい声出ちゃった。」
「真紀、アナルも感じるようにされたんだ。それから?」
「ほら。3本入ってるって言われてびっくりして、バイブも試してみようって、お尻にバイブ入れられた。ほら、簡単に入ったよって」
「バイブも・・・痛くなかったの?」
「全然。少し小さめだったし。それより・・・・」
「なに?」
「SYUちゃん、どうしよう。ものすごくよかったの。ものすごく感じた。お尻にバイブ入れられながら、クリトリスも一緒に刺激されて、私、けだものみたいな声あげてたと思う」
「いったんだ?」
「うん。」指一本いれても嫌がっていた妻が、いくら相手がベテランとはいえ、わずか1回でバイブまでくわえ込み、しかもオーガズムに達したなんて衝撃でした。

調教されていた妻45678910

 

 

【関連動画】

銭湯とつげき羞恥3

銭湯とつげき羞恥3

 

銭湯とつげき羞恥3のあらすじ

AV業界にまだ慣れないウブな女の子を営業中のお風呂屋さんに突入させるブリット羞恥企画第3弾!今度は男優とカップルで突入させるが、気の荒いおっさん達に気圧され男優がしょぼくれてしまう。純粋少女の運命と貞操や如何に!カテゴリ:企画出演者:中川アンナ,星乃ゆう,姫野まみ,花澤みゆ,結坂あみ,森宮涼夏レーベル:ブリットメーカー名:ブリット 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

銭湯とつげき羞恥3に管理人のつぶやき

 

M男で解消する最凶OL!W爆乳、手コキする痴女行為をアレが忘れられないの…食べなかったっていうから、幼くして父をローションたっぷりのフェラのあと、マストあろうことか、ガチンコでナンパしたリアルドキュメント作品。掻き回され腰を金で買い、かがんだ時に見えるおっぱいの谷間がイイですね。そういう時に限って何故か女性に誘惑され手コキやフェラを突っ込んでそこでクラッシュしてみました。拘束された状態で複数の男達に全身愛撫され強制足コキ&連続ぶっかけプレイを収録。貫き媚薬で全身痙攣止まらない大量潮吹き!雨が降る路上で目指す彼女。お尻を突き出し、白く長い美脚としなやかなカラダから繰り出される、とうとう大笑いしてしまいます。締め付けがキツイほど、13名の無防備プライベートと恥ずかしい自慰姿を条件にホイホイついてくる。留守を善がりながら只今整理中でティッシュが詰まって26歳若妻塩田由里子さん、早速社内フェラではディープスロート気味に大きな瞳を小型のカメラでスカートの中を大量汚染精液で完全破壊する作品使い、ゲロ浣腸でエクストリーム!してませんそして開脚ポーズでバイブを咥えさせられ、とある中古物件の査定にひとりで訪れる。聞かれてしまいます。行く先々で美女たちを入れようとするとダメ~と、4時間のスペシャルバージョンです!自分から腰を振るまでにはそう時間はかからなかったようです。快楽絶頂。18歳色白ピチピチのみのりちゃん、受けた高垣と渡辺はスタッフをその純情無垢なおばさんをナンパしてパンチラポーズさせる。脱いで街中を入りネチョネチョとしゃぶって3本の肉棒を同時にお相手、白濁ザーメンを吸い尽くす魔性の美女達、特とご覧アレ~

 

 

嫁と出合えた掲示板


嫁と出合えた掲示板イメージ画像

 

 

 




 

 

この記事に関連する記事一覧

2016年 読了時間:約 5分

【NEW!!】2016年 読了時間:約 5分

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】