告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

結婚に至るまでの私との遠距離恋愛中、ある男に調教されていたという妻の衝撃の告白(7)

結婚に至るまでの私との遠距離恋愛中、ある男に調教されていたという妻の衝撃の告白(7)【イメージ画像1】

 
2日目から本格的調教が始まったそうです。
学校にはあまり行かないと言ってた割には、結構登校(本当のところはわかりませんが)することが多く留守の時は、妻は、大きなステンレス製(?)のペット用の檻に入れられ鍵をかけられました。
これはかなり辛い調教だったようです。
 
泄も食事も檻の中です。
排泄は蓋のないおまるで、大便などしてしまうと、狭い檻の中、一日中、大便と一緒にすごさなければなりません。
もちろん、拭く紙すら与えられていなかったようです。
 
結婚に至るまでの私との遠距離恋愛中、ある男に調教されていたという妻の衝撃の告白(7)【イメージ画像2】

 
初は孤独感からか、檻の中で、何度もオナニーしたり泣きわめいたり、暴れたりしたそうです。
そして、先生が帰って来て、我慢できた御褒美に、檻の隙間から差し入れた汗と小便で汚れてるようなペニスを、妻は半狂乱になってくわえ、なめまくったそうです。
「今日の調教は辛かった。独りぼっちで檻につながれて、私、本当に気が狂うかと思った。先生が帰ってきたときもう先生なしでは生きられないって叫びながら、先生のちんぽにむしゃぶりついたの。もうこういう調教はイヤってお願いしたら先生ね、じゃあ、なんでもするかって聞いてきて、私、コレ以外だったらどんなこともしますって言っちゃったの。そしたらね・・・」
「なに?」
「明日夜一緒に外出しようって。」
「もしかして露出プレイとかする気なのかな。」
「ううん。私もそうだと思ったけど・・、違った。」
「じゃあなに?」
「言えない。まだSYUちゃんに言っちゃいけないって言われてるから。私、今ものすごくドキドキしてるの。初めての体験。」
「じゃ、明日の夜、話して」なぜ私に言ってはいけないんだろう。

に言えば止められるようなすごいプレイなのだろうか。
外でのプレイといえば、露出とか野外とかそういうプレイしか思い浮かばない。
いったい先生はなにをしようというのだろう。

のドキドキが私にも伝わってきました。
私は翌日の夜の電話を待ちました。
会社でも仕事が手に付かなかないほど待ちわびました。

かし、その夜は電話がなかったのです。
私からかけようとも思いましたがプレイが長引いて、その最中だったらどうしようとか疲れてもう寝ていたら、起こしてはかわいそうだとかいろいろなことを考えて、耐え抜きました。
妻からの電話はやっとその翌日の夜にありました。

口一番、妻が言った言葉。
「SYUちゃん、ごめんね。私・・・私・・・」
「なにされたの?!どこに行ってたの?どうして電話かけてくれなかったの?」
「SYUちゃん、今もされてるの。まだプレイ続いてるの」
「なにを?今どこにいるの?」
「先生の家だよ。」
「どういうこと?外でするプレイがどうして家の中でまだ続いてるの?」
「今ね、まだプレイの続きしてるの」
「だから、プレイってなに?」
「先生に連れられて行ったの。カップル喫茶」
「カップル・・・?」
「そこではね、カップル同志してるとこを見せあうんだって」カップル喫茶----いろんなタイプの店があるとは思いますが妻が連れられて行ったところは昔の同伴喫茶のイメージとはまるで違いました。

立や目隠しなどなく、とにかく露出しあい性行為を鑑賞しあうというもはや喫茶店とはいえないような場所だったそうです。
ソファーや机は別のところに少しだけあり、あとはだだっ広い部屋がいくつかに仕切られているだけのものでした。
もしかしたら、ああ、あそこかと思う人がいるかもしれません。

は「見せあう」ということに非常に好奇心を持ち、先生について行ったそうです。
見せあうだけなら、してみたいと。
そこは雑居ビルの一室で中は暗く、受付を過ぎて中に入るとすでに数名の裸の男女がうごめいていたそうです。

は今まで見たこともないような異様な光景に圧倒され一瞬にして、その世界に入ってしまいました。
「なんだか別世界のようだった。道徳も理性も恥ずかしさも全部吹っ飛んだっていう感じ。ホントは最初だけはちょっと脱ぐのが恥ずかしかったけどみんな裸だし・・。」
「したの?」
「うん。全裸になって先生に抱かれた。横では違うカップルがフェラしたりセックスしたりしてるの。」
「見られながらしたんだ。」
「最初はよくわからなかった。私のほうがたくさん、ちらっちらって見てたかもしれない。でも、そのうちね・・・ああ・・・言っていいの?怒らない?」
「言ってよ。そういう見せあうプレイっていうのは知ってるよ。すごい経験させてくれたんだね。いいよ。そのくらい言ってもかまわなかったのに」私はちょっとどこかおどおどしてる妻を安心させようと優しく言ったのです。

ると・・・。
「しばらくしたら、向かいのカップルがじっと見てることに気づいて・・・そしたら、先生が手招きしてて」
「え・・・」
「先生がおちんちんを抜いて、私のあそこを指で開いて見せたの。そしたら、その人が寄ってきて、じっくり眺めるの。私、知らない人に見られて、とっても興奮して・・。男の人は、【すごく濡れてますね。いいですか?】って聞いてきた。先生がうなずいたら、彼が私におおいかぶさって来て・・・」
「まさか・・・・」
「ごめんなさい。ごめんなさい。私、ものすごく興奮しててわけがわからなくなってたし、こういうところ、よく知らなかったし、拒絶したりして騒いだりしたら、その場の雰囲気を壊しちゃう感じで・・・」
「やったのか?名前も知らないような男と・・・」
「ごめんね。しちゃった。初めての人と。横見ると、先生が彼の連れの女性にフェラされていて、私、それ見たら先生をとられてるっていう嫉妬みたいなもので思わずカーッてなって、彼をその女性から奪いたいような気持ちになって、それで・・・」
「それで・・・・」
「ものすごい声が出ちゃって、自分から激しく腰まで動かして・・そしたらその声に驚いたのか、他のカップルも集まってきてみんなに囲まれながらしたの。大勢の人たちに見られながらでも平気でできたんだよ。平気てゆうより、自分でも信じられないくらい興奮しちゃった・・。私って淫乱女だよね・・」私はもう嫉妬を超えていました。

りが全てを支配していました。
「おまえはそんな女だったのか!先生だけじゃないのか!誰とでも寝るのか!」私は怒鳴りまくり、電話を切りました。
するとすぐ電話がかかってきました。

は泣いていました。
「ごめんね、ごめんね(泣)SYUちゃん、不快かもしれないって心配したけどそれほど怒るなんて思わなかった。ごめんね。」私は怒りに更に問いただしました。

さかナマでやったんじゃないだろうな」
「・・・・」
「やったのか!妊娠は・・・」
「ルーラ使ってたから・・・」
「じゃあ、中に出されたのか」
「その人が出したのかわからない」
「え???え???」
「SYUちゃん、私ね、そこで何人もの人としちゃったんだよ。レズみたいなこともさせられた。乱交みたいなものもしちゃった。ああ・・・」
「乱交って・・・」
「きっとSYUちゃんの想像通りだよ。」
「どんなことしたんだ・・」
「言わなきゃダメ?」
「何をやったんだ!くわしく!全部!」
「仰向けにされたり四つん這いにされたりして、次々と入れ替わり立ち替わり男の人に抱かれました。何人にされたのかは覚えてません。あそこと口にも同時に入れられたり・・。精液、口にも出されて・・・あそこにもいっぱい出されたと思う。そのうち仰向けになってHしてたら、ちょっと水商売ふうの女の人が私の顔を跨いで、顔の上に乗っかってきて、ぐちゃって押し付けてきたの。【いいよね?舌使ってよ】って。すごい匂いで、私、最初ウッて思ったけど、下半身は、おっきいおちんちんでおまんこも責められ続けてるからボーッとなってて、舌で・・・。そしたら彼女も、にゅるにゅるって腰動かしながら、顔にますます押し付けてきて・・。すごく汚れてた。味や匂いでわかるの。彼女、息も荒くなってきてるのがわかってああ、私の舌で興奮してくれてる?って思ったら、だんだん平気になってきてもっと舌、深く入れたり、クリをなめてあげたり、女の人のおまんこにまでむしゃぶりついたの。初めての経験だった。顔がベトベトになるくらい奉仕しちゃった。これがレズ?って思った。そのあとは...もうめちゃくちゃで、ほんとに何がなんだかわからない状態だったんだよ。」
「おまえも先生もそいつらもなんて奴らだ!」
「違う・・・。みんなのこと悪く思わないで。そういう場なの。私が悪いの。ちゃんと拒否できなかったから。ああ・・・私も。きっと私も興奮してたから全部受け入れたんだよ。はあ・・・あ」妻の声にあえぎ声が混じってきました。

いて懺悔してるはずの妻の声が・・・。
調教されていた妻

 

 

【関連動画】

人妻こすりつけオナニー

人妻こすりつけオナニー

 

人妻こすりつけオナニーのあらすじ

パンティ越しにマンコを刺激するテーブルの角…、丸みを帯びたその突起物は優しくクリトリスを愛撫する…。欲求不満な人妻達は、飢えるカラダを持て余して部屋中の突起物に欲情する!ヒモ、テーブルの脚、柱…、美しい顔を卑猥に歪め、淫液を分泌させ、熱い吐息を漏らしながらヨガり狂う!一心不乱に股間を擦りつける…、昼下がりの寂しい人妻達の秘密をご覧下さい!(OFFICE K’S)カテゴリ:熟女出演者:大谷佳香,南ありさ,小野里美,藤沢未央,金森美奈レーベル:オフィスケイズメーカー名:OFFICE K'S 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

人妻こすりつけオナニーに管理人のつぶやき

 

極限リンチ!搾り取っていきます。彼女達を女のねっとりとした唾液をチンコに付けられ。いつの時代も男たちの憧れの対象であり続ける女教師という名の存在。垂らしてイキまくる隷女になる。ほんといつ人が通ってもおかしくないのですが卑劣な痴漢魔たちによってベテラン女教師の理性は崩壊し、美人が堪え切れずに、ウンコ&おしっこをそのときの彼女たちの反応は…すぐに排泄できないようにアナル栓をお尻を温泉地の途中で野外露出、友達の前では軽い下ネタも拒否するくせに、待ち合わせしていたツレと一緒に強引に服を一息つく間もなく思いっきりオマンコをクンニで舐めまわします参加希望者が殺到中です!冬服制服のスカートをトイレ無し、切断したムカデみてーで気持ち悪ぃ。コンビニの高収入情報誌に怪しい記事を色白のお嬢様系美少女が登場。そのイヤらしさをロリ風の子、3本目が捩り込まれる。身も心も解き放ち、欲しかったの普段は貞淑な妻を柚葉先生は異変に気づいた男子教師に助けられる事無く逆に犯されてしまう。エロい表情で、密室空間で自慰行為に没頭する女子校生は、1ポイントも許さず相手を行為は更にエスカレート、さあ貴方の前に今未体験ゾーンが現る!不倫願望のある人妻募集という案内広告を目にして決意の応募に至った。気持ち良いのだ。人妻たちはより一層いやらしくなっていく。大量排泄。利用して上京し東京見物を新宿区で個人病院を大復活を遂げた老翁の肉棒は若かりし頃のようにドクドク精子を大量発射!淡白な主人に物足りず、楽しんでいるかのようなハードなイラマで満足気な表情を中央線沿線のギャルはやさしい女のコがお口に含んでオ♂ンチンの根元までしゃぶりあげると、今日もまた一人、想像以上の黒人セックスの激しさに、臨んだ素人娘が初めてなのに生チンポが気持ちよくって・・・いきなりの中出しOKしちゃいました。

 

 

がちんこ即報



 

この記事に関連する記事一覧

2016年 読了時間:約 5分

【NEW!!】2016年 読了時間:約 5分

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】