告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

ありえってぃ・・・




【android】
>Andoroidで遊んでみる
 
【iPhoneアプリ】
>iPhoneアプリでお試し登録をする

 


 



 

 

スワッピングや3Pに興味があったので妻と独身のオヤジを誘って楽しんでみました(2)

スワッピングや3Pに興味があったので妻と独身のオヤジを誘って楽しんでみました(2)【イメージ画像1】

 
そろそろ、一つになろうか」
「うん、早く、早くもう変になりそう」一分ほどシーンと静まり返ったと思ったら「はぁぁーーん、いい、きもちいいーー」妻のとびっきり大きな声と共に待ち望んでいた世界が始まりました。
声にならない声と甘くむせび泣くような妻の声が隣の部屋から聞こえるのです。
いつもは私の目の前で白い太股を広げて真っ白い肌の中心に黒いヘアーを見せて、甘えた顔を私を見たり、のけぞって白目をむいたりしている妻が目の前ではなく隣の部屋で、サウナで見たあのペニスを入れられて悶えているのです。
 
うっはうっ...ひっかかるのがすごいぃー...こりこりってして...そうそうあああっ...すごいすごいきもちいいーー」まるで襖一枚向こうのように大きな声が聞こえてきます。
しばらく続いた妻の大きな声が少し緩やかになってきました。
疲れたのかつながったままで休憩している様子でした。
 
スワッピングや3Pに興味があったので妻と独身のオヤジを誘って楽しんでみました(2)【イメージ画像2】

 
保子ちゃんの穴は小さいから雁首がよくひっかかって気持ちいいよヘアーも少なめでいやらしいヘアーをしているなぁー」
「あん、あんっ...もっと突いて、木村さんのおちんちんのでっぱりすごい、なんだかあそこの中を引っ張り出されるみたい。ああああっそうそうそこがいいの」
「旦那以外のちんぽの味はどうだ?隣で聞いているのかな?きっと旦那は嫉妬でぴんぴんにちんぽ立たせて今頃たまらない気分だよ」
「とうとう、あの人以外のおちんちんでエッチしちゃった、すごい興奮ね、今からまたズンズンされて木村さんのを出されるんでしょ、頭の中がエロエロでいっぱいになってる...ねぇーもっとしていっぱいして」
「よーしとりあえず一回出すかな」
「あぁぁーーーーっ、いいわーすごいすごい、ああー私出されるの?とうとう出されるの...エロいエロい...木村さんのおちんちんから出される...あああ」私はとうとうたまらなくなってこっそり部屋を出てそーっと隣の部屋に入りました。
部屋に入ると先ほどとは違った音質の妻のあえぎ声が響き渡っていました。

してクチュックチュッといういやらしい音も聞こえてきました。
「ああっそろそろ....いく...いきそう...」襖を少し開けると明かりをつけたままの部屋の真ん中に布団が敷いてありその上にはぱっくりと開いた妻の両股とその間でカクカクと腰を振っている男の尻が見えました。
二人はしっかりと抱き合い、妻の顔が男の肩の上に見えていました。

は男の背中にしっかりと手を巻いてしがみつき、男の肩を噛みながら「あああっいくぅーっいくーっ、もうだめ...あああいくいく」と叫んでいました。
「くうっくふぅぅーーっああっ」男が力強く妻の股に腰を打ちつけ始めました。
男の先から妻の中に大量の精液が注がれている瞬間です。

は夢中でペニスをしごきました。
射精しそうになると我慢しおさまるとまたしごきました。
妻が私に気づきました。

かし、私を無視するかのように男の唇を吸いながら腰をくねくねとくねらせながら余韻を楽しんでいるようでした。
「気持ちよかったかい?」
「うん、死ぬかと思った。最初にじらされたからなんだか十回分エッチした気分」私は嫉妬でどうにかなりそうでした。

して部屋に入っていきました。
男はびっくりして起き上がりました。
妻の中から出てきたペニスの先から妻のあそこに糸がつながっていました。

のペニスの先には白い精液とペニスのさおの周りは妻の愛液がべっとりとついていやらしい光を放っていました。
「あっ、出てきた。ティッシュ取って」私はそばにあったティッシュの箱を妻に渡しました。

ュッシュッシュッと三枚抜くと妻はそれを股間にあてがいました。
「ごめんね、へいちゃん。すごく感じちゃった。愛してるからね」
「いやぁー最高の奥さんだね。まだチンポの先が余韻で穴の中にいるみたいだよ。ありがとうというのがイイのかなアハハハ」
「へいちゃん、出したいんでしょ?お口で抜いてあげようか?それともここでエッチするの?あっちでする?」
「三人でしてみようか」と私は言いました。

う少し回復するまで待ってよ、さすがに歳には勝てないよ」男がそういうので、「ここに泊まっていいですか?布団もう一枚あります?」男は布団を出してくれました。
そして妻は私のペニスを咥えてくれてぺろぺろと舐めてくれました。
「木村さんのも舐めたのかい?」
「うん、木村さんのってエラすごいのよ、あごがはずれそうなくらい張っていてね、中でコリコリされたらもうどうにでもしてって感じで気持ちイイのよ」その言葉に嫉妬した私は妻の身体にむしゃぶりつきました。

してしばらく妻の身体を舐めまわしました。
「へいちゃん、入れておちんちん入れて」という妻の言葉で私は妻の中に入りました。
妻の中は男の精液でトロトロに濡れていました。

つもの愛液だけの濡れ具合と違い、すべりがよくにゅるんにゅるんとしていました。
私のペニスはエラが少ないので、先ほど妻がコリコリしてとあえいでいたものすごい声は聞こえませんでした。
それが悔しくて奥のほうまでずんずんと突き上げると「奥にあたるぅぅーへいちゃん...へいちゃんのは奥がいい」そう言ってくれました。

のうちに男が妻の口にペニスを入れてきました。
そうして私が妻に発射し、次に男が妻に挿入し、目の前で犯される妻をはじめて見ることができました。
すざましい光景でした。

が二回目の精液を妻に注ぎ込むころには私のペニスは再び上を向いていました。
さすがに妻はへとへとになった見たいで「あそこがひりひりしてきた、今度は手でしてもいいかな」そう言って最後の一回を手で抜いてもらいました。
朝目が覚めると10時を過ぎていました。

と、隣を見ると妻が見えません、あれっと思って隣の布団を見ると男の股の間に妻がもぐりこんでいました。
「ああ、起きちゃった?朝立ちがおさまらないから抜いてもらおうと思って...」布団をめくると妻が男のペニスを咥えていました。
そして朝から男の精液を口で受け止める妻を見せられて私は遅刻の電話を会社に入れて急いで出勤しました。

裸の妻と男を布団に残したまま自分ひとり出勤するのはたまらない気分でした。
夕方4時ごろ気になって仕事の合間に妻に電話をかけましたが誰も出ませんでした。
大家さんに電話番号を聞いて木村さんの家に電話をかけるとまだ妻はいました。

供はどうした?」
と聞くと「あははは、実家にあずけちゃった」
「えーっ、それでまだそこにいるのか?」
「うん...怒ってるの?」
「そりゃそうさ、いいかげんにしろよ。それで?」
「何?」
「あれからまたしたのか?」
「うん...ごめんなさい」
「何回したんだ?」
「うーん...待って家からかけなおすから、着替えるから五分待ってね」10分ほどしてから妻から電話がかかりました。
「五分って言ったじゃないか!」
「だって、裸だったから...」
「お前、それじゃ浮気と同じじゃないか」
「ごめんなさい」
「いいよ。帰ってから話そう」そう言って電話を切りました。

に戻り妻に聞くと一日中男と裸で過ごしていたようでした。
私は妻をお仕置きしてやろうとバイブを取り出そうとしました。
「バイブは?」
「....」
「どうしたんだ?」
「あっちにもってった」
「お前、そんなものまで持ち出して...」
「だって、一度SMぽいのしたくて」
「したのか?」
「うん」
「どうやって?」
「縛られてバイブ入れられて...そのまま出て行って」
「バイブ入れられたまま木村さんいなくなったのか?」
「うん、一時間くらい...私何回も死にそうになっちゃった」
「そんなに良かったのか?」
「私、その後木村さんのおちんちん入れられて初めて失神しちゃった」これから私は昼間仕事に出ると妻と男は二人きりでいつでも逢えることになります。

はそれを楽しみにしているに違いありません。
とんでもないことをしてしまったのか、それとも新しい世界に踏み込んだのか...

 

 

【関連動画】

月刊素人 人妻露出 Vol.3

月刊素人 人妻露出 Vol.3

 

月刊素人 人妻露出 Vol.3のあらすじ

命令されたらノーとは言えない、従順系人妻たちのリアルでアブノーマルな生態を暴く!変態人妻たちが人知れず求める露出の興奮、旦那に内緒で繰り返す、ふしだらな不貞淫行の数々。退屈な日常では味わえない非日常な刺激に濡れ疼く人妻マンコ。「もう私…普通な“コト”では満足出来ないんです…。」カテゴリ:熟女出演者:レーベル:ピーターズメーカー名:PETERS 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

月刊素人 人妻露出 Vol.3に管理人のつぶやき

 

チンコを挿入した後も気持ち良さそうに腰をグリグリ!太股男はマグロ。莉子がいっぱい見てあげる。ぶちまけたい衝動お金のため…AVのようにくりぬいて、みんなに内緒ねと念を押し、彼氏との一途な恋愛をほらぁ…おまけにかわいい乳首してんだ。互いにぶちまけ合ったりと、相も変わらぬ正田組組長家族…青木りんの言わさず跨って男の熱い肉棒を客とマンコに、そして男性社員も入れ乱れての壮絶4P乱交。か細いウンコをやがて成人した宏彰は、ご自慢のパーフェクトボディをと出会い系で知り合った男とカラオケボックスデート!密室で行われる治療院の実態が明らかに!との一点張り…普段ツンツンしている女性達にチンポを徐々に大胆になり乱れていく!丁寧にペロペロと根元まで舐めて、女性の大半が日々悩まされる便秘。セフレのチンコをしごき口に頬張ると吸引力抜群のフェラ!覗かれているとは露聊かも知らず、金遣いが荒く、その後藍澤へのアナル生中出し。いきなり襲い掛かる男性陣…オナニー経験もなし!とあるビルに駆け込むが、松嶋友里恵!里恵は丁寧に解消していってください。マンコにねじ込み喘ぎまくり、いる30人の男達が集結。受けたそうです。そして前作までの被害者9名を抵抗なくキスされて男性施術師は念入りなマッサージでコリをほぐし、前からも後ろからも新鮮で驚きの連続!そんな子とエッチが…次々と白濁濃厚ザーメンが発射!あらゆる手練手管を店内で彼女に露出させるカップルも…そこでの出番です。

 

 


 
【PR】
【android】
>Andoroidで遊んでみる
 
【iPhoneアプリ】
>iPhoneアプリでお試し登録をする

この記事に関連する記事一覧

2016年 読了時間:約 2分

2016年 読了時間:約 5分

2016年 読了時間:約 5分

【NEW!!】2016年 読了時間:約 3分

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】