告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

下着をきっかけに誘惑されて快感を味わった人妻とのセックス体験談(4)

下着をきっかけに誘惑されて快感を味わった人妻とのセックス体験談(4)【イメージ画像1】

 
あんっ、あっ、あっ」文太の抽送が始まると、すぐに吐息が乱れていった。
それと同時に、むっちりとしたフトモモが少年の腰に絡み付いてくる。
騎乗位の時よりも高い密着度は、文太に強い一体感を抱かせた。
 
体の熱が、触れ合う肌から伝わってくる。
汗ばんだ二匹のケダモノは、互いの分泌液を交換するかのように身体をくっつけて動いていた。
「いいわあっ、文太君、最高よぉっ!あっ、あはあっ、あっ、もっ、もっと激しくっ!もっと激しくしてぇっ!」ほんの数か月前まで小学校に通っていた少年が、成熟した色香を放つ大人の女性に覆いかぶさって腰を振っている。
 
下着をきっかけに誘惑されて快感を味わった人妻とのセックス体験談(4)【イメージ画像2】

 
れは実にインモラルな光景だった。
「んっ、あっ、ふあっ、んんっ」下半身だけでなく、唇や舌も互いを求めて積極的に動く。
今、彼らは一体になっていた。

うすでに二人の間にはなんの障壁も無いかように文太には思えた。
「ああんっ、文太君の、硬いのっ、すごいっ!」正常位での単調な往復運動。
上手とは決して言えないであろうそのピストン運動は、しかしながら紫織の性感を大いに刺激した。

槍の突撃を受けるたびに、身体の芯が燃え上がる。
膣孔をぐちゅぐちゅ掻き回されると、失神してしまいそうなほど強烈な悦楽が全身に広がっていくのだ。
若いオスの元気なペニスは、ただ挿れられているだけでも気持ち良い代物だった。

んな極上の肉棒で力強く擦られまくっているのだから、なおさら気持ち良くなってしまうのである。
「うあっ、ぼっ、僕もっ、紫織さんのでっ、すっごく、すっごく気持ちイイですっ!」突けば突くほど、女の喘ぎは激しさを増す。
絶頂へと向かっていくほど、紫織との一体感が高まっていくように思えた。

あっ、もっと、もっとしてぇっ、私をイカせてぇっ!」熟女の淫らなおねだりに応じるように、男子中学生は全力で下半身を動かし始めた。
先程の騎乗位の時よりは余裕があるが、しかしこれだけ激しい摩擦を受けていては我慢がきかなくなってくるというものだ。
(うっ、だっ、だめだっ)終わりを悟ったその時だった。

高い官能の叫びが耳に飛び込んでくる。
紫織のほうが一瞬先に音を上げてしまったのである。
「あーっ、イクっ、イクのぉ――――っ!!」
「あ、あ、ううぅっ」腰の辺りをブルブルと震わせ、情けない声を上げながら、少年は果てた。

回目にしては多めのスペルマが、熱く火照った肉洞へと吹き付けられる。
「はあ、はあ、はあ、はあ…………」連続発射で疲れきった文太は、倒れるようにぐったりと身体を預けた。
彼を抱き止める紫織は、「満足だ」とでも言いたげに笑みを浮かべて深く嘆息する。

ながったままの二つの生殖器。
その結合部からは情欲の白き残滓が溢れてトロトロと流れ落ちようとしている。
そして、少年と熟女はそのまま眠りについた。

っ、あっ、いっ、ああんっ」あれから数十日後。
二人は昼間から台所でつながっていた。
紫織は毎日料理をするための場所――――すぐ横にはシンクがある――――に手をつき、立ったまま尻を突き出して後ろからの衝撃を受け入れている。

太は紫織の腰に手を当て、白く美しい尻に自分の肉根を叩きつけていた。
十五歳差の男女はまるで本当の夫婦のようにタイミングを合わせて腰を振っている。
毎日のようにセックスを繰り返していたので、二人はまるで呼吸をするように自然にまぐわうことができるようになっていた。

はあっ、ひいっ、あああんっ」
「おわっ、イイっ、凄く締まってますっ!やっぱりこの格好でヤルと、紫織さん、興奮するんですよねっ?」そう言って、舐めつけるような視線を紫織の"衣服"へと向ける。
彼女の背中は大きく露出しており、尻に至っては丸見えであった。
これは、紫織が裸体にエプロンしか身に着けていないためである。

れは完全に文太の趣味であり、成人向けの漫画の影響が色濃く反映されていた。
そしてその、全裸にエプロンのみを着用するという奇妙な装いが、紫織に新鮮な興奮を呼び起こしている。
一方、文太は全裸だった。

あっ、そっ、そんなことないわっ!あんっ、私、そんな変態じゃ、ああ、な、ないのにぃ!はあああっ……!」
「そ、そんなこと言って、紫織さん、こ、こんなに濡らしちゃってるじゃないですかぁ」文太が焦らすようにゆっくりと抽送し始めれば、紫織は物足りないとばかりに自分で腰を動かそうとする。
一度つながってしまえば、紫織はもう文太のいいなりのような状態になってしまう。
少年にとって、年上の女性を弄ぶという愉悦はこの上ないものであるように感じられた。

ぅんっ、ちっ、違うのぉっ、私、こんな……あっ……はあっ、ああっ、イイっ!」自身の変態性を否定するために気丈な態度を表わそうとしても、肉の快楽には抗えない。
勢い良くドスドス突き込まれればいっそう強く喘いでしまう。
若茎ピストンの甘美な衝撃により、悦楽ではしたなく歪んだ顔が仰け反り、天井を向いた。

れは雌としての幸せを享受できた女の心底嬉しそうな表情であった。
後ろにいる文太にはよく見えなかったが、紫織の淫らな啼き声を聞いていればだいたい想像できた。
文太は、前に伸ばした指先で布地越しに乳首をコリコリと弄り始める。

激を受けてしこりきった乳頭はエプロンを押し上げてその存在をアピールしていた。
「ああっ、すごいっ、おっぱい、イイのぉっ!」そして、充血したクリトリスを片方の手の指の腹でくじる。
その執拗な撫で回しは、まるで軟膏を塗り込もうとしているかのようであった。

豆とクリ豆の両方から痺悦を喰らわされ、彼女の性感神経はこれでもかと刺激される。
両手で愛撫をしていても、少年の陰茎は愛液の溜まった膣内を激しく撹拌することを忘れない。
ただ闇雲にピストンをしているわけではなく、その動きはきちんと紫織の気持ち良いツボを突いていた。

れだけでなく、少年は腰を複雑に円運動させることすらできるようになっていた。
文太は確実に成長しているのだ。
自分に何も無いと思っていた文太だったが、どうやら性交の才能はあったようで、あの夜の初体験の時の拙さが嘘だったかのように、現在は紫織を簡単にイカせることができるほど上達していた。

織のほうはというと、文太の予想外の成長ぶりに喜びつつも、年下の少年に主導権を握られる悔しさを感じていた。
やはり彼女にも、年上の女性としてのプライドというものがあるのだろう。
女を極みへと導いた男は、付け上がって傲慢になることが多い。

織はそれを危惧していた。
彼女はまだ上位の存在でありたいと思っているのだ。
文太としては、完全な主従逆転を狙ってはいないようだ。

だ単に、自分の責めで感じてくれている紫織の様子が可愛く思えて仕方ないといったふうである。
(ああ、大好きだ、紫織さんっ)家捜しに端を発した肉体関係により、文太の生活は一変した。
あれからずっと、隣家の子持ち人妻の身体で思春期の盛んな欲望を満たす爛れた日々を送っている。

手が夜の恋人であった少年は、他人と一緒に快楽を共にすることの素晴らしさを知った。
なるほど、肉体関係を持つということは、こういうことなのか。
彼は夫婦になるということの利益を存分に堪能していた。

方、紫織はというと、性欲を持て余す男子中学生を相手にするということがどういうことなのかをこれでもかと思い知らされていた。
中学生という年頃の少年は、健康体であるならばやはり性衝動が強いのが普通である。
それは文太も例外ではなかった。

や、人一倍性欲の強い少年であるとも言えた。
短時間で四回、多い時では六回も射精できるという男性はなかなかいないだろう。
二人とも、何度身体を重ねても飽きを感じるということが全く無かった。

太君っ、あっ、あっ、わ、私、もう…………!」まだまだ幼い顔立ちの少年に、十五も歳の離れた大人の女性は追い詰められてしまっていた。
「あっ、あっ、イクっ、イクイクイクぅぅぅぅ――――っ!!」立ったまま後ろから突かれ、身体を前後に揺らされている紫織。
雌の悲鳴を上げると同時に身体を仰け反らせ、達してしまったことを少年に教えてしまう。

れに一瞬遅れて、文太の肉砲も火を噴いた。
体内に埋まったイチモツが激しく痙攣し、先端から白い劣情の塊が飛び出す。
熱く火照った膣壁に雄粘液を勢い良く叩き付けられ、紫織は更なる極みへと達してしまう。

あっ、またイク、イッちゃうぅぅぁぁああっっ!!」剥き出しのヒップを震わせ、結合部からぷしゅぅっと女の汁を噴き出す。
紫織は連続絶頂を極めた瞬間、潮を吹いてしまったのだ。
「ううっ」反撃とばかりに括約筋がぎゅぎゅっと締め付けてくるので、文太はたまらず低く呻いた。

れはまるで、最後の一滴まで精液を搾り採ろうとしている雌そのものだ。
文太が腰を引いて分身を女孔から引き抜くと、逆流した精液が結合部から床へと垂れ落ちていく。
白く糸を引いている粘液は綺麗に掃除されたフローリングを汚していった。

あんっ…………」若肉を抜き取られた時に人妻は不満そうな声色で甘く喘いだ。
そのままずっと挿れたままにしておいてほしいと言っているかのような調子だった。
「ねえ、キスして…………んっ……」二人は抱き合って深く唇を重ねた。

織のほうから情熱的に積極的に舌を絡めている。
(文太君……好きよ……!)男として増長していく小憎らしさを感じつつも、やはり文太のことが可愛くて仕方ないのだ。
そうして長い間互いの唾液を貪りあった後、二人は次の行為を始めた。

っ……はあっ………………あぅっ…………」文太はひんやり冷たいフローリングの床の上に尻をつけて座り、両手は身体を支えるようにして後ろに配置させていた。
「うふふ…………どうかしら……?こういうのは……?」
「はあっ、きっ、きもちっ、イイですっ……!」
「女の人の足で気持ち良くなっちゃうなんて、文太君、変態なんじゃないの?ふふふっ」紫織は椅子に浅く座り、両足を使って文太のイチモツを弄んでいた。
いわゆる足コキである。

あっ、はあっ、そっ、そんなぁ……」文太が紫織に足コキをされるのはこれが初めてだ。
しかも突然だった。
文太に具体的なことは何も知らせず全裸のまま床に座らせ、いきなり足で嬲ってきたのである。

あぁ、なんで、なんでこんなにイイんだぁ、ああっ)最初こそ困惑していたものの、あっという間にその快楽に屈してしまった。
足の裏の厚い皮膚でサオを強めにシコシコされるのも、足の指で亀頭をクリクリされるのも、信じられないほどキモチイイ。
比較すると、やはり挿入行為のほうが上なのだが、足で弄ばれるのも非常な快感を得られる。

れゆえ、文太は無抵抗でイジられ続けているのである。
「あらあら、どうしたの?そんなにだらしない顔しちゃって。カッコワルイわよ、文太君……くすくすっ」意地の悪い魔女がするような嘲笑。

倒的優位に立つ者が浮かべることのできる表情。
そう、文太とのセックスで快感負けしてしまうようになった紫織にできる唯一の反撃。
愛撫ならば、一方的に攻め続けることができるのだ。

ぅうっ……!」あの初体験から数十日が経っている。
握られただけで達してしまいそうだったあの時と比べ、我慢強さは飛躍的な進歩を遂げていた。
しかしそれでも、この足を器用に使った責めは実に耐え難い。

織との行為によってマゾ的快感に目覚めてしまった――――いや、目覚めさせられた、と言うべきか――――文太は、こういう被虐的なシチュエーションに酷く興奮し、強い快感を覚えてしまうのだ。
紫織を責めまくるのも好きだが、責められまくるのも好きだ。
守るべき愛しい女性に踏まれて気持ち良くなってしまうという情けなさもまた、官能を燃やす薪となっていく。

ジメられると、イイ。
足で踏みつけられるように圧迫されると、もう堪らない。
(こんなことも、旦那さんにしてあげているんだろうか…………)脳裏をよぎる、自分以外の男性の影。

ょっとしたら、これは夫以外の男性との経験で培った技術なのかもしれない。
だとすれば、いったいどのような状況でどんな男に教え込まれたのだろうか。
男遊びなどしそうにない清楚な外見の紫織だったが、淫乱な本性を知ってしまった今となっては、そのような卑猥な想像も現実味を帯びてしまうのだった。

らほら、もっと頑張りなさい、うふふふふっ……!」苦戦する少年を面白そうに見下ろしている紫織。
彼女は先程まで着用していたエプロンを外しており、今は全裸の状態で台所の椅子に腰掛けている。
剥き出しの割れ目からは先程までの情交の余韻が糸を引いて垂れていたが、彼女は隠すことなく晒していた。

しろ戦利品とでも言わんばかりに見せつけているようでもあった。
「だっ、ダメだあぁっ、もうダメっ、ダメですっ!」始まりから終わりまでずっと劣勢のまま、決着がつく。
中学生の焦りに満ちた悲鳴は敗北の印だ。

あうぅっ、出るっ、出ちゃいますぅ――――――――っ!!」恥ずかしい宣言と共に、ブルッと全身を震わせ、醜い欲望の塊を体外へ一気に放出する少年。
噴水のようにしぶいた粘性の高い子種汁が、落下先である紫織の白く美しい素足にびちゃびちゃと付着していく。
あっという間に汚濁された両足を、紫織は泥遊びでもするかのように擦り合わせて粘液を弄んだ。

ったく……こんなに出しちゃって、イヤラシイ子ねえ…………これじゃあお掃除が大変よ…………ふふふっ」ニヤリ、と勝ち誇った笑みを浮かべて見下ろす紫織。
女王陛下も裸足で逃げ出しそうな高貴さと傲慢さを兼ね備えているように文太には思えた。
(ああ、やっぱり紫織さんにはかなわないや……)それから二人は、何事も無かったように仲良く一緒に夕食の準備をするのだった。

晩は文太の大好きなハヤシライスだ。
これからも二人の蜜月は続いていくだろう。
それが二人だけの秘密である限り。

どうなの?私と、したくない?】【…………ぼっ、僕は、したいですっ!ぼぼぼ僕はっ、紫織さんとしたいですッ!】あの時、そう言えて良かった。
文太は心の底からそう思っている。

 

 

【関連動画】

パンツ おもらし 立ちション Vol.1

パンツ おもらし 立ちション Vol.1

 

パンツ おもらし 立ちション Vol.1のあらすじ

立ちションだから見えてくる驚愕映像!最後の一滴までご覧下さい!20人のシミと滴!カテゴリ:おしっこ出演者:レーベル:なにわ書店メーカー名:なにわ書店 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

パンツ おもらし 立ちション Vol.1に管理人のつぶやき

 

擦るなど、大人っぽい女教師とおねだりぶりっこ女子校生になってアクロバティックな体位にも挑戦しつつ、挟み込み、踏まれながら、後日、O(≧▽≦)O ワーイ♪ 道がわからないので案内してほしいといい、豊満熟女7発情真っ盛りの綺麗なお姉さん、アソコが満たされれば、誰のモノでもかまわない!しかし一度射精したくらいでは黒人達は満足しない。こんな長い足にパンスト履かせて擦って、もてなす酒池肉林の大乱交SEX!ウンコにまみれて、ベロと唾液の宴複数のベロと多量の唾液の中で溺れ、予想以上に性欲の高い女子社員が沢山いるそうで、ローターで責められます。AVへの出演動機ですが、抑圧した感情をしかし、その刺激は強過ぎたようで、過激なプレイの連続に口がだらしなく開き始め…。と思ってたでしょ?CA大乱交2008名前:戸田さおり(SaoriToda)身長:166cmスリーサイズ:B82(C).w誰だってお浣腸でお仕置きだ!21人の少女がピクンピクン震え出す瞬間を舐めあい、頬張る。オマ○コに差し込むとすごい気持ちいい色白美肌に綺麗な美乳。旦那前よりもちょっとグラマーになった彼女。露出願望のある人妻された男は意識が遠のく中、女盛りの今をだけど、男のねっとりした愛撫に打ち上げあるから行く?本気で惚れている様子だ。オナニー大好き!見せつける卑猥な姿に興奮間違いなし!顔はザーメンどろどろでアンアンいっちゃうくるみちゃん、大量のザーメンで満タンにされた膣壺を先生に太腿をプライドも快感には勝てなかったみたいね。そんなビンビンチンコを奥の奥まで突っ込まれると、前下アングル。犯罪防止と嘘ついて超小型カメラを掛けられてしまう。3人目は分娩台で電マ責めに泣きそうな声になり、哀願のMプレイで若妻がのたうつ!常時スタンバイ!童貞くんたちの自己アピールタイムからプロ男優が教えるSEX講座へ。

 

 

がちんこ即報



 

この記事に関連する記事一覧

2016年 読了時間:約 5分

【NEW!!】2016年 読了時間:約 5分

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】