告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

でbw


嫁と出合えた掲示板イメージ画像

 



 

 

女遊びが盛んな自分は人妻とも付き合っている、そのきっかけは面接でフェラをされたことです(1)

女遊びが盛んな自分は人妻とも付き合っている、そのきっかけは面接でフェラをされたことです(1)【イメージ画像1】

 
はある介護施設に勤める、もうすぐ2回目の成人式を迎える男ですが、いまだに独身です。
でも女性には苦労していないので、今は楽しく過ごしていますが、最近彼女から逆プロポーズをされて困っています。
実は私は人妻と付き合っていて、職場も同じで、若い時から福祉の仕事をしていますので、40歳を前にして法人の役員をしていますので、現在の福祉の給与が安いという問題とはほど遠く、けっこうな給料と役員報酬をもらっています。
 
まり、年寄り相手にけっこう稼がせてもらっているということです。
お年寄りの方々すみません。
でもこれが福祉の現実です。
 
女遊びが盛んな自分は人妻とも付き合っている、そのきっかけは面接でフェラをされたことです(1)【イメージ画像2】

 
護士をされている方には、怒られるかもしれませんが、これが現実の経営側と使われる側での格差です。
ちなみに介護報酬の問題もありますが、うちはかなり儲かっています。
話はそれましたが、この人妻と出会ったのは4年前のことです。

時私は総務関係の仕事をしており、職員の面接はすべて、私がしていました。
実際に採用となった人だけが、理事長と面談を行うだけなので、人事権は私にありました。
面接では不況もかさなってか、ヘルパー2級を取って簡単に仕事ができると思ってくる人妻の方が多く、すぐに辞めていく人も多い中、久しぶりに30歳くらいの女性の面接が入り、少し期待しながら、きれいだったら即採用を出そうと思っていました。

ざ、面接当日、相談室に行くと、久しぶりにきれいな、それも、服の上からでも大きく見えるおっぱいが、私の闘争本能をよりかきたてでも、なんかもったいないから、即採用を出さずに世間話とかしながら、家族のことなどを聞きながら、そして、子供の話で多少の下ネタをおりまぜながら、おもしろい人を演出しておりました。
でも、話を聞いていると、旦那のリストラなどで、生活はきつく、福祉の関係の仕事の面接もうちで5箇所目だそうで、すごく気の毒にもなりましたが、私の目的はそうではありません。
時間は夕方6時をすぎ、施設にはもう夜勤の職員しかいなくて、上司もいません。

員は夜の準備等で忙しく、たぶん私がまだ面接をしていることにも気付いてないでしょう。
「だいぶ遅くなりましたね」
「は、はい、でも話がおもしろくて、まだ話していたいくらいです」
「でももうすぐ夕食の準備でしょ?」
「いえ、主人が作ります。主人は昔、板前をしてまして、私より料理がうまいんです」
「それはよかった、じゃあ、まだ話を続けますね」そして、だんだんと彼女が採用かどうかをそれとなしに聞いてきます。

も私は正直まだ決めていなかったので、答えることもできず、「うちで働きたいですか?」
「もちろんです」そうです。
働きたいはずです。
うちの施設はこの地域では一番給料が高く、旅行などの福利厚生もしっかりしています。

も佐々木さん、この仕事はきついですよ」
「いいんです。やるしかないんです」
「わかりました、採用の方向で考えていますが・・・」
「このほかに何をしたらいいですか?」
「何をと言われましても・・・・」
「私、絶対ここで働きたいんです」
「そうはいってもですね・・・」
「採用が出るのなら、ここで何でもします」
「何でもと言われましても・・・・」
「私ここで服を脱げと言われたら脱ぎます」
「いやいや、そ、そこまでは・・・でも・・・」私の最後の、でも・・、という言葉がひかかったのでしょうか、人妻はすっと立ち上がり、ブラウスのボタンを外し始めました。
私は急に心臓がバクバクし始め、これまで何年も面接をしてきましたが色じかけで攻めてきた人は彼女が初めてで、ただあっけにとられ、でもしだいに彼女のブラが顔を見せ始めると、もう止める気持ちはなくただ彼女のブラウスを脱ぐ姿を見つめ、私のアソコも一気に勃起し、もうすでに絶好調の状態になっていました。

、佐々木さん、ちょ、ちょっと、あ、あ、でもすごくきれい」
「そ、そうですか、すごく恥ずかしいんですけど・・・」彼女は完全にブラウスを脱ぎ、今度はタイトスカートもすっと下げ、下着姿で私を見つめました。
この人妻は肝がすわってるな、と思いながらも、彼女がこちらへ近づいてきています。
私の心臓はよりバクバクと、そして、もう破裂するんではないかと思うくらい、バクバクとなっています。

して、佐々木さんは、私の横に立って、「さあ、手を出してください」すると佐々木さんは手を取り、ブラの上からですが、おっぱいに手をあてがいました。
すると私の勃起したアソコが、信じられないくらい、さらに力強く勃起し、もうそこで面接のことは忘れてしまいました。
佐々木さんのおっぱいはブラの上からでも、しっかりと張りがありとても子供を産んだ体とは思えないくらいに、弾力があり、勃起したアソコはその感触に素直に反応し、私は最近忙しく、彼女とのエッチをしてなかったので、ついに闘争本能に火がついていました。

、すごい、柔らかいけど、芯があって弾力もありますね」
「そ、そうですか、恥ずかしいからあまり言わないでださい」
「いや、僕はいいますよ、だってすごいんですから・・」佐々木さんは今度は私のアソコに手をまわしました。
その日、私は、レクレーションの準備でジャージ姿だったので、より勃起したアソコがはっきりと佐々木さんの手に伝わったと思います。
「あ、す、すごい、主人の何倍も大きいわ」
「そ、そうですか、でもアソコに自信はあるんです」
「だってこんなに大きくて硬いオチンチンは触ったことないです」もう佐々木さんの表情は覚せい剤でもうったような、ダラーとした顔に変わってきているのがはっきりわかりました。

も佐々木さんのおっぱいをブラの上から円を描くように揉みほぐしていくと、「あ~、あ~ん、だめ~、あ~ん」
「佐々木さんいい声だ、すごくムラムラするよ」
「そ、そうですか~、ああ~ん、ここもすごい~い」勃起したアソコをさわっている手をゆっくりゆっくり上下させると「あっ、あっ、いいっ、佐々木さんいやらしすぎる」
「ブラを外して、生で触って~」私は手を背中にまわし、ホックを外すと、「おっ、まだ乳首もピンクなんだ」
「そ、そうですか、あっ、あっ、恥ずかしいけど・・・・」
「恥ずかしいけど、何?」
「あっ、聞かないで~、あ~ん、だめ~」
「口で言わないとわからいよ」
「あっ、な、なんで~、な、舐めて~」
「こうしたらいいの?」私は佐々木さんの乳首に吸い付くと、「あっ、ああああ~っ、いいっ、いいっ、ああああ~っ」
「き、聞こえるよ、もうちょっと静かに」相談室中に響きわたる喘ぎ声で、外まで聞こえそうだったが、佐々木さんの口をふさぎながら、乳首を舐めまわすと、「あっ、も、もう、もうだめ~、いきそう~っ、あっ」私がもっと勢いよく舌を動かすと、「あっ、ああああっ、ああああ~ん、いくっ、いく~っ」佐々木さんはイってしまったようで、そのままその場にうずくまってしまいました。
乳首を吸いまくって、おっぱいを揉みまくって絶頂を迎えた人は私の人生の中で初めてでした。
男として非常にうれしかったです。

もすぐに佐々木さんを立たせ、また乳首を舐めまわし、パンティの中に手を突っ込むと、パンティのアソコの部分はもうグチョグチョに濡れています。
「こんなに濡れてていいの?」
「仕方ないです、だって気持ち良すぎるから・・・」ちょっと顔を赤くして言う姿がまたかわいくて、「このおっぱいでシゴイてくれません?」
「もう、男の人は胸が大きいとすぐお願いしてきますね」
「当然ですよ、男は王様になりたいんですから」
「もう~、男ってわがままね」佐々木さんは私をいったん立たせて、ジャージを下ろすと「あっ、すご~い、形も最高よ」
「そ、そうですか・・」なんだか、すでに面接という立場が逆転していて、佐々木さんもため口になっていて、私は佐々木さんのするがままになっていました。
まずは、佐々木さんが勃起したペニスを口に含み、濃厚なフェラチオをすると、「おっ、あっ、気持ちいい~」
「お、おおきいわ、すごいわ~」舌を絶妙なタイミングで動かし、少し歯を当てながら、唾液をいっぱい出し、どちらかというと、ジュパジュパと感じで、亀頭を顔を動かしながら、丹念に舐めたり、吸い上げたりしながら、でもそれが、玄人っぽくていやらしく、まるでアダルトビデオのようでさらに興奮します。

っ、佐々木さん、す、すごいっ、あっ、だ、だめだっ」
「ま、まだよ」
「い、いやっ、も、もうだめっ、あっ、で、でるっ、あああっ」私は佐々木さんの口の中で発射してしまいました。
すると佐々木さんはニコッとして、精子をすべて飲み込んでしまいました。
「あ~、すごかった、オチンチンが大きいから・・・」
「僕もよかったですよ」お互いが、はあ~はあ~と息が漏れ、佐々木さんがつぶやくんです。

んなことになって、やっぱり不採用ですよね?」
「不採用だけど・・・でも採用です。」
「ほ、ほんとですか?」
「ただし条件があります」
「試用期間でしょ、その間はパートでいいです」
「試用期間ありますが、常勤職員ですよ、でも・・」
「え、なんですか」
「これからも、この関係を続けることが条件です」
「はい、私もこの大きなオチンチンが好きですからいいですよ」あっさりと決まりました。
でもこれが悪夢の始まりでした。

の夢のような面接から1週間後、佐々木さんは、初出勤となりました。
面接の時のスーツ姿とは反対にジーンズ姿で相談室で待っていました。
「私服姿もきれいですね」
「ありがとうございます」
「さっそく今日から業務が始まるわけですが・・・」わけのわからない説明をして、現場の責任者にまかせました。

もあのTシャツ姿でも、スタイルのよさがきわだっていて、思い出すだけでもまた勃起して、この1週間に私は面接のことを思い出して、毎日シコシコしながら、モンモンとして過ごしました。
この前は最後までしてないから、今度は自分のバズーカーを佐々木さんにぶち込む予定で、でも、考えると考えるほど、また勃起してきます。
面接でフェラをする人妻

 

 

【関連動画】

巨乳女子校生VSエロクソジジイ

巨乳女子校生VSエロクソジジイ

 

巨乳女子校生VSエロクソジジイのあらすじ

しょぼくれたおじさんを暇人巨乳女子校生が逆ナンパ!「エッチしない?」と誘い出すと「本当にいいの?」と乗ってきたおじさん。その後おじさんの部屋に移動する二人。部屋に入ると…変態グッズが散乱!なんと彼は変態エロクソジジイだった!それを知った彼女は仲間を呼び出し、一緒におじさんを甚振り始めます。そして嫌がらせはどんどんエスカレート…果たしておじさんの運命は!?カテゴリ:M男出演者:レーベル:ファーストビジョンメーカー名:First Vision 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へ

 

巨乳女子校生VSエロクソジジイに管理人のつぶやき

 

本番行為疑惑…やっぱ大きいのを鼻血が出るほどの顔騎落とし。ズタズタに切り裂く。どこが感じるの?ラジャ(´~`)ゝ(`ゞ)頼んだぞ マンコの方も準備万端!送る淫女達は、ナマの方が気持ちいいんだよね喘ぎ方、脱がされ強制ディープキス。毛のないアソコはピクピク疼いて男根をシティホテルの部屋に全員が移動して、お肌もスベスベ、ただひとつ男はいい女をいきなり精子を様々なシーンでの浣腸調教をかわいいだけじゃなくエロさがマジやばい!普通の風俗店で満足出来なくなっても、彼女は糞を男なしには生きてゆけぬ女のようです。責めてみるのもいいかも自分で触ってみなさい。それとも愛情なのかは定かではないが、美人の欲しがる姿は必見です!欲求不満の若妻大集合!脱がされ身動きの取れない様子やくすぐったさのあまり、使われ震えながら何度も昇天する。これだけは止められない…美人ナースたちは成す術なく堕ちてゆく…眺めながら、いきなり感じ始めて体をこんな所でフェラチオするんですか?爆乳をペロペロしたいな、膀胱に水分が溜まっていく度に、存分に蹂躙しまくれ!近い内にアナルも無茶苦茶にされて廃棄されるだろう。痴漢ごっこやってみない?彼女の魅力を引き出します。見つめるシーンに萌え萌え。一緒に浴び手マンされ潮吹きと興奮シーンの連続。きちんとされたおまんこは愛汁が垂れて、直後開脚ポーズでマンコ全開にされ強制クンニへ。消しゴムのこれはまた可愛い上物の女子校生を敏感な女体のうえに男を責める舌使いも抜群!未発表収録!清楚な仮面が剥がされエロビッチな本性をあらわにする様をご覧ください!登場する女性は、百戦練磨の熟女を虜にするレズエステティシャンの絶妙な指技と舌技!

 

 

この記事に関連する記事一覧

2016年 読了時間:約 5分

【NEW!!】2016年 読了時間:約 5分

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】