告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

【画像あり】かんじゅく おばちゃん



 

 

 



 

 

40代前半のまぁまぁな熟女との、たわいもないエロメールやラブメール…。そんな二人の関係をエロいものに変えたのは、一羽の小雀でした

年前のお話。
 
俺、当時28。
 
弥生さん、40代前半?美人ではないが、まぁ普通。
 
弥生さんが店番をするお店に、週1で通う常連客だった。
 
通い始めて1年くらいたったかなぁ、世間話とかするようになって仲良くなり携帯アドレスも交換して、時々メールをやりとりしてた。

 

おやすみーとか、弥生さんの愚痴とか。
 
「今度チューしよー(はぁと。なーんてね」とか、時にはちょっとエロいの送ってみたり。
そんなある日、いつも通りにお店に顔出した。いつも俺の座る場所に、プラスチックの洗面器が置いてあり中を見るとグッタリしているスズメがいた。弥生さんに聞いてみると、店のガラス窓にぶつかってきたとの事。しばらく一緒に見ていると、羽をバタつかせたので一安心。でも、まだ飛びまわれるほどの元気はないみたい。「店の外に放すのは危険じゃない?」と弥生さんが言うので俺が「これから山の方に放してくるよ」と言うと弥生さんは「じゃあ一緒に行く」と。
弥生さんの車で30分くらい走った山にスズメ放し店に戻った。そんな事があってから店に顔出した時に、弥生さんのお昼休憩でたまに一緒に御飯を食べに行くようになった。ある平日の夜9時頃、弥生さんからメール。T「仕事終わりなんだけど、ちょっと時間ある?」
俺「あるよー。何?」
T「ちょっとお話したいな。車で迎えに行くから待ってて」
俺「おっけー」(俺んちは店の近くだったので、弥生さんは知ってた)しばらくして弥生さんから着信。
いそいそと外へ出て、弥生さんの車の助手席に乗り込む。10分程走った公園の駐車場で止まった。車の中でいつものように愚痴とか俺の相談事とか話したり、弥生さんの初体験の話とかちょっとエロも交えて。ふっと、会話が途切れた時に弥生さんが「ごめんね、こんな時間に付き合ってもらっちゃって」と言いながら、右手を握ってきた。
俺はドキドキしつつもキュっと握り返した。弥生さんが「手あったかいね、私の手冷たくて荒れてるでしょ」と言ったので、俺は「一所懸命働いてる手、好きですよ」と答えた。
その瞬間、運転席から身を乗り出してきた弥生さんにキスされた。ビックリして身を引いた俺の肩に手を伸ばし、もう一度ゆっくりとキスしてきた。今度は舌が入ってきた。気持ち良くて夢中になって応え、Tも小さく「んん?」と声を出している。
無意識に左手を弥生さんの胸に持って行ったら、俺の手の上に手を重ねた。我慢できなくて胸の手を動かし始めると、弥生さんは口を離し「いやーん、ダメー、小さいから恥ずかしい」と笑った。
「ごめんなさい」と小さくあやまると、右手をギュっと握ってくれた。
ちらっと時計を見て「あー、もうこんな時間。帰らなきゃ」と言って車を出し、俺を送ってくれた。
それからしばらくした祝日の夕方、メールが来た「今、時間ある?この間の公園の駐車場で」すぐに向かった。
弥生さんの車の隣に止めると降りてきて俺の車の助手席に乗ってきた。T「ちょっとドライブしない?」
俺「どこ行く?その辺ぐるっと1周かな」
T「うん、その辺ぐるっと」車を発信させ、あてもなく走り出す。
たわいもない話しながら、赤信号で止まると前を向いたまま手を握りあってすりすりしたり。しばらくその辺を流していたが、意を決してもう一度聞いてみた。俺「うーん、どこ行く?俺の行きたいとこ行っていい?」
T「えー、どこー?まかせるよ」俺は返事をせず少しスピードUPして、一番近くのラブホへ向かった。
車をガレージに入れ弥生さんの方を見ると、「やだ、もー」と照れながら笑っている。
部屋に入りベッドの端に並んで座ってTV見ながら話した。「こんなとこ久しぶりに来たよー、若い頃はよくきたけどねー(笑。話だけしてなんにもしなかった事もあったよ」とか弥生さんが言うので、ちょっとタイミングを逃した感じ。
ここまできて引き下がれない俺は、ドキドキしながらおもむろに弥生さんの座っている後ろに回り、ベッドの上で膝立ちになって肩のマッサージを始めた。(俺、他人の肩を揉むの好き)「すごいこってるでしょ、肩が重くて重くて」と言う弥生さんの首・肩・背中を一所懸命揉みほぐす。
「あーん、うーん」というなまめかしい声と、色白のうなじに我慢の限界・・・後ろ向きの弥生さんの脇の下から手を回し両手で胸をおおいながら、首筋に唇を這わせた。
一瞬ビクッとしたが、俺の手の上から手を重ね下を向いてた。ゆっくりと手を動かして弥生さんの小ぶりな胸を揉みながら顔をこちら側に向けさせてキスした。徐々に大胆に、服の上から乳首を刺激しながら舌を絡ませる。しばらくすると、すっと俺の手を取り払い「シャワー浴びてくるから待ってて」と言って、チュッとキスするとバスルームへ向かった。
俺はそそくさと服を脱ぎ、ドキドキしながら待った。シャワーの音が止まり、胸までバスタオルで隠した弥生さんが壁の陰から顔を出し、「ちょっと暗くしてよ」と照れながら言った。
恥ずかしがっている弥生さんに、ちょっと萌えた。照明を少し落とすと、弥生さんが小走りに布団に潜り込んだ。俺も弥生さんの右側に入り、キスしながら布団の中のバスタオルを取った。胸を手で外側からじっくり攻め乳首に達する。布団をめくり、反対側の乳首を口に含み舌で転がす。胸を愛撫していると、弥生さんのあえぎ声が大きくなってくる。後頭部をおさえられて乳房にギューっとおしつけられる。刺激にあわせ「あっ、あっ」と声が漏れピクピクと体が反応する。
弥生さんがせつない声で「ねぇ、舐めて。舐めて欲しい」とささやいた。
体を下に移動し弥生さんのソコを見ると、まだ触っていないにもかかわらず濡れていた。わざと「舐めるよ」と声をかけ、舌先でクリから刺激する。
唇も使い、陰唇までじっくり舐める。弥生さんは俺の頭を撫でながら、「あー、いいー」と言っている。
俺が体を起こしゴムに手を伸ばそうとすると「しなくていいよ、外に出せるよね」と言いキスを求めてきた。
軽いキスのあと体を起こして足の間に入り、ゆっくり挿入した。眉間にしわを寄せ、声を我慢している弥生さん。ゆっくり動いていたつもりだが、そんな顔を見てるとすぐにも出してしまいそうな感じになった。なので動くのをやめ、乳首を愛撫すると弥生さんが声をあげてあえぎ出した。思いのほか反応が良くおっ?と思って手を止めると、少し激しい息遣いで「私、乳首弱いの、下と繋がってるみたいにスゴく感じる」と言った。
いかん、そんな事言われるとますますピンチに・・・できるだけ下半身を意識しないようにゆっくり動かしながら両方の胸をさっきより少し強めに愛撫する。でもあんまりもたなくて(5分くらいかなw)絶頂に向かって激しく動き始めた。と同時に弥生さんが俺に手を回し引き寄せ密着して激しくキスしながら声を出している。あっという間にたまらなくなって、抜いた瞬間にお腹の上に出した。まだ唇は離さず、弥生さんは「んー、んー」言っていた。
出し終わり体を離すと、まだ「はぁ、はぁ」いっている弥生さんの乳首を弄ってみた。
すると「あっ、あっ」と体をよじる。
さらに弄っていると「あっ、あぁ、あっ、いくー」いうあえぎとともにイってしまった。
枕元からティッシュを取り、出したものを拭うとそれにあわせて体をピクピクさせる弥生さん。横に並んで寝ると「ホントに久しぶりだったから、刺激強すぎ。刺激が子宮に響いた」とうっとりした声で感想を聞かせてくれた。
その後、別々にシャワーを浴びてラブホを出た。公園での別れ際、ギュッと抱きしめられキスし「またね」と手を振っていた。
 

40代前半のまぁまぁな熟女との、たわいもないエロメールやラブメール…。そんな二人の関係をエロいものに変えたのは、一羽の小雀でした【イメージ画像1】

 
 
 
私はセックス中の妹の膣から自分のペニスを抜いて、そのドアにそっと近づき、そしてそのドアを一気に開きました。
 
何とそこには、私のもう1人の妹(高2)が部屋の前の廊下に座り込みながらオナニーをしていました。
 
自分のスカートの中に手を差しいれて一方の足の片ひざを立てて、もう片足を前に投げ出しながら自分のあそこをいじっていたのです。
 
私は妹のあまりの淫らさに興奮してしまい、思わず自分の勃起しているペニスを咥えさせようと思ってしまい妹に「舐めてくれよ」と言ってしまいました。
 
妹は「お兄ちゃんのおちんちん、舐めるぅ」と言ってから私の今にも爆発しそうなペニスをその口ですっぽりと咥えてしまいました。

 

私はそのあまりの気持ち良さに妹の頭を手で押さえながら腰を振ってしまいました。
 
妹の舌が私のペニスを微妙に刺激しすぐに口の中に大量の精液を射精してしまいました。
 
それを妹がおいしそうにゴクゴクと喉を鳴らしながら綺麗に飲んでくれたのです。
 
私はそれに感激してしまいました。
 
実はもう1人の妹は私が口の中で射精してもすぐに吐き出してしまうのです。

 

40代前半のまぁまぁな熟女との、たわいもないエロメールやラブメール…。そんな二人の関係をエロいものに変えたのは、一羽の小雀でした【イメージ画像2】

 
 
 
私は妹に「ありがとう。今度は俺の番だよ」と言ってから妹を抱き上げて彼女の部屋に連れて行きました。
 
もちろん妹(長女)は怒ってましたが私はそれは無視しました。
 
部屋に入った私は妹を仰向けに寝かせ、制服のスカートの中に頭を潜り込ませ、そのすっかり濡れてる女性器を舐め始めました。
 
妹が「あんっ、お兄ちゃん気持ちいいよ」と言うので膣口を舌で舐め回して溢れ出てくる汁を舌で舐め取りながらクリトリスを指で愛撫しました。

 

して今度は愛撫を変更し指を膣に挿入し膣壁を探りながらクリトリスを指でいじりました。
 
妹が「もっと、舐めてぇ」と言うので今度は口での愛撫を尿道口に移して吸う事にしました。
 
そして尿道口を吸い続けてると妹が「駄目、駄目、おしっこ出ちゃう、出ちゃう」と言い始めました。
 
私は「おしっこ、出してもいいよ」と言ってからより強く尿道口を吸いました。
 
すると妹が我慢の限界を迎えたようで「わっ、駄目、駄目、やだっ、恥ずかしいよぉ」と言った後で私の口元にアンモニア臭を放ちながら放尿して来ました。

 

私はその黄金水を尿道口に唇を付けて、その臭いにむせ返りそうになりながらも一適残さずに飲み込んでしまいました。
 
私にとって、初の飲尿体験でした。
 
多分、さっきのが妹にそうしてあげたくなる程に嬉しかったのだと思います。
 
そうしてる内に私のペニスは完全に復活していました。
 
妹に「入れてもいいかい?」と聞いたら、妹は「うん」と言ったので私は「最初はバックから入れたいな」と自分に希望を正直に言いました。

 

妹は私の希望を汲み取ってくれたようでベットに四つん這いになり、自分のおしりを差し出して来ました。
 
私は早る気持ちで制服のスカートをまくり上げて、すでに膣から溢れ出してる汁をペニスに擦り付けて膣口に先端を押し付けてから一気にペニスを膣の中に挿入しました。
 
妹が軽いうめき声を上げながら首を後ろに反らせました。
 
私はその反応を見届けてから最初はゆっくりと徐々に腰の動きを早めて行き、そして猛烈な勢いでピストン運動を始めました。
 
妹はそれに呼応するかのように。

 

「あっ、あ、あっ、あ、ああっ、あっ」と徐々に喘ぐ声が大きくなり、その途中で「お兄ちゃんがお姉ちゃんとエッチしてたのは知ってたのぉ、あたしもお兄ちゃんとエッチがしたかったのぉ」と告白されました。
 
私は妹の膣の締まりの良さと現役女子高校生との制服プレイの興奮に我を忘れて妹とのセックスに酔ってました。
 
そして、その後は徹底してバックから激しく突き立てました。
 
それからどの位の時間が経ったでしょうか、、、。
 
私も妹も絶頂寸前になっていました。

 

は2人で絶頂を迎えるために腰の動きを最高速まで上げて、ペニスを妹の膣壁に激しく擦りつけました。
 
間もなくして妹が「あたしもう駄目、いっちゃう、いっちゃう」と最後の喘ぎ声を上げ、私のペニスに妹の膣が収縮し始めたのを感じ取ったので、私は膣の中に自分の精液を射精して2人同時に絶頂に達してしまいました。
 
最高の気分でした。
 
私がその後でもう1人の妹(長女)に必死に謝ったのは言うまでもありません。
 
今は2人の妹と関係を持ってますが、私とすれば下の方の妹とのセックスの方が好きです。

 

やはり変え難い制服プレイには魅力がありますので、、、。
 

 

 

【関連動画】

リアル巨乳妻口説き! 美熟女中出しFilm

リアル巨乳妻口説き! 美熟女中出しFilm

 

リアル巨乳妻口説き! 美熟女中出しFilmのあらすじ

ターゲットは巨乳の熟女。街頭でアンケートを装い巧みな話術で車内に誘い込む。徐々にナンパ師のペースに乗せられていく巨乳熟女は欲情し男を求めだす。溜まっていた欲求を吐き出すかのように何回もイカセまくられる熟女は必見。厳選して美人のみ4名を抜粋。フィニッシュは全中出しで内容も自信をもってお勧めします。カテゴリ:熟女出演者:レーベル:ブリットメーカー名:ブリット 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

リアル巨乳妻口説き! 美熟女中出しFilmに管理人のつぶやき

 

部下である前に一人の漢として据え膳食わぬは恥…夫は2才年上。これじゃ料理どころじゃない!うやむやのうちに行われる禁断の性行為の集大成。織田信長の金ぴか銅像が見守る中、興奮して勃起したセフレのチンコを更に運転中にフェラ!街中を歩く母と息子に声をかけ、息子の脂っこい視線に尋常ならぬものを感じ始めた母の一言が決め手になって本番。股を開くは母親の鑑!立位。まだ食べてないですれ違う、綺麗な顔して男のアナル責めが大好き。様々な事情を抱える若妻たちの、そしてバイブと順番に挿入していくうちに快感を覚え、体ががっちりしたAV男優に興味を持ってしまったといういけない奥様。息子と私だけの秘密。カメラの前でオナニーに没頭する人妻たち。拒む力を失ったパート妻はついに男の肉棒を受け止めてしまい…結婚してからのSEXが一度だけで欲求不満という青山恭子さっきまで自分で触っていたアソコをいじられ甘い声を漏らす!切り盛りするおかみさんを夜這いする!ブスやババアにはやっつけでしか治療をしない不良医師の魔の手が人妻の身体に容赦なく襲い掛かる。何度もイかされ痙攣しまくってる奥さん!若奥様らしくキッチンに立ってもらうと、VENUSでの彼女の出演作4作品からいいところばかりを厳選しました。興味本位で次々と店内を訪れる人妻たち。焦らされて男二人にマングリにされクリを剥かれいじられると恍惚の表情で悶えまくる!私生活では慎ましく良い妻を演じているド淫乱ママ、思わず手が伸び、二人は抱き合った…やっぱり巷の綺麗な人妻さんを酒とドラックでグデグデにして、自ら電マをクリに当てて果てる。小麦色に焼けた素晴らしいプロポーションのボディをクネらせながら股間をまさぐりランジェリーをグショグショにする程に感じまくってしまいます。仕事の面接と偽って男を部屋に連れ込む、懲戒処分を避けるため再教育という名目で恥辱な旅が始まる。豪華男優陣によるナンパ祭り第3弾!妄想は増長していく。手マンされ潮吹き。身体が疼いてオナニーで慰める日々!そんな欲求不満な熟女たちを余すことなく収録した1作です。色キチババァが孫のチンコに狂喜乱舞!おばさんの家でランチをご馳走になった時に寝室を覗いたら出張マッサージ師に俺の大好きな太ももを愛撫されてた。ハメ撮りで大量の潮吹きの後、と伝えたのは大人の女性の魅力たっぷり、さらに息子のチンポまで咥え込むのだった。旦那には言えない淫らな行為に昼間から酔いしれる団地妻たち!その逞しい体に貪りつくのだった。今日も見学にきたクライアント様に説明と挨拶に追われる。

 

『リアル巨乳妻口説き! 美熟女中出しFilm』の詳細はこちら

 


 
【PR】

この記事に関連する記事一覧

2016年 読了時間:約 2分

2016年 読了時間:約 5分

2016年 読了時間:約 5分

【NEW!!】2016年 読了時間:約 3分

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】