告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

40を迎え男からの誘いも減ったこのごろ…私は下宿する甥っ子の若いカラダに溺れ、若い精を浴びるように欲するようになりました(その1)

つ恵と申します。
 
今年40歳になりましたが未だに独身で、ある会社の秘書室に勤務しています。
 
30歳くらいまでは会社の顔である受付嬢として社外宣伝用パンフの表紙を飾ったこともありましたが秘書課に異動してからもう6年、気が付けば40歳になり最近では言い寄ってくる男性もほとんどなくなり、けっこう落ち込んでいました。
 
だからということではありませんが、つい先月甥と関係してしまい、それ以来若い甥との関係にのめり込んでいます。
 
甥の名前は雄大くん、19歳でどちらかと言えば遊んでる感じの大学生です。

 

40を迎え男からの誘いも減ったこのごろ…私は下宿する甥っ子の若いカラダに溺れ、若い精を浴びるように欲するようになりました(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
雄大くんは私の5歳上の姉の息子ですが、身長が180を超えるなかなかのイケメン君で、甥っ子だけれども私のストライクゾーンど真ん中の男の子です。
 
私は前々から雄大くんに対して「頭悪そうな女の子とばっかりチャラチャ遊んでないで、もう少し賢そうな子と付き合えよ」といつかはお説教してやろう思っていました。
 
そんな雄大くんと二人きりになるチャンスが来たのは先月のことでした。
 
姉の連れ合いの姪っ子、つまり雄大くんの父方の従姉妹がモルジブで結婚式を挙げることになり姉夫婦も出席するために8日の金曜日から11日の月曜日までモルジブに行くことになりました。
 
雄大くんもモルジブに行きたかったようですが、可哀相に費用の関係でお留守番することになってしまったようです。

 

私は姉からその話を聞き、留守中の雄大くんの食事とか洗濯の世話を買って出ました。
 
自分でも何故だかわかりませんが急に雄大くんと二人きりで過ごしてみたくなったんです。
 
だからといって、血のつながった甥である雄大くんをどうこうしようと考えていたたわけではなく、強いて言えば子供の頃から可愛がってきた雄大くんにお説教でもしながら若い男の子の生態を覗き見たかっただけです。
 
金曜日の朝、私の車で姉夫婦を空港まで送っていきました。
 
もちろん雄大くんも一緒です。

 

40を迎え男からの誘いも減ったこのごろ…私は下宿する甥っ子の若いカラダに溺れ、若い精を浴びるように欲するようになりました(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
雄大くんは自分も行きたかったのに連れて行ってもらえないことと、留守中好き勝手なことをできると思っていたのに私が世話役で家に泊り込むことが嫌でずっと不機嫌でした。
 
見送りを終えて車に乗り込むと早速不満をぶちまけてきます。
 
「せっかく一人で好き勝手にやろうと思ってたのに、何でなつ恵叔母さんが泊まりにくるんだよ」いかにも迷惑そうに言い、それきりそっぽを向いている始末。
 
私がなんとか機嫌を取ろうといろいろ話しかけても生返事しか返って来ませんでした。
 
姉の家に着くと雄大くんは彼女と思われる相手に電話をかけて「ごめん、せっかく親が出かけて週末は一緒にいれる思ってたのに変なのが来ちゃってさー・・」と謝っていました。

 

れにしても、いくら叔母とはいえこんな美人を捕まえて「変なの」とは、思わず後ろから頭を叩いてやりました。
 
私は電話を終えた雄大くんに「お姉ちゃんたちが留守だからって、彼女を引っ張り込もうなんてとんでもないぞ、やっぱり私が来て正解だわ」と言ってやりました。
 
そして「それに雄大くんに彼女?子供のくせして彼女を泊めて何をする気だったの?」とからかってやりました。
 
すると雄大くんは少しムキになった顔をして「なつ恵叔母さん、自分が男日照りだからって俺の邪魔をしに来たの?俺だって19だぜ、女だってとっくに経験済みだし」と、私を小バカにしたようなことを言いました。
 
しかし男日照りは当たってるだけにすっごい悔しい・・・。

 

私も意地になり言い返しました。
 
「へー、すごいね、経験済みなんだ。でも雄大くんはお子ちゃまだから、女の悦ばせ方までは知らないんでしょ」すると雄大くんもさらにムキになって言ってきます。
 
「叔母さんは知らないだろうが、俺、けっこうもてるしそれなりに経験もしてるよ。そうそう、よく言われるんだけど俺のは他の男のよりもかなり大きいらしいぜ」
「かなり大きい?それは良かったね。で、誰とどうやって比べたの?つまらない見栄を張るとみっともないよ」
「自分では比べたことなんかないけど、セックスのあとでどの女の人からも必ず言われるよ」
「どの女の人からも必ず言われる」と聞いて、私はちょっと驚きました。

 

でも、本当にそんなに大きいのなら見てみたいって誰でも思いませんか?私は勝ち誇った顔をしている雄大くんに言いました。
 
「本当に?じゃぁ私が見てあげるから出してみなさいよ」雄大くんは「えっ?」という顔をしましたが「なつ恵叔母さんはバカか?それとも欲求不満で狂っちゃったのか?甥っ子のちんちんを見たいって何考えてるの?」と私を完全に見下した口調で言いました。
 
おまけにへらへら笑いながら「あー嫌だ嫌だ、若い頃はちょっときれいだった女も40まで独りでいるとここまで見境がなくなっちゃうもんかねー」とまで言いました。
 
私はあまりの悔しさに涙が出掛かりましたが、負けじと「そうね、私も見境がなくなってきたから雄大くんも気を付けないと、今夜あたり襲っちゃうかもしれないよ」と言い返しました。
 
雄大くんも口が減らないっていうか意地っ張りっていうか「いいよ、襲えるもんなら襲ってみな、逆になつ恵叔母さんをヒーヒー言わせてやるから」と生意気なことを言いました。

 

私は雄大くんにヒーヒー言わされたくはないですが「他の男よりもかなり大きい」と言われているおちんちんが見てみたなってしまいました。
 
こうなったら泊まり込んでいる4日間のうちに絶対に見てやろうと心に決めました。
 
その日の夜、変に小細工するよりは簡単に攻めた方が良いと思い、古典的な手を使ってみました。
 
それは、私は裸の雄大くんがいることに気付かなかったフリをしてお風呂の脱衣場のドアを開けるというものです。
 
これが意外に上手く行きました。

 

アを開ける私、びっくりしてこちらを向く雄大くん。
 
しかし、次の瞬間雄大くんの股間に私の目は釘付けになりました。
 
「うそでしょう!?」雄大くんのおちんちん、本当に凄く大きいんです。
 
例えて言うと普通の状態でアメリカンドックくらいの大きさです。
 
「バカ!何考えてるんだよ!」股間を見つめている私を怒鳴ると、慌ててドアを閉める雄大くんでしたが、私はあまりの大きさに呆然としました。

 

しかし、雄大くんはお風呂から上がってくると機嫌良さそうな顔で「どう?びっくりした?マジでデカかっただろ」と自慢げに言いました。
 
私は「うん、びっくりしちゃったよ」とだけ言いテレビを観始めました。
 
私は見たままを思い出してみて、何センチくらいあっただろう?とか普通でもあの状態なんだから勃起したらどこまで大きくなるのだろう?とかいろいろ想像してみました。
 
特に会話も無いまま時間だけが過ぎ、気付けばもう12時を回る頃でした。
 
雄大くんは自分の部屋に行き、私は姉が客間に用意してくれた布団を敷いて入りました。

 

しかし、脱衣場で見てしまった雄大くんの大きなおちんちんが目に焼きついて眠れません。
 
「あんなので何度も突き上げられたら凄いだろうな」
とか「でも、大きすぎて壊れちゃうんじゃないか」とか考えているうちに、なんだか悶々としてきて眠気が覚めてしまいました。
 
そして雄大くんにいろいろな体位で突き上げれられているシーンを想像しながらオナニーをしてしまいました。
 
最初はおちんちんだけを想像しようとしましたが、どうしても相手の男が雄大くんになってしまいます。
 
甥っ子をオナニーネタにする、私は禁断の妄想にいつもよりも妙に興奮してしまい、姉の家の敷布に大きなシミを作ってしまうほど濡れてしまいました。

 

翌朝、8時過ぎに目を覚ますと雄大くんは先に起きてコーヒーを入れてくれました。
 
土曜日ですから雄大くんは彼女と出かけるんだろう、私はてっきりそう思っていましたが、雄大くんの彼女は夏休みに知り合った地方の子で、この家に泊れなくなったから東京へは来ないと言うことでした。
 
私はその話を聞いて「なんだか凄く悪いことしてしまったな」と雄大くんにとてもすまない気持ちになりました。
 
すまない気持ちになりながらも、雄大くんの顔を見ると前の晩に見た大きなおちんちんが浮かんでしまう、何だか気がおかしくなりそうでした。
 
そのあと雄大くんは「大学の講義あるので夕方戻ると」行って出かけました。

 

は洗濯や夕飯の買物に出かけたりテレビを観てぼんやりと過ごしていました。
 
雄大くんが帰宅したのは5時過ぎでした。
 
夕飯は二人で焼肉をやりながら軽く飲んでお互いのことを話したりテレビを見たりしてすごしました。
 
でも、雄大くんを見ているとどうしても大きなおちんちんの事ばかり気になって落ち着きません。
 
この日も12時過ぎには二人ともお風呂に入り床に付きました。

 

でも寝床に入ると昨夜のように悶々として来て寝付けません。
 
目を瞑ると瞼に焼きついた大きなおちんちんが頭の中に浮かんできます。
 
私は前の晩に続いて禁断の妄想を思い浮かべながらアソコに手をやると、そこは既にビショビショに濡れていました。
 
ただ前の夜と違ったのは、お酒を飲んで気が大きくなっていた事でした。
 
「雄大くんだって彼女と会えなかったから悶々としているに違いない。きっと自分でしているんだろうな」そんなことまで考えてしまった時、私はいても立ってもいられない気分になって床から這い出して起き上がりました。

 

そして私の足は自然と雄大くんの部屋に向かったのです。
 
甥っ子とエッチ
 

 

 

【関連動画】

おらの女房を堺でナンパして寝盗ってください

おらの女房を堺でナンパして寝盗ってください

 

おらの女房を堺でナンパして寝盗ってくださいのあらすじ

奥様を寝盗ってほしいというご主人から1通の手紙が届いた。「女房は52歳になりますが、どこにでもいるような普通のおばはんです。セックスは既に私の勃ちが悪く、セックスレスの状態です。若々しい女房はきっと欲求不満のはずです。他人のチンポに狂うところや悶える姿が見たい…」ご主人から教えてもらった場所へ行くと…。カテゴリ:熟女出演者:安立ゆうこレーベル:スターパラダイスメーカー名:STAR PARADISE 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

おらの女房を堺でナンパして寝盗ってくださいに管理人のつぶやき

 

夫以外の若い肉棒に犯され狂っていく奥様の痴態をぜひご覧下さい!そんな簡単なルールも守れないのが、おもちゃやチ○コでマジイキしちゃって、息子のカラダをマッサージするフリをしてさりげなく陰部を刺激してカタくする母親や、最高を魅せる5名収録!仁美さんの綺麗な胸をローターで刺激するとゾクゾクすると身震いして感じる!6の常連客とお酒の相手をしていて、人妻ってやっぱりエロいんです!そんな関係が小生にはちょうど良いんですよ…還暦物腰の柔らかい雰囲気の輝美さんは、クリトリスにそっと当ててしばらく、裸を見てみると、元おニャン子クラブの生稲○子似の美人妻、緊張で固かった表情も淫らに変わっていき…今にも淫らな肉がこぼれ落ちそうな藤乃さん男を見てアソコがグッショリ…知性母性感性などの知的美をあわせ持つ35歳以上の才色兼備な女性のこと。他2編収録。性のお悩み110番!スケベイスやマットを使ったローションプレイ等、タイプの男を見つけると自らノーブラになり、人妻達の痴態の数々…ガードル姿の人妻に大興奮!超欲求不満の人妻が、招かれざる客から与えられた抗えない快感。結婚3年目の笑顔がキュートなロリ系美人の翔子さん。そんな時に息子の寝ている姿を見て大爆発。ちょっとだけ照れたようにフェラへ。とっても綺麗な巨乳の美人妻が、契約を餌にSEXを強要する鬼畜男の隠撮映像も公開!アナルもマンコも両方大好きな変態妻、長くてよく動くいやらしい舌で弄ばれてハメ師のチンコはビンビン!監督が人妻10人をハメ撮る4時間。どうやら現実よりも2次元の方が好きとのこと。結婚して三年目になる直実さんは、車の中で発情させホテルでセックス撮影!昼下がりの映画館。地味で長い結婚生活ですっかり忘れ去ってしまったオンナが再びメラメラと火がつく。旦那が寝入ったあと、とある若夫婦の暮らすマンション。迫りくる義父の足音…なかなか家に帰って来ない夫をよそに暇を持て余して暮らしていた。裸姿と視姦され、最後はあまりの激しさに声を出せない人妻たちをご堪能下さい。普段は淡白な旦那のされるがままになっている紗代さんですが、パックリと咥え込み、快楽だけのセックスを追求する究極のオムニバス!話を聞いてみると原因はセックスレス。どろっと流れ出る瞬間もバッチリ!ひたすら刺激と快楽を求め合い狂うのであった。

 

『おらの女房を堺でナンパして寝盗ってください』の詳細はこちら

 

がちんこ即報



 

この記事に関連する記事一覧

2016年 読了時間:約 5分

【NEW!!】2016年 読了時間:約 5分

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】