告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

友人の奥さん、専業なんだけど、ヒマだからなんなのかとにかく肉食系で…(汗) 記憶もなくなるほどたびたびも抜かれまくった思い出(その1)

時、自分(ヒデキ)は35歳で、バツイチで一人暮らし。
 

友人の奥さん、専業なんだけど、ヒマだからなんなのかとにかく肉食系で…(汗) 記憶もなくなるほどたびたびも抜かれまくった思い出(その1)(イメージ画像1)

 
友人(ヒロシ)は33歳、その奥さん(智子さん)は専業主婦で、確か30歳だったと思います。
 
自分は建築の仕事をしていて、友人宅のリフォームを依頼されました。
 
友人の奥さん、専業なんだけど、ヒマだからなんなのかとにかく肉食系で…(汗) 記憶もなくなるほどたびたびも抜かれまくった思い出(その1)(イメージ画像2)

 
友人も知り合いである自分に頼めば安くしてくれると思ったのでしょう。
 
友人の奥さんとは、それまでは会ったら挨拶をする程度であまり話をしたことはありませんでしたし、あまり興味もありませんでした。

 

リフォームが始まると、当然のことながら毎日のように友人夫婦と顔を合わせるようになりました。
 
ただし、ヒロシは平日は仕事ですから、昼間は智子さんだけで、正学生の子供は学校に行っています。
 
それまでは、あまり話したこともなかったのでわかりませんでしたが、智子さんは明るい性格でなんでも喋るようなタイプで、世間話も色々するようになり、こちらから聞いたわけでもないのに旦那と結婚した経緯やら子供のことやら、そこまで聞いてないのにって事まで色々喋ってきて、明るくて面白い人だなぁ~っていう印象でした。
 
智子さんは小柄で、美人って感じじゃないんだけど、そこそこルックスは良くて、身長差のせいもあって、自分と話すと妙に上目遣いが小悪魔的に見えます。
 
胸元の奥のブラが見えたりして少しドキッとすることが何回かあったけど、こちらも仕事なので特に気にしてませんでした。

 

ひとつ気になったことは、“自分と喋るときにずいぶん近くに寄ってくるな~“ってことぐらいでした。
 
まぁ、そういう人ってたまにいるし。
 
そんなある日、リフォームも無事に終わって集金に行った時、時期は12月だったので大掃除の話題になって冗談も交えて楽しく喋っていたところ、俺の家のキッチンのコンロが汚れていたので、「掃除が面倒臭くて嫌になる。」と言ったら、なんと奥さんが、「今度、掃除しに行ってあげますよー^^」なんてケラケラ笑いながら言ってきました。
 
まぁ、話が盛り上がったついでの社交辞令だろうと思ったので、こちらも「お願いしますね。」と言って話はそれで終わりました。

 

その晩、家でひとりで軽く酒飲んでテレビを見てると携帯が鳴りました。
 
知らない番号だったので、誰だろう?と思いながら電話に出てみると、なんと智子さんでした。
 
携帯の番号は教えてないのに変だなぁと思ったけど、なんか急用かなと思い、「どうかしました?」と聞くと・・・。
 
智子「あ、キッチンの掃除、いつ行ったらいいですか~?」(少しテンション高い)俺「え?は?」社交辞令だと思って、そんな話自体すっかり忘れてた俺は(???)でした。
 
智子「もう~、今日言ったばっかりじゃないですか~。」(あれ?マジで言ってたんだ・・・)俺「あ~ほんとに掃除してくれるんですか?。

智子「やりますよー!こっちもお世話になってますから~(ケラケラ)」ん~・・・まぁ掃除は面倒臭いし、好意に甘えてみるか。

 

「じゃあ今度の日曜とかなら家にいると思いますけど・・・」
智子「はーい!わかりましたー。じゃ日曜日ね!」
俺「はい・・・」
智子「じゃ行く前に電話しますね~^^」
智子「あ、これ私の番号なんで、登録しといてくださいねー^^」
俺「あ、はい、よろしくです・・・」これはなんだ?確か今度の日曜は、ヒロシは朝から仕事が入ってると言ってたし、一人暮らしの俺の家にキッチンの掃除に来る・・・。
 
もしかして・・・、いやいや考えすぎ?。
 
あ、子供も学校休みだから一緒に連れてくるか。
 
ま、あまり深く考えないようにしよう・・・。

 

そして日曜日。
 
午前10時半過ぎ、携帯が鳴りました。
 
智子さんです。
 
智子「おはようございまーす!智子ですよー。」(よく笑う人だ。
)俺「あー、はい、おはようございます」
智子「あれ?寝てました~?」
俺「いや、起きてますよー」(実は前日、飲み会だったので寝てました・・・)智子「よかった~^^じゃこれから向かいますね。

俺「あ、は、はい」15分後、子供に出すお菓子とかジュースとかあったかな・・・とか思って、戸棚や冷蔵庫をガサガサやっていると・・・。

 

ピンポ~ン♪ピンポ~ン♪早っ・・・。
 
とりあえずドアを開ける。
 
智子「どーも~^^あ、車そこに駐車しちゃったけど平気?」(めっちゃ笑顔)俺「あ、大丈夫だと思うよ」
智子「おじゃましまーす!」
俺「あれ?お子さんは??」
智子「おばあちゃんの家で遊んでますよ」(さらっと、そしてアッケラカンと)俺「え?あ、じゃあどーぞ」一人で来たのか・・・。
 
これってもしや・・・いやいや・・・ないない、考えすぎ^^;智子はキョロキョロと部屋を見回したあと、普通に居間のソファーに座りました。
 
智子「意外と綺麗にしてるじゃないですかー。掃除の必要ないんじゃない?。」
俺「そーでもないですって^^;」って、なんかくつろいでない?掃除しに来たんじゃ?俺「とりあえずコーヒーでも飲みます?」
智子「はい!うれしー^^」ん?なんかいつも見る智子さんと雰囲気違くないか?いや、確実に違う!いつもとメイクが違う。

 

スカート履いてる(今までジーンズしか見たことない)。
 
しかも結構膝上でタイト!さすがに冬場なので薄着じゃないけど胸元はゆるい・・・。
 
そしてなんとなくいい香りがする・・・。
 
俺「あ、そうだ、キッチンはこっちです。結構汚れがすごくて^^;」
智子「そんなことより、こっちに座ってもっとお喋りしましょうよ^^」そんなことって・・・コンロの掃除しに来たんじゃ?智子「掃除はコーヒー飲んだらやりますからぁ~」(なんだ?この微妙なウッフン声は・・・)俺「あ、はい・・・ほんとに掃除しに来てくれたんですか~?。

智子「しますったらぁ~。」
俺「お子さんも一緒に来ると思ったんですけど」
智子「・・・」沈黙・・・。

 

「???・・・」
智子「ヒデキさんて鈍いんですね・・・」(めっちゃ目を見てる)俺「は?」
智子「私、好きなんです」
俺「掃除がですか?」
智子「違いますよ!」(ちょっとムッした・・・)(???)智子「好きになっちゃいました。
ヒデキさんを」
俺「え?何言ってんですか?^^;」
智子「だから~ヒデキさんを好きになっちゃったんです^^」(小悪魔的笑顔)俺「いやいや、ありえないでしょ。

智子「私のこと嫌いですか?」(なんすか、この上目遣い・・・)俺「嫌いとか好きとかじゃなくて・・・」(軽く混乱・・・)智子「じゃあ好きになってください」(もう視線外しません)俺「・・・」
智子「私じゃダメですか?」近くで見ると意外と色っぽい。
 
いや!ダメでしょ!この人はヒロシの妻・・・。
 
俺「なんか嫌なことありました?ヒロシと上手くいってないとか?」
智子「旦那とは仲いいですよ。昨晩もしましたから」(キッパリ)って、そこまで訊いてません^^;智子「でもヒデキさんが好きになっちゃったんです。
しょーがないんです」座ってる位置がいつの間にか近い!俺「まずいよ・・・ヒロシは友人なんだから」
智子「わかってますけど、大好きになっちゃったんだからどうしようもないんです」さらに体が接近してきた・・・。

 

俺「ダメダメ、悪いけど今日は帰ってください」
智子「じゃあこうしましょう。私とふたりで会ってる時は旦那のこと忘れて」
俺「いやいや、ふたりで会わないから」必死にお断りする俺。
 
・・・でも智子の顔が妙に色っぽい・・・。
 
(あれ?俺ドキドキしてる)智子の白いタイトスカートが少し上がってきて、黒いストッキングがエロい・・・。
 
智子「私、この前からずっとさりげなくアピールしてたのにヒデキさん全然気づかないし・・・」
俺「普通気づかんでしょ。友達の奥さんなんだから」
智子「ずるい!あんなに世間話の時は気軽に喋ってくれたのに」
俺「世間話はするでしょー^^;知らない人じゃないんだから。」
智子「私の胸元チラチラ見てたし」(さらに上目遣い)(げ、バレてた)俺「それは・・・俺もバツイチだし、智子さんいつも胸元開いた服ばかりだったし・・・」(って、今もじゃん!赤いブラジャーだ・・・)智子「あ。
今も見たでしょ!」(さらに体をくっつけてきた)俺「見てないって」(見たけど・・・)智子が接近したもんでいい香りが・・・。

 

(え?俺の腕に胸当たってます???)俺「とにかくこんなのダメですって。今日はもう・・・」と言い終わる前にサッと抱きついてきました。
 
(!え!?あ?)智子「大好きです!」混乱!困惑!でもいい香りがたまらん!で、俺が体を離そうとして手を動かした瞬間!なんとソファーに座っている俺の両足の上に跨がってきました!智子のスカートは捲れあがり、黒いストッキングの太ももが露わ・・・。
 
智子「チューしてください」目の前に智子の顔・・・さっきよりさらに色っぽい!俺、押し返すが離れない・・・。
 
智子「ヒデキさん・・・」
俺「え?・・・ちょっと降りて・・・」
智子「ヒデキさん、大きくなってるよ」(げ!!しまった!)実はさっきから少し・・・情けない・・・。

 

(あ、ダメだって触っちゃ!)と思ったら瞬時に触られた!ジーンズの上からだけど、ビクッと反応しちゃう俺って・・・。
 
かなり気が動転!どうしよう?早くなんとかしなくちゃと思った瞬間!智子の唇が俺の口に!!俺「ウグッ・・・やめっ・・・」智子の抱きつき力がさらに強さを増します。
 
厚いセーターみたいな服だけど、智子の体の感触が、そして太ももには智子の柔らかい尻の感触が・・・。
 
(き、気持ちいい・・・)確実に理性がぶっ飛びました。
 
もう限界っす!頭まっ白・・・。

 

く抱き寄せました。
 
智子の舌が入ってきます。
 
受け入れました・・・、入れ返しました・・・、絡めました・・・。
 
気持ちいい!何年ぶりの感触か(苦笑)その後はもう自然の流れです。
 
俺は野獣。

 

寝室に移動して立ったまま智子を脱がせます。
 
セーター、スカート、黒いキャミソール・・・。
 
智子は上下お揃いの赤に黒のレースが入った下着です。
 
(勝負下着??)部屋はレースのカーテンだけ閉めてありました。
 
智子「部屋、明るいままでいいんですか?」興奮してたせいかあまり聞こえませんでした。

 

我を忘れて智子の下着姿をじっくり見ていると・・・。
 
智子「あんまり見ないでくださいね。妊娠線すごいし・・・」(微笑)
 

 

【特集 熟女の性】

 
【PR】なるほど!って思ったw
人生で初めてセフレできた┃イメージ画像
試しにのぞいて見る
 

ガチンコ!


 


 
【PR】※会員数が1000万人を突破しました アフィリエイト
 

ありえんwwwww

 


 

 

この記事に関連する記事一覧

2017年 読了時間:約 2分

2017年 読了時間:約 5分

2017年 読了時間:約 5分

【NEW!!】2018年 読了時間:約 3分

今 読まれている 人気記事!

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】