告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!



親戚死んだザマァwお通夜に参加して棺の前で息子と近親相姦セックスしてザーメン&マン汁散乱させたりましたw

の間の土曜日、主人の親戚のお通夜と葬儀に主人が仕事でいけなかったので、私39歳息子17歳と二人で行ってきました。
お通夜の後、親戚の家に泊めてもらえるはずが、親族が各地から予想以上に来て私たち母子はホテルで泊まることになったのです。
しかもお土曜日ということでホテルのダブルの部屋しか取れず、息子と同じベッドで寝ることに。
二人ともお風呂に入り、ホテルのパジャマを着てベッドに横になったのですが、いくら息子といっても同じベッドで寝ていると気になり、なかなか眠れませんでした。
そこへ息子が、「お母さんって、喪服がとても色っぽかったよ」と、茶化してきました。

 

親戚死んだザマァwお通夜に参加して棺の前で息子と近親相姦セックスしてザーメン&マン汁散乱させたりましたw(イメージイラスト1)

 

私はマジになってはいけないと、「何を大人っぽく言っているのよ」と言って、昔を思い出し息子の体をくすぐり出しました。
息子も最初こそくすぐったいと逃げていましたが、そのうち私の体にくすぐりをかけてきたのです。
そして気が付けが掛け布団を跳ね除け、私に覆いかぶさっていました。
そして息子の顔をじっと見つめ、目を瞑れば息子は私を抱きキスをしてきたのです。
まさか、実の息子とこんなことになるとは、、私が息子の口の中に舌を入れてあげると、息子も私の口に舌を入れて来るのです。

 

そして、「お母さん、いいよね」と言って私のパジャマに手を入れ胸を揉んで来るのです。
そして私の腰やお腹に当たる息子のペニスは硬くなっていました。
しばらく息子の自由にさせていたのですが、私の胸をパジャマから出すとむしゃぶるばかりでその先に進もうとしないのです。
「祐君(息子)、あなた初めて」と聞くと、息子はうなずきました。
「だったらお母さんがしてあげるから」と、息子をベッドに寝かせ、裸にするとペニスを咥えてあげました。

 

親戚死んだザマァwお通夜に参加して棺の前で息子と近親相姦セックスしてザーメン&マン汁散乱させたりましたw(イメージイラスト2)

 

「ああ、おかあさん」となんとも情けない声。
しかし、ペニスのほうは主人と同じように硬くなっていて、今にも射精しそうなんです。
そこで私も裸になって、息子の腰に跨り息子のペニスを持つと私の股間に宛がい、腰を落とし私の中へ入れてあげました。
正直、そのときは私も興奮していて避妊なんて考えてもいませんでした。
ただただ、息子のペニスが私の中に入っている、それだけで満足だったのです。

 

かし、数分後には私の中で息子が大量の精液を放ち、私のいきながら受け止めてしまいました。
腰を上げて息子のペニスを抜くと、息子の腰に精液がぽたぽたと落ちてきて、そのときになって初めて生で出されたんだと思いました。
すぐにお風呂に入って股間を流したのですが、再びベッドへ行くと息子のペニスが大きくなっているのです。
その夜は何とでもなれと思い、それから2時間位は息子と繋がっていました。
朝起きたら、息子は私の隣ですうすう眠っています。

 

しかも私も息子も一糸纏わぬ裸のまま。
シーツには息子の精液と私の愛液が混じり合ったものがべっとりつき染みになっていました。
 

 

会員数が1,000 人を突破しました アフィリエイト
 
> もっと詳しくPCMAXの実態を見てみる <

 

 
※おまんこ 軟派 験談
 

 

ありえんwwwww

 


 

 

 

ガチンコ!


 

【PR】なるほど!って思ったw
人生で初めてセフレできた┃イメージ画像
試しにのぞいて見る

この記事に関連する記事一覧

2017年 読了時間:約 2分

2017年 読了時間:約 5分

2017年 読了時間:約 5分

【NEW!!】2018年 読了時間:約 3分

今 読まれている 人気記事!

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】