告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

はっぴぴーwwwww


「違うのそんな女じゃな、ぁあ、なぁーい・・・」←BBAの泣きセリフ

 
【android】
 > Andoroidで遊んでみる
 
【iPhone】
 > iPhoneアプリで遊んでみる

 
【追伸】
ヘキサ染めした乳頭から匂うハニー・ローズのおばさん臭にクラっクらっでした♪

 

 

会社の命令でメンドくせーな思いつつ地方に出向した俺→現地で人妻セフレができて機嫌直すw

ちの会社は、本社勤務の全員が数回は地方に出向くシステムがあります。
僕はもう2回目の出向でした。
場所は詳しく言えませんが、東北地方の小規模な地方都市です。
地方に行くとデカい地主だったり力のある人っているんですよね。
まずはそんな人達に挨拶回りをするのが恒例なんです。

 

会社の命令でメンドくせーな思いつつ地方に出向した俺→現地で人妻セフレができて機嫌直すw(イメージイラスト1)

 

都内じゃ考えられない規模の屋敷に住む地主さんに挨拶に行きました。
見渡す限りの畑は全部その地主さんの土地で、都市部にもかなり持っているとか。
だいたい偏屈な老人が多いので、元気良く礼儀正しく訪問しました。
10時頃行ったのですが、まだ旦那さんは農作業中とのこと。
そこで現場に向かいました。

 

普通の1階建て一軒家があって、そこが作業場みたいです。
入って行くと、老人が一人と若い女の人が一人いました。
その若い女性を見た時、マジで一瞬止まってしまいました。
あのキョンキョンこと小泉今日子にソックリなんです。
年齢はあとで知りましたが36歳なのに、どう見ても20代後半に見えます。

 

会社の命令でメンドくせーな思いつつ地方に出向した俺→現地で人妻セフレができて機嫌直すw(イメージイラスト2)

 

麦藁帽子みたいなのを取ると、おぉ?!ってぐらい可愛い女性でした。
老人に挨拶をすると、仕事の邪魔だからって言われて、その日は帰りました。
帰り間際にそのキョンキョン似の人に、いつなら大丈夫そうですか?と聞くと、午後の14時過ぎなら家にいますよって言われたんです。
だから次の日の14時半頃また家に伺うと、今度は眠いからと言われ退散。
4日目にしてようやく会って話ができました。

 

3回とも追い返される状態だったのを、キョンキョン似の人は同情してくれていました。
家の中だと怒られるので、外の椅子に座りお茶を飲ませてくれたりしてました。
聞いてみるとお孫さんのようで、1年ぐらい前に戻ってきたんだとか。
「ご主人もこちらで?」と安易に聞いてみると、「えぇ~・・・」みたいなバツの悪い空気になりました。
「ダメになってこっちに戻ってきたんですよ」って言われて、自分の配慮の無さに情けなくもなりました。

 

老人はやっぱり偏屈で、しかも僕を見て「ちょっと手伝ってくれるか?」なんて言い出して、初めて畑仕事をやるハメになりました。
僕はキョンキョン似の人と働けるからまだイイかって言い聞かせて働きました。
自分の仕事もありますから、週に2回早朝に出向き、昼ぐらいに会社へ戻る生活です。
正直かなり辛かったです。
でもその甲斐あって、キョンキョン似と仲良くもなりました。

 

1年前まで住んでいたのが同じ区だったので、より親しくもなりました。
7月になる頃には地主の老人も僕に結構優しくもなりました。
それで呼ばれたのがその地域の夏祭りです。
僕を含め支店長や副支店長などを連れて、お呼ばれされる事になりました。
昼前から酒を振舞われて、ガンガン飲まされました。

 

僕はまだ若いから良いけど、支店長たちは15時ぐらいには泥酔です。
「そっちで寝かせとけ!」と言われ、支店長たちを和室に寝かせました。
僕も酔ったフリをして横になっていたら、キョンキョン似が水とかを運んできてくれたんです。
彼女も酔いはしているものの、働かされてる感じでした。
浴衣姿で首筋に汗がタラリとあったりして、正直かなり色っぽかったです。

 

も手を出すわけにもいきませんからねぇ。
でもやけに僕の方に寄ってきてくれるんです。
「ちょっと酔っちゃいましたねぇ~」
「かなり呑まされましたしね。支店長もヤバいっすよ」
「でもまだ終わらないんですよぉ。大丈夫ですかぁ?」
「もしかして夜までとか?」
「ですねぇ。町内の人がまた夕方から増えるので」そんな世間話をしていた時、事件が起きました。

 

うぅぅぅ・・・・という呻き声が聞こえてきたんです。
振り返ると副支店長が青ざめた顔で、口を押さえて起き上がろうとしてもがいてたんです。
これは吐く!と思って、手元にあったお盆を差し出しました。
その瞬間口から溢れた液体が・・・・少量だったのでそのまま体を2人で支えて、トイレに運びました。
途中の廊下で地主老人に会って「ダラしないヤツだ!さっさとトイレに運べ!」なんて怒鳴られて。

 

幸い僕にもキョンキョン似にも被害は無く、副支店長を両サイドで支えてトイレに顔を突っ込ませました。
見たくないから2人とも顔を背けるわけで、そうするとすぐ目の前に互いの顔があるわけで。
初めは眉間にシワを寄せて苦痛の表情でしたが、その顔がまたなんとも色っぽくて。
目が合ってしばし見つめ合っちゃって、そのまま自然にキスをしてしまいました。
彼女は受身というわけではなく、僕の方に顔を寄せてきましたし。

 

軽くキスをして、そのまま舌を絡ませるキスに。
副支店長はグッタリしてて、唸っていましたが(笑)副支店長が落ち着いたのでトイレにそのまま残し、隣の洗面所のある脱衣室に2人で行きました。
扉を閉めた瞬間、激しく抱き合いながらキスをしました。
かなり積極的なキスで少々驚きましたが、舌をジュルジュルと舐める行為に完全にヤラれました。
誰かが来るかもしれないというスリルで、興奮度はマックスになっていました。

 

衣の上からオッパイを揉み、口の周りがベチョベチョになるようなキスをしました。
思った以上に胸が大きくて、浴衣の上から持ち上げるように揉みまくりました。
「はぅ・・・ダメッ・・・」
「すごいよ・・・・・こんなに積極的だとは思わなかった・・・・・」キスをしながらそんな会話をして、左手はケツを揉み、右手はオッパイを揉みまくりです。
「んやぁっ・・・・はぁ・・・・ぅんっ・・・・」我慢できなくなり、左手を足の間に滑り込ませました。
「そこはだめよっ・・・・誰か来ちゃうから・・・・はぅんっ・・・・」
「凄いアツくなってる・・・・・・ほら・・凄いよ・・・・」ダメとか言いつつ足は少し開き気味です。

 

触って欲しいのが丸分かりでした。
だからそのままアソコを下着の上から指先でスゥーッとゆっくりさすってみました。
「はっ・・・んっ・・・・んぁはぁ・・・ダメ・・・・んっ・・・」徐々に指先に力を入れてクリトリスを見つけて刺激しました。
もうこうなると僕の舌をフェラするみたいに舐めちゃってて。
キョンキョンみたいな可愛い顔してるくせに、このエロさはヤバいなって興奮しました。

 

下着の間から直接アソコを触ってみると、想像通りベッチャベチャです。
ニュルッと指がアソコに入ると、腰がビビビッと軽く痙攣しました。
僕の頭を両サイドからガッチリ持って、口にシャブリついてきていました。
「もぅダメッ・・・ダメッ・・・・・」
「何がもうダメなの?凄い濡れてるよ」
「イヤッ・・・ハァハァ・・・・ンッ・・・・・欲しくなっちゃう・・・」
「ダメだよ。ここでしてたら完全にバレちゃうよ」
「だって・・・・・・だって・・・・」
「今は指で我慢しなよ。ほら・・・・」今度は指を2本入れて、本格的に中を刺激してあげました。

 

僕に抱き付いて倒れないようにしながら、見悶えている姿。
まさに完璧です(笑)指の動きをスピードアップさせていこうと思って動かし始めました。
「アッアッ!ダメッ!ダメッ!んはぁっ・・・ンクッ!!」あれ?って感じでした。
まだ指の動きは本気じゃなかったんですが、体を震わせるようにしてイッちゃったんです。
「もう・・・だからダメッて言ったのに・・・・恥ずかしい・・・・」
「簡単にイッちゃうなんてホントにエロいね。入れてたらどうなってた事やら」
「はぅ・・・・・んっ・・・・・バカァ・・・・」2人で何だから笑っちゃって、しばらく抱き合ったりしていました。

 

支店長の事を思い出し急いで戻ってみると、やっぱり便器に頭を突っ込んで爆睡してました。
濡れたタオルで顔を拭いてあげて、二人で抱えて部屋に戻りました。
支店長は上半身裸になって寝てるし、副支店長はそんなんだし、どうしようか考えました。
「上司が2人ともダメみたいなので、今日はこの辺で戻らさせて頂きます」地主老人に言うと、酔っ払って上機嫌なのか、「おぉ~おぉ~気を付けてな!」とアッサリ。
タクシーを呼んでもらって何とか2人を詰め込みました。

 

外で僕の名刺を彼女に渡しました。
どうせ1人暮らしだし、街に出てくる時は連絡してくれって。
その日の夜に彼女からメールが届きました。
その時初めて彼女の名前を知りました。
ここではサユリという仮名で。

 

メールをしていて、彼女が離婚して戻ってきた事や、今度もまた祖父の勧めで結婚するであろう事を知りました。
離婚の原因は旦那のDVだったそうです。
もともとMな性質のサユリは、少しぐらいのDVだったら平気だったそうです。
でも次第にエスカレートしてきて、アザを祖父に見られた事がキッカケで離婚したとか。
旦那は僕も知っている都内に本社がある大手企業の重役の息子。

 

そのまま自分も重役になるであろう人物だったみたいです。
今は紹介した祖父もバツが悪いらしくて、戻ってきた孫の生活の面倒を見ているって言っていました。
地元には祖父の知り合いが大勢いるらしく、特急で30分下った街で会う約束をしました。
ネットで調べたらそこには隠れ家的な温泉があるという事で、ヤる事前提で向かいました。
一応料理がウマいって話なので、それを食べるという理由でしたけど。

 

は車で向かい、駅で彼女を拾って旅館へ向かいました。
その日はちゃんと化粧もしていて、マジでキョンキョンみたいですっごい可愛いんです。
タイトなシャツを着ているせいで、巨乳も強調されていました。
出向してからあまりお金も使う事が無かったので、大盤振る舞いで一人2万円のコース料理を注文しました。
彼女が泊まらなくても僕1人で泊まろうと思って、宿泊の手続きも済ませて。

 

内風呂がある静かな和室で、かなり雰囲気も最高です。
そこであれこれと会話しながら、料理を満喫しました。
僕はこんな可愛い女の人とデートした経験も無かったので、これだけでも十分幸せでした。
料理を食べて一息ついて、旅館の近所を散歩に出掛けました。
あまりひと気が無い自然豊かな町で、お薦めの海岸沿いを歩きました。

 

歩きながら思い切って手を繋ぐと、拒絶される事も無くそのまま手を繋いで歩きました。
少し高い山頂みたいなとこにある公園に行って、ベンチに座って景色を眺めました。
周りには誰もいませんでしたし、そのまま僕はキスをしました。
「なんか明るいと照れるねぇ~」というサユリでしたが、きっちりディープキスに応じてくれました。
何度もキスを楽しんでいると、若いカップルが来てしまい退散。

 

旅館に戻り1階でおつまみなどを買って、部屋にお酒を運んでもらいました。
軽く飲んでホロ酔いになり、そのまま済し崩し的に押し倒してしまいました。
キスを十分楽しみ、シャツのボタンを外し、豊満な生乳にしゃぶりつくとスイッチオン。
もう誰にも遠慮する事の無いエッチでしたから、彼女はエロモード全開でした。
僕の髪をグシャグシャにしながら、胸の顔を押し付けさせます。

 

乳に顔をグイグイやられて幸せでした(笑)「いっしょにお風呂に入ろうか」全裸にして彼女を立たせると、素晴らしいスタイルだった事に驚きました。
痩せているのに女性特有の丸みのある肉付き。
36歳なのにお尻の肉もプリンと丸く垂れてもいない。
特に凄いのは巨乳の胸。
ブルン!と大きくボリュームもあるが、まったく重力に負けていない形をしていた。

 

ツンと斜め上に向いた乳首と、程良い大きさの乳輪。
どう考えても人生で№1の女性でした。
内風呂なので人目も気にせず、キスをしたりお互いを舐め合ったりしました。
僕が縁に座り、勃起したチンコを目の前に笑顔の彼女。
その上目遣いが最高でした。

 

なんせキョンキョン似の女性が・・・ですから。
玉袋を舐め回し、根元からカリにかけて焦らすように舐めるフェラ。
亀頭の周りをカリに沿って舌先でクルリクルリと舐める。
しかもちゃんと根元を握って上下にシゴいている。
もうホントに最高です。

 

この日の為に数日間オナニーを我慢してきて正解でした。
「そんなに凄いフェラしたら出ちゃうよ」
「ダメよぉ~。もう我慢できない?」ニヤニヤしながら悪戯っ子のような顔をして、わざと激しくしゃぶり始めました。
「ちょっ!マジでヤバいから!」
「んっんっ・・・イイよっ・・・出して・・・イイよっ・・・」僕は彼女の頭を押さえ、上下に振りながらそのまま口に放出しました。
さすがに分かってるなって思いました。

 

クドク精子が出ている時も、ちゃんとジュポジュポ激しくしゃぶってくれますし、出終わってからはゆっくり優しくしゃぶってくれます。
口に出した精子をそのまま飲んでしまったようで、イッた後のチンコをしばらく舐めていました。
今度は逆になり、彼女を縁に座らせました。
足をガバッと広げ、M字開脚させました。
彼女のアソコは薄毛で、ビラビラがやらしくベロンとなっています。

 

それを左右に開くと、真っ赤に充血したアソコが丸見えになりました。
「だめぇ~恥ずかしい・・・」
「凄い興奮してたんだね。クリがこんなに硬くなってるよ」舌先でペロンと舐めあげると、彼女は「ヒッ・・・」と軽く仰け反りました。
そこからはもう僕はアソコに吸い付き、今までにないぐらい舐め回しました。
ここで彼女を気持ち良くさせないと、もうこの関係も終わってしまいそうだったから。

 

指を入れて中をかき混ぜ、クリやその周辺を相当舐め回しました。
彼女はクリを周りの皮ごと甘噛みされるのが好きなようで、それをすると腰が動きます。
そうと分かれば簡単でした。
指の動きを小刻みに早め、甘噛みしながら舌先で刺激しまくりました。
「ハゥッ・・・ダメッ・・・ダメッ・・・イッチャウ・・・ンンンッ!イックッ!!!」巨乳をブルンブルンさせながら、仰け反って彼女はイッてしまいました。

 

その姿を見て我慢できません。
彼女を後ろ向きにして、そのままバックで入れました。
最高のアソコです。
ただ腰を振り続けていると、彼女が振り向き何かを訴えてきました。
「ヒザが・・・擦れて痛い・・・」興奮し過ぎてて、彼女の膝の事なんて忘れてました。

 

から今度は僕が座り、その上に彼女が乗ってくる体位に切り替えました。
彼女はヒザをつかず、上下バウンドもできるし擦りつける事もできる体位。
ここで彼女の本領が発揮されました。
僕の口にしゃぶりつくようにキスをしながら、勝手に上下にバウンド。
途中で前後左右に擦りつけるようにグラインド。

 

その間、喘ぎながら僕の口にしゃぶり付いてくるんです。
こんな可愛い美人とのエッチも初めてだし、こんな本能丸出しのエッチも初めてでした。
このままではまたイッてしまいそうだと思い始めました。
そこでいったん中断して、お風呂で汗を流し、浴衣に着替えました。
彼女はノーブラノーパンの上に浴衣です。

 

胸元を少し肌蹴させると、それはもう色っぽい姿に変身。
それを目の前で見ながら、また2人で軽くお酒を飲みました。
布団の上での2回戦は、過去に無い激しくもエロすぎるエッチでした。
彼女は自分から積極的にセックスを楽しんでくるタイプのようです。
だから座位も騎乗位も好きで、勝手に腰をガンガン動かします。

 

バックでも正常位でも、こちらが要求すれば腰を動かしてきます。
ちょっと喘ぎ声が大きかったので、脱いだ浴衣で口をふさぎました。
それが余計興奮するみたいで、彼女のエッチは激しくなるばかり。
イキそう・・・というと、お口に・・・と答える彼女。
その日は結局初めから終わりまで、ずっと彼女の口に出していました。

 

かも全部彼女は飲んでいました。
合計3回も出して全部飲む彼女は、飲む事に抵抗がないようです。
そう旦那にも昔の彼氏にも教育されたんだとか。
泊まるわけにもいかず、エッチするだけして帰る事にしました。
僕が車なので、家まで送っていったんです。

 

「駅でバッタリ会ったので、お送りしました」これが言い訳で。
そんな言い訳も必要ありませんでしたが、一応お祖父さんには用心が必要ですから。
彼女は久し振りに楽しかったと喜んでくれました。
「また会ってくれる?」僕はちょっと恐る恐る聞きました。
「ホント?アタシみたいな女でも会ってくれる?」彼女は離婚した事に引け目があるようでした。

 

じゃなかったら僕みたいな男には目もくれないと思いますし。
彼女とはこの日から月に2~3回会う様になりました。
その多くは全部地元以外で会って、セックス三昧。
お祖父ちゃんの目を盗んで、実家でするエッチも最高でした。
トイレや納屋でのフェラ・立ちバック。

 

毎回彼女が飲んでくれるので、後処理には困りませんでした。
そんな彼女ですが、僕との2年間の関係の後、地元の男と結婚しました。
またお祖父ちゃんの勧めで、別に好きでも無い男だと言っていました。
結婚してからも、僕が本社に戻るまでの1年間ちょっとの間、彼女との関係は続きましたし。
というか今でも半年に1回とか彼女がやってきて、数泊する間もセックス三昧ですが(笑)
 

ん??
これってあの人気モデルの
裏垢?
⇒ https://goo.gl/xsQkyt
 

 


 

やっほほい、ほいwww


南青山BBAの窒息責めにマーシャル「m’逝きw」

 
【android】
 > Andoroidで遊んでみる
 
【iPhone】
 > iPhoneアプリで遊んでみる

 
タワマン貴婦人にアトミックスクリュー責めで逆襲してみたwww

 

 

超絶!入れ食い


ちんこ 験談 【PR】
1,000 人を突破 ←「注:くっソ 美人は少ないですw」
アフィリエイト

 
公式HP(PCMAX 18禁)
 
慎重派の方はこちら(PCMAXの実態についてまとめられています)
 

 

人気の記事一覧

2018年 読了時間:約 2分

2018年 読了時間:約 5分

2018年 読了時間:約 5分

【NEW!!】2018年 読了時間:約 3分

今 読まれている記事!

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】