告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

はっぴぴーwwwww


「違う 私はそんな女じゃ な、ぁあいいぃい…」、と歯ぎしりしつつ失禁Ww

 
【android】
 > Andoroidで遊んでみる
 
【iPhone】
 > iPhoneアプリで遊んでみる

 
【追伸】
世田谷のドンファン貴婦人のジェットまんこの吸着具合が半端ないっス!

 

 

ソープ行ったらBBAとヤる羽目になってガックリしてたけどテクニックが凄すぎて何発も射精しちまったw

年は旅行も行かないし金使うアテも無いんで「そうだ、ソープに行こう」ってなCMばりに唐突に思いついたわけだ。
ちなみに俺が行ったのは6万の店だったのよ。
そんでだ、ソープ行くなら吉原だろjkってことで風俗サイトとPINK板開いてまずは調査から入るわけだ。

 

何事も念入りにやるのが俺のジャスティスそんでな、やるならガッツリやれるとこ行きたいからお仕事しっかりのお店を選んだわけだ。
体験レポを見るとおどろおどろしい話が大量に出てくる店だったこれぞ俺が求めた店だ!というわけで即電話で予約声の死んでるおっさんに予約と指名を告げる指名したのは仮にAさんとしておこうちなみにAさんのHP表記年齢年齢は25歳だったあ、俺の年齢28な年下のかわいこちゃんヒイヒイ鰯たる!!とか思ってたわけじゃないんだよ吉原年齢ってやつは理解してたんだけどね送迎はいかが致しますかと聞かれたが、駅前で待つのが恥ずかしい俺は炎天下の吉原を汗だくで歩いた駅から遠かった店に着く前に逝くところだったお前らは恥ずかしがらず送迎使えこの時期は死ぬぞお店に着くとまず入浴料を払うまあ金の払い方は店によって違う入浴料先払いの時は、残りは部屋で女性に直接渡してくださいと言われる最初に総額払いもあるが、入浴料とサービス料は別にするのが正しいソープ黒革ソファに座るといかちい黒服坊主が茶を持ってやってくる外は暑いでしょう、と笑顔で意外なフレンドリーさを見せる黒坊準備時間ってことで、10分ほど部屋で待っていた他の客は白髪のじいちゃんが一人…あのじいちゃんが、あんなプレイをこなしてたかと思うと…少し偉いっぽい黒服が、ご案内ですと呼びにくる待合室に出ると黒服全員土下座、俺びくっとなるマジでやるんだな…と思ってると奥のエレベーターが開いた近づくと、いってらっしゃいませ!!!という野太い合唱でお見送りされる流石に苦笑いしそうになりつつ、エレベーターに乗り込んだエレベーターの中には一人のおばさんが立っていた俺は28歳、彼女は25歳俺は28歳、彼女は25歳俺は28歳、彼女は25歳3回頭の中で繰り返したところでぶちゅ~~~~ってディープキスされたエロかったその時、何も問題は無いことに俺は気付いた相手が例え40overでも何も問題は無かった俺の野獣スイッチが壊れた音がしたとりあえずエレベーター内でドレスの下をたくし上げケツを揉んだ言うまでも無くフル勃起の俺パイ乙も揉んだぶよんむ、これはシリコン!!しかし問題は無い自分でチャック下ろして息子を解放してやった光の速さでくわえ込む嬢、ズゾゾゾゾゾ~~~~というすさまじい音で息子が飲み込まれる。
この時はマジで興奮しすぎて足がガクガクしてたチンと間抜けな音がしてエレベーターの扉が開いた俺はチンコ丸出し、彼女はパンツ丸出しで部屋まで歩くちなみに嬢とはまだ一言も口聞いていない部屋に入り靴を脱いだところで嬢のパンツ脱がした靴揃えるために前かがみになったところでスバッと膝までなスイッチの壊れた俺はもう止まらない立ち前屈でパンツ膝にある彼女の股間に顔から突っ込んだあああああッッッ!!!!とおっさんみたいな低い声であえぐ彼女んで、興奮MAX、もう辛抱たまらんってことで玄関で立ったまんま後ろからIN結論から言うと30秒で出たぜえぜえ言いながらとりあえずベッドまで行って寝転がるそこで初めて彼女とは初めましてを言ったもう・・・すごいのねえん、と熟女のようなエロイ喋り方をする人だったいや、熟女が熟女らしく喋っているだけだ俺は早くも賢者モードに突入しつつあった正気に戻って見る彼女は、正真正銘40過ぎのおばさんだったお風呂に入りましょう、と言われ例のスケベイスに案内される息子は未だ消沈、反応は無いまさか6万払ってこれだけなのか…泡をつけて全身洗われるあんとかおふぅとか悩ましい吐息を漏らしながら体をこすり付けてくるが俺の息子は難解な数学の証明を突きつけられた小○生のようにしょぼくれていた泡を落とし、ローションを手に取るおばちゃんぬるり何かが俺の中で育ちつつあるのを感じたその後スケベイスでアナルから玉から竿からベロベロにされた椅子に座ったままバックで挿入→2発目マット引いて全身ぬるぬる騎上位でバッコンバッコン腰骨くだけそうになるも→3発目ベッド戻って普通のHっぽく尋常じゃない潮吹きを見せられるすげー初めて見た!で興奮して→4発目何だかんだキッチリ抜いてもらったよ書いてなかったけどこの時は全部生な吉原の高級店は生が多いよ勿論付けて、と言えば付けてくれるけど6万でどこ行ってもおばはん出てくるわけじゃないよ!俺が行ったのがそういうお仕事派のお店だったってだけ川崎でも吉原でも同じぐらいの金額の店行ってたけど普通に若くて可愛い子出てくるよグダってすまんかったなお前らも良いソープライフを送れよ!
 

ソープ行ったらBBAとヤる羽目になってガックリしてたけどテクニックが凄すぎて何発も射精しちまったw(イメージイラスト1)

 

ハワイに新婚旅行に行ったのですが、飛行機の中でその子のことを聞きました。
新婦は多分変な夫だと思ったでしょう。
その後、彼女も結婚して、大宮に住んでいまして、妻と僕は子供をつれて、新居を訪ねました。

 

僕らは東京で、借家住まいでしたが、彼女は大きな家に住んでいました。
そのときは夏前でしたが、タンクトップで大きなオッパイが眩しいぐらいに突き出ていました。
それから約25年経ちました。

 

ソープ行ったらBBAとヤる羽目になってガックリしてたけどテクニックが凄すぎて何発も射精しちまったw(イメージイラスト2)

 

女の夫が突然、肝臓癌で亡くなりました。
お通夜にも葬式にも行きました。
彼女の喪服姿は物凄く奇麗でこの時に抱きたいと思いました。

 

彼女は47歳でした。
僕も世田谷に家を新築して、彼女が植木を自分で車を運転して持ってきてくれました。
その日は日曜日で妻はダンスに凝っていて朝の10時頃からダンスのレッスンで新宿の貸しホールに出かけていました。

 

「彼女が来たらお昼にお寿司でも取ってあげてね、1時半には帰るから」といって妻は出かけました。
親友は11時半ごろ来て、1mぐらいの植木を3本持ってきました。
狭い庭ですが、手伝ってもらって植えました。

 

昼にお寿司を取って二人で頂きました。
身体が植木で汚れたので、シャワーをお互いに浴びまして、簡単なTシャツと短パンでいました。
彼女にも妻のTシャツと短パンを貸しました。

 

相変わらず大きな乳房で眼のやり場に困りました。
ビールを飲んで少し調子に乗り「結婚式の時の貴女の胸の開いたドレス姿に惚れていたのです。僕の母親が巨乳で、昔から憧れていたのです。ウチの奥さんは貧乳でAカップしか無いのですよ。一度貴女のオッパイに触りたい」と言いました。

 

「ああ、いいわよ、触っても、でも奥さんにはナイショよ」といわれ大きな胸を突き出されました。
本当に飛びつくようにオッパイに触り、思わず口を吸いキスをしました。
シャツを捲り上げ、ブラジャーをはずして乳房を吸いまくりました。

 

パンも下げてパンティーをずらして、陰部に触りました。
僕も短パンを脱ぎ捨てて、太い陰茎を勃起させ、彼女の手に握らせました。
「前にS子が言っていたけど、貴方のペニスは本当に大きいわね、最初は入らなくて困ったのよと彼女が言っていたけど本当ね」と握り締めて唇を大きくして口の中に入れました。

 

「主人が亡くなってから、初めてよ。こんなことするのは」と言って、座布団を尻に敷いて太ももを大きく広げてオマンコを全開で見せてくれました。
陰毛は妻より少なめで、膣のワレメが外からくっきりと見えました。

 

少し黒ずんでいましたが、大陰唇はふくよかで、大きくなったクリトリスを舐めてやると、ピクピク痙攣して最初のアクメを迎えていました。
確かに旦那さんを亡くして2年ぶりの性交ですから、イクのが早いのは当たり前です。
お絞りを作ってきて、濡れてドロドロになったオマンコを拭いてやりました。

 

方はまだイっていないのでしょう」といわれました。
お昼をかなり回っているので妻が帰宅するのではと心配でした。
でも思い切って亀頭を彼女の膣に捩じ込みました。

 

本当に妻のオマンコより締りが良く今にもイキソウでした。
ピストン運動を続けて彼女が「アア~、もうダメ~、もうイクワ~ッ、一緒にキテ~ッ」と大声で叫びました。
僕も我慢が出来ずに射精をしようとした時に電話が鳴りました。

 

取らないと妻に疑われると、ペニスを膣から抜いて電話器のところに行きました。
ペニスは濡れて大きく勃起したままでした。
電話中も彼女は口に含んでくれました。

 

友の名前を言って「今、何しているの?」と妻の声でした。
「僕のチンポを舐めているよ」と、言いたいところでした。
彼女は妻の会話と知りながら、ペニスをごしごし扱きながら吸い付きます。

 

バキュームフェラです。
こんな時のオンナは恐いですね。
本当に妻と話をしている僕に射精をさせようと物凄く扱きます。

 

我慢して「今お寿司を食べて、彼女はテレビを見ているよ、いつ帰るの」と聞くと、30分以内に帰宅するということでした。
電話を終えるのと、僕が大量に精液を射精するのと同じでした。
僕は思わず「意地悪~」と叫びました。

 

に聞こえたらどうするんだよ」というと、「別れて私と一緒になればいいじゃない」と真面目な顔をして言います。
少し恐くなりました。
それから20分後に妻は帰宅しました。

 

お互いに陰部を奇麗に拭いて知らぬ顔をしていました。
彼女の携帯の番号とメルアドを交換しました。
大宮から新宿に休日には彼女が出て来て、デパートでビールと、弁当を買ってラブホで3時間は性交をしていました。

 

ある日4時半ごろ清算をするために1階の窓口にいるときに、娘がオトコと入ってきたのです。
モロに顔を合せました。
娘は妻の親友に何度か会っている様で知っていました。

 

互いに知らん顔をして過ぎましたが、顔は引きつっていました。
彼女は「どうしたの。顔が引きつっているわよ」といわれ、今のあった女は自分の娘だと話しました。

 

「え~ッ、Yちゃんなの。あんなに大きくなったの」と彼女もビックリでしたが、お互いに知っているだけにまずいと思い暫らくはSEXを諦めました。
妻とは月に2~3回で性交はしていますが、本当に早くイク女なので、僕もイッタ振りをしたり、マスをかいて、挿入10分でイクようにしていました。

 

その後は半年ぐらいは会わなかったのに、ある日どうしても彼女の巨乳が触りたく電話をして久しぶりにオマンコをしました。
帰りにデパートで買い物をしていたら、妻と娘にバッタリとあい、矢張り今後は無理と泣く泣く別れました。
でも時々はメールで彼女の膣や後ろから挿入した写メを見ながらオナニーをしています。

 

近妻は僕が友人と浮気をしていると疑っているようです。
何故か解りませんが、娘が話したのかも知れませんね。
 

ん??
これってあの人気モデルの
裏垢?
⇒ https://goo.gl/xsQkyt
 

 


 

やっほほい、ほいwww


スメハラ熟女の甘しょっぱい肉体になす術なしw

 
【android】
 > Andoroidで遊んでみる
 
【iPhone】
 > iPhoneアプリで遊んでみる

 
タワマン貴婦人にアトミックスクリュー責めを おみまいするゾーwww

 

 

超絶!入れ食い


ちんこ 験談 【PR】
1,000 人を突破 ←「注:くっソ 美人は少ないですw」
アフィリエイト

 
公式HP(PCMAX 18禁)
 
慎重派の方はこちら(PCMAXの実態についてまとめられています)
 

 

人気の記事一覧

2018年 読了時間:約 2分

2018年 読了時間:約 5分

2018年 読了時間:約 5分

【NEW!!】2018年 読了時間:約 3分

今 読まれている記事!

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】