告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

はっぴぴーwwwww


「違うのそんな女じゃな、ぁあ、なぁーい・・・」←BBAの泣きセリフ

 
【android】
 > Andoroidで遊んでみる
 
【iPhone】
 > iPhoneアプリで遊んでみる

 
【追伸】
ヘキサ染めした乳頭から匂うハニー・ローズのおばさん臭にクラっクらっでした♪

 

 

出会い厨はこれだからやめられねぇw旧2ちゃんねるで知り合ったビッチ妻と中出し子作りHした話

ちゃんをやってればライブチャットのバナーが気になり覗いたことある人は多いはず僕もよく初期無料ポイント付きのことろを探してはやってたりするんです仕事柄平日休みのある僕は、子供を送った後朝からライブチャットをしました偶然同じ県内のチャットガールを見つけ交信してみました、紺野まひる似のミサキ(仮名)さんという方です。
くだらないギャグなんかで喜んでくれて割と気が合いました。

 

自分の住んでる所を教えるとこれが2-3分ほどしか離れていないご近所さんだったんですビットキャッシュで入れた5000円分が無くなってきて僕はもうお金が無くてお昼が食べれませんからホームセンター内の飲食店で190円の学生ラーメンでいいからおごってくれと頼みました。
そうしたら、ミサキさんももっと話を聞いて欲しかったから合ってもいいよと了解してくれホームセンター屋上駐車場の角のところで待ち合わせしました学生ラーメンは学生じゃなくとも頼めるとミサキさんは信じてなかったんで、二人で学生ラーメンを頼み立証してあげました、ミサキさんにラーメンをおごってもらい190円でお昼が済むならこれは便利だと自分も今度来ようかななんて言ってましたそしてペットショップコーナーを見学してから車に戻りました、チャットの時にミサキさんはOLスーツを着ていて、その格好で来てとリクエストしたんですが着ては来たがその上に白いコートをはおってきたコートを脱いで欲しいが寒いので可哀想だせっかく着てきたんだからとOL姿を僕の車の中で見せてもらうことにした実際に派遣業のOLで今は会社が暇なのでしばらく休暇中だという、結婚はしてるが子供はいない不妊治療もやってみたが、マザコン夫と子離れしない姑に嫌気がさし数年セックスもしてないという僕のミニバンの後部座席に乗って、おもいっきし頼みこんだなめろう「パンチラ見せてくれよお」
ミサキ「え!嫌だよ、見せないよ」
な「だってさっきチャットで一回見せてくれたじゃんよう」
ミ「実際に人(チャット相手)に合うのだって初めてだし、こんなとこで見せたりしないよお」
な「数秒でいいからおねがいしますおねがいします、五千円はらうから」
ミ「お金ないんでしょ」
な「後で下ろしてくる」
ミ「ええーじゃあ・・ちょっとだけだよ」タイトスカートをためらいながらたくしあげちょっとピンクのパンツが見えるところまでで手をとめたな「ストッキングはいてちゃパンチラじゃないよお、ストキング脱いでよお」んもー、と言ってちょっと怒ったようだった、土下座してお願いしますと頼み込んだ、ミサキさんはあたりを気にしながらストッキングを脱いでくれたそしてまたパンチラを見せてくれた、サラサーティらしきものが貼ってあった僕はいそいで携帯をとりだしたミ「ちょっと!なにするの?」
な「動画とるの」
ミ「そんなの何に使うの?」
な「しこしこするときに使うの、ミサキでしこしこしたいの」
な「一万円払うからお願いします」しかたなくミサキさんは承諾してくれた酷いやり方だが僕は最初から金を払う気などないこれはズルズル作戦なのだミサキさんは片手で顔を覆い顔だけは録られまいとした動画を撮ったが携帯を見ると「メモリー不足です過去ファイルを消去しますか」と出た、ファイルの中は子供の写真だらけだ僕は子供を選んでパンチラ動画は残さなかったエライはいお終いとミサキさんはスカートを戻そうとした手を押さえつけて、もうちょっとこのままでと言って膝の上にブランケットをかけた、このブランケットは子供が車で寝た時に寝冷えしないようにかけるシナモロールのブランケットだ、パパは悪いことにつかうなあそしてバックの中から玩具を出したな「僕どえろもんです、じゃーんぱっぴーたいむ」ハッピータイムとは小さいマスコットのマッサージ機で一見子供の玩具に見えるが電池で振動し、女性オナニーのお供にもなるという裏の顔をもった玩具だ普通にコンビニや薬局で売られたりしているそしてブランケットの中でミサキの股間にあて振動させた股を閉じて抵抗したが足をねじ込んで股を開かせたな「マッサージだから、ここは一番マッサージが必要なところなんだから」ブイイイインと動く玩具にだんだん気持ちよくなってきたのか肩をぴくんぴくんとふるわせたな「直に当てないとダメだ」僕はパンツを脱がしにかかったミ「ちょっと、無理無理、こんなとこでヘンなことしてたら捕まっちゃうよ」
な「今がチャンスなんだ!今しかないんだ」僕は真剣な顔で屁理屈を言ったミサキはパンツをぬがさせてくれたパンツを脱いだ所へ強引に顔を突っ込みマンコを舐めた、ブチャブチャブチャと激しく音を立てて舐めたミ「ちょっとヤダ、人に見られたら通報されるってそしてまた横に座り玩具をクリにあてたそしてミサキの手を取って硬くなったチンコを握らせたそうとう嫌がってたにも関わらずクリで気持ち良くなってきたのか握らせたチンコの手がゆっくり上下に動き始めた奥さんイイぞもっとHなことしてしまおうイク時の顔を見られたく無かったのか顔を背けて手首のあたりで目のあたりを隠すようにしていたその恥じらいもまた興奮するミ「もう・・いい・・おわった・・」イッテしまったようだ、ぱっぴータイムの猫ちゃんはお汁でぐっしょりだ、毛も一本付いていたな「いけた?」
ミ「うん・・猫チャンにいかされちゃた」今朝知り合ったばかりの男にいかされたとは自分のなかで解釈もしたくなかろうな「猫チャンにイカされちゃたね、じゃあコレあげる」
な「僕もイキたい、口でしてよう」
ミ「無理無理、したことないもん、上手くないもん」したこと無ければ上手いか下手かわからんはずだ嘘が下手な女だ、チャットで話した時も、一人Hはするのと聞けば、しませんと答えるが、週に3回はしてるの?としつこく聞くと「そんなにしてないよ」
と言った「そんなに」ってことはやっぱりしてるんじゃないかな「三万あげるから」
ミ「えええ、なめろうさんお金なくなっちゃうよ」
な「ちょっと口に入れててくれるだけでいいから」
ミ「だって、マズイもん」呑んだことあるんじゃねえか、じゃあ、と言って亀頭にチュだけしてくれたな「短じか!アンコール!アンコール!」えええーと言って少し間をおいてゆっくりと口に入れてくれたそして吸いながらゆっくりと上下に動かしてくれたな「あああー凄くイイ、凄く気持ちイイ」そうやって男はオーバーに喜ぶと女はもっと喜ばせてやろうと、亀頭を回しナメしたり根本まで深く吸い込んだりしてくれたなんだよ、プロ並に上手いじゃねえかよちょっと八重歯が当たって痛かったがそんなことは口に出さなかったミ「はい、お終い、もう(チンコ)しまってねな「硬くなりすぎちゃって収まりがつかないよ」
ミ「自分のモノだから自分で納めなさいよ」
な「腿に挟ませて欲しい・・」
ミ「え?」
な「腿に挟むだけでいいから、イキたい・・」
ミ「ヤダ、そんなの出来ないよ」
な「6万あげるから」ミサキを後ろ向きにさせてお尻をちょっと突き出させたそして腿に挟み数回腰を振りながら、穴の位置を探って「ズン」と挿入してやった、ミ「きゃあ、嫌嫌嫌嫌、やめてやめてやめて」この僕がバックスマタで我慢できるとでも思ってたのか、ひっかかりやがってまさかミサキも朝知り合ったばかりの男と真っ昼間に屋上駐車場でセックスするなんで想像の範囲を遙かに超えていた出来事だろう「嫌、嫌、嫌、もうやめて」と繰り返していたが、情け容赦なくするするとボタンを外しブラを外しOL服を引っかけてるだけの半裸状態にしたチュルチュルとチクビを舐めたり耳を音を立てて舐めたりクビ筋にあとが残るくらい吸い付いたり嫌々やめての声もハァ・・ハァ・・ハァ・・の息使いに変わっていったそして自分の上に座らせると自分から腰を振りだした正常位になろうと言うと自分から下になった激しく腰を振ると「ああーあああーあああー」と声が大きくなっていき、表に人がいたらのぞき込まれるのでな「ゴメン、声が・・・」ミサキは気が付いてくれて、ブランケットで口をおおった「うぐうぐうぐ・・」
な「う、、イク、、」チンコを抜くと精子がミサキの服にピューピューと飛んだすぐにウエットティッシュで拭き取ってミサキのマンコをゆっくり舐めてティッシュで拭いたコレは紳士としてのマナーだ、自分のチンコをポンポン拭いてはいお終いではなんの気遣いもない僕は最初から入れるつもりで合いにいったのだだから家を出る前に一発抜いて置いた早漏にならないようにだ、そして洗面所で石鹸でチンコも洗っておいた、オイニイ臭かったらフェラしてくれないからだ一回亀頭にチュウしてくれたときもアレ?意外にいい匂いと感じ、フェラしてもいいかなと思い直したはずだお金は、とミサキの方からは切り出さなかった「なめろうさんお金なくなっちゃうよ」の言ってくれたときに、もらうつもりも無いんだと僕は解釈した、最初から払うつもりのないがミサキは脳の芯を突き抜けるようにイッタようで5分間ぐらい服も直さずにくねくねよがっていた僕は頭を撫で続け、じゃあそろそろ服を着ようと言ってコレあげると言って紙袋を渡した中には黒のガーターストッキングミ「ヤダ、なんかインリンみたい」淫乱みたいと言いたかったのだろうかインリンも確かに淫乱だがどうやって着るの?と言ったのでガードルを胴に撒いてやった初めてはいたガーターストッキングも割と気に入ったようだが履く機会が無いよね、と言っていたうっかり、股今度合うときにと言いそうになったがまた合うことはない、お互いに恋いの炎が燃えあがったら生活のバランスを崩し、家庭や仕事に差し支えることになるそして初めて逢った人をズルズルと攻略していくことはたまらん興奮なのだ、僕はそういった病人なのかもしれないホームセンターに戻り、ハンバーガー屋でコーヒーを呑んだな「お金は、気持ちよかったからいらないよね」
ミ「ああー犯された犯された」
な「気持ち良かったから許すよね」
ミ「ううん、許しちゃおうかな」
な「凄く感じてるようだったよニヤニヤ」
ミ「もう、やだー」もう二度と火遊びをしないことを誓い合ったミサキにはノーパンのまんまガーターストッキングをはいてもらってるピンクのパンツと黒は似合わないからパンツを取り上げたのが車に戻り、な「じゃあ帰りましょうか、」
ミ「あ、そうだ自分のストッキングとってこなきゃ」もういちど僕の車に戻って、鍵をロックしたチンコを出して、な「お口にいれてー!もう一回!もう一回!」
ミ「そろそろ帰ってご飯つくらなきゃ」
な「ほかほか弁買って皿に分ければいいじゃん」そう言って二千円渡したしなだれる髪を耳へ掻き上げ、フェラしてくれながら僕を見てくれた、よっしゃ硬くなったカーセックス第二ラウンド開始だ、ノーパンだから速入だパンパンパンパン!あっあっあっ・・・・・
 

(イメージイラスト1)

 

細身で髪は長くて綺麗だったので興味があった。
ある時に暑い日に店に行くと彼女はスロをしていた。

 

カバっと緩い服の胸元が開いてるので迷わず隣に座った。
座る前にチラ見したらかなり際どい。

 

(イメージイラスト2)

 

ょっと興奮しながらチラ見して、一度離れてまた座る。
チラ見したら何と白いインナーに包まれたオッパイが丸見え。

 

しかも乳首まで見えました。
どす黒い欲望を隠しながら乳首を拝ませてもらった。

 

見た目よりおっきい。
熟女に抵抗がないのは、高校生の時に規制が緩かった時代に、当時40歳の女性に筆おろししてもらったから。

 

婚未婚問わずに24歳の今も抵抗なくしています。
そんな俺にはたまらないのが現れました。

 

ジャグラーを当て、俺は彼女にコーヒーを渡した。
ビックリしながら受け取る彼女。

 

それ以降も話しかけたりしてたら向こうからも話しかけたりしてくれるようになりました。
そして、何ヶ月かして昼間に出くわした時に食事に誘って話してみました。

 

女は美幸という46歳の女性でした。
俺の年齢を聞いて「やだぁ!うちの息子と一緒なの!?」とビックリしてました。

 

だけど「家の親たち50過ぎてるから親たちより下じゃないですか」と言いながら、食事をしてから連絡先を聞いたら教えてくれた。
普段マスクをしてますが、取ると結構美人。

 

それからも、「今日は来てますか?」
とか「番長で出てるよ」とかLINEで送ってきたりした。
来てれば隣に来たりしてた。

 

してある時に「出てないからドライブに行きません?」と誘ったら「えー?」とは言うが乗ってくれた。
今日も胸元開いてて、スカートからも綺麗な脚が伸びてました。

 

ドライブして景色を眺めたりしてたら「久しぶりにデートしちゃったよ」と笑顔の美幸を見ながら帰りに「まだ時間ありますか?」と聞いたら「あるよ?旦那もゴルフで泊まりだし」と話し、俺は道を変えてホテルに向かう。
やがてラブホが並ぶ地区に入り「ちょっとだけ」と車をホテルに。

 

「ちょっとぉ!」と車を部屋の駐車場に入れると驚く美幸。
「やだぁ!もう何考えてんのよ!」と話すが、一緒に降りて部屋に。

 

しゃれだねぇ?」と話す美幸は久しぶりに来たらしい。
ソファーに座り、話をしていくうちに近づいていき手を伸ばしたら「息子と同じ年でしょう?」と話す美幸。

 

「おばちゃんだし、スタイルも崩れちゃったし」と言う美幸の胸を触ると、やはり見た目よりボリュームがある。
「ちょっと・・・」と言うが触らせてくれて「嬉しいけど・・・」と抵抗があるみたいだった。

 

「もう我慢出来ない」と美幸の手を股間に触らせたら「やだぁ・・・元気ね」と笑い、手を離さないで撫でてくれ、キスをさせてくれてベットに。
「分かったからシャワー浴びさせてよ」シャワーを交互に浴びた後に部屋は美幸が薄暗くしていた。

 

石は人妻、ベットの上に座り、テレビを見ている美幸さんに背後から抱きつく。
「ガッカリしても知らないからね?」と話す美幸を脱がし、背中を舐めまわしながら胸を触る。

 

下向きですが身体付きに似合わない大きさで、大きい乳首は下調べ済み。
背後から背中を舐めまわしながら首筋、耳を舐めまわしながらベットに寝かせた。

 

胸をしつこく舐めまわし、乳首は敏感で「アンッ!アンッ!」と美幸も声を上げ、緊張していた様子が徐々になくなりました。
アソコはベットリ濡れていて、舐めまわしながら甘酸っぱい液を舐めとりました。

 

れるよ」と足を開かせ、生入れに何も言わずにすんなりと。
「ああッ!凄く硬い!」と声を上げて感じてくれ、淡白な様子から一変した。

 

グチョッ、グチョッと卑猥な結合音がしてきていやらしかった。
「ああッ!いい!」ハメに鋭く反応して興奮させられる。

 

「全然違うよ・・・」笑顔で見つめる美幸。
「俺もたまんない!」と足を開かせ、グイグイ深めに入れて行くと「いくーッ!」と体を硬直させた美幸。

 

也くんもいいのよ・・・」と囁かれ、フィニッシュへ爆走。
「凄い!気持ちいい!」と声を上げる美幸に抱きつき「出すよ!」と突き上げた。

 

ゆさゆさ揺れる胸を触り、溜まっていたものを美幸へ放ちました。
「アンッ!いっぱい!暖かい」と美幸は声をあげていた。

 

お互い荒い息と汗をかきながら休みました。
「凄いねぇ」笑いながら美幸が話してきました。

 

もたまらなかった」と話すと笑顔で「良かった」と笑っていた。
「あーあ、息子と同じ年の子としちゃった」と話す美幸。

 

「年齢は関係ないよ」と話したが、やはり気にしていた。
だけど「硬さとか全然違うし、元気が違う」と満足してくれました。

 

それからセックスを頻繁にしたりして、フェラもうまいし、上に乗ってきたり積極的になってくれて気持ち良かった。
そんなある日、飲み会で同級生と飲み、その中の一人が酔いつぶれました。

 

クシーで2人でそいつを家に搬送。
「すいませんねー」と母親が出迎えてくれて、俺は夢中で部屋まで運んだ。

 

そして母親を見て凍りつきました。
美幸が目の前に立っていた。

 

向こうも凍りついていた。
タクシーを待たせてたので直ぐに帰りましたが、LINEで「まさか」と帰ってきた。

 

うのやめようよ」美幸が返してきてましたが、迷わず誘って翌日にはホテルに入りました。
「罪悪感覚える」とは話したが、セックスすれば男と女。

 

声を上げながら、俺を受け止めてくれた。
ギュッと抱きつかれ「喋ったら許さないから」
と言われ「美幸さんも」と話すと前より回数が増えました。

 

同級生には悪いが、お母さんはいい女で今しばらく続けてます。
 

ん??
これってあの人気モデルの
裏垢?
⇒ https://goo.gl/xsQkyt
 

 


 

やっほほい、ほいwww


南青山BBAの窒息責めにマーシャル「m’逝きw」

 
【android】
 > Andoroidで遊んでみる
 
【iPhone】
 > iPhoneアプリで遊んでみる

 
タワマン貴婦人にアトミックスクリュー責めで逆襲してみたwww

 

 

超絶!入れ食い


ちんこ 験談 【PR】
1,000 人を突破 ←「注:くっソ 美人は少ないですw」
アフィリエイト

 
公式HP(PCMAX 18禁)
 
慎重派の方はこちら(PCMAXの実態についてまとめられています)
 

 

人気の記事一覧

2018年 読了時間:約 2分

2018年 読了時間:約 5分

2018年 読了時間:約 5分

【NEW!!】2018年 読了時間:約 3分

今 読まれている記事!

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】