告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

ずっとマンネリで辛いんです…誰か私におち○ぽハメてくれないかしら

は専業主婦をしている35歳のルミです。
 

ずっとマンネリで辛いんです…誰か私におち○ぽハメてくれないかしら(イメージイラスト1)

 

結婚して10年、子供は2人います。
 
家が自営業で夫の両親もいるので、家でエッチしたのは新婚時代の数ヶ月だけです。
 

ずっとマンネリで辛いんです…誰か私におち○ぽハメてくれないかしら(イメージイラスト2)

 

今は子供もいるから2人だけでホテルにも行けず、ここ数年エッチなしです。
 
欲求が溜まるけど夫に言えないし、オナニーもできない…。

 

体系も太り気味になってきたのでスポーツジムに通うようになり体系も子供生む前に戻りました。
 
ジムでエアロビクスなどして動くことが麻薬見たいになり、週に昼、夜と4~5回と行くようになり、友達もできて楽しい日々でした。
 
そんな日々の時、私を見る彼の視線を感じていて、目が合ったときに挨拶、それからはジムで会うたびに会話しました。
 
感じがよくて好印象。
 
そんな日々が半年たったころ、私からメールしませんか?と言っていました。

 

アドレス教えてもらい、早速メール。
 
それから毎日1回はメール交換。
 
その後一日1回が2回と増えて、時には恋人らしいメールも。
 
そして毎日何度もメールするようになり、私からデートの誘いをしました。
 
彼の車で初の浮気ドライブをしました。

 

その日の別れ際にキス。
 
ちょっと抵抗しました。
 
でも次の日からもラブメール。
 
数日後、夫が遊びで友達と釣りに行きました。
 
夜8時から出かけて次のお昼頃までは帰って来ません。

 

は彼にその日に飲みに行きたいと誘い、軽く食べながら飲みました。
 
お酒は強くないのにビールを3杯。
 
足はふらつき体はけだるく彼に身をまかせてたみたいです。
 
車の中でキス、熱くキス。
 
抱き合い服の上から揉まれていました。

 

彼の手が服の中に来たときに、ここで???わかってくれてホテルに行きました。
 
部屋に入るなりキス。
 
抱きかかえられてベットに倒れました。
 
3年振りくらいに男性に抱かれて感じています。
 
いつしかお互い全裸。

 

舐め合い弄くり合いました。
 
そしてついに挿入されて歓喜の叫び。
 
大声を上げて絶叫していたらしいです。
 
彼のペニスは主人の倍近くあり天に向かって反り返っていました。
 
カリが太く私の子宮をガンガン揺さぶってきます。

 

もう頭の中が真っ白になり体が宙に浮いていました。
 
「あぁ・・ダメ・・・イ、イっちゃう・・・」私は彼の体に足を絡ませて離さまいと両手で彼を強く抱きしめました。
 
あそこからの小さな痙攣が大きなうねりとなって全身に飛び火し激しく体を震わせながらイってしまいました。
 
1回目が終わり、しばらくして一緒にお風呂入り、彼のペニスを舐めてはしゃぶり、大きくなったペニスを私から要求して挿入してもらい2回目。
 
もう一度ベットに戻り3回目。

 

年振りのSEXで満足でした。
 
それからは夜、ジムに行くって行ってはホテルで彼とSEX。
 
週に1回は必ずホテルでSEX三昧。
 
でもいつまでも幸せな日々は続きませんでした。
 
私の日記を夫に見られてしまい、彼に買ってもらったネックレスから下着も没収されました。

 

別れ話にもなりましたが、子供のこともあり一緒に家にいます。
 
当然、夫とはSEXなし。
 
心が浮き浮きしていた時が楽しかったです。
 


 
ん??
これってあの人気モデルの
裏垢?
⇒ https://goo.gl/xsQkyt
 

 

人気の記事

 


 


 管理人験談

嫁と出会えたってホントけぇ…?

 

 

 ありえてぃ!


 

 今どきの入れ食い


管理人画像
 

人気の記事一覧

2018年 読了時間:約 2分

2018年 読了時間:約 5分

2018年 読了時間:約 5分

【NEW!!】2018年 読了時間:約 3分

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】