告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

アルバイトで人妻さんをマッサージできる機会があったので、いやらしく施術を行いエロスイッチオン(3)

は意を決して次の行動に出ることにしました。
 

アルバイトで人妻さんをマッサージできる機会があったので、いやらしく施術を行いエロスイッチオン(3)(イメージイラスト1)

 

これでもまだ抵抗するようでしたらこの人はどんなことがあっても堕ちないのだなと思いました。
 
さっきの件もあり、少しは抵抗されるのでは?との不安はありましたが、ゆっくりと手をパンツに近づけ、親指をクリトリスの辺りに押し当てました。
 

アルバイトで人妻さんをマッサージできる機会があったので、いやらしく施術を行いエロスイッチオン(3)(イメージイラスト2)

 

その瞬間、ビクンッと大きく反応し、「あぁんっ!!」と今日一番の声が出ました。
 
油断していたのだと思います。

 

さやかさんは抵抗しません。
 
押し当てた指に少し力を入れ、そのまま小さな円を描くようにグリグリと刺激し始めました。
 
よほどの快感が襲ったのでしょうか。
 
さやかさんは敷布団を強く握り締め、「んん~~~~」と声を漏らしています。
 
それから5分くらいクリトリスをグリグリと親指で小刻みに弄り続けました。

 

それでも抵抗はありませんでした。
 
僕はクリトリスを弄りながら左手で割れ目を合わせるように摘んで割れ目の柔らかい感触を楽しんでいました。
 
誰が見てもマッサージではありません。
 
誰が見ても性器を弄っているだけです。
 
その間、さやかさんは普通に「あんっ・あんっ・・」と断続的に喘ぎ声を出していました。

 

普通に感じている状態でした。
 
今度こそ落ちたのでしょうか。
 
僕はさやかさんの一番大事な部分が見たくて仕方なくなり、もう片方の手でパンツの股間部分の端を摘み、浮き上がらせて横にずらし始めました。
 
ついにさやかさんの一番大事な部分である性器を見ることができる・・そう思いながらパンツをずらし始めると、さやかさんの手が伸びてきて僕の手を掴んで阻止してきました。
 
「だめ・・・」と言って僕の手を離しません。

 

はり性器は大事な人にしか見られたくないのでしょうか。
 
ここで拒否されると今までの苦労が台無しになるので、性器を見るのは諦めました。
 
僕はさやかさんの脚を元に戻して肩幅くらい開いた状態にさせ、パンツの上から割れ目を上下に擦りながらさやかさんの腰の横に移動しました。
 
そしてその状態で割れ目を擦り続けました。
 
パンツの上からとはいえ、僕の指もどんどん濡れてきます。

 

さやかさんは普通に喘ぎ続けています。
 
どう見ても堕ちているはずです。
 
割れ目に沿って指でゴシゴシと上下に擦っていますが、さっきの事があるだけに次の行動に出るのが恐かったのです。
 
もう何をしても大丈夫だという確信がほしかったのです。
 
その確信を求めるべく僕はさやかさんの手を取り、ゆっくりと僕の股間に導きました。

 

さやかさんの手の平を取って僕のチンポをズボンの上から触らせました。
 
緊張の一瞬でした。
 
さやかさんが今手で触っているものは僕の勃起したチンポなのです。
 
さやかさんの動きが止まりました。
 
何なのかわからないのでしょうか?いや、わかるはずです。

 

嫌なら手を離すか、抵抗してくるに違いありません。
 
しかし、さやかさんの手は僕のチンポを触ったまま離れませんでした。
 
僕はその間もさやかさんの割れ目を擦り続けていました。
 
そして次の瞬間・・・さやかさんの手が僕の勃起したチンポ握り、上下に扱いてきたのです。
 
さやかさんの顔を見ましたが相変わらず荒い息使いをしています。

 

のままの状態で僕のチンポを扱いているのです。
 
さやかさんが完全に堕ちた瞬間でした。
 
旦那も子供もいるのに見知らぬ僕とお互いの性器を弄り合っているのです。
 
しかもさやかさんは自分の意思で僕のチンポを扱いているのです。
 
さっきの説教は自分の貞操を守る為の最後の抵抗だったのでしょう。

 

同時に理性が性欲に負けた瞬間を見たような気がします。
 
旦那も子供もいるのに・・・見知らぬ僕に40分くらい性器を弄られ続ければ理性は崩れてしまう・・・はかないものです。
 
さやかさんが完全に堕ちたと確信したので、僕は一旦さやかさんの手を離させ、自分のズボンとパンツを膝まで下ろし、再びさやかさんの手で握らせました。
 
今度はズボンの上からではありません。
 
生の僕のチンポを握らせているのです。

 

さやかさんの手は僕のチンポを握ると、上下に扱いてきました。
 
人妻のさやかさんが自分の意思で僕のチンポをシコシコと上下に扱いているのです。
 
少しの間、さやかさんが僕のチンポを扱く光景を見ていると、味わったことのない興奮と、こんな綺麗な人が僕のチンポを扱いているということで更に興奮し、すぐさまイッてしまいそうになりました。
 
しかし、ここまできてこんなところでイッてしまうのは非常にもったいないと思い、さやかさんの手を取って扱くのをやめさせました。
 
そしてさやかさんの割れ目を擦りながらすぐ隣に横になり、さやかさんの顔を見つめました。

 

タオルで口元しか見えませんが、「あっ」
とか「んっ」と喘ぎ声を出す口元がとても綺麗でした。
 
そしてゆっくりと顔を近づけ、さやかさんの唇に自分の唇を重ね合わせます。
 
さやかさんの唇の柔らかさを自分の唇で感じましたが、すぐさま「んんっ!」といって顔を背けられました。
 
再びさやかさんの唇を追いかけ、唇を重ね合わせました。
 
それでもまた「んんっ」といって顔を背けました。

 

スだけは旦那のために守りたいということなのでしょうか。
 
しかしながら2回も唇を重ね合わせたという事実は残ります。
 
顔を背けた勢いで顔に被せてあったタオルが布団の上に落ちました。
 
さやかさんは目を閉じています。
 
唇が駄目ならばと、耳と首筋へキスをして愛撫を始めました。

 

そこはとでも敏感なようで「あんっ」
とか「だめぇ~~」と言いながらもがいていました。
 
それでも僕はやめません。
 
耳と首筋をキスしたり舐めたりし続けました。
 
さやかさんはもがきながら快感に耐えており、どさくさに紛れて右手をさやかさんのパンツの中に滑り込ませました。
 
さやかさんは一切抵抗してきませんでした。

 

耳と首筋の愛撫に耐えるのに必死なのでしょうか。
 
パンツの中に滑り込ませた手を奥へと進めます。
 
さやかさんの茂みを掻き分け、割れ目に到達しました。
 
そしてそこは予想通り、物凄い量の愛液でヌルヌルになっていました。
 
ヌルヌルの割れ目を2~3回上下に擦り、中指をさやかさんの中に滑り込ませました。

 

「ああんっ!」というさやかさんの喘ぎ声。
 
指はいとも簡単に奥まで入りました。
 
指を出し入れしながらさやかさんの膣内を擦り、「これがさやかさんの中・・」と感動してしまいました。
 
さやかさんの性器に指を入れ、さやかさんの性器の中を触っているのです。
 
指を出し入れする度に「あんっ、あんっ」と声を出してよがります。

 

して小刻みに指を出し入れすると「クチュクチュ」という音が部屋中に響き渡り、更に興奮させます。
 
さやかさんに聞こえるようにわざと音が出るように弄り続けました。
 
そして、一旦指を抜くと、さやかさんの愛液が着いた指でクリトリスを弄り始めました。
 
やはりクリトリスが一番感じるのでしょうか。
 
クリトリスに移った瞬間、喘ぎ声も激しくなるのです。

 

そして直でクリトリスを指2本で摘むと、ビクンッ!!!と大きく反応しました。
 
僕は親指でクリトリスを固定し、中指で摘むようにしながらクリトリスを擦り始めました。
 
さやかさんの反応はすごかったです。
 
身体をピクピク痙攣させながら「あんっ、あんっ」と喘いでいました。
 
尚もクリトリスを擦り続けると異変が起きました。

 

さやかさんの手が僕を抱き締めるように背中へまわし、僕の背中をギュッと掴んできたのです。
 
そしてどんどんと身体に力が入ってきて、背中を掴む手にも力が入ってきました。
 
声も唇を噛み締めながら「んん~~~~~」と出しており、何かに備えるような状態となってきました。
 
「もしかして・・イッちゃう?」そう思いながらクリトリスを擦り続けましたが、まさにその通りのようです。
 
背中を掴む手に更に力が入り、身体が硬直してきたのです。

 

しかし、まさにイク寸前というところで僕は手を止めました。
 
手を止めると、さやかさんの身体から力が抜け、「はぁはぁ・・」と激しく呼吸をしています。
 
イク寸前・・・この状況を見逃すはずがありません。
 
さやかさんはきっとイカせてほしいはずです。
 
僕はさやかさんの耳元で「イカせますよ」と一言呟き、上体を起こしました。

 

して、さやかさんのパンツの両端を掴み、パンツをグイッと引っ張って脱がしにかかったのです。
 
そこでさやかさんの取った行動は・・・なんと腰を浮かせてきたのです。
 
さやかさんはイカせてほしい。
 
イカせてくれるのなら何でもする。
 
僕はイカせてほしかったらパンツを脱がさせろという大人の無言での交換条件が成立したのです。

 

さやかさんが腰を浮かせてくれたおかげで簡単にパンツがスルスルっと脱がされていきます。
 
旦那の為に守るべき女性の一番大事な部分である性器を守る最後の布きれを、僕の手によって脱がされていきます。
 
そしてついに両足首からさやかさんのパンツを抜き取りました。
 
さやかさんのパンツを脱がせたということに大きな感動を覚えました。
 
僕はさやかさんの腰の横に座っていました。

 

さやかさんは脚を閉じ合わせ、僕に見られないようにしていましたが、僕は横から両脚を持って押し開きました。
 
真上からですが、はっきりとさやかさんの性器をこの目で確認することができました。
 
さやかさんは「いやっ」と小さな声で呟き、横を向いて手で顔を覆い隠します。
 
ついにさやかさんの一番大事な部分を見ることができたのです。
 
僕はさやかさんの性器を凝視しながら指を這わせ、ヌルヌルの割れ目を擦り始めました。
 


 
ん??
これってあの人気モデルの
裏垢?
⇒ https://goo.gl/xsQkyt
 

 


 


 管理人験談

嫁と出会えたってホントけぇ…?

 

 

 ありえてぃ!


 

 今どきの入れ食い


管理人画像
 

人気の記事一覧

2018年 読了時間:約 2分

2018年 読了時間:約 5分

2018年 読了時間:約 5分

【NEW!!】2018年 読了時間:約 3分

今 読まれている記事!

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】