告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

息子が本気で愛した彼女の母親に誘惑されてこっちはムスコのほうを・・・

週の土曜日の事です。息子が通ってた幼稚園のPTA総会で、近くのレストランバー(PTA仲間がオーナー)を借り切って保護者・子供総勢40名近い会でした。

 

供もいるので夕方からの開始でしたが、近くで子供が襲われる事件の直後で話が積もり、貸切ということもあり時計を見れば10時前でした。妻と参加していたのですが子供が帰りたいということで妻は先に帰してました。

 

ったメンバーを見ると酒好きのメンバーばかりで(男7人女6人内夫婦3組)TAXIですぐの顔なじみのBarに移動して飲み直そうということになりました。TAXIで隣に座ったのは、息子の初恋相手(エリカちゃん(仮名)の母親(ユキさん(仮名)34歳)でした。ユキさんは身長も高く整った顔立ちです。妻から聞いたのですがユキさんはベリィかクラッシィーに読者モデルで載ったこともあるスタイルのいい美人お母さんです。息子が愛情表現の一種と思うのですが、エリカちゃんを何度か泣かしたことがあり、TAXIの中でも謝りました。「子供のすることですから、どうぞ気になさらなくて結構ですよ」と言ってくれましたので少し気が軽くなりましたが、スリットの深いスカートから網タイツ柄のストッキングが見えSEXYでした。最後のTAXIに乗ったのでBarに入ったら、カウンターの端と端しか空いておらず、片方の端でユキさんと飲むことになりました。ユキさんはお酒はあまり飲まないらしいのですが、私がキープしているプレミア焼酎に興味を示し、焼酎を飲むことになりました。話が進む内にエリカちゃんは実家に預けてきている、ご主人とは歳が離れていて(17歳差)糖尿であるとういことが判明しました。カウンターチェアに座りながら足を組むので柄タイツが再び悩ましくハァハァものです。ボトルが殆ど空いてしまい、時計を見ると1時近くです。何組かが帰ったようですがメンバー数人は残ってました。すると突然、ユキさんが、「山田さん(私仮名)ところは週に2度位?」と聞かれ、「は?週2回なんのことです」(わかってはいましたが)「アレですよ夜の・・・」「週2なんてハハ・・・年2回あるかない位ですよ」(実は月2回位)「さっきも言いましたけどうちのは50越えてるし糖尿だし暫くご無沙汰なんですよフフ」ユキさんの手が私の太腿を触ってます。「今夜はエリカはいないし、うちの人も泊まりだし、家(マジで豪邸です)に一人で寝るのは淋しいはフフフ・・・」もう頭の中はキタ━━━━━(・∀・)━━━━━!!!!!が集団で走ってる状態です。マスターにTAXIを呼んでもらい、残っているメンバーにバレないように店を出ました。TAXIの中でスリットの中から手を忍ばせ、ユキさんの敏感な部分をまさぐりました。ユキさんは耳元で「ダメェ今はダメェドライバーさんにばれるから」と言いました。耳元に息を吹きかけながら小声で「今はダメだけど後からならいいの?」と聞くと、「後からゆっくり虐めてぇ」との返事。虐めて???ユキさんってM???キタ━━━━━(・∀・)━━━━━!!!!!がブラウザークラッシャーの様に脳裏をパタパタしました。TAXIを降りユキさんの豪邸に入ります、玄関だけで我が家のリビング位はあります。玄関でユキサンを押し倒しましたが、「こんな所じゃイヤお風呂に入ってからフフフ」と。リビングに通されました、リビングの広さが我が家のマンション以上に広いです。ソファーに座って待っていると、ユキさんがヘネシーのボトルと氷のセットを持って来てくれました。「お風呂に入ってる間飲んでて下さい」とリビングから消えました。30分近くたってバスロープ姿のユキさんが現れ、「こちらにいらして下さいます」とバスルームまで案内されました。「レディは色々用意があるのでごゆっくりフフフ」と言われました。用意???何の用意???SM???キタ━━━━━(・∀・)━━━━━!!!!!は品切れ状態です。シャワーブースが別に有り全体で10畳以上で、勿論、ジャグジーバスです。用意するのにはどれくらい必要かと悩みましたが、バスルームのインタフォンが鳴り出てみると「お風呂を出られたら階段を下りて地下の部屋にお越し下さる」とのこと。地下室=淫猥=プレイルーム考えただけでも先走りそうです。バスルームを出るとバスロープが用意されてました。パンツを履く方がいいのかどうか悩みましたが、パンツを履かずに着てみました。バスルーム出て隣のドアが空いてたので何?と開けてみるとランドリールームでした。バスケットを見てみるとワインレッドのTバックハッケ~ンあの部分が濡れてます。虐めるネタに使えるかと思い自分のパンツと一緒に持って行きました。リビング奥の階段を下りると左右に扉がありましたが左にはガレージと表示が有りましたので、右の扉を開けましたが真っ暗です。「ユキさんどこ?ユキさん」と問いかけると「山田さんそのまま真っ直ぐ来て下さいます」指示通りに進とベッドと思われる物にあたりました。するとピンスポットの様な照明が照らさると黒のピスチェにガータストッキング姿がユキさんが現れました。化粧をし直し、くっきりした顔にエロいランジェリーが似合います。4人は寝られるかと思うほどの大きいベッドにダイブし、ユキさんに飛びかかりました。「山田さん~虐めて下さい主人は下の子供が出来てからしてくれないの~」虐めるといっても初体験なのでどうしたものかと思いましたが、「これで虐めて下さい」とベッドヘッドの引き出しから黒のバイブを手渡されました。ほぉ~これがバイブですかと思いましたが、虐めて欲しいとのことなので「ユキ四つん這いなってお尻をこちらに見せなさい」と申しでました。虐めるという行為が知的で難しく思い、次はどうしようかと悩みました。指示通りにユキさんを四つん這いにさせ、バイブを突き刺しスイッチをON。「あぁ~いいですグリグリして下さいいい~」突き刺したまま引き出しに何かないかと探してみると、ローターが3個バイブが2本アナルビーズを発見。全部取り出しベッドに並べ、「ユキ次はどれをして欲しいの?」と聞くと、挿れているバイブより細いのを手に取り、「これをお尻にお願いします」「お尻に欲しいのかイヤラシイなユキは」私もバスロープを脱ぎユキの頭を股間に近づけ、「しゃぶりなさいユキしゃぶれ!」と命じました。くわえさえると69の体勢にし、ローターをクリにあてがいます。アソコから溢れるように女汁が出てきて白く濁ってきます。責められながらのフェラですがくわえながら下で裏スジを責められ、私もたまりません。バスロープのポケットに入れていたさっきまで履いていたTバックを差しだし、「ユキはいやらしいなあこんなに濡らしていたんだね、ほら白くなってテカテカになってるよしたくてしたくてたならなかったんだろ」「イヤ~こんなの持ってきて恥ずかしい」「今はもっと濡れてるよ、ほら自分で触ってごらん」「オナニーしているの見てあげるから自分でしてごらん」ワインレッドのTバックをユキの頭に被らせ、オナニーを続けさせ、ベッドサイドにあったユキの携帯をカメラモードにしました。「写真は止めて~撮らないで~」「止めてもいいけど虐めるのもやめちゃうよ」「イヤ~虐めてもっと虐めて」同じ携帯の機種だったので恥ずかしい写真を数枚撮りました。ベッドの下に引き出しの様なものがあったので開けて見ると縄と鞭とギャグボールがありました。縄と鞭を見つけた所で、SM未経験ですし子供の頃から結んだりすることが苦手なのにどうしようかと思っていると、ユキさんが「あれに張り付けて~」と言いました。ユキさんが指さした方を見ると専門的な名前はわかりませんが、SMホテルで見かける×になって足と手を拘束するのがありました。これには、さすがにかなり引いてしまいました。皆、中学1年との事で…監視という状況など無縁だというセリフも聞こえた。実施前日まで、幾度となく打ち合わせや下準備を行い、女性陣3名だけでなく、参加する子供達ともコミュニケーションは十分に出来て…キャンプ当日を迎えた。賑やかな移動…何のトラブルもなく、無事現地に到着。のどかな山間の廃校の体育館をベースに、子供達ははしゃいでいた。夕方になると、陽は思いの他早く沈み…辺りは、静寂に包まれた。夕食を済ませると、就寝時間までは自由時間。子供達は、体育館で談笑したり、『夜の探検』と称して周辺を散策したり…と、思い思いにキャンプ初日の夜を楽しんでいた。俺と引率の女性陣は、明日の夜行う予定の『肝試し』の下準備に取り掛かった。明るい内に確認していたルートを描きながら、小道具の準備・当日の役割分担の確認などを進めた。ひとしきり、準備が終わると…A子さんが「これから、現場の確認をしておいた方が良くない?昼間は判らなかったイレギュラーがあるかも…」と言い出した。「確かに…」B子さんとC子さんは、A子さんの提案に全面的に賛成したが、同時に「言い出したのだから、A子さんが行くべき…」と断言して、夜道だと言う事もあり…A子さんと俺が、確認する事になった。単純に歩けば、往復10分程度の道程だが…夜道で、見知らぬ場所だという事もあり、折り返しポイントに到着するまで、かなり時間を要した。「まぁ、時間は掛かるだろうけど…ルートは問題無いよね…」A子さんは気丈に言ったが、明らかに怖がっているのが判った。すると「俺さん…明日、あの2人がスタート地点で…私達は、それぞれが途中での見張りでしょ…別々に、待機する事になっているけど…万一の為に、同じポイントに待機する様にしません?」と提案してきた。俺は、一緒でも一人でも構わなかったので「良いですよ…」とだけ即答して、折り返しポイントから復路となるルートを、ゆっくりとチェックしながら帰る事にした。復路…往路とは違って、比較的歩き易い道という事もあり、A子さんのチェックはアバウトそのもの。「怖い…」という気持ちが、全てに勝っていたのは、一目瞭然だった。ゴールである廃校のグラウンドまで、あと1/3強という辺りについた時…「ガサガサ…」という音が、夜の暗闇に響き渡った。瞬間…俺とA子さんは立ち止まり、無意識に懐中電灯音の灯を消して、音がした辺りに視線を向けた。音の正体を見極めようと、少しではあるが暗闇に馴れ始めた目を細めていると…獣道らしき脇道を発見した。「狸か何かですかね?」と、俺が呟いた瞬間…丁度、2人の影が重なった様なシルエットが見えた。「何?あれっ…」恐らく、A子さんの思考回路は、恐怖一色だったのだろう…俺の腕にしがみついて、小さく震えていた。「確認しに行きますよ…」と俺が呟くと、A子さんは無言のまま、動け無かった。「子供達なら、どうします?万一があったら、大変ですよ…」と言うと、A子さんは『仕方ない…』といった表情を浮かべて、俺にしがみついたまま、ゆっくりと歩き始めた。万一を考えて、物音を立てない様にしながら、ゆっくりと慎重に脇道を進む。先程、シルエットが見えた辺りに到着すると…小さな堀っ建て小屋が現われた。どうやら、地元の人が使っているようで、小屋の周囲は綺麗に整備され、片付いていた。「子供達だと言う補償はないから…」と、息を殺し足音を立てない様にしながら、まず小屋の周囲を確認した。小屋の裏手の一部が、壊れているのを確認。簡単な補修の為に、小屋の中を覗く事が出来る位の穴が目視出来た。すると、何やらヒソヒソ話をしている様な声が、小屋の中から聞こえた。俺とA子さんは、顔を見合わせると…小屋の裏手から、中を覗きこんだ。目が暗闇に馴れ、ボンヤリではあるが、小屋の中の様子が判る様になると、俺とA子さんは唖然としてしまった。ボンヤリではあるが、小屋の中の2人は、キャンプに参加している子供が2人。向かい合っていたかと思ったら、ゆっくりとキスを始めた。中学生同士のキスシーン…驚きはするが、それ以上は無い。この時、唖然としてしまったのは、そこにいた男の子2人だったからである。2人は、キスが終わると…ズボン(子供達は、全員ジャ-ジ着用)を手際良く脱いだ。「今日は、○○からな…」と聞こえたかと思った瞬間…1人が膝まづき、もう1人のチ○○を咥え、フェラを始めた。俺がA子さんの様子を伺うと…言葉を失ったまま、その光景をジッと見ていた。男の子達は、69での肛門の舐め合い・同時フェラと進んだ。子供達は、学校のジャージ着用としたが、俺と女性陣3人も、子供達に合わせる様にスウェットを着ていたのだが…この辺りになって、四つん這いで覗いていたA子さんの息遣いが、何となく荒くなっていった。俺がA子さんの様子を伺うと…言葉を失ったまま、その光景をジッと見ていた。男の子達は、69での肛門の舐め合い・同時フェラと進んだ。子供達は、学校のジャージ着用としたが、俺と女性陣3人も、子供達に合わせる様にスウェットを着ていたのだが…この辺りになって、四つん這いで覗いていたA子さんの息遣いが、何となく荒くなっていった。小屋の中の様子を覗きながら、時折A子さんの様子を伺っていたのだが…先程、膝まづいた男の子が四つん這いになって、もう1人がアナルへ挿入してピストンを始めた。声を殺しながらも、快感を露にする男の子達に、妙な興奮を覚えていると…「あぁ…」と、A子さんが声を漏らした。フッと、A子さんに視線を向けると…男の子達の営みを、ジッと見つめたまま、彼女の片手はズボンに入っていた。俺は、ゆっくりと移動して、A子さんの後方に…ツンと突き出されたお尻一杯に顔を近付けると…彼女の掌が、自らの股間を弄っているのが、ハッキリと判った。俺は、急いでズボンとパンツを脱ぎ…彼女のスウェットに手を掛けると、一気に降ろした。目の前には、密壺に出入りする指と、露になった肛門。「あっ…」A子は、視線を向けたが、動きを止める事が出来ないまま、慌てていた。「勿体無い…1人Hなんて…」と、耳元で囁くと…A子は、真っ白になったみたいで、言葉を失った。それ以上の言葉はなく、俺の勃起したペニスを彼女の目の前に突き出す。彼女は、驚いた表情を見せたが…ゴクッと喉を鳴らすと、ゆっくりと咥えた。小屋の中の様子を覗くと、営みは続いていた。俺は、A子の頭を軽く掴み…チ○○を咥えさせたまま、ゆっくりと前後させた。抵抗する素振りを見せたので、チ○○を抜くと…A子は、小さな声で「違うの…」と言って、慌てて再び咥えた。堪能したが、射精までいかない俺は、やや強制的に中断させて、横たわらせた。「えっ?」少しパニクっているA子に、覆い被さる様に身体を重ねて、一気に蜜壺にインサートした。「あっ…あぁ…」A子が声を出し掛けたので、唇を重ねて、舌を滑り込ませ…キスをしながら、ピストンを始めた。間もなく、A子は俺に身体を密着させるかの様にしがみつき、全てを受け入れた。ピストンを繰り返し…絶頂を迎えると、A子は両足を俺の脚に絡めていた事もあり、膣内に放出した。


 
ん??
これってあの人気モデルの
裏垢?
⇒ https://goo.gl/xsQkyt
 

 

人気の記事

 


 


 管理人験談

嫁と出会えたってホントけぇ…?

 

 

 ありえてぃ!


 

 今どきの入れ食い


管理人画像
 

人気の記事一覧

2018年 読了時間:約 2分

2018年 読了時間:約 5分

2018年 読了時間:約 5分

【NEW!!】2018年 読了時間:約 3分

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】