告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

【近親相姦】息子の男のカラダに発情したメス犬母親に挿入で秘密の肉体関係

私は息子の部屋に行く前にシャワーを浴びました。
はしたないことに食事のかたづけをしているときにも、あそこが濡れてしまったからです。
 

ャワーを浴びて真新しい下着をつけてキャミソールという大胆な格好で浩介の部屋に行きました。
浩介はパジャマ姿でベットに腰掛けて雑誌を読んでいました。
 

して私の格好に少し驚いた表情を見せました。
もうそのとき私は一匹の牝になっていたのかもしれません。
 

ちゃん、約束通り来ちゃった。今日は一緒に寝ようね。それからこのことは2人だけの秘密だよ」というと浩介は大きくうなずきました。
 

う何が起こるかわかっているようでした。
浩介をベットのそばに立たせて私は跪きました。
 

い切ってパジャマとパンツを一緒に引き下げると、ピョンと浩介のオチンチンが飛び出しました。
その勢いを見ただけで私はあそこが濡れるのが自分でわかりました。
 

で持つと重たく硬く熱い一本の棒のような感触で、思わず頬ずりすると浩介は刺激が強いのか腰を引きます。
父親譲りか亀頭が大きくすっかり皮がむけています。
 

ュとキスをすると浩介の深い深呼吸が聞こえました。
まず袋から口に含みます。
 

ニスにいきなりははしたないし、もったいない気がしました。
別れた主人も袋を舐められるのが好きでした。
 

してペニスをペロペロ舐めてから口に含みました。
もう爆発寸前なのでしょう。
 

浩介のペニスはさらに口の中で大きくなった気がしました。
口を上下するとすぐ 「ママ、出ちゃう」といって浩介は精液を噴出しました。
 

ピュドピュという形容詞にふさわしいほど精液の勢いはすごく、さっきお風呂で出したことが信じられないくらい口の中にほとばしりを出ました。
私は一滴もこぼさないようにすべて飲み干しました。
 

介をベットに寝かせ口でオチンチンの掃除をしてあげている間にもう勃起してきました。
若さです。
 

度はママを気持ちよくさせてくれる?」といって私はキャミソールを脱いで浩介の口に胸を持っていくと浩介は15年前のようにむしゃぶりついてきました。
少し痛いくらいの愛撫が私には心地よい快感でした。
 

首はビックリするほど固く尖っています。
浩介の手が下半身に伸びました。
 

ずかしいくらいにもう濡れています。
浩介の手がパンティの股に伸びたときニュチャニュチャという音がして私は顔が赤くなるほど恥ずかしかったのです。
 

ンティを自分で脱いで浩介にあそこを見せました。
「僕はママのここから出てきたんだね、真っ赤に腫れてヌルヌルのところだね」と言われ体全身が熱くなりました。
 

う我慢ができません。
浩介を寝かして私がまたがりオチンチンを持って一気に貫いてもらいました。
 

そこのヒダが2倍くらい開かれたような強烈な感覚が襲いました。
私は無我夢中で浩介の上で腰を使いました。
 

は恥ずかしくてできなかった体位です。
でも今はそんなことどうでも良くなったほどです。
 

2回出している浩介は随分初めてのわりに長持ちしましたが、「ママ、もういきそう」といったのを潮時に引き抜いて浩介のペニスを口に含みました。
どんなに快感でも妊娠の恐怖は本能を呼び覚ましました。
 

介は3回目の射精を私の口の中にしました。
さすがに前回よりは勢いはなかったのですが、量は驚くほど多く口一杯になりました。
 

の日はそれで終わりです。
私たちは裸で抱き合って寝ました。
 

は一晩中浩介のペニスを握って寝ました。
明日は休日です。
 

介はどこにも行かないそうです。
きっともうおばさんですが、そしてはしたない母ですが、私と4度目の関係を持ってくれると思います。
 


 
ん??
これってあの人気モデルの
裏垢?
⇒ https://goo.gl/xsQkyt
 

 

人気の記事

 


 


 管理人験談

嫁と出会えたってホントけぇ…?

 

 

 ありえてぃ!


 

 今どきの入れ食い


管理人画像
 

人気の記事一覧

2018年 読了時間:約 2分

2018年 読了時間:約 5分

2018年 読了時間:約 5分

【NEW!!】2018年 読了時間:約 3分

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】