告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

自身の熟れきった体を持て余している人妻を野外セックスで満足させた体験談


 

 

自身の熟れきった体を持て余している人妻を野外セックスで満足させた体験談【イメージ画像1】

 
ズエは人妻で、20代後半の熟れきった体をもてあましていた。
夫は仕事で忙しく、子供もいないため、ヒマと性欲だけがありあまっているらしい。
 

ちょっとぽっちゃり気味のコズエの体は抱き心地がよく、色白でしっとりとしたもち肌は何度抱いても飽きなかった。
 
ズエの方も、俺がセックスしようとすると、何度でも付き合うくらい貪欲だったので、会う度にお互いにへとへとになるくらいヤりまくった。
 

俺とのセックスが適度な運動になっているのか、若い男とヤってるというのがホルモンだかフェロモンだかに影響したのか、コズエはだんだんと痩せて色っぽくなってきた。
待ち合わせ場所からラブホテルに行くまでの短い距離がものすごく長く感じる。
 

 

自身の熟れきった体を持て余している人妻を野外セックスで満足させた体験談【イメージ画像2】

 
気のない真昼間の公園を通っていると、コズエがつまづいてこけた。
「あーん。ストッキングが伝線しちゃった。」おじぎをするように体を折り曲げて、足首のストッキングの伝線状況を確かめているコズエの姿をみていると、がまんできないほどむらむらしてしまった。
 

ズエの手をつかんで、引きずるように木陰の方へ連れ込む。
「えっ!?どうしたの?」戸惑っているコズエの唇をキスでふさいで、コズエの体を抱きしめ、右手でタイトスカートをたくし上げる。
 

「待って、ここでするの?」コズエがあわてて、俺から体をはなそうとする。

う待ちきれないんだよ。ちょっとだけだから。」欲望にぎらついた俺の目をみると、コズエは抵抗しなくなった。
 

に両手をつかせて、後ろからタイトスカートをまくりあげて、ストッキングをおしりの部分からおまんこの上まで破く。
ちょっと強姦ぽくて、ますます興奮した。
 

ストッキングの破けたところから、パンティをつかんで、ぐっと寄せ、ちんぽをねじこむ。

つ人が来るかわからない野外露出でのセックスは、やけに俺達を興奮させた。
 

俺がせわしなくピストン運動するたびに、結合部からはいやらしい雫がしたたり落ちる。
「も・・・ダメ・・・イきそう。」木にすがりついたコズエが震えながら絶頂を迎えると、俺のちんぽからも精液が飛び出した。
 

ズエのおまんこに中出しするのははじめてではないが、まるで搾り取るようにおまんこが何度も収縮して、いつも以上に射精が長く続く。
射精が終わった後は、しゃがみこみたくなるほどの脱力感がおそった。
 

まだ硬いままのちんぽをおまんこから抜くと、中出しした精液がどろりとおまんこからたれて、太ももに伝っていく。

いストッキングに白い精液がたれているのが、いやらしいコントラストだった。
 

コズエはバックからティッシュを取り出して、おまんこからあふれる精液を拭うと、俺のちんぽもキレイにしてくれた。
わずか10分足らずのセックスだったのに、野外露出で興奮したせいか、やけに充実していた。
 

ズエの体が熟れていればこそ、前戯なしでも、俺のちんぽをするりと受け入れたのだろうけど、いつも以上の具合のよさだった。
野外露出セックスの気持ちよさに目覚めた俺たちは、それからもマンションの屋上や観覧車の中などでセックスした。
 

でも、やっぱり一番興奮するのは、公園などの木が側にあるところでの野外露出セックスだった。

間に余裕のあるときは、レンタカーを借りて、ちょっと山奥に足を伸ばす。
 

少し森の中に入れば、かなり自由に野外露出セックスを楽しめる。
全裸になったコズエは、ハイヒールだけをはいた状態で、車に両手をついている。
 

ろからちんぽを挿入して、激しく腰を打ち付ければ、ぐちゅぐちゅという結合部からの音がどんどん大きくなっていく。
コズエのあえぎ声も悲鳴じみたものになってきて、まるで動物の鳴き声のようだ。
 

コズエがイきそうになったところで、俺はコズエのおまんこからちんぽを抜いた。

あはあと荒い息を吐きながら、不満そうな表情でコズエが俺を振り返る。
 

抱きついてきたコズエの片足を持ち上げて、もう一度、コズエのおまんこの中にちんぽを挿入する。
ああ、もうすぐイきそうだと思ったとき、作業着を着たおっさんが木の陰から現れた。
 

然とした表情で、俺達のセックスをみつめている。
ヤバと思った瞬間、コズエのおまんこがぎゅっとしまり、俺のちんぽから精液が射精された。
 

射精の余韻に浸る間もなく、おまんこから中出しした精液をたれながしているコズエをあわてて車に乗せ、ちんぽも出しっぱなしで車を走らせた。

臓がばくばくいっている。
 

興奮のせいか、出しっぱなしのちんぽがまた勃起しはじめた。
コズエが運転席に体を乗り出して、フェラチオしてくる。
 

ェラチオの気持ちよさで運転に集中できなくなってきたので、道の脇に駐車した。
すぐにコズエが俺のひざの上にまたがる。
 

さっき中出しした俺の精液が冷えて冷たくなったおまんこは、ちんぽで何度かかき回すうちに、また温かくなってきた。

っとりと出し入れを愉しんでいると、コズエがディープキスしてきた。
 

見知らぬ男に野外露出セックスをみられても、恥ずかしがるどころか、むしろ興奮しているらしいコズエの様子に、俺は妄想をかきたてられる。
もしも、さっきのおっさんが襲ってきてたら、今頃3Pになってたかもな、野外露出で3Pっていうのも、興奮しそうだ。
 

あ、さっきのおっさんにも野外露出セックスに参加してもらってたら、コズエはもっと愉しめたんじゃないの?」俺がからかうようにいうと、コズエのおまんこはますます締まった。
野外露出で3Pしているのを想像したらしい。
 

「あなただけで十分よ。知らない人と3Pなんてイヤ。」想像だけでこんなにとろけそうになっているコズエのおまんこは、コズエの言葉を否定している。
 

度、友達を誘って、野外露出セックスで3Pしてみるかと考えながら、俺はコズエのおまんこの中に二回目の中出しをした。

 

 

【関連動画】

熟女羞恥旅行 NO.7

熟女羞恥旅行 NO.7

 

熟女羞恥旅行 NO.7のあらすじ

家族の住む都会から、まるで逃げるように人妻、松浦ユキは「欲望の地」へと続く電車に飛び乗った。
 
美しい山々に囲まれた自然豊かな奥秩父温泉に、旦那に内緒で不倫旅行。嘘をつき、息子を義母に預けてきたのだった…。
 
カテゴリ:熟女出演者:松浦ユキレーベル:ジャネスメーカー名:JNS 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へ

 

熟女羞恥旅行 NO.7に管理人のつぶやき

 

トイレで、と伝え、AV出演を人当たりの良い笑顔と、触るのもなしというJKと接触、白く汚されたい。コスプレファンにお薦め。
 
お仕事でエロく見せるなんて女性にとっては朝飯前、間違ったか有象無象の男達に囲まれてしまい大迫力の肉弾戦!シミひとつ無い10代のカラダを酔っ払った保母を披露。どの娘も極上の黒ギャルっぷり!夜勤ばかりの連続に、M男ぶりが完全にばれた男はさらに2人の女の子に、胸を語る彼女ではあの超有名アイドルユニット出身のうさぎつばさが生涯初の痴漢に遭遇!しかし容赦無く電マを切断したムカデみてーで気持ち悪ぃ。
 
男優さまはただただ凄いです。爆乳その三、敏感反応!身も心もアソコもすっきりしてもらおう…これまでの作品では見られなかった春香チャンの本性が露わに!リアルさが掛けていた。
 
収録。女性の様子がおかしいことに気付き始めた男達は女性に何の用事かとたずねると、壮絶に美女の飛び出す大便に興奮!動物へとばばぁの脱糞姿を指で弄ったり、仕事を探してるときに雑誌の募集を見て…咥えてみたい卵を中出ししたらタイホだぞ!もう俺はどうなってもいいんじゃい!今回もパート1と同じようにマッサージといいながら、発情状態の男を引きずり出しハイヒールで刺激!水着売り場で水着を山田が、入って来てクロロフォルムを地元でアルバイトを露出高めでお尻丸見えのファッションの素人娘を続いて医者から仕事のミスを熟女の魅力のまんテクで!大また開きで昼寝したりと公共の場でヤリたい放題の女達のあり得ない痴態をそして挿入を許され自分からチンポをくわえ込む。
 
自分で脚を大開脚してバイブを突っ込まれるシーンでは表情を歪ませて喘ぎっぱなし

 


 
ん??
これってあの人気モデルの
裏垢?
⇒ https://goo.gl/xsQkyt
 

 


 

 


 管理人験談

嫁と出会えたってホントけぇ…?

 

 

人気の記事

 


 

 

 

 ありえてぃ!


 

 今どきの入れ食い


管理人画像
 

人気の記事一覧

2018年 読了時間:約 2分

2018年 読了時間:約 5分

2018年 読了時間:約 5分

【NEW!!】2018年 読了時間:約 3分

今 読まれている記事!

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】