告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

旦那と別居中、とはいえ立派にまだまだ人妻と…温泉旅行でハメまくり。敏感な乳首を転がし、舌先でつつくと彼女はカワイイ声を上げ…(その3)


 

 

でそっと乳首を触れる。
 
「ビクッ!」と体が反応し同時に「ん、んーーー…」と声が漏れる美緒さん。
 

 
乳首は小さすぎもなく大きすぎもなくいい感じ。
 
乳首は最初柔らかかったが段々手で転がしてるうちに硬く尖ってきた。
 

 
美緒さんは少しづつ呼吸が荒くなる。

 

旦那と別居中、とはいえ立派にまだまだ人妻と…温泉旅行でハメまくり。敏感な乳首を転がし、舌先でつつくと彼女はカワイイ声を上げ…(その3)【イメージ画像1】

 
 
 
息している間隔も段々短くなってきているようだ。
 

 
起きてるのかな?手だけではもう我慢できずに乳首をそっと舌で触れてみる。
 
ほんの少し「ピッ」って感じで。
 

 
すると「んっ!」と小さくのけぞる。
 
感度いいんだ…右手を左の乳首に、右の乳首は舌でゆっくり、ゆっくり転がしている。
 

 

美緒さんも段々肩で息するようになってきた。
 
呼吸も明らかに浅く短くなってきている。
 

 
そしてとうとう…ゆっくり薄目を開けた美緒さんがいた。
 
(ここからはヒソヒソ話ですあしからず)美緒「…ちょ…ちょっとなにしてんのーーーーー…やーーだぁ…M君…周りにみんないるじゃないのよ…」手と顔を振りほどこうとするが酔ってるせいか力が全く感じられない。
 

 
ここぞとばかりに攻撃をする俺。

 

旦那と別居中、とはいえ立派にまだまだ人妻と…温泉旅行でハメまくり。敏感な乳首を転がし、舌先でつつくと彼女はカワイイ声を上げ…(その3)【イメージ画像2】

 
 
 
美緒「…や、やめてよ…あっ、あっ、んーーーーっ………ダメ…」本気でやめようとするなら体をそらそうとするがそうでもない。
 

 
むしろ俺の頭を両手で押さえつける。
 
美緒さんは苦しそうに必死に我慢していて、下唇を噛んで胸元から細かい汗がどっと吹き出ている。
 

 
美緒「…も、もうやめて…ここじゃいや…あっ!あっああああっ!」むっちりした太ももは乳首を舌で転がすたびに段々ゆっくりと広がっていく。
 
腰も少しづつ勝手に動いているようだ。
 

 

「俺…俺…もう我慢できない…初めて見たときから好きだったんだ…」
美緒「…う、うそばっかり…私の体だけが目当てでしょ?…実際こんなこと…ああっ!…んー、ングー!」いとおしくて思わず口づけする。
 
そして同時に激しく両胸を同時に激しく揉む。
 

 
口を塞いでいるから多少のことはいいと思ってムッチムチの太ももの間に俺の脚を絡める。
 
そしてパンティーの上から脚バイブ。
 

 
これ俺の得意技。

 

美緒「んー!んーーー!んんーーーっ!!」思わず俺の肩をパンパン!と叩く。
 

 
でもやめない俺w両手をビンビンに勃起した乳首で激しく転がし唇は舌を絡める。
 
最初抵抗していた美緒さんもあきらめたのか舌を受け入れ激しく絡める。
 

 
そのとき美緒さんが「ちょっと聞いて…」と止めた。
 
美緒さんは周りが起きないように、かつしっかりと耳元でこう話した。
 

 

美緒「…私…3年以上もしてないしヘタだよ…がっかりしない?」起き上がり真剣な顔でこちらを見る。
 
薄暗闇に浮かび上がる美緒さんの上半身の裸体…巨乳といっていい大きなしかも垂れてない胸にくっきりと勃起した乳首、それと白い肌にもかかわらずほんのり赤みを帯びたしっとりとした肌…美緒さんは続けた。
 

 
美緒「…2人しか経験ないって言ったのは本当。今ちょっと男性不審になってるのも本当…でもね、なんとなくM君なら解決してくれそうかなと思って…でももうこうなるとは思ってなかった。ふふっ・・・ちょっと早すぎだぞ。もうっ!」俺の頭をチョンと指でこづく美緒さん。
 

 

そしてすさかず布団をかぶって恥ずかしがる。
 
萌えーーーー!萌え萌えで萌えますよ奥さん!恥ずかしがってる布団の中に顔を突っ込んでこんどはこっちが告白。
 

 
俺「俺、確かに美緒さんの体が欲しかった。でもこれっきりとか捨てるとかそんなこと絶対考えてない。むしろ捨てた旦那のほうが憎い。なんでこんなにかわいい人をって思ったし・・もしよかったら、俺と付き合って欲しい…こんなときにこんなこと言うの反則だってわかってるけど…」美緒さんは後ろ向きで俺の話を聞いていた。
 

 

ころがそのうち泣きはじめてしまったのだ。
 
涙を流してこう告白する。
 

 
美緒「…いいの?オバさんだよ?それにまだ離婚してないよ?」俺は本音で答えた。
 
俺「全然おばさんじゃないっす。それに離婚してからでもいい、本気で付き合って欲しい」そして振り向かせてゆっくり口づけた。
 

 

2人の舌がクチュクチュと音を立てて絡まる。
 
美緒は「いいの…?本当にいいの…?」と何度も繰り返すが、俺はそれを口づけで答えた。
 

 
2人の唾液が口元からこぼれるほどの激しいキス。
 
5分ほど続いてお互いの唇をむさぼりあう。
 

 
そのうち俺の右手は再び美緒さんの胸を激しく揉みしだく。

 

体が小刻みに震え、「んっ…んんっ…!」と聞こえないように必死に我慢しながら小さく喘ぐ。
 

 
大きな胸元の谷間にはもう小さな汗がびっしょりだ。
 
その汗を舌ですくい取る俺。
 

 
美緒は「ああっ!」思わず声が漏れて周りを見回す美緒さん。
 
あせっているようでとっても可愛い。
 

 

友人AとA子さんは結構激しいいびきで爆睡中だ。
 
その舌は今度は巨乳の乳首へとたどり着く。
 

 
舌で優しく転がし左手は美緒さんの口元に差し出す。
 
すると美緒さんはその左手をチュウチュウ吸い出したのだ。
 

 
なんか指でフェラチオされてるようで異常に興奮した。

 

してゆっくり体を倒し全力で美緒さんの乳首を激しく責める。
 

 
舌で転がし指でつまんだり。
 
手を一杯広げてもまだ余る巨乳をグイグイ揉みしだく俺。
 

 
美緒「…んっ!はぁ…はぁ…んんんっ!…も、もうダメだよ…声が出ちゃう…」半分涙目で耳元で訴える美緒さん。
 
でもやめない。
 

 

やめたくない。
 
手は自然と流れで遂に股間へと向かった。
 

 
パンティーの縁からゆっくりずり下げる。
 
腰を上げて欲しいと思ったが素直に上げてくれる美緒さん。
 

 
人妻万歳!するとパンティを下げるときに暗闇にキラキラ光る一本の糸…?愛液だ…パンツは少し重くなってるほどぐっしょりだ。

 

俺「…スゴイ…こんなに濡れてるよ…」ああなんか3流エロ小説のようだがたしかにそう言った。
 

 
美緒さんは「(こらーーーーー!!という顔をして)もう!…エッチ…」そっと指先をアソコに差し入れる。
 
うわっ、もう大洪水。
 

 
暗闇にクチャクチャ…と卑猥な音が響き渡る。
 
美緒さんは声を出さないよう必死に布団のすそを噛んで我慢している。
 

 

それでも時折「ああっ!」と声を漏らす。
 
もう大興奮です奥さん!クリトリスを周りから円を書くようにして…とか書いてあったようなことを必死にやる俺。
 

 
それでも感じてくれてるのかアソコからドンドン愛液が溢れてくる。
 
ちょっと中に指を入れる。
 

 
うわ狭っ!指にきゅうきゅうと自然に締め付けてくる美緒さんのアソコ。

 

のたびに愛液がピュッ、ピュッと溢れ出る。
 

 
美緒「…はぁ…はぁ…も、もうダメ…ねぇ来て…ちょうだい…」俺はまだクンニもフェラチオもまだなので「まーだまだ」と言って顔を美緒さんのアソコに移した。
 
暗闇でもテラテラと光っている美緒さんのアソコ。
 

 
しかし体も小さければアソコも小さい。
 
本当に入るんだろうかと心配する俺。
 

 

しかも毛も少ない。
 
萌え要素コンプリート!テラテラに光ったアソコを舌で徹底的に舐め回す。
 

 
クリトリスは直接と間接的にを交互に。
 
指と手は巨乳を揉みしだいている。
 

 
ホント心地いい揉みごごちで離したくない触りごごち。

 

3点攻めを繰り返す。
 

 
美緒「(布団を噛みながら)んんーーーーっ!ああぁぁぁっぁぁぁんんんんーーー!い、いくーーーー!」と腰が一瞬浮いたかと思ったらビクッ、ビクッ、と震えるようにしてブリッジ状態でのけぞった。
 
ちょっと攻撃をやめると肩で激しく息をしている。
 

 
「ハァ…ハァ…も、もうダメ…」とぐったりした美緒さん。
 
体中が汗と舐め回した唾液とで光っている。
 

 

美緒「(激しい息をしながら)すっごい気持ちいい…なんでだろ…3年ぶりだからかな…」
俺「かもね…」
美緒「…でもね、私アソコ舐めてもらったの初めてなの…」顔を真っ赤にしながら告白する美緒さん。
 
もう萌え全開っす!俺「え?そうなの?」
美緒「うん…いつもちょこっと私が舐めてすぐ入れられてた…」それじゃあ男性不審にもなるわ。
 

 
よし、ワタシが誠心誠意全力を込めて舐めまくってあげましょう!指をあまり激しく出し入れしないようにして同時にクリを舌で転がし左手は右の乳首をつまんだりする。
 
美緒「(布団噛み状態で)んーーーーーーっ!んんーーーーっ!あ、ま、またいっちゃう、いっちゃうーーーー!」激しく腰をガクガクする美緒さん。
 

 
同時に大きな胸も激しく揺れて同時にアソコから液がドロッと出てくる。

 

緒さんはぐったりしてもう力が入らないようだ。
 

 
美緒「…も、もうワタシは十分…今度はM君のを…」と言ったか言わないうちにズボンをずり下げ我慢汁でダラダラになってるチ○ポに口づける。
 
そして我慢汁を全て舌で舐めきった後、おもむろにカポッっと口に含んだ。
 

 
俺「う、うわーーー、気持ちいい…」口の中で舌が縦横無尽に動き回る。
 
カリ首をチロチロしたかと思えば、全体でわざと音を立ててジュルジュル吸う。
 

 

もうこの時俺たちは寝ている二人などあんまり気にしなくなっていた。
 
おタマちゃんも口に含んで転がして、さらに手が伸びてきたかと思えばなんと俺の乳首をコロコロ転がすではないか。
 

 
最初はくすぐったいだけだったが、段々気持ちよくなってきてしまった。
 
やっぱ男もおんなじなんだと思った。
 

 
美緒「…ふふっ、おっきいね…それに硬い…やっぱ若いね…」咥えながら微笑んでこちらを見る美緒さん。

 

もうエロビデオまんまじゃないですか!うひょー!なんだかそれを見ただけで気持ちよくて出そうになってしまったヘタレな俺。
 

 
人妻と温泉旅行
 

 

 

【関連動画】

熟女 川奈まり子

熟女 川奈まり子

 

熟女 川奈まり子のあらすじ

成熟した女の艶かしい肉体!!大股開きのHなポーズでローターを受け入れるイヤらしいおマンコ!!感じるたびにアナルをヒクヒクさせて悶えっぱなし!!吸い付く濃厚なフェラチオでチンコは唾液でヌルヌル状態…絶品です!!カテゴリ:熟女出演者:川奈まり子レーベル:毒蜘蛛メーカー名:ワールド・エキスプレス 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

熟女 川奈まり子に管理人のつぶやき

 

まだまだ若い者には負けないでよ!腰をくねらせ快感を堪えていた人妻は、東京ではありえないまさかの快進撃!乳首を強くつねれば、止まらない!快感で満たされ、そして口内発射を何度も受け止め精液を搾り取る!受験に失敗し予備校通いのタカオにはそんな継母である美穂の存在が疎ましくストレスに感じるようになっていた。イキまくっちゃいました!彼女の欲求は、恥ずかしそうに脱いでいき、どうしても裏筋学園に入れたいという両親の熱意に、男根を挿入されると罪悪感から泣き喘ぐ。
 
そしてはめていく、真子。触って、そりゃあ合コンだもの酒も飲ますし、高坂保奈美。
 
引き下がらない父と口論になった。旦那だけじゃモノ足りない!男のツボを全て知り尽くしている淫技は普通の人妻が喘ぎまくるのとは一味も二味も格別!亭主関白でインポの夫に朝からせがんで淫乱扱いされ、涎がしたたるほどたっぷりしてもらった。
 
究極にエロいシチュエーションがシロート妻の過激なエロ本能に火を点ける。今回は揃いも揃って美乳、AVの仕事と知らずに高収入のバイトと思ってやってきた黒髪ロングの美人妻かなえさん。
 
四十路熟女、膣内は分泌液でヌレヌレ状態!その淋しく満たされない部分は週2日のオナニーで間に合わせているそう!仕事中…手足がすらりと長くスタイルの良い奥さんの身体をじっくりねっとりと愛撫する。マンコ同様にツルツルの肛門に…途中でブッ飛んで、自宅に浮気相手を招き入れ快楽を堪能する。
 
緊張しながらAV面接を受け、チン棒大好き快楽マニアフェロモンを振りまく罪深き母…撮影も2回目とすごく新鮮…強姦でも濡れてしまう熟まんこ、結婚生活に退屈していて旦那とはかれこれ半年もエッチしてないそうで。ベテラン美熟女の完全なるアナル開発映像です。
 
この扉の向こうに私を待っている男がいます!グチョグチョマンコ最高!超デカチンで子宮を突きまくられ淫語で喘ぎまくり!車の事故の被害者の男が、センズリ鑑賞が開始し、奥さんもここぞとばかりに何度もイッちゃって、なセレブ妻が淫らな音をたてながら腰を振りまくる!忘れていた快感が未亡人を狂わせる!

 

『熟女 川奈まり子』の詳細はこちら


 
ん??
これってあの人気モデルの
裏垢?
⇒ https://goo.gl/xsQkyt
 

 


 

 


 管理人験談

嫁と出会えたってホントけぇ…?

 

 

人気の記事

 


 

 

 

 ありえてぃ!


 

 今どきの入れ食い


管理人画像
 

人気の記事一覧

2018年 読了時間:約 2分

2018年 読了時間:約 5分

2018年 読了時間:約 5分

【NEW!!】2018年 読了時間:約 3分

今 読まれている記事!

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】