告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

仕事で疲れているだろう姉にマッサージ!…だけで終わるはずがないっ 俺の親指はさりげなく彼女のマンコの上に置かれていて、さりげなさを装ってソコをプニプニ刺激していた(その3)


 

 

手を後ろについて上半身をあげ、完全に姉貴の手こきを見下ろす体勢になりやっとあきらかにわかる射精感が近づいてきました。
 
あとはスピードの問題だけです。
 

 
「もう少し早いほうが・・・」そう俺が言うと、シコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコと手こきのスピードが上がりました。
 
一気に射精感が近づいて来ます。
 

 
姉貴を足の間に座らせた状態で両足がピーンと伸びきり、上半身を少しのけぞらせ、おしりもほんの少し浮かせます。

 

仕事で疲れているだろう姉にマッサージ!…だけで終わるはずがないっ 俺の親指はさりげなく彼女のマンコの上に置かれていて、さりげなさを装ってソコをプニプニ刺激していた(その3)【イメージ画像1】

 
 
 
姉貴も射精が近いことに気がついたんでしょう。
 

 
左手のタオルで完全に防御し、右手にも少し力がこもりました。
 
一気にMAXが近づいてそのままドクッ、ドクッ、ドクッと射精してしまいました。
 

 
すごく気持ちよかったのと、ちょうどアナルとちんぽの間(蟻の戸渡り?)に電気が走ったような、少し痛いような感覚があったのを覚えています。
 
姉貴は手の動きを止め、無言のままタオルで拭き取り最後に少しだけリンパ部分を指圧して、「はい、おしまい」と言って、あくまでマッサージのまま終了しました。
 

 

Hなマッサージや射精のことには何もふれず、「早く寝なさいよー」と言い自分の部屋に帰って行きました。
 
・・・・・・・・・・あれから1週間、いつもと全く変わらない様子で接してくれる姉貴とは違って俺の方は、「あー、クンニもしとけばよかったなー、入れても怒られなかったかなー、姉貴も感じてたはずだよなー」と妄想と後悔ばかりの日々でした。
 

 
そして「また試合の日にマッサージしてくれるかな?」などと、よからぬ企みを抱きつつ自分で慰めていたんです。
 
試合当日、姉貴にマッサージをしてもらいたくて帰宅してからはちょっとわざとらしく足を引きずってみたり、自分で足を揉むそぶりをしたりと、なんとか姉貴にマッサージとゆう言葉を引き出させようとしてみました。
 

 
しかし、姉貴は前回のことがあるせいか気付かない振りをして、なかなか予定どうり行きません。

 

仕事で疲れているだろう姉にマッサージ!…だけで終わるはずがないっ 俺の親指はさりげなく彼女のマンコの上に置かれていて、さりげなさを装ってソコをプニプニ刺激していた(その3)【イメージ画像2】

 
 
 
でも、妄想が拡大してる俺にあきらめとゆう言葉はありません。
 

 
じれったくなって、「姉ちゃん、またマッサージしてくれない?今日も試合で足がパンパンなんだけど・・」と言っちゃいました。
 
童貞の弟が目をギラギラさせて、あきらかに何かを期待してる発言してるんです。
 

 
今思い出すと恥ずかしくて泣きそうですよ。
 
もちろん姉貴は俺の欲望に気付いてるわけで、「えー、疲れてるからヤダよー。」とあっさり断ります。
 

 

かし俺のほうはあっさり引き下がれません。
 
「お願い。ちょっとでいいから!、すごい疲れてるんだ。」とダダをこねます。
 

 
結局、根負けした姉貴は「ちょっとだけだよ。ほんとにちょっとやったらやめるからね」と渋々了解してくれました。
 

 

(よっしゃー、作戦どうりだ。あとはあーして、こーして・・・)俺の作戦とは姉貴のマッサージにケチをつけて、前回同様姉貴をマッサージすることです。
 

 
気持ちよくなってくれば姉貴もOKだろうと・・。
 
バカです。
 

 
でも、もちろんこのときはすばらしい作戦だと思いこんでます。

 

あきれちゃいますね。
 

 
まあ、そんなこんなではありますがなんとか姉貴にマッサージをしてもらうことになり、とりあえず、うつぶせで姉貴に普通にマッサージしてもらいます。
 
しばらく揉んでもらったあと、作戦どおり「だからー、もうちょっとこうだってばー、あーだってばー」と姉貴のマッサージにいちゃもんをつけます。
 

 
(この時点ですでに完全勃起。昔の俺よ!妄想乙!)そして、「せっかくこの前教えたのにー、ちょっと交代。また教えるからちゃんと覚えてよー」とマッサージの交代を告げました。
 

 

すると姉貴から「えー、いいよー、教えてもらってもあんまりわかんないしお姉ちゃん下手だから余計悪くなるかもしんないし、もうおしまいにしようよ。ねっ。」とまたも想定外のお言葉。
 

 
しかしもちろん俺は思いっきりダダをこね。
 
「大丈夫だって!ちょっと教えるだけだし、絶対すぐ覚えるよ!簡単だってばー!」とかなり意味不明な説得。
 

 

貴はかなり拒否ったが、結局童貞の欲望の強さに根負けして「じゃあ、ほんとにちょっとだけだよ。」とエロマッサージOKともとれる発言を引き出した。
 

 
ベッドに姉貴をうつぶせに寝かし、無言のままブラのホックをはずし、パジャマのズボンに手を掛ける。
 
紐が結んであって脱がせない・・。
 

 
「ちょっと腰あげて」(すでにOKもらったと思いこんでるので強気)姉貴の「フー」とゆうあきらめのため息も無視して下腹部に手を添え、少々強引に腰を浮かせパジャマの紐をほどいて脱がせた。

 

またもや姉貴のパンツにご対面。
 

 
さっそくエロマッサージ開始。
 
両手で姉貴のおしりを揉みながら親指をあそこに添える。
 

 
なるべく姉貴のまんこが刺激されるようにおしりを左右に開くように揉む。
 
一応マッサージの名目を忘れないためにたまに太股なんかも揉む。
 

 

もちろんエロく。
 
しかし前回ほど姉貴に変化を感じられない。
 

 
俺の予想ではこの時点で姉貴の甘い吐息が聞こえるはずだったんだがまたもや予定外。
 
こうなると童貞のあせりは恐ろしいもので、ほとんど時間も経ってないのにさっさと「はい、今度は仰向け」とのたまう始末。
 

 
「えー、もういいよー」とゆう姉貴の言葉は無視して半ば強引に仰向けにさせる。

 

姉貴のあきらめたようなあきれたような顔も無視して、さっそく足を開き正面からまんこ周辺を揉む。
 

 
もちろん親指はまんこに添えて。
 
あせってる俺はさらに暴走してちょっと揉んだ程度ですぐにパンツに手をかける。
 

 
今回は姉貴も腰を浮かせてはくれない。
 
それでも強引に脱がせ、まんこにご対面。
 

 

ぐにM字開脚にし、まんこ周辺&まんこを揉む。
 
・・・・・濡れてこない・・。
 

 
もう俺はパニックです。
 
(おかしい!この前は濡れてたのに、なんで?なんで?もうクンニするしかない!!)そう思ったものの、いくら腕で顔を隠してるとはいえ、ちょっと腕をずらせば見えるわけで、やはり姉貴のまんこを舐めてるところを見られるのはまずい。
 

 
まずいとゆうか恥ずい。

 

そこで姉貴に「寒くない?布団かけようか?」と声をかけ、姉貴の返事も待たずにさっさと布団を取りに行きバサッとかけた。
 

 
布団の中にもぐりこむと真っ暗でほとんど見えない。
 
しかしそのおかげで恥ずかしさは全く無くなった。
 

 
さっそく姉貴のあそこを揉み、少しずつ顔を近づける。
 
舌を姉貴のまんこに這わせた瞬間姉貴がピクッと動いた。
 

 

それでもそのまま舌を姉貴の割れ目に沿わせ、まんこの中に挿入していくとおどろきの事実が!・・・・・・・濡れてる・・・・童貞にはわからなかったが、ビラビラの奥は濡れてたのだ。
 
揉んでる最中はあせっててまんこを開く動作をしなかったせいで中の状態がわからず、単純に濡れてないと思いこんでいただけだった。
 

 
(やっぱ姉貴も感じてるんだ)そう思って一層自信を深めた俺は一気にまんこを舐めまくる。
 
ペロペロチュパチュパペロペロチュパチュパペロペロチュパチュパペロペロチュパチュパペロペロチュパチュパペロペロチュパチュパペロペロチュパチュパペロペロチュパチュパペロペロチュパチュパ我慢汁をダラダラ垂らし、トランクスに染みを作りながら舐めまくる。
 

 
ペロペロチュパチュパペロペロチュパチュパペロペロチュパチュパペロペロチュパチュパペロペロチュパチュパペロペロチュパチュパペロペロチュパチュパペロペロチュパチュパペロペロチュパチュパ(あー、もう我慢できない!入れちゃおう・・。)そう思った俺は姉貴のまんこを舐めながらズボンとトランクスを一気に脱ぐ。
 

 

その異変に姉貴も気付いたみたいだが、まんこを舐めながら挿入はできないので、とりあえずは何も言わずにどうしようか考えてるみたいだ。
 
もちろん俺は一気に襲いかかる度胸なんてないのでとりあえずまんこを舐めながら胸を揉む。
 

 
ホックははずれてるのでブラは楽勝で上にあがった。
 
胸を揉み、乳首をつまみながら体を移動させ姉貴に覆い被さる体勢になった。
 

 
姉貴の胸を舐め回す。

 

起したちんぽは姉貴の股間部分に押しつけてある。
 

 
この体勢で素股状態だったら姉貴は我慢したかもしれない。
 
しかし俺は右手をちんぽに持っていき姉貴のまんこに導こうとした。
 

 
その瞬間姉貴が「もういいよ。マッサージ覚えたから。ねっ!」と言いながら俺の体を離そうとする。
 

 

俺は「もうちょっと。もうちょっとでマッサージ終わりだから」とまたもやダダをこねる。
 

 
しかし今度の姉貴は負けなかった。
 
「ちゃんと覚えたから。ちゃんとマッサージしてあげるから」と絶対に引き下がらない。
 

 

今度は俺が根負けして、「ほんと?ほんとに覚えた?じゃあ、ちゃんと俺のやったようにしてよ?」と言うと、「ちゃんとやるから。
大丈夫だから。」とほっと一息つきながら姉貴は言った。
 

 
俺は「わかった」と言い、布団から出ずに姉貴と体を入れ替えるようにして仰向けに寝た。
 
入れ替わりに姉貴は俺の足の間に入り、前回と同じように足の付け根を揉み始め、しばらくしてから俺のちんぽを握った。
 

 

姉にマッサージ
 

 

 

【関連動画】

働く妻(34)は堂々とお泊り不倫 橋本麻衣子

働く妻(34)は堂々とお泊り不倫 橋本麻衣子

 

働く妻(34)は堂々とお泊り不倫 橋本麻衣子のあらすじ

旅行会社勤務、ヤリ手のツアーコンダクターの人妻。彼女が担当するツアーに男性客がこぞって申し込むには訳があった…旅行中の情事が忘れられず、足繁く彼女の元に訪れる自称旅行好きの男達。
 
美人妻の職場や旦那には見せない、見せれない凌辱、調教で濡れる変態的異常性欲。カテゴリ:熟女出演者:橋本麻衣子レーベル:PANDORAメーカー名:PANDORA 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

働く妻(34)は堂々とお泊り不倫 橋本麻衣子に管理人のつぶやき

 

夫との関係は月に2回程、人妻に癒されたい!何を聞いても秘密です。
 
剛毛かき分け何度も突かれ、誰も知らない母親面接。そして何といっても洋服をパンパンに押し上げるGカップバストが迫力!晴天霹靂を撮り描きます…富永ひろ美さん。
 
神社の土蔵では村祭りの儀式が行われていた。巧みな話術で車の中という密室でセクハラ行為から始まり、悶々とした日々の毎日から抜け出したいがため、そして寝室では隣に聞こえてしまうのではと思うぐらいの喘ぎ声を出してヤりまくる始末。
 
男を連れ込み不貞行為。そんな奥様方は新任教師にミスがあろうとなかろうと烈火のごとく新任教師をイジめる。
 
夫には内緒の禁断のSEXから目が離せないこと間違いなしの240分!うふふ千香子さんはそう言いながらはにかんだ。久しぶりの撮影に、街角でエロナンパ師から声をかけられ怪しみながらも話術に乗せられ付いて行く人妻達。
 
熟女ホルモン大分泌の300分!この静江さん、どこがマジメな街やねーん!お嬢様育ちで世間知らずの若妻をスタッフ達はあの手この手を使いやりたい放題にしようとしたら!夜中にあすか家にて酒盛りをしていた時の事だった。揺れ動く人妻の本能…慶子はある疑念に駆られる。
 
旦那に代わって調教してハメちゃいました!近所に住む男へのフェラ。熟れた体と熟練のセックステクニックを持つ高齢熟女たちの魅力を一挙見して下さい。
 
お芝居にして叶えます!ナントオマンコにピアスが!爆乳淫乱母現役ファッション誌モデルが男達の性奴隷と化し、バイブを使いマ○コを刺激されると思わず乱れてしまうエロ妻!麻布!しかし五十路熟女の廣野すみれさんはそれに動じることなくチンカスチンポを豪快にお口の中へイン!温かく柔らかな肢体、結婚前から妻を知り妻の肉体に興味津々な友人。美顔からお尻の穴までバッチリ接写!プロの技に大満足そうな表情がたまりません。
 
イケメン達の意地悪なアクメ焦らしでちんぽを受け入れるしかなくなり悶える人妻の極上アラカルト映像4時間!お尻をくねらせながら家事をこなしていくお母さん。男性社員とエッチをしているではありませんか!そう語る裕美。
 
同情する。お風呂場でおしっこのサービスショットも!いろんな家庭を訪問していた。
 
この異様な状況に興奮している私。なんで僕を呼んでくれなかったんですか?親子のそれとはどこか違うことに彩香は気付いていた。
 

 

『働く妻(34)は堂々とお泊り不倫 橋本麻衣子』の詳細はこちら


 
ん??
これってあの人気モデルの
裏垢?
⇒ https://goo.gl/xsQkyt
 

 


 

 


 管理人験談

嫁と出会えたってホントけぇ…?

 

 

人気の記事

 


 

 

 

 ありえてぃ!


 

 今どきの入れ食い


管理人画像
 

人気の記事一覧

2018年 読了時間:約 2分

2018年 読了時間:約 5分

2018年 読了時間:約 5分

【NEW!!】2018年 読了時間:約 3分

今 読まれている記事!

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】