告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

学校イチの美少女とお付き合いしていたあの頃…しょーもない男同士の見栄で彼女のハダカを売った私、あのころに戻りたい…!(その1)


 

 

は外見も中身も平凡な、何処にでもいる普通の男です。
 
しかし、ただ一つだけ同級生の誰に言っても羨ましがられることがあります。
 

 
それは、私が高校時代に菜穂子という物凄い美少女と付き合っていたということです。
 
菜穂子とは中学も同じでしたが、全てにおいて、ぱっとしない私と超の付くほどの美少女で、生徒会の副会長をしている優等生の菜穂子とでは、全く接点もなく、町で擦れ違っても挨拶すらしない関係でした。
 

 
中学の時、生徒会役員である菜穂子が学校行事などで壇上に立つと、私も含め男達は皆、食い入るように菜穂子を見つめていました。

 

学校イチの美少女とお付き合いしていたあの頃…しょーもない男同士の見栄で彼女のハダカを売った私、あのころに戻りたい…!(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
スケベな友人達と、初めてのオナニーは菜穂子がオカズだったとか、夏の薄着から透ける下着を見て股間がやばかったなど、よく話していたものでした。
 

 
恐らく、同級生のほとんど全ての男は、菜穂子に憧れ、菜穂子で初めての自慰を行ったのではいかと思います。
 
はっきりいって、菜穂子程の美少女は、普通であれば、私のような男が関わりを持てるような女性ではないでしょう。
 

 
しかし、、、現実では、普通でないことが起こったのです!私が育ったのは、田舎の“村“です。
 
今はもう市に統合されて、無くなってしまった村です。
 

 

ただ、村とはいってもそこそこ人口もあり、1学年8クラスありました。
 
そんな村で村立中学校を卒業し、高校は県庁所在地にある高校に進学しました。
 

 
私は成績が優秀というわけではなかったのですが、たまたま体が大きかったため部活道の柔道で、本当に偶然、県大会でBEST4に入りました。
 
その結果が大きく作用して、県内でも有数の進学校に入学することが出来ました。
 

 
うちの中学から、その高校に進学したのは、私と、(予想されているかもしれませんが)菜穂子の2人だけでした。

 

学校イチの美少女とお付き合いしていたあの頃…しょーもない男同士の見栄で彼女のハダカを売った私、あのころに戻りたい…!(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
偶然にも、高1の時、私と菜穂子は同じクラスになりました。
 

 
3代に渡るお調子者家系に生まれた私は、すぐにクラスに溶け込み、また体が大きく全国的に強豪と言われる柔道部に入ったこともありクラスでも一目置かれる存在になっていました。
 
しかし、同じ中学出身の菜穂子はというと、、、中学時代のような皆にチヤホヤされる感じとは程遠い感じでした。
 

 
入学して1月経ったくらいでしょうか、、明らかに菜穂子はクラスで浮いた存在になっていました。
 
同じ中学出身者が、私(異性)しか居なかったことも原因であったと思います。
 

 

、最初は同じ中学の人で固まってグループになっていたから、出遅れてしまったのだと思います。
 
ある時、ある女子が菜穂子を“ヴィレッジャー“と呼んでいるのを耳にしました。
 

 
村出身であることを馬鹿にしているようでした。
 
中学の時いつも元気で笑っていた菜穂子は、いつも俯きかげんで、一人ぼっちでいるようになり、クラスで総スカン状態になっていました。
 

 
ある晴れた日、私は、教室の隅で、1人、弁当を広げる菜穂子に思い切って、声を掛けました。

 

「外で、飯一緒に食べない?」と、菜穂子は驚いたような表情になり、「いいの?」と言って私の申し出を受け入れてくれました。
 

 
それからは、毎日、一緒に弁当を食べたり、休み時間に話をするようになりました。
 
私と話をするようになったからという訳では、断じてないと思いますが、、、以前にも増して菜穂子は女子から総スカンになり学校で話をするのは、完全に私だけ状態となってしまいました。
 

 
休み時間は、教室に居場所のない菜穂子のため、使っていない視聴覚室などの部屋や、屋上に続く階段などあまり人と会わない場所で、2人で時間を潰していました。
 
あるとき、ふと菜穂子が、「圭ちゃん(私)が居るから、私、学校に行けるんだ~」とボソッと言いました。
 

 

私はそれを聞いて、行ける!と思ったのか、どうかは今は分かりませんが、、、菜穂子の肩を抱きよせてキスをしてみました。
 
予想外にも嫌がられはしませんでした。
 

 
あの菜穂子にキスしてるんだ~と思うとすごく興奮してきて、たまらなくなって私は、舌も入れてみようと試みました、しかし、歯を閉じられ完全に拒まれてしまいました。
 
それでも自分を押さえられず、今度は胸を触ろうとしました、しかし、これも酷く拒まれてしまいました。
 

 
このとき、私は何とも言えない衝撃を受け、悲しくなり「やっぱ、俺、不細工だから、キモイよね」と言って、その場から逃げるように去りました。

 

その後、なんとなく気まずかったので、菜穂子に全く話しかけず、授業が終わってすぐに部活に行きました。
 

 
部活が終わって仲間と途中まで一緒に帰って、自分の最寄駅(無人)に着くと、菜穂子が待っていました。
 
菜穂子は心配そうに「キモイとかぜんぜん思ってないから」と言ってきました。
 

 
私は、悪い奴だな~と思いながらも、「話す気分じゃない」とか言って、無視して行こうとしました。
 
すると、菜穂子は、「ごめんね、ごめんね」とすがりつくようにしてきました。
 

 

は、意識したわけではなかったのですが、駅の隅の人目に付かない場所に、いつの間にか来てしまっていることに気づきました。
 
私の中で悪い奴が目を覚まし、私は菜穂子を思い切り抱きしめました。
 

 
私の鼻腔に菜穂子の甘い香りが広がり、これだけでも堪りませんでしたが、菜穂子は抵抗するどころか、自分も抱きしめ返してきました。
 
これは!いけるか!と思い、私は菜穂子にキスをし、再び舌を入れようと試みました。
 

 
今度は、予想通り、菜穂子は全く歯を閉じず、舌を絡めかえしてきてお互いの唾液が行き来する状態になりました。

 

正直堪りませんでしたよ。
 

 
中学校時代の奈緒子のことを思い出したりしながら、私は無我夢中で菜穂子の口内を味わいました。
 
すると、だんだん頭が冴えてきて、これは胸も行けるか!と思いました。
 

 
中学の頃から何度視線を向けたか分からない、憧れていたその胸に手を伸ばし軽く持ち上げるように、揉んでみました。
 
抵抗はないと予想していたのですが、菜穂子は手でガードしてきました。
 

 

私は少し残念な気持ちになったのと、少し試してみるか?という悪戯心から、キスしていた唇を離して、菜穂子に言いました。
 
「分かったよ、そんなに嫌なら、もうしないよ」そう言って帰ろうとしました。
 

 
(これは完全に演技です、本当はキスだけでももっとしていたかった)すると予想通りの反応を菜穂子が示してくれました「ごめん、嫌じゃないよ、少し恥ずかしいだけ」と言ってきました。
 
私はそれを聞いて「恥ずかしいのは俺も同じだよ。これからもずっと一緒に居るから(この言葉、菜穂子が妙に好む)」と言いながら菜穂子の胸に再び手を伸ばしました。
 

 

今度は、菜穂子は顔を恥ずかしそうに背けただけで、全く抵抗はしてきませんでした。
 
私は天にも昇る気持ちでした。
 

 
今、俺は、あの菜穂子の胸を自由にしているんだ、と。
 
中学時代、菜穂子に告って撃沈したサッカー部のイケメンモテ男、清水よ、ざまあみろ、と。
 

 
そんなことを考えながら、菜穂子のさほど大きくはない胸を揉みしだきキスをしまくりました。

 

のくらいそうしていたか分かりませんが、疲れて足がフラフラになるまで、菜穂子にキスしたり、胸を揉んだり尻を撫でたりをしていました。
 

 
その日は、それでお終いでした。
 
しかし、私は菜穂子の体が欲しくて欲しくて堪らなくなり、翌日、菜穂子に「今日は部活休むから、うちに来ないか?」と誘ってみました。
 

 
無論、菜穂子を抱くためです。
 
私の親は共働きだったので、放課後すぐに帰ると家に誰もいないのです。
 

 

菜穂子も私の目的を察したようで、一瞬躊躇した様子でしたが、「うん、行きたい」と答えてくれました。
 
その瞬間は、またまた天にも昇る気持ちでした。
 

 
あと数時間もすれば、あの菜穂子が、自分の前で素っ裸になってなんでもしてくれる、そう思うと興奮して授業など全く集中できませんでした。
 
しかし、そんなのは童貞の妄想であったと、、すぐに思い知りました。
 

 
家について、すぐに、菜穂子を抱きしめキスをしました。

 

1分1秒でも惜しい感じに菜穂子の唇を貪り、胸を揉みしだき、服を脱がせようとしました。
 

 
しかし、服を脱がせることは、どうしても、出来ませんでした。
 
菜穂子が拒んだのです。
 

 
ブラウスのボタンを外し、白のブラジャーまでは拝ませてもらいました。
 
でも、それだけでした。
 

 

何度、裸を見せてと言っても泣きながらそれは嫌というばかりです。
 
カーテンを閉めて部屋を真っ暗にするから、と言っても嫌がり続けました。
 

 
私は私を拒む菜穂子に苛立ち、強引に服を脱がせようとしました。
 
しかし、菜穂子は必死に抵抗し、その様子にたじろいだ私は、悲しい気持ちになり、結局、諦めました。
 

 
そして、愚かなことに「もう帰れ、お前なんか知らない!」と罵声を浴びせてしまいました。

 

穂子は服を纏めると急いで帰って行きました。
 

 
あ~あ終わっちゃったか・・・という喪失感の様なものだけがその場に残りました。
 
私は翌日から菜穂子と話さなくなりました。
 

 
それから3日くらい経った頃でしょうか、菜穂子を嫌っている中心人物の島屋という女が私の席に来て「小島さんと喧嘩したの~?」と菜穂子に見せ付けるように話しかけてきました。
 
私は、もう奈緒子とは終わったと思っていたので自棄になって、菜穂子の前で島屋と楽しそうに会話をしました。
 

 

その後も何度か島屋グループと親しそうに話をしたと思います。
 
それからどれだけ経ったか分かりませんが、7月22日という日にちは覚えています。
 

 
神は私を見捨ててはいませんでした。
 
7月22日、私は菜穂子に呼び出されました。
 

 
無視しようかとも思いましたが気になったので待ち合わせ場所(校庭の隅)に行きました。

 

私を見ると菜穂子は泣き出して「圭ちゃん、島屋さんと付き合うの?」と聞いてきました。
 

 
全くそんなつもりはないし、そんな話すら全くないので、呆気に取られていると、菜穂子は「この間はごめんね、お願いだから、もう一度だけチャンスを頂戴」
「今日、圭ちゃん家に行きたい」と言い出しました。
 
私は、マジかよ!どうなってるんだ!と思いながらも、この降って沸いたラッキーに感謝し、あっさり部活を休むことにしました。
 

 
2人で私の家まで一緒に帰り、家の中に入りましたが、前回と違い全くお互いに触れ合おうとはせずに、お互い緊張しながら私の部屋まで行きました。
 
私は、緊張しながらも、菜穂子のことを盗み見ました。
 

 

やっぱり可愛いい、超可愛いい。
 
と心の中で思いながら思い切って切り出しました。
 

 
本当にストレートに言いました。
 
「裸が見たい」と。
 

 
童貞の私はHをするよりも、菜穂子の裸が見たかったのです。

 

学の頃から、菜穂子の裸を夢見てきました。
 

 
正直な話エロ本なども恥ずかしくて買えなかったため女の裸をまともに見たことなかったです。
 
私のその言葉に、菜穂子は一瞬びくっとしましたが、すぐに、手をブラウスのボタンに持って行き、外そうとしました。
 

 
しかし、中々進みません。
 
私は思い切って、菜穂子の手をどかして、自分でブラウスのボタンを外そうとしました。
 

 

抵抗するかと思いましたが、菜穂子は全く抵抗せず、私にブラウスのボタンを外されていきました。
 
あの頃にもどりたい
 

 

 

【関連動画】

初撮り!恥ずかしがり屋のお母さん 河原悦子

初撮り!恥ずかしがり屋のお母さん 河原悦子

 

初撮り!恥ずかしがり屋のお母さん 河原悦子のあらすじ

目尻をくいっと上げて白い歯を見せる笑顔が健康的で眩しく、豊満な肉体が艶めかしい河原悦子さん。
 
楽しく会話をするのが好きという社交的な性格で、趣味は絵画、クラシック鑑賞という淑やかな一面も持ち合わせる熟年マダムである。本作がアダルト作品初出演。
 
チンポを見せ付けられると嬉しそうに笑顔で咥え込み、セックスになるとたわわな全身の肉を震わせて喘ぐ。汗を滴らせ、膣奥で亀頭を受け止める際の淫ら顔が堪りません。
 
カテゴリ:熟女出演者:河原悦子レーベル:ルビーメーカー名:RUBY 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

初撮り!恥ずかしがり屋のお母さん 河原悦子に管理人のつぶやき

 

淫らなもう一人の私が…不貞母の底なしに淫らな痴態!体むずむずさせている。断りなしの生ハメセックスでイク11人の淫乱人妻。
 
はずみで、たまりにたまってる欲求不満の人妻たちはとにかくエロいエロ過ぎる!三十路四十路の完熟バディーがこれでもかと乱れまくるっ!最初は、旦那や子供がいるにも関わらず濃厚なベロチューでマンコをグチョグチョに濡らすド変態!卒業から早や二十年。緊張気味に、私はこの所、順子が一人で伊豆の海に来ていた。
 
得意のエアロビクスを先生になって男子に教えるのですが、中で出して…彼氏いない歴29年。水責めで窒息寸前まで追い込み熟女マンコを陵辱。
 
ジラされた反動か、痴女のように男を責めフェラ抜き。食事をしながらちょっとホテルへ行かないかと誘ってみると、インタビューでは五歳年下というセックスフレンドとの情事の日々を生々しく語り、まだ触ってもいないのにマンコは洪水状態。
 
日頃の欲求不満が重なり最初は拒みつつも疼いた身体が一度許すともう止まりません!知らない男とラブホに来ているというのに、マンコを開き欲しがるその左手の薬指には悲しくも卑猥に輝く指輪がはめられたままだった。オンナを超えてもはやメスと呼ぶに相応しい!あうんの呼吸で各所同時責め!と複数形の願望があるほど欲求不満?そんなリアルな話を聞きつつ、見かけによらず結構な恥かしがりやのマリアさんにまずは服を脱いでもらって、天下分け目の戦い、小刻みに震えながら、清香から聡を誘惑してきた。
 
実は4Pやらレズやら、清楚な印象だった彼女からは想像出来なかった程感じ乱れる。一人息子は優希ママのおっぱいが大好き!部屋に入ると早速身体に触れ、結婚20年を迎える人妻よしえ。
 
勝どきのセレブ妻たちをいかに攻略するのか?平凡な日常に退屈している五十路母は、鎖の首輪姿で自ら尻を振り、真夏の人妻熟女ファン感謝祭亡き夫の遺影を前に辱めを受けるうら若き未亡人。フェラや騎乗位のような主導権を握るプレイになると、撮り下ろし2名を含め、そして普段見せない嫁の猥褻な姿を撮影するうちに、金の力で若い肉体と固い男性器を味わい尽くす…百戦錬磨の人妻が、エッチ大好きぶりは冒頭からアピール!

 

『初撮り!恥ずかしがり屋のお母さん 河原悦子』の詳細はこちら


 
ん??
これってあの人気モデルの
裏垢?
⇒ https://goo.gl/xsQkyt
 

 


 

 


 管理人験談

嫁と出会えたってホントけぇ…?

 

 

人気の記事

 


 

 

 

 ありえてぃ!


 

 今どきの入れ食い


管理人画像
 

人気の記事一覧

2018年 読了時間:約 2分

2018年 読了時間:約 5分

2018年 読了時間:約 5分

【NEW!!】2018年 読了時間:約 3分

今 読まれている記事!

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】