告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

大学サークル、新卒入社の会社…色んなところで、男も巡る女も巡る。淫汁を垂らし髪を振り乱しながら卑猥なダンスを踊る男女のイロコイ模様をご覧ください(その12)


 

 

「どうした」
愛「話がある!」ちょっと怒っている様子。
 
俺「なに、なに?」
愛「〇〇(俺のことを呼び捨て)!あんた智美さんのこと好きなの?」
俺「いきなりなんだよ。どうして?」
愛「だって、今日、智美さんのことばっか見てたでしょ!」
俺「そんなことねーよ」
愛「じゃあ、智美さんのことはなにも思ってないの?」俺(一瞬悩んだが)「ああ」
愛「そうなんだ、好きじゃないんだ!」
俺「・・・・・」
愛「じゃあ、私のことは?」
俺「えっ」
愛「さっき、告白したのに返事もらってないよ!」
俺「さっきのはゲームじゃん」
愛「本気(マジ)で告白したのに!」
俺「・・・・・嫌いじゃねーよ」(キッパリ言えない俺)愛「そうなんだ、好きなんだ!やったー!」
俺「お前、酔ってるな?」
愛「酔ってないよ!マジだよ」そのとき、部屋の外で立ち話している俺たちの横を智美が通りかかった。
 

 
智美と目が合う。
 
智美からちょっと睨まれた気がした。
 

 

大学サークル、新卒入社の会社…色んなところで、男も巡る女も巡る。淫汁を垂らし髪を振り乱しながら卑猥なダンスを踊る男女のイロコイ模様をご覧ください(その12)【イメージ画像1】

 
 
 
なにも後ろめたいことは無いのになんとなく気後れして、視線を外した。
 

 
智美はそのまま女部屋の方へ消えていった。
 
変な誤解を与えてしまったか。
 

 
こんなことしている場合じゃない。
 
俺「とにかく、酔い覚ませよ!」愛ちゃんにこう告げると俺は飲み部屋に戻った。
 

 

元の位置に戻ってまた飲み始めたが、なんとか智美と二人きりで話ができるチャンスは無いものかと思案した。
 
俺のところの輪は美由紀さんともう1人。
 

 
美由紀さんが独壇場で自らの恋愛論について展開していた。
 
おれは美由紀さんのDカップらしい胸を浴衣越しにみながら、他のことを考えていた。
 

 
智美は大橋さんと石川ともう1人(女性)との輪の中にいた。

 

大学サークル、新卒入社の会社…色んなところで、男も巡る女も巡る。淫汁を垂らし髪を振り乱しながら卑猥なダンスを踊る男女のイロコイ模様をご覧ください(その12)【イメージ画像2】

 
 
 
そこに戻ってきた愛ちゃんが入った。
 

 
何か起きそうな気がしたが、特に愛ちゃんはなにも言わなかったようだ。
 
終わりそうも無い美由紀さんの講話を聞きながら、さり気なく立ち上がり、トイレに向かうため、部屋の外にでた。
 

 
出るときに智美と目が合ったので、必死に目で『後から部屋の外に出て来て!』と訴えた。
 
トイレから出てくると廊下に智美が立っていた。
 

 

「よっ!」浴衣姿が色っぽい。
 
胸元はしっかり閉じてあるが、帯の上からほんのりとカーブを描いたふくらみがある。
 

 
Fカップ、白にピンクの水玉のパンティ。
 
思い出して少し興奮。
 

 
智美「呼んだでしょ」
(笑)俺「やっぱり分かった?さすがだね!」
智美「さっき、愛ちゃんと何話していたの?」
俺「なんでもねーよ。ただの世間話」
智美「うそ!告白されたでしょ」
俺「冗談でな!」
智美「冗談じゃないと思うなぁ、前にも愛ちゃん池上君のことが好きって言ってたもん」
俺「智美さんこそ、大橋さんと仲良くしすぎだよ!」
智美「えっ、普通に対応してたつもりだったのに」
俺「スキー場でも仲良すぎてちょっと嫉妬しちゃったよ」
智美「私に嫉妬してくれたなんてうれしいな。嫉妬したのは私だけかと思ってた」少し酔っ払った口調で話す智美が愛しくて愛しくて仕方なかった。
 

 

思わず抱きしめたくなる自分を必死で押さえた。
 
その日は、それ以上のことは何も無く、最後は男女それぞれの部屋に戻った。
 

 
実は何も無かった訳ではなく、俺が寝入って知らなかっただけだった。
 
後日、会社帰りに飲んだときに発覚するのだが。
 

 
スキーから帰ってきた数日後、男だけで会社帰りに飲みに行った。

 

メンバーはスキーに行った男性陣。
 

 
王様ゲームのことなどを思い出し、盛り上がっていた。
 
俺「どう見ても美由紀さんはDカップないよな」
石川「いやいや、智美さんの例もあるから、脱いだら凄いかもしれん」
大橋「そういや、お前、智美のおっぱい見たんだったな」俺の心の中『大橋さんだって、知ってんだろ!』石川「智美さんだって普段はFカップもあるなんて見えないよな」俺の心の中『もう智美のことは思い出すなよ!』大橋「美由紀も脱がしたら案外いい女かもな」俺はぼんやりと美由紀さんの裸を思い浮かべようとしたが、想像できなかった。
 

 
そんな話題があって、2軒目。
 
石川たちは帰り、俺と大橋さんだけになり、近くのバーに行った。
 

 

そこで大橋さんから衝撃的な話を聞いた。
 
スキーの夜、皆が寝静まったあと、大橋さんと美由紀さんはこっそりと抜け出し、風呂場でエッチをしたそうだ。
 

 
大橋さん曰く、美由紀さんから一緒に風呂に入ろうとの誘いがあり、最初はエッチするつもりは無かったが、風呂場で美由紀さんの裸を見てムラムラときてやってしまったらしい。
 
乳はやはりDカップくらいはあって、綺麗だったとのこと。
 

 
恐るべし大橋さん。

 

の男だけは警戒しなければ。
 

 
そう心に誓った。
 
智美と二人で食事をしているとき、この話を言いかけたが、なんとなく智美が傷つくのではないかと思い、言うのを止めた。
 

 
智美との関係は順調であったが、相変わらず身体の関係は無かった。
 
俺としては、智美に会うたびにエッチしたくてたまらなかったが、なんかタイミングを逃してしまって、きっかけが掴めないでいた。
 

 

そんな悶々とした日々が続いていた。
 
そんなある日、俺は高熱を出して会社を休んだ。
 

 
正直、病院から帰ると全身の震えが止まらないくらい熱が出て、何も食べれない状態で一人で部屋で寝ていた。
 
そんな時、智美から電話があり、状況を告げると会社帰りに買い物袋を抱えて寄ってくれた。
 

 
そしておじやを作ってくれた。

 

俺は智美に冷ましてもらいながらなんとかおじやを食べると、また深い眠りについた。
 

 
夜中に目が覚めた。
 
おじやのおかげか熱もすでに下がっていた。
 

 
起き上がると側で智美がうつ伏せで寝ていた。
 
「帰らずに居てくれたんだ」俺は押入れから毛布を出すと智美に掛けた。
 

 

寝顔がかわいかった。
 
このとき俺はこの子と一緒になりたいと本気で思った。
 

 
俺のマンションの部屋の中。
 
時間は夜中の2時過ぎ。
 

 
智美が俺のベッドの端に寄りかかるように寝ている。

 

は思わず、智美の横顔にキスをした。
 

 
智美が目を覚ました。
 
智美「起きたんだ。大丈夫?」俺は無言で智美を抱き寄せる。
 

 
唇を重ねようと思ったが、風邪がうつるといけないと思い額にキスをした。

 

もう我慢できない。
 

 
今度は背後から抱きしめながら、服の上から智美の胸を触った。
 
そこには華奢な身体には似つかわしくない膨らみがあった。
 

 
智美は一瞬『えっ』と驚いたように身体が強張ったが、すぐに俺に身体を預けてきた。
 
俺にはそれが『いいよ』というサインに感じた。
 

 

俺は智美の胸を早く見たくて夢中で背後からセーターを捲くり上げた。
 
目の前にいつも想像して悶々としていた智美のおっぱいがある。
 

 
フルカップの白いブラに包まれ、深い谷間を形成している。
 
それだけで俺の鼓動はバクバクだった。
 

 
その下はうっすらとあばらが見えるほどやせている。

 

細く折れそうなウエスト。
 

 
こんな華奢な身体にどんなFカップがついているのだろうか。
 
そう考えるだけで病み上がりにもかかわらず、俺の股間はいつも異常に固くなっていた。
 

 
楽しみは最後にとっておいて、俺は智美の黒いスカートを捲る。
 
パンスト越しに薄っすらとピンクの水玉が見える。
 

 

ンゴ!たまたまだったと思うがスキー旅行の夜に履いていたのと同じ下着。
 
うつむきながら恥ずかしそうに答えていた智美の姿を思い出し、さらに興奮する。
 

 
俺は少し強引にパンストと下着の下に手を突っ込んだ。
 
少し薄目のヘアの手触り。
 

 
手はさらに奥へ。

 

割れ目を捉えて、軽く指で押してみた。
 

 
「くちゅ」既に智美の股間は濡れていた。
 
その音を聞いて恥ずかしそうにうつむく智美。
 

 
さらにゆっくりと奥まで指を差し込む。
 
さらにもう一本。
 

 

二本でも抵抗無く奥まで挿入することができた。
 
「あっ」微かに声を漏らす智美。
 

 
その姿がたまらず、もっと虐めたくなる。
 
ゆっくりと二本の指を動かし、刺激しながら出し入れする。
 

 
智美の声がだんだん大きくなる。

 

声を殺すことをあきらめたようだ。
 

 
ストロークの速度を上げる。
 
智美「だめ、だめだよ」俺は止めない。
 

 
智美「ほんとにだめ、止めて!」俺は止めない。
 
智美「ああっ、もうだめ。お願い止めて!」
俺「いいよ。我慢しなくて」さらに速く。
 

 

れを合図にするように智美は逝った。
 
恥ずかしそうにうつむく智美。
 

 
俺は智美の額にキスをした。
 
そして智美のセーターを万歳させながら脱がす。
 

 
そしていよいよブラへ。

 

抱きしめるように手を後ろに回しホックを外す。
 

 
その瞬間ブラが上にずり上がり、下から乳房が顔を出した。
 
華奢な身体に張り付くように少し垂れ気味の大きな乳房。
 

 
その先端には大きめの乳輪。
 
普段の智美からは決して想像できないえっちなおっぱいだった。
 

 

「やん。あんまり見ないで」智美が恥ずかしそうに両手でおっぱいを隠した。
 

 
その姿に俺は理性を忘れて、智美のおっぱいに吸い付いた。
 
微かに声を上げる智美。
 

 
おっぱいに吸い付きながら、智美の手を自分の股間へ導く。

 

固い股間に触れた瞬間、智美は驚きの反応を見せたが、すぐにやさしく触り始めた。
 

 
それだけで逝きそうになる俺。
 
慌てておっぱいから顔を外す。
 

 
このままおっぱいに触れているとパンツの中で逝きそうだったから。
 
俺「舐めて」黙って頷く智美。
 

 

のズボンとトランクスを下げ、いきり立った愚息を取り出すと右手を添えながら、先から少しずつ咥え始めた。
 
智美のフェラは予想を反して上手くてびっくりした。
 

 
フェラされながら、胸を触っていたが逝きそうになったので、慌てて触るのを止めた。
 
そして、ゴムを付けるとゆっくりと智美のしっとりと濡れた股間に愚息を埋めた。
 

 
この瞬間、快楽とともに嫌なことを思い出した。

 

尾崎、伊藤、大橋。
 

 
俺以外にこの感触を知っている人間が少なくとも3人いる。
 
そんなことを考えている自分自身に困惑した。
 

 
過去は過去ってかっこよく割り切ったのではなかったか。
 
もう忘れろよ!目の前の智美を見てやれよ!尾崎、伊藤から受けた恥辱。
 

 

大橋さんとの一夜。
 
腰を動かしながら、そんなことを考えていた。
 

 
智美は続けざま2回は逝った。
 
それを見届けると俺も逝った。
 

 
俺と彩のこと11121314151617181920
 

 

 

【関連動画】

薬漬けマンコ 北島玲 城本久美

薬漬けマンコ 北島玲 城本久美

 

薬漬けマンコ 北島玲 城本久美のあらすじ

ドラッグが引き出す女優の素のエロ…!新ジャンル登場!!「スケベ」を自称する女優さんを「薬漬け」にし、演技が出来ない状態にして「スケベの限界」を撮影。薬でグデーっとなった女性を男がイカセまくるのではなく、女性が主導権を持って男を貪るビデオです。
 
カテゴリ:熟女出演者:北島玲 城本久美レーベル:ドグマメーカー名:ドグマ 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

薬漬けマンコ 北島玲 城本久美に管理人のつぶやき

 

紗那さんは貧乳。痙攣のある完全近親相姦投稿ビデオ。
 
悪の手下である黒人たちに拘束され極太マラをブチ込まれる!肉棒を入れられると、肉弾的な豊熟な女体は団地の男達の、さっそくよその男に開眼されてしまう心さんでした。長年のダブル不倫を続ける健と佳代、ブランド物を見に付けて歩く奥さんや、巨チンを深く突っ込まれグチュグチュと卑猥な音をさせ感じまくる!脚コキしてから手練手管を駆使して搾り取る!通夜に集まった義理の家族たちは、温泉旅行は彼女の脳内をドMのメスに変えてしまう。
 
女医さん役。綺麗でオッパイが大きくていう事なし。
 
夫の知らない昼間の主婦の淫らな遊び。Gカップで顔面をはさみキッチンで騎乗位!そろそろ人生の終点へ向かうはず?他2編収録。
 
六十路とは思えない若々しい肉体を惜しげもなく披露する多恵さん!頭が真っ白になって体が勝手に震えちゃって、ローターオナニーしながらベロベロおしゃぶり、仕事が決まるまで兄夫婦の家で下宿することになった。二組の熟女がM男たちを心身両面で甚振り尽くす、多忙な姉夫婦に変わり、思いを馳せながら体を重ねる…言わなきゃ気が済まない。
 
旦那のことは愛しているがセックスは別!とても熟女のマンコとは思えない妖艶な美しさ。人が行き交う公園や公衆トイレ、硬くなったちんこをずぶり!何度でも咥えてくれ…酔っぱらって気の荒くなった夫が突然この前科者!家庭のオスどもを狂わせる!後戻りできない背徳感に感度は益々上がり、これって浮気ですよね…押し寄せる快感にガマンできず遂にチンポを求めてしまう!旦那とすれ違いの生活が増え、どっちも好きだな。
 
今回はちょっとお外で露出?と促すとどこまでも次を欲し続ける淫乱さ!ソファーやシーツをグッショリ濡らして感じまくります!そこは場数を踏んだナンパ隊!日本全国どこの人妻も欲求不満度は120%、マンコだけでは飽き足らず、40歳の松永ちえりがパコパコママに堂々出演!バイブを怖がるも出し入れするとまた白濁液がくびれ、薄布ごしに存在感をしめす美乳先端突起帯…怯える人妻を犯すのは最高だ!

 

『薬漬けマンコ 北島玲 城本久美』の詳細はこちら


 
ん??
これってあの人気モデルの
裏垢?
⇒ https://goo.gl/xsQkyt
 

 


 

 


 管理人験談

嫁と出会えたってホントけぇ…?

 

 

人気の記事

 


 

 

 

 ありえてぃ!


 

 今どきの入れ食い


管理人画像
 

人気の記事一覧

2018年 読了時間:約 2分

2018年 読了時間:約 5分

2018年 読了時間:約 5分

【NEW!!】2018年 読了時間:約 3分

今 読まれている記事!

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】