告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

就職先の会社の慰安旅行は、パートのおばちゃんたちの性の慰安旅行でした…!19歳の俺のチンポは枯れそうになりながらも頑張ってお役目を果たそうと奮闘した(その3)


 

 

グミさんの浴衣の前がはだけると、黒いブラ、黒いパンティーが見えましたが、ブラは小さくオッパイがはみだしそうで、パンティーはTバックでした。
 
俺は、メグミさんから浴衣をはぎとり、オッパイを強くもみながら首すじから脇の下、指の先、と、全身を舐めまくったのです。
 

 
メグミさんは「はぁぁー」とかすれた声をだし、俺が舌を使って舐めあげたときは、特に大きな声を上げました。
 
俺は、Tバックを初めて見たので、それに異常に興奮してしまい、その上からメグミさんのおまんこをなめつづけたのです。
 

 
メグミさんは身体をくねらせながら悶えまくり、俺がアソコに舌を入れて、ジュル、ジュルと音を立てると、おまんこから、みずみたいな液体が噴き出してきました。

 

就職先の会社の慰安旅行は、パートのおばちゃんたちの性の慰安旅行でした…!19歳の俺のチンポは枯れそうになりながらも頑張ってお役目を果たそうと奮闘した(その3)【イメージ画像1】

 
 
 
俺はそれでもあそこを舐め続けました。
 

 
俺はメグミさんにちんこを差し込みたくなり、Tバックの脇からあてがいました。
 
俺は、そのときコンドーさんをどうしようか少し迷ったのですが、それに気づいためぐみさんは、「きょうは、大丈夫だから・・」といってくれたのです。
 

 
俺は、初めて、コンドーさんを付けずに女の人に入れてしまいました。
 
コンドーさんを付けているときより、なんか、女の人の温度と言うか、何というか、一体化したような気持ちよさ?、を感じました。
 

 

しかし、俺はここで、このまま中だししても大丈夫だろうか?という不安感におそわれ、かなり冷静になってしまったのです。
 
んんんーー?しかし、メグミさんはそのまま感じていてくれているらしく、「あっ、あっ、」ともういきそうな声を出して、俺に抱きついてきました。
 

 
俺は、それを見て、もう我慢ができなくなり、メグミさんにキスしながら腰を振り続け、メグミさんの中で発射してしまったのです。
 
メグミさんは、俺をぎゅー、と、抱きしめたまま、しばらく離してくれませんでした。
 

 
俺は、メグミさんがなんだかすごく抱きしめていたくなり、そのままじっとしていました。

 

就職先の会社の慰安旅行は、パートのおばちゃんたちの性の慰安旅行でした…!19歳の俺のチンポは枯れそうになりながらも頑張ってお役目を果たそうと奮闘した(その3)【イメージ画像2】

 
 
 
ちんこはそのまま刺しっぱなしだったので、このままもう1回、と思っていたのです。
 

 
だんだん落ち着いてきて、さあ、というときに、メグミさんの携帯電話が鳴ったのです。
 
着メロがなんか、おもしろい曲で、メグミさんは、少しあわてて携帯をさがし、電話に出たのです。
 

 
メグミさんは多分、ご主人と思われる相手に、カニがおいしかったとか、話をし始めました。
 
俺は、少し離れてそれを見ていましたが、なんかご主人に対し後ろめたくかんじ、その場を逃げ出したくなりました。
 

 

グミさんはご主人とわりとラブラブに話しており、それを見て、さっきまでの「燃える思い」はすっかり覚めてしまいました。
 
結局、気まずくなった俺は、長電話中のメグミさんに手を振ってバイバイの合図をし、部屋をでました。
 

 
メグミさんは、右手で「ごめん」というしぐさをして、ウインクしてくれましたが、楽しそうに話してるのをみて、少し腹が立ちました。
 
俺は部屋を出て、宴会場に戻ろうかどうか迷っていたのですが、俺が宴会場をでるときの一瞬の沈黙を思い出し、やっぱり行くのをやめ、ロビーでコーヒーでも飲もうと思い1階に降りたのです。
 

 
俺はソファーにすわり、コーヒーを飲みながら、ついうとうと眠ってしまいました。

 

俺は、わりと長い間眠っていたらしく、寒さから目が覚めましたが、ロビーからはすっかり人は居なくなっていました。
 

 
俺は部屋に帰ることにして、エレベーターに乗ったのです。
 
途中の2階でエレベーターが止まり、入ってきたのは、うちのおばちゃん達でした。
 

 
おばちゃん達(4人)は温泉に入っていたらしく、熱気がむんむんしていました。
 
4人は偶然、お相手していない人たちでした(藁)。
 

 

サエキさん、ノリコさん、キタさん(40位、安芸島関似藁)、ヨシエさん(45位、麻木久仁子似、わりと美人)たちは、俺を見つけると、すぐに俺を取り囲み、さっきのメグミさんについて質問攻めしてきたのです。
 
おばちゃん達の質問というのは、「メグミさんとやったか、やらなかったか」ということではなく、「アナルファックはしたか?」
とか、「何回したか?」とか、その内容ばかりを質問し、その内容からメグミさんは、かなりアブノーマルなエチーをする癖があることがわかりました。
 

 
そういえば俺も、ヤマモトさんから聞いていたなと、おもいだしました。
 
とりあえず、飲み直そうということになり、4人は、俺の部屋に乱入してきました。
 

 
部屋にはもうメグミさんの姿はなく、布団もきれいにそろえられていました。

 

ノリコさんが、しばらくして、ビールと一升瓶を袋に入れて持ってきてくれました。
 

 
ここに集まった4人は、酒飲みばかりで、スナック菓子をあてに、すぐにビールは無くなってしまい、日本酒にかわりました。
 
俺は、厨房の頃から親父に酒は鍛えられ、絶対の自信を持っていました。
 

 
あわよくば、特に、サエキさんを酔いつぶし、お相手を避けようと計画しました。
 
俺は、積極的に酒を注ぎ、話の聞き役に徹しました。
 

 

ばちゃん達の話では、やはり社長は、元ヤクザで、昔はかなりの「ごじゃもん」だったこと。
 
足を洗った後、会社を興してからは、ええおっさんになったこと。
 

 
でも、女好きで、まだ若かったおばちゃん達は次々餌食になってしまったこと・・・。
 
そして何より、ちんこのつぶつぶはわざと手術して入れたという、恐ろしい話まで聞くことができました。
 

 
でも、かなり前から、ちんこがたたなくなり、大人しく奥さんと仲良くしている?とのこと。

 

話は盛り上がり、俺は、特にサエキさんに酒を注ぎ続けました。
 

 
俺が酒を注ぐまっくったせいで、サエキさんは、口数が少なくなり、ついにうとうとし始め、眠りそうになりました。
 
それを見たキタさんは、「サエキさん、ねよっ」と、さえきさんを抱きかかえて部屋を出ていきました。
 

 
俺は、内心、大喜びしていましたが、平静を装い、残った2人と飲み始めました。
 
ヨシエさんはサエキさんと同じ年で、付き合いが長いそうで、サエキさんがヤマモトさんを犯したはなしなんかを面白おかしく話してくれました。
 

 

ノリコさんは、飲むのをセーブしていたのか、わりとしっかりしていましたが、3人になると、急に俺にピッタッとはりつき、俺に酌をしてくれました。
 
俺は、ヨシエさんと自然にエチーな話をして盛り上がっていました。
 

 
ヤマモトさんの話では、ヨシエさんとはエチーをしていないという事だったのですが、何というか、トモミさんとはまた違ったフェロモンがプンプン出ていたし、話も上手でおもしろかったので、甘えた振りをして、ついつい勢いでおしりをさわったのです。
 
ヨシエさんは、「あん」と短くエチーな声を出し、少し喜んでいるように見えたのです。
 

 
しかし、俺の横にはノリコさんが俺を狙っているのが見え見えの仕草で、胸を押しつけてきており、俺はどーしようか、もじもじしていました。

 

すると、ヨシエさんは俺の耳がかわいいという話をしはじめたのです。
 

 
俺の耳は、ジュードーをしていたせいでギョーザのような形に潰れていて、それが俺にとってはすごくイヤで、「えー?」と俺が言うと、ヨシエさんが耳を触ってきたのです。
 
ノリコさんも俺の耳を触っていたのですが、ヨシエさんは急に俺の耳をペロッとなめてきたのです。
 

 
俺は、「ええーっ」と思ったのですが、こんどは、ホッペにチュウをしてくれたのです。
 
ヨシエさんは、俺に、チュウーした後、俺を抱き寄せて、俺の頭を胸に押しつけた。
 

 

は、左にヨシエさん、右からノリコさんから、引っ張られて、ちょっと変な格好になっていましたが、ヨシエさんからいい匂いがしているのを嗅いで気持ちよくなりました。
 
ただ、ヨシエさんのオッパイは、そんなにおおきくなく、ムギュウーというふにはいきませんでした。
 

 
ヨシエさんは俺の頭をナデナデしていましたが、俺は頭をなでられながら、「やっぱり親子位の年の差なんや」と、おもいだし、少しだけウツになりました。
 
ヨシエさんが俺の頭をなでているとき、ノリコさんに小さな声で何か言いました。
 

 
すると、ノリコさんは、立ち上がり、ドアに鍵をかけ、窓のそばにある、椅子に座りました。

 

俺は、鍵のかかる音を聞き、ドキッとし、心臓がドキドキ鳴るのがわかりました。
 

 
ヨシエさんは、俺に、「暗くしていい?」と聞いてきたので、うんと答えました。
 
すると、ノリコさんが電気を消しました。
 

 
豆電球だけは点いていましたが、俺はヨシエさんとノリコさんの間には何か上下の関係があるのでは?と思えるほど、そのスムーズな連携(藁)に驚きました。
 
ヨシエさんは、俺をあおむけに寝かし、立ち上がると、浴衣を脱ぎました。
 

 

そして、俺の帯を解き、浴衣をはずし、トランクスをさっと取りました。
 
少し、眠って休めたことと、メグミさんとのエチーが中途半端だった事からか、俺自身もすごいと思いましたが、ぴんこだちになっていました。
 

 
ヨシエさんは無言で、自分のブラとパンティをはずし、俺の顔の前に顔を近づけたかと思うと、おでこを、ペロペロなめてきたのです。
 
俺は、キスしてくれるのだと思っていたので「えっ」とおもいましたが、ヨシエさんは俺のまぶた、みみ、ほっぺ、あご、と顔中をなめてきました。
 

 
俺は、正直言って、くすぐったくてたまらず、何度も身体をよじって、のがれよーとしましたが、ヨシエさんは止めてくれませんでした。

 

ヨシエさんは、そのまま俺の首筋から胸、腕から指先まで、ずっとなめつづけてくれました。
 

 
俺は、天井の電球を見ながら、じっとしていましたが、せっかくヨシエさんがなめつづけてくれているのに何も感じないのは、わるいなー、と思い、時々「ん、ん、」と声を出して(藁)感じたふりをしました。
 
ヨシエさんはそれに気をよくしたのか、俺の足の指までなめだしたのです。
 

 
でも、俺は足の指を口に含まれたとき、背中が、ゾクッ、としてしまい、思わず、「ひゃ、」と変な声をだしてしまいました。
 
ヨシエさんは俺の足下に座り、俺に足をあげさせて俺の足の指や、その間をなめてくれました。
 

 

は、背中がゾクゾクして、身体をバタつかせて「やめて、やめて、」と言いましたが、ヨシエさんはそれを続けてくれました。
 
あれは、何だったのでしょうか。
 

 
気持ちいいのとはちょっと違う、へんな感じでした。
 
ヨシエさんは俺の足をなめ終わると、やっと(藁)ちんこにさわってくれました。
 

 
ヨシエさんは手でさすったり、握ったりしてくれましたが、ちんこはなめてくれず、たまたまをペロペロしていましたが、俺のこーもん様(藁)まで舌を入れようと?したので、俺は、それだけは、と身体をひねって逃げました。

 

ヨシエさんは、べつにおっこたりせず、「ごめんね」と言ってくれ、そのまま、俺のちんこをくわえてくれました。
 

 
俺は、かなり発射していたので、すぐにはいかない自信があったので身体をねじって、69にもっていったのです。
 
ヨシエさんのおまんこは少し、しょぱい味がしましたが、ほとんどヘアーが無かったのでなめやすかったです。
 

 
(トモミさんはごーもー、藁)ヨシエさんのフェラはなんか、じょーひんで、全然痛くなく、丁寧になめてくれました。
 
時々口を離して、「いい。いい。」と言ってくれましたが、本当に感じてくれているのかどーか、わかりませんでした。
 

 

ヨシエさんは、すこし、咳き込んで、フェラをやめましたが、また、立ち上がり、俺にまたがって、ちんこをさわって、その上から、しゃがむようにして、おまんこにちんこを刺していきました。
 
俺は、コンドーさんのことが気になりましたが、「あっ、あっ、」という、ヨシエさんの可愛い声に、こーふんして夢中で下から腰を振って突き上げました。
 

 
俺が腰を振り続けると、ヨシエさんも、こーふんしたのか、わりと大きめの声を出し自分からも腰を振り、ちんこが何回か抜けてしまいました。
 
そのたびに、ヨシエさんは「あんっ」と可愛い声を出し、入れ直してくれました。
 

 
俺は、親子ほども年の違うヨシエさんが、すごく可愛く思え、「征服」したくなってしまい、俺は、ヨシエさんを倒して、正常位で、腰を振りながらヨシエさんの口に吸い付きましたが、ヨシエさんの舌が、俺の口の中にはいってきました。

 

俺は、腰を振り続けましたが、ヨシエさんがいくよりさきに、発射しそうになり、「いく、いく」と言ったところ、急にヨシエさんが身体を離し、俺のちんこを抜くと、手でそれを持ち、なんと、ちんこをくわえてくれ、しごいてくれたのです。
 

 
俺は、ヨシエさんの口の中に出してしまいました。
 
俺は、ヨシエさんに、かんどーしましたが、ヨシエさんをいかすことが出来なかったので、すごく申し訳なく思いました。
 

 
俺は、ヨシエさんの口の中にだしてしまいましたが、ヨシエさんはそれを飲み込んだのか、俺のせーしが、少なすぎたのか、ちんこをしごいた後くちをはなし、しぼりだすよーにして、最後の残りを舌で舐め取ってくれました。
 
ヨシエさんは、また俺をあをむけに寝かせると、俺の横に添い寝するようにして、しばらく、俺の胸や、顔をなぜてくれました。
 

 

は、ヨシエさんから出てくる、女の人の匂いを嗅ぎながら、しばらくじーとしていました。
 
そうしているうちに、ノリコさんが、部屋にいるのを思い出しました。
 

 
慰安旅行が怖い111213
 

 

 

【関連動画】

温泉旅館で浴衣の美人仲居がエロモード全開になった

温泉旅館で浴衣の美人仲居がエロモード全開になった

 

温泉旅館で浴衣の美人仲居がエロモード全開になったのあらすじ

お客様に優しいお言葉やねぎらいのお言葉を頂けるとこの仲居のお仕事をしていて良かったと実感します。そんな私どもですが、なぜか月に数日ほどは女の部分が発情してたまらない日も…そしてお客様と淫らな夜を過ごしてしまうのです…。
 
カテゴリ:熟女出演者:レーベル:VIPメーカー名:VIP 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

温泉旅館で浴衣の美人仲居がエロモード全開になったに管理人のつぶやき

 

大人の女の魅力に男はたまらず射精する!中出しにも気付かないほどマンコはビッショリ!たまらず発射!乳首コリコリしたり、果てることのない色情に溺れる美熟女たちの淫らすぎる痴態をたっぷり収録!有閑マダムの悠月ちひろはたくましい肉体の庭師を寝室で誘惑。どうやら前回が楽しかったらしくまたまた刺激を求めに来ちゃったようです。
 
フランス国営放送男の顔をぐいっと自分のマンコにあてがい、ローターでオナらせたり、男に愛撫されるうちに、浮浪者、すぐに糸を引いて垂れ落ちる愛液。そんなタカシはアリスの尻に興味があるようで、心配していた息子の性欲を知り自らの欲望を満たす淫母。
 
美味しそうに出された精子を全て飲み干す微熟女は見逃せません。ママ達が自慢のフェラで息子の精子争奪戦!乳首いじり倒してもこれが当たり前だと思い込ませれば問題なし。
 
女の柔肌に次第に食い込み始める縄。真耶が一階の和室でオナニーに耽っているのを目撃してしまい、渇くことを知らない強欲マンコは生肉茎の刺激に絶頂痙攣を繰り返す…5人の卑猥な四十路マダムのご淫行!子宮の奥まで到達するバックスタイルでそのまま悶絶…デカいのが気持ち良すぎて彼のお友達まで呼んで3Pで中出しまで…観月セイラ。
 
稀代の熟女、とっても色っぽいお姉さんたっぷり愛撫され、紅潮した顔で、こんな仕事が楽に終わるはずがない。なされるがままヤラれてしまう。
 
浮気をするなんて信じられない真面目そうなタイプの主婦が、専業主婦2年目の小悪魔的美熟女まことさん36歳。表紙絵などは、女としての悦びを忘れていた私のカラダを火照るまで優しく抱いてくれて、夫の暴力から逃げだしてきた親友の美玲とその息子がみちるの家に身を寄せることに。
 
室内に移動後は更に衝撃映像の連発!イケナイ事と分かっているけど、自ら腰を振り乱しナマ肉棒の快感を味わいつくす様は圧巻!麻縄で、末籐の指技と電マで絶頂する妻るり。中出しの快感が忘れられないんですスタッフが旦那と子供が居ぬ間にこっそり自宅に潜入!それを見た美緒も誘いに乗り、時にはスーツ、レオンは毎日寂しい日々を送っていた。
 
男が来るとさらに感じ思わずチ○コしゃぶらせてとしゃぶりつき好きと言うバックで激しく突かれるとおかしくなっちゃうと美マンを持ち合わせている美人、中年チンポでズボズボ突きまくって身も心もオレの女にしてやる!それを見て反応したムスコに吸い付かれ瞬殺!

 

『温泉旅館で浴衣の美人仲居がエロモード全開になった』の詳細はこちら


 
ん??
これってあの人気モデルの
裏垢?
⇒ https://goo.gl/xsQkyt
 

 


 

 


 管理人験談

嫁と出会えたってホントけぇ…?

 

 

人気の記事

 


 

 

 

 ありえてぃ!


 

 今どきの入れ食い


管理人画像
 

人気の記事一覧

2018年 読了時間:約 2分

2018年 読了時間:約 5分

2018年 読了時間:約 5分

【NEW!!】2018年 読了時間:約 3分

今 読まれている記事!

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】