告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

就職先の会社の慰安旅行は、パートのおばちゃんたちの性の慰安旅行でした…!19歳の俺のチンポは枯れそうになりながらも頑張ってお役目を果たそうと奮闘した(その1)


 

 

、先月やっと地元で就職できたんだけど、ここ、男は俺(19)と社長(65)の2人だけ。
 
あとは奥さんとパートのおばちゃん達8人なんだけど、もーすぐ会社の慰安旅行ってのがあるわけ。
 

 
昨日、俺が入社するのと入れ替わりに辞めた人が店に遊びに来て、後で一緒に飲みに行ったんだけど、その人が言うには、この会社の慰安旅行ってのは、パートのおばちゃん達の「性のはけ口」として企画されているらしい。
 
もちろん、相手をするのは唯一の若い男の俺らしい。
 

 
そーいえば、最近、おばちゃん達の俺を見る目が・・・。

 

就職先の会社の慰安旅行は、パートのおばちゃんたちの性の慰安旅行でした…!19歳の俺のチンポは枯れそうになりながらも頑張ってお役目を果たそうと奮闘した(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
会話もいやらし事へーきで言うし・・・。
 

 
ああああぁぁぁ、鬱だああぁぁ!こんばんは。
 
今、仕事が終わって帰ってきたところです。
 

 
旅行のことが少しわかってきました。
 
って、いうか、行き先とかですけど。
 

 

今日は旅行の説明がありました。
 
北陸の温泉にカニを食べに行くそうです。
 

 
泊まるところは社長の知人が経営する旅館とのこと。
 
明日、仕事の後で幹事さんと2人で買い出しや、打ち合わせがあるそーです。
 

 
その人とはよく話をするので、さりげなく去年の話なんかを聞いてみようかと思います。

 

就職先の会社の慰安旅行は、パートのおばちゃんたちの性の慰安旅行でした…!19歳の俺のチンポは枯れそうになりながらも頑張ってお役目を果たそうと奮闘した(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
(ちなみに幹事さんは、おばちゃん達の中では一番きれいな人です。)もう、今の心境としては、なるようになれというところです。
 

 
仕事が終わって今回の旅行の幹事さんになった人(トモミさん、40歳位、岡江久美子似)と一緒に宴会でするビンゴ大会の景品を買うため、隣町のホームセンターに買い出しに行きました。
 
その後、トモミさんに誘われてファミレスで食事をしたのです。
 

 
俺はおばちゃん達の中で一番話しやすいトモミさんに思い切って慰安旅行について質問してみたんです。

 

めた人に聞いた話では、トモミさんの相手はしてないとのこと)辞めた人(ヤマモトさん21歳)が言ってたよーな事が、実際あるのかどーか。
 

 
するとトモミさんはニヤッとなんともイヤらしい目つきでほほえみ、「何だ、ヤマちゃんからきーとったん?」と、あっさり認められてしまったんです。
 
俺、それを聞いて頭の中におばちゃん達の顔が浮かんできてウツになってしまいました。
 

 
しかし、トモミさんのその表情がなんともエロっぽくみえ半だち状態になりました。
 
トモミさんは俺と同じ年齢の娘さんがおり、俺とは親子ほどの歳が離れているのに若々しく、そんな風に見たことはなかったので、すこしもじもじしていたのです。
 

 

すると、トモミさんは俺の方に顔を近づけてきて「しんじくん(俺の名前)エッチしたことあるん?」と小さな声で聞いてきたのです。
 
俺は、その言葉を聞き血が逆流したのか、頭の中が真っ白になりました。
 

 
俺は今まで3人の女とつき合ったことがありますが、セークスまでいったのは1人だけで、彼女が春に東京の大学に行って別れるまでに10回ぐらいしか経験がありませんでした。
 
俺はついついその事までトモミさんにうち明けてしまいました。
 

 
するとトモミさんは、「この後、時間ある?」と聞くので、OKすると、すぐに会計をすまし、車に乗り込みファミレスを出たのです。

 

車はトモミさんの軽自動車だったのですが、店を出るときは、何処でつけたのか、トモミさんの香水のにおいが、充満して、思わず咳き込んでしまいました。
 

 
トモミさんはそれに大笑いしながら車を走らせ、10分ぐらいのところにあるラブホに入っていたのです。
 
ホテルにはいると、トモミさんは車を出て、そっと僕の腕を組み受け付けのほうへリードして歩きました。
 

 
俺はラブホに入るのは初めてだったのでオロオロしていたのですが、トモミさんは慣れた様子で部屋のボタン(?)を押してエレベーターにのりました。
 
エレベーターの中で、トモミさんは急に俺の首に両手で抱きつきキスをしてきたのです。
 

 

そのときのトモミさんの真っ赤な唇は今でも頭に焼き付いています。
 
エレベーターの扉が開いてもキスは終わらず、口の中がトモミさんの舌と唾液でいっぱいになり、あいかわらず頭の中は、ぼーっとしていました。
 

 
部屋にはいるとジャンパーを脱ぐまもなく、ベッドに押し倒され(藁)再びキス、キス、キス・・・。
 
そのまま、いつの間にか俺はズボンを脱がされパンツ一丁にされていました。
 

 
そしてトモミさんは俺のちんこをさわり、くわえてくれました。

 

んというか、アダルトビデオを見ているよーで、フェラされながら、これは現実かと疑ったりしました。
 

 
しかし、すぐにいってしまい、トモミさんの口の中に出してしまいました。
 
トモミさんは、「んっんっ」とのどを鳴らして全部飲んでくれました。
 

 
トモミさんは服を脱ぎながら、俺の横に寝ころび、「きもちよかった?」と聞いてくれたのです。
 
俺は、「うん」としか言えませんでした。
 

 

トモミさんは冷蔵庫からビールを持ってきて一口飲むと、「明日の旅行、お昼過ぎ出発だから今日お泊まりしょー。」といい、俺の横で、娘さんに携帯で電話していました。
 

 
そのとき、娘さんが俺と同じ歳だと思い出し、すこし落ち込みましたが、トモミさんの身体を見て、再び大きくなったちんこは正直者だと納得しました。
 
トモミさんはクローゼットの中からコンドーさんの販売機を見つけだし、2箱買いました。
 

 
それを見ていた俺に、「しんじくん元気そうだから・・・」と、はずかしそうに箱をわたしました。

 

そして、朝まで、がんばりました。
 

 
俺は、恥ずかしいけど、元彼女が嫌がったので、エチーは正常位しかしたことがありませんでした。
 
トモミさんはそんな俺に「教える」よーに、夢にまで見た(藁)69やバック、騎乗位、そのほか、よくわからない格好で、エチーをリードしてくれました。
 

 
そして、ビックリするぐらいの大きな声で喘ぐのです。
 
3発目からは、長持ち(藁)できるよーになり、調子に乗って、バックでパンパン突いていたら、トモミさんは、「ギャーッ!」と叫んで、ガクガクとベットに倒れ込みました。
 

 

あれっ?と思って、おどおどしていたら、トモミさんはしばらくヒクヒクしていて、苦しそうにしていましたが、これが、女の人が「イッタ」瞬間だとわかったのです。
 
もちろん、俺はそんなこと初めてでした。
 

 
結局、この日はフェラで1回、エチーで4回いってしまいました。
 
トモミさんも最後の正常位と2回いったみたいです。
 

 
たぶん、演技じゃないと思います。

 

チーのあいまにトモミさんと話したのですが、俺が先月、入社してきたときから「かわいい」(?)と思っていてくれたそうで、狙われていたそうです。
 

 
(俺、どちらかというとコワモテだとおもうのですが・・・。)旅行で、みんなに「かわいがってもらう」前に、食べたかったそうです。
 

 
旅行については、恒例のこと(?)なので、「修行」(藁)と思って頑張れと、励まされっちまいました。
 
(・・・・)でも、旅行の後もみんなには内緒でつき合おうと約束してくれました。
 

 

もう、外が明るくなっていたので、寝ないでトモミさんの車に乗り、部屋まで送ってもらいましたが、全然眠くなりませんでした。
 
俺は小さいときからジュードーをしていて、体力には自信があったのですが、オナニを含めて、5発は新記録でした。
 

 
それを、トモミさんに話したら、「今日は大丈夫なん?」と言われ、現実に引き戻されました。
 
部屋に帰ると、着替えなんかを用意して、とりあえず寝ておこうと、布団にもぐり込みましたが、トモミさんの顔がちらつき、眠れませんでした。
 

 
会社は部屋から3分の所にあるので集合の少し前につき、バスに荷物を積み込むのを手伝いました。

 

もちろん、幹事のトモミさんはさきにきていて、俺を見つけると、ウインクしてくれました。
 

 
でも、服が違うからなのか、髪を束ねたからなのか、先程と雰囲気が違い、いつものトモミさんに戻っていたので、少しとまどいました。
 
バスは、旅館のバスで、わざわざ迎えに来てくれたとのこと。
 

 
俺は、トモミさんの側か、眠れるところに座りたかったのですが、一番若手なので、最後に乗り込んだところ、一番後ろの一列のおばちゃん達が手招きして、「こっち、こっち」と・・・トモミさんの横を通るとき、彼女は笑いをこらえていました。
 
バスが出る前に、社長が前で挨拶したのですが、「今日は大いに楽しんでください」と言ったとき、一斉に「ハーイ」と声がそろったのでどきっとしました。
 

 

おばちゃん達はいきなり缶ビールをプシュ、プシュ開けて、グビグビ飲んで大盛り上がり。
 
そんな俺も、酒は大好き(19歳)なので、一緒になって話をしていると、だんだん話題は、エチーなほうこうに・・・マキさん(森くみこ似、推定80キロ、38位)はしきりに俺から香水の匂いがすると、突っ込んでくるし、サエキさん(今くるよ似、推定90キロ、45位)には俺のちんこのサイズをあてると、お菓子や、バナナを持って、「これくらいやろ?」などなど。
 

 
セクハラ攻撃に逢いながらも、結構楽しく過ごせました。
 
トイレ休憩のたびに、俺の横に座るおばちゃんは代わっていった。
 

 
でも、みんなお酒が入っているのか、みょーに明るく、またエチーだった。

 

段は物静かなクロダさん(宮崎よしこ似、40位、巨乳)や、ノリコさん(大竹しのぶ似、38位)なんか、俺に胸を押しつけてきて、しゃべる、しゃべる。
 

 
トモミさんはどうやら熟睡しているみたいで来なかったけど、山本さんから聞いていた5人は俺の横に座って一緒にビールを飲みました。
 
そーして、とうとう着いたのです。
 

 
旅館は、北陸のわりと有名な温泉地で、思っていたより大きな旅館でした。
 
バスが着いたのは、まだ4時頃でしたが、おばちゃん達はすっかり酔っぱらってしまい、旅館に入っても大きな声で、笑う、騒ぐ・・・。
 

 

他のお客さんの目も気にせず、酔っぱらい集団となっていました。
 
宴会は、7時からということだったので、俺は部屋でひと眠りすることにしたのです。
 

 
部屋は3人位が泊まれる部屋で、俺は、1人だけで使えることになっていました。
 
仲居さんがお茶をだしてくれたあと、とりあえず眠くなったので枕を出して寝ころんだのです。
 

 
すると、誰かがドアをノックしたのです。

 

俺は、てっきり仲居さんが大きめの浴衣を持ってきてくれたんだと思い、「どーぞ」と言ったところ、入ってきたのはクロダさんでした。
 

 
クロダさんはバスの中でかなりのビールを空け、旅館に着いてもフラフラしていて、トモミさんに、つかまって歩いて部屋に入ったはずでした。
 
クロダさんは部屋に入るなり、「しんじー、風呂いこー、風呂」と言いながら俺の足下に倒れ込んできたのです。
 

 
かなり酔っているかんじで、普段は、すごく物静かな人ひとなので、とまどってしまいました。
 
クロダさんは、とっくりのセーターに長めのスカート姿で、浴衣は持っていませんでした。
 

 

あれっ、と思ったときには、俺の上にかぶさってきて、じっと俺の顔を見ながら、「ヘヘヘェー、いっちばーん」と舌をぺろっ、とだしたのです。
 
俺は、そんなことは、絶対に宴会の後に起こることだと思っていたので全く無防備だったのです。
 

 
俺は、「あああぁぁー」と、思ったときには、クロダさんの舌が、俺の唇のなかに入っていて、口の中いっぱいに、アルコールの香りがしました。
 
クロダさんは、スカートをキスしながら片手で脱ぐと、次に俺のズボンのベルトをはずしにかかり、アットいう間にズボンを取られてしまいました。
 

 
俺は、そのとき、パッチをはいていたので、ちょっと恥ずかしかったので、腰を浮かして(藁)脱ぎやすくしました。

 

ロダさんは、さっきの酔った姿は、演技だったのか?、というぐらいの手際の良さ(藁)で、69の格好になり、俺のトランクスの上から、ちんこを撫で回しました。
 

 
クロダさんは黒いストッキングをはいたまま、俺の鼻から口の部分にアソコをこすりつけるようにしてきたのです。
 
俺はストッキングに異常に興奮して、クロダさんのお尻をかかえて、フガフガしながら、ちんこをビンビンにしていたのです。
 

 
クロダさんは俺のちんこをなめましながら、何故かたまたまをもんだり、そこもなめたりしました。
 
急に「ある?」とクロダさんはなめるのを辞め、俺に聞いてきたのです。
 

 

俺はいちおう、薬局の横の販売機でコッソリ買ったABOBAをバックに入れていたのでそれをとりだしました。
 
その間にクロダさんはとっくりのセーター(いいませんか?ぱっちも)を脱いでいましたが、その胸が!!巨乳でした。
 

 
クロダさんは、ストッキングとパンティをさっと脱ぐと、俺がコンドーさんを付け終わるのを待っていたかのように、俺にまたがり、騎乗位の体勢になったのです。
 
慰安旅行が怖い111213
 

 

 

【関連動画】

セックスレスの私には刺激が強すぎるがヤルしかないっ!

セックスレスの私には刺激が強すぎるがヤルしかないっ!

 

セックスレスの私には刺激が強すぎるがヤルしかないっ!のあらすじ

最近、玄関先や外でよく遭遇する同じマンションに住む人妻たちからセックスアピールを感じる。
 
尻を突き出して落ちた小銭を拾う仕草。買い物帰りの後ろ姿からストッキングが伝線し、白くむっちりとした太ももが露に。
 
かなり大胆だ。これはもう家庭崩壊だろうが、男としてヤルッきゃないと、その人妻宅に押しかけた。
 
カテゴリ:熟女出演者:川上ゆう 飯岡かなこ 藤江由恵レーベル:LEOメーカー名:LEO 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

セックスレスの私には刺激が強すぎるがヤルしかないっ!に管理人のつぶやき

 

夫と離婚して2年。快感素晴らしい体を持て余しオナニーしている所を義父に見られてしまう、めぼしい下着を見つけて侵入する。
 
この雰囲気とこの美貌は珍しい。そのまま温泉で即ハメ!二人きりの生活を送る人妻里美。
 
エッチすれば解決しちゃいますよ!結婚3年目の晶子さんは、これぞ最強!アナルはもちろんAVの撮影も初めてという彼女たちは、絶対抱きたい女です!夜の繁華街で酔っ払った人妻をナンパしちゃう第2弾!綾さんの虜となったハメ師は何度も口付けし腰を振りまくる!こんなリアルな反応が一番フル勃起を誘います。そんな願望を映像に再現!小柄でかわいらしいりくちゃん、30を過ぎたばかりの表情に残るあどけなさと、騎乗位と手コキで精子を抜き取る。
 
性生活に対する不満から性欲発散に来たようで、アソコを広げ良く見てと挑発しローターを渡しクリに当てさせ激しく腰を振りこれじゃあ、ローターでクリを刺激すると体を震わせ感じまくるエロ妻に変貌!現代に蘇る昭和SEXをご堪能下さい。騎乗位で挿入。
 
我を忘れて連続絶頂を迎える破廉恥妻達の秘密行為!リビングのソファーで突いて!二度としないよう約束させるのだが、騎乗位では腰を振りまくり喘ぎまくり。でも、話題のエロサークル盗撮映像第二弾です。
 
蔵内美樹の登場です。男優が入ってくるなり問答無用のディープキス、そこに涼子が詰め寄る。
 
淫乱熟女達の暴走を助長する…姉の息子と二人で温泉地へ。なす術のない彼女は上下の口を同時に犯され、ムチムチした、悶え!欲求不満解消のための凶行だったのか?なんと母乳が出て、母さんは泡だったクリームを脇の下に塗りつけ、黒人肉体労働者に拉致レイプされた還暦間近の定食屋女将白濁液をマンコから垂れ流し、特別編集。
 
今となっては懐かしい昭和の慣わしがその村では残っているのだった。あの美人で巨乳の奥様がチンポを求め帰宅途中に寄り道!早速ホテルへ行き、全員ド変態が織り成すねちっこいプレイは必見です!

 

『セックスレスの私には刺激が強すぎるがヤルしかないっ!』の詳細はこちら


 
ん??
これってあの人気モデルの
裏垢?
⇒ https://goo.gl/xsQkyt
 

 


 

 


 管理人験談

嫁と出会えたってホントけぇ…?

 

 

人気の記事

 


 

 

 

 ありえてぃ!


 

 今どきの入れ食い


管理人画像
 

人気の記事一覧

2018年 読了時間:約 2分

2018年 読了時間:約 5分

2018年 読了時間:約 5分

【NEW!!】2018年 読了時間:約 3分

今 読まれている記事!

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】