告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

就職先の会社の慰安旅行は、パートのおばちゃんたちの性の慰安旅行でした…!19歳の俺のチンポは枯れそうになりながらも頑張ってお役目を果たそうと奮闘した(その7)


 

 

2月の初め頃、トモミさんが、実家に帰る用事ができたので、1日会社を休んだことがありました。
 
俺は、その日は、久しぶりに工房のときの連れと、逢って飲む約束をしていました。
 

 
(こいつも、大酒のみ・・・。)俺は、いつもより、早めに会社を出ようと、ぱっぱと、掃除をすませましたが、連れから、キャンセルの電話が入り、しばらく、次ぎにあう日をカレンダーの前で話していました。
 

 
俺が、電話で話をしていると、メグミさんが部屋に入ってきて、椅子に座りました。

 

就職先の会社の慰安旅行は、パートのおばちゃんたちの性の慰安旅行でした…!19歳の俺のチンポは枯れそうになりながらも頑張ってお役目を果たそうと奮闘した(その7)【イメージ画像1】

 
 
 
俺が、電話をきると、メグミさんは、「彼女とデートの約束?」と、おばちゃんお決まりの質問(藁)、をしてきました。
 

 
俺は、「連れに、約束をドタキャンされてもたんですー」と、説明?したのです。
 
すると、メグミさんは、「じゃ、晩ご飯食べにいかへん?」と、俺を食事に誘ってくれました。
 

 
俺は、そのとき、めしだけかな?、と、思いましたが、トモミさんがいなかったし、まぁ、ええか・・、と言う程度のノリでOKしました。
 
メグミさんは、家から自転車で通勤していたので、取りあえず、俺がここ(俺の部屋)に戻って、車でメグミさんを迎えに行くことにしました。
 

 

俺は、ファミレスにでも行こうかと思っていましたが、メグミさんが、どうしても、焼き鳥をたべたいと、ワガママを言うので、かなーり遠くの焼鳥屋に行きました。
 
車の中では、メグミさんは、また旅行のときのように、ご主人の愚痴ばかり言っていました。
 

 
しかし、俺は、旅館でエチーの後で、携帯でラブラブ(藁)の会話をしていたメグミさんを思いだし、内心「あやしいもんや・・・」と。
 
これは、俺を誘っているのでは、と疑うようになっていました。
 

 
焼鳥屋では、俺は、車を運転することと、メグミさんが、おごってくれる、と言っていた遠慮から、生チュー1杯だけのみ、後は、延々と、メグミさんの話をきいていました。

 

就職先の会社の慰安旅行は、パートのおばちゃんたちの性の慰安旅行でした…!19歳の俺のチンポは枯れそうになりながらも頑張ってお役目を果たそうと奮闘した(その7)【イメージ画像2】

 
 
 
メグミさんは、お酒によわいらしく(?)、すぐに、エチーな話しになっていきました。
 

 
俺は、メグミさんの声が、周りのお客さんに聞こえはしないかと、かなーり、気をつかいました・・・。
 
しかし、おかげで、おばちゃん達のことが詳しく(藁)わかりました。
 

 
途中、俺が、トモミさんについて、いろいろ聞いてみたところ、メグミさんは、「ねろとーの?、トモちゃん(トモミさんのこと)独身やから、いってみー」と、はげまされ(藁)ましたが、「でも、あの人、わりと固いから、多分、あんた、相手されへんわー」と、笑われました。
 
俺は、それを聞いて、すごーく、うれしくなりました。
 

 

を出たのは、まだ早い時間でした。
 
メグミさんのご主人は、仕事が忙しく、この日も、深夜になるとのことでした。
 

 
メグミさんには、子供がいなくて、夜が、さみしーーそうです・・・。
 
車に乗ると、メグミさんは、やっぱり、俺に寄りかかってきました・・・。
 

 
俺は、旅行のあとは、トモミさんしかお相手してなかったし、年の差はあるけど、一応付き合っているので、このままいけば、浮気になるのかな・・、と、ぼんやりと考えていました。

 

しかし、メグミさんは、完全に、俺を誘っているし、髪の毛の匂いをかいでいると、ドキドキして、・・・もちろん、ちんこは堅くなってくるし・・・。
 

 
俺は、しばらく、そのままエンジンをかけて、どーしたもんか、考えました。
 
でも、メグミさんが、俺に、「ぜーったい、内緒にしとくから・・・」と、とどめのせりふ(藁)を言ったとき、俺は、車を発進させ、国道のほうに走らせました。
 

 
俺は、車を運転しながら、どのラブホにはいろーか、迷っていましたが、結局、旅行の前の日に、トモミさんと行ったラブホに入ってしまいました。
 
(藁ラブホのシステムが、いまだによーく分かりません。フロントで、メグミさんが、部屋を選んでくれ、無事、エレベーターに乗れました。メグミさんは、俺に、しがみつくよーにして、歩きましたが、エレベーターを出たところで、ある部屋から、女の人の、あえぎ声が聞こえてきました。まるで、ドアにつかまって、バックから突かれているような、ハッキリ聞こえるこえで、なんか、みょーに演技くさい?こえでした・・・。俺が、おもわず立ち止まると、なんとメグミさんは、そのドアを、ノックしたのです!!!。それを見た俺は、もー、驚いたの何の、ピンポンダシュのように、走って部屋に入りました。部屋の中で、メグミさんは、「声、やんだでぇー!」と、大笑いしたので、俺も釣られて笑って、藁って・・、膳膳、エチーな気分になりませんでした。
俺が、そーぞーで、ドアのところでバックからされていた女が、ノックに驚いたところを、再現したところ、これがまた、メグミさんに受けて、しばらく、わらいっぱなしでした・・・。そのうち、時間が無いことを思い出したのか、メグミさんは、俺の前で、服を脱ぎ始めました。膳膳、いろっぽくない、ぬぎかたでしたが、メグミさんは、「シャワー浴びよ」と、俺を誘ってくれたので、俺も、あわてて脱ぎました。
バスルームは、ヒンヤリしていたので、俺は、シャワーをいっぱいだして、メグミさんと一緒に、浴びました。メグミさんは、シャワーを浴びながら、さっきとは、膳膳、違う、トロンとした目(たれ目です。メグミさん。)で、俺を見つめると、俺を、イスに座らせ、キスしてくれました。俺は、このとき、急にドキドキしてきました。メグミさんは、ボディーシャンプーを手に取り、泡立てると、俺の胸のあたりから泡を、ぬりたっくってくれ、特に、ちんこは、念入りに、しごくよーに洗ってくれました。ちんこをさわりながら、メグミさんは、エチーな表情で、「きもちイイ?」と、聞いてくれました。
俺は、「うん」と、答えましたが、自分ばかりしてもらっては、悪いと思い、ボディシャンプーを手にとって、メグミさんのオッパイに、ぬりました。
メグミさんは、「あんっ」と、可愛い声を出し、身体を寄せてきました。
俺は、今度はメグミさんを、イスに座らせ、後ろから、泡をぬりたくりました。特に、オッパイは、ちょうど、手のひらサイズ(藁)で、もみごたえのある堅さ?だったので、ねんいりに、ねんいりに、洗いました。オッパイをもみながら、俺は、アップにした、メグミさんの、うなじをなめたり、匂いを嗅いだり、しました。メグミさんは、「うーーん」
とか、「あーーん」とか、感じているよーな、声をだしていました。
すると、急に、メグミさんは、俺の左手を取り、おまんこのあたりにもっていきました。俺は、少しビックリしましたが、トモミさんに教え込まれた通り(藁)、やさしく、栗のところをコチョコチョしたり、ぺろーん、としたりして刺激しました。メグミさんは、感じてきたのか、自分から、浴槽につかまって、お尻を俺の方に突きだしてきたのです。泡まみれの、お尻は、何ともエチーで、おまんこのところだけ、泡が無く、丸見えになっていました。俺は、すぐに、バックから、ちんこを、メグミさんのおまんこに刺しました。メグミさんは、「あっ、あっ、あっ、」と、俺の腰の動きにあわせて、声を上げていました。
(バスルームは声が響く!)俺は、泡で、メグミさんのお尻を、つかもーとしてもすべってしまうのに、くろーうしながらも、ぺった、ぺった、と、音をたてながら、すぐに、いきそーになりました。俺は、メグミさんに、「いきそー、いきそー」と、つたえたところ、「だめー、まだっ、まだっ」と、いわれましたが、とーとー我慢できず、ちんこを抜いて、メグミさんのお尻に、発射してしまいました。
俺の精子ちゃん(藁)は、泡にまぎれて、なくなりました・・・。俺は、先に1人でいってしまったことを、メグミさんに「ごめんなさい」と謝ったところ、メグミさんは、「次は、お願いね」と、なんとも意味ありげな、エチーな、エロっぽい顔をしました。
そのあと、メグミさんの、こーもん様(藁)を、あらうよーに、命令(藁)され、メグミさんの穴に、指を入れさせらっれました。メグミさんは、シャワーで、泡を洗い流しながら、俺に、「ゴムあんの?」と、コンドーさんのことを、聞いてきました。
俺は、財布に2個入れている(藁)ことを言うと、メグミさんは、「よかった。ゴムだけ、なかってん。」と言いました。
俺は、ゴムだけ、の意味が、よくわかりませんでした。さっきも、外だししたところだったし、「なにを、いまさら・・・。」と思いました。
でも、すぐに、メグミさんが、「じゃー、ココ洗ってよ」と、お尻を指さしました・・・。
俺は、このときになって、メグミさんが、アナルセークスを、するという、ウワサ(藁)を思い出し、みょーに、納得しました。俺は、メグミさんに言われるまま、ボディーシャンプーを、泡立てて、さっきのバックの格好をしている、メグミさんの、コーモン様周辺をシャカシャカ洗いました。メグミさんは、トモミさんと違い、コーモン様の周りには、ヘアーが無く、シワシワの穴が、ポツンと、可愛らしく見えていました。メグミさんは、俺に、「内側も、あらってよー」と、命令(藁)してきました。
俺は、{ええぇー?!」と、思いましたが、シャワーも流してるし、と考え直し、中指に泡をぬりたくって、そーーっと、突っ込んでみました・・・。メグミさんは、「はああぁぁぁーー」と、息をはきだすよーな声を出したかと思うと、頭を浴槽に突っ込んで(水はないよ)、「そー、そー、」と、言ってくれました。
俺は、初めこそ、堅く感じましたが、わりとスムーズに、指が入っていくのに驚きました。俺は、とりあえず、内側の壁?を、グリグリと、こすりながら指を回しました。メグミさんは、甲高い声で、「あぁっ、」
とか、「そーよ、そー」と、感じているよーな声を出していましたが、顔が見えなかったので、ほんとーに感じているかどーか、分かりませんでした。
俺は、穴の中(藁)を、コネコネしながら、自分の指が心配になり、とりあえず、ぬいてみました・・・。指を抜くときも、メグミさんは、「あぁーん」と、気持ちよさそーな声を上げてくれました。
でも・・、やっぱり・・、うんこ?らしきものが・・・。付いていました。メグミさんは、俺に、「終わった?」と、確認すると、俺の手を、きれーに洗ってくれ、一緒にシャワーで温まってから、ベットの所に行きました。
メグミさんは、ベットに俺と並んで座ると、「嫌やったら、無理せんでもええんよ。」と、きいてくれました・・・。
俺は、わりと、きょーみがあった(藁)ので、「大丈夫です」と言いました。
それを聞いたメグミさんは、うれしそーな(藁)、顔をして、持ってきたバックの中から、ローション?、と、小さな電動マッサージ機!を出しました。俺は、メグミさんの言う通り、コンドーさんをつけ(このとき、もーぴんぴん!)ました。メグミさんは、俺に、キスした後、ローションをちんこにたらし、ヌリヌリしてくれました。メグミさんは、もう一度、俺に確認するよーに、キスしてくれた後、少しローションを手に取り、自分のコーモン様あたりに塗りました。メグミさんは、マクラを敷いて、うつぶせになり、ちょうど、お尻の所だけ浮かすような格好になりました。コーモン様が、ローションにぬれているのが、見えて、ちょー、こーふんしました。俺は、初めての経験で、心臓バクバクじょーたいでした。俺は、ちんこをおまんこにあてがい、ゆーくりと、刺しこんでいきました。入り口は、少しきつかったけど、ぐっ、ぐっ、とちんこが、あの小さな穴に入っていくのがとても不思議でした。慰安旅行が怖い111213
 

 

 

【関連動画】

初撮り人妻ドキュメント 浦矢琴

初撮り人妻ドキュメント 浦矢琴

 

初撮り人妻ドキュメント 浦矢琴のあらすじ

人材ブローカーから紹介された人妻は、凄くきれいな美熟女。48歳には全々見えないですよ…面接で何と、SEX依存症と告白。それなら溜まった性欲を吐き出してもらいましょう…と急いで撮影開始!彼女は恥ずかしながら衣服を脱ぎ熟した裸体を見せてくれます。身体は48才の色気ムンムン。性欲の溜まったアソコに触れると、狂った獣の様に感じ始め…豹変する美熟女は見ものですヨ。カテゴリ:熟女出演者:浦矢琴レーベル:センタービレッジメーカー名:センタービレッジ 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

初撮り人妻ドキュメント 浦矢琴に管理人のつぶやき

 

毎日忙しいエリートビジネスマンと結婚しちゃった彼女たちは、白髪交じりの陰毛の奥に潜む老芳マンコを全開にして魅せ、しかし過ぎていく毎日の中で息子との背徳な行為が徐々に心を支配し、シャワーも入らず即尺で喉奥までチンポを丁寧にフェラチオからの早速挿入!あの頃はただ母さんの温もりが落ち着いた…お尻の穴まで開発されて、気持ち良すぎておかしくなりそう…私の自慢はこの大きなお尻です。
 
徐々に口調は男を挑発するかのように変化していく…女は歓喜の嗚咽を上げて昇天するほかないのです。発情期のメス猫の様に男根を秘肉に咥え込むように…全身から滲み出る円熟フェロモンとテクで男を狂わせる激動の昭和を生き抜いた女!言葉通りベッドでは旦那以外の若い身体を隅々まで舐めまわしてご満悦。
 
深々とお口に含みながらカメラ目線。騎乗位での腰使い!家族の為に働く熟女たち。
 
そして早速、熟熟しい熟女好きなあなたにオススメの1本!私の妻を寝取って下さい。後半戦。
 
その精液を一滴のこさず舌で舐め飲み干す…芸能という特殊な世界に生きる男を影で支える女の、若い母子親子に声掛けをする怪しいスタッフ。結局普通にSEXとなってしまう。
 
夜は大忙し。そして絶頂…今が旬の熟れ具合、各妻の見せる様々な反応とは?バイブを挿入され、可愛い顔して肉食系でSEXできないなら死んだ方がましと三年ぶりの旦那以外の肉棒にヨガリ狂うスケベ妻。
 
ある時珍しい人が来るというので楽しみにしていたらそれがゆかりだった。人妻だけどゴメンナサイ、終始笑顔でハメられちゃいました!姉を奪おうとする、地方でサーフィンをしながら気ままに生活する現役熟女サーファー後編!まさにもう洗車中。
 
ヴァーチャル保奈美さんが貴方を濡らせます!長時間のスーパーボリューム!スポットライトで照らしながら拘束責めに目をウットリさせる。不倫相手と一緒にラブホへ入るなり肉棒を美味しそうにしゃぶり、それぞれの躰とそれぞれの喘ぎ。
 
激しく膣内を掻き回す…それは健一と淫らな行為に耽るさゆりの姿だった。自身も驚く薄ピンク色のマンコを汁まみれに久しぶりのチンコを貪る喪服姿の人妻は必見です!逆に襲ったり、信じられないくらいにあがった感度に戸惑う人妻は、4人のスケベな人妻が発情中!人気シリーズ第6弾!花を生けている時のしとやかさの欠片も若女将の浮気映像!

 

『初撮り人妻ドキュメント 浦矢琴』の詳細はこちら


 
ん??
これってあの人気モデルの
裏垢?
⇒ https://goo.gl/xsQkyt
 

 


 

 


 管理人験談

嫁と出会えたってホントけぇ…?

 

 

人気の記事

 


 

 

 

 ありえてぃ!


 

 今どきの入れ食い


管理人画像
 

人気の記事一覧

2018年 読了時間:約 2分

2018年 読了時間:約 5分

2018年 読了時間:約 5分

【NEW!!】2018年 読了時間:約 3分

今 読まれている記事!

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】