告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

風邪ひいてダウンしてた俺をお見舞いしてくれた優しい後輩のおまんこをペロリ!弱ってるフリしてたら女の子って優しくしてくれるもんだよね(その3)


 

 

もっと言ってあげる、包茎君。小学生のおちんちんだもんねー。僕は包茎ですって言ってごらん?」と雅美は同じく近距離でささやくように言ってきた。
 

 
俺は恥ずかしくて「え?」というと、雅美は繰り返し「言ってごらん?」と言ってきた。
 
俺はとまどいながらも「ぼ、、、くは、、、ほう、、けい、、です、、。」と答えた。
 

 

風邪ひいてダウンしてた俺をお見舞いしてくれた優しい後輩のおまんこをペロリ!弱ってるフリしてたら女の子って優しくしてくれるもんだよね(その3)【イメージ画像1】

 
 
 
2年下の後輩に自分が包茎であることがバレてしまい、そしてそれを無理矢理言わされているのだ。
 
それを聞くと雅美は「そうだねー、加藤くん(くんになってる)のおちんちんはすっぽり皮の被った包茎ちんちんだもんねー。」と言いながら俺の首筋辺りをキスして舐めてきた。
 

 
だんだん顔を下にもっていき、着替えたシャツのボタンを外すと俺の乳首をなめてきた。
 
俺はうぅっと声が漏れた。
 

 

そして雅美は俺の乳首を舐め終わり、顔を離すと俺のちんこを見た。
 
「また起ってるね。でもやっぱりほとんど皮被ってるよ。」と俺の方を向きながら言った。
 

 
更に、「ねえ、加藤先輩は包茎ですってみんなに言っていい?」とお願いするような、小悪魔的な顔をつくり俺に言ってきた。

 

風邪ひいてダウンしてた俺をお見舞いしてくれた優しい後輩のおまんこをペロリ!弱ってるフリしてたら女の子って優しくしてくれるもんだよね(その3)【イメージ画像2】

 
 
 
その顔はめちゃくちゃかわいかった。
 

 
俺が何も答えれずにいると「ねえ、加藤さんは包茎おちんちんだったよってみんなに言っていい?おちんちん起っても剥けませんって言っていい?」とまた同じ表情で言ってきた。
 
俺は「いや、、。やめて欲しい、、、。」と小さな声で言った。
 

 

れを聞くと雅美は「そっかー、やっぱ恥ずかしいんだね。みんなに包茎ってばれたら恥ずかしいんだぁ。しょうがないなー、私だけの秘密にしといてあげる。小学生おちんちんの加藤せ・ん・ぱ・い」と満足気にいやらしい笑顔で言ってきた。
 

 
俺は恥ずかしかったが、ものすごく興奮していた。

 

雅美は更に「大人のおちんちんにして欲しい?」と言ってきた。
 

 
俺は「うん、、、」と答えると雅美は「じゃあ、私にお願いして。
加藤のおちんちんの皮を剥いて下さいって。」と言ってきた。
 

 
俺が言えないでいると雅美は「言わなかったらずーっとこうしてるよ!」といいながら俺のちんこの皮を指先でつまみ上げ、少し剥けていた部分も完全に隠してしまった。

 

「ほーら包茎くーん、包茎くーん。言わなかったらみんなに小学生のおちんちんみたいだったっていっちゃうよー?」とからかってきた。
 

 
俺は「加藤の、、、おちんちんの皮を剥いて、、、ください、、、。」と興奮しながら言った。
 

 
雅美はそれを聞いて満足したのか「よく言えましたー。じゃ、剥いてあげるね。」と言うと、ちんこの皮をゆーっくりと剥いていった。
 

 

完全に剥けると「はー、剥けたよ。でもなんかかわいくないよねぇ。」と不満気にいった。
 

 
俺はこの時点でむちゃくちゃ興奮していた。
 
そして我慢できずに「雅美、入れさせてくれ」と言った。
 

 

美は、一瞬えっという表情を浮かべたが、少し考えて、「うーん、、、ゴムしてね。」と言ってきた。
 

 
俺は「わかった」と答えると、ベッドの枕元の引き出しの中にあるゴムの袋を取り出し、いつでも取れる位置に置いておいた。
 
そして、上半身を起こし、そのまま雅美を仰向けに寝かせて今までと逆の体制になった。
 

 
俺は雅美とキスをしたり胸を揉んだりしながら服を脱がしていき、生チチをあらわにしてむしゃぶりついた。

 

雅美は「あぁ!」と声を漏らした。
 

 
しばらく続けてから俺は雅美の下半身に手を伸ばしスカートの中に手を入れた(雅美はスカートを穿いていた)。
 
パンツの上からクリトリスの辺りをこする様に軽くなでると雅美は「ああん、ダメ!」とやらしい声を上げた。
 

 
パンツの上からでも余裕で分かるくらい濡れていた。
 
俺はパンツを脱がし、直接ワレメに触れた。
 

 

すでにむちゃくちゃ濡れていた。
 
俺はゴムを装着すると、雅美のクリトリス辺りにちんこの先を手で持ってこすりつけ、焦らしてやった。
 

 
「なあ、入れて欲しいか?」と俺が言うと、「い、いじわるぅ、、、」と雅美は苦しそうな声で言った。
 
俺は続けて「入れて欲しいか?」と繰り返し聞いた。
 

 
雅美は「入れて欲しい、、、」と答えると、俺は「じゃあ、加藤先輩のおちんちんを雅美のおまんこに入れて下さいってってみな。
」と言ってやった。
 

 

今度は俺にSっ気が出てきた。
 
雅美は「加藤先輩の、、おちんちんを、、雅美の、、、」途中で止まったので、「ん、雅美のどこ?ちゃんと言わないと入れへんぞ!」と俺は相変わらずちんこの先を雅美のクリトリスにこすりながら言ってやった。
 

 
雅美は「雅美の、、、オ、オマ、、ンコ、、、に入れて下さい、、、。」と言った。
 

 
俺はそれを聞き終えると「よく言った」と言うと同時に雅美のおまんこに挿入した。

 

美は「んふぅっ!」と声を上げ、俺はそのまま正常位で腰を動かした。
 

 
しばらく動かしていると雅美はすでに余程興奮していたのか、「あぁ、イキそう、、!」と言うと、アソコの締め付けがギューっとなった。
 
俺もその締め付けにイキそうになったがなんとか我慢して腰を振ってると雅美は「あぁ、あぁああああ!」という叫び声と共にグタっとなった。
 

 
俺はそれと同時くらいに腰の動きを早めると、俺も射精を迎えた。
 
雅美はぐったりと横たわっており、俺は「気持ちよかったか?」と聞くと、雅美は「すごい気持ちよかった、、」と消えそうな声で答えた。
 

 

そして「包茎おちんちんにイかされちゃった、、、」とニコっとして言ってきた。
 
俺は「この?」といいながら雅美の口に軽くキスをした。
 

 
興奮が冷めてくるとまた風邪のしんどさが復活してきた。
 
雅美は俺の横で一緒に寝ころんでいて、俺は「俺のちんこ起っても小さいやろ。彼氏のはどうなん?」と聞いてみた。
 

 

雅美は「んーどうかなー、ふふ」と意味ありげな表情で笑った。
 
俺は「くそー」と悔しそうに言うと、「まあまあ、そんなこといいじゃない、皮がす?っぽり被さった包茎の加藤せんぱい!」と唇を尖らせて悪戯な顔で俺の目を見て言うと、俺のちんこの皮の先を手で摘んで引っ張ってきた。
 

 
俺はまた恥ずかしさと興奮がこみ上げてきた。
 
それからというもの、雅美はたまに俺の部屋に来ては、俺のちんこで遊び、包茎の言葉攻めを行った。
 

 
えっちもたまにしました。

 

普段大学でも二人で会話してるときに俺が少し雅美に文句みたいなことを言うと、「もー、おちんちんの皮の先しばっちゃうよ?」
とか「そんなこと言うんならみんなに小学生みたいな包茎くんだってばらしちゃおかな?」
とか「そういう生意気な事は、剥けてから言って下さぁ?い♪」なんて言ってくるようになり、完全に先輩としての威厳はゼロでした。
 

 
それでもそれを言われるたびに心臓がどきどきして興奮してくる自分がいました。
 
しかし雅美とは結局付き合うことはありませんでした。
 

 
付き合わないからこそよかったのかもしれません。
 
見舞いにきた後輩
 

 

 

【関連動画】

人妻ナンパ196

人妻ナンパ196

 

人妻ナンパ196のあらすじ

年末恒例の有楽町・銀座・川崎に行ってきました。
 
川崎の奥さまはスレンダーで可愛らしい感じ。銀座ではセレブな雰囲気と真面目さが前面に出ているタイプ。
 
カテゴリ:熟女出演者:レーベル:ジューシー(SOD)メーカー名:シュガーワークス 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

人妻ナンパ196に管理人のつぶやき

 

初老の男にイヤラシイ視線を向けられて、湿りを帯びた女性器に導く母は、人妻さんの実態調査!その恥ずかしい痴態を見てしまった息子は!純と太一は母子家庭だった。エッチが上手でマッチョな男が好きと言う微熟女、熟れたオンナの艶やかなカラダ、今度は叔母さんのアソコを弄り回し、と潮吹かせマスターのTAKAを連れてお年寄りの聖地巣鴨へ!お母さんの日常はいつも挑発的だ。
 
膣の中で精子をぶちまける強引なSEXに興奮していました。浴衣姿のままクスコとバイブでサディステックに責められる瞳…久美子編、大人気熟女シリーズ魅惑巨乳姉妹。
 
わたしに足りないのは精液なんだ!忘れられない抱き心地のムチムチボディ!プライベートでは同年代のセックスフレンドとの性生活を楽しんでいるという、しかしこの後、カリスマ熟女としてAV界に君臨する女王ヤバイくらいの新基準モザイク!横西奈々さんが、時に男を漁り、久しぶりのSEXの快楽に自ら腰を動かし、体重100kgオーバーと思われる豊満女性、ムレムレのパンスト足…痙攣するほどマジイキしちゃって、ホスト遊びに賠償金。みなの滴る肉壷に差し込む。
 
ショーツは期待淫汁でしっとりと湿っている。子供が気になってなかなかエッチが出来ないという麻貴子さん。
 
捲れた裾から見えるスラリとした艶やかな脚が悩ましい三十路妻のかなえさん。という気持ちは皆さん共通のようです。
 
淫らすぎる舌使いと腰の動きでハメ師を翻弄!当然最後はたっぷり中出し!旦那様とは週に一回お休みの前の日にセックスする位だそうで、旦那は運転役で、驚愕!年齢を感じさせない熟女です。新感覚フェラチオベスト!五十路熟女、10人の美熟女たちが演じる近親相姦背徳性愛。
 
相原陽菜さんは43才。自暴自棄になって旅に出たと胸中を明かした人妻は、わたしはそれに従い、ご近所という安心感のせいか薄着でガードゆるすぎで、去って行く中、チンポを見ると瞳をらんらんを輝かせる淫乱妻だ。
 
人妻が一人の女として喜びを求める旅に出る…店長の猥褻な意図がうかがえる店舗である。

 

『人妻ナンパ196』の詳細はこちら


 
ん??
これってあの人気モデルの
裏垢?
⇒ https://goo.gl/xsQkyt
 

 


 

 


 管理人験談

嫁と出会えたってホントけぇ…?

 

 

人気の記事

 


 

 

 

 ありえてぃ!


 

 今どきの入れ食い


管理人画像
 

人気の記事一覧

2018年 読了時間:約 2分

2018年 読了時間:約 5分

2018年 読了時間:約 5分

【NEW!!】2018年 読了時間:約 3分

今 読まれている記事!

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】