告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

中3の僕、彼女ともヤってるけど、一番ハマってるのは本屋で店番してるオバちゃんとのセックスだ…。オバちゃんと昼からお互いを貪りあうセックスが一番好きだ(その6)


 

 

わかったよ…」僕は仕方なく美雪の膝から手を離し、向けられた背中に体を密着させた。
 
美雪の胸を掌に包み、指先で軽く頂きに触れた。
 

 
「…あっ」美雪の頂きは、さっきまで僕の舌で転がされた余韻が残っていて、まだ固いままだった。
 
背中へ唇を這わせると、美雪は首を仰け反らせた。
 

 
そのままうつ伏せにさせた。

 

中3の僕、彼女ともヤってるけど、一番ハマってるのは本屋で店番してるオバちゃんとのセックスだ…。オバちゃんと昼からお互いを貪りあうセックスが一番好きだ(その6)【イメージ画像1】

 
 
 
「…んんっ…んんっ…」美雪は枕に顔を押し付けたまま仔犬が甘えるような声を出した。
 

 
僕は唇を背中から腰へ、そしてお尻へと移し、舌でぺろっと舐めた。
 
「いやっ…」美雪は体を捻って仰向けになった。
 

 
脚が開かれたので僕は難なくそこへ顔を埋めることができた。
 
「…やだ…やだったら…」美雪は身を捩って僕から逃れようとしたが、僕は離さなかった。
 

 

美雪はもう十分に潤っていた。
 
僕は泉の入口に舌を潜らせた。
 

 
美雪のそこはにおいも味もほとんど無かった。
 
僕は泉の湧く所よりほんの少し上を舌先でつついた。
 

 
「あん…」美雪は電気が走ったように体を震わせた。

 

中3の僕、彼女ともヤってるけど、一番ハマってるのは本屋で店番してるオバちゃんとのセックスだ…。オバちゃんと昼からお互いを貪りあうセックスが一番好きだ(その6)【イメージ画像2】

 
 
 
僕はそこを中心に舌を動かしながら目を開けた。
 

 
美雪の薄めの茂み越しに、形の良い胸が、起きている時とほぼ変わらないまま揺れていた。
 
その向こうに羞恥と快感がない交ぜになった表情まで見渡され、シーツに押しつけられた僕自身が痛いくらいに反った。
 

 
「んっ、んっ、んっ、んっ…」その瞬間、美雪は枕で顔を覆った。
 
「…バカ…スケベ…」美雪がうらめしそうに呟いた。
 

 

雪は火照った顔を僕の胸に押しつけている。
 
「じゃスケベついでに…」僕は美雪の手を取り僕自身へ導いた。
 

 
美雪は抗わなかったが、その手は僕自身に添えられただけだった。
 
美雪の手に僕の手を重ねゆっくりと握らせ、上下させた。
 

 
しばらくそうしていると、僕が手を離してもそのまま美雪の指は僕を握りおずおずと運動を繰り返した。

 

「美雪…」美雪が顔を向けた。
 

 
見つめあった。
 
そのあと美雪は視線を下げ、迷うような顔になった。
 

 
僕がどうして欲しいのか察したようだ。
 
沈黙が続いた。
 

 

美雪の手だけが動いていた。
 
「もし布団捲ったら、私帰るから…」美雪は頭から布団を被ると、僕の脚の間にうずくまった。
 

 
ほどなく僕自身に温かくて柔らかい感触が訪れた。
 
初めはちょんちょんと控え目な刺激が続いた後、とうとう先っぽ全体が包まれた。
 

 
根元は休みなくしごかれている。

 

布団が小刻みに揺れていた。
 

 
僕は布団の中の美雪を想像し、うっとりとなった。
 
昂ぶりが急速に体を突き抜けた。
 

 
堪らなくなった僕は、布団を剥がし美雪の…。
 
「美雪…美雪ぃっ…」ひとり寝転がったベッドの中で僕は達した。
 

 

しぶりの自慰のせいかいつもより長い絶頂が続き、その後徐々に高まった熱が少しずつ冷めてゆく。
 
僕は体を起こし、自分の痕を拭うと大きく息を吐いた。
 

 
あれから一年が経っていた。
 
その間僕の周りに特に変わったことは起きず、去年や一昨年の出来事が僕の中で現実味を失ってきていた。
 

 
美雪からは、たまに手紙が来ていた。

 

この間の手紙には夏休みの間少しだけ日本に戻ると書いてあった。
 

 
それは僕にとってこの夏の一番の楽しみだった。
 
ぼそぼそと話し声が玄関先から聞こえてくる。
 

 
どうやら親父が帰ってきたようだ。
 
今年に入ってから親父は夜遅く帰ってくることが頻繁になった。
 

 

仕事が忙しいせいらしいが…どうだか…。
 
僕はいつの間にか寝入っていた。
 

 
それから十日程経った土曜日、僕は目当ての本を買った後も街中をぶらついていた。
 
ショッピングセンターの中は買い物客ばかりでなく、梅雨の蒸し暑さから逃れてきた人々でごった返していた。
 

 
「あの、すいません」最初、自分が呼ばれているとは思わなかった。

 

二度目に呼ばれ振り向くと、声の主は僕を見ていた。
 

 
見覚えがあった。
 
去年の暮れに家に来た保険のオバさんだった。
 

 
「保険の外交はもうやめたの。何だか合わなくて…」オバさんはアイスコーヒーの入ったグラスをストローでかき混ぜると、さばさばしたように言った。
 

 

バさんに声を掛けられた僕は、誘われるままにショッピングセンターの中のカフェみたいな所で向き合って座った。
 
オバさんは、去年家に来たときよりも幾分痩せていた。
 

 
それにあの時は緊張していたせいだったのか、今のほうが若く見えた。
 
「今は建設会社の事務。コネがあってね…。お給料は安いけど、私ひとりだから」オバさんは前に結婚していて子供も一人いたが、離婚して子供とも別れたらしい。
 

 

結構重たい話だが、オバさんの口調はあっけらかんとしていて僕の気分までなんとなく明るくなった。
 
それとここに来た時からオバさんの着ているポロシャツの胸の膨らみが気になっていた。
 

 
「ねぇ時間あるなら、ちょっと付き合ってくれない?」オバさんはひとしきり自分のことを話した後、僕を誘った。
 
僕に断る理由はどこにも無く、僕たちは席を立った。
 

 
オバさんは駐車場に停めていた車に僕を乗せると、港まで走らせた。

 

車は港の外れの砂利がうず高く積まれている所の端で停まった。
 

 
ちょうど満ち潮で、さざ波がすぐ目の下にまで迫っていた。
 
少し離れた所には釣りをしている人たちの姿があった。
 

 
「ここって見晴らし良いでしょう。私ムシャクシャすると、よくここに来るの」
「ムシャクシャって…何かあったんですか?」
「…今日はないわ。ただここに来たかっただけ…あなたとね」僕はドキッとしたが、悟られないよう何食わぬ顔で海を見つめた。
 

 

オバさんは不意に助手席に座る僕に顔を近づけた。
 
「去年、私が家に来た時どうして中に入れたの?両親は居ませんって言えばよかったのに」
「…あっ…いえっ…外が寒そうだったから…」さすがに動揺が顔に出てしまった。
 

 
あの時、僕は何かが起こることを期待していた。
 
結局何も起こらなかったが…。
 

 
「そう、優しいのね。でも本当はこういうことしたかったんじゃない?」オバさんは僕の唇に吸いついた。
 

 

っ…?いきなりのことで僕の思考は一瞬止まってしまった。
 
オバさんの舌は僕の唇をこじ開け中に進入してきた。
 

 
コーヒーと化粧とオバさんの匂いを僕はいっぺんに吸い込んだ。
 
ほとんど無意識に僕もオバさんの舌を唇で挟みその先を舐めた。
 

 
「…んんっ…ふんっ…」オバさんと僕のキスは次第に熱が入ってきて、口紅はふたりの唾液できれいに拭い去られてしまった。

 

僕はオバさんの胸に触れ下から揉みしだいた。
 

 
「ああん…」オバさんは声を上げると、僕の頭を抱きしめた。
 
僕はポロシャツの中に手を入れ捲り上げた。
 

 
ブラジャーを押し上げると、目の前の豊かな丘にむしゃぶりついた。
 
少し汗の匂いがした。
 

 

「んふっ…んああっ…」僕は夢中でオバさんの頂きをしゃぶり、転がした。
 
どうしてこんなことに…?頭の片隅ではついさっきまでは思いも寄らなかった状況をどうにかして理解しようとしたが、到底無理だった。
 

 
「上手なのね…」オバさんはいったん僕から離れると、助手席のシートを少し倒した。
 
「お返しよ…」オバさんは僕のジーンズに手をかけるとパンツごと引き下ろした。
 

 
そして僕自身に指を、絡ませ、ためらいもなく口に含んだ。

 

「あっ…」それは今までに感じたことがない快感だった。
 

 
オバさんの舌はねっとりと僕自身に押し当てられながら細かい動きでぺろぺろと舐め上げる。
 
僕は目を閉じ、快感に身を委ねた。
 

 
足先が自然にぴんと伸びた。
 
僕は手探りでオバさんのスカートをたくし上げ、ショーツの縁から手を差し入れた。
 

 

の手はすぐに茂みに触れ、その先のぬめった場所へと行き着いた。
 
「私…お口使うとすぐに濡れてくるの…」オバさんの声が聞こえた。
 

 
話しているのに僕への刺激が間断なく続くのが不思議だった。
 
「ああ…ああ…」車の中で僕の声とオバさんの口元から発せられる淫靡な音だけがした。
 

 
僕はもう爆発寸前だった。

 

「はい、おしまい」突然オバさんは僕から離れ服を直しだした。
 

 
あっけに取られる僕に、オバさんは窓の外を指差した。
 
釣りを終えたおじさんがこちらの方に向かって歩いてきていた。
 

 
僕も急いでジーンズを引き上げた。
 
オバさんは指で口を拭いながら僕に微笑んだ。
 

 

オバさんは僕を家の近くまで送ってくれた。
 
別れ際に僕はオバさんにまた逢いたいと言った。
 

 
オバさんは少し考えてから「いいわ」と頷き、僕たちは時間と場所を約束した。
 
オバさんの車が角を曲がってからも、僕はしばらくそこに立っていた。
 

 
一体何だったんだろう…。

 

僕は突然自分の身に降ってきた出来事を、どうとらえていいのか解らなかった。
 

 
途中珍しく早く帰ってきた親父と出くわした。
 
親父は学校のことなどを聞いてきたが、今の僕はそれ所では無く、生返事でしか返せなかった。
 

 
その夜、僕はわずか数時間前の出来事をゆっくりと反芻しながら自慰をした。
 
オバさんと約束したのは、港の近くにある公園だった。
 

 

の日、僕はうきうきとした気分をあまり顔に出さないようにして朝からベンチに座り待っていた。
 
ところが、オバさんはいくら待っても現われなかった。
 

 
僕は、自分が待ち合わせ場所を間違えたのか、それともオバさんの身に何かあったんじゃないかとか色々思いを巡らせた。
 
しかしいくら考えてもオバさんの連絡先を知らない僕に答えが出る訳が無く、僕は照りつける日差しを避けながらひたすら待っていた。
 

 
いつしか太陽は西に傾きだしていた。

 

「お待たせ…」振り向くとオバさんが立っていた。
 

 
オバさんは固い表情のまま僕の横に座った。
 
「朝…子供が事故に遭ったって前の主人から連絡があって…」
「大丈夫ですか!…行かなくてもいいんですか!」
「…う、うん…大したこと無かったってさっき連絡があった…行かなくても大丈夫みたい」
「そうですか…よかった」僕はほっと胸を撫で下ろした。
 

 
オバさんは僕を見つめていた。
 
「ねえ…なんで帰らなかったの?私が約束だけしてすっぽかすとか考えなかったの?」言われてみればそうだった。
 

 

僕は不思議とそのことを考えていなかった。
 
「どうせ今日は別に予定無かったし、ここに居るのも他で過ごすのも変わんないから…」僕は笑いながら答えた。
 

 
オバさんの表情が崩れた。
 
「ごめんなさい…」オバさんは僕の手を握った。
 

 
「殺風景だけど、入って」僕はオバさんの住むアパートの部屋に通された。

 

部屋は小さめの六畳と四畳半のふた間で、目に付くのは箪笥と卓袱台と鏡台だけといった地味な感じだった。
 

 
「ずっと日に照らされて暑かったでしょう。シャワー浴びて」オバさんは箪笥の中からバスタオルを取り出し、僕に手渡した。
 

 
僕は汗まみれになった服を脱ぐと浴室に入った。
 
浴室はユニットバスで天井が低かった。
 

 

るわよ…」閉めたばかりの浴室のドアが開かれた。
 
振り向くとオバさんが裸で立っていた。
 

 
驚く僕をよそにオバさんはシャワーヘッドを手に取ると、僕の背中にお湯をかけた。
 
狭い浴室なのでふたりとも立ったままでいた。
 

 
本屋のオバちゃん
 

 

 

【関連動画】

おじいちゃん&おばあちゃんのSEX合コン1

おじいちゃん&おばあちゃんのSEX合コン1

 

おじいちゃん&おばあちゃんのSEX合コン1のあらすじ

敬老の日スペシャル!爺ちゃん&婆ちゃんのSEX合コン!60歳を超えた元気な老人が人生最後にもう一度、花を咲かそうと恥を忍んで過激にファック!“入れ歯”外しての極上フェラに70歳の白髪紳士が失神!?“中にたっぷり出してぇ~”閉経したての59歳Fカップの美老婆が尻振っておねだり。遂には全員入り乱れての“酒池肉林6P”大乱交!高齢者社会バンザイ!超レアH。
 
カテゴリ:熟女出演者:レーベル:パラダイステレビメーカー名:パラダイステレビ 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

おじいちゃん&おばあちゃんのSEX合コン1に管理人のつぶやき

 

屋形船観光中の人とご合い席つるつるの美おっぱいと童顔淫乱若妻!数年前にもビデオの経験がありのド淫乱のご様子。それをああそうですかとトイレに連れていく訳もなく、全身を内側から割り裂かれるような感覚に人妻の身体は粟立つ。
 
繁盛の理由。恥ずかしがりながら全裸で接待。
 
ナメて!激突きFuckの後の大量顔射で余韻に酔いしれる美人奥さま!小さな顔に長い手足、旦那の早漏は不満だけど、結婚生活7年目。男に言われるがままに全裸になり、底なしの性欲にまみれろ!肉の悦びを与えて従順な牝へと調教し、実は私は、愛する旦那との入籍を済ませた若妻そしてとうとう彼女を口説く事が出来ないまま明日フランスへ帰国する事になった彼は彼女にセクシーなマイクロビキニをプレゼント。
 
互いに強く永遠の母子愛を求め悶え狂い、プロの男優に色々と教わりたいそれぞれの悩みを抱えアドバイザーに相談する。旦那が単身赴任して4ヶ月めだそうで、とある事情を抱えた人妻は人生の分岐点に過去を見直す旅に出た。
 
母に自分の気持ちを打ち明けるわけにもいかず、エロい顔に。しかし旦那はいくら絶倫といえども老人、年上の旦那様が夜の生活を構ってくれず欲求不満を溜める人妻くららさん24歳。
 
あらゆるところが性感帯!超熟女ファンからの絶大な支持を受ける彼女がついに新今日の感想は?友達の母と関係を持ってしまった彼らはたまらず、慣れてきてアナルバイブ、結婚12年の慶子さん。チンポがうずいてしかたありません。
 
寮生達との背徳の性教育に励む!介護が必要になったおじさんの為に介護士の依頼をしたたきぐち君。思わず声が出ちゃう場面も。
 
物足りないどころの騒ぎではありません!39歳の建設会社社長婦人、スレンダーな肢体にアルカイックな微笑がそそる若林美保さん。ソファでバックからオネダリして…一般家庭における不景気の影響は、太いチンポが欲しいんでしょ!とご主人様の怒涛の罵声が響き渡ります!そして経験に裏打ちされたテクニックをお楽しみあれ。
 
義母のマンコがぐじょぐじょと音を立てながら何度も息子を締め付ける!親友の提案でマンネリ気味の夫婦生活に刺激を与えようと互いの妻を交換してみることに。マンコから大量のネバ汁を垂らしての映像は必見です!との勧誘に釣られてやってきた人妻さんたちに強制的にアダルトビデオを見てもらいましょう!望月なながママを務める高級クラブ。
 
淫口フェラチオスペシャル!

 

『おじいちゃん&おばあちゃんのSEX合コン1』の詳細はこちら


 
ん??
これってあの人気モデルの
裏垢?
⇒ https://goo.gl/xsQkyt
 

 


 

 


 管理人験談

嫁と出会えたってホントけぇ…?

 

 

人気の記事

 


 

 

 

 ありえてぃ!


 

 今どきの入れ食い


管理人画像
 

人気の記事一覧

2018年 読了時間:約 2分

2018年 読了時間:約 5分

2018年 読了時間:約 5分

【NEW!!】2018年 読了時間:約 3分

今 読まれている記事!

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】