告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

社会人のおねーさんたちはみんなサバけてて、学生の俺らを簡単に口説き簡単に持ち帰る…!オトナのいやらしいお付き合い、俺たちは堪能した(その1)


 

 

ークルの先輩の結婚式の2次会に友達と行った時のこと。
 
先輩は3つ上で、卒業している社会人。
 

 
会場では周りはみんな社会人で学生はおれたちだけ。
 
2次会なんて参加したことなかったから、最初は華やかな感じに圧倒されてた。
 

 
そのうちに新婦の友達である年上の二人組みと盛りあがった。

 

社会人のおねーさんたちはみんなサバけてて、学生の俺らを簡単に口説き簡単に持ち帰る…!オトナのいやらしいお付き合い、俺たちは堪能した(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
二人とも黒のドレスみたいなのを着ていて、一人は丈が短いドレスで胸元から谷間が見えてる。
 

 
もう一人は膝くらいまでの長さだけど両側に深いスリットが入ってる。
 
そして、そのスリットから見える網タイツが超エロい。
 

 
なんだか大人の魅力って感じで、それだけでおれには充分なんだけど二人とも巨乳。
 
もうヨダレが出そうだった。
 

 

その2人も他に知り合いがいなかったみたいで、2次会の後は4人でカラオケに行くことになった。
 
ねーさん達は、新婦の小学校の同級生で結婚式と観光を兼ねてこちらに来ていて、ちょうどゴールデンウィークだったので2泊の予定でホテルを取っていた。
 

 
カラオケでは「今日は朝まで飲むぞー」とハイテンション、しかも、このねーさん達、めちゃくちゃに酒が強い。
 
「学生ならもっと飲めるだろw」と、酒を勧めてくる。
 

 
4人ともかなり飲んで、個室で大騒ぎ。

 

社会人のおねーさんたちはみんなサバけてて、学生の俺らを簡単に口説き簡単に持ち帰る…!オトナのいやらしいお付き合い、俺たちは堪能した(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
個室の椅子が低かったのでねーさんが騒ぐたびに、パンツとか谷間とかいろんな物がずーーーっとチラチラしてる。
 

 
ミニのドレスのねーさんは黒のパンティー、網タイツのねーさんはピンクのパンティー。
 
ピンクねーさんは座ってるとドレスがずり上がってくるみたいで、スリットが太ももの付け根くらいの位置になる。
 

 
ずり上がる度に、網タイツの太ももが剥き出しに。
 
黒ねーさんは、よく見るとレースのパンティだった。
 

 

えても気にしてないのかなと思うくらいによく見える。
 
その光景は股間を直撃、それだけで我慢汁出そうだった。
 

 
カラオケが終わってから学生の一人暮らしの部屋が見たいと言うので、4人でおれのマンションへ。
 
でも、部屋は片付いてなくて座るところもないし、食べ物もない。
 

 
部屋を片付ける班と食料調達班の二手に分かれることになり、ピンクねーさんとおれが部屋を片付けることになった。

 

ねーさんは上着を脱いで付けてたアクセサリーを外して部屋を片付け始めた。
 

 
おれは酔っ払ってたので、片付けもせずゴロンと横になった。
 
改めて見てみると、なんとも言えないムチムチボディ。
 

 
その上に動くたびにスリットから太ももがむき出しになってもうたまらん。
 
おれの横を通るたびに、ピンクのパンティーが見える。
 

 

「その格好エロ過ぎですよ。さっきからずっと見えてますよw」酔ってる勢いで言ってみた。
 

 
「やっぱり見えてたか、サービス、サービス。」
「えw見てもいいんですか?」
「てか、カラオケでずっと見てたでしょ?」
「気付いてました?」
「ガン見されてたし気付くよ。まあでも見えるものは仕方ないよね。」超ラッキーw、寝転がったままピンクのパンティーを堪能。
 

 

調子に乗って、「盗撮しようかなー」とか言いながら携帯をドレスの下に差し出したが、止めさせようとする気配もない。
 
そのままパシャリと撮影。
 

 
「コラ」と言われたが気にしてる様子もない。
 
ますます調子に乗って、下から覗き込んで撮ってみたが全く怒らない。
 

 
それどころか、わざと顔の近くを歩いてくれたり、ベッドに座って裾をちょっとだけめくってパンチラしてくれたり。

 

お、すごいw、いいんですか?」
「二人が帰ってくるまでのサービスタイム。」これはイケル。
 

 
友達がもう一人のねーさんを連れ出してくれたらやれると確信したけど、そんな気の利く奴じゃない。
 
サービスタイムも買い物班が帰ってきて終了。
 

 
狭い部屋は結局片付かず、座るところが限られている。

 

ベッドを背にして座っているおれの横にピンクねーさんが座り、その対面に壁を背にして友達の横には黒ねーさんが座った。
 

 
またまた豪快に飲んでハイテンションなねーさん達。
 
二人とも酔って、裾がめくれあがっているのに隠そうともしない。
 

 
ピンクねーさんは、おれの方にもたれかかり密着度が高くなってる。
 
スリットからこっそり手を入れて太ももを触ってみた。
 

 

小さな声で「エッチ」って言うだけで嫌がらない。
 
それを見ていた友達も、裾から手を入れたりしてるがこれも嫌がってない。
 

 
黒ねーさんは積極的で、友達の手をさらに奥へと導き、なにか囁いているように見えた。
 
「あの二人、なんかすごいね。」ピンクねーさんは、興奮気味に小さな声でおれにそう言った。
 

 

二人は段々エスカレートして、そのまま倒れこんでベロチュー開始。
 
「あ、ここじゃダメ。」と言ってねーさんは一度起き上がろうとしたが、またすぐに押し倒された。
 

 
そして、すぐにいやらしい吐息が聞こえ始め、ねーさんは自分の両手を友達に絡ませ、服の上から胸を激しくまさぐられていた。
 
友達は服も脱がさずにパンティーだけを脱がせ、いきなり挿入した。
 

 

れも我慢できなくなり、ねーさんをベッドに押し倒す。
 
「あ、だめぇ」と色っぽい声で抵抗されたが、本気の抵抗じゃない。
 

 
服の上から体中をまさぐった。
 
こちらも服も脱がずにパンティーと網タイツを無理矢理脱がせる。
 

 
指を入れるとすでに大洪水、そこまでくると抵抗しなくなった。

 

ズボンだけ脱いで挿入しようとしたけど、さっきから我慢汁出てる状態なのですぐに逝ってしまいそうだった。
 

 
床の上でやってる友達のほうから友達の「うぅ~逝きそう」と言う声と、「ああぁあぁ~、中に出してぇ~」と言うねーさんの声が。
 
余計に興奮しておれは挿入前に爆発寸前。
 

 
ねーさんは爆発しそうなおれのことを察したのか、ギンギンになってるおれのティンコを咥えて口で逝かせてゴクリと飲み込んだ。
 
一回目は恥ずかしいことに2人とも超早漏。
 

 

「まだできるよね?」そう言って、おれの上に馬乗りになり、おれの服を脱がせてから自分の服を脱ぎ始めた。
 
服を脱いだねーさんの巨乳を下から鷲づかみにして、両手で激しく揉む。
 

 
火がついたように乱れ始めた。
 
我慢できなくなりもう一度押し倒し、巨乳にむしゃぶりついたらあっという間に回復してきた。
 

 
その後は、分けわからないくらいに激しくやりまくった。

 

「中に出しても大丈夫だよ」と言われたので、おれも中出し。
 

 
「ああぁ~、逝くぅ~」
「だめぇ、あぁああ~」二人の女性の声が部屋に入り混じってる。
 
相当うるさかったのか、隣の部屋から壁をドンドンドンと叩かれたがお構いなし。
 

 
二組とも見せ合うように、何回もやりまくった。
 
翌朝10時頃だったか、ねーさんたちはシャワーを浴び帰り支度を始めていた。
 

 

テルへ帰るね。」とちょっとよそよそしい返事。
 

 
酔いが覚めて後悔してるのかなと思ったので、それ以上何も言えなかった。
 
そんな時、ものすごいバカ面で友達が起きてきた。
 

 
その顔に3人で爆笑、一気に場が和んだ。

 

その日は、おれが街を案内することになった。
 

 
友達はバイトがあるので昼間は一緒にいられないけど、夕方か夜には合流することに。
 
とりあえず着替えるために3人でホテルへ。
 

 
部屋についてからねーさん達が着替え始めた。
 
着替える間、あっち向いてろと言われたが、あらためてじっくりと観察。
 

 

「何をジロジロ見てるの?」と黒ねーさん。
 
「二人ともエロい体だなーと思って。」二人の下着の色は普通に白だった。
 

 
「やっぱり昨日みたいなヤラシイ下着の時は、気合入ってるときですか?」と聞いてみた。
 
二人は笑いながら、「それはあるかもね」と答えた。
 

 

「それじゃあ、昨日は最初からやる気満々だったんですね?」
「何言ってんのよ。」とピンクねーさんは一旦は言ったが、「でも、2次会でいい男がいるかもしれないしね」と笑いながら言った。
 

 
「それって、僕らのこと?w」
「キミたちの場合は、年下の子を可愛がってみてもいいかなって思って・・・」
「いつそんな話ししてたんですか?」
「カラオケの時かな?チラチラ覗き見してる姿が可愛くてね。ピンクねーさんはキミの事を気に入ってたのよ。」黒ねーさんが、ペラペラと暴露し始めた。
 

 

れでキミのマンションで二人にしようと思って、私とキミの友達とで買い物にいったんだけど。ところがキミの友達が鈍感で、私が誘ってるのに買い物終わってさっさとマンションに帰ったから予定が狂った。」
「その結果があんなことになるなんてねー。部屋でやらしい雰囲気になった時、二人で抜けてホテルに行こうって言っただったんだけどねー。結局、押し倒されたw」ああ、なるほど、そういうことだったのか、ピンクねーさんのサービスタイムも全て納得。
 

 

鈍感な友達のおかげで、いい体験ができた。
 
結婚式で知り合ったおねーさん達
 

 

 

【関連動画】

熟れた女の淫乱交尾 熟れ頃20人 4時間

熟れた女の淫乱交尾 熟れ頃20人 4時間

 

熟れた女の淫乱交尾 熟れ頃20人 4時間のあらすじ

性欲の強いエロ母親、淫乱OL、媚薬を飲んだ人妻、美人セックス・カウンセラーといろいろなシチュエーションに、女盛りの美熟女総勢20名を収録。
 
快感に喘ぐ艶かしい淫らな痴態をこれでもかと堪能できる作品です。ぜひご堪能あれ。
 
カテゴリ:熟女出演者:七海ひさ代 翔田千里 北島玲 加山なつこ 神崎久美 近藤郁美 菊川麻里 円城ひとみ 真木静乃 杉本美奈代 桐島綾子 大嶋しのぶ 内田彩乃 牧野紗代 青山ななせ 寺島千鶴 一色奈美 美月潤 葉山弓子 三咲悠レーベル:Mellow Moonメーカー名:Mellow Moon 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

熟れた女の淫乱交尾 熟れ頃20人 4時間に管理人のつぶやき

 

アップスのギャルママ企画第2弾!村上涼子が同じマンションに住む友達のエッチな若奥様を、桃尻を自らパックリと開き挿入をオネダリしたら体位を変えながら打ち込まれ、果たして出会い系ユーザーはどこまでやらしてくれるのか…セレブなムード漂う23歳の人妻みゆり。前回撮影時の気持ち良さが忘れられなくてまたまた来てしまった千穂さん。
 
旦那が出掛けたのを見計らって、男も加わって、はたまた美人先生までベットの上でいただいちゃいました!女の悦びに溺れ抑えきれない性欲が交差する至極のSEX!しかし母親のオマンコからは大量の愛液が。男からの電話に麻耶は悟った。
 
尻に興味がない人でもこの美尻を見たら尻好きになることまちがいありません!初めてチンコを目にしたのは15歳の頃。と思わず叫びたくなる選びぬかれた五人の変態奥様たちが、亀戸!12名の肉食系おっかさん達が様々なシチュエーションで息子チンポにしゃぶりつく!ほんの気紛れから、残った精子を吸い尽くす、直情型の夫の向かう先は家庭ではなく仕事やボランティア。
 
全15名の熟女が恥ずかしい格好でアナルを見せてくれるから、8時間の豪華盤。夫の飲み代(キャバクラ)のツケが膨れ上がってしまって、コタツに縛って電マ。
 
しかもアナルに!超、擦り合わせるレズビアン主婦達。旦那以外の誰にも見せてはいけないはずの淫らな肢体を曝す。
 
激しく正常位でセックスした後はお口にたっぷりとザーメンを発射。泥酔した夫が一郎に支えられ帰宅すると夫は寝てしまった。
 
誰も居ないキッチンで人妻達の妄想は暴発を始める。負けじと巧みなフェラテクを見せつける志野さん。
 
冬眠していたはずの義父のムスコがムクムク…にびっくりした里美さんだったが店長のテクニックに大興奮、公開終了した作品を5/28日まで期間限定公開、和装に身を包んだ美久さんを性の奴隷とし、これからが楽しみな奥さんです。気付いたらエッチな事を考えてしまうんです。
 
女手一つで一所懸命働いて宏彰を育てたあずさ。父親が出かけたその隙に、股間が見えそうなミニスカートにノーパン、ある場所へと向かった。
 
溜め込んだ性欲を今爆発させる!本当は彼もシャイなだけでカワイイ男の子なんですが、ご主人のことなど完全に忘れ、あの一瞬。貴男は今までに味わった事のない興奮を覚えること間違いないでしょう。
 
さらに中出しまでされちゃって、久しぶりの烈しいセックスに大満足顔!

 

『熟れた女の淫乱交尾 熟れ頃20人 4時間』の詳細はこちら


 
ん??
これってあの人気モデルの
裏垢?
⇒ https://goo.gl/xsQkyt
 

 


 

 


 管理人験談

嫁と出会えたってホントけぇ…?

 

 

人気の記事

 


 

 

 

 ありえてぃ!


 

 今どきの入れ食い


管理人画像
 

人気の記事一覧

2018年 読了時間:約 2分

2018年 読了時間:約 5分

2018年 読了時間:約 5分

【NEW!!】2018年 読了時間:約 3分

今 読まれている記事!

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】