告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

中3の僕、彼女ともヤってるけど、一番ハマってるのは本屋で店番してるオバちゃんとのセックスだ…。オバちゃんと昼からお互いを貪りあうセックスが一番好きだ(その4)


 

 

の晩も自慰をした。
 
美雪や美雪の母親や本屋のオバちゃんが入れ替わり立ち代り現われ、僕は二回射精した。
 

 
「映画面白かったよー」休み時間に美雪が話しかけてきたが、僕はそっぽを向いてああそうとだけ言った。
 
美雪は何を言っても生返事の僕に「馬鹿!」と怒って行ってしまった。
 

 
美雪の後姿に水色のショーツが重なった。

 

中3の僕、彼女ともヤってるけど、一番ハマってるのは本屋で店番してるオバちゃんとのセックスだ…。オバちゃんと昼からお互いを貪りあうセックスが一番好きだ(その4)【イメージ画像1】

 
 
 
僕は美雪の顔をまともに見られなかった。
 

 
美雪の自慰を覗き見たせいもあったが、何よりも美雪の母親とのことがあったからだ。
 
まったく…、二十も上なのに。
 

 
元々の僕の性癖なのか、初めての相手がそうだったせいなのか解らないが、僕は年上、しかもかなり年上の女性に心惹かれてしまうようだ。
 
僕は美雪の母親を自由にしたかった。
 

 

だから美雪とは距離を置こう、そう考えた。
 
しかし、美雪の母親が昨日以上のことを今も望んでいる保証はなかった。
 

 
一時の気の迷いで、ああいうことをしたと自分を恥じているかもしれない。
 
色々考えた挙句に次の日、思い切って電話を掛けた。
 

 
「週末に…逢えませんか?」声が緊張しているのが自分でも解った。

 

中3の僕、彼女ともヤってるけど、一番ハマってるのは本屋で店番してるオバちゃんとのセックスだ…。オバちゃんと昼からお互いを貪りあうセックスが一番好きだ(その4)【イメージ画像2】

 
 
 
美雪の母親も緊張した声で「…ええ」と答えた。
 

 
「こんな風になっているのね。思ったよりキレイ…」美雪の母親はもの珍しそうに言った。
 

 
僕は美雪の母親に逢うとラブホテルに向かった。
 
それまでこういうホテルに来たことがないと言う美雪の母親は、入る時はかなり緊張の面持ちだった。
 

 

は彼女の腰を抱き半ば強引にホテルの中へ入った。
 
部屋に入ると幾分緊張が解けたのかベッドの端に腰掛けると、部屋を見廻していた。
 

 
僕は美雪の母親の横に座った。
 
彼女は僕の方を見遣った。
 

 
「あなたはこういう所初めてなの?」
「い、いえ…」二度目ですとは言わなかった。

 

「そう…、まさか美雪と?」
「い、いいえ、違います!美雪…さんは妹みたいなもので…」
「そうよね。あの子まだ子供だものね」僕は裸の美雪を思い起こした。
 

 
「娘の同級生とこうなるなんて、とんでもないおばさんだと思ってない?」
「いえ…、思ったら誘いません」美雪の母親は背中を向けた。
 
「私ね、学生結婚ですぐ美雪を生んで…、でも主人はずっと向こうへ行きっぱなしで…、おまけに他に女がいて…、でも私がいい妻、いい母親だったら主人は私と美雪の元へ戻ってくるかなって頑張って…、でも疲れてイライラして…、万引きまで…」僕は美雪の母親を背中からひしと抱きしめた。
 

 
長い時間そうしていた。

 

ふたりとも黙ったままだった。
 

 
空調の音だけが部屋に響いていた。
 
「チュウしてもいいですか?」僕はこの間の彼女の口調を真似た。
 

 
背中が揺れだした。
 
笑っているようだ。
 

 

彼女は振り向いた。
 
「ありがとう…あなたは優しいのね…」瞳が涙に滲んでいた。
 

 
「チュウして…」僕は差し出された唇を吸った。
 
僕は美雪の母親の服をゆっくりと脱がせた。
 

 
その間彼女はされるがままだった。

 

ラジャーが外され胸が露わになる時両手で彼女は胸を覆ったが、僕はその手を掴み降ろさせた。
 

 
白い豊かな胸が、淡い間接照明に浮かび上がる。
 
最後にショーツを足首から抜き取った。
 

 
目の前に立つ美雪の母親を眺めた。
 
肩から始まった二本の線は、胸に向かって大きくふくらみ腰に降りるにつれていったん狭まった後、また綺麗な曲線を描いた。
 

 

僕は息を呑んだ。
 
「あなたも…」美雪の母親は僕の服に手を掛けた。
 

 
今度は僕が彼女のなすがままになった。
 
僕の足元に跪きパンツを引き降ろす時、彼女は恥ずかしそうに下を向いていた。
 

 
僕たちは、ベッドに入り抱き合った。

 

「んっ…あんっ…」ベッドに入った途端、それまでのゆったりとした時間が嘘のように、僕たちは激しく求め合った。
 

 
互いの舌を貪り、首筋を舐め、耳を噛んだ。
 
僕の欲望が、美雪の母親の欲望を掻き立て、さらにそれが僕の欲望を増幅させ…。
 

 
喘ぎ声がふたりの共通の言葉のように交わされた。
 
「いやっ…いやっ…」胸を荒々しく揉みしだき頂きを強く噛んでも、彼女は歓びの声を上げた。
 

 

脚を大きく開かせ、挿入した指を乱暴に出し入れしても身を震わせた。
 
「私あんまり上手じゃないけど…」髪を掻き上げると美雪の母親は、僕自身を握り唇を近づけた。
 

 
彼女はまず僕自身の先っぽ辺りに唇をくっつけ、そのまま舌で撫でるように舐め上げた。
 
思わずぴくんと脈打った。
 

 
「どうすれば気持ちいいか言って」彼女は僕が歓ぶ場所を、方法を探した。

 

女の喉の奥深くに当るほど包まれた時、僕は大声を上げて仰け反った。
 

 
「こうすればいいのね…」彼女は時おり喉を詰まらせながらも、僕自身を奥まで含んでくれた。
 
僕は目を開け、少し体を起こした。
 

 
美雪の母親の頭が上下を繰り返している。
 
すぐ後ろの壁は一部が鏡張りになっており、そこに美雪の母親のお尻が映りこんでいた。
 

 

彼女はうずくまっているので、肉の裂け目はぱっくりと開かれ、全部が丸見えだった。
 
彼女に最初に逢ったときの、凛とした表情を思い出した。
 

 
そのひとがあられもない格好で、ただ僕を歓ばたい為に懸命の奉仕をしてくれていた。
 
僕は体の向きを変えると、彼女の脚の間に顔を埋めた。
 

 
互いに舐め、啜りあった。

 

自分たちが演じる痴態が、さらに興奮を高めていく…。
 

 
「んふっ…んあっ…」彼女は僕自身を含んだままで、くぐもった声を上げていた。
 
僕が充血した敏感な突起を唇で摘んだときは、僕自身を口から離し喘いだ。
 

 
「ねぇ、欲しい…」美雪の母親は、さらなる深い肉のつながりを欲しがった。
 
それは僕も同じ思いだった。
 

 

僕は美雪の母親にそのまま入れたかったが、オバちゃんの言葉を思い出し、スキンをつけ、十分に待たされたそこへと入り込んだ。
 
「ああっ、ああっ、ああっ、ああっ…」すぐに美雪の母親は反応した。
 

 
僕が突くたびに腿を高く上げ、深く導こうとした。
 
僕も彼女の脚を肩に掛け、奥へ深く打ち込んだ。
 

 
彼女を焦らしその様を楽しむ余裕はとてもなかった。

 

たすら奥へ奥へと突き続けた。
 

 
「んんーっ…んんーっ…んんーっ…」美雪の母親は僕にしがみつき、肩口に噛みついた。
 
それさえも僕の快感を呼んだ。
 

 
僕はつながったまま美雪の母親の体を起こした。
 
自由な動きを得た彼女の腰は、逆に僕が突かれているかのように思えるほど激しく動いた。
 

 

その動きで僕の尻がシーツに擦れて焼けるように熱かった。
 
僕はたまらず仰向けになった。
 

 
「ああぁっ…もうすぐ…来そう…来るの…来るのっ…」僕に跨った美雪の母親の腰の動きはさらに貪婪になった。
 
僕は目の前で上下する膨らみを掴み弄び、頂きを捩じ切るように摘んだ。
 

 
「来るっ、来るっ、来るっ、来るっ…くっ…るっう…」その瞬間、彼女は大きく胸を反らし、口を開いた。

 

しかし声は出ずぱくぱくさせていた。
 

 
その後、大きく息を吐いた。
 
「はあっ、はあっ、はあっ、はあっ…」彼女は僕の胸に倒れこんだ。
 

 
荒い息遣いが僕の胸に伝わる。
 
彼女の体は時おりぴくんぴくんと痙攣していた。
 

 

僕はまだ達していなかった。
 
僕はまだ息の荒い彼女の背中に腕をからめると、いきなり下から突き上げた。
 

 
早い動きで連続して突き上げた。
 
「ああ――っ!」美雪の母親は、がばっと体を起こすとまた腰を動かし始めた。
 

 
そして果てると倒れこんだ。

 

ばらくして僕はまた下から突き上げた。
 

 
「ねぇっ…お願い…一緒に…いっ…しょ…に…」彼女は腰を動かしながら僕に懇願した。
 
僕はすっかり汗ばんだ彼女とぴったり肌を合わせると、最後に渾身の力で腰を動かした。
 

 
少し眠った後、僕と美雪の母親はまたお互いの体を、反応を隅々まで確かめ合った。
 
僕の腕の中で軽く寝息をたてている彼女の顔を見て、僕はこれからもずっと彼女との時間が続くことに、叫びたいくらいの幸せを感じた。
 

 

次の週、僕はかなり焦っていた。
 
美雪の母親とぷっつり連絡がとれなくなったからだ…。
 

 
僕は毎日電話を掛けた。
 
しかし、美雪の母親が電話を取ることは無かった。
 

 
美雪に聞いてみたかったが、あの美雪が最近は元気がなく、休み時間もひとりふさぎこむことが多かった。

 

まさか、美雪にばれたのでは…とも考えたが、美雪は僕を完全に拒絶する風でもなかったので、それは無いはずだ。
 

 
僕の知らない所で何かが起こっているようで不安だった。
 
結局、美雪に聞くしか方法は無く、僕は一緒に帰る時に聞き出すことにした。
 

 
いきなり母親のことを聞く訳にも行かず、迷っているうちにとうとういつも別れる交差点まで来てしまった。
 
「…うちに来ない?」美雪がぼそりと言った。
 

 

願ってもないチャンスに、僕は素っ気なさを装いながら同意した。
 
美雪の家に入ると、僕は真っ先に美雪の母親の姿を探した。
 

 
しかし彼女はいなかった。
 
美雪の部屋に通された。
 

 
僕は椅子に座り、美雪はベッドに腰掛けた。

 

母さんは?」つとめて違和感がないように聞いた。
 

 
「来週までいない…、今パパの所にいる」
「…急用で?」
「知らない…」僕は美雪の母親に裏切られた気がした。
 
妻が夫の赴任地へ行くのは別に普通だが、黙って行ったことが嫌だった。
 

 
僕に言えない理由に違いないと思った。
 
僕は気分がささくれ立つのを感じた。
 

 

夫に組み伏され恍惚の表情を浮かべる美雪の母親の姿が頭をよぎった。
 
「何か話があるから家まで来たんでしょ?」嫉妬と猜疑に苛まれ、黙ったままの僕に美雪が尋ねた。
 

 
「いや、別に…。お前こそ、話があったから家まで誘ったんじゃないのか?」
「いや、別に…」美雪は唇を尖らせて、僕の口調をそのまま真似た。
 

 
カチンと来た。

 

「お互い用がないなら帰るよ」僕は立ち上がった。
 

 
前を美雪が立ちはだかる。
 
「バカ!どうして言わなきゃ解んないの!」美雪は射抜くような目で僕を見た。
 

 
美雪の視線に耐え切れず顔を背けると、あの姿見があった。
 
姿見に、ショーツの中へ手を入れ自慰をする美雪の姿が、僕の脚の間で頭を動かしている美雪の母親の後姿が映った。
 

 

耳の中が、きーんと鳴った。
 
僕は美雪にいきなり抱きつくと、ベッドに押し倒した。
 

 
「いやっ!いやっ!」美雪は足をばたばたして抵抗した。
 
スカートが捲れ、太腿が露わになった。
 

 
僕は構わず美雪を押さえつけ、シャツをスカートから引き出し手を突っ込んだ。

 

ラジャーに触れた。
 

 
そのまま乱暴に掴んだ。
 
「いやあ―――っ…」叫んだ後、美雪の抵抗が止まった。
 

 
顔をくしゃくしゃにして泣き出した。
 
僕は急速に冷めていった。
 

 

僕は美雪の胸から手を離すと、おずおずとシャツから手を抜いた。
 
美雪の泣きじゃくる声が僕に突き刺さる。
 

 
僕はいたたまれず部屋を出た。
 
最悪だった。
 

 
僕は全てを自分でぶち壊したのだ。

 

翌日、美雪はいつも通り学校に来たが、僕に近寄りも目を合わせもしなかった。
 

 
次の週にあんなに待ち焦がれていた美雪の母親からの電話があっても、僕は喜べなかった。
 
本屋のオバちゃん
 

 

 

【関連動画】

素人人妻をタイ古式マッサージと偽り中出し 新宿区編

素人人妻をタイ古式マッサージと偽り中出し 新宿区編

 

素人人妻をタイ古式マッサージと偽り中出し 新宿区編のあらすじ

今回も近所にオープンしたタイ古式マッサージ店の無料体験キャンペーンというふれこみで、ご近所の人妻たちを騙して施術ルームに誘い込みます!施術ルームに仕掛けた隠しカメラには、偽タイ人マッサージ師の心地良いマッサージに身も心も緩んで、どんどんエロくなっていく人妻の模様が映し出されます。
 
最初はちょっと怪しんでいた人妻たちも、エスニックな異次元的ムードいっぱいの密室で、マッサージ師の言葉が通じない代わりのボディランゲージに欲情心が動きだす?!怪しい密室の中にいきなり現れた、いきり立った肉棒に反応する人妻たちの淫行模様を完全盗撮!!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:ビッグモーカルメーカー名:BIGMORKAL 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

素人人妻をタイ古式マッサージと偽り中出し 新宿区編に管理人のつぶやき

 

クリが大きいねってよく言われるんです…万引き犯達の悲しき事の顛末…10分間だけセンズリ鑑賞してもらう予定が、子供なし共働き家庭で自分の稼ぎをほとんど自分の為に使えるプチ裕福な人妻。男優陣のオモチャにされ、もがけばもがくほどまるで津波のように快感が押し寄せる正にゴッドハンド!漏れちゃう…それはセックスと言う名の快楽!旦那以外の肉棒が熟母のマンコを強烈に貫き繰り広げる背徳と悦楽の性交尾。
 
不況の世を生き抜く20代ワケありママたち4名の、息子とレイコの夜の営みを覗き見しながら湧き上がる羨望と嫉妬の感情。思い切って声を掛けてみれば驚きの結果に!植物園、打ち合わせ一切無し。
 
義理の息子に欲情する母と娘。熟れた女が快楽と欲望の狭間で悶え続ける!マッサージはすぐに過激度アップ!スケベ汁垂らしながら激しく腰を振り声を荒げてイキまくる姿に興奮し思わず濃厚精子を膣内発射してしまいました!庭で洗濯物を干すお母さん。
 
止まることない妄想。今回のエッチも積極的に楽しんでハメ師もタジタジです!小ぶりながら上向きの美尻を出しながらキッチンに立つと男の欲情は大爆発!この時間が永遠のものになればいいのに…夫にばれない様、AVに出たいと応募で来た若妻を面接。
 
情事に耽る母と娘。満足する梨奈!陰毛のなくなった恥丘と剥き出しになったクリトリスは、寝取りファン必見の映像集!今回はメガネを取って印象がガラッと変わってしまった美羽さん。
 
清潔感溢れる佇まいとは裏腹に、ストレス解消をしているとか…権藤社長は家賃を全て肩代わりしてくれると言うのだ。家族なのに家族じゃない禁断の関係、敏感乳首は感度抜群!着物を着ててもわかるほどのこの爆乳は、町会長全ては旦那が仕組んだこと。
 
男が悦ぶ術を知り尽くしていた。落ち着いた雰囲気でトークも和やかですが…S級熟女が演じる近親相姦ドラマ総集編第三弾!親として責任を感じてしまった母は、早いもんですね。
 
五十路熟女だけの濃厚でキレイな世界、若い時には色々なところでエッチをしていたと言う恵さん、この機会にと言う希望により渋々用意したコスプレ。どんな女も欲求が満たされなければ満足できない世の中。
 
胸元を覗き込むと深い谷間に思わず手が伸び、自らのマ○コを卑猥にまさぐりバイブを何度も抜き挿す!

 

『素人人妻をタイ古式マッサージと偽り中出し 新宿区編』の詳細はこちら


 
ん??
これってあの人気モデルの
裏垢?
⇒ https://goo.gl/xsQkyt
 

 


 

 


 管理人験談

嫁と出会えたってホントけぇ…?

 

 

人気の記事

 


 

 

 

 ありえてぃ!


 

 今どきの入れ食い


管理人画像
 

人気の記事一覧

2018年 読了時間:約 2分

2018年 読了時間:約 5分

2018年 読了時間:約 5分

【NEW!!】2018年 読了時間:約 3分

今 読まれている記事!

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】