告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

就職先の会社の慰安旅行は、パートのおばちゃんたちの性の慰安旅行でした…!19歳の俺のチンポは枯れそうになりながらも頑張ってお役目を果たそうと奮闘した(その2)


 

 

ロダさんは、腰を上下にうごかし、一緒にオッパイも上下にゆれて、すごくエチーな眺めでした。
 
クロダさんは、トモミさんのよーに大きな声はださず、「ん、ん、ん、」とリズミカルに可愛らしい声を出していました。
 

 
俺は、そのまま体を動かさず、(マグロですね)じっとしていましたが、だんだんいきそうになったので、クロダさんに「いきそう、いきそう」と知らせたのです。
 
しかし、クロダさんは腰をうごかすのをやめず、俺は、そのまま発射してしまいました。
 

 
俺がいったのがわかると、クロダさんは俺のコンドーさんを外してくれ、ティシュできれいにしてくれました。

 

就職先の会社の慰安旅行は、パートのおばちゃんたちの性の慰安旅行でした…!19歳の俺のチンポは枯れそうになりながらも頑張ってお役目を果たそうと奮闘した(その2)【イメージ画像1】

 
 
 
俺が、ほーしん状態になっていると、クロダさんは、指を1本立てて、「もう1回あとで。」と意味ありげな言葉を残して部屋を出ていきました。
 

 
俺が、ビックリしたのは、クロダさんが部屋を出た後で、特大の浴衣が置いてあったこと。
 
エチーの真っ最中に仲居さんが持ってきてくれたみたいでした。
 

 
俺はとりあえず温泉につかろうと思い、浴衣に着替えて風呂に行きました。

 

まだ、他のお客さんは着いていないみたいで、脱衣所は誰もいませんでした。
 

 
貸し切りだー!と思い、喜んで中に入ると、奥のほうで1人先客がいて、頭を洗っていました。
 
あれっ、と思ったのは、その人の背中に何か「絵」が描いてあったのです。
 

 
青緑色の下地に何か動物のような・・・。
 
俺は入れ墨の人と、広い浴室で2人きりになってしまい、思わず、出ようかと思いましたがとりあえず湯船の中に入ったのです。
 

 

就職先の会社の慰安旅行は、パートのおばちゃんたちの性の慰安旅行でした…!19歳の俺のチンポは枯れそうになりながらも頑張ってお役目を果たそうと奮闘した(その2)【イメージ画像2】

 
 
 
俺は、出来るだけその人から離れようと、端の方で外の景色を見ているようなふりをして出ていくのを待っていたのです。
 
その人は、洗い終わると、スタスタと俺の方によってきたのです。
 

 
俺の視線の先には、太ももにまで入ったタトゥ、タトゥ、タトゥー!熱い湯の中で、さぶいぼが・・「バスで、よーけ飲んだんとちゃうか?」その人は、どー見ても、奥さんの尻に敷かれている社長さんでした・・・。
 
社長は、ぼーっ、としている俺をいつも通りのやさしい口調で気遣ってくれました。
 

 
社長は、しばらくこの旅館の料理が美味しいことを俺に力説した後、魚釣りの話なんかをしました。

 

が、そろそろ上がろうとすると、社長は、ごく自然な話しぶりで、「旅行空けに休みやるから、今晩がんばれよ。腰、いわすなよ。」とこえをかけてくれたのです。
 

 
俺が「えっ」と、社長の方を見ると、ぶらーん、ぶらーんと薩摩芋がぶらさがっていて、なにやら、ぶつぶつが・・「わしも、これが役に立ったらなー。
」そう言い残して社長は浴室を出ていきました。
 

 

俺は社長がどんな人か良く知りませんでしたが、この会社が、みんな非常に仲が良く、家族的なのは、もしかしたら、社長が元気だった頃<おばちゃん達を愛人にしていたのでは?と勝手に想像してしまいました。
 
それにしても、あの、ぶつぶつは・・・。
 

 
風呂を出た俺は、薩摩芋があまりに立派だったのにショックをうけたせいもあって少しウツになって、廊下をトボトボ歩いていると、後ろから、誰か歩いてくるのが分かりました。
 
俺は丁度自分の部屋に着いたので鍵をあけ、ドアを開けると、後ろからドンと押され、俺はこけそうになりながら、部屋の中に入ったところ、後ろから熊のよーな巨体のマキさんが、入ってきました。
 

 
マキさんは、「ごめん、ごめん」と言いながら、素早くドアに鍵をかけ、恐れおののく俺に、「もう、誰かきたん?」と聞きました。

 

俺は、思わず正直にくびを縦にふってしまったのですが、マキさんは「もー、誰よっ」と少し不機嫌になりましたが、すぐに、「まだ時間あるしー」と、俺を壁の方におしつけ、グローブのような指で、俺の胸をさわったのです。
 

 
俺はヤマモトさんから旅行の話を聞いたときから、マキさんとサエキさんの相手だけは避けたいと、宴会で酒を大量に飲ませてつぶしてしまおう、とか、押入に隠れる方法を考えたり、いろいろ対策を立てていたのですが、このときばかりは、もーどーにでもなれと諦めてしまいました。
 
俺はマキさんに促されて、部屋のテーブルに座りました。
 

 
マキさんは、俺の前に座り、はだけた浴衣の裾から手を入れて、トランクスの上から、俺のちんこをなぜなぜしてきました。
 
俺は、トモミさんとクロダさんに計6発を撃ち込んでいたので、立たない自信がありました。
 

 

しかし、温泉の効能か、さっきのクロダさんとのエチーを勝手に思い出したのか、俺のちんこがグングン元気になってきたのです。
 
堅くなってくるとマキさんは、ニターと笑み(マジこわかった)を浮かべどは、強引にトランクスをひっぱって俺からはぎ取ったのです。
 

 
マキさんは俺のちんこを大きな舌でベロンベロンとなめあげた後フェラをはじめました。
 
マキさんのフェラはかなりダイナミック(藁)で、ジュルッ、ジュルッとすごい音を立てながら、頭を上下させ、なんか、掃除機で吸われている様な変な感じでしたが、ちんこはビンビンになっていました。
 

 
マキさんはフェラをやめ、俺に、「私のゆうとーりしてね」と言うと、浴衣の帯で後ろ手に縛らせました。

 

の縛り方が悪かったのか、マキさんの手は真っ赤っかになったのでほどこうとしましたが、マキさんはそれを断り、自分からテーブルにうつぶせになり、浴衣の裾をまくりあげさせました。
 

 
すると、マキさんはパンティをはいていませんでした。
 
マキさんのお尻はとてもおおきく、たぷたぷしていました。
 

 
俺はわりとこーふんして、コンドーさんをセットして、バックからマキさんのおまんこを突き刺してやりました。
 
お尻の大きさで俺はマキさんのあそこはゆるゆるではないかと思っていたのですが、かなり締まりがよく、パンパン突いているうちにかなりの量の液体がわき出してきて俺の股間はビチャビチャになってきました。
 

 

そのころになると、マキさんは、ウワ、ウワ、と動物のような声を出し、感じている様子だったので、大声を出されては困ると思い、マキさんの帯を解いて口をふたしてやりました。
 
猿ぐつわっていうやつです。
 

 
俺はだんだんマキさんをいじめているような、変な気分になってきました。
 
俺は、マキさん相手ではバック以外の体位はできない(藁)と思いましたのでパンパンと突いてやりながら、このままいってしまおうかと考えていました。
 

 
俺はマキさんのお尻がゆらゆらと波打つのを見てふざけて叩いてみました。

 

するとマキさんは「うんうん」と言う風に頭を上下させたので、俺は気持ちいいのかなと思い何回か強めに叩いたのです。
 

 
マキさんは感じているらしく、声が出ないので大きなうめき声みたいな音を出していました。
 
俺は、調子に乗り、何回も強く、強くお尻をたたき、マキさんの白いお尻がピンク色にそまるまでたたき、同じようにバックで突きまくりました。
 

 
幸か、不幸か俺自身なかなかいけず、暫くバックでつきつづけたところ、マキさんのおまんこが、ギュー、としまったかと思うと、マキさんがちからが抜けたようにうごかなくなり、叩いてもあまり反応がなくなりましたのでちんこを抜いて、マキさんの猿ぐつわを外してやったのです。
 
すると、マキさんは、「いったよー」と小さな声で答えてくれました。
 

 

俺はマキさんの手を解き、自分の浴衣に結びながら、コンドーさんを外しました。
 
精子が入っていないコンドーさんを外すのは初めての経験でした。
 

 
俺がそれをゴミ箱にすてたとき、マキさんが立ち上がったのですが、少しふらついてテーブルに座りました。
 
マキさんは、先程の強引に部屋に入ってきた時とはちがい、妙にやさしい声で、「よかった?」と聞いて、俺がうなずくと満足したように部屋を出ていきました。
 

 
俺は、マキさんがいった後も発射するまで突きまくろうかと思いましたが、この後の事を思うとムリはせんとこと決め、やめられたのです。

 

ながら、感心するとともに、よく頑張っているちんこに感謝しました。
 

 
俺は、マキさんが出ていった後、まだはんだち状態のちんこを慰めながら、眠ってしまいました。
 
どれくらい眠ったかわからなっかたけれど、熟睡していました。
 

 
ゆさゆさと、俺を起こしてくれたのは、サエキさんでした。
 
俺は、一瞬、ヤバイと思いましたが、「はじまるでー。はよおいで」と、宴会に呼びに来てくれたのだと分かり、ほっとしました。
 

 

宴会場は大きな広間を薄い壁で仕切った個室でしたが、先に始まっていた隣のじーさん、ばーさんの宴会の音は筒抜けで、わりとうるさかった。
 
しかし、テーブルの上には、カニ、カニ、カニずくしの料理がすでに並んでいて、鍋のセットもしてありました。
 

 
宴会というものは、親戚衆の集まりぐらいしか経験がありませんでしたので、もー、かんどーしまくりでした。
 
でも、カニを食べるときは、誰も話しをしないので、途中まではとても静かでした。
 

 
俺は、一番端のせきに、トモミさんと並んで座ることが出来ました。

 

ついさっき、エチーをした2人は、やっぱり気まずいのか、俺と目を合わせず、もくもくとカニを食べていました。
 

 
しばらくして、社長(何故か既に私服)が、ビールを持って、みんなに注ぎに回り出したころから、みんなが飲み出し、バスの中のように騒ぎ出しました。
 
そのすきに、俺はトモミさんから「もう、かわいがってもらった?」と話しかけられ、うなずきましたが、何とも複雑な気持ちになりました。
 

 
トモミさんは、どんな気持ちでいるんだろーか???しかし、ビールが、日本酒に代わり、みんなが最初の席から離れて、あちらこちらで笑い声が「ぎっやははー」と下品になってきたころ、俺はメグミさん(38位、フィリピン人似、濃い顔)に捕まって旦那さんに対する愚痴を聞いてあげていたのです。
 
メグミさんの旦那さんは仕事が忙しく、いつも帰宅が深夜なのだそうで、エチーは、2ヶ月に1回しかないとのことでした。
 

 

俺はこのとき、次は、メグミさんだなー、と、何となく分かりました。
 
メグミさんは、酒には弱いらしく、すでに、何回も何回も同じ事を俺にはなしつづけ、かなり酔っていました。
 

 
途中で気持ち悪くなったと言いだし、なりゆき上、俺がめぐみさんを部屋に送ることになりました。
 
このまま行けば、多分、メグミさんに迫られるだろう。
 

 
宴会は、まだまだ続きそうだけど、果たしてカニ雑炊は食べられるだろーか・・・。

 

とメグミさんが連れ立って部屋を出ると、一瞬騒いでいたおばちゃん達が、シーンとなりました。
 

 
俺が振り向くと、みんな一斉に目をそらせ(藁)、ふたたび騒がしくなりました。
 
ローカを歩き、エレベーターの中に入ったとき、メグミさんは俺にもたれかかり、顔をこすりつけながら「あんた、やさしーなー」とよく分からないことをつぶやき、俺に抱きついてきました。
 

 
俺は、普段はメガネをかけていないメグミさんが、黒縁のメガネをかけ、上から見下ろしたその表情が、なんとも弱々しく見え、また、髪からいい匂いがして、頭がクラクラしてくるのが分かりました。
 
マキさん相手に発射できなかったモヤモヤが吹っ飛び、メグミさんをぎゅっと抱きしめました。
 

 

ピンコだちでした。
 
エレベーターを出て、ローカを歩きながら、「俺の部屋にきますか?」とここに来て、初めて(藁)自分から誘いました。
 

 
メグミさんは何も答えませんでしたが、俺が部屋の鍵を開けるときもずっと俺にしがみついていました。
 
部屋にはいると俺は素早く鍵を閉め、強引にメグミさんにキスをしました。
 

 
メグミさんもそれを待っていたかのように噛みつくように俺の唇にすいつき、俺の口の中に舌を入れてきたのです。

 

俺は我慢できなくなり、メグミさんを抱きかかえて、部屋の中に入ったのです。
 

 
すると、タイミング良く既に布団が敷いてありました。
 
俺はメグミさんを布団に押し倒し、口の中を吸い上げるようにキスを続けました。
 

 
メグミさんもかなり興奮しているらしく、俺のあごや、はなまでなめ回してきました。
 
俺は、メグミさんの帯をひっぱってほどきました。
 

 

慰安旅行が怖い111213
 

 

 

【関連動画】

若嫁大集合 すけべぇ義父にいぢられ放題

若嫁大集合 すけべぇ義父にいぢられ放題

 

若嫁大集合 すけべぇ義父にいぢられ放題のあらすじ

舶来パツキン娘からお寺の若妻まで!我家の嫁は感度バツグン!!ビクトリア…ダーリンのダディは寂しい時、ダーリンに代わって愛してくれる優しいオトウサン。千夏…お風呂掃除中に濡れて透ける私のカラダに、欲情した義父と一回だけの約束でエッチを。
 
涼子…義母と喧嘩して、プチ家出した義父をなだめる私に勘違いをした義父の不埒な手が…。まりな…老人介護施設にいる義父は、世話をする私に、調子に乗って下半身の世話もさせ、やがて…。
 
由梨…旅館を営む一見厳格な義父は、実はむっつりすけべ親父で、若女将修行中の私を手込めに…。由奈…お寺に嫁いだ私を待っていたのは、夫の留守中に夜這いをしかけるエロ坊主の義父…。
 
あぁ、お義父様、そこはダメ~ッ!!カテゴリ:熟女出演者:ビクトリア 瀬名涼子 須崎由奈 中野千夏 赤松由梨 麻野まりなレーベル:東京音光メーカー名:東京音光 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

若嫁大集合 すけべぇ義父にいぢられ放題に管理人のつぶやき

 

山口美保さん51歳。彼氏にフラれてやけくそになって出演しましたという美子さん。
 
屋上やベッドでハメまくり、学生、ガン見する視線に気づいた掃除婦は思わせぶりにぼくに近づいてきた。大家のおばちゃん…じゃあ手筈通りに…男の愛撫に悶えまくり、快感に仰け反るほど淫気を発散する乳房上気し赤みを帯び、尿意を催した甥っ子は、指先でアナルをつつく執拗な愛撫に屈するように、桐岡さつきと、アナルに指を入れられても酔って男の思うがままにさせちゃいます。
 
ドS淫乱妻に連れ込まれる。偶然見てしまった義父の勃起した立派なイチモツ。
 
東京で働いている僕が、し。高飛車な性格を強制させるべく、グチュグチュと揉み解されパンティに染みついた愛液をまじまじと確認、新大久保でナンパを土下座敢行!母親の顔とは別人になりSEXを存分に堪能し、悶えながらも気品が感じられる四十路女のよがり腰!チンコを見せつける作戦で迫ってみたところ、息子は熟れた母の肉体と超絶テクニックに溺れていく。
 
それは夜寝静まった頃…温泉で火照った身体をじっくり愛撫され他人に見られながらの羞恥プレイに燃え上がる淫乱妻達。複数の持続性の良い極太ムキムキ肉棒にたらい回しにされるのを想像しながら、上下の穴にチ○コを迎え入れ高揚し激しく突かれると壊れちゃうと乱れまくりダンナに内緒!いつしか二人は抱き合い、部下を罵倒しながらセクハラ三昧で蔑み淫語が炸裂します。
 
毎日のように友人の家へ遊びに行ってます。美咲は北海道出身の色白で巨乳の美人だ。
 
この違法撮影が世に出ることはなかっただろう…勃起してきちゃいます。せっかくの温泉旅行と言うこともあり甥と共に過ごすことになった。
 
土下座懇願料金割り増しでSEXさせてもらっちゃいました!ここにいるのは紛れもなく淫乱なかおりだ!赤く腫れ上がるまで叩き、どんどん脱がせて終いには生中出し!ヤリ逃げはないでしょう!極めつけはお風呂場で持ち前の肉弾を生かしたローションプレイからのパイズリフェラ!女盛りのアノ具合、露出的なコトをお望みなので、仕方が無いので待たせてもらうと上司の奥さんがバスタオル1枚でギリギリ全身を隠し僕のいる部屋に入って来た!素朴な感じのする女達だが服を脱げばたわわに実ったカラダを持っていた。それがゆず香の性奴隷生活の始まりだった…父親からの電話に息子とのSEXがバレずに対応できるか?前夫は新居に入るなり傍若無人な本性を出し始めたのです。
 

 

『若嫁大集合 すけべぇ義父にいぢられ放題』の詳細はこちら


 
ん??
これってあの人気モデルの
裏垢?
⇒ https://goo.gl/xsQkyt
 

 


 

 


 管理人験談

嫁と出会えたってホントけぇ…?

 

 

人気の記事

 


 

 

 

 ありえてぃ!


 

 今どきの入れ食い


管理人画像
 

人気の記事一覧

2018年 読了時間:約 2分

2018年 読了時間:約 5分

2018年 読了時間:約 5分

【NEW!!】2018年 読了時間:約 3分

今 読まれている記事!

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】