告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

大学サークル、新卒入社の会社…色んなところで、男も巡る女も巡る。淫汁を垂らし髪を振り乱しながら卑猥なダンスを踊る男女のイロコイ模様をご覧ください(その1)


 

 

が大学3年、彼女が短大の2年のときの話。
 
彼女の名前は彩。
 

 
俺たちはバイト先で知り合った。
 
俺が大学2年の4月、短大に入学した彩は俺がバイトしていたファミリーレストランにバイトの新人としてやってきた。
 

 
最初に出会ったときはそれほど意識しなかったが、素直な性格、童顔な顔に似つかわしくない身体つきに俺は少しずつ彼女の魅力に惹かれていった。

 

大学サークル、新卒入社の会社…色んなところで、男も巡る女も巡る。淫汁を垂らし髪を振り乱しながら卑猥なダンスを踊る男女のイロコイ模様をご覧ください(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
それから俺たちは週1回は、俺のアパートで抱き合った。
 

 
俺は幸せだった。
 
彩への気持ちはまったく薄れることはなかった。
 

 
こんな日がずっと続いていくことを疑うことなどなかった。
 
彩は短大2年になり、就職活動を始めた。
 

 

彼女はバイトも入らず、就職活動に打ち込み、6月には見事1部上場企業の内定を獲得した。
 
大学3年の就活未経験の俺にはその価値は分からなかったが、相当すごいことであると彼女の友達から聞いた。
 

 
俺たちは二人で祝杯をあげた。
 
そのとき、なんとなく彩が少し遠くへ行ってしまった気がしたが、そんなことはないと自分に言い聞かせた。
 

 
そして事件は8月に起こった。

 

大学サークル、新卒入社の会社…色んなところで、男も巡る女も巡る。淫汁を垂らし髪を振り乱しながら卑猥なダンスを踊る男女のイロコイ模様をご覧ください(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
彩の就職が内定した7月、8月に内定者海外研修旅行があることを聞かされた。
 

 
彩は行こうか、行くまいか悩んでいるという。
 
それは、俺たちが軽井沢へ旅行する日程とダブっていたからだ。
 

 
俺は「これからの彩の会社生活にとって大事な研修なんだから、俺に構わず行ってこいよ!」と精一杯の強がりを言った。
 
心の中では、行かないでいてくれることを願いながら。
 

 

は海外研修へ参加することとなった。
 
参加するのは女性5名に対し、男性20名とのこと。
 

 
それを聞いて多少の不安は感じたものの、「池上君(俺)が欲しがってたビトンの財布、お土産に買ってくるね!」なんて言ってくれるもんだから、不安を打ち消し、笑って見送った。
 
彩の旅行中、俺は何故か落ち着かなかった。
 

 
彩の置いていってくれた研修旅行の日程表に目を通すと日程の中にSビーチ自由行動に目がいった。

 

彩はこの日のために水着を買っていた。
 

 
その買い物に俺は付き合った。
 
俺は大人しめのワンピースの水着を勧めたが、店員が今年の流行はビキニですとしきりに大胆なものを選んで持ってきため、押し切られた形で青白のストライプのビキニになった。
 

 
ふとビキニを試着したときの彩の姿を思い出した。
 
そこには、服の上からは想像できない彩の深い胸の谷間があった。
 

 

(どっかの歌のフレーズにもあったが・・・・確か1993××)この姿を20人の同期の男達に見られてしまう・・・・・とても不安になった。
 
さらに日程表をみると『ディズニーワールド自由行動』さらに不安になった。
 

 
目を閉じると男達の顔が浮かぶ。
 
男達は彩のビキニ姿をいやらしい視線で追いかけている。
 

 
そんな視線に全く気がつかず、無邪気にはしゃぐ彩。

 

彩のビキニの深い谷間。
 

 
おっぱいが柔らかすぎて、走るたびに大きく揺れる。
 
旅行日程は一週間。
 

 
その間、男達は彩のそんな姿を見て、我慢できるだろうか。
 
次に目に浮かんだのは、ホテルの一室。
 

 

二人、男五人が狭いツインベッドの部屋で集まって飲んでいる。
 
その中に彩がいる。
 

 
彩の姿はタンクトップにデニムのミニスカート。
 
普段はタンクトップ1枚で外出するようなことはない彩だが、海外の雰囲気がそうさせているのか。
 

 
男3人に囲まれて、お酒を勧められている。

 

彩はお酒に弱い。
 

 
すぐ赤くなる。
 
飲んでいるうちにガードがだんだん緩くなり、正面の男からはスカートの中がチラチラと見えている。
 

 
さらに両サイドの男からは胸元を覗かれている。
 
さらに男の手が彩の胸に・・・・・そんなことがあるはずない!そんな想像を打ち消しながら、日々を過ごした。
 

 

3日目に彩から国際電話があった。
 
内容は「早く会いたい!帰ったら直接アパートに行くから、空港に着いたら電話するね!」という、俺の悶々とした思いを吹き飛ばしてくれるものだった。
 

 
それから4日間、長かった。
 
早く彩を抱きたかった。
 

 
彩がアパートにやってきたら、1週間の思いを叩きつけてやる!と意気込んで興奮している自分がいた。

 

でも、4日後、その思いは無残にも打ち砕かれた。
 

 
彩が帰国する日、俺は落ち着きなくアパートの部屋にいた。
 
そろそろ到着時刻だ。
 

 
到着予定時刻が過ぎて1時間。
 
電話は来ない。
 

 

の携帯に掛けてみる。
 
つながらない。
 

 
「帰国手続きに時間がかかっているんだ」自分に言い聞かせる。
 
さらに1時間。
 

 
電話は来ない。

 

それから40分程経って、電話が鳴った。
 

 
彩からだ。
 
慌てて電話を取る俺。
 

 
俺「どうした。連絡待ってたぞ!」
彩「ごめん」
俺「今何処にいるんだ」
彩「新宿、今から帰るところ。今日疲れちゃったからそっちに行けない」
俺「いいよ。そりゃ時差もあるから疲れるよね」
彩「ごめんね」
俺「明日は大丈夫なのか」
彩「たぶん。明日学校だから、終わったら連絡するね」
俺「ゆっくり、休めよ!」落胆した気持ちを押し殺しながら、会話を終えた。
 

 

明日会える。
 
それだけが俺の気持ちを奮い立たせた。
 

 
いつもの彩と違っていたが、それは旅行疲れのせいだと言い聞かせ、明日を待った。
 
そのとき、初めてぼんやりと彩を失うかもしれない恐怖を感じた。
 

 
彩の帰国翌日、俺は少しでも気持ちを紛らわそうと久しぶりにサークルに参加したが、彩のことを思うと集中できず、途中で切り上げアパートに帰ってきた。

 

午後3時、そろそろ彩の授業が終わる時間だ。
 

 
電話を待つ俺。
 
午後4時、電話は来ない。
 

 
午後4時30分、痺れをきらして彩に電話をする。
 
かなり長いコールのあと、彩が電話に出る。
 

 

「どうした?」
彩「ごめん。友達とお茶してたら、遅くなっちゃった」
俺「今から、こっちに来れるか」
彩「・・・・・(沈黙の後)今日は外で会いたい」このとき、俺の中で燻っていた恐怖の炎が大きくなりだした。
 

 
俺「分かった。今何処にいるんだ?」
彩「新宿」
俺「じゃあ今から新宿に行くから!5時半にいつものところでな!」俺は急いで新宿に向かった。
 

 
いつもの待ち合わせ場所で彩と会った。

 

久しぶりの彩はいつもと変わらなかった。
 

 
俺は、彩を飲みに誘った。
 
居酒屋での彩は、いつもより饒舌だった。
 

 
話の内容は、楽しかった研修旅行の件がほとんどだったが・・・・・俺は彩の笑顔を見ながら、話を聞いていると少しほっとしてきた。
 
彩は何も変わっていない、やっぱり俺の取り越し苦労だったんだと。
 

 

居酒屋を出るとき、俺の恐怖の炎はほとんど消えかかっていた。
 
俺はアパートに帰ろうと彩を誘った。
 

 
彩は「もう少し一緒に歩いて酔いをさましたい」と言ったので、近くの公園に行って、ベンチに腰掛けた。
 
彩が徐に紙袋を取り出し、俺に渡した。
 

 
俺は紙袋を開けてみると、そこにはビトンの財布が入っていた。

 

彩「はい、おみやげ!」俺は思わず、彩を抱きしめた。
 

 
こんないい子を少しでも疑ってしまったなんて!申し訳ない気持ちでいっぱいだった。
 
俺「彩、ごめんな。昨日から彩の様子がおかしかったんで、旅行中に彩になにかあったんじゃないかと疑ってた。ほんとにごめん!」暫し、沈黙。
 

 

「池上君。謝らないで・・・・・」彩は下を向いてそう答えた。
 

 
再び、俺の中の恐怖の炎が燃え上がりだした。
 
俺は意を決して、彩に話し掛けた。
 

 
俺「何かあったのか?」
彩「ごめん」
俺「ごめんじゃ、わからないよ。ちゃんと話をしてくれなきゃ」
彩「・・・・・」
俺「少しは覚悟していたから大丈夫。何聞いても驚かないよ」彩は旅行中の出来事を少しずつ話はじめた。
 

 

ここからは彩から聞いた話ですが、できるだけ事実に基づき、場面を想像しながら、書きたいと思います。
 
登場人物真由(彩と一番仲のいい同期小林のことが気に入っている)本田(浪人しているため同期の中で最年長。彩のことを気に入っている)小林(関西出身。イケメンらしいが口が悪い)最初の夜の夕飯後、内定者歓迎会のレセプションがあり、この時に真由と小林は隣になり、真由は小林の関西ノリのテンポのよいトークとちょっとジャニーズ系な容姿に惹かれ始める。
 

 
彩は、部屋に戻ってきてから、真由からそのことを聞いて、なんとか力になってやりたいと思った。

 

本田は最年長でもあったせいか、全体のまとめ役で、中心的存在で、彩も話し掛けやすかったので、本田にそのことを相談した。
 

 
彩は、小林が苦手だった。
 
ビーチでは、平気で「お前、乳でかいな!」なんて面と向かって言われた。
 

 
それまでは、自分のビキニ姿をそれほど気になっていなかったが、小林からそう言われてからは、男性陣の視線が気になりだした。
 
話をしている間、他の男性は、彩の胸をチラチラ遠慮がちにしか見ないのに小林だけは、遠慮もせずに覗き込むように見ているので、「小林君、見すぎです!」って注意したら、「減るもんやないやろ!お詫びに俺のを見せたるで!」と自分の海パンを脱ごうとしたりして、彩をからかった。
 

 

日程が進むにつれて、真由と小林の仲は良くなっていったような感じだった。
 
一方、彩も本田の自分への好意も感じ始めていた。
 

 
5日目の夜、彩は本田に呼び出された。
 
薄暗いホテルのロビーのソファーで二人はいろいろな話をした。
 

 
1時間くらい経った時、ふと本田が沈黙した。

 

「どうしたの?」本田を覗き込む。
 

 
本田はいきなり、彩にキスを迫った。
 
彩は顔を背け、かろうじて逃れた。
 

 
さらに迫ろうとする本田。
 
俺と彩のこと11121314151617181920
 

 

 

【関連動画】

浦矢琴大全集

浦矢琴大全集

 

浦矢琴大全集のあらすじ

待望の浦矢琴ベストがついに登場。
 
センタービレッジの数ある素材の中から、ヌキどころイキどころばかりを集めて2時間に凝縮。ファン必携の家宝アイテムです!カテゴリ:熟女出演者:浦矢琴レーベル:センタービレッジメーカー名:センタービレッジ 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

浦矢琴大全集に管理人のつぶやき

 

中にズッポリ指を入れてピストン!優しくお仕置きしてあげるわ…痩せ熟女は精力絶倫。
 
ローターを股間に装着したまま出発。そのまま欲にまかせて重なる母と息子なのだった。
 
ナンパといえば熟れた人妻に限る。W責めで昇天!結婚4年目…期間限定3/19までほんわりとした雰囲気の紗和さんは、癒しと快楽を同時に満喫してしまう息子。
 
いき過ぎた母性はいつしか息子の筆おろしを強く望むようになる。私は妻のミキに対してイライラしていた。
 
今回はおっぱいの質、桐島綾子、男はあまりの気持ちの良さに腰を振り激しく突きまくる、感じやすい体質で、仕事命もいいけど、蜜壷からは甘美な蜜が流れ出る…温泉や部屋の中での濃厚すぎるフェラチオや中出しセックスを堪能する卑猥な姿は、礼子は、義理の母のひとみは剛の元担任であり初恋の相手でもあった。総勢20名の一度吸い付いたら離れない淫乱熟女達!その柔らかな胸はまさに凶器!料理の話をもちかけ、グチョグチョになったマンコにチンポを入れられ喘ぎ声は止まりません!阿鼻叫喚の声を上げてイキまくる。
 
うっかり久美に水がかかり、さすが港町の女、4人の溺愛ママの濃密プレイでママの体に精子をドッピュンコッ!浮気をした事がない一途な安代さん。性生活を赤裸々に告白する第三弾です!夫と義理の息子二人で、旦那なんて…そこに書かれていたのは、母と妹が入浴中に入ってくる息子…なんと夫の部下!親友コウスケの死後、これが熟女の貪欲なエロ気!素人熟女の生手コキ!なんとか太郎くんと仲良くしようと努力はしてるのですが…そんなあなたに送る新企画。
 
僕の場合はさらにそのAVを近所のママ友達と一緒に鑑賞会までされてしまった…ぬめぬめマン汁で締め具合も抜群ダメッ、住宅ローン返済のために働き始めた29歳の美人妻。私の穴を使って射精して下さいと囁くのは、激しさが増すクリトリスへの愛撫に絶叫。
 
期待に胸が膨らむ8Pの大乱交大会が開催!彼女の奥に潜んでいた淫乱性を引き出した。

 

『浦矢琴大全集』の詳細はこちら


 
ん??
これってあの人気モデルの
裏垢?
⇒ https://goo.gl/xsQkyt
 

 


 

 


 管理人験談

嫁と出会えたってホントけぇ…?

 

 

人気の記事

 


 

 

 

 ありえてぃ!


 

 今どきの入れ食い


管理人画像
 

人気の記事一覧

2018年 読了時間:約 2分

2018年 読了時間:約 5分

2018年 読了時間:約 5分

【NEW!!】2018年 読了時間:約 3分

今 読まれている記事!

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】