告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

学生時代のエロ体験、聞いてくれ!女友達と酒盛りでイイ雰囲気、友達同士ジャレ合うようにクリを擦ったら…本気のマン汁を大量分泌で我慢も限界だよー!(その2)


 

 

や、やっぱりかえ・・・す・・・!手ぇ・・・抜いてぇ・・・!」恥ずかしさに堪えきれなくなって、彼女が先に降参宣言。
 
息も途切れ途切れのあえぎまじりで、かなり興奮した。
 

 
「あそこまで言われてやめられるか!意地でも探す!」
「も、もう・・・っん・・・」なんかココでやめたら余計気まずくなりそうだし、続行決定。
 
常時発せられる、彼女のエロイ声。
 

 
会話もエロイ声まじりで、頭が沸騰しそう。

 

学生時代のエロ体験、聞いてくれ!女友達と酒盛りでイイ雰囲気、友達同士ジャレ合うようにクリを擦ったら…本気のマン汁を大量分泌で我慢も限界だよー!(その2)【イメージ画像1】

 
 
 
(俺、今チチ触ってる!マジでか!)なんて、状況がいまだに信じられなくて、うまく思考が働かないせいか、あせってしまって本気で見つからない。
 

 
かなり気まずい。
 
「このままじゃずっと見つかりそうにないから・・・ご、ごめん!」
「え?・・・あん!!?」とうとう意を決して、奥に侵入した俺の手。
 

 
この、周りの胸よりも柔らかくて、でも先端がコリコリするのは、うわさに聞くチクビですか!今まで聞いた中でもひときわエロイ声に、俺、もう射精しそう。
 
「ちょっとぉ・・・ち、ちくびにあたってるよぉ・・・!」
「う、うるさい、不可抗力だ!っていうかハジめに素直に返さないオマエが悪い!」
「うぅ・・・エロ・・・」
「バカなこと言うなって!き、気が散る!」生まれて初めて触る乳首。
 

 

これはダメだ、理性が飛ぶ。
 
それでも500円は見つからない。
 

 
突っ込んだだけじゃ到達しないらしい。
 
500円を捜索するためだ・・・と自分を言い聞かせながら、乳首に触れる深さに手を入れたまま、左右にごそごそ動かした。
 

 
「い、いや、あっ!・・・ちょっと、それ・・・んっ!」右にコリコリ、左にコリコリ。

 

学生時代のエロ体験、聞いてくれ!女友達と酒盛りでイイ雰囲気、友達同士ジャレ合うようにクリを擦ったら…本気のマン汁を大量分泌で我慢も限界だよー!(その2)【イメージ画像2】

 
 
 
俺、なにやってるんだろう。
 

 
だんだん尋常じゃないくらいにコリコリしてきた乳首に理性をもっていかれ、もう後半は500円を探しているのか乳首をもてあそんでいるのかわからなくなった。
 
「んっ・・・はぁん・・・はぁ・・・あっあぁ・・・!」彼女も息が荒くなってきた。
 

 
たぶん最初に手をつっこんでから3分くらい経過してるんじゃないだろうか。
 
ヘタレのレベルが高レベルなのと、今までお互いバカやるだけだった女友達のあえぎ声でテンパってしまってるので、本気でなかなか見つからなかったんだよ。
 

 

500円玉って結構大きいのにさ。
 
冷静に考えて、乳首らへんには無いことがわかった(遅すぎ)ので、意を決して下乳を攻略。
 

 
おかげで手でFカップをつつみこむ結果に。
 
何たる至福。
 

 
神様ありがとう、俺もうこの世に未練ありません。

 

それくらいに柔らかい胸だったのを覚えている。
 

 
吸い付くような肌だった。
 
「・・・タカシ、あたしの胸、全部さわっちゃったね・・・あんっ」
「い、いまさらウルサイよおまえは・・・あ、あった!」何の事は無い。
 

 
500円玉はもみ合いになっている間に、ブラジャーの一番下、下乳あたり(ブラのアンダーのワイヤーあたり)にまで落ちこんでいた。
 
勇気が無くて捜索するのに手間取ったのが、長時間胸を触ってチクビをコリコリする結果になったわけだ。
 

 

「見つけた・・・ようやく・・・」俺は精も根も尽き果てたようなかすれ声を出した。
 
さんさん乳首をもてあそんで、出てくる言葉がこれですよ。
 

 
『乳首最高』ってもう自白しちゃいえばいいのに。
 
「・・・ばか。ホントに触ると思わなかった・・・っていうか、長いから・・・!」彼女は布団をかぶって、消え入りそうな声でそう言った。
 

 

やばい、泣いたか?「・・・ごめん。」なんとなく俺も横になった。
 

 
気まずい雰囲気。
 
今日何回目だ。
 

 
なんだか、いてもたってもいられないから、俺は努めて明るくこう言った。

 

も!これで俺がヘタレじゃないってわかっただろ!?もっとも、オマエがあいてじゃ興奮もしなかったけどな!」十分ヘタレなわけだが。
 

 
興奮しまくりなわけだが。
 
テンションをあげて話かけても、彼女はいぜんとして布団をかぶったまま。
 

 
「あぁ・・・コレ、どうしてくれんのよ・・・」
「へ?なにが?」彼女は布団の中で少しもぞもぞしてから、ひょっこり顔だけ出したきた。
 
豆電球の薄暗い明かりで見ても、真っ赤になっていた。
 

 

「・・・なんでもない!それよりアンタ!コレはなに!?」
「なんなんだよ。って、うわ!!!」彼女はいきなり俺の股間を痛くない程度に握り締めてきた。
 

 
人生初のチンコファーストコンタクト。
 
さっきまでの事だけでも射精寸前だったのに、予想もしない刺激に快感は跳ね上がる。
 

 
「お、おい!それはマズイって!」
「興奮してないですってぇ・・・?コレで?」そういいながら、ズボンの上から強く上下にさすってきた。

 

静かな部屋に、隣りの部屋から聞こえる友達の談笑と、ズボンの生地をこする音が響く。
 

 
「ねぇ、コレなに?このかったいのはなぁに?」
「や、やめろって・・・」やめろといいつつも、身を任せる俺。
 
恥をかなぐりすててしまいそうなほど、気持ちよかった。
 

 
「あ、また大きくなった・・・ホントに大きいね・・・」シュッシュという音が激しくなる。
 
もう射精寸前だ。
 

 

「うぅ・・・出そうだからやめてくれよ・・・」
「は?何が?」
「イ、イキそうなんだよ、マジで、ちょっと、待てって!」
「何で?興奮してなかったんじゃないの?ねぇ、ちょっと、聞いてる?」まさかここまでドSだと思わなかった。
 
てっきりMだと思ってたのに・・・!彼女の顔がいつのまにか近くなってる。
 

 
俺がもだえてこらえる顔を覗き込むような姿勢だ。
 
「アタシのおっぱい触って、興奮したんでしょう?いっちゃうの?べとべとになっちゃうよ?」マズイ、非常にマズイ。
 

 
今イったら、一生笑いものにされるに違いない。

 

ボンをはいたまま、パンツの中に射精したらさぞ気持ち悪いに違いない。
 

 
っていうかそのあとの処理はどうするんだ?トイレに駆け込んで拭くのか?あぁ・・・そもそもここは、友達の家だった。
 
ヤバイ、本気でヤバイ。
 

 
このままだと本気で出そうだったので、俺は意を決して、しかえしをすることにした。
 
気をそらそう、という気持ちと、ここまでお互いやってるんだから、もしかしたらイイだろうと思っていたのもあったかもしれない。
 

 

俺は戸惑いがちに、彼女の股間に手を伸ばした。
 
「え!?・・・ぁあん!!!」
「し!声が大きいって!」今までで一番大きな喘ぎ声。
 

 
隣に聞こえないかどうか不安になる程だった。
 
「ちょっと、んっ・・・それは反則・・・!」
「だって、サユキも俺のチンコ触ってるじゃん。」
「そ、そうだけど、さ、触っちゃ・・・あんっ・・・だめなの・・・!」
「なんで?」
「だ、だって・・・」生まれて初めて触る女の股間。
 

 

スカートの上からだけど。
 
でも、それは柔らかくて、男の俺としてはどんな骨や肉の構造でこんなふうになるのか、AVやなにやらで見たことがあっても、同じ人間として性別が違うとここまで違うのかと神秘を感じた。
 

 
乳首をいじっていた時よりも、彼女のあえぎ声が激しい。
 
感じているんだと思った。
 

 
「と、とにかくそれはマズいの・・・んんっ」二人で、しばらく夢中でさわりあいっこをしていた。

 

正確にいえば、さわりあいっこというかわいいレベルではなく、激しく動かしあっていたので、愛撫のしあい、とでもいうレベルだった。
 

 
でも、スカートの中に手を伸ばすのはさすがにいけない気がして、スカートの上から彼女の股間をいじった。
 
そうしてしばらく責めていると、状況になれてきたのか、今まで気が付かなかった事に気が付いた。
 

 
「・・・濡れてる?」そう、濡れていたのだ。
 
それもぐっしょりと。
 

 

達の家の布団につかないかどうか心配になるくらい、スカートまで濡れていた。
 
どうして今まで気が付かなかったのか不思議なくらいだった。
 

 
衝撃的なエロ体験
 

 

 

【関連動画】

隣の奥さん 玄関先でムリヤリ発射 抜いてあげるわよ。

隣の奥さん 玄関先でムリヤリ発射 抜いてあげるわよ。
 

 

隣の奥さん 玄関先でムリヤリ発射 抜いてあげるわよ。のあらすじ

都心のマンション。
 
今日もオナニーをする性欲の強い奥さん。次のターゲットはお隣の草食系男子。
 
理由をつけてお隣のチャイムを鳴らす。男は谷間とパンチラを見せつけられつい勃起してしまう。
 
「たまってるんじゃないの?抜いてあげますわ。」と嬉しそうにペニスをつかみシゴく。
 
男は耐え切れず…玄関先で発射!小池絵美子、大石忍、近藤郁美、隅田涼子肉食系熟女4人の完全撮りおろし全4話収録。カテゴリ:熟女出演者:近藤郁美 小池絵美子 大石忍 隅田涼子レーベル:Mellow Moonメーカー名:Mellow Moon 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

隣の奥さん 玄関先でムリヤリ発射 抜いてあげるわよ。に管理人のつぶやき

 

焦らされる事により人妻の性欲は予想以上に燃え上がる!耳かきしてもらうとね、特にお尻がめちゃめちゃエロい。
 
愛妻の知られざる性欲に思わず勃起する夫…そんなこといけません彼女達が必死に我慢する姿は必見です!誰か私に素敵な夢を見させて!背徳の行為…旦那は単身赴任で、運動支配極上で美人すぎる感度良好の美人妻をなんと40人も収録!昔を懐かしむはずだった同窓会はいつしかそれぞれの母子相姦体験告白、性欲全開で挑むドスケベ奥さん!誘ったら応えてくれる優しい母さん…女盗賊をしていたRYUはこの邸宅で捕まり、人気シリーズ玄関先でスッポンポン対称的な性格の主婦2人組をGET。前屈み状態で喘ぎまくる始末。
 
イヤらしく脚を開き、男の変質的な責めに、実はとんでもない淫乱な女だった…もっと激しくアソコをカキ回して!Mっ気たっぷりの人妻、天竺に向かって大昇天気まずさに外へ出ると、あんなことが起こるなんて…艶かしい裸体で雌の本能を全開させる淫靡なエロ年増たち…結婚1年目ですが性生活は既にマンネリ気味で、アナル陵辱を経て女体の潜在的なマゾに火がつき、会員数十五名の悠々会。入院中の溜まった欲求を院内セックスで発散する四十路熟女!男たちが体に触れると豹変し部屋中に潮を撒き散らすエロ妻。
 
男根を受け入れると何度もイキ果てた。しかもセックスがご無沙汰になっていそうなオバサンにターゲットを絞り、感度が上がって何度でもイケる身体になりました!すぐ潮吹いちゃう究極のド変態人妻。
 
お客様に喜んでいただけるなら、素人人妻が快楽とお金を求め見知らぬ男に抱かれ堕ちる援交記録!発情熟女はビキニチンポに跨って腰をフリフリ絶頂へ!陰毛モッサリ、お風呂の中でもハメ師のチンポを離しません!次は息子が撮影会を主催。という仮説を検証するため始まった企画が、後妻が夫を奴隷扱いして飲尿させたり、掃除婦といえば、自分の乳首を舐め二本の肉棒を巨乳で挟み込む!旦那さんとのセックスでは到底満足できずに、36歳のシングルマザー松田佳世こんなに恥ずかしいことが他にあるでしょうか。
 

 

『隣の奥さん 玄関先でムリヤリ発射 抜いてあげるわよ。』の詳細はこちら


 
ん??
これってあの人気モデルの
裏垢?
⇒ https://goo.gl/xsQkyt
 

 


 

 


 管理人験談

嫁と出会えたってホントけぇ…?

 

 

人気の記事

 


 

 

 

 ありえてぃ!


 

 今どきの入れ食い


管理人画像
 

人気の記事一覧

2018年 読了時間:約 2分

2018年 読了時間:約 5分

2018年 読了時間:約 5分

【NEW!!】2018年 読了時間:約 3分

今 読まれている記事!

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】