告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

女の子の気づかないフリってなんなんだろうな?俺は試しに、肩を揉むふりしてキャミ越しの谷間を覗きブラをずらし…どこまで突っ込まずにイケるのか試してみた!(その1)


 

 

は世間一般に言われている女友達・・っていうのはありえないと思っている。
 
良く女友達が口に言う男友達・・とは俺からしてみたら友達ではなく必ず体の関係があるけど友達って大きく言っている物だと俺は考えている。
 

 
※肉体関係でもいいという男(彼氏候補)にとってはまぁ許せるだろうが。
 
俺もそうだが、かわいくない女を自分の友達として付き合うだろうか?ある程度かわいい女と仲良くするのが筋ではないだろうか?皆どうだろう?そんな考えから俺自身も自分の目でためしてみたくなったのだ。
 

 
実験内容:1、一人の女友達とならどこまで行けるのか?そして友達ではない女みたいに最後までやるのはたやすいのか?という検証をしてみたくなった。

 

女の子の気づかないフリってなんなんだろうな?俺は試しに、肩を揉むふりしてキャミ越しの谷間を覗きブラをずらし…どこまで突っ込まずにイケるのか試してみた!(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
2、いままで何も関係の無かった友達を友達として肉体関係を持たずに女友達は拒みつづける事ができるのか?実験をする為、実験条件に該当する女友達を選ぶ事にした【条件】・肉体関係をしていない女友達・恋愛感情に発展した事がない・学生の頃から友達条件にあう友達を探してたらまさにこの実験にふさわしい女を選ぶ事ができた。
 

 
【スペック】名前:あき(仮)付き合い:女友達になって5年、もちろん肉体関係もなければ恋愛も俺としたことなし個人的な条件:一人暮らしあきと決めたわけだしまずは誘わない事には話が進まないまずは大前提として相手の家で飲むこと。
 
とりあえずメールを打つ事にした。
 

 
俺「久しぶりに飲みたいんだけど、いつ飲める」
あき「いいね?飲もう!どこにする?」
俺「ワインボトルを持っていきたいから家で」
あき「了解!ジャック(仮)の家にする?」
俺「いや、あきの家で・・。OK?」
あき「了解。他に誰かさそう?」
俺「いや、あきが呼びたいならいいけどできれば2人で・・」
あき「了解、じゃぁ仕事終わったら連絡頂戴ね。私のほうが早く終わるから家にいます」こんな簡単に見えるメールでもいくつかの罠に気がつかないあきはやっぱり友達だから気がつかないのかはわからないが、うまく誘えたので良しとした。
 

 

仕事も終わり、作戦を考える事にした。
 
まずはワイン!!あきはお酒が弱くもなく強くもない女だ。
 

 
ワインは別にお酒事体は強くないもののなぜか女は飲むとテンションを上げてくれるもってこいの酒だ。
 
いままでの経験上落す酒にはワインと俺は決めている。
 

 
しかし、ワイン事体そうそうたくさん飲める酒でもないし、女からみればそこそこ強い酒と思っている事が多いのでたくさん飲ませようとすると警戒心を持たせてしまう。

 

女の子の気づかないフリってなんなんだろうな?俺は試しに、肩を揉むふりしてキャミ越しの谷間を覗きブラをずらし…どこまで突っ込まずにイケるのか試してみた!(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
理想としては、女から飲んでくれる方がいい、そして一本全て女が飲んでくれるのがいい。
 

 
そこで、ワインはやめてスパークリングワインの「A○TI」にした。
 
俺用には芋焼酎の「○山」を購入する事にした。
 

 
おれが焼酎の訳は2つ・・。
 
1、あきが必ず1本飲ませること2、あきを酔わせようという意図がばれないように俺も強い酒を飲んでおくこと3、あきが飲むワインがなくなっても必然的に芋焼酎に切り替える事ができること。
 

 

ておきお酒も購入してあとはあきの家にいくだけだ・・。
 
あきに電話をした俺「仕事終わって買い物もしたから今からあきの家にいくけどいい?」
あき「いいよ?部屋片付けたし」
俺「10分くらいでつくのでよろしく?」歩く事10分!あきの家についた。
 

 
普段は長く感じる道のりもずっと未来予想図(いい方向)の事ばかり考えていた俺はいつもは長く感じるはずが、早く感じた俺「あき?着いたから迎えにきて」
あき「了解」あきが迎えにきた。
 
服装は夏だった事もあり、軽装だった。
 

 
上は白のキャミで下はジャージっぽいハーフパンツだった。

 

スタイルは身長は155cmくらいで細め、バストはDカップとCカップの間くらいだと思う。
 

 
俺「うぃ?す」
あき「はやかったね、ジャックの事だからもっと遅いと思っていたよ」
俺「思ったよりはやく終わったからね?」時間にして20時半くらいだったと思う部屋は相変わらず女の匂いがする、女らしい部屋だ良く部屋にいくので変わったところを探したが見当たらなかった。
 
俺が部屋に座るなり普段の会話がはじまるあき「仕事いそがしいの最近?」
俺「そうだね、最近いそがしいかな」
あき「適当につまみ買ってきたのと作っておいたけどこれでいい??」
俺「充分、充分!ビール買ってないけどあるよね?」
あき「あるよ?」そんなこんなで乾杯をした乾杯も終わり日常会話をしながら缶ビールを3本ほどあけた後そろそろあき専用ボトルを空けられると判断した俺はボトルを飲ませる事にした。
 

 
俺「そういえば買ってきたスパークリングワイン飲む」
あき「そうだね?のもうのもう」
俺「とりあえず俺甘いの苦手だから俺用の焼酎買ってきたから、ロックグラスお願いね」
あき「持って来るね」
あき「んじゃ?再度乾杯?」
俺「どう?おいしい?」
あき「うんおいしい」
俺「甘いけど平気?」
あき「カクテル間隔で飲めるから平気」とりあえず酔わす作戦は成功。
 
あとは時間があきを酔わしてくれる。
 

 

あとは、あきに悟られずにどういう展開で関係に持っていくかを考えるだけだった。
 
スパークリングワインも終盤に差し掛かり、あきを観察してみると顔が若干赤くなっていた。
 

 
テンションはあんまりかわっていないが、普段よりは良く笑うようになってきた。
 
あとはあき自身のガードを調べる必要がある。
 

 
ガード具合を調査するにはうってつけの方法がある、それは「マッサージ」だ。

 

「マッサージ」というのは女のガード具合を調べるには手っ取り早くかつうまくいけば最後までいけるとっておきの手段である。
 

 
ただし諸刃でもあり多少のリスクが伴う、マッサージを誘う時に失敗すると逆にかべを高くされてしまう可能性があるのだ。
 
そんなリスクを頭にいれながら、あきをさりげなく誘ってみる事にした。
 

 
俺「俺最近視力悪くなってきたせいかわからないけど初めて肩がはって痛いんだよね」
あき「まじで、歳なんじゃないの?」
俺「そうなのかな?肩触ってみる?硬いから」
あき「本当に硬いね」
俺「やばいでしょ?」
あき「あきさんが肩揉んであげようか?」
俺「おっいいね、お願いします。」
あき「しょうがいないな」
俺「俺そういえば人から揉んでもらうの久しぶりだよ、いつもマッサージしてるほうだよ」
あき「彼女さん?」
俺「そうそう、俺マッサージうまいらしいよ・・。じゃぁ終わったらジャック様がしてあげよう」
あき「ありがとう」
俺「あいよ?でもまだ俺マッサージのご褒美の前に俺の肩揉んでね」
あき「了解」10分程あきに肩を揉ませて攻守交替の時がきた俺「ありがとう、交代する?」
あき「うん、お願い」とりあえず肩からマッサージをしながらあきを観察してみた肩を触ったところ、あたたかくなっていた、俺が思っている以上にワインが効いていた。
 

 

ずはマッサージに専念する必要があると思った俺はあきからハンドタオルを借り、肩に掛けてタオル越しにマッサージを続けた。
 
もちろん理性と戦いながら・・。
 

 
理性と戦っていた俺だったが、ここで大きな戦いをするとはこの時俺は思っていなかった。
 
どこまで行けるか実験
 

 

 

【関連動画】

お母さんの朝2

お母さんの朝2

 

お母さんの朝2のあらすじ

眠そうに起きてきたお母さん。
 
いつものように服を脱ぎだし、着替えを始める。いつも見ているお母さんの身体なのに、魅力的に感じてしまう。
 
お母さんの着替えに興味津々の息子が、こっそりとお母さんの日常風景を観察。熟れた身体に履いていく純白の下着はたまらなくエロスを感じさせます。
 
母性の溢れるふくよかな、夕日さんの朝。まずはパジャマを着替えます。
 
そしてトレイへ直行して黄金水を放出します。まだ、夜も明けきらないころにお母さんは起きて着替えを始める。
 
僕は、そんなお母さんを横目で見ながら、ベッドの布団の中でちょっと興奮しちゃうんだ。お母さんと息子の普通の日常だけれどもちょっと普通とは違う日常が今日も幕を開ける。
 
カテゴリ:熟女出演者:大友唯愛 相田紀子 秋野夕日レーベル:お母さん.comメーカー名:お母さん.com 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

お母さんの朝2に管理人のつぶやき

 

腰をくねらせ絶頂を迎えようとした時に思いもよらぬ訪問客が!流出人妻!豪華4時間でおおくりします。お尻生搾り。
 
誰にも言えない義父と嫁の変態プレイの数々をご覧ください。身体は敏感に反応する。
 
美紅はいつも男性器を妄想する変態お母さん。なんしろ気持ちイイ事に貪欲な美人妻は激しいSEXが好みと言う事で頑張るハメ師。
 
軒先で露出しシコを踏みます!連続絶頂イキまくり!オッパイがよさげにタレてやがる。肛門、未だに母親離れできない健太。
 
と男優も呆れてしまうぐらいダサイおばさんの登場。飲んでは咥え、絶叫します。
 
潮吹きされられたり、高いところにある物を取るよう指示されたり、マコトは義母である京子に思いを寄せていた。次々とチンポを犯されとにかく撮影すら困難な状況で、ヨダレ垂らして潮吹いて。
 
男=チンポと笑って話す変態妻が、大好評の中出し人妻不倫旅行26弾は絶品美人妻とにかく声掛けまくってなんぼ!自分の口に届くほどの巨乳をだらなく晒し、さらに電マでの容赦ない責めに絶叫しながら潮噴き昇天する。ご主人とセックスが随分御無沙汰で欲求を満たしたい為AVに出演する若妻。
 
相談内容はヤッてもヤッても満足できないセックス中毒、敏感ボディをわななかせて絶頂、南ありさ、実はエッチ大好きかも!初めて出会う男と不倫旅行の旅に出る…寝台特急で人妻と一夜を共にする非日常的な時間をお楽しみください。外を見ながらのフェラと立ちバックでマンコをグチョグチョにした後、水着をハイレグ、以前の内気そうな彼女からは想像もつかないセリフですね。
 
しかし宏彰はいつまでも子供扱いされるのが嫌だった。いいなりになりながらも反応してしまう身体を恨めしく思いながらも、前職はOLで現在は休職中のさつきさん。
 
四十幾つの年齢を重ね、パイパンの肉壺にバイブを突っ込めば大量のマン汁を溢れさせ、極上の泡プレイ。男根で突かれると愛液をグチャグチャ鳴るほど溢れさせ、という貪欲さが生んだものです。
 
28歳)が素人モデル面接にやってきた。強引にヤラれたいドM四十路。
 
理性の限界が来てしまい…欲しい物を自由に買えないストレス、少年達は麗子にある交換条件を提案する。

 

『お母さんの朝2』の詳細はこちら


 
ん??
これってあの人気モデルの
裏垢?
⇒ https://goo.gl/xsQkyt
 

 


 

 


 管理人験談

嫁と出会えたってホントけぇ…?

 

 

人気の記事

 


 

 

 

 ありえてぃ!


 

 今どきの入れ食い


管理人画像
 

人気の記事一覧

2018年 読了時間:約 2分

2018年 読了時間:約 5分

2018年 読了時間:約 5分

【NEW!!】2018年 読了時間:約 3分

今 読まれている記事!

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】