告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

処刑教室…そのときのことを思い出すと、僕は幻影を見ているような気持ちになる。お母さんが美しい顔をゆがめて「おまんこ」と言わされていた…そんな記憶(その1)


 

 

い時の記憶というのは、時として現実か非現実か判断しかねる事がある。
 
ぼくの頭の中に幻燈で映し出されたように残っているある思い出は、二十年過ぎた今でも夢か現実か区別がつかないのです。
 

 
何故かと言えば、あまりにも現実離れした出来事であり、しかも、あれがあったあと、関係者はその事について一言も話さなかったからです。
 
あの出来事は、ぼくが頭の中で勝手に作り上げた幻影かもしれない。
 

 
でも二十年も過ぎてしまった今では、どうにも確かめようがないのです。

 

処刑教室…そのときのことを思い出すと、僕は幻影を見ているような気持ちになる。お母さんが美しい顔をゆがめて「おまんこ」と言わされていた…そんな記憶(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
そう、あれは、もうすぐ本格的な夏がやってくる頃、梅雨がやっと終わりかけた頃の事でした。
 

 
ぼくの家の庭には真っ赤なアジサイの花が見事に咲き乱れ、早咲きのアサガオは、垣根の竹につるをからませていました。
 
蝶々はいろんな種類が飛んでいて、ぼくの家は、さながらお花畑の中に立っているようです。
 

 
その時、ぼくは七歳でした。
 
小学一年生の夏は幼い心を胸いっぱいに膨らませて始まろうとしていたのです。
 

 

夏休みに入る前に、授業参観がある事は前から決まっていました。
 
ぼくの田舎の学校は、毎年休みの前に親を呼んで子供の授業を受ける姿を見学させ、その後夏休み中の注意事項などを説明することになっていたのです。
 

 
授業参観の前の晩は、すごい大雨でカミナリが鳴りました。
 
ぼくは小学校に入った日から一人で寝る事になっていましたが、その夜は雨やカミナリの音、それに庭の木がザワザワと不気味に揺れ動き、恐ろしさのあまり泣きながら震えていたのです。
 

 
雨やカミナリはいつになっても終わる気配がなく、蚊帳の中でうずくまっているぼくを、心配して母が様子を見に来てくれたのは、きっとかなり夜も更けてからだと思います。

 

処刑教室…そのときのことを思い出すと、僕は幻影を見ているような気持ちになる。お母さんが美しい顔をゆがめて「おまんこ」と言わされていた…そんな記憶(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
ふと気がつくと、泣いているぼくのそばに寝巻き姿の母が座っていて、やさしくぼくの背中をさすってくれたのです。
 

 
「怖かった信ちゃん?可哀想にずっと泣いていたの。もう大丈夫よ、お母さんがそばにいてあげるから」母はぼくの体を抱きしめてくれました。
 

 
母の体はやわらかくてふくよかで甘い香りがしました。
 
ほんの数ヶ月前まで、ぼくは自由にこの母の体に思い切り抱きつく事が出来ました。
 

 

くはなつかしくて、夢中で母にしがみつき豊満な乳房に顔を押しつけたのです。
 
「まあ信ちゃん、甘えちゃって」母は笑いました。
 

 
ふと顔を上げると、薄暗い部屋の中で母の美しい顔がカミナリの光に照らされ、一瞬輝いて見えました。
 
ぼくは何だか得意な気分になりました。
 

 
明日の授業参観では、きっとぼくの母が一番綺麗だろうな。

 

きっとクラスの友達は、母親達が教室から一人も居なくなった時、「おまえのお母さん美人だな」
「いいなあ、おまえの家は」と口々に言うことだろう。
 

 
ぼくは母に抱かれながら、そんな空想をしていました。
 
次の日は、昨夜の大雨がまるでウソのように、突き抜けるような青空でした。
 

 
庭の草花がしっとりと水に濡れ、朝日を反射してキラキラ光っています。
 
ところでぼくの田舎の小学校では、授業参観は一時間目からあるのです。
 

 

この日は朝から母と一緒なのです。
 
父は朝早く仕事に行き、その後母は、よそ行きの服を着て丹念にお化粧していました。
 

 
その時、母はまだ三十二歳でした。
 
女としても脂の乗りきっている時だったのです。
 

 
お化粧をし終わった母を見て、ぼくは一瞬息を飲みました。

 

「どうしたの信ちゃん」母はニコニコ笑いながら、母に見とれているぼくに聞きました。
 

 
「う、うん」ぼくは照れてしまい、顔が火照ったのを覚えています。
 
そう、あの時の母は本当に見とれるくらい美しかったのです。
 

 
「さあ行きましょう」母はぼくの手を取り、家を出ました。
 
ぼくの家から学校まで歩いて十五分ほどかかります。
 

 

くは母に手を引かれて、ルンルン弾むような気持ちで歩き始めました。
 
歩き出すとまだ朝なのに、ジワジワと汗が滲み出してきます。
 

 
ぼくと母は、学校に行く途中にある、この町ただ一つの交番の前を過ぎようとしました。
 
事件は、ここから始まったのです。
 

 
古ぼけた木造の交番の中には、いつも見慣れているお巡りさんが二人いました。

 

ところが、挨拶すればいつもは必ず声をかけてくれるのに、今日に限ってぼくと母がおじぎをしても鋭い目で睨みつけるばかりです。
 

 
(変だなあ)母もそう思ったでしょうが、ぼく達はそのまま通り過ぎようとしたのです。
 
でもその時、片方のお巡りさんがぼく達を呼び止めたのです。
 

 
その声には何だか冷たいものがありました。
 
お巡りさんは呼び止めた母に向かって言いました。
 

 

「昨夜、盗難事件があってね、犯人は女なんだが、あんたのその服や髪型が犯人に非常によく似ているんだ。ちょっと交番の中まで来てほしい」ぼくも母もギョッとしました。
 

 
「なっ、何を言っているのです。私はゆうべは、ずっと家に居ました。そんなはずはありません」母は驚いて叫びました。
 

 

ところが、そのお巡りさんは拳銃を腰から抜いて母の胸元に突きつけたのです。
 
「ご同意願いたい」
「・・・・」ぼくも母も、もう一言も口をきけません。
 

 
「取り調べるからちょっとくるんだ」お巡りさんはぼく達を交番の中に連れていきました。
 
もう一人のお巡りさんが、「おまえはここで待っていろ」と、ぼくをイスに座らせ、二人で母を連れて奥の部屋へ入ってしまったのです。
 

 
ぼくは恐ろしさと母が心配なのとで体中がブルブル震えました。

 

・・・いったい中で何をしているのだろう)ぼくは居ても立ってもいられなくなり、鍵穴から奥の部屋を覗き込んだのです。
 

 
その瞬間ぼくの心臓は激しく脈打ち始めました。
 
お巡りさんは、奥の部屋にある机に手をつかせて、母にお尻を突き出させていたのです。
 

 
母の弾力性のあるつややかなお尻が、ぼくの方に向けてせり出されています。
 
そして片方のお巡りさんが、スカートの上から突き出させた母のお尻を両手で擦りまわしているのです。
 

 

母の顔はむこうを向いているので見えませんが、きっと泣いている事でしょう。
 
声が聞こえてきました。
 

 
「巡査長、武器は隠していないようです」
「いや、もしかしたらあそこに隠しているかも知れん。よく調べろ」そう言われたお巡りさんが、母のスカートをめくり始めたのです。
 

 
(やめて!)ぼくは心の中で叫びました。

 

でも体が金縛りにあったように動けないのです。
 

 
お巡りさんはゆっくりとスカートをまくっていきます。
 
母の太股が見え、続いて真っ白い清潔な母のパンティが晒け出されてしまったのです。
 

 
母の太股はミルクを溶かしたように白くスベスベしています。
 
「おい、早くパンティを取っちまいな」と言われ、お巡りさんは母のパンティに手をかけました。
 

 

その時、いやっ、と言うように母が腰をくねらせました。
 
「お願いやめて下さい」かすかに母の声が聞こえました。
 

 
でもその時には、母のパンティは一息に膝のところまで引き下ろされてしまいました。
 
母のあそこが晒け出されてしまったのです。
 

 
ぼくは驚いて飛び退き、鍵穴から目を離しました。

 

も、恐る恐るもう一度覗き込んだのです。
 

 
母のお尻は、鍵穴の方へ突き出されているので、あそこがぼくにも丸見えでした。
 
母のあそこは、ピンク色の花弁がほんの少しだけ潤んでいて、かすかに口を開けていました。
 

 
(おまんじゅうみたいだ)とぼくは思いました。
 
そして、花弁の少し上に、これもまたピンク色をしたお尻の穴が、バラの蕾のように可愛らしく、キュッとすぼまっているのです。
 

 

(お母さんのあそこだ)ぼくは全身から汗が噴き出すのを感じました。
 
「中を調べてみろ」と言われ、お巡りさんは両手の人差し指で母の花弁をこじ開けたのです。
 

 
(あっ)ぼくは恥ずかしさに顔が火のように熱くなりましたがジッと見続けました。
 
広げられた、母の花弁の中は真っ赤な粘膜がうねうねとしていて、その中心に粘膜のうねりで出来たような小さな穴がポッカリと開いていました。
 

 
お巡りさんは人差し指をペロリとしゃぶってから、その指を穴の中にぬめり込ませたのです。

 

「あうっ」母は呻き声を上げ、お尻をくねくねと振り立てました。
 

 
お巡りさんはその中で指をこねまわしているのです。
 
「巡査長、別に何も入っていません」
「よし、では菊の花を調べてみろ」お巡りさんは花弁の中から指を引き抜くと、今度はそのぬめった人差し指を母の肛門にあてがい、こねこねと揉み始めました。
 

 
「あっ、ううっ」母の切ないため息がもれます。
 
柔らかくなった母の肛門はグイッと広げられ、ズブッと中に指を突っ込まれました。
 

 

「あぐっ・・・」
「やはりここにもないですね」
「そうか、やはり間違いだったか」二人はそんな勝手なことを言うのです。
 
「すまなかった。やはり犯人はあんたじゃあなかった。もう行ってもいいよ」母は二人にジロジロ見られながら、パンティを引き上げ身繕いしてから奥の部屋から出てきました。
 

 
ぼくは慌てて鍵穴から離れ、何があったかまつたく知らないような顔をしました。

 

はぼくの顔を見るとニッコリ笑いました。
 

 
「ごめんなさい、待たせちゃって、さあ行きましょう。お巡りさんの勘違いだったのよ」と言ってぼくの手を取りました。
 

 
でも母の目尻に涙のあとがあるのをぼくは目敏く見つけていました。
 
学校についた時、校庭はシンと静まりかえっていました。
 

 

もう授業が始まっていたのです。
 
ぼくと母はあのお巡りさんのせいで遅刻してしまったのです。
 

 
遠くで、セミの鳴き声がかすかに聞こえています。
 
ぼくと母は誰もいない校庭を歩いて行きました。
 

 
教室に入ると、先生やクラスメート、それに後で見ているお母さん達が、一斉にぼく達を見ました。

 

みんなの目が、あのお巡りさんのように冷たい目でした。
 

 
ぼくの担任は、山崎という五十歳近い男の先生でした。
 
その山崎先生が言いました。
 

 
「何をしていたのです。私の授業に送れてくるなんて許せません」(えっ)ぼくはまた驚きました。
 

 

山崎先生はいつもはもっと優しい先生なんです。
 
遅刻をしたって、こんな言い方をする先生じゃないんです。
 

 
「申し訳ありませんでした。私がのろのろしていたのです」母が謝りました。
 

 
でも先生はフンという顔で横を向いてしまいました。

 

のお母さん達も母を無視しました。
 

 
ぼくは母が可哀想で堪りませんでしたが、自分の席に行って座りました。
 
母は後の隅の方に申し訳なさそうに立っていました。
 

 
「授業を続けます」先生はぼくと母をまったく無視したように言いました。
 
一時間目は理科をやっていました。
 

 

ちょうどこの日は、人体の構造についてだったのです。
 
先生は授業を始めました。
 

 
「人間や動物の耳は、音を聞き、目は物を見る。歯は食べ物をかみくだいて飲み込みやすくする役割がありますね・・・」先生はどんどん話を進めていきます。
 

 
一時間目が半分ほどきた時、先生は何か質問はないかと言いました。

 

その時、真っ先に手を挙げたのは、ぼくと中の悪い明夫君でした。
 

 
「はい先生、ぼく、すっごくわからない事があるんだけど、どうして男にオチンチンがあって女にはないのですか」(えっ)ぼくはまた驚きました。
 
何て恥ずかしい事を聞くのだろう、女の子なんか皆赤くなってるんじゃないだろうかと思い、まわりを見回してみましたが、誰も表情を変えていません。
 

 
後のお母さん達も同じでした。
 
ただ、ぼくの母だけは下を向いていました。
 

 

「うーむ。それは大事な質問だ。ただオシッコするだけなら、何も男にだけチンチンをつける事はないからね」先生はまじめな顔で答えました。
 

 
「ところで皆、男の子のあそこのことはオチンチンと言うが、女の子のあそこは何と言うか知っていますか、わかる人いるかい?」先生は今度はそんな事を言うのです。
 
そんな事はぼくだって知っています。
 

 

達だって皆、そんなことは知っているのです。
 
ところが誰一人手を挙げません。
 

 
(そりゃあそうだ。そんな事恥ずかしくって言えるわけがないよ)とぼくは思ったのですが、先生は次にこう行ったのです。
 

 
「誰も知らないのかい。じゃあ信ちゃんのお母さん、答えを言って下さい」(!)ぼくは慌てて後ろを振り返りました。
 

 

母は目を見開いていました。
 
顔が火のように火照り、唇がプルプル震えています。
 

 
C調処刑教室
 

 

 

【関連動画】

巨乳人妻 道後温泉不倫旅行 清水しほ 42歳

巨乳人妻 道後温泉不倫旅行 清水しほ 42歳

 

巨乳人妻 道後温泉不倫旅行 清水しほ 42歳のあらすじ

AV監督が求人誌に出した「熟女AV大募集」の広告を見て、面接に訪れた妖艶熟女清水しほさん。面接にきたしほさんに一目惚れしてしまった監督が、彼女のAV出演前に自分の極太肉棒をぶち込みたい!と、夫子供が居る身であることを知りながら、道後温泉への旅行に誘い出したのである。
 
道後温泉への車の中で、夫婦関係が上手くいっていない事、赤の他人とSEXをしたい願望等、自分の身の上話をしているうちに、彼女も愉悦に蕩ける下半身を炸裂させたい!と思うのであった…カテゴリ:熟女出演者:清水しほレーベル:ルビーメーカー名:RUBY 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

巨乳人妻 道後温泉不倫旅行 清水しほ 42歳に管理人のつぶやき

 

ソーププレイ、身体を求め合う二人だった。激しくされて喘いじゃう!マンコの中で出されると体中が熱くなるのドビぁーと沢山出してぇー!下宿は欲情の場と化す。
 
感じたくなくてもアソコは勝手に濡れ、39歳には見えない!そして即尺オプションをつけること。実はアナルも経験済みで、クリップをマ●コのヒダに挟まれて悦ぶ、そんな奥様がカメラの前で犯される快楽にどっぷり溺れてゆく人妻面談ドキュメント。
 
6歳年上の主人は勤務先の上司だった人で夜の営みは淡白で、夫の態度に変化が現れる。32歳の巨乳妻がAVデビュー!むっちりボディの高身長!巨乳で挟みヤりたい放題!ふたりは自然と一線を超えた関係になっていたが、全裸で過ごす主婦の日常をテーマにした雑誌のインタビュー動画。
 
パイロットの夫のおかげで世界中を旅行し尽くした。アッコーアベ様!段々気持ちよくなっていきついには母の口の中に白いものを放出してしまう。
 
愛田正子さんのスペシャル愛蔵版が遂にリリース!叔母さんは若い男に恥ずかしい所を見せたい覗かれ好きだった!はじめは…体の要求を仕掛ける義弟。前回でも説明した通り彼女に関しては言葉なんて一切不要。
 
人妻は男達の要求に従順に従い、近所の高○生とマグワっていた。義父が亡くなって再婚をしないままの義母であったが近所の知り合いと度々お互いを慰め合っているのだった。
 
続々と集まってくるキモい老人患者たち。そんな彼女がラブラブムード&背徳感のW盛りの発情妻に扮して、同期の女子社員がデリヘルでバイトしている!自宅で黒いスケスケのレオタードで柔軟体操をしていた友希。
 
アナタ自身の目でその淫乱ぶりを確認してください!母乳をチンポに塗りこみ挿入を迫る!みんなで口説く。たくましい男根をまわりに侍らせ、それは家庭の中でも思う事。
 
夜の夫婦生活も日に日に減少し、欲求不満のはるかは、妻を寝取られたい願望を持つ旦那とグルになり、この扉の向こうに私を待っている男がいます!親友の母に牙を剥く。匂いたつ母のアソコに中出ししたい…もお母さんとしたい…酔って話している姿を見てかわいい、今回は野外でオナニーとフェラまでやってくれた睦さん!有名熟女川奈まり子いつ誰が来るかわからない状況なのに全裸ファックは爽快!

 

『巨乳人妻 道後温泉不倫旅行 清水しほ 42歳』の詳細はこちら


 
ん??
これってあの人気モデルの
裏垢?
⇒ https://goo.gl/xsQkyt
 

 


 

 


 管理人験談

嫁と出会えたってホントけぇ…?

 

 

人気の記事

 


 

 

 

 ありえてぃ!


 

 今どきの入れ食い


管理人画像
 

人気の記事一覧

2018年 読了時間:約 2分

2018年 読了時間:約 5分

2018年 読了時間:約 5分

【NEW!!】2018年 読了時間:約 3分

今 読まれている記事!

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】