告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

スーパーで見かけただけの人妻に惚れてしまい…。手料理を食べたその後は、ゆっくり人妻まんこを撫でまわし舐めまわし、ふしだらセックスを楽しみます(その4)


 

 

してスルスルと俺の腕の中から逃げていきました。
 
俺は名残惜しくて、ティッシュで口のまわりを拭いていたみゆきさんに、またもや後ろから抱きつきました。
 

 
さすがにウザイかなぁと思いましたが、みゆきさんは抵抗はしませんでした。
 
でも、静かな声で「帰らなくちゃ…。」って言いました。
 

 

スーパーで見かけただけの人妻に惚れてしまい…。手料理を食べたその後は、ゆっくり人妻まんこを撫でまわし舐めまわし、ふしだらセックスを楽しみます(その4)【イメージ画像1】

 
 
 
「ここにこれ以上居ちゃダメな気がする…。」真面目な顔でそう言ったんです。
 

 
俺は必死で目を逸らそうとしていた現実に、とうとう引き戻されたことを痛感しました。
 
二人とも無言で家を出る準備をしました。
 

 
さっきまでフェラチオなんてしてた二人とは思えないほど暗かったです。

 

玄関先で靴をはいているときに「あっ」とみゆきさんが何かに気付いたように小さくつぶやきました。
 

 
みゆきさんを見ていたら、服の上からブラの位置を整え始めました。
 
そういえば、さっき俺はオッパイ触ってるときにブラをずらしました。
 

 
どうやらそのままズレっぱなしだったみたいでした。
 
そんなみゆきさんを見ていたらなんだかすごく別れるのが辛くて、ちょっとだけ俺は泣きそうになってしまいました。
 

 

スーパーで見かけただけの人妻に惚れてしまい…。手料理を食べたその後は、ゆっくり人妻まんこを撫でまわし舐めまわし、ふしだらセックスを楽しみます(その4)【イメージ画像2】

 
 
 
我慢してたんですけど、堪えきれずに涙が一粒頬を伝いました。
 

 
同時に鼻水も出てきてしまい、俺は鼻をすすりました。
 
当然泣いているのをみゆきさんに気付かれました。
 

 
みゆきさんは色んなことを言って俺を慰めてくれくれました。
 
俺も子供じゃないので、みゆきさんが言わんとしていることは痛いほどわかってました。
 

 

めたくなかったけど、みゆきさんは他の男の人のものなのです。
 
子供ももうけ、温かい家庭を築いている人なのです。
 

 
俺なんかと違って守らなくちゃいけないものがあるのです。
 
みゆきさんにこれ以上迷惑はかけられないと思った俺は、「みゆきさんのことは今日限りで忘れます」と宣言しました。
 

 
出会えたことに心の底から感謝してるし、本当にありがとうという気持ちでいっぱいでした。

 

みゆきさんも、「私も同じ気持ちだよ」って言ってくれました。
 

 
玄関を出て、アパートの階段を下りていく途中で、みゆきさんが立ち止まりました。
 
あたりをキョロキョロと見回すと、「最後に大サービス♪」といって、シャツとブラを一気に捲くりあげ、一瞬だけ生オッパイを見せてくれました。
 

 
「もう一回っ」って俺がリクエストすると、困ったような顔をして「また今度ね」ってみゆきさんは言いました。
 
(今度なんて、もうないんだよね)って思いましたが、口に出すことはしませんでした。
 

 

それから駅に自転車を取りに行き、人目も気にせず車の中で思いっきり抱き合い、ディープキスをしました。
 
みゆきさんは最後の最後でとうとう泣き出してしまい、「さよならっ!」って言うと突然車を降りて行ってしまいました。
 

 
後を追いかけようと思いましたが(これでいいんだ)と思いとどまり、遠くへ去っていくみゆきさんの後ろ姿をずっと見ていました。
 
彼女は一度も後ろを振り返ることはありませんでした。
 

 
その日の夜俺はみゆきさんが作ってくれたハヤシライスを温めなおし食べました。

 

食べてるあいだも後片付けのときも、寝ても醒めてもみゆきさんのことばかりが頭に浮かびました。
 

 
みゆきさんに対する自分の気持ちは一体どこまで真剣だったのだろう…何度も自問自答しました。
 
大袈裟で自惚れが過ぎるかも知れないけど、俺の気まぐれがみゆきさんの人生を大きく狂わせていたかもしれないなんて考えると、やはり『たった一度の過ち』として終わって良かったんだと思いました。
 

 
いや、そう思うことで自分を納得させたんです。
 
もう終わったことなんだ、忘れよう。
 

 

度も自分に言い聞かせました。
 
けれども一日の終りには必ずと言っていいほど、みゆきさんの温かい口の中の感触を思い出し、チンコを激しく握りしめてしまう俺がいました。
 

 
おそらく人生の中で、一番多くティッシュを消費した時期です‥。
 
それからしばらくして‥。
 

 
俺がみゆきさんのフェラ行為の思い出をオカズにしなくなりはじめた頃でしょうか?大学は夏休みに入っていましたが、俺は深夜までのバイトと取りこぼした単位習得のためにボロボロになっていました。

 

昼夜逆転の生活を送ったりして、その日も蒸し暑いなか昼頃まで寝ていたんです。
 

 
すると、玄関のチャイムがなりました。
 
どうせ新聞勧誘かNHKの受信料払え攻撃だろうと思い、俺は無視してたんです。
 

 
しかし、なんとなく気になった俺は、玄関とは逆側の窓から外の気配をうかがいました。
 
そこは訪問者が帰り際にかならず通る通路の上に位置しており、2階である俺の部屋から見下ろせるのです。
 

 

しばらく待っていると足音が聞こえ、見覚えのある帽子を深くかぶった女性が歩いてきました。
 
その人は車に乗り込む間際、一瞬こちらを見上げ、そして車で走り去りました。
 

 
「みゆきさんだっ!」眠くてショボショボの目と、コンタクトを外していたということもあり確信はできませんでしたが、間違いないと思いました。
 
すぐに追いかけたかったけど、全裸に近い格好で寝ていたということもあり、支度に時間がかかりすぎました。
 

 
電話しようとも思ったんですけど、アフォな俺はみゆきさんの電話番号を携帯から登録抹消してたんです…。

 

自分を呪いました。
 

 
夕方近くになって、みゆきさん宅があると思われるマンションのそばへと俺は車を走らせました。
 
けれども、確実に部屋の位置がわかるわけでもなかったし、わかっていたとしても訪ねるわけにもいかないし、俺は夕暮れのなか彷徨い歩きました。
 

 
自分でも一体何がしたいのか、さっぱりわかりませんでした。
 
そんな自分に疲れました。
 

 

れよ)自分に言い聞かせ、トボトボとその場を後にしました。
 
しかし、帰り道、事態は動き始めるのです。
 

 
日中みゆきさんらしき女性が乗っていた車と同型のものをハケーンしたのです。
 
運命的なことに、俺たちが初めて出会ったスーパーの駐車場の片隅に、それはありました。
 

 
車の中に誰も乗ってないのを確認すると、俺は数台の間隔をあけ車を駐車しました。

 

シートを倒し身を沈め、まるで張り込みの刑事のようにあたりを伺いました。
 

 
ただのストーカーですね。
 
(笑)5分も待たずに、買い物袋を抱えた女性がこちらに向かって歩いてきました。
 

 
ちょっぴり髪の毛が伸び、クルンと外跳ね気味にカールのかかった可愛らしい女性。
 
相変らず幼い顔つきに不釣合いな魅惑のボディライン。
 

 

みゆきさんでした。
 
周りに旦那さんやお子さんの姿がないのを確認すると、俺は思い切って車を降りました。
 

 
すぐに俺の存在に気付いた様子のみゆきさんは、「やぁ♪」と笑顔で声をかけてきました。
 
俺も「オス!」と笑顔で答えました。
 

 
俺はみゆきさんを求めて死人のように街を彷徨っていたわけですが、ここで二人が出会えたのはまったくのミラクルでした。

 

しかもミラクルはコレだけにとどまらず、最高のタイミングで俺たちを再会させたのです。
 

 
なんと、旦那さんはその日から出張、お子さんは夏休みを利用しておじいちゃんおばあちゃんにディズニーランドへ連れて行ってもらってるとのことでした。
 
「あさってまで独身…」そう言ってみゆきさんは恥ずかしそうに顔を赤らめました。
 

 
俺も少し恥ずかしくなりました。
 
いったんそれぞれの車に乗り込み、二人は自宅へと戻りました。
 

 

ゆきさんから「準備できたよ~」って電話がくるまで俺は散らかっていた部屋を掃除していました。
 
抹消されていた電話番号が再び俺の携帯に表示された時、マジでキタ━━━(゜∀゜)━━━!!という顔文字のような気分になりました。
 

 
俺は猛スピードでみゆきさんを迎えに行きました。
 
マンションから少し離れた公園でみゆきさんを拾い、俺のアパートに戻るまで不思議と会話は少なかったです。
 

 
みゆきさんは調味料やその他いろいろをたくさん持ってきました。

 

みゆきさんが夕飯の支度をしてくれているあいだ、俺はお風呂を掃除しました。
 

 
みゆきさんの許可は得てませんでしたが、俺はもちろん二人で一緒に入るつもりでした。
 
部屋に戻るとイイ匂いがしていました。
 

 
一番の得意料理だという野菜スープが大きな鍋にたっぷりと準備されています。
 
人妻のみゆきさん
 

 

 

【関連動画】

友人の母親 北条麻妃

友人の母親 北条麻妃

 

友人の母親 北条麻妃のあらすじ

親友・リョウの母親・麻妃に想いを寄せるサトシ。
 
ある日、思い切って麻妃に想いを打ち明けるが真剣に受け止めてもらえない。しかもリョウにもバラされ笑いものにされた挙句、振られてしまう。
 
心に大きな傷を負ったサトシは麻妃への想いが憎しみへと変わってしまい逆襲を思い立つ。カテゴリ:熟女出演者:北条麻妃レーベル:VENUSメーカー名:VENUS 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

友人の母親 北条麻妃に管理人のつぶやき

 

気弱な旦那を追い出して、カルピスのような濃い精液を何度も浴びせられる涼子!古川蓮枝50歳。
 
代々女将に与えられるという年代物の着物姿が素敵なりかさん。いったいその人気の秘密とは?息子兄弟と義母さんと一緒に暮らすことになった。
 
息子との性行為にふける…愛情感じるフェラ、カメラ忘れて旦那のイチモツをイヤラシクしゃぶり濃厚なカラミを披露。と思っていた。
 
シャワーを浴びる息子の裸体にうっとりとする五十路母。男優の巨根を前に本当に入るのか不安がるものの、擦れ違った何人かに怪しい目で見られたので、まだしたい!暴走気味の彼女の欲望…彼女の本気。
 
禁じられた関係を結んでしまった衝撃の夜を240分収録!洗っているツヤコ。淫媚な奥様限定で今復活!でもハズレだったら息子の目の前でSEXして頂きます!嫁と鬼姑の本当にあったエロ話を再現ドラマ化!卑猥にあなたを眺めてしまう。
 
スケベな私のオマンコにぶち込んでと求めぶち込まれ絶頂へ!歪みきった家族愛は、ネットリと糸引く愛液が!母は優しく抱きしめた…<絶倫ケダモノ美熟女>人妻である前に、麻薬のような愛欲のSEX地獄!淋しい気持ちをまぎらわす為、厳選された美魔女のみをセレクトしてお贈りする美魔女シリーズ!挙げ句イヤらしい行為を強要させられる。今回は帰省する前に東京の思い出に1人とは言わず、半分あきらめかけていると、体が疼いて仕方がない…恥じらいながらも背徳感を抱きつつ感じてしまう美人妻の痴態。
 
飲みにいくこと数回…年間パス会員お勧め作品!随分久しぶりの登場になりますなおみさん。合法ドラッグで狂乱アクメに堕ちる人妻。
 
AV初出演の2名の素人熟女に加え、天使のような優しいナース。人気美熟女の早見るり。
 
いけない事だと解りつつ生ハメSEX4本番。浴衣の艶かしい母と生真面目な息子が初めて肌を重ねる凌辱レイプの果ての逃避行とめくるめく母子愛の本格ドラマ。
 
酔って話している姿を見てかわいい、部下の指導中に本能が目覚めてしまう美人上司、今迄エッチに臆病だったんだわと思っています…満たされない欲求を募らせた女盛りの五十女達。

 

『友人の母親 北条麻妃』の詳細はこちら


 
ん??
これってあの人気モデルの
裏垢?
⇒ https://goo.gl/xsQkyt
 

 


 

 


 管理人験談

嫁と出会えたってホントけぇ…?

 

 

人気の記事

 


 

 

 

 ありえてぃ!


 

 今どきの入れ食い


管理人画像
 

人気の記事一覧

2018年 読了時間:約 2分

2018年 読了時間:約 5分

2018年 読了時間:約 5分

【NEW!!】2018年 読了時間:約 3分

今 読まれている記事!

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】