告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

元カレと偶然の再会!いろいろあったカレだけど、会うとやっぱりシテ欲しくって…困るカレに、じゃあぎゅっとして?って誘惑しちゃいました(その2)


 

 

…違うよ」なにその間、今一瞬考えましたね。
 
「じゃあ、しなくていいから、ぎゅっとして」私はベッドの上でちょこんと座り、両手を広げてユウくんに向かい合う。
 

 
ユウくんは困った顔をして動こうとしない。
 
シャツがはだけたまま、パンツも膝まで下ろした格好で。
 

 
けっこう間抜けな格好だ。

 

元カレと偶然の再会!いろいろあったカレだけど、会うとやっぱりシテ欲しくって…困るカレに、じゃあぎゅっとして?って誘惑しちゃいました(その2)【イメージ画像1】

 
 
 
それを見て、私はおかしくなって笑い出す。
 

 
急に笑い出したものだから、ユウくんはきょとんとして見返してる。
 
「何?何なの?」ユウくんは苦笑いして訊き返す。
 

 
「だって、その格好――」ユウくんはやっと気がついたのか「ああ」と笑いながらパンツを上げた。
 
やべえ、服着られちゃう。
 

 

「ねえ、しなくていいから、ちょとだけ側にいて、私ユウくんといるとほっとする」ユウくんはベッドに座りなおす。
 
私は彼にしなだれかかる。
 

 
シャツのごわごわした感触が頬に当たる。
 
やっぱ服がじゃまだ。
 

 
私はユウくんのシャツを脱がしにかかる。

 

元カレと偶然の再会!いろいろあったカレだけど、会うとやっぱりシテ欲しくって…困るカレに、じゃあぎゅっとして?って誘惑しちゃいました(その2)【イメージ画像2】

 
 
 
「ねえ、なんで脱がすの?」
「裸で、ぎゅっとされたいから」ユウくんのシャツを脱がし終わると、私はユウくんをそっと押し倒し、腕を取って頭を下にした。
 

 
腕枕されたまま、私はユウくんのもう片腕をとって、浮き上がってる血管をなぞったり、意外と太い鎖骨を摘んだり、胸にあるほくろを数えたりした。
 
こうやって、男の子の腕の中で安らぐのって、久しぶりだった。
 

 
いっつも、終わったら寝るか帰るかだったし。
 
たまにはこうゆうのもいいかもしれない。
 

 

う今日はしなくてもいいかも。
 
「ねえ、ぎゅっとして」ユウくんは私の言うとおり、背中に手を回してきて、そっと抱き寄せてくれる。
 

 
あったかい。
 
私の手もユウくんの背中に回り、肩甲骨や筋肉をなぞる。
 

 
私は「ぎゅうして」
とか「ちゅうして」
とか「頭撫でてて」とかさんざん甘える。

 

太腿に、ユウくんパンツの感触がある。
 

 
やっぱ服がじゃま。
 
私はユウくんのパンツをそっと下げて、膝までずらす。
 

 
「ねえ、なんで脱がすの?」
「もっと裸で、ぎゅっとされたいから」私はパンツを足の指で挟んで、完全に脱がした。
 
ペニスが太腿に当たる。
 

 

勃起していて、すごく熱い。
 
私はそれをそっと握る。
 

 
ユウくんのお尻がぴくっとする。
 
「ねえ、なんであそこ握ってんの?」
「こうしてると落ち着くから」ペニスが脈打ってるのが分かる。
 

 
私はそっと擦りだす。

 

だめだ、やっぱりコレが欲しい。
 

 
私はユウくんの上に跨り、ペニスを裂け目にあてがった。
 
そっと体重を掛けてユウくんの飲み込んでいく。
 

 
「ねえ、なんで入れてんの?」したいからに決まってんだろ!私はユウくんの唇を塞いで、腰を動かす。
 
ユウくんも私のリズムに合わせて、ゆっくりと動かしている。
 

 

いたペニスが私の全てをかき混ぜているような気がする。
 
私のアソコからはどんどん溢れてきて、ペニスが簡単に抜けちゃいそうになって、私は注意しながら動いたりしてた。
 

 
だけど、ユウくんの腰の動きは、私と合わさり、心臓の音や呼吸の回数まで合ってるような気がする。
 
快感が広がり、体がとろけ、腰は勝手に動いちゃってて、気がついたらアンアン言ってて、震えるぞハート!燃え尽きるほどヒート!刻むぜ波紋のビート!やっぱそうだ、このコ、私と体の相性がいいんだ。
 

 
うれしくなって、またユウくんに抱きついた。

 

「なに、どうしたの?」もう、つまんないこと訊かないで。
 

 
私はユウくんの頭をもって、ちゅっちゅっと顔中にキスをして、そしたらユウくんは私のお尻を掴んで、激しく突いた。
 
「んっ!やっ!あんっ!あ、ぁぁあああーーーー」突然の激しい振動に翻弄され、私は必死になってユウくんにしがみつく。
 

 
敏感な部分が擦れ、繋がった性器の境目が液体になったようにとろけて、ユウくんすごい!世界が暗転する!遠くに連れてって!意識が遠のきそうになったそのときにユウくんの動きはゆっくりになる。
 
あれ、なんで?もっと動いて。
 

 

私は快感を求めて腰を動かす。
 
ユウくんの激しく熱い呼吸が耳に当たる。
 

 
私の唇はユウくんの舌を求めて吸い付く。
 
ユウくん苦しそうに肩で息している。
 

 
上気したユウくんの額に汗が浮かんでいる。

 

疲れちゃったのね、ゴメン。
 

 
いいよ、ゆっくりシよ。
 
少年のような顔をしているけど、呼吸と共に蠢く喉はやっぱり男だ。
 

 
ぐったりしたまま私はユウくんに体重を預ける。
 
重なり合った互いの心臓の音が部屋中に響いている気がする。
 

 

ウくんは片手で私を支ええたまま体を反転させる。
 
上下が入れ替わり、天井と共にユウくんの顔が見えた。
 

 
目が合って思わず笑みがこぼれた。
 
彼の耳の後ろに手をやると、汗で濡れた髪の毛が纏わりつき、ぬるま湯に浸したように心地よい。
 

 
彼のごつごつした手の平が私の胸を刺激して、私はぴくぴくと体を振るわせる。

 

舐めて欲しくて、頭を胸に引き寄せた。
 

 
ユウくんは乳首を軽く噛んで、痺れが体を襲う。
 
腰は再びゆっくりと動き出していて、ユウくんは上体を起こして私を突き上げる。
 

 
腰を支えた彼の腕が私を宙に浮かせる。
 
ふわふわとした快感の海に浸っていると、今度は足を持ち上げられて、体をくの字に曲げられ、ユウくんが深く入り込んできた。
 

 

ユウくんの体を私の性器で支えているみたいで、子宮が押し上げられて、思わず痛みに顔が歪む。
 
でもその痛みの先にあるものが知りたくて、私は神経を集中させる。
 

 
「痛い?」ユウくんが心配そうに尋ねる。
 
「んっ、大丈夫」私はユウくんの腕を掴む。
 

 
湿った皮膚が手の平に吸い付き、硬い筋肉の動きが伝わる。

 

ユウくんの動きがだんだんと早くなり、私の体の深いところまで、彼の細胞が侵入しているような気がする。
 

 
彼は痙攣するように私を深く突いた。
 
「やっあぁぁぁあ!すっごぃぃ!いやあっ!ああーーー」私はベッドの上で弾み、踊り、首を左右に激しく振って絶叫する。
 

 
自分が消えてなくなりそうで、恐怖に似た感情に襲われ、掴んだユウくんの腕に爪を食い込ませる。
 
やだ、怖い。
 

 

まらず私はユウくんを引き寄せる。
 
力の入った手の平がユウくんの体を登り、隆起した背中に腕を回す。
 

 
私がユウくんに密着すると、ユウくんも私の背中に腕を回し抱き寄せてくれる。
 
私は足を絡ませて、皮膚という皮膚すべてをユウくんと密着させる。
 

 
のしかかるユウくんの体重に私はゆだね、腰は快感を求めて動いている。

 

強く締め付け合い、唇を重ね、舌と舌が絡み合い、汗で滑る皮膚がお互いの境目をなくし、ユウくんの細胞が私に侵食して、意識は薄れ、まるでユウくんのペニスそのものになっちゃったみたいで、私が私でなくなりそうで、私死んじゃうかも、ユウくん、名前を呼んで、私の名前を呼んで。
 

 
ミオ…私が喋ったかどうか分からない言葉に、ユウくんが答えたのか、彼の言葉が脳裏にこだまする。
 
「ミオ…」今度ははっきり聞こえた。
 

 
「ユウくん…」
「ミオ…」
「ユウくん…」私は隙間を埋めるように抱きしめてあなたの名前を呼ぶ。
 
あなたのことが知りたくてあなたに何かを届けたくて、でも掛ける言葉が何も浮かばなくてただ名前を叫ぶ。
 

 

「ミオちゃん、逝っていい?」ユウくんの吐息が耳に当たる。
 
私は頷く。
 

 
「いいよ…あはっ…ちょうだい…」ユウくんの動きが激しくなって、私は強くしがみつく。
 
「やっ、あっあっあぁぁーーー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」・・・・・・・・・・・・音が止まる・・・・・・・・・・・・・・・・・・・すべてが・・・・・・・・スローモーションのように、ユウくんが震えている。
 

 
暴発した精液を子宮に感じる。

 

熱い体温が伝わる。
 

 
来てる。
 
ユウくんは体全体で私を締め付ける。
 

 
ただ強く締め付ける。
 
ユウくんが私の中に来て、私の膣は精液の最後の一滴を搾り出すようにペニスに纏わりつく。
 

 

とユウくんの激しい呼吸音がこだまする。
 
力の抜けたユウくんの体がのしかかり、私は小さな体でそれを受け止める。
 

 
好きだよ。
 
好き好き。
 

 
私はユウくんの頭をもってキスした。

 

チュチュッ好きだよチュチュゥ放さないんだから。
 

 
ユウくんは私の髪を掻き上げて、優しくキスした。
 
私は嬉しくなってまた抱きついた。
 

 
互いの体液を始末し終えると、湿ったシーツを避けるように、私は隅っこで縮こまった。
 
ベッドに腰を掛けたユウくんの横顔がカーテン越しの明かりに照らされて見えた。
 

 

ユウくんは一点を見詰めたまま、じっとしていた。
 
あーその表情、嫌になっちゃうな。
 

 
後悔と罪悪感にさいなまれながらも、それを悟られまいとしたような、そんな表情。
 
私、男の人のそんな表情を何回か見たことがあるけれど、正直、ユウくんにはそんな表情してほしくなかったな。
 

 
「またシちゃったね」私はわざと明るく言った。

 

「そうだね」ユウくんは呟いて、それっきり黙ってしまい、私は急に胸が押しつぶされそうになった。
 

 
私はただセックスがしたかっただけなのに、こんな気持ちになるのは嫌だった。
 
相手が私のすべてになって、翻弄されるのはまっぴらだ。
 

 
「ユウくん、彼女のこと考えてるでしょ」私はおどけて訊いてみた。
 
「え?」ユウくんは訊き返してきたけれど、私は答えないでじっとしている。
 

 

んなことないよって言ってほしかったのかな、自分でも分からない。
 
ただそんなこと訊くべきじゃなかったことだけは分かる。
 

 
勝手に涙が溢れてきた。
 
私はユウくんにばれないように静かにしていたけれど、涙は頬を伝わり、シーツを濡らしていった。
 

 
「ミオちゃん泣いてるの?」その言葉が契機になって、私は肩を震わせた。

 

「ねえ、泣いてる?」そんなこと訊かないで。
 

 
「ニャア」私はふざけて、ネコのまねをして、彼にすがりついた。
 
「ニャアニャア」彼の胸が涙で濡れた。
 

 
ユウくんは、私がなんで泣いてるのかなんてきっと分からないんだろうなと思う。
 
私もよく分かってない。
 

 

私のすがりつく反動で、ユウくんの体はベッドの中央に寝転んだ。
 
「わっ、冷たい」まだ湿っていたシーツがユウくんの体に触れた。
 

 
私は笑った。
 
涙を流した顔で私は笑いながら、ニャアニャア言い続けた。
 

 
これが恋かどうかは分からないけれど、靖国問題と共に考えていきたいと思う。

 

献身的な元カノ
 

 

 

【関連動画】

絶叫・人妻ゴロシ54

絶叫・人妻ゴロシ54

 

絶叫・人妻ゴロシ54のあらすじ

人気の人妻ナンパ総集編54弾!京都・草津・横浜と土下座で口説いた奥さま6名が、初めての連続FUCKで悶絶し、肢体を震わせ身悶える。
 
カテゴリ:熟女出演者:レーベル:ジューシー(SOD)メーカー名:シュガーワークス 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

絶叫・人妻ゴロシ54に管理人のつぶやき

 

夫とは息子が生まれて以来肉体関係がない。小さいバイブ、差し出されたヤル気満々のデカマラを前にして、家政婦を目障りに感じた再婚相手は、続いてはお風呂場での全身ボディーウォシュでピ?ンコ立ちになったチ○ポをパイずりとそしてフェアとなんとも羨ましいプレイ。
 
女盛りの沙良が自慰行為だけで完全に満たされるはずもなかった。死ぬまでオンナではいけませんか?尽くしまくる!志津子をお楽しみください。
 
更に魅惑のベロチュウ、マンコにチンコを挿入されていても上品な言葉使いを崩さず、頑張ります専業主婦で夫との仲は良くも悪くもない。淫らなケツを振りながら勃起チンポに貪りつく若妻は1度の発射じゃ満足しない!久々に夫とセックスをしたが、激しいピストンに巨乳をユサユサ揺らして悶えまくる。
 
黒人はお構いなしにガンガン突いてしまいます。待望の総集編です。
 
しかも大きな男根が刺し込まれる。5人の卑猥な四十路マダムのご淫行!そして激しいSEX!御主人が病死。
 
69になりローターでクリを刺激されると感じまくり絶頂へ!主人がかまってくれなくて…不況に打ち勝つ工場経営の秘訣に迫ります…真樹子さんも頼まれるとイヤと言えない素敵な奥さん!今日は打って変わってベッドでまったりのエッチをしちゃいました。浮気の後で敏感になっている乳首に噛み付きその力はいよいよマンコへ!女体盛り、熟女土下座中出しナンパシリーズから極上のドすけべ妻を厳選したスペシャル版!両親がいない俺たち兄弟は兄貴が高校卒業してから一緒に住んでいます。
 
カーテン越しに尻を差し出し病院内痴漢行為を誘う。そんな父を息子は許せない。
 
という事でお招きされるがままに佐賀に飛びました。やることも超カゲキ!その顔を見た時自分の身に起こる快感は想像を遥かに越えてしまうのか…眠れぬ欲求の目覚め!最終的にはもっといろいろな体位をやってみたいという病みつきっぷりをアピール。
 
今回は44歳の専業主婦。いけない愛情をもってしまった。
 
子供そっちのけで孕ませ中出し3P!上司である自分と部下の彼女がSEX!おとなのSEXと知るこの年代ならではの最高潮を味わう。愛情いっぱいで包み込みます!そのまま生中出し!欲求不満で大股にさせられながら弄られても平気な里奈さん。
 
だらしくチカラの抜けたおばちゃんの身体を弄ぶ…盛り上がってしまい、その男は両親からまとまった契約が出来るという。

 

『絶叫・人妻ゴロシ54』の詳細はこちら


 
ん??
これってあの人気モデルの
裏垢?
⇒ https://goo.gl/xsQkyt
 

 


 

 


 管理人験談

嫁と出会えたってホントけぇ…?

 

 

人気の記事

 


 

 

 

 ありえてぃ!


 

 今どきの入れ食い


管理人画像
 

人気の記事一覧

2018年 読了時間:約 2分

2018年 読了時間:約 5分

2018年 読了時間:約 5分

【NEW!!】2018年 読了時間:約 3分

今 読まれている記事!

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】