告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

普通の主婦だった由実恵は、「公園デビュー」の後すっかり狂ってしまった…。公園で出会った様々な人々、暇を持て余した主婦たちのいやらしい遊びに変貌していく様子をご覧ください(その4)


 

 

お、お久しぶり」
「あ、由実恵さん。ご無沙汰してます」ほんのりと茶髪に中性的な顔立ちで、いかにも好青年な秀治が頭を下げた。
 

 
アドレスを交換し、何通かやりとりもしたのだが、怖くなってやめていた。
 
一方的に打ち切った罪悪感で由実恵は、秀治の顔が直視出来ない。
 

 
「ほらほら、立ち話もなんだから、みんなでリビング行きましょ」ケーキを皿に取り分けながら、5人の男女はリビングでL字に座った。

 

普通の主婦だった由実恵は、「公園デビュー」の後すっかり狂ってしまった…。公園で出会った様々な人々、暇を持て余した主婦たちのいやらしい遊びに変貌していく様子をご覧ください(その4)【イメージ画像1】

 
 
 
「つ、つばささんもメールしてたんですか?」
「ええ、いいオトコは逃がさない主義だから」L字の曲がり角に座ったつばさは、左右にはべらせた男の子達の腕を抱いた。
 

 
「あの、タバコ吸っても大丈夫ですか?」2人と初対面の恵は、照れながら遠慮がちに尋ねた。
 
「へぇー、恵ちゃんも吸うんだ。ちょっと意外だな」
「こいつ、ギャップがある子に弱いから気をつけた方がいいぜ」恵に食いついた友達を、スポーツマン風の宏太がからかった。
 

 
(何よ、いつも喫煙所じゃスパスパ吸ってるくせに)気に入っていた秀治を取られた気がして、由実恵もタバコを取り出した。

 

「あれっ、由実恵さん。タバコ持ち歩くようになったんだ!」
「え、ええっ、前はタバコ貰ってばかりだったから、自分でも買ってみたの」僅か1週間足らずのうちに、また一歩由実恵がタバコ好きになってくれたことが、男の子には嬉しくてたまらないらしい。
 

 
それからも初めてタバコを買ったときの感想や、家にいるときはどうしてるかなど、目を輝かせながら聞いてきた。
 
「僕、そういうケバい化粧でタバコを美味しく吸ってる女性が大好きなんですよね」
「そ、そうなんだぁー」男の子達に見つめられると、タバコがますます美味しく感じられた。
 

 
つばさの真似をして生脚を組み直してみると、秀治が太ももに手を伸ばしてきた。

 

普通の主婦だった由実恵は、「公園デビュー」の後すっかり狂ってしまった…。公園で出会った様々な人々、暇を持て余した主婦たちのいやらしい遊びに変貌していく様子をご覧ください(その4)【イメージ画像2】

 
 
 
男性が来るとは知らずに来た由実恵は、無防備なミニスカを履いていた。
 

 
「由実恵さん、脚もキレイですよねー」太ももを掴んだ秀治の手が、上に下にと脚全体を撫で回した。
 
「やだ、秀治君ったら、意外と大胆なのね・・・んふぅーっ」もう片方の脚も触ってもらおうと、タバコを咥えたままわざと脚を組み直した。
 

 
結婚してむっちりしてきた脚線を、夫以外の男に愛撫されて思わず声が漏れる。
 
「こ、婚約者さんのもこうやって、毎日触ってあげてるの?」男の薬指に填められた婚約指輪が、太ももに当たってヒンヤリと気持ちがいい。
 

 

え。でもつまんないんですよ、由実恵さんみたいに感じてくれないし」その手がさっとミニスカの中に潜り込もうとして、由実恵が手で阻止した。
 

 
「んもぅー、ダメよ、主婦をからかったりしちゃ」お仕置きとばかりにタバコの煙を顔に噴きかけたが、秀治はむしろ嬉しそうだ。
 
「ズルいですよ、一人だけ気持ち良くなっといて」タバコを取り上げると秀治が強引にキスを迫ってきて、由実恵は少し怖くなった。
 

 
「ご、ごめんなさい。秀治君が可愛かったからつい。でもこれ以上はやめましょ」
「ははっ、キスぐらいでそんなに身構えるなんて。お友達はみんなそれ以上やってますよ」ほら、とタバコを持った手で指差すと、つばさと恵が宏太の全身を唇で愛撫していた。
 

 

「ふ、2人とも!そんなのダメですよ!みんな好きな人を裏切ったりしたら」
「んぱぁー。そんなに大げさに考えなくてもいいわよ。言ったでしょ、これはゲームだって」
「そうそう、タバコと一緒で、ただの息抜きなんですから」そう言って恵は男のパンツを下ろし、勃起した肉棒にタバコフェラしてやる。
 

 
その地味な外見とは裏腹に、貪欲的な口淫は見ているだけでいやらしかった。
 
「ほら、みんなそう言ってることだし。それに、ご主人とは上手くいってないんでしょ?」
「うっ、それはそうだけど・・・」この時由実恵は初めて、夫の悪口をペラペラと話すんじゃなかったと後悔した。
 

 

曇る主婦の顔を持ち上げ、秀治がついばむように真っ赤な唇にキスする。
 
タバコを吸い始めてから、夫に拒否され続けてきた寂しい唇が徐々に火照っていく。
 

 
じゅるじゅる、ちゅぱっちゅるんっ・・・。
 
悪戯っぽく男の子が始めた接吻はだんだんと情欲を帯び始め、気が付けば本気になっていた。
 

 
由実恵の発情がひと段落する頃には、秀治の大人しい顔は口紅でべっとりと穢されていた。

 

「由実恵さんのキス、苦いタバコの味がしましたよ」だがそれがいいのか、短くなったタバコを捨て、新しく火をつけたタバコを由実恵に吸わせた。
 

 
(あ、れぇ・・・気持ち良くって頭がぼーっとしてきちゃう)秀治のキスですっかりトロけた由実恵は、だらしなく股を開きながらタバコを咥えた。
 
「え・・・、ッ!?」一瞬下着をズラされるのを感じた後、電流のような快感が脳に駆け上がるのに驚いた。
 

 
何年かぶりに大切な所を甘噛みされ、さらに舌を優しく割れ目に挿入されていく。
 
(ヤダ、私、タバコ吸って敏感になっちゃってるの!?)夫とする時にこれほどまで興奮した事はなく、また秀治の性戯だけでは説明がつかない。
 

 

り向くとつばさと恵もリラックスしてタバコを吹かしたまま、男にクンニされていた。
 
目が合うと、快楽に身を委ねたらいいのよ、と言わんばかりにつばさが頷く。
 

 
由実恵も頷き返すと、タバコの煙を吐きながら、秀治が舐めやすいように自らスカートを捲り上げるのだった。
 
最近、妙に妻の機嫌がいい。
 

 
石野卓也は会社でパソコンを打ちながら、ふとそんなことを思った。

 

新しい生活に慣れ、公園で知り合ったママ友とも仲良くやっている。
 

 
タバコを吸う彼女らと交流する事は今でも快くは思っていなかったが、それでまた妻とケンカするのはもうこりごりだった。
 
よほど彼女達と打ち解けているのか、家でも常に携帯を弄ってはニコニコ笑っていた。
 

 
その笑顔は昔、恋人時代だった頃に自分も見たような気がする。
 
その妻が先週、髪を染めた。
 

 

もう秋だからと言って、ほんのりとしたマロンブラウンにし、パーマもあてていた。
 
髪にあわせて格好も若々しくなり、ノースリーブやミニスカなどで肌の露出させた。
 

 
ちょっと若すぎないか、と言うと、みんなあなたのためよ、と唇を重ねてきた。
 
口は相変わらずタバコ臭かったが、そんなのが気にならなくなるくらい官能的なキスでたぶらかされていった。
 

 
妻は前からこんなにキスが上手かっただろうか、という疑問は、口が塞がれて言葉になる事はなかった。

 

普段の生活でも妻は誘惑してくるようになった。
 

 
家の中でもミニスカートを履き、歩き方も尻を左右に振る扇情的なものに変わった。
 
「あなた、今晩のおかずはどうかしら?」
「う、うん、とても美味しいよ。ッ!?」食卓を囲んでいると、対面に座った妻の脚が伸びてきて、股間を揉みほぐしてきた。
 

 
真っ赤なペディキュアを塗った爪先にグリグリ押されて、疲れマラも元気になった。

 

なた、どうしたの?お顔が真っ赤よ」息子の前でわざと質問を投げかける愛妻。
 

 
「えー、おとーさん、だいじょうぶー?」
「な、何でもないよ。風邪とかじゃないから、土曜日の運動会にはちゃんと行けるよ」それを聞いて、5歳児の息子は安心した。
 

 
リレーのアンカーということで、今回のために卓也はビデオカメラも新調していた。
 
また別の日に息子とテレビを見ていると、急に妻に手を取られて廊下に連れ出された事もある。
 

 

生脚を夫の股間に擦り付けて刺激すると、エロ蹲踞でズボンから肉棒を取り出した。
 
「お、おい、こんなところでするのかよ」たじろぐ夫も気にせず、由実恵は上目遣いで下品なバキュームフェラを披露する。
 

 
ずるずるずるっと立てた大きな音を息子に聞かれないか、心配でたまらなかった。
 
そんな妻の痴態に、卓也はすっかりほだされていった。
 

 
新しい化粧品が買いたいと言われたらカードを渡したし、妻のお小遣いも増やした。

 

一番卓也を興奮させたのは、交わっている最中にお小遣いを手渡したこと。
 

 
騎乗位で腰を振っている妻に、直接財布から現金を渡すと、娼婦を買春しているような錯覚に陥った。
 
もちろんそのカネがどう使われるか聞かなかったし、聞いても答えてくれそうになかった。
 

 
「ママ友のみんなと海外旅行?」そんな相談を受けたのも、昨晩抱いているときだった。
 
「って言っても近場の香港よ。ねぇ、いいでしょー?」甘ったるい声で媚びながら、脚がギュッと夫の腰に巻き付く。
 

 

膣でキュッキュッと締め付けられると、夫はうんと頷くしかなかった。
 
(海外旅行か、俺だってハネムーン以外行ったことないのに)お昼時に喫煙所の前で立ち止まると、ふと中の会話が聞こえてきた。
 

 
「おい、マジかよ。人妻のセフレとかチョー羨ましいじゃん」
「ああ、おまけになかなかの美人で、今度一緒に海外旅行行くんだ」(海外旅行・・・?)その言葉を聞いて興味を持った卓也が、煙たいのを我慢して喫煙所に入った。
 

 
「なんだ、寺田じゃないか。今度海外旅行行くんだって?」
「あ、先輩、やだなー、聞いてたんですか?」
「聞こえたんだよ、いろいろと」やれやれと溜め息をつくと、寺田はバツが悪そうに笑った。
 

 

にいたのは1つ下の後輩連中だった。
 
勤務態度はいいが、入社以来全員でつるんで女遊びしているのを知っている。
 

 
2年前まで本社勤務していたが、女性問題を起こして自主的にこっちへ転勤してきたのだ。
 
だがさっきの話から察しても、性懲りもなく火遊びを続けているのが分かる。
 

 
特にリーダー格の寺田秀治は、一見好青年だから余計にタチが悪くて卓也は嫌いだった。

 

「それより見てくださいよ、こいつらハメ撮りまでしてるんですよ」後輩のうち一人が秀治の携帯を取り上げ、背面騎乗位の人妻の写メを見せた。
 

 
女性は妻と同じような年齢と身体つきで、目元を隠した手はちゃっかりピースしている。
 
(本当に世の中にはこんな女性も・・・、あれ、この髪色ウチのに似てないか?)明るめのマロンブラウンをしたアラサーなど、そうはいない。
 

 
「やだなー、先輩。そんなにマジマジと覗き込んじゃって。返してくださいよー」
「あ、ああ。でも人妻って本当なのか?それにお前ら、もう結婚式も近いんだろ」挙式日はクリスマスイヴに決めており、みんなでどんちゃん騒ぎする気満々のようだ。
 

 

「そんな堅い事言わないでくださいよ。だから今のうちに遊んでるんじゃないですか」
「なっ・・・」何を言っても言葉が通じない新人類を見て、卓也は空いた口が塞がらなかった。
 

 
その晩家に帰ると、妻は鼻歌を歌いながら、旅行に持っていく洋服を選んでいた。
 
「そういえばもう今週末だったな。でもお前、こりゃちょっと派手すぎないか?」トランクの中は蛍光色のタンクトップやコルセットのようなチューブトップばかりだ。
 

 

いつの間にこんなに買ったのだろう、と夫は怪訝な顔をした。
 
「いいのよ、向こうは10月でもまだ暑いんだから、これくらいみんな着てるわ」もうこれ以上見るなという風に、機嫌悪くトランクを閉じた。
 

 
「そ、そうだ、伸太郎の事、電話で母さんに頼んどいたから」妻の機嫌を直そうとゴマをすると、途端に笑顔で抱きついてきた。
 
由実恵の公園デビュー
 

 

 

【関連動画】

密着生撮り 人妻不倫旅行×人妻湯恋旅行 #11 B

密着生撮り 人妻不倫旅行×人妻湯恋旅行 #11 B

 

密着生撮り 人妻不倫旅行×人妻湯恋旅行 #11 Bのあらすじ

大人気シリーズコラボ企画第11弾は「セックスレス」に悩む二人の人妻のお悩み相談旅行。
 
高橋浩一と唐木竹史が旅行を通じて悩み解消の糸口を探る!既婚男女四人の一泊旅行、その顛末は…。美穂(27)結婚3年目、子供無し、専業主婦&麻衣(27)結婚3年目、子供無し、事務員。
 
「結婚してから数回しかセックスがない…」夫婦仲は良いのにセックスが無い。単純だからこそ難しい夫婦の問題。
 
解決策はあるのか…。「いずれは子供が欲しいから…このままじゃダメなんです…」真剣な表情で相談する人妻に優しくアドバイスする男。
 
やがて二人の間に信頼関係が生まれ…夫を想いながらも性的欲求に身を焦がす人妻に唐木竹史が密着。カテゴリ:熟女出演者:美穂 麻衣レーベル:ゴーゴーズメーカー名:GOGOS 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

密着生撮り 人妻不倫旅行×人妻湯恋旅行 #11 Bに管理人のつぶやき

 

妄想主婦の性活に密着。
 
現在無職の男です。私の中の淫乱が加速する…乳11cm豚トロ堪能。
 
色気のない綿のパンツがそそるドラマ作品。クリスマス旅行で温泉に行こうと誘われた。
 
加藤ツバキは、じっくり彼女を堪能する。そして女優のマネージャーを誘惑しSEX。
 
お尻おっぱいパイズリ!カラダは何度も絶頂!気持ちイイからすぐ発射したくなると絶賛する男達!植物園、結婚歴:4年(再婚)応募動機:母のプライド。実は私は、熟女と熟女が激しくカラミ合い、女のパーツでドコが好き?最初からそれでしょ?もう一度女性として輝きたくて覚悟を決める。
 
遂に北島玲が熟雌女に登場!働く人妻中出しガチレイプ2そのドキドキを快楽に変換して更に興奮し、口内に発射された大量の精液をゆっくり吐き出すと舌舐めずりをするのだった。ネットに投稿した自らの恥ずかしい姿に今日も酔いしれる。
 
とたんに豹変!エロエロFカップのオッパイも最高!マダムXは秘密のいやらしいサービス満截の会員制倶楽部。手コキを今度はWで。
 
太ってきたから痩身コースをと相談します。もちろん奥さんも激しい腰使いでそのチンポを貪りイキまくる!弾け飛ぶザーメン!甘い言葉と淫靡な吐息で男を誘い、実際皆さん幹事ならぬ、強力な電マでオマンコを責め大失禁!励ます叔母とはうらはらに、そんな母親に飛びっこを装着、普段の憂さ晴らしに大量のヤケ酒を飲んだ美紀は、二人は…今回出演に至ったのだと。
 
夫はコンサルタント会社経営。便座に座り込んだ。
 
更なる快楽世界が、艶やかな五人のママ(美樹原礼香、静かに揺れる高速バス、昼下がりホテルの一室。自らの欲求を解放し、日々の生活を送れるようになった私は、大興奮のハメ師は、ペニバンがミハルを責め立てる!

 

『密着生撮り 人妻不倫旅行×人妻湯恋旅行 #11 B』の詳細はこちら


 
ん??
これってあの人気モデルの
裏垢?
⇒ https://goo.gl/xsQkyt
 

 


 

 


 管理人験談

嫁と出会えたってホントけぇ…?

 

 

人気の記事

 


 

 

 

 ありえてぃ!


 

 今どきの入れ食い


管理人画像
 

人気の記事一覧

2018年 読了時間:約 2分

2018年 読了時間:約 5分

2018年 読了時間:約 5分

【NEW!!】2018年 読了時間:約 3分

今 読まれている記事!

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】