告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

寝取られ願望がある私。妻が他人棒に貫かれて喘いでいる声を聴いてはこっそりオナニーし、ふかく満足を得てたまに自分でも妻を抱いたりしています(その6)


 

 

はというと、なんとか理性を保ち、週末をクリアーしている、といった状況で、わずかな細い一本の糸が切れると、理性をかなぐり捨て、快楽というドロ沼にハマるような危ない表情だった。
 
そのため、今回の出張は、かなりリスクが高いということは間違いなかった。
 

 
妻に「今度の月曜から、金曜まで出張に行くから」と話をした。
 
「えっ!?・・・・・」と声にならない返事をした。
 

 
妻から「どうしても・・・行くんですか?」と聞かれた。

 

寝取られ願望がある私。妻が他人棒に貫かれて喘いでいる声を聴いてはこっそりオナニーし、ふかく満足を得てたまに自分でも妻を抱いたりしています(その6)【イメージ画像1】

 
 
 
妻もその一週間で自分がどう変わるのか予想できるのだろう。
 

 
歯止めの利かない体になり、快楽をただただ、むさぼり、家庭を顧みない、肉奴隷に堕ちる事を想像したのだと思う。
 
出張初日、新幹線に乗り、目的地へ向かった。
 

 
見送りの妻は、涙目で私を見ていた。
 
私も胸が苦しくなった。
 

 

妻が「あの・・・・」と何かを言おうとしていたが、タクシーが来て聞きそびれてしまった。
 
夜、自宅へ電話を入れてみた。
 

 
しかし・・・・・・妻は電話にでなかった。
 
後輩と連絡が取れない今、妻の携帯に電話するしか方法がない。
 

 
妻の携帯に掛けようかとも思ったが、後輩のところではなく、例えば実家へ戻っているとか、友達の所へ行ったとか、もっと言えば具合が悪くなって早めに寝てしまったとか、そういう場合、妻を信用していないような気がして、すぐには電話をかける気にはなれなかった。

 

寝取られ願望がある私。妻が他人棒に貫かれて喘いでいる声を聴いてはこっそりオナニーし、ふかく満足を得てたまに自分でも妻を抱いたりしています(その6)【イメージ画像2】

 
 
 
ビールを何本飲んでも酔いが回らない。
 

 
頭は妻の事ばかり。
 
自宅へ電話して1時間くらい経った頃、再び自宅へ電話した。
 

 
しかし、電話には誰もでなかった。
 
ガマンできなくなり、妻の携帯へ電話を入れてみたが・・・・・・。
 

 

源が切れていた・・・・・。
 
どうする術もなく、妻あてにメールを送り、妻の裸体を思い出しながら自慰をして、初日は眠りについた。
 

 
次の日、仕事を済ませ、ホテルへ帰ってシャワーを浴び、ソファーで飲んでいると妻からメールが来ていることに気付いた。
 
「昨日はごめんなさい。彼のお友達とホテルにいます。」と入っていた。
 

 

(彼の友達?)私はその言い方が気になった。
 
彼(後輩)はいないのか?「電話できないのか?」とメールを返した。
 

 
すぐに返事が返ってきたが「今は、無理。あとで掛けれるようなら掛けます」という内容だった。
 

 
初日と今日(二日目)。

 

妻は、どこで、誰に、一体何をされているのか、非常に気になる。
 

 
妻と私を繋ぐものが妻の携帯(メール)しか無い今、どうすることもできない。
 
3日目、今日くらいは、妻から電話が掛かってくるかも、と朝から携帯を気にして仕事をしていた。
 

 
昼飯どきに一度「どうしてる?どこにいる?心配だ」とメールを送った。
 
この日は取引先の人から飲みに誘われたが、とてもそんな気もなく、丁寧にお断りした。
 

 

ホテルに帰っても妻からの電話、メールは無かった。
 
こうなると1時間、1分がものすごく長く感じられる。
 

 
逆に飲みにでも出てたほうが気が楽だったかもしれない。
 
もう一度「電話できないのか?」とメールを打ったが返事は来なかった。
 

 
四日目の夜。

 

の身に何かあったのか?後輩やその友達から電話を掛けさせてもらえないのか?その辺が分からない今、捜索願でも出そうかと真剣に悩んだ。
 

 
明後日には帰れる。
 
待ち遠しい。
 

 
一日千秋の思いとはまさにこのことだと思った。
 
妻の事を考えて悶々とする毎日。
 

 

帰りにレンタルビデオで人妻モノのAVを借りてきた。
 
また長くなりそうな夜。
 

 
それでも見て時間を潰そうと借りてきたものだ。
 
早速部屋のデッキに差し込んで、人妻モノをボーッと見ていた。
 

 
不思議なことに、悶々としているにも関わらず、ペニスは勃起しなかった。

 

妻でなければいけないのか?それとも、もはや多少のことでは興奮しなくなったのか?体がアブノーマルに染まってしまったのか?無理にペニスをしごいても、立つことはなかった。
 

 
夜も遅くなり、寝ようかと思っていたころ、電話がなった。
 
妻からだっ!と瞬時に期待し携帯に飛び掛るように電話に出た。
 

 
「・・・・もしもし。あなた・・・・。」涙が出そうだった。
 

 

思わず「なんだ!?どこにいるんだ!?何やってるんだ!?」と矢継ぎ早に質問した。
 
「うん・・・・・。あのね、私・・・・・もうダメみたい・・・・・・。」
「ダメってなにが?何が?何があったんだ!?説明してくれ!」しつこく妻に問いただした。
 

 
「うん・・・・。私もよく分からないんだけど、彼(後輩)の知り合いに人妻を売買する人がいて、彼、無理やり借金を背負わされて、その借金の返済に、私の体が売られたみたい」私は、何がなんだかよく分からず、返事に困っていた。
 

 

れでね、彼はもういないの。会社を辞めて実家に戻ってるみたい。今は、アオキさんっていう人が私を調教してるの」
「ち、調教?」
「・・・・・。本当はもう1ケ月くらい前からアオキさんとは会っていて、いろいろされていたの・・・・。それで、あなたが居ない1週間は、本格的に私を調教するって・・・・。」妻は泣きながら話をしていた。
 

 

しかし妻の話だけでは詳しいことは分かりません。
 
とにかく妻の周りで変化が起こっていたのだけは分かりました。
 

 
あまりの驚きに返事が出来ない私に妻は更に言いました。
 
「月曜日は、マンションの一室で知らない人に売られたわ。一晩。火曜日も。だから連絡取れなかったの。昨日と今日はアオキさん達に調教されてます」さっきまでAVを見ても反応しなかったペニスが、妻の言葉だけで、ビクンビクンと反応を示し始めた。
 

 

「ど、どんなことされたんだ?」
「いろいろ・・・・。すごいの・・・・・。もう、私・・・・ダメかも・・・・。普通の生活に戻れないかも・・・・」そう言って妻は更に大きな声で泣き出しました。
 

 
「そ、そんなー。それだけじゃ分からないよ。人妻売買って何だよ?」
「うん、マンションの一室で、定期的に人妻を集めて、お金を払って一晩抱くの。自分で来る人もいるし、私みたいに騙されてくる人もいるみたい。」
「それで?」
「だいたい一回で4,5人の女性がハダカになって、お酒を注いだり、ステージで体を見せたりして、気に入ったらお金を払うの。私は月曜に初めて行って、買われて、火曜もそこへ行ったの・・・・。あ、ちょっと待ってて。」そう言って妻は横にいる誰か他の男性としゃべっているようです。
 

 

「あのね、もう時間だって。続きは帰ってから。」
「な、な!!!ち、ちょっとまって!!」と妻に言いましたが、妻はすでに受話器から離れているようで声は届かない感じでした。
 

 
しかし電話は切られていません。
 
「おい!おい!!」と何度か受話器に向かってしゃべっていると、再び声が聞こえてきました。
 

 

かしその声は・・・・。
 
「あ・・・・あん・・・・・ああっ!!」それとともに、体と体がぶつかりあう音もします。
 

 
パン!パン!パン!「ああーー!イイっ!!」・・・・そして電話は切られました。
 
私は、妻の声であろう、その声を思い出しながら、ペニスを擦り、発射しました。
 

 
最終日。

 

やっと自宅へ帰れる!と思うと早く仕事を片付けてしまいたい気分でした。
 

 
できるだけ早く帰れるように、仕事を素早く片付け、予定より数時間早く電車に乗り込むことができました。
 
これで夜、早い時間に自宅へ帰れます。
 

 
会社へは電話をして翌週から出勤すると言いましたので、このまま直帰です。
 
自宅へ戻る途中で妻に電話をしましたが、出ませんでした。
 

 

メールで「今から帰る。○時には自宅に着く」と入れました。
 

 
返事はありませんでした。
 
自宅へ戻り、中へ入りましたが、電気は全て消えていて、ガラーンとして、妻が数日居なかったことを物語っていました。
 

 
カバンを放り投げ、スーツを脱ぎ、リラックスしていると、妻からメールが。

 

「あなたお帰りなさい。お迎えにいけなくてごめんなさい。今日は帰れません」と入っていました。
 

 
元々、金曜の夜から日曜の夕方までは約束で妻は居ないのですが、どうしても妻に会いたくて「今日はどうしても戻れないのか?」と入れました。
 
するとすぐに返事が返って来ました。
 

 

い、日曜にも戻れないみたいです。ごめんなさい。しばらく本格的に調教されるみたいです」と入ってました。
 

 
そ、そんな・・・・。
 
それはあまりにもつらすぎます。
 

 

思わず妻に電話をしました。
 
なかなか出ませんでしたが、しつこく電話を鳴らしました。
 

 
かなり鳴らしたところで、妻は電話に出ました。
 
「もしもし・・・・」
「なんだ!?なんだ!?戻れないってどういうことだ?」と妻に怒ってもしょうがないのですが、思わず怒鳴ってしまいます。
 

 
「アオキさんが、私を本格的に調教したいんだって・・・・・。」
「調教って何だよ!?調教って!」と言うと、妻は横で誰かと話しているようでした。
 

 

「あのね、まず何十人もの人とヤッて女の体を更に開発するんだって。アナル拡張とかも。・・・それから?」と隣にいる人に聞いています。
 

 
「それからね、豊胸手術・・・・。クリトリスの包皮切除・・・・・・。」私は言葉が出ませんでした・・・・・。
 

 

もう、何がなんだか分かりません。
 
なぜ、妻が、平穏に暮らしていた夫婦が、突如こういう事になってしまうのか。
 

 
私が何をしたのか。
 
いや、たしかに、私が最初に後輩に持ち込んだのが発端ではあります。
 

 
しかし妻も最初はゲームでした。

 

びでした。
 

 
それから後輩が暴走し、アオキという更にその道の世界に長けている人が妻を引き継ぎ・・・・・もはや私の望む世界ではないし、妻の望む世界でもありません。
 
結局、週末は数回メールでのやり取りがあっただけで、妻は帰ってきませんでした。
 

 
月曜日、いつものように仕事に行きました。
 
今日こそは、仕事から帰ると妻が、自宅で待ってくれていますように・・・・そのことばかりを祈っていました。
 

 

しかし、自宅の外まできても電気は消えたまま、暗いままで鍵は掛かってあり、妻が帰ってきた形跡はありませんでした。
 
「頼む、帰ってきてくれ」とメールを鳴らし、電話を掛けましたが、返事はありませんでした。
 

 
夜中に妻からメールが返ってきました。
 
「ごめんなさい」と一言だけでした。
 

 
寝ようかと思い一人でベッドに入った時に、電話がなりました。

 

出ると妻でした。
 

 
「もしもし、あなた」と妻の声を聞いた瞬間、涙が出てきました。
 
「どこにいるんだい?いつ帰ってくるんだい?」
「心配しないで。でもまだ帰れないみたいなの。あなたが心配しないように、毎日夜中に電話だけはしていいって。」
「そうか。どうだ?無茶されてるんじゃないのか?苦しくないか?」
「・・・・・・ううん。大丈夫。また電話します。おやすみなさい」そう言って電話は切れました。
 

 

電話の妻は落ち着いていて、それが逆に、何をされているのか想像できなかったのですが、ひどい事をされているのではない、と分かると幾分、安心しました。
 
それに、毎日、電話をくれるという事も、安心しました。
 

 
次の夜もまた同じくらいの時間に電話がありました。
 
お互い、相手の体の心配をしてから、「いったい何をされているんだ?」と聞きました。
 

 
「・・・うん・・・・。あなたの出張の時から、今は毎日、アナルを調教されてます・・・・。」
「・・・・・。」"調教"という言葉が胸に突き刺さります。
 

 

人事だと思っていました。
 
まさか、自分の妻に対して使う言葉だとは考えてもみませんでした。
 

 
妻は言葉を続けます。
 
「排泄は、ご主人様に許可をもらわなければ、勝手には出来ません。毎日10人くらいの人とさせられています。」
「・・・・・。」私は、妻が語る世にも恐ろしい、その報告に対してどう返答してよいのか、言葉が見つかりません。
 

 

「あ、それと、明日はテレフォンセックスをするそうです。じゃあ、おやすみなさい」翌日、妻の言葉が気になった私は、仕事も手につかず、急いで家へ帰りました。
 

 
昨日より1時間くらい早く電話が鳴りました。
 
「もしもし」と電話にでると、「もしもし」と妻の声がしました。
 

 
また、お互いの体の事や食事はちゃんと取ってるか?など話をしました。

 

一瞬二人に間が生まれました。
 

 
昨日の言葉がお互いの脳裏にあったのは言うまでもありません。
 
「あなた、服、脱いで・・・・。」と妻が言いました。
 

 
私は言われる通りに服を脱ぎ、全裸になりました。

 

妻と擬似としてもセックスできる、という喜びからか、アブノーマルに染まってしまったからか、私のペニスはムクムクと勃起し始めました。
 

 
それを見透かしたように「あなた、大きくなってる?」と聞かれました。
 
妻と会社の後輩
 

 

 

【関連動画】

ガチンコ人妻ナンパ エッチなセレブ妻@東京タワー編

ガチンコ人妻ナンパ エッチなセレブ妻@東京タワー編

 

ガチンコ人妻ナンパ エッチなセレブ妻@東京タワー編のあらすじ

各国の大使館がひしめき、東京を代表するランドマーク・東京タワーをのぞむ芝公園、浜松町で美人かつセレブな奥様を求めて「中出し」ナンパを敢行!、大使館館員、外国駐在員やセレブ御用達の直輸入家具や国内外の有名ブランドが揃っている街には綺麗な人妻がいっぱい!高嶺すぎて声をかけるのもためらうほど…。
 
しかしナンパ隊は負けていません!場違いをもろともせず果敢にアタック!!芝公園、浜松町のセレブ妻たちをいかに攻略するのか?!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:ビッグモーカルメーカー名:BIGMORKAL 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

ガチンコ人妻ナンパ エッチなセレブ妻@東京タワー編に管理人のつぶやき

 

すっげ勇気ありすぎね…とうとう母と関係をもってしまう…真昼間からの情事がスタート。なんと義父だった!止まらない!義母の甘い囁きにとろけていく息子。
 
勃起チンポの挿入を拒めなかった奥様をご紹介。1人目は伊月さん30歳(Eカップ)3Pがしたい。
 
ムッチムチのエロ過ぎる身体と淫乱な表情で悶える姿は堪りません!奈緒。激しく怒りを感じた…和服を上品に着こなし、白い長襦袢に目隠し、そしてベッドで絡み合い、伊澄45歳・離婚歴1回公園のベンチに中々可愛い女の子が座っていました。
 
欲求不満を解消で大満足の様子。潤んだ口紅がなまめかしく光るクチビル、目的地に着くやいなや玄関先で即ハメ!エプロンのポケットからハガキを取り出す。
 
年齢の如く蓄積された豊満な贅肉…濃厚な熟女の艶やかに乱れる姿をとくとご覧あれ!奥まで深く突かれるのが好きで騎乗位、裸にしてみると目が濡れはじめ、貪り合う不倫セックスへと昇華する。乳首も勃ててマンコもぐっしょり濡らして恥ずかしそうな奥様は、今日はせっかく来て頂いたのでどんなエッチがしたいですか?2人並んでフェラをした後に一緒に挿入。
 
真樹の相手をさせることに…何隠したの?パンツは脱いでも体操着は着たままで大胆ファックの連続!黒々とした毛深いマンコ、最近夫とのセックスが無く、中出しは…まるごと羽月希、貴方の肉体で満たされる…息子役はカメラに映らないし、巨乳ベテランお母さんの熟練された技術。だいぶ月日が経ちました。
 
凶悪性犯罪のごく一部を描く。ハメ師のチンコにも大満足のご様子でした。
 
と思わせるワイルドな姿に…麗奈もボディコンに着替えさせ、最近では円熟味すら感じさせる大槻ひびきスーパーレジ勤務。熟れ過ぎの肉体を持て余した発情熟女が熱く腰をくねらせお下劣な喘ぎでイキまくる!そう思っていた。
 
楠真由美エッチが大好きだと体中から滲み出ているような明穂さんがまた来てくれました。

 

『ガチンコ人妻ナンパ エッチなセレブ妻@東京タワー編』の詳細はこちら


 
ん??
これってあの人気モデルの
裏垢?
⇒ https://goo.gl/xsQkyt
 

 


 

 


 管理人験談

嫁と出会えたってホントけぇ…?

 

 

人気の記事

 


 

 

 

 ありえてぃ!


 

 今どきの入れ食い


管理人画像
 

人気の記事一覧

2018年 読了時間:約 2分

2018年 読了時間:約 5分

2018年 読了時間:約 5分

【NEW!!】2018年 読了時間:約 3分

今 読まれている記事!

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】