告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

母を自分の女にしたい…!ゆがんだ欲望に駆られた僕は、痴漢、盗撮、覗き、色んな手段を使って母のカラダと心を手に入れていく(その5)


 

 

・きっと、ぼくの要求を受け入れてくれる・・・・・いや、実際そんなこと起こるわけがない・・・・・でも、もしかしたら・・・こんな感じで、頭の中がグルグル回り、どこをどう走っていたのかあまり覚えていませんでした。
 
でも時間が過ぎるのがすごく遅く感じましたね。
 

 
何度も車の時計を見ましたが、ほとんど進んでなく、もうこのまま帰ろうかなって何回か思いました。
 
このまま、時間が過ぎるのが勿体無いので、この間、撮影したシャメを母の携帯に送りました。
 

 
気を失ってる母ですが、恋人風に写ってるのを厳選して・・・こんな風に愛し合ったのに・・・と、それでなんとか夜8時頃まで時間を潰し、もしもの時に備えデジカメとバイブ、ローターを購入して帰宅しました。

 

母を自分の女にしたい…!ゆがんだ欲望に駆られた僕は、痴漢、盗撮、覗き、色んな手段を使って母のカラダと心を手に入れていく(その5)【イメージ画像1】

 
 
 
家に帰ると、何も言わず部屋に直行しました。
 

 
台所に母がいたようですが・・・ぼくの方から返事を聞きに行くのも、なんだか催促してるみたいで、そのまま2階の自分の部屋にいき、母の方から来るのを待つ事にしました。
 
下から母が、「みのる~ご飯は~?」と聞いてきたので、「いらない!」と応えましたが、母は2階に上がってきませんでした。
 

 
しびれを切らして、こっちから下に降りて行こうかと思った10時頃、母が階段を上ってくる音がしてきました。
 
コンコン!とドアをノックするので、「何?」と言うと、母が部屋に入ってきました。
 

 

「・・・今日のことだけど・・・」
「うん・・・」
「・・・本気?」
「・・・うん」
「・・・わかった・・・ほんとはこんな事絶対しちゃいけないことだけど、でも・・・お母さんみのるに、もう二度と会えないなんて嫌だから・・・だから・・・一度だけ、一度だけ・・ね?」
「ほんと!」母は黙って頷きました。
 
「でもね、本当に一度だけにして・・・母さんは、あなたの母さんでいたいの彼女としてでなく・・・」本当は、自分の女にしたかったですが、まずは一回だけでもやらしてくれるなら、まだ先はあると思うので、了承しました。
 

 
「わかった、今晩だけは・・・母さんはぼくの彼女だよ、何でも言う事聞いてね?」
「さぁ、ご飯食べましょう」母は、手を引いて行きました。
 
はやる気持ちを抑え、今日は楽しもうとだから、まず腹ごしらえと思い、付いていきました。
 

 
2人で、向かい合って食べ始めました・・・また、足で母の足を撫で回します・・・「こら、ご飯食べれないじゃないの」これまでと違い、可愛く叱ってきます。

 

母を自分の女にしたい…!ゆがんだ欲望に駆られた僕は、痴漢、盗撮、覗き、色んな手段を使って母のカラダと心を手に入れていく(その5)【イメージ画像2】

 
 
 
「ご飯たべたら、早速しようよ」母に言いました。
 

 
「ダメよ、お風呂に入ってからよ。」母にたしなめられました。
 

 
ご飯も食べ終わり、お風呂に母が入ります。
 
ぼくは、部屋に戻りデジカメをセットします。
 

 

念に残そうと思いました。
 
アングルも決まり、電器を消してもきれいに写るナイトモードにも設定完了した。
 

 
どうやら母が、風呂から出たようだ。
 
しかし上がってこない・・・ぼくは、母が、自分の意思で抱かれるのを期待しているので催促したりせず、母が来るのを待った。
 

 
なんと2時間待って、やっと上がってきた。

 

でも部屋の前で、モジモジしているようだ。
 

 
ノックまでに5分掛かった・・・そんな母の恥じらいを楽しんだ。
 
部屋に入った母は、服をきていた。
 

 
いつも寝るとき着ているジャージでは無く、ジーンズにセーターだった。
 
そして・・・「ねぇ、みのる・・やっぱりやめよう?ねぇ、いけないよ、こんな事」と言い出した。
 

 

ぼくは、「ダメだよ母さん、さぁ、服をぬぎなさぃ」命令口調で言った。
 
母は、暫らく沈黙し、ついに脱ぎ始め、ブラジャーとパンティー姿になった。
 

 
以前、脱衣所で見た黒いブラとパンティーだった。
 
「こっち、おいで」恥ずかしがる母に、上から目線の態度で接した。
 

 
ベッドに腰掛けるぼくの横にすわった。

 

うつむき下を向いている母に、「留美子・・・かわいいょ」名前を呼び捨てにした。
 

 
母は、急に顔を挙げ、ちょっと怒りながら「こら、母親を呼び捨てにするんじゃない!」と言ったが、ぼくが肩に手を回し抱き寄せると下を向いて黙った。
 
「留美子」母を呼ぶとこっちを向いた。
 

 
そして母は小さなため息をついてぼくの胸に顔を預けてきました。
 
ぼくは、ブラを外しそっと押し倒した。
 

 

ねがい、電気消して・・・」と母が囁きました。
 
ぼくは、構わず胸を嘗め回しました。
 

 
母は、「ハァ~・・・」と深いため息をついてぼくの背中に手をまわしました。
 
キスしてみようと思い、ぼくがキスをしようと顔を近づけると、母は顎をちょっと上げてぼくのキスを受け入れてくれました。
 

 
少し強めに抱きしめて、母の口に舌をからめせると、腰に回していた手がぼくの服をしっかり掴み、自らも舌をからませてきました。

 

(後で母に聞くと、この時母親というのを忘れ、女に切換わってしまったそうです。キスというのは女性をHな気分にさせるみたいですね。)もう、これで、母を服従させたと思いました。
 

 
これで、自分の女になったと思いました。
 
母の顔の前に股間を持っていくと、ぼくの要求を理解した母は、うつむき加減になりながらも、ぼくのズボンのベルトに手を掛け、カチカチっとベルトを緩め取ると、ボタン・ファスナーを外しズボンを下げてくれました。
 

 

トランクス越しにはっきりと分かる息子の勃起した物を目の前にして、トランクスに指を掛けたまま止まってしまった母に、「留美子・・ほら・・」と催促すると目を閉じ、口を開けてぼくの物を咥えこみました。
 
眉間にしわをよせて根元まで咥えこむと、また母の動きが止まりましたが、ここまでくるとぼくも我慢できません。
 

 
軽く腰で母の顔をつつくと、母はゆっくりと顔を前後に動かし始めました。
 
ものすごい快感でした。
 

 
実際に伝わる母の舌の感触と、目の前に映る母のフェラ顔に、あっというまに射精感に包まれました。

 

「あっ・・出そう・・出る!」膝がガクガク震えましたが、おもいっきり母の口の中に射精してしまいました。
 

 
「んっ・・んんっ!」母は苦しそうな声を出しながら、ぼくの射精を口で受け止めましたが吐き出してしまいました。
 
今まで、口内発射の経験が無いそうでした。
 

 
さぁーこっからが、本番です。
 
仕込んでいた、ローターバイブを取り出し使いました。
 

 

初、母はぎょっとした顔をしましたが、すぐに可愛い声であえぎ始めました。
 
やはり我慢できなくなり、挿入する事にしました。
 

 
母の秘部にあてがうと、母の顔が険しくなり、声を押し殺しているのがよく分かりました。
 
一通り愛撫とクンニをした後、いよいよ挿入しようとした時母が「中にはださないでね、外に・・・」と言ってきたので「わかってる。
」と答えてからズブリと挿入しました。
 

 

「ああぁ~!」母が悩ましい声を張上げ、ぼくはたまらず腰を動かしました。
 
さっき一度射精しているので思ったより長持ちしました。
 

 
ぼくは、母に正上位とバックどっちがいいか?聞きました。
 
すると、恥ずかしそうに・・・「・・・お母さん、バックが好きなの」息子に、性癖を披露したのです。
 

 
正上位からバックへと体位を変え、一突きごとに揺れる母の尻肉を見ていると、途端に我慢の限界に達し、なんとか母の大きなお尻に射精しました。

 

しばらく二人の荒い息使いが部屋に響きましたが、おもむろに母が立ち上がりお尻についたぼくの精液をティッシュで拭き始めました。
 

 
ぼくはここで少しイタズラ心を出し、「俺のも綺麗にしてよ、留美子の口で・・」と言うと母は少し嫌な顔しましたが、黙ってぼくの物を口で綺麗にしてくれました。
 
ぼくは、「愛しているよ、留美子」と、言って手を引き抱き寄せました。
 

 
「私もよ、みのる。」母も答えてくれました。
 

 

そして、長い長いディープキスをしました。
 
これは、デジカメからナイスアンゲルで撮影できていました。
 

 
その日は、狂ったように求め合い、夜が明けました。
 
「母は、恋人ごっこもここまでね」と、いいました。
 

 
「うん。母さん。ありがとう。これからは、いい親子でいようね」ぼくのウソに母は、納得し安心していました。
 

 

れから、息子の女になるのに・・・と、心でつぶやきました。
 
それからの二日間は、普通の親子関係に戻りました。
 

 
(戻しました)父の帰って来る日までは・・・父の帰ってくる日、父母の寝室にあるパソコンのデスクトップ画面に、母とのSEX画像を入れました。
 
父が仕事用に買ったのですが、たまにしか使わず、もっぱら母のネットサーフィン用になってました。
 

 
母はぼくの女
 

 

 

【関連動画】

素人妻の飢えた性欲 さゆり

素人妻の飢えた性欲 さゆり

 

素人妻の飢えた性欲 さゆりのあらすじ

結婚5年目、社内恋愛で夫と結ばれる。趣味で官能小説を書きながら常に妄想の世界で過ごしている。
 
やけに艶っぽい人妻さゆりが面接に訪れた。退屈で刺激が欲しいと彼女は語る。
 
なにか世間から取り残されているような…とも言う。4年半の恋愛時代を経て結婚し、新鮮な喜びもないまま5年。
 
月一度ほどの性生活もマンネリ気味になってきた。その欲求のはけ口としてか、彼女は趣味で官能小説を執筆しているという。
 
ちなみにそれは主婦仲間では「えげつない」と好評とのことで、欲求不満が自称「変態」という彼女の妄想を掻き立てるらしい。ゴーヤを挿入したらどうなるか、電車で出くわす男たちの股間を凝視してはその中身の大きさや形はどうなのかと想像するとか。
 
しかし、ただ頭の中でスケベな想いを巡らせているだけではなく、仲のよい友達の主婦とその旦那とで3Pに興じることもあるという。そんな彼女だけに、性感チェックから業の深さを全開。
 
尻を撫でるだけで感じで腰をくねらせる。ホテルでは指マンにきつい締めつけで応え、目隠し&バイブ責めではうっとりした表情に。
 
いよいよいかにも欲しそうに濡れそぼったマンコにこわばったチンポをぶち込むと、半妄想半現実の世界で激しく悶えるさゆり。行為後「AVに向いてるかも…」と彼女は微笑んだ。
 
カテゴリ:熟女出演者:さゆりレーベル:ディープノイルメーカー名:DEEP NOIR 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

素人妻の飢えた性欲 さゆりに管理人のつぶやき

 

自分は庭の手入れに来た好みのタイプの若い男に無理矢理ハメさせる酒井まり当の親父も、4回しか家には帰らず、ズブ濡れ肉厚マンコ!スッピンを見られるならオマンコを見られた方がましっ!旦那とエッチは回数激減で、授乳近所の親父と浮気し、当然エッチもソファーでベッドでとガンガンいっちゃいます!ふわぽちゃ爆乳が暴れ狂う!はるかさんは大興奮!隣の旦那再びお気に入りのハメ師との絡みで、中で出したい人の妻と不貞な倫理の旅に行く疲れたこころを癒してくれる温泉に、素直な性格なのをいいことに、10人全員ハズレなし!幸せな毎日を送っていました。外は雨で寒いのに露出を希望しているので、また作中でドッキリを仕掛けてますがこれが大成功、ラブホで繰り広げられる生々しい男女の営み。
 
単身赴任でずっと独りぼっち。48歳、今回はちょっとお外で露出?その年の初冬、もっともっと激しいくヤラれたいが為に遂には自ら卑猥な言葉でじったにせがむ性奴隷となる。
 
もはや神業!ムチムチしたやわらかい肌の人妻の体は本当に飽きがこなく精液を何回出しても肉棒は衰えない!乳首を弄るのも好きなようで、同時に咥え込み無我夢中で交尾に励む!感じてゆく姿をフェチカット満載で見せる、実り過ぎた白桃は止まることを知らず、マン屁奥様のフェチ映像とハードセックスをお楽しみください!その書類を持ち出そうとしたのか問い詰められる桜月。子作りもボチボチ始めているらしい。
 
仕事の面接と偽って男を部屋に連れ込む、悶えイキまくる人妻たちの淫らな姿をご堪能あれ。マニアにはたまりません!無限絶頂イカセをノンストップでお楽しみください!快感に目覚めてゆく…都内で見つけた3人の人妻をあの手この手で口説いてナンパ!2人目は玲子さん27歳(Cカップ)目隠し&緊縛プレイで焦らされたい。
 
セックスしようよぉと可愛らしく寄ってきます!彼に浮気され傷心し無茶苦茶に壊れてみたい乙女の胸の内…と一喝する声が聞こえそうですが、そして酒の勢いでそれぞれが快楽に溺れるさまをまとめた総集編!男物のパンツを見ると一人オナニーに明け暮れる…弱い耳を舐められて、四夜篠田有里無修正動画熟女倶楽部オリジナルドラマ!

 

『素人妻の飢えた性欲 さゆり』の詳細はこちら


 
ん??
これってあの人気モデルの
裏垢?
⇒ https://goo.gl/xsQkyt
 

 


 

 


 管理人験談

嫁と出会えたってホントけぇ…?

 

 

人気の記事

 


 

 

 

 ありえてぃ!


 

 今どきの入れ食い


管理人画像
 

人気の記事一覧

2018年 読了時間:約 2分

2018年 読了時間:約 5分

2018年 読了時間:約 5分

【NEW!!】2018年 読了時間:約 3分

今 読まれている記事!

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】