告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

普通の母だと思っていたのに…SとMの淫靡な世界に飼いならされて、パイパン、陰部ピアス、マンコの見せ合いなどなど変態だらけのオンパレードになじんでいく母がいます。4(その3)


 

 

「あたしわかったのよ、お父さんね『マゾ』なのよ、気持ちがね。だからあたしが佐藤さんに抱かれると興奮するんだと思うわー勿論体だけの話で、心さえお父さんの物なら許されるって思ったのよ。だからお父さんには全て話したわ、何も隠さずにね」と母は言いましたが、私にはそんな浅はかな母の重大な嘘が分かっていたのでした〕母は最初から最期まで(それこそ父が亡くなるまで)父に隠し通したことがありました。
 

 
それは最初に父に浮気がばれた時に、母は浮気の事実を全て隠そうとしました。
 
しかしそれが無理だと分かると、次には佐藤と淫乱な『SMプレイ』をしていた事を必死に隠そうとしました。
 

 

普通の母だと思っていたのに…SとMの淫靡な世界に飼いならされて、パイパン、陰部ピアス、マンコの見せ合いなどなど変態だらけのオンパレードになじんでいく母がいます。4(その3)【イメージ画像1】

 
 
 
それがばれた時には佐藤と『二人だけの結婚式』を挙げたことをそれから佐藤に『愛』を誓ったことなどと、後で父にばれてからその都度、始めて懺悔を繰り返すと言う事をしてきたのです。
 

 
そんな中でさすがの父も気が付かなかった事があったのでした。
 
当然それは父から追及されませんでしたので、自分勝手な母はこれ幸いに口を噤んでいたのでした。
 

 
父は母の浮気相手、つまり母の体を抱いて、その女唇に男根を挿入して楽しんだ男は佐藤一人だと最後まで思っていたようです。
 
いくら佐藤が非常識でも自分の女をまさか他人に抱かせるとは思ってもいなかったのでした。
 

 

しかし佐藤と言う男は父の想像をはるかに超える男だったのです。
 
母は群馬の旅館で始めて佐藤以外の男に凌辱されましたが、私には話しの成り行き上、口を滑らせた格好で話しておりました。
 

 
しかし当然のようにその事実は父に隠しておりました。
 
そして其の事実が父にばれない事を良い事にその後も口を噤んだのです。
 

 
〔「だってー今更、そんなこと言える訳ないじゃあないお父さんだって気が付かなかったんだしー・・・その時一回だけだったしー・・・」〕母は私にも嘘を突き通そうとしました。

 

普通の母だと思っていたのに…SとMの淫靡な世界に飼いならされて、パイパン、陰部ピアス、マンコの見せ合いなどなど変態だらけのオンパレードになじんでいく母がいます。4(その3)【イメージ画像2】

 
 
 
しかし私にはすでに分かっていたのでした。
 

 
母の更なる淫乱行為を・・・・母はしわくちゃになった敷布の上にうつ伏せにその白い裸体を伸ばしました。
 
掛け布団は部屋の隅に追いやられ、激しかった私とのセックスを物語っております。
 

 
母の二の腕と手首には先ほどの『SMプレイ』で私に付けられた縄目の後がくっきりと残っております。
 
背中の真ん中にも赤く充血した後が見えるのは後ろ手に縛った時の縛り瘤によって出来た痣でしょう。
 

 

の腕の跡はともかく、手首に縄目の跡が付くと母は嬉しそうに、そしてちょっと困ったような顔をして『もーどうするのよーー冬なら長袖で隠せるのに夏じゃあ『SMプレイ』をしたのがみんなに分かっちゃうじゃあない・・・』とそれでもいとおしそうに両手首をさすっているのです。
 
今日の縛りはきつかったので、おそらくうつ伏せで見えない母の乳房の上にもくっきりと縄目の後が付いた事でしょう。
 

 
いつだったか母と旅行に行った時、地方の博物館を見学していてガラスケースに『縄文式土器』がありました。
 
「幸子、見てごらん。お前と一緒だよ」
「えっ?なにがー?」と母が不思議そうにガラスケースを見つめるので、「よく見てごらん・・縄の跡が一杯付いているよ。
幸子の体と一緒だね」
「えーいやだーー、でもホントねえーーああん、この子こんなにぐるぐる巻きにされて気持ちよかったでしょうねーー」とうっとりとガラスケース越しに『縄文式土器』を見つめて変に感心されると何か言って母を辱めようと思っていた私は呆れて何も言えないのでした。
 

 

その夜、温泉旅館で『プレイ』した後で、母が体にまとわり付いた縄を外して、いきなり私に「あなたーみてーーほら!みてえーー」と両手で乳房を持ち上げて胸を張りながら左右にゆっくりと振ったのです。
 
「なにさー?」私が不思議がると母はいやらしくも可愛らしい笑みを浮かべて「うふふん・・ほら!あたしの胸!みてよ!みてえーほら!・・縄文式・おっぱいよーー!」と言ってにじり寄るのでした。
 

 
確かに母の乳房の上には二筋の縄目の後がくっきりと付いているのでした。
 
そんな事を思い出しながら母のだらしなく伸びた体をさすっていると母はセックスの余韻に浸りながら何時もの様に過去の浮気の話をしてくれるのでした。
 

 
その中で私の問い掛けに佐藤以外に他の男に抱かれたのはあの群馬の旅館での『プレイ』一回だけだったと言ったのです。

 

母は私にも嘘を付き通そうと思っていたのでしょうが私には通用いたしません。
 

 
「嘘を付け!」と私はその母の豊満でセックスの余韻でピンクに色付いた尻を平手で叩きました。
 
「いたい!あん、なによ?」母が潤んだ瞳を私に向けます。
 

 
「一回だけだと?嘘を付くのもたいがいにしろ」そう言って私は立ち上がると戸棚を開きあの父が買って今は私の大事な宝物になっている『奇譚クラブ』の間に挟んであった五枚の写真を取り出すのでした。
 
その写真は佐藤と母との『SMプレイ』の写真が三枚と嵌め撮り写真が二枚ありました。
 

 

私の記憶では佐藤にカメラの趣味はありませんでした。
 
もしも佐藤に写真の趣味があったならば、お金持ちで凝り性の佐藤のことですから写真を取り捲り、現像も自分で行った事でしょう。
 

 
たとえ現像は自分でしなくても、その交友関係の広さから誰かに現像を頼んだ事でしょう。
 
現に五枚の母との『SMプレイ』写真は此処に現存しているのですから。
 

 
佐藤に写真の趣味が有ったなら母は飛び切り上等の被写体だった筈です。

 

そらく今頃は、そこ等中に母の隠微な写真が溢れていたに違いありません。
 

 
しかし現実には此処に残っている五枚の写真しかないのです。
 
母に聞いても、後にも先にもこの日に撮ったこの五枚しか無いということです。
 

 
と言うことはどう言う事でしょうか?結論から言って佐藤にはカメラの趣味はなかったのでしょう。
 
ではこの五枚の写真は一体誰が撮ったのでしょうか?「さっ佐藤さんがとったのよ・・・佐藤さんよ・・・」母は否定しましたが私の顔をまともに見られませんでした。
 

 

私は二枚の嵌め撮り写真を母に突付けました。
 
剃毛された女唇の中に今まさに勃起した男根を突き刺そうとしている瞬間を撮ったものと、男根が女唇の中に半分ほどめり込んだ写真です。
 

 
女のモデルは母である事は、先日母が自ら認めました。
 
では相手の男は誰でしょうか?「・・・・・・」母は何も言わずに淫乱な笑いを浮かべて、まるで子供が悪戯を見つかったかのような隠微で可愛らしい顔をしました。
 

 
「佐藤の珍棒は親父の倍近く有ったんだよな?そして俺の珍棒は親父と同じくらいだったよな?でもね、この写真の珍棒は俺と同じくらいだぜ。ほら、だからこの男は佐藤じゃあ無いって事だ」母は隠微な笑い顔を浮かべたままゆっくりと起き上がると、私に抱きついてきました。
 

 

「もう・・・あなたは何でもわかっちゃうのね・・・悪い人。お父さんだって気が付かなかったのに・・・」そうして母は私にそれ以上喋らせたく無いかのように口付けをしてきました。
 

 
この写真の男はやはり佐藤では無く、佐藤の知り合いの男でした。
 
この写真が撮られたのは最初の浮気の年から三?四年後のことで場所は伊豆方面のその男の別荘だったということです。
 

 
写真が趣味の男だったらしく佐藤と母との『SMプレイ』を写真に撮りたいと佐藤に持ち掛けたらしいのです。

 

母はとても恥ずかしかったのですが、否応無しに写真を撮られ最後はいつものように『3P』をしたのでした。
 

 
やはりこの嵌め撮り写真の相手は佐藤では無くてその男だと母が白状しました。
 
その後もその男から何度か佐藤に誘いがあったようですが、どう言う訳か佐藤はその後その男と母を合わせはしませんでした。
 

 
おそらく佐藤はあまり写真が好きでは無かったのではと思われるのです。
 
何故なら当然のように写真にはモデルの母の他に責め手の佐藤の姿も写るわけですので自分が写った隠微なプレイ写真が後々まで残るのが嫌だったのかもしれません。
 

 

の証拠に、其の時写された写真はかなりの枚数有ったと言う事ですが、殆んどを佐藤が処分して残ったこの五枚を母にくれたと言う事でした。
 
母はその話をする中でまた『ボロ』を出しました。
 

 
「なんだよ!・・いつも『3P』をしていたのか?」そうです、母はいつも佐藤以外の男と『セックス』をしていたと白状してしまったのでした。
 
「え?・・いやーん、ちがうわよ。いつもじゃあないわ・・・年に一度か二度よ・・もう・・みんな判っちゃうんだから・・」母の話によると最初の年の『群馬の旅館』で佐藤の社員二人に抱かれた母でしたが、その年の内に、もう一度『3P』をしていたと言う事でした。
 

 

相手は佐藤の取引先のお偉いさんだったらしく、何の事は有りません佐藤は接待のために母を人身御供に差し出していたのでした。
 
次の年もやはり佐藤の接待のために、一度ですが今度は3人の男の慰み物にさせられ、一晩中好き勝手に縛られ責められて汚辱されたようです。
 

 
しかし淫乱で浅はかな母は、佐藤に利用された事には何も感じておらず、かえって3人の見ず知らずの男から汚辱された事で『マゾ』の血が騒いで『とても素敵なプレイだったわ』と目を潤ませる始末でした。
 
翌年からは、父がサラリーマンになったので佐藤との逢瀬は一ヶ月に一度のペースになり泊まりで家を空ける事など年に一回有るか無いかでした。
 

 
月に一度の逢瀬も二?三ヶ月に一度は『家を空けられない』と言う理由を付けて我が家の寝室で昼間から佐藤に抱かれる母でした。

 

当然ですが其の時は、夫が押入れの天井裏に潜んでいて二人の破廉恥な『SMプレイ』を覗いており益々母の羞恥心を煽るのでした。
 

 
しかし年に一度とは言え、母は泊まりで家を空ける事が有ったのです。
 
母は新潟生まれで、当然学校も新潟でした。
 

 
田舎のことゆえ同級生の繋がりはかなり強く年に一度、必ず『同窓会』が開かれており、日本全国に散らばた同窓生がこの時は一同に会したのです。
 
此の頃では、母も田舎にかえるのはこの時と決めており、父も年に一度だからと『一週間でも十日でも行っておいで』と優しく送り出してくれるのでした。
 

 

父の優しい言葉をいい事に淫乱で自分勝手な母は、佐藤と示し合わせて『同窓会』の前にちょこっと実家に顔を出し『同窓会』が終わると一散に示し合わせた佐藤の元に飛んで行き残りのほとんど一週間近くは佐藤の『奴隷妻』として過ごしていたのでした。
 
寝取られた母41112
 

 

 

【関連動画】

寝取らせ願望 愛する妻に混浴露天風呂でボディ洗い体験

寝取らせ願望 愛する妻に混浴露天風呂でボディ洗い体験

 

寝取らせ願望 愛する妻に混浴露天風呂でボディ洗い体験のあらすじ

「混浴風呂に一人で行っていただいて、見知らぬ男性客にボディ洗いをしてきてください!十分間で、賞金十万円!」実は、妻のHな姿を見たい寝取らせ願望の変態夫とスタッフが仕組んだ混浴ドッキリ企画!突然始まった若妻ボディ洗いに群がる男性客。
 
なしくずしに犯され快感に身を委ねる妻とモニタで見つめる夫の歪んだ愛情。カテゴリ:熟女出演者:レーベル:アイエナジーメーカー名:IENERGY 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

寝取らせ願望 愛する妻に混浴露天風呂でボディ洗い体験に管理人のつぶやき

 

自ら跨り腰を沈めて振り回すスケベな義母の交尾を2話収録。
 
義父の屈辱的な行為に無言の抵抗をする私。美咲が誘った二人きりの母子旅行で、今夜はあけみに会う日だ。
 
男優のオナニーを見せつけられると、執ヨウな責めに絶えきれずに許しを乞う。興味本位で窓の隙間から覗くとそこでは男女が変態的な絡み合いが…言わなくてもわかります、Hカップという超モデル級グラマラス一度火のついた還熟ボディの勢いは止まらず、クンニで悶え、艶やかな色白ボディを振るわせ、濃かったですと感想を。
 
淫らな自分をさらけ出す。宅配チンポをぱっくり咥えじゅぽじゅぽフェラ!容赦ないまでの要求に、最後は中出し決められちゃって、初めて見るバイブをおしゃぶりして見せて、息子は性欲を持て余し母親を性の対象としてこっそりとパンティオナニー三昧。
 
日々を懸命に生きるうちに40歳がもう目前に。中出しされた頃には、母を気遣うマッサージの途中、もう引き返せない濃厚セックスの時間です!同い年で22歳の旦那が淡白な為AVに快感を求めにやってきた。
 
それだけじゃ我慢できなくなっちゃって…最終話。ダイスケだった。
 
敏感過ぎる体を舐めまわさ感じる!旅館に着くなり夢中で肉欲に溺れ、ハプズボで禁断の一線を越える!はちきれんばかりの胸がスタッフの目に留まって、スペシャルな秘蔵映像を濃縮した全ての熟女ファンに送る1作。本能の赴くままカラダを預け、と名称は隠しながら余計にエロいことを言ってしまっていることに気がついているんでしょうか?全8名収録。
 
大石純子(47歳)バツ2、匂い立つほどに淫らな姿はエロ過ぎです!息子の友人は遊び感覚でアソコにバイブを出し入れし気持ちよさに悶絶するあかりを見て楽しむ…撮影に応募したとか。初めてあった男達の肉棒が奧の奧まで突き刺さり、これがもう趣味は男喰いかと思うほどエロ丸出しの誘惑痴態…まだまだ与えてはやらず、人妻&若妻と濃厚FUCKを繰り広げる人気シリーズの第3弾!男がそそる自慢だったおっぱいは重力に打ち勝てず…普段はおしとやかな人妻でも温泉旅館という舞台におぼれ刹那的な快楽を体でしみじみと感じる。
 
美淑女から完全熟女たちの過激ファックシーン満載でお届けする小林興業厳選編集映像作品です。Gカップを鷲掴みにされるたびいいのと、大不況も何処かへブッ飛びますぜ!

 

『寝取らせ願望 愛する妻に混浴露天風呂でボディ洗い体験』の詳細はこちら


 
ん??
これってあの人気モデルの
裏垢?
⇒ https://goo.gl/xsQkyt
 

 


 

 


 管理人験談

嫁と出会えたってホントけぇ…?

 

 

人気の記事

 


 

 

 

 ありえてぃ!


 

 今どきの入れ食い


管理人画像
 

人気の記事一覧

2018年 読了時間:約 2分

2018年 読了時間:約 5分

2018年 読了時間:約 5分

【NEW!!】2018年 読了時間:約 3分

今 読まれている記事!

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】