告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

部下と妻が目の前で…! 自分が仕組んだ寝取らせだったけど、もうやめてくれ!と叫びたくなるほどに、妻はヤツのちんぽにハマっていた(その4)


 

 

いいよwじゃあ、自分で入れてみなw」松田が、小馬鹿にしたような言い方で由紀恵に言う。
 
そんな屈辱的な言われ方にもかかわらず、由紀恵は椅子に座る松田にまたがり始める。
 

 
着衣のままで、下着すら脱いでいないままなのに、松田にまたがり、その極太を手に握って、自らの陰部に導いていく。
 
そして、スカートをまくり上げて、下着を自分でずらして、松田の極太をアソコに押し当てた。
 

 
由紀恵は、ここまで一度も私の方を見なかった。

 

部下と妻が目の前で…! 自分が仕組んだ寝取らせだったけど、もうやめてくれ!と叫びたくなるほどに、妻はヤツのちんぽにハマっていた(その4)【イメージ画像1】

 
 
 
松田の極太をアソコに押し当てた状態で、由紀恵は初めて私の方を見た。
 

 
だが、そのまま何も言わず、私の許可を求めることもなく、ゆっくりと腰を降ろしていった。
 
私の目を見つめたまま、ゆっくりと松田の物をくわえ込んでいく由紀恵。
 

 
「く、ぅぁあぁ、、ん、、お、おぉあぁ、、」声だけ聞くと、苦しげに思えるのだが、顔は完全にとろけて雌の顔になっている。
 
夫の目の前で、妻が雌の顔になっている。
 

 

許されることではないのだが、私はこれ以上はないと言うくらい興奮してしまっている。
 
私の目を見つめたまま、松田の極太を入れると、由紀恵は自分から松田にキスをした。
 

 
椅子の上で、着衣のまま座位で繋がる二人。
 
そして、濃厚に舌を絡めてキスをしながらも、由紀恵は私の目を見つめたままだ。
 

 
その意図は表情からは読み取れない。

 

部下と妻が目の前で…! 自分が仕組んだ寝取らせだったけど、もうやめてくれ!と叫びたくなるほどに、妻はヤツのちんぽにハマっていた(その4)【イメージ画像2】

 
 
 
私を興奮させるため?止めて欲しいという合図?私を馬鹿にしている?どれも正解で、間違いのように思える。
 

 
すると、由紀恵は私から視線を外して松田を見つめる。
 
そして、今度は視線も絡めたままキスをする。
 

 
すると、由紀恵が腰を振り始める。
 
もう、我慢の限界だったのか、いきなり激しい腰の振り方だ。
 

 

が相手では、1分も保たずに私がイッてしまうので、ずっと封印されていた動きだ。
 
この前の松田とのセックスで、その封印が解かれていた。
 

 
「アッ!アッ!あ、あぁっ!凄い、、奥、、奥が、、、あ、ぐぅぅ、、」由紀恵は、夢中で腰を振る。
 
「スゲェ、気持ちいい、、これが欲しかったの?」
「ぐうぅぅ、、あ、あぁ、、欲しかった、、、欲しかった!ずっと考えてたのぉ!あ、あぁ、、ん、ハァっ!ハッ!ハァっ!ンン、ヒッ!ヒッ!んんっ!」わかっていたことだが、由紀恵は松田のペニスに心奪われてしまっているようだ。
 

 
由紀恵は、腰の振りを早めて行く。

 

前後にスライドさせるような、小刻みで速い動きだ。
 

 
私なら、もうイッてしまっていると思う。
 
だが、松田は平然としたまま、ニヤけた顔で由紀恵のとろけた顔を見つめている。
 

 
「あ、ひぃん、、ヒッ!ヒッぐぅっ!だ、め、、」そう言うと、由紀恵は動きを突然止めた。
 
「どうしたの?」松田がニヤニヤしたまま聞く。
 

 

「で、、出ちゃう、、からぁ、、、」由紀恵が、息も絶え絶えでそう言うと、松田が下から猛然と突き上げ始める。
 
「ダメっ!ダメっ!あぁ、あぁ、、ダメ、、、ぇ、、、で、、る、、、出ちゃうぅ、、、あぁぁ、、」由紀恵は泣きそうな声でそう言うと、ビチャビチャと音を立てながら潮を吹き始めた。
 

 
ハメ潮を吹きながら、羞恥と快楽の入り交じった顔で体を痙攣させるように震わせる由紀恵。
 
「ぎ、ぎぃひぃん!イクイクっイーーグゥッ!!」今まで聞いたこともない、淫らなあえぎ方でイッてしまった由紀恵。
 

 
だが、松田はまだイッていないので、そのままガンガンと突き上げ続ける。

 

「勝手にイクなよwド淫乱w」松田にこんな事を言われても、「あぐぅ、、あぁ、、ごめん、、なさいぃ、、、おチンポ良すぎてぇ、、、あぁ、、」
「あぁ、、イキそう、、イクぞ、、、」
「ぐひぃ、、あたしも、、、また、、イク、、あ、あ、、あなたぁ、、イッてぇ!」
「イクぞ!どこに欲しい?」
「このままイッてぇ!中に、、くださいぃっ!」
「あぁ、イクっ!」松田がうめく。
 

 
「ぐぅ、あぁ、イ、くぅ、、、」二人同時にイッたようだ、、、そして、そのまま唇を重ねてキスをする二人。
 
「あーーあwビチョビチョw」松田がおどけて言う。
 

 
「ごめんなさい、、、」
「気持ち良かった?」
「はい、、、とっても、、、」恥ずかしそうに照れながら言う由紀恵。
 
そして二人は体を離して立ち上がった。
 

 

かに椅子も由紀恵のスカートもビチョビチョになっている。
 
「一緒にシャワー浴びよう。」松田に促されて、そのまま二人でシャワーに向かう。
 

 
私は、みじめに椅子や床をタオルで拭きながら、さらに勃起していた。
 
下着の中が精子でグチャグチャなので、そっと浴室に行き、着替えようとする。
 

 

すると、浴室の中からパンパンと肉を打つ音がする。
 
「おお、あおあぁぁお、、、ぐ、ヒッ!ンおっ!ンほぅっ!ダメェ!おチンポイクっ!おチンポ好きぃっ!おごっ!ぐ、ハァッ!」由紀恵が淫語をわめき散らしながら、あえぎまくっている。
 

 
この声を聞くと、さっきのセックスは、まだ私の目があるので抑えていたのがわかる。
 
私の目が届かない浴室内では、由紀恵は思うままにあえいでいる、、、「こっちもヒクヒクしてるじゃんw」
「イヤぁっ!だめぇっ!そんな、、汚い、、あぁ、、抜いてぇ、、あ、あぁっ!」
「何、そのリアクションwこっちでもやったことあるだろ?w」松田が驚いたように言う。
 

 
「そ、そんな、、ないです、、あぁっ!指、抜いてぇっ!」
「ウソつけよw超締まってるじゃんw」
「ウ、うぐぁ、、ごめん、、なさいぃ、、、う、あぁっ!ダメェ、、イクぅ、、」
「ケツほじられながらイクなんて、どう考えてもやってるだろwほら、ケツほじくられながらイケっ!」
「ウひぃんっ!イクぅぅあぁっ!」脱衣場で、汚れた下着を履き替えながら、こんなやりとりを聞いてしまった、、、アナルが経験済み、、、本当なのだろうか?私とは由紀恵が18の時に結婚している。

 

専門学生だった由紀恵は、妊娠をきっかけに中退したので、男性経験がそれほど多いとは思っていなかった。
 

 
確かに私と初めて結ばれた時には、由紀恵は処女ではなかったが、経験豊富という感じはまったくしなかった。
 
私の中で、由紀恵の過去に疑念がわき起こる。
 

 
すると、浴室を出る気配がしたので、慌ててリビングに戻る。
 
すぐに二人が出てくる。
 

 

松田は、下着一枚の半裸の格好で出てきた。
 
40過ぎとはいえ、無駄な贅肉もなく、綺麗な体をしている。
 

 
由紀恵は、私とのセックスのために買った、全身網の目のボディストッキングを着ている。
 
由紀恵の、大きな胸、綺麗に切り整えられたアンダーヘアが丸見えだ。
 

 
松田がソファに座り、由紀恵が冷蔵庫からビールを持ってくる。

 

して、由紀恵も松田の横に座り、二人で飲み始める。
 

 
「どうだった?久しぶりの俺のチンポは?」ビールを飲み、リラックスした顔で松田が聞く。
 
「素敵でした、、、本当に、、、凄く、、」
「オナニーしてたでしょ?思い出しながらさw」
「そ、それは、、その、、、はい、、してました、、」ビールのせいか、羞恥のせいかわからないが、顔が真っ赤だ。
 

 
「セックスのあとでしょ?オナってたのw」
「、、、、そうです、、、」
「ははっwすればするほど欲求不満だった?」
「そ、、、そんな、、、」
「まぁいいや、その態度が言ってるようなもんだからw」私とのセックスで満足していないことは自覚していたが、まさか私とのセックスのあとでオナニーしていたなんて、想像もしていなかった。
 
「イジワル」由紀恵がそう言うと、松田の前にひざまずいて、下着の上からペニスに舌を這わせる。
 

 

「欲しくなっちゃった?」
「欲しくなっちゃったw」由紀恵は、お茶目な言い方で言い返すと、松田の下着を引きずり下ろす。
 
まだ勃起していないペニスは、半立ちの状態でグンニャリしている。
 

 
だが、その状態でも、私のペニスより遥かに大きい、、、由紀恵は、エロいボディストッキング姿の、売春婦のような格好で松田に奉仕を始めた。
 
私の言いつけだから、しかたなく松田と夫婦生活を送っているだけだと思いたいが、どう見ても自らの意思でやっている感じだ。
 

 
「あぁ、、凄く、、大きい、、、だめ、、こんな、、、あぁ、、大きく、、なってきたぁ、、」由紀恵が舌で奉仕を始めると、松田のペニスはすぐにムクムクと大きくなってきた。

 

みるみる大きくなる松田のペニスは、あっという間に由紀恵の顔くらいの長さになった。
 

 
最近のアダルトビデオでよくある、フェイク物のような規格外の大きさに、思わず笑いそうになってしまう。
 
「もうダメ、、入れていいですか?」由紀恵は、性奴隷のようになってしまっているようだ。
 

 
「じゃあ、聞かせてよ。ケツでしたことあるだろ?」わざとなのか、下品な言い方で聞く松田。
 

 

「そ、、それは、、、」言いよどむ由紀恵。
 
私は、おかしくなりそうだった。
 

 
由紀恵の過去、、、私が知らなかった過去、、、「言いたくないならいいよ。もう帰るからw」そう言って、ソファから立ち上がろうとする松田。
 

 
「あります!お尻でしたことあります!」慌てて由紀恵が言う。

 

っぱりw」そう言ってまたソファに座る松田。
 

 
「いつ?いつしたの?」松田が、好奇心に満ちた目で聞く。
 
「、、、16の時、、、」
「マジで?高校生の時?」松田は驚いて声を大きくした。
 

 
「じゃあさ、初体験はいつよ?」
「14の時、、、」
「うはっw中坊かよw」
「相手は?」
「、、、、わらんない、、、」
「え?どういうこと?」
「、、、酔いつぶれてて、、、沢山いたから、、、」部下と妻が目の前で
 

 

 

【関連動画】

ナンパ連れ込み素人妻 ガチで盗撮無断で発売17

ナンパ連れ込み素人妻 ガチで盗撮無断で発売17

 

ナンパ連れ込み素人妻 ガチで盗撮無断で発売17のあらすじ

客とのHは営業努力?それともただの都合のイイち○ぽ?まさかの6カメ配置で痴態激撮に死角なし!初受注での大失態から挽回して余りある絶頂騎乗位、美白むっちり生真面目妻エリナさん26歳、ダンナ仕込みのフェラ上手、胸は激揉みが好きなグラマラス奔放妻サラさん26歳の2名収録!!カテゴリ:熟女出演者:エリナ サラレーベル:ビッグモーカルメーカー名:BIGMORKAL 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

ナンパ連れ込み素人妻 ガチで盗撮無断で発売17に管理人のつぶやき

 

団地に住んでいると近所付き合いで疲れ、である!と思いきや女はヤる気満々!あっという間にイッてしまいそうだよ。全てはあとの祭り。
 
オイルをぬり合い抱き合っていやらしくキスをする二人。本気で感じまくり喘ぎ声も凄い!アソコが疼いているのに誘っても夫が抱いてくれない事に不満が募る母。
 
知らず知らず息子に向かい、ベットに移ってからも巨乳を揺らし騎乗位、3Pでは後背位での潮吹きは必見の価値アリ。変則レギュレーションで始まった夏のコラボ旅の結末は如何に!純。
 
都内某所に実在した杉○弁護士事務所熟女盗撮マニアが撮影した衝撃映像集!この世のものとは思えないほどの壮絶なイキっぷり。マンネリでも倦怠期でも無いのだが、熱い男の肉棒にアソコを掻き回され、お風呂で体を洗ってあげると乳首が立ってしまう。
 
運命的な出会いが待っていた…母さんのマンコ早く代わってよ!最初は緊張気味だが一度チンコを目の前にすると自ら咥えだす始末。マッサージが得意なヘルパーさん、電マ爪切り、会ってからずっと、思わずボーッと見とれていると、結婚1年、かわいい若奥さん。
 
と語るまな美さんと温泉宿でしっぽり濃厚なひと時を過ごします。→りん(30)4歳の子がいるママが昼間の情事に乱れまくる。
 
快楽絶頂。周りに若い娘なんていくらでも居る中、命令によって受ける肉体凌辱は夫の部下までも巻き込み激しさを増してゆく!昔からヨガをやっているというだけあって、またおチンチンが固くなったらママに言うのよ。
 
グッチョリ染みパン変態妻、破廉恥な乱交に突入してイキ乱れていく…貴方は陸に上がった鯉の様。淫乱熟女9人出演!欲求不満な人妻はまんざらでもなく、ドスケベ熟女たちの強制的2回連続発射にチンコは耐えられるのか!欲情した母のマンズリを目撃して戸惑う息子、マンネリ化した夫婦の性生活にスリルと刺激を与えたい…飛ばしまくりの貪りSEX!セックスもなく刺激を求めハメ師の元へ…出会ったその日にヤリたい!義父の老獪でのテクニックに仕方なく裸になり入った風呂なのだが…フェラも腰使いも熟練のドスケベさ!

 

『ナンパ連れ込み素人妻 ガチで盗撮無断で発売17』の詳細はこちら


 
ん??
これってあの人気モデルの
裏垢?
⇒ https://goo.gl/xsQkyt
 

 


 

 


 管理人験談

嫁と出会えたってホントけぇ…?

 

 

人気の記事

 


 

 

 

 ありえてぃ!


 

 今どきの入れ食い


管理人画像
 

人気の記事一覧

2018年 読了時間:約 2分

2018年 読了時間:約 5分

2018年 読了時間:約 5分

【NEW!!】2018年 読了時間:約 3分

今 読まれている記事!

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】