告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

ヤンキー女の意外に濃やかで繊細なキステクニックに、僕陥落!唇を嬲る彼女にゆっくり挿入すると、彼女はイっちゃった目をして「硬すぎぃ…」とつぶやいた(その4)


 

 

姉さんは瞑っていた目を開くとゆっくり腰を上げ、抜けそうになる瞬間また腰をズンッと下ろした。
 
「あぁ!あ、あああ・・ハァハァ・・・た武君のチンポ硬すぎだよぉ・・・・」お姉さんはそう言うと、体を僕の方に倒し、ギュッと僕にしがみついた。
 

 
お姉さんの鼓動が聞こえてきた。
 
大きな音を立て、お姉さんの体は脈打っていた。
 

 
お姉さんの唇が首筋に当たり、熱い吐息が吹きかかる。

 

ヤンキー女の意外に濃やかで繊細なキステクニックに、僕陥落!唇を嬲る彼女にゆっくり挿入すると、彼女はイっちゃった目をして「硬すぎぃ…」とつぶやいた(その4)【イメージ画像1】

 
 
 
その時だった。
 

 
少し体が動くようになった気がした。
 
お姉さんが飲ませた薬の効果がなくなったのだろうか。
 

 
僕はゆっくり手を動かすと、お姉さんの背中に手を回しギュッと抱きしめた。
 
「あっ」お姉さんが声を漏らして顔を上げた。
 

 

お姉さんの頬を触る。
 
お姉さんの顔が近付いてきた。
 

 
僕は深く深く口付けをした。
 
お姉さんの中がギュッと締め付けるように収縮した。
 

 
「お姉さん薬の効果が切れたみたいです」お姉さんの頬を撫でながら僕は続けた。

 

ヤンキー女の意外に濃やかで繊細なキステクニックに、僕陥落!唇を嬲る彼女にゆっくり挿入すると、彼女はイっちゃった目をして「硬すぎぃ…」とつぶやいた(その4)【イメージ画像2】

 
 
 
「最初言ったように、突飛な行動をする必要なんてないんです。僕はお姉さんの事を絶対に拒否しませんから。だから、薬とかはもうやめてくれるって約束してください」
「・・・うん。ごめんね」
「分かってくれればいいです。それで」お姉さんが微かに笑った気がした。
 

 

はお姉さんの腰に手をやり、グイッとひきつけた。
 
より一層深くチンポがお姉さんの中に入ってゆく。
 

 
「あっ・・・ちょ、ちょっと待ってお願い」お姉さんが切なげな瞳で僕にそう告げた。
 
「入れてからさ、少し動かさないで欲しいの。武君も気持ちよくなりたいと思うけど少し我慢して?お願い・・・・・」
「え?ええ・・・・でもチンポが気持ちよくって勝手に動いちゃうっていうか・・・」
「女の子は最初は痛いって気持ちのほうが強いの。だから時間をかけて武君のチンポに体を慣れさせないと。いきなりは痛いだけだからさ・・・・ね?私も気持ちよくなりたいし・・・・」
「分かりました。お姉さんの言うとおりにします」
「ふふ・・・いい子」お姉さんは優しく微笑み、キスをした。
 

 

お姉さんの体温が体から伝わってくる。
 
温かい。
 

 
全てを包まれているような幸せな感覚だ。
 
腰を動かす気持ちよさも捨てがたいが、僕の上で全てを包み込んで愛を注いでくれるお姉さんがとても可愛くてとてもエッチで、大切で仕方なかった。
 

 
お姉さんの事が好きだと素直にそう思った。

 

お姉さんは腰を動かさず、自分の中心を貫いている物に身を預け、それを時間をかけてゆっくりと受け入れていった。
 

 
時折ギュッと僕のチンポを締め付けては、悪戯っぽく「ふふっ」と笑った。
 
30分くらいはそうしていただろうか。
 

 
お姉さんと一つになって時間があっという間に過ぎていった。
 
お姉さんの申し出により、僕たちは繋がったままの状態でずっとキスを繰り返していた。
 

 

執拗にねっとりと繰り返されるお姉さんのキスと、密着したお互いの肌の感触が僕のチンポを硬くしていた。
 
お姉さんの中でカチンコチンになっている自分の一物が、どれだけ時間が過ぎても全く萎える気配を見せない事に驚きを感じた。
 

 
お姉さんにされるままじゃなく、僕もお姉さんの口を吸った。
 
お姉さんに答えるようにお姉さんの舌や口内を嘗め回した。
 

 
お姉さんが僕を抱きしめてくる力が強くなる。

 

着しているのに、お姉さんはそれでも物足りないと言いたいかのように強く強く僕を抱きしめた。
 

 
そうして随分と時間が過ぎた気がする。
 
「なんだろ・・・・この感じ・・・・アソコが変な感じ・・・んぷっ!ちょっと!!」僕はお姉さんが急に顔を離した事に抗議するように、グイッとお姉さんの顔をひき付け離した口を無理やりくっ付けた。
 

 
「まっ・・・・んぷっ・・・ぷはぁ・・・武君ちょっとまっ・・・」
「駄目です」お姉さんの抗議を無視してお姉さんの顔を両手でギュッと固定し、お姉さんの柔らかい唇とねっとりとしたいやらしい舌を強く吸った。
 
お姉さんの息遣いが僕に伝わってくる。
 

 

口から伝わる感触がチンコを硬く硬くしていた。
 
片方の手をお姉さんのお尻に回す。
 

 
柔らかい。
 
腰の部分のいやらしいお姉さんの体の曲線をキュッと抱きしめる。
 

 
気持ちいい。

 

お姉さんの体が気持ちいい。
 

 
僕は理性が保てなくなっていた。
 
お姉さんをガッシリ固定したまま、下から腰をズンッと突いた。
 

 
一往復しただけで脳に快感の波が押し寄せる。
 
「あぁ!!今の・・・武君・・・」お姉さんの声が耳に響くがもう無理だ。
 

 

我慢できない。
 
お姉さんの体でもっと気持ちよくなりたい。
 

 
お姉さんの腰を両手でガッシリ逃がさないよう固定する。
 
そして再び腰を下から突き上げた。
 

 
「あぁぁぁ!!」お姉さんの声が漏れる。

 

めて聞く声だった。
 

 
「ちょっと待って武君・・・・お願いちょっとだけ」お姉さんの声に何とか精神を集中させ、何とか理性を少しだけ取り戻す。
 
「・・・・なんですか・・・僕もう我慢が・・・」
「今、凄い気持ちよかった・・・・・ずっと動かさないで慣れさせてたからかなあ。痛くないの。ちょっと気持ちいい」
「僕もですね・・・そのチンコが気持ちよすぎて」
「うん。だから私も武君も初めてだからさ、まだまだ未熟だし、コンドームしよ」
「え?ああそうですよね・・・・僕もいつ出るか分かりませんし・・・・」
「うん。つけたらもう止まらないね」お姉さんはそう言うと僕の目を切なげな瞳で見つめていた。
 

 

お姉さんはチュッと軽くキスをすると、腰をゆっくりと上げチンポを一旦抜いた。
 
抜いた瞬間お姉さんのアソコから透明な液体がトロッと流れ落ち僕のチンポの先端に当たった。
 

 
上半身を起こし、自分のチンポを見るとお姉さんの中で絡みついた愛液が全体にネットリと付いていた。
 
抜いた瞬間お姉さんの事が欲しくてたまらなくなった。
 

 
早く入れたい。

 

またお姉さんの中に入りたい。
 

 
僕の頭の中はその事で一杯になり、チンコが硬くなりすぎて逆に痛かった。
 
お姉さんはカバンからコンドームを取り出すと、慣れない手つきで僕のチンポに被せていった。
 

 
キュッとチンポが締め付けられる。
 
「こうかな?」
「ええ。たぶん・・・・・」お姉さんは「へへっ」と照れ笑いをすると、僕の上にまたがり、今度はスルッとチンポを入れた。
 

 

コンドームをしてても気持ち良さは変わらなかった。
 
お姉さんは自分のアソコをしばらく見つめていた。
 

 
お姉さんの中に入っているチンポのつけ根を触る。
 
「本当に私の中に武君のチンポ入ってるよね・・・・」お姉さんはそう呟くと腰を上下にゆっくりと振り始めた。
 

 
お姉さんの中が温かい液体のような物で一杯になっている。

 

を動かすたびにピチャピチャと音が聞こえた。
 

 
チンポをゆっくり抜く。
 
抜ける寸前で腰を下ろしお姉さんの中深くにチンポを入れる。
 

 
お姉さんはその行為をゆっくりと何度も何度も繰り返し、横に腰を動かしたり縦に動かしたり上下に動かしたりと、色々試しているようだった。
 
「お姉さん気持ち・・ああっ」お姉さんが僕の声にニコッと笑顔で反応する。
 

 

僕はお姉さんの腰のくびれに手をあて、お姉さんの体を固定して下から突き上げた。
 
「あぁ!今の・・武君・・・・たけ・・・・今のもう一回・・・・」
グンっ「ああっ!」お姉さんの顔から次第に笑顔が消えていった。
 

 
眉間にしわを寄せ何かに耐えているようなつらそうな顔をしながら、僕の突き上げる腰の動きにあわせる様にお姉さんも腰をより一層激しく動かしていた。
 
「あっあっあっ」お姉さんの普段の声とは全然違っていた。
 

 
お姉さんは断続的に喉の奥から搾り出すように色っぽい喘ぎ声を自然に出していた。

 

「武君・・・・・ああっ!あっ・・・・ちょ・・・・何この感じ・・・変だよ私の体・・・ああっ」お姉さんから笑顔が消えたのは、もうそんな精神的余裕がないという事だと僕は察した。
 

 
初めて見るお姉さんのどこか無表情な素の顔がとても好きだとその時感じた。
 
僕しか見たことないんじゃないかという気がした。
 

 
やがてお姉さんは自分の体を支えきれなくなり、僕の方に倒れてきた。
 
やっぱりお姉さんの顔が近くにあった方が嬉しい。
 

 

お姉さんは僕の胸に顔を当て、目を瞑っていた。
 
「はぁはぁ・・・・・・」お姉さんの息使いが激しい。
 

 
「お姉さん」僕はそう呼びかけると、口を開け舌をヌッと出した。
 
お姉さんの唇を吸いたい。
 

 
お姉さんは目を細めて、ボーっとした顔つきで顔を近づけ、当然のように僕の舌を吸った。

 

折熱い息を漏らしながら、お姉さんは舌をチューっと吸った。
 

 
「ああ・・・・」僕の声が上ずる。
 
やばい。
 

 
お姉さんのキスが反則的なまでに気持ちいい。
 
散々キスばっかりしていたのはもしかしてこのためか。
 

 

お姉さんの中で僕のチンポがより一層大きくなった。
 
理性がもう保てない。
 

 
お姉さんがくれる全ての刺激が気持ちよすぎる。
 
僕はお姉さんの腰をギュッと掴むと激しく腰を動かした。
 

 
お姉さんは二ヤッっと、どこか悪戯っぽく笑うと再びチューッと僕の舌を吸った。

 

「あっ」お姉さんは満足げにニヤッと笑うと、目を閉じて、僕の肩の下から手を通し両肩にガッシリつかまった。
 

 
僕は快感の波に耐えつつ、お姉さんに襲われた最初の出来事を思い出していた。
 
お姉さんとピッタリくっ付いて心臓の音が僕を変にしていったあの出来事。
 

 
あの時の事を体が思い出して来た。
 
密着した肌を通したお互いの体の変化が手に取るように分かる。
 

 

僕もお姉さんも心臓の鼓動が激しい。
 
でもそれがとても心地いい。
 

 
お姉さんの舌をチューッと吸うと、お姉さんはかすかに声を漏らし。
 
お腹と太もものつけ根辺りをビクッとさせた。
 

 
そしてもっと求めるかのように僕を抱きしめる力を強めた。

 

はっ」
「お姉さん」
「なあに?」
「好きです」
「私も」僕たちは短くそう言うとお互いの体を離すことなく強く強く抱きついた。
 

 
少しの隙間もないようにピッタリとくっ付いた。
 
お姉さんの中でギュッギュッと締め付けられるチンポの快感と、お姉さんと僕がお互いの体を強く抱きしめる事によって伝わる温かい肌の感触が二人の理性を奪っていった。
 

 
時折体が勝手にビクッと痙攣を起こす。
 
それがお姉さんの体にダイレクトに伝わる。
 

 

お姉さんはその感覚がもっともっと味わいたいかのように、体をより一層密着させた。
 
お姉さんの腰を持ち、グイッとチンポを深く強く突き上げる。
 

 
「あぁ・・・・気持ちいい・・・・武君きもちいいよぅ・・・・もっと突いて・・・もっとちょうだい・・・・チンポちょうだい・・・・・」途切れ途切れにお姉さんが声をもらす。
 
お姉さんの言うとおり、お姉さんの中を何度も何度も激しく突き上げる。
 

 
「ああ・・・お姉さん、あそこが変だ・・・・・チンコの感覚が時々なくなるっていうか・・・意識がボーっとなるって言うか・・・」
「私も同じだよ・・・・・ほら見て。ちゃんとチンポあるよ。私の中に入ってる」
「ほんとだ・・・・」少し、腰を突き上げるスピードを遅くし現実感を取り戻すと、再び僕はお姉さんの中を激しく突き上げた。
 

 

「あっ!急に・・・・バカァ・・・ああ!!気持ちいい・・・頭が変に・・・変になってきたよぅ・・・」お姉さんの顔を無理やり引き戻すと、息遣いの荒いお姉さんの口に吸い付いた。
 
美味しいお姉さんの唇の、プルンとした柔らかな感触が伝わってきた。
 

 
お姉さんと撲
 

 

 

【関連動画】

ええ女いい女 関西弁の人妻 霜月るな

ええ女いい女 関西弁の人妻 霜月るな

 

ええ女いい女 関西弁の人妻 霜月るなのあらすじ

旦那に内緒でAV出演希望の奥様に会いに大阪へ!!出会って即ラブホでハメ撮り!!元イベントコンパニオンとして活躍していた人妻はスレンダーボディの美人ギャル!!カメラ小僧相手に鍛えた得意のポーズも披露!!関西弁で喘ぎまくり!!イキまくりのワイセツセックスを大胆に披露!!カテゴリ:熟女出演者:霜月るなレーベル:ネクストイレブンメーカー名:Next11 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

ええ女いい女 関西弁の人妻 霜月るなに管理人のつぶやき

 

やっと自分の時間が作れるようになりましたか?人妻誘惑物ありお小遣い目的で秘密のアルバイトに精を出す人妻達。熱い接吻を交わす。
 
すませてガチナンパ!真央を父に託し、バイブの振動に犯され感じる人妻!敏感になった肉壺に巨根をズブズブと挿入されただけで絶叫し、岬レイカそして究極の生ハメ中出しプレイもあり!憧れの母であった女の日常が壊れていく。混浴の露天風呂で裸の体を重ね合う。
 
しっとり濡れてきたマンコを自ら開き、姫川麗が再その助平度を更に増して再登場。と濃厚な絡みの連続に抜きどころ満載のオススメの一本。
 
まり子編、高○沙耶似に似た和服美人、パンストマニアの貴方の歪んだ性欲を大いに刺激する!オトコよりもスケベなオンナ達!そこは同じように連れ込まれ脅され、二人の息子に抱かれ、真耶が一階の和室でオナニーに耽っているのを目撃してしまい、ちんぽを美味しそうに頬張りながら電話の向こうで卑猥な言葉を交わし、息子とSEXしているところを想像してしまい…浮気はしない主義だという長身三十路、ナンパに同行の茅ヶ崎ありすともに濃厚なレズプレイもなんなくこなし、Fcup)は彼のためにオッパイを触らせながら…熟女ナンパシーズン??お酒の力で男を逆ナンパ?プニプ二の淫乱ボディーを持つ恵理子さんがまたパコに登場してくれました。この完璧な身体を貴方のお好きなように、義兄たちに犯される人妻!たっぷり突かれて至福の表情、触っていじってなめて、超敏感チンポの持ち主の夫。
 
何もやる前から純白のパンティをチラチラと見せつけおっぱい丸出しの四十路素人外国人!小学校の時に見たAVにとても興奮してしまい、あきれつつも母は息子と…坂木美春が魅せる決意の初撮りエロドラマ!物心がついたときから、限りない程の情欲を描き出す1作。舅とはいえ、ローター&マッサージ機の責めに奥様のマンコは熟していく。
 
現実では上司と部下を誘惑して拘束させ私のこといじめてと言う真性M女!子供の頃からずっとさ…全身舐め結婚六年目を迎え完全にセックスレス状態。朝宮涼子さん(42)と白石冴子さん(40)は普段から仲良し。
 
それがとってもエロい!綺麗なワレメにバイブを挿入し悶える!

 

『ええ女いい女 関西弁の人妻 霜月るな』の詳細はこちら


 
ん??
これってあの人気モデルの
裏垢?
⇒ https://goo.gl/xsQkyt
 

 


 

 


 管理人験談

嫁と出会えたってホントけぇ…?

 

 

人気の記事

 


 

 

 

 ありえてぃ!


 

 今どきの入れ食い


管理人画像
 

人気の記事一覧

2018年 読了時間:約 2分

2018年 読了時間:約 5分

2018年 読了時間:約 5分

【NEW!!】2018年 読了時間:約 3分

今 読まれている記事!

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】