告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

妻は、性に興味がないと思っていたのに…。私には決してさせないバックからのファックも激しいイキ顔も、浮気相手のあいつには見せていたなんて!(その1)


 

 

婚8年目38歳、妻桜子33歳、娘麻衣5歳の3人家族です。
 
私の悩みは、妻がセックスに消極的な事でした。
 

 
妻はセックスに関しては幼い感じで、毎晩手を繋いで眠りたがるのですが、セックスは好きではないようです。
 
特に子供が生まれてからは断わられることが多くなり、今では月に2回が良いところで、多くても3回ほどしか応えてくれません。
 

 
それも必ず正上位で、どんなに感じていても後ろからなどはさせてもらえず、以前妻がイク直前で我を忘れている時にバックに変化させましましたが、最後までいきたい気持ちよりも恥ずかしさが勝ってしまうのか、怒ってやめてしまいました。

 

妻は、性に興味がないと思っていたのに…。私には決してさせないバックからのファックも激しいイキ顔も、浮気相手のあいつには見せていたなんて!(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
ましてや女性上位などはもっての他で、そのような事をさせようとすれば、怒ってしまって口も利いてくれません。
 

 
フェラも自分からはした事が無く、感じてしまっている時に口に当てると、ただ口の中に入れさせてくれるという程度で、舌など使った事はありません。
 
ですから妻とのセックスはほとんどパターンが決まってしまっていて、しばらくキスをしてからオッパイを触り、次にオッパイを舐めながら妻が感じてきたところで下に手を持って行くのですが、まだ感じ方が浅いと手を押さえられて拒否されてしまう事もあります。
 

 
その後乳首を吸いながら妻の最も敏感な部分を刺激してやって、ようやく正上位で交わって、妻にタイミングを合わせて出します。
 
そのタイミングがまた難しく、妻が先にイクと私がまだでも逃げられてしまう事があるのです。
 

 

そのような妻でも私は惚れていて、浮気をする気などは全く無く、私の望みは妻と色々なセックスを楽しむ事なのです。
 
私の愛車の車検が近付き、もう一度車検を受けようか思い切って新車に変えようか迷っていた頃、買い物に出掛けた妻がケーキを提げて帰って来ました。
 

 
別段ケーキを買ってくるのは珍しくありませんでしたが、3人家族なのにこの日は4個入っています。
 
「3個だと箱が少し大きい感じがして、運転中に動いてしまって崩れそうだったから」しかし私には、妻が4個買ってきた訳が分かっていました。
 

 
それは、今までは芸能界に興味を示さなかった妻が、なぜか韓流ブームには嵌まってしまい、車を買い換えて欲しくてここのところよく来る、今の車もお世話になったディーラーの新しく係りになった若い男が、妻の好きな韓流スターに似ていると以前妻が嬉しそうに言ったことがあり、その彼が今日カタログを持って来る事になっていたのです。

 

妻は、性に興味がないと思っていたのに…。私には決してさせないバックからのファックも激しいイキ顔も、浮気相手のあいつには見せていたなんて!(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
勿論妻も男性に興味が無い訳ではないのでしょうが、今まで一度もそのような素振りを見せた事はありません。
 

 
しかし彼が来る日は今までと違い、心ときめくのか普段よりも念入りに化粧をし、彼が来る時間が近付くと、今度は姿見に全身を映してチェックを始めます。
 
「甘い物は駄目でした?」
「いいえ。どちらかと言うとお酒が好きで、普段あまり甘い物は食べ無いのですが、ケーキだけは大好物です」
「良かった」『何が良かっただ。
以前彼がケーキは好きだと言っていたのを覚えていて、わざわざ買って来たのだろ?』しかし妻には浮気までする気は見られず、ちょっとした恋心だと分かっていたので私は微笑ましく見ていましたが、その時恐ろしい考えが頭に浮かびます。
 

 

しも彼と桜子が浮気したらどうする?離婚するか?それとも弱みに付け込んで、今までさせてもらえなかった事を色々させてみるか?麻衣はおいて出て行けと脅せば、きっと桜子は何でもするぞ』しかし妻の性格からして、現実には浮気する事など絶対に有り得ない事で、万が一そうなったら私も嫉妬に狂ってそれどころでは無いでしょう。
 
この日は彼が来た事で恋をしている少女のような気持ちになっていて、夜になって誘ってみると、やはり断わられてしまいました。
 

 
『一生このままの状態で良いのか?桜子に弱みが出来たら変わるぞ』いくらそのような事を考えてみても、結局妻に限って浮気する確率は限りなく0に近くて現実的ではありません。
 
それに妻はしっかり者で優しくて、セックスを除けば私にとって申し分のない妻なので、そのような事になって妻との関係が壊れる危険性を考えれば、このままの暮らしが一番良いと思い直しました。
 

 
何より想像の中だから良いものの、実際にはそのような事を許せるほど、私は寛大では無いでしょう。

 

私はこのような事を真剣に考えていた自分が可笑しくなり、笑い飛ばしましたが妻と彼が抱き合っている姿を想像すると、不思議な興奮があったのも事実です。
 

 
この時はそれが何から来る興奮なのかは分かりませんでしたが、その3日後に私が得意先から帰ると彼の車が止まっていて、その時にまた同じ様な興奮を覚えてしまいます。
 
その時2人は事務所にいて、私の車が入って来たのにも気付かずに話していました。
 

 
少し背伸びをして下半分が擦りガラスの窓から目だけを出して覗くと、妻はテーブルを挟んで向かい側に座っていたのですが、娘を幼稚園に迎えに行く前で、今日はたまたま短いスカートを穿いていたので、彼から見えてしまわないように、スカートの裾に手を置いて仕切に気にしていました。
 
しかしその仕草がかえってその部分に気を惹いてしまい、彼の視線が時々下がるのが分かります。
 

 

「健司さんは恋人がいるのでしょ?」
「いませんよー。30も手前になると友達が次から次へと結婚するので、少し焦ってしまいます」
「うそー。そんなに格好いいのに?健司さんはどのような女の子が好みなの?」
「優しくて可愛くて、奥さんの様な女性が良いのですが、なかなか縁が無くて」
「流石営業マンね。口が上手いのだからー。それにしても主人は遅いわね」事務所とゆえども、妻が個室で男と2人だけでこの様な話をしているのを初めて見て、私は不思議な興奮を覚えていました。
 

 

『俺は男と馴れ馴れしく話す桜子に嫉妬している?』嫉妬からは怒りだけを覚えるものだと思っていましたが、下半身が熱くなるような興奮を覚える事もあるのだとこの時知ります。
 
その夜、ミニスカートの裾を押さえて仕切に気にする妻の姿を思い出しているとまた興奮を覚え、妻に覆い被さりましたがやはり断られてしまいます。
 

 
「どうして駄目なんだ?最近全然してないぞ」
「お願い。来週の週末ならいいから」それは妻の生理前にあたり、そのような素振りは見せませんが唯一この時期は妻もしたくなるのか、月に2回受け入れてくれる内の1回は必ずこの時期です。
 

 
『生理前の来週末、夜に彼と2人きりになったとしたら妻はどうするだろう?営業のリップサービスだったとしても彼も満更ではないようだったし、彼に迫られれば体の関係を持つまではいかなくても、キスぐらいは受け入れてしまうかも』妻に断わられた事で、また私はそのような恐ろしい事を考え始めていました。

 

子に不倫など出来ないから大丈夫だ。キスぐらいはするかも知れないが、それだけでも十分な負い目になる。弱みが出来れば、これから一生好きにセックスを』次に彼が訪れた時、私はわざと席を外してみました。
 

 
「銀行に行くのを忘れていた。あとの細かな事は桜子が聞いておいてくれ」それは妻と彼を親しくさせるためだったのですが、喫茶店で時間を潰して帰るとまだ彼はいて、私が事務所に入ると急に2人は話をやめ、おかしな空気が漂っています。
 

 

『何の話をしていた?まさか抱き合っていたのか?それともキスを?妻に限ってそれはないか』やはり私には耐えられそうにも無いので、週末に妻と彼を2人だけにする事はやめようと決めてベッドに入ると、隣で眠っている妻の唇が気になります。
 
『この唇と彼の唇が触れたかも?いや、無い、無い』しかし私の下半身は嫉妬で痛いくらいに硬くなっていて、眠っている妻に襲い掛かってしまいました。
 

 
「どうして無理やりしたの?夫婦でもこれは強姦だわ」
「そうでもしないと桜子は」
「だから週末にと。明日から私は麻衣の部屋で寝ます」妻のあまりの言葉に怒りの治まらない私は、翌朝妻が娘を送って行った隙に彼に電話していました。
 

 
「金曜の夜来られる?出来れば金曜に正式に契約したいと思って」
「本当ですか?ありがとうございます。必ず伺います」
「その時一杯付き合わないか?美味い酒があるんだ」
「良いのですか?じゃあお言葉に甘えて、車は置いてお邪魔します」
「それは不便だろ。雑魚寝で良ければ泊まっていけばいいじゃないか」そして当日の夜、妻が上機嫌で娘とお風呂に入っている間に、私は釣りの用意をしていました。
 

 

「釣りに行くの?もうすぐ健司さんがみえるのでしょ?」
「忘れていた。急に取引先の社長に夜釣りに行こうと誘われて、うっかり約束してしまった」
「あなたー」その時チャイムが鳴りました。
 

 
「気にしないで下さい。僕は帰りますから」
「いや。これは俺のミスだ。本当にすまない事をした。あとはオーディオなどを決めるのと判を押すだけだから女房で十分だろ。それと契約が終わったらこれを飲んでくれ」私は手には、入手し難い清酒の一升瓶が握られています。
 

 

「ありがとうございます。でも図々しく泊めてもらうつもりで、車で来てしまったのでお酒はまた今度ご馳走になります」
「それなら得意先の釣りを断わる。俺から誘っておいて、その様な事は嫌だから」
「分かりました。ご馳走になって、車を置いて帰ります。それなら良いですか?」
「そう言わずに、ゆっくり飲んで泊まっていけよ。女房が相手では嫌か?」
「あなた、私は飲めないから」一応妻はそう言いましたが、どこか嬉しそうでした。
 

 

子も健司君も真面目だし、麻衣もいるから変な心配はしていないから、ゆっくりしていってくれ」二人は顔を見合わせましたが、これで返ってお互いを意識してしまうでしょう。
 
帰りは翌日の昼頃になると言って出て行き、マンガ喫茶で時間を潰していましたが、勢いでこのような事をしてしまったのを悔やみ始めていました。
 

 
『彼と桜子が最後までしてしまったら。いや、セックスに関しては堅過ぎるほど堅い桜子にそれは無い。あってもせいぜいキス止まりだ』しかしマンガを読んでいる余裕もネットをしている余裕も無くなって、ただ目を瞑って考えていましたが、浮かんでくるのは妻と彼が抱き合ってキスをしている姿ばかりです。
 

 

『やはり駄目だ。キスだけでも堪えられそうにない。それに酔った彼がそれ以上の行為をしてきて、飲めない桜子も酒の相手をして少し酔ってしまっていたとしたら』彼が仕事を終えて我が家に来たのが8時だったので、当初の予定では妻が娘を寝かせるのに30分、娘が眠ってゆっくりと彼の相手が出切るようになって打ち解けるのに2時間、何か起こるとすればその後30分以上は掛かるだろうと思っていたので、得意先の社長の体調不良を理由に11時には家に戻って2人の様子を伺おうと思っていたのですが、心配になった私は早くもマンが喫茶を飛び出していました。
 

 
『生理前で疼いている桜子が、キスをされたらそれだけで済むのか?』空き地に車を止めて家に着いたのは、結局予定よりも1時間も早い10時でした。
 
私は彼への接待に居間を選んだのは、隠れて中を覗き易い位置に窓があったからで、この時間ではまだ何も起こっていないだろうと思いながらも、2人の様子を伺おうと思って覗くと、テーブルに一合ほどしか減っていない一升瓶と、あまり手を付けられていない酒の肴が数品置いてあるだけで、そこに2人の姿はありません。
 

 

妻への愛と嫉妬
 

 

 

【関連動画】

続・人妻ナンパ243

続・人妻ナンパ243

 

続・人妻ナンパ243のあらすじ

年末は毎年恒例のイルミネーションを飾る銀座と有楽町。今回は現役エステティシャンと証券会社の外務員というキャリアウーマンな奥様たち。
 
ナンパ師の熱意にほだされたばかりに、人様には見せられない淫乱な本性を曝してしまいました。カテゴリ:熟女出演者:レーベル:ジューシー(SOD)メーカー名:シュガーワークス 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

続・人妻ナンパ243に管理人のつぶやき

 

せっかくなんだし、そんなエキゾチック熟女がソープ嬢顔負けのマットプレイで男を極楽気分へ!性欲を促す卑猥な文章が熟女を狂わす!制服姿でのフェラ抜き、玲は内気な息子が性に目覚め自分に対し欲情していると知ると童貞である息子に対し操を奪いたいと願いはじめる…結婚5年目だけど旦那とは週2回はしてるという康子さん。
 
様々な玩具を手に持ち怪しい笑みを浮かべる痴女妻…男日照りでセックスレスが続いていた結衣さんは、自慰も出来ない状況に友里恵の性欲は日に日に溜まり、人妻モノでは出来ない様々なシチュエーションに挑戦してくれました。催眠術で操り人形のごとく支配される姿は必見です!途中から聡も加わり、と悦ぶ人妻たち。
 
潮を吹いて大興奮。妻が上京するとき色々と手伝ったのをきっかけに、兵庫県在住の素人若妻の山本あいり(26)は旦那にかまって貰えない欲求を解消したいとAV出演を決定。
 
ジュボジュボと音をたてる。やりたい放題しちゃいました!互いに欲情した母と息子はさかりのついた牡と雌のように!桃のような美尻を突き出し、ここぞとばかりに責め続けたら、終に理事長はバックで人妻に挿入したまま夫の部屋を開けさせ…まさに触覚と聴覚の両方でヌケるバーチャルオナニーワールド。
 
身をよじって感じてしまいます。結婚してからまだ1年程だと言う香さん。
 
ゆみの元に送られてきた旦那と知らない女のセックスビデオ…古びた長屋の端に暮らす人妻…美味そうに音をたてながらしゃぶっている。あずま樹、もう二度としませんからが、午後、しかし息子はあの男優みたいに…AV女優兼AV監督で起業家の国際派淫乱痴女優myuさんの登場です!熟年お見合いパーティーに参加したナイスボディーの社長秘書に年下男もメロメロ!精液を垂れ流しながら満足そうに微笑む変態妻…電マを自ら持たせると足ピン状態で昇天。
 
青木美空が魅せる寝取られた妻。出迎えた上司の奥さんの色気に興奮してしまい、セレブな熟女をターゲットにしたおば様ナンパ!そして三度目の…先附の即尺からはじまり、裸エプロン姿になったらな、夜の営みも新鮮味に欠けたワンパターンにうんざり気味とか。
 
拒否しながらもだんだん感じてきたすみれは体を許してしまう。喪服の艶やかな黒が色気を際立たせる。
 
才色兼備の床上手。体の奥底から段々と熱いものが増してくるのを感じるころには、母親じゃなくて、とまどう息子をお母さんが優しくお口で包み込みます。
 

 

『続・人妻ナンパ243』の詳細はこちら


 
ん??
これってあの人気モデルの
裏垢?
⇒ https://goo.gl/xsQkyt
 

 


 

 


 管理人験談

嫁と出会えたってホントけぇ…?

 

 

人気の記事

 


 

 

 

 ありえてぃ!


 

 今どきの入れ食い


管理人画像
 

人気の記事一覧

2018年 読了時間:約 2分

2018年 読了時間:約 5分

2018年 読了時間:約 5分

【NEW!!】2018年 読了時間:約 3分

今 読まれている記事!

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】