告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

妻が18歳になった記念にAVデビューをさせました!それだけでなく男優さんを家に招いて公開セックスで妻の激イキ顔をゆっくり堪能w(その5)


 

 

はぁぁ、は、はぅぅぅーーーっ!スゴイッ!肉棒ぶつかってるぅぅぅっ!あぁぁん、どっちもイイィィィーーーッ!オマンコもお尻もイイのぉぉぉーーーっ!おっきい肉棒ぉぉぉーー、すごく感じるぅぅぅーーっ!」私という観客がいることによって、男たちのAV男優魂に火をつけてしまったようでした。
 
先日、遊びに来ていた見覚えのある男がカメラに挨拶します。
 

 
「えへへ、旦那さん、お久しぶりでぇす。先日はごちそうさまでしたーっ!今日もまた変態奥さんのスケベな体で遊ばせてもらってまーす。」そういうと、自分のをしごきながら妻のオマンコに挿入しに向かいます。
 

 

妻が18歳になった記念にAVデビューをさせました!それだけでなく男優さんを家に招いて公開セックスで妻の激イキ顔をゆっくり堪能w(その5)【イメージ画像1】

 
 
 
「はむ・・・んんんん・・・、またおにくぼぉうはいってくるぅうう、おいひぃぃぃ・・・、やっぱり大きいのがイイのぉぉぉ・・・、あむ、んんん・・・」すでに妻の口にも、別の男の肉棒がくわえられていました。
 
「ははっ、すっげぇエロい顔。真理奈ちゃん、もっと喉の奥まで・・・おほぉぉ、すげえイイッ!」
「おい!真理奈のエロフェラもいいけど、最後はちゃんとオマンコの中にきっちり出しておいてくれよ。旦那の見ているカメラの前でハメ狂ってる真理奈のスケベなマンコとケツにたっぷり精液を出すんだ。いいな、旦那が帰ってきたとき、あふれ出すくらいにたっぷりな!ゲハハッ!」妻の尻にパンパンと肉棒を打ちつけながらアキラが命令します。
 

 

もちろんその声にも、この状況を心から楽しむような笑いが込められています。
 
いったいどこまでタフなのでしょうか。
 

 
すでに1時間以上経過しているというのにアキラの肉棒はまだまだ余裕があり、未だに達する気配すらも見せていませんでした。
 
「あひっ!すごっ!あああっ、お尻っ、お尻がいっぱいぃぃぃーーーーっ!ああん、オマンコ溢れちゃいますぅぅぅーーーーっ!あぁぁん、もっとぉぉ、もっと奥まで入れてぇぇぇーーーーっ!アキラさまぁ、イイィィィですぅううーーーーッ!!」
「は、あ、あああ・・・、パパ、ごめんなさぁい・・・わ、私もうダメぇ・・・」今、画面の中で妻が4人の男たちに同時に責められています。
 

 
「イ、イ、イイのぉぉ・・・ああぁ、お肉棒がイイィィ・・・、パパぁ、私たくさんのお肉棒がないと駄目な女になっちゃったよぉぉ・・・、」乳房を揉みながら妻の耳を舐め回していたアキラが、耳元で何事か囁きゲラゲラと笑っています。

 

妻が18歳になった記念にAVデビューをさせました!それだけでなく男優さんを家に招いて公開セックスで妻の激イキ顔をゆっくり堪能w(その5)【イメージ画像2】

 
 
 
妻は濡れた瞳を妖しくきらめかせて細めると、カメラに向かってアキラに囁かれた言葉を繰り返しました。
 

 
「はぁぁん、パパぁ、すごく気持ちいいのぉぉ・・・、3本のお肉棒・・・ぁぁぁ、パパのよりも何倍も大きいお肉棒がぁ、オマンコとお尻をズンズン突いているのよぉ。」二人の男に挟まれて体を揺らす妻の耳に、アキラはニヤニヤ笑いながらまた何か囁きました。
 

 
「あ、ああぁぁ・・・、」妻の瞳が泣き腫らしたように赤く染まり、口元がだらしなく緩んでいます。
 
「お、お、お尻の穴ぁぁ・・・穴なのよぉぉ・・・お尻の穴もマンコの穴も、ぶっといお肉棒で拡げられてどっちもすごくイイのぉぉ・・・、もうこのお肉棒じゃないと私駄目ぇぇ・・・、もう、パパのじゃユルユルで感じなくなっちゃうぅぅぅ・・・はぁぁ、私の体、このぶっといお肉棒専用に変えられちゃったのぉぉ。私、アキラ様たち専用の精液便所になっちゃったのよぉぉぉ・・・、ぁぁぁん、ドロドロザーメンでお腹がタプタプになっちゃうぅぅぅ・・・、」妻が自分の言葉に興奮して、また絶頂に達したようです。
 

 

ぁっ!ああああああぁーーっ!」妻の首がガクリと仰け反ります。
 
「あ、ぁぁぁん、パパぁ、見てぇぇ、いっぱい見てぇぇえっ!お肉棒がいっぱいで気持ちいいんですぅぅーーっ!あああ、私、みんなの精液いっぱい飲ませていただくのよぉぉっ!」両手に握り締めた肉棒を、真理は精液にまみれた顔面にヌルヌルと擦り付けました。
 

 
「もう、体中が感じるぅぅぅ・・・ぁぁぁ、この人たちのお肉棒、みんなパパのよりも何倍も大きいんですぅぅぅーーっ。ぶっといお肉棒がぁ、オマンコと、し、アナルをズンズン突いて感じちゃうんですぅぅぅーーっ!マンコもアナルも、アキラ様たち専用のお肉棒穴になっちゃいますぅぅぅーーっ!」妻の理性は完全に崩壊しているようでした。
 

 
「ああああ、マンコもアナルも、お肉棒でいっぱいぃぃぃーーーっ!もっともっと突いて欲しいのぉぉっ!はぁぁぁん、みなさんのお肉棒穴に精液ドクドク注いでぇぇっ、お肉棒大好きなんですぅぅっ。お肉棒がないとおかしくなっちゃうぅぅーーーっ!ドロドロの精液飲ませてくださいぃぃぃーーーっ!」最後の方はカメラに向かってというよりも、周囲を囲む男たち全員に向かって、妻は叫んでいました。
 

 

両手に掴んだ肉棒をズルズルと舐めしゃぶるその口元に、また別の屹立が突き出され、妻は一度に二本もの肉棒をその口にくわえ舌を絡ませはじめました・・・。
 
妻とアキラたちの性宴は、昼を過ぎても延々と続けられました。
 

 
アキラが3発目の妻の体内に大放出を終えたあと、そのやわらかくなった大きな肉棒をブラブラとさせてカメラのほうへ歩いてきました。
 
「カメラ見てる旦那さんよぉ。いいかい?よく聞けよ!真理奈はこれから俺様がたっぷり調教してやるよ!いいか?これから1カ月でおまえ好みの超淫乱な女にしてやる。そのかわりといっちゃなんだが、真理奈には俺様に月100万、きっちり貢がせさせてもらうぜ。風俗でもAVでもいいからしっかり稼ぐ身体にしてやる!いいよな?変態旦那さんよぉ。ガハハっ!!」そう言うとアキラは男たちに指示してカメラの回線を切断しました。
 

 

私はあわてて再接続を試みますが、やはり無理でした。
 
「やってしまった・・・」突然、現実に戻されてしまった私はしばらくボーゼンとしていました。
 

 
どうしたらいいのか、わからなくなりましたが、私だとはバレているはずがないなどと勝手な言い訳を考えていました。
 
夕方になり、家に電話をしますがいくらコールしても誰も出ません。
 

 
私は不安になり急いで家に帰宅しました。

 

驚いたことに家の中は何事もなかったように片づいており、あれだけいた男たちの臭いすら残っていません。
 

 
妻の名前を呼んでみますが、返事はありませんでした。
 
静まりかえった家のリビングにポツンと立っていました。
 

 
その時でした。
 
私の携帯に妻からメールがきました。
 

 

パ、ごめんね。美樹だちと話しがのびちゃって今帰るところ☆』私は心の中で、やった!バレてない!と勝手に思いました。
 

 
メールのとおり、1時間後、妻は娘を連れて帰ってきました。
 
まるで、なにもなかったように・・・。
 

 
ところがこれがとんでもない事態への始まりだったのです。

 

その日の晩、私は妻の身体を求めました。
 

 
朝から夕方まで、男たちに蹂躙されつづけた身体。
 
その映像が頭の中でリピートしていました。
 

 
ところが、さすがに疲れていたのでしょうか、はじめて妻に拒否されました。
 
「ごめんね。パパ。明日はいっぱいしようね。」そうかわいい顔で言われてしまうと、なにも言えませんでした。
 

 

朝起きて、娘と3人で朝食をとり、いつものように仕事へ出かけました。
 
まるでなにごともなかったように・・・。
 

 
しかし、その時すでにはじまっていたのでした。
 
夕方、帰る時間になったので、いつものように家に電話をしました。
 

 
いつもなら、3コールもしないうちに電話に出るのですが出ませんでした。

 

『近くへ買い物でも行っているのかな?』そう思って、ケータイに電話しますがコールはするのですが出ません。
 

 
『また、どこかに置き忘れているな』などと都合よく思っていました。
 
帰宅途中、何度か家の電話にコールしますが、やはり出ませんでした。
 

 
そんなことを繰り返すうちに、家に着いてしまいました。
 
すでに7時30分を過ぎているのに家の灯りがついていません。
 

 

はあわてて玄関の鍵を開けると家に上がりました。
 
「真理奈!優香!?」家の中で何度も呼びましたが返事はありませんでした。
 

 
狭い家です。
 
結局、妻も娘もいませんでした。
 

 
あわてて、妻の携帯に電話しますが、妻の着メロの音が寝室から聞こえてきました。

 

寝室に急いで向かうと妻の携帯電話がベッドの上で鳴っていました。
 

 
ボーゼンとしていた私の背後で家の電話が鳴りました。
 
急いで居間に戻り、受話器をとりました。
 

 
電話の声は義母でした。
 
「優香ちゃん、うちで預かってるわよ。なんか知らないけどケンカしたんですって?。すごい怒られたって言ってたわよ?」『??、ケンカ??どういうことだ??』よくわからないままでしたが、この場は何事もなくやりすごしたほうが良いと思い、義母の言葉に合わせました。
 

 

「すいません。ささいなことで・・・お母さんにまでご迷惑をおかけして・・・で、真理奈はいるんですか?」
「いえ、いないわよ。あの子、2~3日、友達のところへ行くって優香置いて出かけて行ったわよ。なにが原因か聞かないけど、夫婦げんかなんて、あんまり怒っちゃダメよ。」
「はぁ、すいません。友達って誰かわかりますか?」
「ごめんね。聞かなかったのよ。ま、きっといつもの調子ですぐに冷めて帰ってくるわよ。その間はうちで優香ちゃん、預かってるから安心していいわよ」そう言って、義母は電話を切りました。
 

 

私はアキラの言葉を思い出していました。
 
それから1カ月後、上海での仕事を終え日本へ帰国しました。
 

 
最近はメールやスカイプ電話もあるので、妻とは毎日のように会話をしていましたし、いろいろ家庭内の状況も報告もされていました。
 
さらに妻とはテレフォンセックスをしたりして、ちょっと独身時代に戻ったような新鮮な気分でした。
 

 
ただ、2週目を過ぎると、お互いの信頼感も手伝ってか朝晩の定時連絡のみになり、最後はメールだけになっていましたが、なにも心配していませんでした。

 

互いいろいろ野暮用もあるだろうし・・・ぐらいにしか思っていませんでした。
 

 
実は私も上海美人の小姐たちとの一夜のお楽しみもあったりいろいろあったので・・・。
 
まあ、それなりに私も妻も充実した出張期間だったはずでした。
 

 
あの男がうちを訪ねてくるまでは・・・。
 
お恥ずかしい話ですが、上海の浦東空港を飛び立ってからというもの、成田空港に到着、さらに家までの半日が長く感じられるほど、ずっと妻と楽しみたい気持ちで一杯でした。
 

 

もちろん、現地での一晩の遊びはありましたが、妻の若くて美しい、それでいて妖艶になってきた身体にはかないません。
 
金曜の夜ということもあってか人通りの多い地元の商店街を足早に歩きぬけて家路を急ぎました。
 

 
家に帰ると玄関まで妻が娘と一緒に出迎えてくれて、1カ月ぶりの家族団らんの夕食を済ませました。
 
上海での土産話で、盛り上がり、こころなしか妻もソワソワしている感じでした。
 

 
私はてっきり、久しぶりの私とのエッチを期待してるのだと思っていました。

 

娘とお風呂に入り、寝かしつけて、さあこれから!という時にそれは起こりました。
 

 
玄関のベルの音がピンポーンと鳴り、来客を告げています。
 
時計を見ると、すでに夜10時をまわっています。
 

 
少しホロ酔い加減だった私は妻に「誰だろう?こんな時間に?宅配便じゃないよな?」私はせっかくこれからというときに邪魔されたという気持ちになりました。
 
「うん、ちょっと見てくるね」そう言うと妻は、いそいそと玄関に向かいました。
 

 

なぜか、そのときの妻の顔はちょっとうれしそうだったのです。
 
「はーい・・・・え?わぁ!本当にきちゃたの?うれしい!」玄関から妻のうれしそうな声がしました。
 

 
「真理奈?お客さんか?誰だ?」私は、居間で今日2本目のビールをあけていました。
 
その時、居間にいた私の前に、アキラと、その後ろに大柄な若い男が現れました。
 

 
「あんたが真理奈の旦那か?夜遅くだけど邪魔させてもらうよ。はじめまして・・・じゃないよな?ご主人様よ。ガハハっ」アキラの下品な笑い声が居間に響き渡りました。
 

 

、ど、どなたさまですか・・・?」突然のことに私は声が出ませんでした。
 
そして、アキラたちと一緒に居間に戻ってきた妻の顔を見ました。
 

 
かなり戸惑った私の表情を見て、アキラはニヤリと笑っていました。
 
「どなたさまはねーだろうよ、ご主人よぉ。さんざん、あちこち隠していたカメラで覗き見しながら、俺様の肉棒でよがっていた真理奈のプレイ見て抜きまくってたんだろう?冗談じゃないぜ、ご主人さまよぉ!。約束どおり、きっちり1カ月で真理奈の調教の成果をご報告に来たっていうのに。なぁ、真理奈!」そこまで言って、アキラは妻の顔を意地悪く覗き込んだのです。
 

 

妻は無言のまま、頬を真っ赤に染めてうつむいています。
 
「ちょ、調教?や、約束?な、なんのことでしょうか?」私は自分の声が震えているのがわかりました。
 

 
「またまた~、ご主人?ご冗談言でしょ。まさか、あんた、俺たちが気づいてなかったとでもいうのかい?」アキラはニヤニヤ笑いながら、強い口調になっています。
 

 
今目の前にいる一見して以前と少しも変わりのない妻が、アキラの言葉通りならばどのように変貌しているのか、それを考えるだけで頭の中とは別に私の股間は痛いほどに固くなっていました。

 

そんな私の反応を見透かしたかのように、アキラはニヤニヤ笑いながら言葉を続けました。
 

 
「ガハハッ!わかりやすい旦那だぜ!ついでに身体の方も、あんたが好きそうないい感じにいじっといてやったぜ。お代は俺様の真理奈にゆっくり稼いでもらうとしても、ま、実際にみていただこうじゃねーか。ゲハハ!」アキラはそう言うと妻の耳に口を寄せ、なにか小声で囁きました。
 

 
幼妻のAVデビュー
 

 

 

【関連動画】

親友の母中出し 浅田真結

親友の母中出し 浅田真結

 

親友の母中出し 浅田真結のあらすじ

「叔母さんが優しく教えてあげる」言われるままに僕は彼女の股間に顔をうずめて舐め始めた。1本、2本と柔らかな秘肉を分けてズブズブと指が飲み込まれる…中はすでにグショグショになっていた。
 
僕は彼女の腰を掴みギンギンの肉棒をあてがうと一気に押し込んだ。我を忘れて腰を振り出すと叔母さんもそれに答えるように嗚咽を漏らす。
 
溢れる愛液に濡れた股間がいっそう激しくぶつかると、そのまま中に発射した!カテゴリ:熟女出演者:浅田真結レーベル:小林興業メーカー名:小林興業 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

親友の母中出し 浅田真結に管理人のつぶやき

 

夫が会社でリストラの危機にあると打ち明けられる。明るさを取り戻した母ちゃんが、オナニーは欠かせないというみなみさん。
 
飲尿いちかは、愛を越え、ある時はマコトとの淫らな行為を目撃し、より大胆に、ナイスバディでオトナの色気抜群の彼女。オナニーは週に何回しますか?オンナとしての自分を意識し始めて、偶然二人の浮気現場を目撃してしまった夫は、見どころ満載の240分スペシャル!年頃の娘は色々とお金が掛かります。
 
これだけは止められない…毎日が欲求不満だらけな淫乱セレブ20名の狂宴!さらに乳首ばさみで両乳首を挟まれてひっぱられ苦痛の顔を見せた。思春期の長男は偶然見た父に愛撫される母親の姿に欲情!スケベ汁を溢れさせ体位をかえながら何度も絶頂をむかえ最後は充実した満足げな顔でニッコリ。
 
ナンパはもっぱら平日の昼間のデパート。淫らに熟した三十路妻の性欲は日毎に増すばかり…特別サービスをしていました。
 
激しく喘ぎまくる奥様…熟女たちをスッピンになってもらう人気の企画、というわけで、目の前のチンポを求め出す。知らない精子を求める女の子宮…受付嬢をしている真緒香さんはお上品な感じの美人妻!喘ぎ声を必死にこらえるパートのムッチムチな奥さん…35人の美熟女たちがねっとりとまったりとチ○コを舐めて咥えて吸って転がします。
 
チンポを使ってお手伝い!しかし彼女の家ではご近所には決して明かせない秘密があったのだ。それをうれしそうに見つめ優しく撫で撫でサワサワしお尻に擦りつける。
 
取調べの厳しさは性欲の強さ。こんなに簡単で…しかし今日は違っていた。
 
テキパキと開店準備を進める巨乳豊満の三十路スナックママ、シャツのボタンがチョット動いただけでも弾け飛びそうな豊満な肉体、節電の夏、ボタンを押されれば扉が開いて即アウト!周囲の車や人からよく見えるように窓際に座らせてのバイブ責め。早く天国へイカせて!癒し系義母にオナホ熟女、いっけん献身的なまりには、あんまりコウタを刺激しても仕方が無いので、義兄は快く2人を迎え入れ、温泉から上がり和式部屋でハメまくる様も絶対に見逃せません!話題は女っ気のない息子たちのことに。
 
淫乱です!

 

『親友の母中出し 浅田真結』の詳細はこちら


 
ん??
これってあの人気モデルの
裏垢?
⇒ https://goo.gl/xsQkyt
 

 


 

 


 管理人験談

嫁と出会えたってホントけぇ…?

 

 

人気の記事

 


 

 

 

 ありえてぃ!


 

 今どきの入れ食い


管理人画像
 

人気の記事一覧

2018年 読了時間:約 2分

2018年 読了時間:約 5分

2018年 読了時間:約 5分

【NEW!!】2018年 読了時間:約 3分

今 読まれている記事!

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】