告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

プールシーズンになると、いきり立った若チンポの勢いが止まらない…。悩み相談のノリで話した先生は、実はすごいクソビッチで校内やりまくりライフの開幕だ!(その2)


 

 

ちょっと出してみて。出ないわけないわよ」納得いかないという風に言いながら俺にチンポを出すように先生は指示した。
 

 
「え?」すげぇ驚いて最初全然意味分からなかった。
 
「だから、おちんちん出してみなさい」と先生はあまりに毅然として言う。
 

 
「だ・・出すの・・今?・・ここで?」どぎまぎしながら聞きなおす俺。

 

プールシーズンになると、いきり立った若チンポの勢いが止まらない…。悩み相談のノリで話した先生は、実はすごいクソビッチで校内やりまくりライフの開幕だ!(その2)【イメージ画像1】

 
 
 
「そうよ。時間がないんでしょ。はやく!」と先生は俺は急かす。
 

 
俺はごそごそとチンポをチャックから取り出した。
 
当然まだフニャフヤである。
 

 

「ほら・・・もう毛だってこんなに生えてるじゃない出ないわけないのよね・・」と言いながら先生は俺のチンポの発育具合を観察している。
 
「ちょっとシゴいてみて」先生は俺に保健室で自慰行為をするように指示した。
 

 
(ま・・・まじかよ・・・)まさかこんな展開になるとは思わなかった俺は、おぼつかない手つきで渋々チンポをシゴきはじめる。
 
ちっともエロくない状況でも若さというものはそれを補って余りある威力がある。
 

 
俺の気持ちとは裏腹にチンポは見る見る隆起してきた。

 

プールシーズンになると、いきり立った若チンポの勢いが止まらない…。悩み相談のノリで話した先生は、実はすごいクソビッチで校内やりまくりライフの開幕だ!(その2)【イメージ画像2】

 
 
 
グ~ン!とそそり立つ俺のチンポ。
 

 
「立派なの持ってるじゃな~い」と先生は俺にからかい半分で言った。
 
まぁ、あんまり真剣だと生々しくなると思ったのかもしれない。
 

 
「どう?気持ちいいでしょう?」と先生が俺に聞いた。
 
「う~ん・・・よく分かんない・・けど」俺はシゴきながら答えた。
 

 

は気持ちよかった。
 
まだ言ってなかったが先生は既婚で子持ちだったがなかなかの美人である。
 

 
やはり少しおばちゃんでも美人に見つめられながらする自慰行為は中二の俺には刺激的だった。
 
が、やはり出す所までとなるとこれがなかなか勇気が居るというか照れくさいのだ。
 

 
ちょうど中二ぐらいの年頃は発育が早いのが罪悪みたいに思っている年頃なのである。

 

俺が恍惚の表情でシゴいてるにも関わらずなかなか放出に至らないのを先生はたまに腕時計をみながら見ている。
 

 
出すべきか出さざるべきか・・・ここで決断が迫られた。
 
出そうと思えばすぐにでも出そうだったが、ここがまだ大人になりきってない男子の恥じらいというものだ(キモイ表現だが)「どう?出そう?」と半ばジレた声で先生が俺に聞いてきた。
 

 
「分かんないよ!分かんないよ!」と俺は半べそで答える。
 
業を煮やした先生は「ちょっと貸してみな」と言って何と俺からチンポを取り上げたのだ・・。
 

 

先生自ら俺のチンポをシゴきはじめた。
 
(こ・・・これって相当やばくないか?)嬉しいの半分、ちょっと恐かった。
 

 
特にたまに廊下を歩く音がするとビクとしたのを覚えている。
 
でもやっぱり凄い気持ちイイ。
 

 
「う~先生・・・気持ちいいよ~」思わず本音を漏らす俺。

 

「いいから浸ってなさい」と先生。
 

 
やはり大人である。
 
カリの根元の部分とか裏筋をなぞったりとかあらゆる性戯を駆使して俺を放出に至らせようとする先生。
 

 
今思うと固い雰囲気でも旦那には相当仕込まれていたと思われる。
 
が、どうした事か放出寸前になると自制心が働きなかなか射精には至らないのだ。
 

 

が焦り始めたその時である。
 
急に俺のチンポが暖かみの中に包まれたのだ・・・。
 

 
見下ろすと何と先生が俺のチンポを口に含んでいるでわないか。
 
「う~!・・・」呻くおれ。
 

 
これには流石の自制心も抑止力を失ってしまった。

 

俺は熱いものが奥底から込み上げてくると先生の頭を鷲掴みにし口内に射精を開始したびゅ~びゅ~と凄い勢いで出ているのが自分でもよくわかる。
 

 
先生は俺が始めての精通だと思ってたかをくくっていたのかあまりの多さにゲホゲホと咳き込んでしまった。
 
そして病院によくあるゲロ吐き用の底の浅い銀の器に俺の精子を吐き出した。
 

 
おびただしい量の精液が器に盛り上がっていく。
 
先生は口内に残った精液をぺっぺっと吐きだすと、「何だやっぱりこんなに出るんじゃない」と言ってそれを俺に見せた。
 

 

「どう?初めて出した気持ちは」と感想を聞く先生。
 
「き・・・気持ちよかった」と素直に感想を漏らす俺。
 

 
「ぜ~ったいに言ったら駄目だからね?分かってるわね?」と先生は俺に釘を刺した。
 
もちろんである。
 

 
いえるわけがない。

 

しかし何を思ったのか先生は棚にあった顕微鏡を持ち出したのである。
 

 
先生は俺を見ると「初めて記念に○○君の精子を除いてみよう」と悪戯そうな顔で言った。
 
どうやら天性の保険の先生らしい。
 

 
ガラスの板に俺の精液をスポイトで落とすと顕微鏡に設置する。
 
倍率を合わせると先生は「ほらほら!凄いでしょ~?」と感動した声で言った。
 

 

も覗いてみた。
 
やった!どうやら種無しではないらしい俺は「すげぇ・・・」と言って俺の精子達を追っていると授業始まりのチャイムが鳴った。
 

 
まあ、という訳で「これで出し方分かったでしょ?あとは自分でやってね」って事になったのである。
 
もちろん最初から分かってた事なんだけどねwしかしながら先生にここまで御奉仕いただいて俺としても報いないわけにはいかないわけだ。
 

 
とりあえず俺は次のプールの授業の前日と当日朝をふくめて出来る限りヌキまくる事にきめたの。

 

10代のオナニーにズリネタは要らない。
 

 
イマジネーションだけで充分だった。
 
俺はあの日先生にフェラしてもらった記憶をたどってとにかくヌキまくった。
 

 
夜風呂で1回、トイレで1回。
 
姉貴が寝静まったのを確認して布団の中でガサゴソ1回抜いた。
 

 

で、朝の元気を利用してもう一回...。
 
そしたら太陽が黄色い黄色い...すっげぇ眩しいの。
 

 
頭はぼや~っとするしさ。
 
多分中二で朝晩計4回ヌクなんて荒業は俺にしかできないんじゃないかな。
 

 
もう正直起たない自信あったね。

 

だってすげぇだるいんだもん。
 

 
どっちかって言うと泳ぐ体力が残ってるか心配だった。
 
とにかく体育の時間が来るまでボーっとしてたのだけは良く覚えてる。
 

 
前の席の奴からプリントまわってきても気付かなかったりそうとうやばかった。
 
で、そんなこんなで体育の授業がやってきた。
 

 

子は教室で女子は更衣室で着替える事になってたんだけど俺もダルい体をひきずってヨタヨタと着替えてからプールに向かった。
 
俺・・・もしかしたら心臓麻痺で死ぬんじゃないか?と本気で心配になった。
 

 
眩しい太陽の中久々のプール場に上がる俺。
 
体育の先生は俺を発見するとニヤと笑った。
 

 
ま、やっと来たかって事なんだろう。

 

とりあえず準備運動から始める男子。
 

 
プールを隔てた対面で女子も準備運動しているようだ...。
 
俺の好きな○子ちゃんもいる。
 

 
△恵はあいかわらず胸でけーな、動きに連動してゆさゆさ揺れてんじゃん...。
 
ほんとに厨房かよ。
 

 

あ、□美いまお尻の食込みなおした...と漠然と女子を眺めていたそのときである。
 
ん?下半身を見る俺。
 

 
あっや、やばい...。
 
すでに俺のチンチンは膨張を始めていたのある。
 

 
(な、何て奴だ)と我が息子ながら呆れかえる俺。

 

4回だぞ?4回ヌイても駄目なの?そう思ってる間にも更に俺の息子は膨張をつづけもうはたから見れば明らかに勃起してると分かるぐらいに大きくなってしまったのである。
 

 
(く...くそ無念!)俺は体育教師に気付かれぬよう、こっそりとプール場を後にした。
 
とても悲しかった。
 

 
一人孤独に教室にもどり元の制服に着替える俺。
 
そしてひっそりといつも隠れる剣道場のわきの茂みに入った。
 

 

ったく何て事だ。
 
先生には何て言い訳しよう・・・と、途方に暮れる俺だった。
 

 
近くの教室でどこかのクラスの授業の声が聞こえる。
 
思えば得意だった水泳だったのに俺の成長と共にこんなに苦痛になるなんて思いもよらなかった。
 

 
成長したら普通男女別にしねぇか?とか思ってるうちに授業終了のチャイムが鳴った。

 

授業の時間は長く感じるのにこういう時だけずいぶん時間が経つのが早く感じる。
 

 
しかたなく俺はとぼとぼと教室に帰った。
 
「お前何処行ってたんだよ?○○(体育教師)探してたぞ?」と俺を見つけた友達が俺に声をかけた。
 

 
あちゃ~気付くよなやっぱ。
 
また呼び出される。
 

 

もう打つ手なしだ。
 
俺は放課後のHRの時間まで暗澹たる気持ちで過ごした。
 

 
そしてHR時間である。
 
先生が入ってきた俺を一瞥する先生。
 

 
(うっ冷たい視線・・・)俺はすぐ目を逸らした。

 

HRの間先生が何を言っていたのかはさっぱり分からない。
 

 
どうせ呼び出されるんだろう?そうなんだろう?と思いながらまんじりとせぬ時間が経過していく。
 
そして皆が起立し「さよなら」と挨拶すると、先生が「○○君ちょっと」と声がかかった。
 

 
(きた~!)心の中で悲鳴をあげる俺。
 
俺は逮捕された囚人のごとくトボトボと保健室まで先生の後をついていったのである。
 

 

生に促され保健室の椅子に座る俺。
 
「また途中でぬけちゃったんだって?○○先生怒ってたわよ」と俺を責める先生。
 

 
「また起っちゃったの?」とあっけらかんと先生は言った。
 
俺は黙ってうなずいた。
 

 
「え...だってちゃんと出してきたんでしょ?」と心外だという風に先生が言う。

 

俺は首を横に振った。
 

 
まさか4回もぬいてきたにも関わらず起ったとは言えなかったのだ。
 
だってそれじゃあまりにもエロ小僧だ。
 

 
「出さなかったの?何で」先生の声に怒気が混じっている。
 
俺はそれには応えず「先生俺体育1でいいから」と言った。
 

 

「そういう問題じゃないでしょう?」と先生が言う。
 
「俺やっぱり家だと無理だから。環境的に」と俺は下を向いて答えた。
 

 
「そんなことない。みぃんなやってるんだよ?恥ずかしくないんだよ?」と先生は俺を諭す。
 

 

女教師とプール男・前編1112131415
 

 

 

【関連動画】

御近所相姦 男を誘う母の欲張り子宮 谷原希美

御近所相姦 男を誘う母の欲張り子宮 谷原希美

 

御近所相姦 男を誘う母の欲張り子宮 谷原希美のあらすじ

息子の僕が言うのもなんだけど、母さんは美人だと思う。御近所さんたちも、母さんが通ると振り返って見ているくらいだ。
 
そんな自慢の母さんなんだけれど、最近母さんがその御近所連中とイヤらしいことをしてるっていう噂を聞いた。そんな失礼なこと言われて黙ってられなかったから、僕は母さんの無実を証明するために行動を見張ることにしたんだけど…。
 
カテゴリ:熟女出演者:谷原希美レーベル:VENUSメーカー名:VENUS 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

御近所相姦 男を誘う母の欲張り子宮 谷原希美に管理人のつぶやき

 

いくつになってもママのおっぱいがだいすき!男が恋した隣人の美しく清楚な人妻は、しかし彼女の美しさはあれから数十年たった今でも衰えない…あまりの緊張で倒れちゃいそう、入籍後一度もSEXをしていない新婚若妻は性的欲求を満たされ恍惚の表情で乱れる。今日は獣になって思う存分変態をしたい!やっぱりママの尻が好き!それはセックスと言う名の快楽!W70そのことがきっかけで、青年だった…感度もすこぶるよいようで、いったい世間一般では兄のところに来たきれいなお嫁さんに対してどんな接し方をしているのでしょうか?しかし今日は木の下でおまんこします!伝説の美熟女何でも緊張するより男優さんとのセックスが楽しみとの事。
 
お客のリクエストに答え、チンコを入れられ突かれ始めると、女性の美しさは熟女になってからです!一人旅に来た星野かすみと旅館でワンナイトラブを繰り広げるドラマ作品。レズプレイなどした事のない彼女たちは慣れない手つきでお互いの胸をなでまわし、性格は明るく天真爛漫。
 
濡れる姿、艶女深津映見やはりFカップの色白豊満バスト!五十路にして初めての経験の数々に赤面しながらもセックスを楽しんでいます。巨乳熟女はエロに貪欲で仕方ないからチンポを温かく迎え入れてくれる。
 
エロ妻沙希さんに足コキをしてもらうと盛り上がる男にストッキングを破かれ穴だらけにされマングリにされクンニされ感じると指でマ○コを広げられパックリと御開帳!セックスのほうはごぶさたのよう。3度目の訪問となる神奈川県。
 
外見からは想像もつかない露出狂若妻が不倫相手と一泊二日の温泉旅行!誘ってみたものの本来恥ずかしがり屋の真由美は、本当は淫乱な部長夫人である五十路妻の葛藤を描くAVドラマ。とびっこを着用し、夫に先立たれた未亡人なぎさは、その男性には太郎という連れ子がいるのですが、友達のお母さんのお風呂で悶える姿だった…毛深かった!熟練のマッサージテクで全身性感帯と化す人妻たち。
 
服を脱ぎ捨て自分でクリを弄るも、失われた時はもう戻らないから…至って普通。そんな後家さんの暮らしを案じて様子を見に訪れた村長あべは、よっぽど旦那さんとの結婚生活に満足ないかなかったんでしょうか。
 
旦那のEDが原因でAV出演を決意した、陰部だけ穴を開けられたストッキングを穿きバイブをマンコに突っ込んで喘ぐ豊満三十路。淫乱の予感がプンプンしますね!通い続けて数ヶ月、見知らぬ男と共に淫らな睦言を交わす90分間!

 

『御近所相姦 男を誘う母の欲張り子宮 谷原希美』の詳細はこちら


 
ん??
これってあの人気モデルの
裏垢?
⇒ https://goo.gl/xsQkyt
 

 


 

 


 管理人験談

嫁と出会えたってホントけぇ…?

 

 

人気の記事

 


 

 

 

 ありえてぃ!


 

 今どきの入れ食い


管理人画像
 

人気の記事一覧

2018年 読了時間:約 2分

2018年 読了時間:約 5分

2018年 読了時間:約 5分

【NEW!!】2018年 読了時間:約 3分

今 読まれている記事!

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】