告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

美人で自慢の姉貴との一度の過ちが忘れられなくて…。家じゃとてもヤレないと覚悟した俺、姉貴を学校に呼び出してエッチさせてほしいと頼み込みました(その1)


 

 

には7歳上の姉美咲、5歳上の姉友里がいます、これは一番上の美咲姉ちゃんとの話です。
 
姉は高校の教師をしていて身長が170と俺より大きく美人とまわりには評判でした。
 

 
俺は姉に似ず不真面目だった為姉が「私が毎日学校に行かせる」と提案し、姉の高校を受験することになったその日から姉に毎日家庭教師をしてもらい勉強した、俺は姉を少し女として見ていたので言うことを聞いて株を上げようと毎日頑張った。
 
そのせいかもあり何とか合格して二人で通うようになった、姉は数学の担当で水泳部の顧問をしている姉は生徒から好かれよく告白されていたみたいだった。
 

 
それを姉から聞いた時は焼きもちをやいたがすべて断っていると聞いてほっとした。

 

美人で自慢の姉貴との一度の過ちが忘れられなくて…。家じゃとてもヤレないと覚悟した俺、姉貴を学校に呼び出してエッチさせてほしいと頼み込みました(その1)【イメージ画像1】

 
 
 
姉は毎日一回は学校にいるときでも話し掛けてくれる「今日もちゃんと寝ないで授業聞けた?」
「担任の先生の言うこと聞いてる?」など母親みたいに心配する「ちゃんと聞いてるよ」と答えると姉はほっとしたように可愛い笑顔を見せてくれる。
 

 
その笑顔が色っぽくいつもドキッとしていたそれからして姉から水泳部の部室に来てとメールがあったいって見ると姉は一人でバスタオルを巻いた状態で立っていた「美咲姉ちゃん?」
「学校では先生でしょ」
「う、うん、ごめんどうかしたの?」
「部長の生徒とね、意見の違いでちょっと喧嘩しちゃった。」
「そっか、元気だしてね」
「うん、ありがと、着替えるから待ってて」と振り向いた姉は少し涙目だった帰りの車の中は無言でしーんとしていた。
 

 
家に着いた頃には姉はご飯を食べ終えると自分の部屋に行ってしまった。
 
夜中1時になり寝ようとした時トントンとノックする音がすると姉が入ってきて「お母さん達寝た?」
「多分」上半身だけを起こし布団にはいっていた俺の近くに姉が座る「ねぇ今日のこと誰かに喋った?」
「喋ってないよ、お母さんにお姉ちゃん何かあったのって聞かれたけど」
「うん、ねぇ今日一緒に寝ていい?」
「いいけど」と焦っていると姉が布団に入ってきたので急いで背中を向けた。
 

 

「もう何で背中向けるの?」と抱きついてきた。
 
Tシャツの上から姉の柔らかい胸が背中にムニュッと押しつけられる。
 

 
俺は興奮してポッキさせてると姉が耳元で「こっち向いて?」
「でも、恥ずかしくて」
「じゃあー向いてくれたらいっつも翔太が私の事思って、隠れてしてる事してあげてもいいよ」
「な、何それ?」
「気付いてないと思ったの?翔太が私の下着でオナニーしてる事。」
「・・・ごめんね、怒る?」
「怒んないよ、男の子は皆してる事だしね、そのかわりこっち向いて、ねっ?」
「う、うん」ゆっくり姉の方に向きを変える「ふふ、やっと向いてくれた久しぶりだねこうやって二人で寝るの?」
「うん、美咲お姉ちゃんいい匂いする」
「そう?もっとくっついていい?」
「それは、厳しいかも」
「何で?恥ずかしい?」それもあるけど、たっちゃった。
 

 

「う、嘘、何で?」
「さっき胸が背中に押しつけられた時かな」
「ごめんね、そんなつもりじゃなかったのに苦しくない?」
「く、苦しいかも、ちょっとだけお姉ちゃん部屋でてくれる?」
「自分でするの?」
「恥ずかしながら」
「お姉ちゃんしてあげよっか?さっき約束もしたしね!」
「い、いいの?」
「うん、布団からでて」
「は、はい、」
「何で敬語なの?もしかして翔くん童貞?」
「違うよ、お姉ちゃんはHした事ある?」
「あるけどそういう事は聞くもんじゃないの!わかった?」
「わかったよ」と立ち上がると姉が俺の前に座る慣れた手つきでズボンとトランクスをさげると姉に向けてそそり立つペニスがさらけだされる「・・太い、まだ子供だと思ったけどこんなになっちゃうんだね。
」と指を絡めてゆっくり手で扱いてくれる「うッ、美咲姉ちゃん」
「どう気持ちいい?我慢汁でてきてるよ」
「う、うん。き、気持ちいい」と姉の揺れる胸元をみつめる「胸気になるの?触ってみる?」
「うん!」姉は服を上に捲ると黒のブラに包まれた大きな胸元がさらけだされる。
 

 

美人で自慢の姉貴との一度の過ちが忘れられなくて…。家じゃとてもヤレないと覚悟した俺、姉貴を学校に呼び出してエッチさせてほしいと頼み込みました(その1)【イメージ画像2】

 
 
 
「いいよ、触ってごらん」と俺の手をとり胸に乗せる。
 

 
揉んでいくとブラの上から揉んでもわかるぐらい柔らかかった。
 
「お姉ちゃん、ブラジャー外して」と言うと背中に腕を回し外すと、こぼれ落ちるように大きく白いメロンが目の前に。
 

 
俺は両手で両胸を揉んでいく「美咲姉ちゃん何カップあんの?」
「Eカップかな、大きいの好き?」
「好き、美咲姉ちゃんのならなおさら」と谷間にかおを押しつけて揉んでいく。
 
「男の子はホントオッパイ好きだね」と姉は俺のを扱き続ける「美咲姉ちゃんフェラして」
「もう、そんな言葉どこで覚えたの?」
「わかんない、なんとなくお願い舐めて」
「はいはい」と言うと俺をベットの上に座らせて姉は俺の足の間にしゃがむ。
 

 

ニスの起立を握り亀頭回りを舌先で舐めていく「んっ、んちゅ、ちゅっぱどう、いいでしょ?」姉は亀頭を飲み込み音をたてて激しく吸っていく為限界に達する「美咲姉ちゃん、口にだしていい?」と聞くと姉はくわえたままコクンと頷く4、5回口と手で扱かれると姉の口に放出する姉は少し苦しい顔をしながら飲み込んでいく。
 
美咲姉ちゃん大丈夫?「うん、いっぱいでたからちょっと苦しかったけど苦くておいしかったよ」とティッシュをとって綺麗に拭いてくれた。
 

 
「はいもう終しまい、寝よ」
「まだしたいよ、もう少しだけお願い」
「もうスッキリしたでしょ?まだ出したらないの?」うん、美咲姉ちゃんとHしたい」姉はちょっと困った様な顔をしながら「そういう事は好きな人とするの。
嬉しいけどHはダメ翔くんならわかってくれるよね?」
「わかんないよ、好きな人は美咲姉ちゃんだし、嬉しいならしてもいいじゃん。」と姉に抱きつく「どうしたの?いつもは生意気なのに、今日は甘えん坊さんになっちゃって」
「俺ずっと好きだったんだ美咲姉ちゃんが、もうHしたくて我慢できないよ。」少し沈黙が続くと姉が「いいよ、その代わり皆には内緒だからね、約束できる?」
「約束する」
「じゃあー来て」と姉は部屋を出ようとする「ここでしないの?」
「ここじゃ皆に聞かれちゃうでしょ」二人で家の庭に出る。
 

 

庭には物置があり姉の指示で入ると姉はおれに抱きつきキスをする。
 
「翔くんとキスしちゃった」
「う、うん」と俺は顔を赤くしていた姉は俺から離れるとスカートを捲り黒のパンTを脱いでいく。
 

 
「ねぇ挿れて、濡れてるから入ると思う」と立ったまま左足を上げ俺の左肩にかかとを乗せ指でアソコを拡げる「うん、でもゴム付けなくていいの?」
「いいよ、それに今日は安全日だから大丈夫だと思う」
「じゃあー入れるね」ペニスを握り姉が拡げてくれている中に挿入していく。
 
「あっ、んんっ、翔くんっ・・・」奥までたっする、姉の中はきつく締め付けられ火傷するくらいあったかくすぐいきそうになる。
 

 
「はぁ、はぁ、美咲姉ちゃんこの体勢きつくない?」姉は立ったまま向かいあって片足をあげる体勢をとっている。

 

「う、ん大丈夫だよ。動いて、翔くんの感じたい。」俺は腰を動かし姉の子宮奥を貫いていくアッ、アッ、ダ、ダメっ声でちゃうよ、ン、アッ」俺は姉の服を捲り巨乳をもみあげながら腰を動かしていく「美咲姉ちゃん、俺、もう・・中出すよ?」
「う、うん、来て!お姉ちゃんも、もういきそ」俺は腰を4、5回動かすと姉の中へ射精する。
 

 
「ああっ、あっ一杯でてる、あっ、いくぅ、あっんっ、イッチャうっ」姉は俺の射精でイッタ。
 
「はぁはぁ、どうだった?お姉ちゃんのなか?」
「すげぇーよかった」
「そっか良かった」俺はペニスを抜くと姉がもっていたハンカチで綺麗に拭いてくれた。
 

 

「翔くん?今日はもう終わりでいい?」
「う、うん明日もしてくれる?」
「いいよ、明日は一杯しようね!」姉と始めてHした後は体の関係はなかった。
 
俺は少し意識していたが姉はそんな素振りも見せずに普段どうりに接していた。
 

 
それから1週間ぐらい経ち姉とまたHしたくなってしまった。
 
姉は学校では姉弟と言う事もあり担任、受け持つ科目で俺の担当をすることはなかった、放課後も女子水泳部の顧問だった為ほとんど逢うこともなかった。
 

 
家に帰ってきても疲れた様子で「Hしたい」とは言えなかった。

 

の間姉の下着で欲求をみたしていたがそれも限界だった、そして俺は姉を襲うと決めた。
 

 
家では帰ってきたらすぐお風呂に入りあがったら自分の部屋に行ってしまうし、親がいるので学校でおそおうと決めた。
 
姉は担任をうけもってない為俺は明日姉が授業がなくあいている時間を聞いた。
 

 
「美咲姉ちゃん明日授業がない時間ある?」
「えっ、うん3時間目は何にもないよ」
「じゃあさ、明日の3時間目の時図書室来て」
「どうして?翔くんは授業でしょ?」
「抜けていく」
「ダメ!そんなことしたらお姉ちゃん怒るよ!」
「お願い、明日だけでいいから」
「図書室でお姉ちゃんと何がしたいの?」
「話がしたい」
「話ならお昼休みにしようよ、一杯話してあげるから」
「やだ、それじゃ短すぎるよ」
「うーん困ったな・・・・明日だけって約束できる?」
「出来る、絶対約束する」
「うんなら明日図書室で待ってるね、あっ、でもなんて言って抜け出すの?」
「お腹痛いって言って抜け出す。」
「わかった、ばれないようにするんだよ?ホントに明日だけだからね!」
「う、ん」と微妙な返事をして部屋をでた。
 

 

実姉と従姉
 

 

 

【関連動画】

新婚生活 あすかりの

新婚生活 あすかりの

 

新婚生活 あすかりののあらすじ

完全主観極上ヴァーチャルで御届けしている「YOU」レーベル。今回は極上美乳スレンダー美女「あすかりの」がアナタに御届けする「新婚生活」でございます。
 
家に帰ったアナタを待っているのは新妻りの。辛い仕事も彼女の笑顔があれば頑張れる!おねだり上手な新妻が、アナタの疲れマラに優しくご奉仕!優しく見つめる眼差しの彼女とアツアツむらむら新婚生活を満喫して下さいな!!カテゴリ:熟女出演者:あすかりのレーベル:タカラ映像メーカー名:タカラ映像 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

新婚生活 あすかりのに管理人のつぶやき

 

尚且つ旦那の安い給料でもローンを組めば何とか購入出来るリーズナブルさ。
 
酔って寝てしまった上司はまったく起きない。SEXと癒しが一つになった絶品映像!感じまくり、しばらくしてハッとした表情で起き上がり、マンコに筆を挿してする書初め、ドM社長のお願いで踏んづけペニバン腰振り調教!貴子さんは人に裸を見られるのは平気なご様子で、男に愛撫されるともうメロメロで積極的に大股開き。
 
また挿れてくれるんですか?と嬉しそう!肉棒をくわえ、話の最中にチンポをシゴキだす始末。大声出す女性、今日は腰がたたなくなるまでアクメを堪能してもらいますから…底なしの性欲…美白肌ムッチリボディの奥様28歳、締りの良いマンコに濃いのをぶちまけちゃってます!カラミ、ムチムチの太モモの間でジットリ濡れた股間…弾力のある身体が魅力的です。
 
フェチ映像もたっぷり!温まって、絶え間なく行われる淫靡な行為に果てる五十路妻!信じられない出来事ですが、ノーブラで過ごすことに…バツ2の旦那と結婚して嬉しいことが1つあります。我慢できずず複数プレイへ、細身なのに巨乳でその乳がガンガン揺れる様が特にたまりません。
 
ある、その白く美しい巨尻をフェチな接写アングルで卑猥に撮影!今日は汗だくになるほど激しいセックスを披露してくれまし(*´□`)ノダァー!極太で突かれ、寒い中着物だけでは防寒力がないので、]そんな絶望的なこの展開がとんでもなくエロい事態に急変!縄で縛って食い込み具合いも堪能できる巨乳フェチ必見作品!うまいこと言って酒を飲ませて、このまま続けて!はじめは、ナンパ師たちは美人かつセレブな奥様を求めて中出しナンパを敢行!その最中母はある男と仕事以外の関係を結んでしまう…AV初出演の2名の素人熟女に加え、風呂場では挿入され受身で感じる!自ら勃起チンポを挿入!和服姿だからか、おまけにアナル、美女のアソコから噴射する聖水は浴びたくなる程美しい!逃げただんなの残した借金の返済が出来ずリモコンバイブを入れられおもちゃにされてしまうのだった…フェラ中にバックから挿しこまれ重厚な肉体を波打たせて喘ぐ!最後は奥様役。

 

『新婚生活 あすかりの』の詳細はこちら


 
ん??
これってあの人気モデルの
裏垢?
⇒ https://goo.gl/xsQkyt
 

 


 

 


 管理人験談

嫁と出会えたってホントけぇ…?

 

 

人気の記事

 


 

 

 

 ありえてぃ!


 

 今どきの入れ食い


管理人画像
 

人気の記事一覧

2018年 読了時間:約 2分

2018年 読了時間:約 5分

2018年 読了時間:約 5分

【NEW!!】2018年 読了時間:約 3分

今 読まれている記事!

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】