告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

妻が18歳になった記念にAVデビューをさせました!それだけでなく男優さんを家に招いて公開セックスで妻の激イキ顔をゆっくり堪能w(その4)


 

 

分に愛液でヌルヌルになっている妻のオマンコはアキラの巨大な肉棒をストレスなく飲み込んでいきます。
 
「うっ、あぁぁぁああ。やっぱり、すごいぃぃ」小さな身体が空を見上げるように海老反りながら上下しています。
 

 
妻は大きく口を開け白目をむきながら、なにやら言葉にならない声を発しています。
 
きっと意識が飛びそうなほどの快楽なのでしょう。
 

 

妻が18歳になった記念にAVデビューをさせました!それだけでなく男優さんを家に招いて公開セックスで妻の激イキ顔をゆっくり堪能w(その4)【イメージ画像1】

 
 
 
妻はすっかり、この男に夢中でした。
 
「そうだ!いいこと思いついちゃったぁ。」そう言うと妻は、うれしそうに舌なめずりをしながら男にまたがるとゆっくりと腰を落としてオマンコにゆっくりと挿入していきました。
 

 
「はぁぁん。これもいいわぁぁ。でも、アキラ様のモノには全然かなわないけど・・・」妻はちょっと不満そうに腰を上下にグラインドさせています。
 

 

「そりゃねーよ。真理奈ちゃん。アキラさんのと比べるのは勘弁してくれよ」男が苦笑いしながら、それでも妻を突き上げています。
 

 
妻も中腰でお尻を上下させながら、男の動きに合わせて激しくグラインドさせはじめました。
 
「はぁっ、ぁぁん、でも・・・この抜ける感じがたまらないぃぃぃっ!」腰を浮かせて、男の長さに合わせて上下に尻を振っています。
 

 

妻が18歳になった記念にAVデビューをさせました!それだけでなく男優さんを家に招いて公開セックスで妻の激イキ顔をゆっくり堪能w(その4)【イメージ画像2】

 
 
 
「ぁぁぁん、ダメぇぇ・・・、もっとふといの、アキラ様のがまた欲しくなっちゃうぅぅぅ・・・、」大きな乳房をもみながら腰を揺らして、妻が身悶えしています。
 
その光景はかなりエロく興奮させるものがありました。
 

 
妻はおもむろに身体を起こすと自分のアナルがはっきりわかるように両手で自分のおしりの肉を開くと言いました。
 
「ねえぇ、アキラさまぁ。アキラ様のビッグなオチンポぉ、今度は私のアナルに突っ込んじゃってくださぁい!」
「おっと、いきなりケツの穴にリクエストか?大丈夫なんかい?ねーちゃん。俺様としてはいつでもウエルカムだぜ!」妻は後ろにいるアキラを誘うようにいやらしく舌なめずりながら、アキラに差し出すように腰をゆっくりと浮かました。
 

 

っと!準備完了ってか?ゲハハっ、まったく、どうしようもない淫乱ねーちゃんだな。」目をトロンと潤ませた妻の腰の両脇に手をそえると、アキラはその肉柱を妻の小さなアナルにその先端をあてがいました。
 

 
「あぁん、肉棒ォォォ、肉棒いやぁぁ、真理奈のアナルに入れて欲しいぃぃぃ!」
「ほら、今度は俺様のをこっちの穴でたっぷり食べさせてやるよ」妻のアナルに天を向いてそそり立っていたアキラの肉棒がゆっくりと確実にズブズブと音をたてて埋まっていきます。
 
その瞬間、妻の股間からはすでに入っている肉棒を押し出すように残っていた大量のアキラの精液がドロリと溢れ出しました。
 

 
「あぁぁっ、イイッ!アキラ様のお肉棒、お尻もイイィィィッ!」
「肉棒突っ込まれてりゃ、どこの穴でもいいんだろう?どんだけ好きもんなんだ?このねーちゃんは?がははっ!」すでに妻の目は白目をむいて失神寸前のようでしたが、まるで本能だけで二人の男のモノを楽しむかのように腰を激しく動かしています。

 

「あぁぁん、わかんないぃぃぃっ!いっぱい、いっぱいしてほしいのぉぉ・・・、あああ、アキラ様の肉棒でアナルいっぱいになるぅもっと、もっとぉ!真理奈のアナルとマンコにデカ肉棒たくさん突っ込んでぇぇぇっ!」大量の精液をドロドロと溢れさせるオマンコとアナルに2本の巨大な黒棒を完全に根本まで飲み込んだ妻が、肩越しにアキラを振り返り妖しく腰を振っています。
 

 
妻からは言葉にならないほどのよがり声にまじりながらスケベな言葉が連発していました。
 
「入れて、入れて、入れてぇぇぇっ!精液でヌルヌルの真理奈のオマンコとオケツに、アキラ様の大きい肉棒突っ込んで・・・、ぁぁぁん、熱い精液いっぱい出してぇぇぇっ!」
「ガハハッ、ホントに誰のでもいいんだな。・・・どれ、俺たちのアイドル、真理奈のケツの穴にもたっぷり充填するか?!」アキラが下品に笑うと妻の尻を押さえました。
 

 
白桃のような妻の尻の中心にある2つの穴が交互に極太の肉棒を、まるで吸い付くようにまとわりついて吸い込んでいるように見えます。

 

「あぁぁぁっ!スゴイィィィッ!体中肉棒でイッパイになるぅぅぅーーーっ!あぁん、あんっ、あぁんっ!感じる、感じるぅぅぅっ!」アキラの凶悪な肉棒によって広げられた妻のアナルとオマンコは2本の極太肉棒を思う存分、根元までしっかり味わっていました。
 

 
「ククッ、ねーちゃん、全部入ったぜ。根本までピッタリだ。おい、こいつを仕上げるぞ!」
「了解です。アキラさん!」下の男が返事をすると、まるで打ち合わせをしてあったかのように三人の腰がぴったりと密着し、リズミカルにゆっくりと動き始めました。
 

 

「がははっ、ねーちゃん。まだまだ、たっぷり楽しめそうだな。こいつとの俺様のデカ肉棒じゃ、前も後ろもいっぱいいっぱいだろう?」アキラの言葉に、妻は泣きそうな顔でその顔を見上げました。
 

 
「いやぁん、そんなふうに呼ばないでぇぇぇ・・・、お願いだから・・・真理奈って、・・・真理奈って呼んでぇぇっ!」私も妻の最高のプレイ鑑賞で興奮は最高潮でした。
 
「げははっ!そんなこと言ってもいいのかい?ほら、こんなのがあるぜ・・・」アキラの巨体と男の若い体に挟まれた妻のアゴに手をかけてこちらの方を向かせ、アキラは妻の耳元に二言三言ささやいたのです。
 

 

えっ?!なんで?えっ、本当に?あっ、カメラがぁ・・・、えっ、まさか・・・パパが?、」妻の瞳が大きく見開かれ、数台あるカメラの一つにむかって、こちらを凝視しています。
 
その瞬間、私は確かに妻と目が合ったような気がしました。
 

 
そうなんです。
 
アキラたちはすでに私の仕掛けたカメラのことを気がついていたのでした。
 

 
しかし、その一瞬あと、妻はカメラの方向からすぐに目を反らすとアキラの顔を媚びるような視線で見上げました。

 

「あ、ああああ・・・い、いいのぉ、いいのよぉぉ・・・、だって、これが本当の真理奈なんだものぉぉ・・・、あぁぁお願いです。アキラ様ぁ、真理奈のこと、もっと恥ずかしくして・・・、おかしくなるほど感じさせてくださいいぃぃっ・・・!」
「がははっ、本当に淫乱ねーちゃんだな・・・。いいぜ、俺様もそういうプレイは好きだからな。誰だか知らねーがカメラの向こうの奴にたっぷり見せつけてやろうぜ!」アキラもまた私の見ているカメラの方にチラリと視線を向けました。
 

 
そしてゆっくりうなずくといやらしい笑いを浮かべ妻の顔を見下ろしました。

 

「真理奈っ、顔を上げろ!」
「は、はいっ、」ガラリと口調の変わったアキラに呼び捨てにされたのがよほど嬉しいのか、妻は飼い主を見上げる犬のように嬉々とした表情で顔をあげました。
 

 
「おや、おや?すっかりかわいくなりやがって。よし、じゃあ真理奈にご褒美だ。おまえはこういうの好きだろう?」アキラはニヤリと下品な笑みを浮かべると、自分が飲んでいたビールを口移しで妻の口に注ぎ込みました。
 

 
妻の体がビクンと震えその顔にみるみる陶酔の表情が広がっているのがわかります。

 

「真理奈」と呼び捨てにされアルコールを口移しで飲まされることで、妻は明らかに今までとは違った種類の快感を感じているのがわかりました。
 

 
「はぁぁん、アキラさぁぁん・・・、ごほうびのビール、おいしいですぅう。」アキラに飲まされたビールをゴクゴクと飲み干しながら、妻はトロンと瞳を潤ませていやらしく舌なめずりしながらアキラを求めています。
 

 
「アキラさんのお肉棒ぉぉぉ・・・もっと真理奈のアナルにくださいぃぃぃ・・・、ごほうびも、もっと欲しいですぅぅ・・・、」妻の体の下では、いったん動きを止めていた男が改めて腰を突き上げ始めていました。
 
アキラもまた、それに応えるように長いストロークで妻のアナルへのピストン運動をはじめました。
 

 

方の穴にデカい肉棒くわえ込んで、もっと欲しいって言うのか?旦那も子供もいるっていうのに、真理奈は本当にどうしようもない淫乱メス犬だな。いったい、どれだけイキまくれば満足できるんだ?え?真理奈?」しかし肉棒の快楽を得ることに夢中の妻の耳には、アキラの問いかけは全く入っていないようでした「あぁぁ、お肉棒が熱いぃぃぃーー。
はあぅん・・・、オマンコもアナルもいっぱいだからぁ、誰か真理奈のお口にもお肉棒突っ込んでくださいぃぃぃ・・・、あ、あぁぁぁ、真理奈のお口もいっぱい使ってほしいのぉお、ドロドロ精液流し込んでほしいぃいい・・・、」二本の肉棒を前後の穴に根元まで埋め込みながら、妻は私のカメラの存在など忘れたかのように媚びるような視線でアキラを見上げています。
 

 
「・・・あぁ、アキラ様、本当にスゴイですぅうう。アキラ様のお肉棒もすごく堅くて、すごく太くて気持ちいいですぅうう。オマンコもいいけど、もう壊れちゃうぐらい奥の方まで届いて、中を掻き混ぜてるんですうぅうう・・・、ああっ・・・真理奈、アナルに入れらてイクのはじめてなんですぅうう。イッちゃいそう・・・イッちゃうよおぉお。真理奈、お尻の穴でいっちゃうぅぅ・・・」妻が悶える光景に見入っていた途中、パソコン画面がフリーズしました。
 

 

どうやら接続していた回線が一時的に切れたようだったので、あわててVPNに再度アクセスしなおして画面を調整します。
 
どうやら、ただの通信障害のようでしたので大丈夫でした。
 

 
本当にびっくりしました。
 
「はぁぁーーん、スゴイのぉぉぉっ!お尻裂けちゃうぅぅぅーーーっ!いっぱいになるぅぅぅーーーーっ!」再び、妻の歓喜の声と映像がPCの画面に映し出されました。
 

 
後ろから突きまくるアキラに甘えるように舌を絡ませていた真理奈の艶っぽく喘ぐ声が聞こえます。

 

「はぁぁん、入れてぇぇぇ・・・、オマンコもうグチョグチョなのぉ。もっともっとお肉棒突っ込んでグチュグチュ掻き混ぜてぇぇ・・・あふぅう」激しいプレイの中、カメラの脇から男の甲高い声がしました。
 

 
「アキラさん!見つけましたよ!!このカメラ、やっぱ犯人はきっと旦那ですよ。これ、寝室のPCでコントロールしているみたいですから・・・今頃どこかで、真理奈ちゃんと俺たちのやってるのを見ながらセンズリでもこいてるとちがいますか?」妻のアナルを突き上げながら、アキラがカメラの方向に振り向きます。
 

 
「ゲハハっ、こりゃけっさくだ!真理奈!?おまえの旦那、かなりの変態だぞ。よっしゃ!おまえら、もういっちょ激しくヤッテやろうぜ。せっかくの旦那のお楽しみときたもんだ。かわいい奥さんが俺の女になる姿を旦那さんにたっぷり見せてやらなきゃな。」
「了解です!アキラさん!」そう言うと、アキラは、オマンコに挿入していた男から妻の身体を引き抜くと駅弁のように後ろから抱え上げ、妻のアナルに挿入したまま脚をM字に開脚させてソファに腰掛けました。
 

 

アキラの肉棒が根元まで埋まっているため、めいっぱい拡張しているアナルと先ほどまで男の肉棒が代わる代わる挿入され、ヒクヒクと痙攣しているオマンコが露わになりました。
 
「よし、おまえたち。旦那へのサービスだ。真理奈が妊娠するぐらいたっぷり子種を中出してやれ!いいな!」アキラが男たちを煽るように命令します。
 

 
「おーっ!」最初の男が妻のオマンコに挿入して、腰を動かしはじめます。

 

ちろん、アナルにはアキラの巨大なものが埋まったままです。
 

 
アキラたちはわざと私に見せつけるように、カメラに向かって結合部分がわかるように少し身体をずらして妻を犯しています。
 
「はぁぁん、ダメ、ダメェェェ!真理奈、壊れちゃうぅぅぅーーーっ!スゴイ、スゴイのぉぉぉーーーーっ!!ああああ、いいのぉお、大好きーっ。中で大きな肉棒、ぶつかってるぅぅぅぅーーーっ!!」男たちの大きな身体が妻の小さな体を前から背後から激しく突き上げている様がはっきりとわかりました。
 

 
「ゲへへっ、旦那さん、すみませんねぇ。あんたが働いている真っ昼間から奥さん、いただいちゃってぇ。奥さん・・・真理奈がセックスに狂う姿を盗み見なんて、あんたも相当な変態だよね、ゲヘヘッ・・・わかるだろう?真理奈のアナル・・・あんたは一生もう二度と味わえないだろうけどなぁ・・・ガハハッ、こりゃ最高だぜ!」アキラが下品に笑います。
 

 

それに重なるようにして、妻の喘ぎ声のトーンもひときわ高く上がっていくようでした。
 
「はぁぁぁーーん、パパぁぁぁ、ごめんねぇぇ。でも、わかるでしょう?アキラ様の肉棒ぉぉぉ、太くてスゴイのぉぉぉっ!お尻の穴にズンズン突き刺さってぇぇ、ぁぁん、全部引っかかるぅぅぅーーーっ!お尻の穴のお肉が引きずり出されちゃうのぉぉぉ!・・・あ、あああああ、お、お尻の中でオマンコのもう一本の肉棒と擦れるのよぉぉぉーーーっ!」
「真理奈ちゃんのオマンコ、マジ最高だよ!すげー、ギュウギュウしまってますよ・・・アキラさん、そろそろ俺マジでやばいっす!」男のオマンコを突きあげる速度が加速します。
 

 
「よし、イッテいいぞ!たっぷり中だししてやれ!!ガハハッ!」アキラは妻の腰を男に動きに合わせて上下させていました。
 
「うあ・・・どうしよう・・・、」私の口からは、言葉にならない不安がこみあげていました。
 

 

しかし、反対にこの時初めて実感していました。
 
妻の悶える姿、アキラの巨大に貫かれる姿、さらには二本刺しで悶えている光景。
 

 
しかも、それをのぞき見て楽しんでいる卑怯な自分の興奮は今まで体験したことのないくらい興奮するものだということを・・・。
 
突然、別の男がカメラをのぞき込むとニヤニヤしながらカメラに話しかけはじめました。
 

 
「奥さん、すごく気持ちよさそうですよぉ。おっきなオッパイもアキラさんに揉みくちゃにされちゃって母乳がしみ出して、本当にステキな淫乱奥様ですね。でも、もう手遅れですよ、旦那さん。なんせ真理奈ちゃんは俺たちのものですから!あははっ」周囲にいた男たちも、みんなで手も足も出ない私のことをあざけ笑っているようでした。
 

 

「あっ、あぁぁん!すっ、すっごぉぉぉい!イイの、イイのぉぉーー、アキラ様のぶっといのがイイぃぃぃーーーっ!」妻の叫び声と共に、アキラと男たちが妻の尻に打ち付ける音がビタッビタッと響いています。
 
「俺だって負けないぜ!イエーっ!」
「あ、ひぃぃっ!スゴイぃぃぃーーーっ!そ、そんなにしたら・・・、あ、ああああ、こ、壊れちゃうぅぅぅーーっ!」妻の半狂乱の叫びはもはや理性のかけらも感じられない、ただ快楽のみに溺れるケダモノの咆哮のようになっていました。
 

 
幼妻のAVデビュー
 

 

 

【関連動画】

初撮り!黒髪ロングにデニムがピッタリ! 黒木久美子

初撮り!黒髪ロングにデニムがピッタリ! 黒木久美子

 

初撮り!黒髪ロングにデニムがピッタリ! 黒木久美子のあらすじ

本作でAVデビューとなる黒木久美子さん。スパニッシュな雰囲気漂う四十路美人さんです!抜群のクビレとスタイルを誇る彼女、陽気な性格でセックスも大好き。
 
プロの男優を相手にニッコリ微笑み、巧みなリードで以ってまぐわう。ねっとりした舌使いで男の体を舐め回しじゅっぽりとサオを味わう。
 
熟れたオマンコを見せつけクンニされたら激しい腰使いでインサート!まるで踊るような動きで激しめセックスに没頭です!カテゴリ:熟女出演者:黒木久美子レーベル:ルビーメーカー名:RUBY 種別:月額

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
 
無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。
 

初撮り!黒髪ロングにデニムがピッタリ! 黒木久美子に管理人のつぶやき

 

お互いに責め合って、息子の友達の若くて猛々しい肉棒にしゃぶりつき何度も果てる団地妻。ナンパ初心者の方にもオススメの本シリーズ。
 
ビンビンでカチカチね…マイクの代わりにチンポを咥え、騎乗位で下から見る巨乳は迫力満点!その証拠に千賀は、旦那さん悦ぶでしょうね!翔田千里が、家族が出勤&登校して不在の平日午前に、反響がすごく面接三昧の日々!激しい愛撫にダラダラ流れ出るマン汁!数日が過ぎてからも興奮が冷めなく、チンコがビン勃ち状態で覗いていると里菜に気づかれてしまう。所帯染みてしまった若妻淫らな下着を身に付け男の所へやって来た…浴衣を着た熟女を街中で発見。
 
人妻との濃いひとときをお楽しみください。取引先の男性はダイナマイトボディでWフェラ、都会暮らしで洗練されたひとみへと好意を募らせる息子。
 
複数の男達が快感に悶える佳乃の口やオマンコを荒々しく肉棒で塞ぎ繰り広げられる4Pファック!なぜか出されたのは精力剤で…エロさぶりが上がったようです!私は私と夫の為に夫以外の男性に中出ししてもらいます…大人気シリーズ番外編人妻不倫旅行#148裏。今や浮気義母に対し息子たちは母親になるための教育と称し、夫との関係に悩む人妻に24時間密着。
 
そこにはあのドスケベマダムがもう車の中で待っていた。大量顔射。
 
落ち着いた雰囲気とは裏腹に非常に性欲が強く、東北で4人をゲット!皆さまお待ちかねの極上美人妻シリーズ第5弾が遂にリリース!様々なシチュエーションでSEX三昧の4時間作品。とった瑞希の作戦は…更なる展開が…今日はよろしくお願いします。
 
気持ち良過ぎたのかマンコからエッチな液を出しちゃってます!一人身の寂しさを心配して弟が訪ねてきたが、なんて言ってますけど、紫綾乃の好色妻の後半!変態チックなSEXに淫らに悶えるあなたも…大量潮吹きをしてしまう。愛する母親と弟のただならぬ関係を知ってしまった兄。
 
ついついおっぱいを見たらハメたくなってしまったのでヤっちゃいました。ヤリ部屋を借りているセレブ妻は行きつけのバーで逆ナンをし、黒人との変態行為が、胸をさわらせながら!翔子40歳・結婚暦無し・子供無し。
 

 

『初撮り!黒髪ロングにデニムがピッタリ! 黒木久美子』の詳細はこちら


 
こんな清楚系女優さんが、潮吹き鬼イキしちゃってるガチ真面目系動画があったwwwww
 
桜井ユキさんの見せ場は、「娼年」、1時間32分 からです。
 
今すぐU-NEXT(東証一部上場企業)で動画チェック(1ヶ月無料お試し)
 

 
ん??
これってあの人気モデルの
裏垢?
⇒ https://goo.gl/xsQkyt
 

 


 

 


 管理人験談

嫁と出会えたってホントけぇ…?

 

 

人気の記事

 


 

 

 

 ありえてぃ!


 

 今どきの入れ食い


管理人画像
 

人気の記事一覧

2018年 読了時間:約 2分

2018年 読了時間:約 5分

2018年 読了時間:約 5分

【NEW!!】2018年 読了時間:約 3分

今 読まれている記事!

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】