告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

母親のパンティーで自慰する息子と近親相姦体験

私は10代で出産したため現在39歳。
息子は20歳。
もう関係ができて三年と少しになります。
きっかけは息子が私の下着に興味を持ったのが始まりでした。
当時、高1だった息子は深夜になると洗濯機から私のパンティーを持ち出しては自分の部屋に持っていって楽しんでいたようです。
私も女ですから自分の汚れたパンティーをいじられるのはやはり恥ずかしい事でした。
そのうち飽きるだろうと思い誰にも内緒にしていましたが高2になっても収まりません。
思い切って注意しようと証拠を押さえるべく深夜息子が部屋にパンティーを持って行ったなと思い、静かに部屋の外に行き和室の襖を少しだけ開けてみたら・・・ 時すでに遅しで、息子は机の上に広げたパンティーに顔をうずめて右手が激しく上下に動いている後ろ姿が見えました。
なにか哀れになって、私はそのまま自分の部屋に帰りました。
そんな事があってある日のこと。
夫は仕事の関係で週末しか帰りません。
平日に息子がお休みの日、留守番を頼んで出かけましたが途中で用事を頼む事を思い出して15分後くらいに帰宅。
当然普段どおりに息子の部屋の前で声をかけて襖を開けたら・・・机に私のパンティーが数枚、そして息子はあわてて、立ったり座ったりオチンチンを隠そうとしたり。
でも丸見えでした。
正直に言えば十分に立派な、主人より大きい息子のオチンチンを見たときドキッとしました。
黙って出るべきか何か話すべきか迷いましたが話す事にして息子の脇に座りました。
そして私は息子の告白で私を母親でなく女として見て居る事を知りました。
その時の私を上手に説明はできませんが、私は自然と息子のオチンチンを触ってあげました。
すぐに大きくなり、努めて明るくオナニーのお話をしながら私がしてあげました。
そしてその夜、夕食が終わった後で息子はモジモジしながら顔を真っ赤にして私に今身に着けているパンティーをちょうだいと言ったのです。
その瞬間私の全身の力が抜けたような感じになり、後でね、と言ってお話を止めました。
自分でも良く分からないんですが、その夜、私は息子の部屋で、パンティーなんかをいつまでもいじらないでね、と諭すようにお話をしながら、身に着けているものを脱ぎお互いの体を触り合いました。
当然その夜のうちに関係が出来ました。
あれから三年。
お互いに今は割り切って楽しんでいます。
息子は帰るとすぐに私の体に触れ、とりあえずオチンチンを入れてきます。
そして寝る前も。
今でも夫が帰らない土、日曜日はお互いに用事がないと朝からエッチしています。
この三年で大人顔負けのテクニックを身に着けてしまった息子に私は翻弄されっぱなしです。
夫とのエッチでは聞けない私のアソコのグチュグチュの音。
自分でも驚くやら恥ずかしいやらです。
息子は、母さんのオマンコの音を聞くと他の女なんかとはぜんぜんエッチしたくないよと言います。
そんな私を見てますます息子の精力が私に集中してきている事がこの先、なにか怖いような気もしています。

 

 






 

この記事に関連する記事一覧

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】