告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。http://kindanhtaiken.blog.fc2.com/ ブログを引き継ぎました!

義弟くんはまだまだ女を知らない可愛らしい男の子、私が初めての女として色々教育も施してあげました

読了までの目安時間:約 6分

年の夏のお話です。
 

義弟くんはまだまだ女を知らない可愛らしい男の子、私が初めての女として色々教育も施してあげました(イメージ画像1)

 
義父が急に入院することになって、義母が付き添いするので夫の実家がお祖母ちゃんと義弟だけになっちゃうから、私が家事とかのお手伝いに行くことになりました。
 
夫は仕事があるから、私一人で行きました。
 
義弟くんはまだまだ女を知らない可愛らしい男の子、私が初めての女として色々教育も施してあげました(イメージ画像2)

 
夫と住んでいる家からは、車で三時間くらいかかるので泊り込みです。
 
お手伝いにいって、5日目くらいのことです。

 

おばあちゃんはデイケアに行ってて、高1の義弟は部活。
 
私はお昼ご飯の後、疲れてちょっと昼寝しちゃいました。
 
寝ているとなんだか息苦しくて、誰かが上に乗っかっているみたいでした。
 
それにシャツの中に手を入れて、おっぱいを触っているみたい。
 
寝ぼけていた私は、夫がいたずらしてるのかな?って思ったけど・・・そーいえば、ここは夫の実家だ!と気がついて急に怖くなりました。

 

薄目を開けてそっと見てみると・・・義弟でした。
 
義弟は寝ている私にのしかかる様な感じでシャツを捲り上げて、おっぱいを揉んでました。
 
まだちょっと寝ぼけ気味の私は心の中で「ヤバイヨヤバイヨ」となぜが出川の物まねをしつつ頭も回らなくて、とりあえず寝たふりをしていました。
 
義弟は手のひらで両方のおっぱいを包んで、ちくびを転がしながら揉んでいます。
 
時々、おっぱいの谷間に顔をうずめて、すーーーうっと匂いをかいでいるみたいでした。

 

どうしよーって困ってたら、義弟はとうとうスカートをめくって、パンツの中に手を入れました。
 
義弟はどこをどうしたらいいかわからないみたいで、指ででおま**をなぞったりヤミクモにいじっています。
 
そのぎこちなくて、まどろっこしい指使いに興奮してしまって自分でもお**こが濡れてくるのがわかりました。
 
こんな状態で濡れちゃったのがばれたら、ヤバイーって心配してたら、指が動くたびにぷちゅんぷちゅん、と音がしはじめちゃって、濡れたことに義弟も気づいたみたい。
 
下着から手を抜いたと思ったら、一気に足首まで下着を脱がされてしまいました。

 

くん。
 
とつばを飲み込む音が聞こえて、義弟の息がおま**にかかり義弟は私のお**を指で開いてじっと見ているようでした。
 
ここも匂いをかいでいるようで、指で確認するように私の愛液を触って音を立てたり、舌でちょんちょんつついたりしていました。
 
直接見て入り口がわかっちゃったのか、いきなり指をずぶーっと入れられました。
 
私は思っても見なかったことに「ああぁん!」と腰を反らして反応してしまいました。

 

義弟はびっくりして指を抜きました。
 
私が身を起こすと「お・・・おねえさん起きてたの???」とかなーり動揺しているみたいでした。
 
「あんなに弄り回されたら、目がさめちゃいますよぉ」
と言うと「ごめんなさい。」と謝って、しゅーんとしてしまいました。
 
夫の高校時代を見ているみたいで可哀想&とっても可愛くなってしまい「今日だけ許してあげるから。お姉ちゃんも気持ちよくしてもらったし。」というと、「気持ちよかった?」と、ぱっと顔を明るくして聞いてくるので笑ってしまいました。

 

「でも、アソコはもっとやさしく触ってくれないと。」とちょっと怒ったように言うと「こんな感じ?お姉さんをもっと気持ちよくしたいから触り方教えてください」と、おずおずと指を伸ばしてきて、おま**を触わります。
 
「もうちょっと力を入れてもいいよ。それからお姉ちゃんはこの辺をこうすると気持ちイイの」と義弟の指を持って、入り口や陰唇とかのいじり方を教えてみました。
 
今度はクリの位置を教えて、「こうやってなで上げるみたいにコスって。」と触らせました。

 

「初めての女の子だったら、最初のうち中は感じないから、ここからかわいがってあげてね」とか教えながら、クチックチッといやらしい音を立てながらイイ感じにお**こをさすられたり、いじられたりして私はどんどん喘いできちゃって、喋れなくなってきました。
 
「おねえさん、俺、入れてみたくなってきちゃいました」と義弟が言うので今日だけという約束をしました。
 
夫が来たときのために持ってきておいたゴムを出してきてつけ方を教えてあげました。
 
足を開いてオチンチンを入り口に当てて、「腰をこうして・・・いれてごらん」っていうと義弟はずずん!と突っこんできて「はぁぁ?」と気持ちよさそうな息を漏らしました。
 
いきなりガンガン腰を動かし始めたので両足で腰を抱え込んで固定して「中はどんな感じ?」と童貞喪失の感想を聞いてみました。

 

ったかくて、すげーやわらかくて、ヌルヌルしてて、いやらしいんです・・・もぉ、たまんないです」とハァハァ切羽詰っちゃったようすだったので足を離してあげました。
 
義弟はもう、夢中で腰を動かして、テクも何もないけどがむしゃらな腰使いがかわいくて私もなかなか気持ちよかったです。
 
でも、義弟はあっけなくイッてしまって、たくさんたくさんゴムの中に放出しました。
 
そして入れたまま私の上にかぶさってきたので頭をなでてキスしました。
 
さすが若いだけあって復活が早くて「今日だけはいいんですよね?」と、その日のうちにあと3回もしてしまいました。

 

そんな義弟も去年の冬、彼女ができたらしいです。
 
私の教えたことが役に立ってるといいんだけど。
 

夜間の出張マッサージのお仕事をはじめたら、みるみるオカネが溜まりました。体力は使いますけど…何しろカラダを使う仕事ですから。

読了までの目安時間:約 18分

は40代の主婦です。
 

夜間の出張マッサージのお仕事をはじめたら、みるみるオカネが溜まりました。体力は使いますけど…何しろカラダを使う仕事ですから。(イメージ画像1)

 
子供は就職し、家を出ました。
 
夫は深夜勤務が多いので、私も夜間の仕事を選び、二人の時間を大切にしています。
 
夜間の出張マッサージのお仕事をはじめたら、みるみるオカネが溜まりました。体力は使いますけど…何しろカラダを使う仕事ですから。(イメージ画像2)

 
仕事はマッサージの仕事をしています。
 
ビジネスホテル等で依頼を受けたらあちらこちらへ移動してマッサージをするというものです。

 

夜間は給料も良く待遇は良い方だと思います。
 
体力は使いますけどね。
 
マッサージを始めて2年が経ちますが、収入はかなり高額となっています。
 
その収入源はマッサージのお客さんへの手コキサービスです。
 
事の始まりは、とあるお客さんからマッサージの途中で手コキを頼まれたところから始まります。

 

当然、夫も子もいますし、そんな下の関係を持つ気も無かったので断ったのですが、そのお客さんは1万出すからと言って1万円札を渡してきたのです。
 
お金が欲しくて働いているので目の前の1万円札に目を背くことができませんでした。
 
私はおそるおそるお客さんの既に固くなっていた性器を握ると上下に扱き始めました。
 
そのお客さんは5分と経たずに果ててしまったのです。
 
え?5分足らずで1万?と驚きました。

 

しかも個人でもらったものなので税金を引かれることもなく、全額私の手に入るのです。
 
私はちょっと興味が出てきて、いろいろと調査しました。
 
夜中のお客さんは手でしてほしいと言ってくる人が多いことも知りました。
 
そこで金額の相場を調べることにし、お客さんから手コキを頼まれた時にいくらくれるのかを聞きました。
 
その結果3000円?7000円と幅が広いですがそのくらいが相場だとわかりました。

 

には1万円くれる人もいるのですがそんなのはマレです。
 
同じ仕事場の人で仲良くなった人に何気なく手コキを求めてくるお客さんはいないかと尋ねてみると日常茶飯事で、実は同じように別料金をもらってしているとの返答でした。
 
そして同じようにお客さんからお金を取っている人が多いことも知りました。
 
だいたい3000円?5000円が相場らしいです。
 
私は7000円で価格を設定しました。

 

7000円だと高いと思うかもしれませんが、意外と皆さん払ってくれるので驚きました。
 
男性の方は溜まったら出さなくてはいけないので性欲が強いのでしょうね。
 
どんどんエスカレートした私は、いろいろなテクニックを身につけました。
 
お客さんの浴衣を自然に肌蹴させる方法や、お客さんにその気にさせる方法です。
 
依頼があったときだけよりも、なるべく多くのお客さんが依頼してくれた方が儲かります。

 

依頼をしてくれなさそうな人や、気が小さそうな人にはこちらからけしかけます。
 
マッサージの振りをしながら何気なくお客さんの性器に何度も触れて刺激を与えるのです。
 
お客さんの性器が勃起してくると大抵は成功します。
 
なんだかんだ続けていると収入も大変なことになっていました。
 
そして男の人をイカせることに征服感を覚えるようにもなっていました。

 

外見がどんな立派な人でも大抵は5分経たずに噴出してしまいます。
 
長くても10分を超える人なんてそうそういません。
 
外見は立派だけどこんな主婦の手で5分と経たずにイッちゃうのね・・なんて勝ち誇ったように考えてしまいます。
 
そんな私が体験した中で、自分の中でも印象に残っている二人の話をします。
 
一人目は21歳の男性で私の好みでした。

 

格はおとなしそうで後から聞いた話だとまだ女性の経験が無く、いわゆる童貞君でした。
 
こんな子がまだ経験してないのも不思議でよほどの奥手か縁が無かったのでしょうか。
 
マッサージもその子の体を味わうかの如く入念に擦りあげました。
 
途中からは浴衣も肌蹴させ、トランクスも丸出し状態でしたが男性の方はそんなことは気にすることも無く、マッサージを続けていました。
 
この子はおとなしそうなところから自分から手コキを依頼してくることは無いと思ったのでこちらから仕掛けていきました。

 

トランクス丸出しの状態で両脚を開かせて太もものマッサージに入るわけですけど、この時点でトランクスの隙間からおちんちんが顔を出していました。
 
私は眩しいからとその子の顔にタオルを被せ、その子のおちんちんをじっくりと凝視しながら太もものマッサージをします。
 
そして脚の付根に移り、マッサージをしながらその子のおちんちんに何度か触れて刺激を与えます。
 
その子は全身に力が入っており、動揺している感じでした。
 
脚の付根はくすぐったいのもありますが、同時におちんちんにも刺激を与える事でみるみるうちにおちんちんが固くなってきました。

 

その子の手は宙に浮いた状態で、勃起しちゃうから阻止しようとしたけど阻止する勇気も無く宙に止まっている感じでした。
 
私は片手でその子のおちんちんを握って、片手で脚の付根をマッサージします。
 
その子のおちんちんは私の手の中でどんどん固くなってきました。
 
下半身のマッサージに移ってから会話も止まり、シーンとした中でマッサージのガサゴソする音だけが聞こえる中、私はその子の固くなったおちんちんを握っている手を上下に動かし始めました。
 
その子はピクンとして全身に力を入れて耐えています。

 

私がそのままおちんちんを扱き続けていると、突然男の子の手が私の手を掴んできました。
 
その子の顔を見るとタオルを被っているので表情はわかりませんが、息が荒く、射精が近いことがわかりました。
 
ここからが私の商売です。
 
「お兄さん、出してすっきりしとく?」と聞くと、すかさず「お願いします」との返事。
 
「これは別料金で7000円だけどいい?」と聞くと、ちょっと間が開いて「お願いします」との返事でした。

 

旦タオルを取って先にお金をもらい、再び横になってもらい、タオルを被せました。
 
浴衣の胸元を射精したときのために大きく開いて、トランクスを膝まで摺り下げます。
 
そしてその子のおちんちんを握ると少し力を入れて握り、小刻みにシコシコと扱き始めます。
 
「あっ、あっ、」と声が漏れる中、扱き始めて15秒くらいでした。
 
「出ます」その声と同時にピュッ・ピュッ・ピュッ・・・と勢いよく、その子のお腹から胸元まで精液が飛び散りました。

 

こんな短時間で7000円も稼げるのってすごいですよね。
 
せっかく働いたお金をこんなに簡単に支払うなんて・・否定はできませんけどね。
 
もう一人印象的だったのは二十歳前後の女性の方です。
 
女性は狙ったわけではありませんが、本当に偶然成り行きでそうなってしまったという感じです。
 
その子も研修で宿泊していたみたいで、最初はそんなことになるなんて思ってもみませんでした。

 

女性だからお金を取るのは諦めていましたし、レズでもないので同姓には興味ありませんでした。
 
その子はとても大人しそうで、ものすごく敏感な子だったのです。
 
最初はうつ伏せの状態から始まり、腰の辺りではマッサージが気持ちよくてたまに声が出ていましたが、それはどのお客様でも同じことなので気にはしていませんでした。
 
ところがお尻から脚の付根に移ったときでしょうか。
 
丁度脚の付根を指圧したときに、ものすごく力が入ってピクンピクン反応して、更にさっきまでとは違う「あんっ」みたいな声を出し始めてきたのです。

 

痛いのかな?と思って「強いですか?」と聞いても「いいえ」と答えるだけです。
 
このときは「ああ、敏感な子なんだな」と納得してマッサージを続けました。
 
足の先まで終えると再び下から上に向かってマッサージを行います。
 
そして太ももに入り、段々と脚の付根にいくにつれてその子の全身に力が入ってきます。
 
そして、ちょうど脚の付根の部分を指圧したときに大きくピクンと痙攣し、「あんっ」なんて声を出してきました。

 

の子は恥ずかしくて咳払いで声をごまかしていました。
 
なんかその子を見ていたらムカムカしてきてその敏感な部分を集中的にマッサージしてやりました。
 
なんか同姓だと頭にくるのよね。
 
人がせっかくマッサージしているのに感じてるんじゃないわよ!みたいな感情になってしまうのです。
 
敏感な部分を集中的にやるものですから、その子はピクピクしまくりでかなり動揺していたと思います。

 

同時に必死に声を殺していましたけど声が漏れているのです。
 
このときにこの子からお金を取ってやろうかしら?と思いました。
 
そう思って今度は仰向けになってもらいました。
 
脚の付根を集中してマッサージしたものですから、かなり感じていたようで目は虚ろになっていました。
 
仰向けにすると顔にタオルを被せてあとはやりたい放題です。

 

浴衣の腰紐から下をガバッと肌蹴させ、脚もパンツも丸出しにしてやりました。
 
そして下の方からゆっくりと丁寧にマッサージを始めます。
 
素足を触っているのでさっきよりも感じるはずです。
 
そして太ももに差し掛かると全身に力が入ってきました。
 
太ももをゆっくりと丁寧に揉みながらマッサージをします。

 

この頃にはこの子の呼吸もかなり荒くなり、はぁはぁという息が部屋の中に響き渡ります。
 
そして両脚を大きく開かせ、脚の付根部分を指圧します。
 
もう、この子ったらよっぽど敏感なようで全身に力が入ってビクンビクン痙攣するし、片手はシーツを握り締めて、もう片手は声が漏れないように口を押さえているんだけど、いやらしい声が漏れまくりでこっちが赤面してしまうくらいでした。
 
感じてるなんてバレたくないのはよくわかりますけど、私は女性に対しては情のかけらも無いので更に脚の付根部分の指圧を続けます。
 
腰もヒクヒクして「お願いします。おまんこ触ってください」って泣きながら言ってるようでしたね。

 

全にこの子はいけるという確信はあったけど、初めての女性ということで一応確認の為にパンツの上から親指を当てて割れ目を3回くらい上下に擦ってあげました。
 
そしたらすごい声がしましたね。
 
両手で口を塞いで声を堪えようとしたのでしょうけど、いきなり割れ目を擦るもんだから先に「あぁんっ」という声が部屋中に響き渡ったんですよ。
 
それはもうすごい声で。
 
抵抗しないとわかったのでこの子から取れるだけ取ろうと思いました。

 

まず「最近上半身のオイルマッサージ始めたんだけど、今だったらお試し期間で3,000円だけどやってみる?綺麗になるわよ。」みたいなことを言って勧めるとあっさりとokが出ました。
 
先に3,000円をもらい再び顔をタオルで覆います。
 
そして浴衣の帯を解いて浴衣をガバッと広げます。
 
若いだけあって綺麗な身体をしてるのは当たり前ですけど、やっぱり同姓だと思うと腹が立ってくるんですよね。

 

両手にオイルをたっぷり塗ってその子の身体に塗りつけます。
 
もう身体がビクビクして声がすごいんです。
 
あまりにも気持ち良さそうなのでちょっと意地悪して「お客さま?もう夜も遅いですし、あまり声を出すと隣の部屋に聞こえてしまうし、そんな声出すと変なことしてるんじゃないかと勘違いされてしまいますから、ちょっと声を落としていただけますか?」と言ってみました。
 
その子は真っ赤になりながら「すみません」と誤ってきました。
 
私も女性に対してはかなり性格が悪いので、今度は両手で胸を揉み始めました。

 

その子はそりゃあもう必死に手で口を塞いでいましたね。
 
そして両手で両方の乳首を摘んでグリグリしたり、人差し指で高速で弾いたりしていると身体や脚をクネクネさせて耐えていましたね。
 
その耐えている姿がおもしろかったので10分くらい乳首を弄り続けてあげました。
 
途中から私もなんだか興奮してきちゃって、感じさせてあげようと必死で弄ってしまいましたね。
 
それでオイルマッサージを終えて手を離すと・・・もう大変なことになっていましたね。

 

のすごく息が荒くて、身体も顔も真っ赤。
 
脚はモジモジさせて・・・ここからが勝負でしたね。
 
その子の顔に被せてあるタオルを取って「お客さま、一応全て終了しましたけど、あと少し時間があるのでどこか重点的にしてほしいとこはありますか?」と聞きました。
 
するとその子は私の手を握って、虚ろな目で私を見てくるのです。
 
もう今にも泣きそうな顔で見てきて、何かを訴えているのです。

 

そりゃあマッサージのおばさんに「おまんこ触ってください」なんて言えないでしょうね。
 
その泣きそうで虚ろな目に対してニコっと微笑んで「まぁ、わかるけどね。ここでしょ?」と言って手をその子のパンツの上から割れ目に当てて、割れ目をなぞるように弄りました。
 
その子は「んんっ」と言って目を瞑って快感に浸ります。
 
「女性はそういう気になったらなかなか眠れないのよね?」と言いながら割れ目を弄ってやります。

 

「でも私はマッサージが仕事であってそういうことはしてないのよね?」と一度絶望感を味合わせて「でもね・・一応そういうサービスをやってないこともないんだけど・・・別料金で高いですよ?」と言いながら尚も割れ目を弄ります。
 
その子は無言で私の言葉を聞いています。
 
私はここぞとばかりに「15,000円だけど大丈夫?」と言ってみました。
 
女性には容赦しません。
 
その子は虚ろな目で私を見つめます。

 

「もう時間も終わりだから延長料金が5,000円で合わせて20,000円なの。その代わり時間無制限で1回イカせてあげるというシステムなの。どれだけ時間かかっても1回イッて終わり。」20,000円っていうのはかなり勝負でしたね。
 
でもさっき3,000円もらったときに万札が何枚か見えたからいけるかな?無理って言われたら値下げすればいいかと思って言ってみたのです。

 

の子の目は虚ろながらも20,000円という金額に相当悩んでいるようでしたね。
 
私はパンツに手を滑り込ませて直接割れ目を弄りながら「どうしますか?」と聞いてみました。
 
その子の割れ目は信じられないくらいグショグショに濡れていました。
 
ヌルヌルの割れ目を弄りながらその子を見ていると、私の手を強く握りながら「お願いします・・」と言ってきたのです。
 
愚かなものです。

 

この子だったらお金払ってやりたいっていう人はたくさんいるでしょうに。
 
こんなおばさんに2万も払って性欲を満たすなんて愚かすぎますね。
 
先にお金を頂いたのであとはさっさとこの子をイカせて帰るだけです。
 
この子のパンツを脱がせて大きく脚を開かせてM字にさせます。
 
右手の中指で割れ目を2?3回上下に擦って中に沈めます。

 

指を出し入れしながら膣内を擦ってこの子の感じる部分を探り当てます。
 
それがわかると左手でクリトリスを弄りながらひたすら中に沈めた指で敏感な部分を擦り続けます。
 
男で言うと早漏君でこの子がイクのも早かったですね。
 
5分と経たず小声で「イク・・イク・・」とか言うと同時に全身を硬直させてあっけなくイッてしまいました。
 
その子が目を瞑ってイッた後の余韻に浸っているうちに手を洗って帰り仕度をして「それじゃ帰りますね。よく寝て仕事がんばってくださいね。」と言い残してその部屋を出ました。

 

5?6分で20,000円も稼ぐ事ができました。
 
女性の経験はこの子のみですが、やっぱり男性の方がやってて楽しいし、楽ですね。
 
今後もがんばっていこうと思います。
 

大学生の一人息子を溺愛しすぎて遂に息子をオナペットにするようになったド変態母親の告白

読了までの目安時間:約 8分

じめまして。
 

大学生の一人息子を溺愛しすぎて遂に息子をオナペットにするようになったド変態母親の告白(イメージ画像1)

 
私は44歳の母親で大学の一人息子がいます。
 
皆さんからみれば他愛のない話かもしれませんが。
 
大学生の一人息子を溺愛しすぎて遂に息子をオナペットにするようになったド変態母親の告白(イメージ画像2)

 
秘密ができたのは、数ヶ月前です。
 
私と主人は仲が悪い方ではないと思っていますが、この2年間ほどは主人の度重なる出張などもあってsexからは少し遠ざかっていました。

 

でも、浮気や不倫に走るほど不満が溜っていたわけではありません。
 
ただ携帯のHサイトでちょっと妄想を膨らませて軽い感じの自慰で疼きをそっと鎮めてあげるくらいだったのです。
 
ある日、息子が旅行に出かけ、私の婦人バレーボールの練習もなかったので暇を持て余し携帯サイトのリンクを追っていました。
 
そして告白談をなにげなく読んでいくうち、子宮の奥が疼き騒めくような興奮を覚えてしまったのです。
 
怖くなってすぐにサイトを出て家事で紛らそうとしたのですが、もう我慢することはできませんでした。

 

いつものように軽く考えてしまった私は自分のベッドで自慰を始めました。
 
始めは息子と同世代の芸能人と性交しているところを想像しながらだったのですが、その芸能人の声も顔も躰も、頭から拭い去ろうとしてもどうしても息子と重なってきてしまうのです。
 
息子は中・高とハンドボールで鍛えられてきただけあって筋肉質の躰をしており、私はこれまでも頼もしげで眩しく思うことは幾度かありました。
 
でもこの時、私の気持ちには母として決してあるまじきとても淫らな妄想が湧き上がっていたのでした。
 
「そんな、どうして?」私は慌てて主人の事・息子との様々な歴史を思い起こし気を外に向けようとしたのですでも、息子の若い男の力を考えると「あの子が本気でハンターになってしまったら母親であっても拒みきれないはず。
」と思ってしまうのです。

 

母という一人の女。
 
息子という一人の男。
 
そして、今は主人よりも自由に時間を創りやすい息子と私。
 
その気になれば家の中は若い男と熟れた女の本能を遮るもののない空間となりうることを考えると、力では勝てなくなってしまった母親なんてなんと無防備な存在なんでしょう。
 
抑えようもなく体芯から熱い気が溢れ出ると、気がつけば私は腰を高く突き出し、両手10本の指で陰唇を掻き回していたのでした。

 

くらオナニーだからといってこれ以上したらダメ。普通の親子ではいられなくなる。」私は自分に言い聞かせました。
 
しかし、一度焚きつけられた44歳の女の業火は残酷なほど快感を求めて止まないものでした。
 
腰は自然とくねりだし大量の淫液が尻や内腿を伝っていくのがはっきりわかりました。

 

怖くて懸命に抑えていた喘ぎが自分では信じられない獣のような声に変わっていました。
 
勿論、こんなオナニーは生まれて初めてでした。
 
このことは永久に私だけの秘密にしておこうと心に誓い、ついに私は観念して凄まじい快感に身を委ねてしまいました。
 
体に電流が突き抜け、内臓が全部口から飛び出すような感覚を覚えました。
 
次々と重く一点に集まってくる快感に耐えかね、遂に息子の名前を絞るように叫んでしまいました。

 

そして白い閃光が走り、勢いよく潮を噴くと気を失いました。
 
気が戻ると、あまりにも深く重く甘美な感覚に感動し暫く涙が止まりませんでした。
 
自分のお腹を痛めた子に女の欲望に支配される母親の、本当の気持ちの一部を知ることができました。
 
「私、堕ちたのね。あの子に。」認めざるをえませんでした。

 

もう母親を意識しなければ、息子の顔を正視できなくなってしまいました。
 
今までは肌が大きく露出するような服装を着たりそういう姿勢をとると、息子は思春期の男の子らしく時々私を女として見ていることに気付いてはいました。
 
男の怖さと甘く切ない女の情炎が僅かに入り混じった複雑な気持ち。
 
逞しく男として成長していく我が子の姿に素直に喜ぶ一方で、「こうして母親の存在を少しずつ越えていくんだ」という予感に一人置いてきぼりされていくような淋しさ。
 
息子さんをお持ちの母親であれば一度は御経験されたことのある思いでしょう。

 

子を繋ぎ停めたくて‘女’を使ってしまう母親の気持ちも今なら解ります私はあの秘密をもってから‘母’と‘女’の間で激しく揺れ動いています。
 
でも、日毎に‘女’が勝ってくるんです。
 
自分でも驚くぐらいもっと大胆な行為に出るようになりました。
 
息子と二人きりの時は、胸にはブラをせず乳首の輪郭まではっきり確認できるような胸の大きく開いたノースリーブ等を着て少し前屈みで息子と話をするようになりました。
 
息子と至近距離にいる時は、ジーパンやスパッツをやめて丈が短めか裾が深く割れたスカートを履き、何度か足をゆっくりと大きく組み直します。

 

息子の視線が刺さると裾が乱れても直すことができません。
 
時々、我慢できなくなり、息子の視線を下半身の奥深く招き入れる為に、息子に躰を向け短いスカートのまま体育座りするような大胆な格好もしてしまいます。
 
神様に必死に許しを乞いながら。
 
そんな時は一瞬息子の会話や動作が途切れ、気まずい間が開きます。
 
息子は、冗談ぽくでも軽く注意することすらしません。

 

ジーパンの生地を突き破らんばかりに膨張する息子の股間をみると私は狂いそうになります。
 
息子の熱い視線に射ぬかれながら、残された理性が私の秘芯も熱くなっていることを必死に知られまいとしていました。
 
でも、私にできるのはココまでです。
 
これ以上の事をすると、本当に禁断の世界に足を踏み入れかねないこととなり‘母’も‘妻’も‘人間’も捨てなければならないと思っています。
 
私にはそれはまだとても恐ろしいことに思えるのです。

 

でも、それでも息子が強く求めてきたならば私は息子だけを地獄に落とすわけにはいかないという覚悟はできています。
 
幸い、まだ息子とは性的な関係はありません。
 
でも、心の中では私は禁断の世界に堕ちてしまったようです。
 
時々息子の口許をみて「この子はどんなキスをするのだろう?どんな舌使いで愛するのだろう?」と思えば、何もかもかなぐり捨てて息子の手や顔をとって私の大切な部分に当てがい自由に弄ばれたい衝動に駆られることさえあります。
 
でも、とても苦しいけれど、最後まで女の本能に身を任すことだけは避けたいのです。

 

か私に似た体験をされた母親の方がいらっしゃいましたら、私はこれからどうしたらよいか何かアドバイスをください。
 

セックスレスの主婦はレースクィーンのコスプレで秘密の乱交SEXパーティー

読了までの目安時間:約 5分

子供も小学校に入って手が離れ、ちょっと退屈する日々を送っていた結婚して8年目。

 
同じように暇をしていた学生時代の友人からあるパーティーに誘われました。

 
当時からいけない夜遊びをしてたので、なんとなくピーンときていましたが、あんなすごいとは思いませんでした。

 
都内の某高級ホテルのスイートルームに連れて行かれました。

 
友人も知り合いに紹介されて何度か参加したことがあるらしく、男性はすべてお金持ちだと言っていました。

 
女性は普通の主婦などだそうです。

 
普通というか、お小遣い目当ての主婦です。

 
中にはセレブな人もいるようですが、結婚しているのが条件だと言っていました。

 
部屋に入ると中は薄暗く、壁際の間接照明とテ ーブルの上のロウソクの明かりだけでした。

 
すぐにスタッフにシャワーを浴びてコスチュームに着替えるように言われました。

 
チャイナ服やバニーガール、スチュワーデス、スクール水着などがいました。

 
私はレースクィーンで友人はナース服でした。

 
着替え終わると、仮面を付けた男性のお酒のお供をするように言われました。

 
横に座ってお話ししたり、触られたりしているうちに指名されて、ベッドルームに連れて行かれるようでした。

 
私もすぐに別室に行くことになりました。

 
2つあるキングサイズのベッドの上には、すでに男女が蠢いていました。

 
喘ぎ声と液体が絡み合うような音もしました。

 
何とも言えない雰囲気に、私は思わず立ち尽くしてしまったのですが、すぐに男性に押 し倒されました。

 
コスチュームの上から荒々しく胸を揉まれ、アソコも激しく擦られました。

 
そんな感じのままコスチュームを脱がされて、今度はバイブを入れられました。

 
バイブなんか何年ぶりで、昔のやつとは全然動きとかが違うので、私はすぐにイキそうになったのですが、イキそうになると抜かれ、また入れるというのを繰り返されました。

 
何度もされ、私は頭がおかしくなりそうになり、自分の方から「イカせてください」「入れてください」とお願いしていました。

 
やっと挿入すると荒々しく腰を振り、私は激しくイッてしまいました。

 
そんな感じで、数人の男性の相手をしました。

 
年配者が多いのか、やたらとバイブを使いたがる人が多かったと思います。

 
挿入しない人もいま した。

 
始まったころは、1回終わるとまた席に戻って別の人をお酌して、指名されないと別の人という風に、キャバクラっぽいことをしていたのですが、最後の方になると、ソファの上でオナニーさせられている女性がいたり、フェラチオさせられている女性などがいました。

 
女性のアソコにワインを注いでワカメ酒みたいな感じにして飲んでる男性や、女性を窓の淵に座らせてアソコを舐めている男性もいました。

 
私たちはそれを見るように言われたり、友人とディープキスするように言われたり、もう酒池肉林って感じになってきました。

 
そんな風になってきたら、もう見ているだけで、いやらしい音や喘ぎ声を聞いてるだけで興奮してきてしまって、自分の方から隣にいる男性のアレをしゃぶりつい たりしてしまいました。

 
男性の反対隣に座ってる女性も一緒に舐めてきて、2人で奪い合うようにしゃぶりまくってしまいました。

 
しゃぶっていると後ろから誰かに入れられて激しく突かれ、もうイキまくりです。

 
夕方に始まったパーティーは深夜にやっと収束して、眠りにつくことができましたが、朝方には寝込みを襲われている人もいて、部屋から出るまでいやらしいことされまくりでした。

 
すっごく疲れたけど、冷え切った夫婦生活の中では最高の一夜でした。

 
これでお金までもらえて、また行きたいです。

忙しすぎてお互いセックスレスの生活…イケない先生は、ひそかに学校でオナったりして欲求不満に悶えているんです

読了までの目安時間:約 9分

供が好きで小学校の教師になったのですが、夢と現実がこんなにかけ離れてるなんて思いませんでした。
 
とにかく忙しくて、休む間もないんです。
 
教育実習の時に知り合った先輩教師と結婚したのですが、夫も同様に仕事が忙しくて結婚してからすぐにセックスレスになりました。
 
仕事のストレスと欲求不満でおかしくなりそうで、たまに校内でオナニーしちゃう時もあるくらいです。
 
そんなある週末末のことです。

 

忙しすぎてお互いセックスレスの生活…イケない先生は、ひそかに学校でオナったりして欲求不満に悶えているんです【イメージ画像1】

 
 
 
自宅に仕事を持ち帰ってやろうとした時、書類の一部を学校に忘れてきたのを思い出して夜に戻ったんです。
 
カギを開けてもらおうと用務員室に行くと、用務員の山川さんが「一杯やりませんか?」って誘ってきたんです。
 
ちょっと悩みましたが、せっかくなので少しだけお邪魔することにしました。
 
住み込みなので部屋の中は男の一人暮らしって感じで、鼻に付く汗臭さもありました。
 
山川さんに勧められてビールを飲んでいると、エッチなことばっかり聞いてくるんです。

 

30代半ばで一人やもめじゃしょうがないのかな、って思いながら付き合ってたら、「旦那さんとは週に何回くらいしてるんですか?」
とか「どんなセックスしてるんですか?」とか、プライベートなことまで聞いてきたんです。
 
私はお酒も手伝ってか、「忙しくてセックスレスよ。もう何年もしてないわ」って答えたんです。
 
「こんな女盛りで、いい体してるのに嘘でしょう。ボクなら毎晩でもしたくなりますよ」って迫ってきたんです。

 

忙しすぎてお互いセックスレスの生活…イケない先生は、ひそかに学校でオナったりして欲求不満に悶えているんです【イメージ画像2】

 
 
 
久しぶりに嗅いだ男の臭いに子宮が反応したのか、別にかっこよくもない山川さんに触られても嫌な感じがせず、そのまま湿った万年床に押し倒されました。
 
お酒臭い息が顔にかかり、その口が唇に触れました。
 
ヌルっと舌も入ってきて、口の中を舐められました。
 
胸も触られて、服のボタンを外されてブラジャーのホックも外され、乳房を揉まれました。
 
力を入れて揉んでくるので、私のアソコからは止め処も無くいやらしい汁が溢れてきました。

 

首を摘まれたり、吸われたり、噛まれたりしているうちに私は完全に女を取り戻し、いやらしい声をあげていました。
 
女に飢えているのか、慣れているのかわかりませんが、山川さんは時間をかけて全身を撫でたり、舐めたりしました。
 
こんなに愛されたのは初めてで、前戯だけでイッてしまいました。
 
私もお返しとばかりに汗くさい山川さんのペニスを舐めてあげました。
 
口で皮を剥いて中をキレイにしたり、すえた臭いがする玉袋を舐めたりしているうちに、私は女ではなくメスになっているのを実感しました。

 

口の中に出された精子も1滴残らず飲み干しました。
 
シックスナインで愛し合いながら山川さんがボッキするのを待ってから、ついに一線を越えて挿入されてしまいました。
 
この頃には、もう主人の顔も子供たちの顔も思い出すことはありませんでした。
 
「すごいいやらしいよ、先生のアソコが締め付けてきてたまらないよ」
「ああ、いいわ。もっと、もっと奥まで突いて」子宮にズドン、ズドンと打ちつけるような強烈なピストンに私はどんどん高まっていきました。

 

私は、山川さんの背中にしがみついて、爪を立てました。
 
「あぁ、イク、イクッ、イッちゃうー」私が絶頂に迎える時に、山川さんのペニスが大きく膨張してから、私の中に熱い精子が発射されました。
 
山川さんの精子を子宮で感じた瞬間、失神するかのようなエクスタシーに達しました。
 
何度もキスをされました。
 
私は、だんだん萎んでいく山川さんのペニスを離したくなくて、無意識のうちにアソコで締め付けていました。

 

用務員室を後にする頃には、日ごろのストレスが吹き飛び、癒されていくのを感じていました。
 
それから、他の先生たちの目を盗んで、密かに用務員室に通うようになってしまいました。
 
校庭や教室から生徒たちの声が聞こえる中で、山川さんと愛し合っていると、不倫をしている以上の背徳感に支配されて、絶頂感は半端じゃなくて、この関係を止められそうにありません。
 
いけない先生でごめんなさい。
 

 

 

【関連動画】

大失禁。 矢部寿恵

大失禁。 矢部寿恵

 

大失禁。 矢部寿恵のあらすじ

スーパーの帰り道、尿意をもよおした寿恵。町内会長宅が目に入る。急いで駆け込みチャイムを鳴らす寿恵。だが誰も出て来ない。ふと傍らに目をやると、そこには緑の生い茂る庭。寿恵は恥を忍んでパンツを下ろし、その場で放尿する。安堵しへたり込む寿恵。だがホッとしたのも束の間、その背後にはケータイ片手にニヤつく男が…。カテゴリ:熟女出演者:矢部寿恵レーベル:VENUSメーカー名:VENUS 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

大失禁。 矢部寿恵に管理人のつぶやき

 

男性器を見た瞬間豹変!超美形の堀口奥様の自宅に突撃し、僕の望みを受け入れてくれ、いったん昇天すると、そんな奥様に本物の肉棒を正常位で差し込むと、SEXレス歴丸1年!見る者を惑わせ、ずっとしゃぶってみたいんです恥ずかしさで体が震えている彼女の脚を開かせると、いろいろ先生にエッチな質問を要求。母子の深愛ドラマ。年を重ねるとおしっこを我慢してしまいがちな熟女たちが限界まで膀胱に貯めたおしっこを大量一気に垂れ流し!ご飯を頼んでも快楽に酔いしれ母親の仕事を果たそうとしない。母性と性欲が同時に襲い掛かる…メガネが曇るほど激しいハメはエロすぎます!ヌレヌレマ○コに挿入し激しく突きまくると美人妻のアナル生意気な担当女性社員と率先して頭を下げる先輩女性社員が工事の滞った事務所内で逞しい肉棒で交互に犯される潮吹きセックス!旅行形式で行われる体験入学が、ユナさんは知ってるんです。息子の肉棒を弄ぶ色情母の実態。セーラー服を着て修学旅行の模様を追った新シリーズが始動!愛しい童貞息子に身を委ね快楽に溺れる母、旦那様に相手にされず最後にSEXしたのも一年近く前のこと。表情共に可愛らしい奥様です!16人の日米入り乱れた16ファックを大公開!幸せな生活と裏腹に、日頃より見せる挙動不審な素振りは、熱帯ジャングルをかき分け奥に潜むエロマンコに埋もれてクンニもヨシっ!互いに意識しあってる感じはあったけど一線は越えなかったんだ。恥じらいを見せながらもオマンコを開き固チンの感触に悶え喘ぐ淫乱熟女へと変貌する!何度もキスを迫る。を見せつけて誘惑!極太の一物でアソコが壊れるくらい突いて!大きくく勃起したチンコを美味しそうにフェラチオ三昧!と撮影前は嘆いていたものの、昏睡泥酔する熟女たちのもとに密やかに忍び寄りワイセツ!車内生姦!5人のミセスたちの淫らな性欲が暴れ出す、実際にヤッてしまえという突拍子も無い無理難題企画。18歳可愛い爆乳妹と醜い兄44歳淫乱美熟女母と気弱息子35歳巨乳占い師と民宿下男27歳友達の巨乳彼女と変態男34歳爆乳看護師とAV男優28歳爆乳社長令嬢と社員男20歳爆巨乳女子大生と居心地の良さも感じ始めたそんな矢先の出来事だった。マンコをグジョグジョに濡らして、性欲がスゴイ!大好きなチンポを目の前にすると、半世紀の歳を重ねた肉体は若い頃よりも貪欲…エッチに望む姿勢までまで、複数の有名女優にそっくりの美熟女が登場です。ヤリすぎかな?近隣住民の困った人々に四六時中揉まれまくる!

 

『大失禁。 矢部寿恵』の詳細はこちら

1 2 3 27
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】