告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

昇天という感覚も知らなかった私…とあるセックスをきっかけに感じまくりなオンナに生まれ変わることができたのです

読了までの目安時間:約 4分

24歳のさおりです。
 

昇天という感覚も知らなかった私…とあるセックスをきっかけに感じまくりなオンナに生まれ変わることができたのです(イメージ画像1)

 
結婚2年目です。
 
夫と2年付き合い結婚しましたが、今だに逝くことを知りませんでした。
 
昇天という感覚も知らなかった私…とあるセックスをきっかけに感じまくりなオンナに生まれ変わることができたのです(イメージ画像2)

 
友達の話し聞いたりして羨ましいでした。
 
逝くってどんな感じ????夫に内緒で、出会い系サイトでセレフを探しました。

 

メールでも話して逝くことを教えて欲しいと。
 
初めての不倫。
 
駅で待ってる間もドキドキでした。
 
会ってから歩きながら話してたら、路地に入り、ローターを出してきて、「これ入れてみて」
「え!ここで!」驚きましたが、逝くことを教えてもらわなくてと思い入れました。
 
なんだか変な気分であそこが疼いてポカポカ火照ってきました。

 

30分ほどスイッチ入れられたり切られたりしてそのままホテルに入って、直ぐパンティーだけ脱いで見たらお漏らししてるみたいでした。
 
男は私の足を広げ舐めてきながら、じろじろ私を見るのです。
 
恥ずかしかった・・・今度は指を入れてきて、どこが一番感じるか試すように触ってきて私が「あ!あ!」って声が出るところを集中してきました。
 
触られながらワインを飲み、酔いもあったせい??体が熱くなりピチャピチャと男が吸うチュバって音が部屋に響き始めて気持ちよくなってきました。
 
「じゃ~俺のモノも気持ち良くしてもらおう」と言い、顔の前に出してきてびっくり!!こんな物が入ってきたら私どうなるの??それを想像しただけで、もうあそこは先ほどより、びしょ濡れになってきたのです。

 

69でお互いのモノを舐め合い私は、「もっと舐めていじめて」って言ってました。
 
「いやぁぁあぁ~~ん」こんなに感じてしまうなんて自分でも驚きでした。
 
私から「お願いきてぇ~~」って言っちゃい、挿入されました。
 
今まで私の一番感じるところをイジられたせいであそこの隅々まで敏感になっていました。
 
頭が白くなりつつあり、こんな感覚は初めてだった。

 

に挿入してるところ見ろ!と言われ、「え~これが私の?こんなに~!」さらに奥深く突かれて、「ああ~~ん、壊れちゃう~~~」
「もっと腰を振れ~~」って言われ、あそこが自分の意思とは関係なく痙攣し始めてきて、でも気を失ってはと我慢し、今、この快感を噛み締めなくてはと思ってました。
 
しかしおかしくなり、体が浮かび上がる感覚になり、男はさらに激しく突き上げてきました。
 
「いいいいいぃぃ~~いっちゃう~~~いく~いく~~」って叫っじゃって、「キテ~~」っと言うのと同時に中に出されて逝かされました。
 
初めての感覚で気持ちよかった。
 
一度快感を覚えたので、その後2回してもらいました。

 

一度コツを覚えた私は夫としてみましたが、やっぱりだめでした。
 
それからはセレフを探し1回こっきりの男と3人体験させてもらいました。
 

大切に思っていた子の旦那との火遊び、酔っぱらっていたのと性欲がたまっていたからしょうがないよね

読了までの目安時間:約 5分

が単身赴任している時のことです。
 

大切に思っていた子の旦那との火遊び、酔っぱらっていたのと性欲がたまっていたからしょうがないよね(イメージ画像1)

 
自分でも欲求不満になっているのには気がついていました。
 
どうする事もできなくて、いつも遊びに行ったり、たまに泊まったりもしている親友の旦那と酔った勢いでセックスしてしまいました。
 
大切に思っていた子の旦那との火遊び、酔っぱらっていたのと性欲がたまっていたからしょうがないよね(イメージ画像2)

 
その日もいつもの様に親友の家に子供を連れて泊まりに行きました。
 
夜、3人でビールを飲みました。

 

親友は眠いからと言って、先に寝てしまいました。
 
私は旦那さんと2人で暫く飲んでました。
 
前々から機会があったら写真撮らせて欲しいと言われてたのを思い出しこの際だから撮ってもらいました。
 
ただ普通にしているだけでしたが、おだてられ私も調子に乗りポーズなども決め、結構楽しい時間でもありました。
 
下着姿も撮りたいと言い出し、どうしようか迷いました。

 

部屋を暗くしてくれるなら下着姿になると返事しました。
 
暗闇の中、いろんなポーズで撮られましたが真っ暗で彼の姿は見えませんでした。
 
少しだけ明るくすると言われ、その時始めて旦那さんが裸でいるのに気がつきました。
 
何で裸なのと思いながら目のやり場にも困っていました。
 
写真を撮りながら少しずつ私に近づくと抱きしめられてしまいました。

 

唇を奪われるとスーッと体の力が抜ける感じで旦那さんに身を任せる私でした。
 
その場に押し倒され乳房を揉まれました。
 
親友はあまり胸が大きい女性ではありませんが、私はFカップの巨乳です。
 
旦那さんは興奮してるのか荒い息遣いを感じました。
 
いつまでも、ブラの上から、乳房を揉み続けるのです。

 

う、なるようにしかならないと思いましたし少なからず私もこうなる事を期待してました。
 
自ら、ブラをずらしにかかりました。
 
乳首があらわにうなると、旦那さんは子供のように、吸いついてきました。
 
ああぁぁ、この快感・・・久しぶりです。
 
私は巨乳だから、今まで付き合ってきた男性には、必ず乳房に攻撃を受けてきたのです。

 

そのせいか、かなり性感が高くなっているようなのです。
 
下半身も熱くなってきたのですが、旦那さんは乳房に夢中なのです。
 
「ねえ・・・下も・・・お願い・・・」小さな声でおねだりしました。
 
旦那さんはパンティをはぎ取ると、舌をフル回転させるクンニングスをしてくれたのです。
 
前に親友とエッチトークで盛り上がったときに、旦那さんはクンニが上手だと言っていたのを思い出しました。

 

本当に上手でした。
 
舌が軟体動物のように、這いまわるのです。
 
私、いっぱい、濡らしちゃったみたいです。
 
そして、もう、我慢できなくなったのです。
 
「入れて・・・早く・・・ちょうだい・・・」旦那さんは、硬くなった肉棒をぐいっと入れてくれました。

 

久し振りのセックスに喜びを感じてました。
 
気持ち良すぎて、合体中、ずっと旦那さんにしがみ付いていました。
 
旦那さんも張り切って、すごく力強く腰を振ったのです。
 
そして、そのまま、中出しされちゃったのです。
 
熱い液体が、体内を突き抜けた感覚を覚えました。

 

の夜のことは、親友にはばれていません。
 
妊娠が心配でしたが生理が来た時はホッとしました。
 
時間にすればものの数分だったと思いますが凄い快楽でした。
 
今も変わりなく遊びに行ったり泊まったりしてますが、あの日以来、旦那さんとはセックスしてません。
 
けれどもまたして欲しいと思ってもいます。

 

親友にばれなければ、いいですよね?
 

とにかくセックスに飢えている私、旦那もそこそこに終わらせちゃうからコミュニティサイトを利用し始めちゃった

読了までの目安時間:約 4分

近になってエッチに凄く目覚めたというか・・・。
 

とにかくセックスに飢えている私、旦那もそこそこに終わらせちゃうからコミュニティサイトを利用し始めちゃった(イメージ画像1)

 
とにかくエッチがしたいんです・・・。
 
出会い系サイトで知り合った人たちとエッチを重ねてます。
 
とにかくセックスに飢えている私、旦那もそこそこに終わらせちゃうからコミュニティサイトを利用し始めちゃった(イメージ画像2)

 
あ、私は27歳の人妻です。
 
旦那とのエッチもとても燃えるのですが、旦那のエッチだけでは物足りないんです。

 

だから、バレたら離婚って分かってても出会い系を使っちゃうの。
 
今日のお昼も旦那が仕事でいなかったので、前からメール交換してた勉と会う事にしました。
 
勉とは2度目のエッチです。
 
年は45歳。
 
でも、30歳の旦那より凄く元気で立派なおちんちんなんです。

 

近所の人にはばれないように、遠くの駅まで行って車で迎えにきてもらいました。
 
車に乗り込むと勉は左手で手を握り、手にキスをしてきます。
 
行く先はもちろんラブホ。
 
ラブホに入ると勉はすぐに求めてきたんです。
 
シャワーも浴びずに抱きしめられ、ディープキスをされ、たくみに服を脱がされて。

 

おっぱいを優しく激しく緩急自在に揉まれて、ブラもはずされます。
 
乳首を口でちゅっちゅっと吸って軽く歯を立ててくるんです。
 
それがとても気持ちよくて、抵抗なんてできないの。
 
私は、勉に完全に身をまかせきってしまいました。
 
勉が顔をおっぱいに埋めてくるのが、とてもいとおしくさえ感じます。

 

はすぐに声がでてしまうので、あ~ん・・って言ってしまいます。
 
勉の大きくなったおちんちんが下腹部に感じられます。
 
とても固いくて大きいの。
 
勉はくるっと体の向きを変え、私の目の前におちんちんをもってきて、69の体勢に。
 
勉におまんこを手と口を使っていじられまくります。

 

私は大きくなったおちんちんを口いっぱいにほおばります。
 
ああ、こんなに大きい、固いと思いながら、ちょろちょろと舐めたり、吸ったりしちゃいました。
 
でも、クンニがとても気持ちいいので、声が出てフェラも休憩気味になります。
 
勉はまた体制を戻し、クンニした口で私にディープキスをしてきます。
 
そのあと、くるっと反転させられ、お尻を高く持ち上げ、バックからの挿入です。

 

あ~~~ん・・・。
 
勉のおちんちんが膀胱にまで当たり、なんともいえない快感。
 
激しく突かれ私の声はどんどん大きくなります。
 
私は目の前が白くなっちゃいました。
 
これがイクってことでしょうか。

 

旦那では感じられない快感だったんです。
 
4時間のセックスの間に勉は3回射精しました。
 
もちろん避妊はしてもらってます。
 
こういうエッチだけの関係が私は好き。
 
やめなきゃって思うときもあるけど、やめるつもりはないの。

 

って、固くて大きいおチンチンにもっとハメられたいから。
 

上司と秘書という関係をきっかけに始まったこの不倫関係は終わりなどありません

読了までの目安時間:約 5分

33歳、元上司の彼は23歳年上の56歳。
 

上司と秘書という関係をきっかけに始まったこの不倫関係は終わりなどありません(イメージ画像1)

 
私たちは一年半前まで秘書と上司の関係でした。
 
わたしが彼のいる部署に転属してから彼が転勤になる半年間だけ、私は彼の秘書をしていました。
 
上司と秘書という関係をきっかけに始まったこの不倫関係は終わりなどありません(イメージ画像2)

 
その半年間、私は紳士的な笑顔の彼にずっと惹かれてた。
 
彼に抱かれる事を想像しながら夫とSEXすると燃えました。

 

初めての接近は、個別で企画した送別会の帰り。
 
タクシーの中で「応援してます。」と言って私から手を握った。
 
そして転勤から1ヶ月ほどして帰省した彼と飲みに行き、初めてのディープキス。
 
私は、こんなに年上でしかも元自分の上司となんて!!と自分でも驚いたが止められなかった。

 

それからというもの、彼が出張でこちらに来るたびにわたしは理由をつけて出て行き、逢った。
 
いつも決まったホテル。
 
部屋に入るとたん、彼は我慢できずに私を強く抱きしめ、ディープキス。
 
私をそのままベットに押し倒し片手は胸を、片手は足からスカートの中へ。
 
彼が服をめくって直接私の胸を揉みしだき、乳首を愛撫してくる。

 

もうその時点で私のアソコはビチョビチョ。
 
「ビチョビチョになってる。」と恥ずかしそうに私が言うと「ビチョビチョになってるとこにキスしてもいい?」と彼。
 
でも私は絶対にお風呂に入ってからでないと触らせない主義なので「後でね」とじらす。
 
直接あそこを触らせない代わりに、胸や首をキスしてもらう。

 

あぁぁん・・・」声が響き渡る。
 
「お風呂行こ♪」と彼を誘って、座った彼のアソコをソープをつけて丁寧に洗ってあげる。
 
彼は時々抱きしめては胸を吸ってる。
 
そしてまたベットに戻ると、彼は乳首からゆっくり口に含み、あそこを指で触ってくれる。
 
気持ちよくて声が止まらない。

 

彼の唇が胸から、お腹、太ももへと移り私のしげみの中に入って行く。
 
クリだけでなく、アソコ全体を吸ったり舐めたり、あんまり長い時間はしてくれないけど私は悲鳴のような声をあげていた。
 
今までフェラが基本的には好きではなかったけどかれのムスコはかわいくて仕方ない。
 
あまり大きくないといえばそうなんだろうけどこの口に含みやすい大きさが何ともいえない。
 
まずムスコをやさしく握って熱い吐息をかける。

 

次に先端の穴を舌でクチュクチュした後チューっと吸ってみる。
 
彼は「あーーー智美(私)気持ちいいよーー」と息まじりの声を出す。
 
カリを丁寧に舐めまわし、口に含んで上下に動かしながら口の中ではレロレロと舌でカリを刺激する。
 
と思えばチュパっとぬいて、今度は裏筋を攻める。
 
手も使ってゆっくりしごきながらこんな事を繰り返すと彼は本番前に果ててしまう。

 

次は私の番。
 
わたしはイク体勢があって、できるだけ足を伸ばしてでも時々開いては指を中に入れてもらう。
 
クチュクチュとクリを指でいじられながらディープキスされたり胸を吸われたりしてると「イク?っ」と言って果ててしまう。
 
本番はまずわたしが上。
 
ゆっくり挿入してからひざをついた姿勢で上下。

 

度はM字開脚状態で上下。
 
この体勢が何ともいえず気持ちいいらしい。
 
でもこっちは筋肉痛になりそうなくらいしんどいので今度はバックで。
 
彼はタマタマの部分が大きいのか、バックで挿入されパンパンしていると、タマタマが微妙なとこに当たってホントに気持ちいい。
 
わたしはさらに悲鳴のような声をあげる。

 

正上位に戻った彼に「イク時キスして」
と言うと「いい?イクよ、イクよ!!」と言ってディープキスをしながら、わたしのお腹の上に射精する。
 
わたしは彼の液を呑みたくてすぐに彼を仰向けにしてムスコを吸いまくる。
 
そして少し休んでから、今度は69から始まってまた本番。
 
彼は56歳にして2時間ほどの間に3回はイキます。
 
こんな関係がもうすぐ1年半になる。

 

この歳の差のお陰で、周り疑われることもなくやっています。
 

1人で悶々としていた事実が義兄にバレていました…馬鹿にされたらどうしようなんて思っていたらまさかの展開で…

読了までの目安時間:約 6分

那の兄は優しくて口も上手くイケメンでモテモテ。
 

1人で悶々としていた事実が義兄にバレていました…馬鹿にされたらどうしようなんて思っていたらまさかの展開で…(イメージ画像1)

 
でも意思が弱く?女好きのようで奥さんに浮気がバレて追い出され捨てられた。
 
現在旦那実家住みの私達と同居中。
 
1人で悶々としていた事実が義兄にバレていました…馬鹿にされたらどうしようなんて思っていたらまさかの展開で…(イメージ画像2)

 
離婚当初はかなり凹んでいたけど、しばらくすると「言い寄ってこられたらしょうがないよ~」っと開き直っていた。
 
そして離婚も吹っ切れたのか女遊びを再開。

 

今までうちは旦那も両親も昼間は働いていて普段は子供が幼稚園に言ってる間は私1人きりだった。
 
出戻りの義兄は不規則な仕事で昼間自由な事が多く、女友達を家にも連れ込んだりして相手の人と顔を合わすことも・・・それが同じ人ならいいんだけど、複数人いるからたち悪い(-_-;)義兄は最初に「みんなには内緒にしてね(^^)」と言われて旦那にも内緒にしてた。
 
後からここに来た弟嫁の立場では仕方ないなーっと思っていた。
 
でもね・・・連れ込むとやっぱするんだよね(^^;)最初の頃は気が付かなかったんだけど、ふっとした時に気が付いちゃった(-_-;)家も大きいわけじゃないし私達の部屋と義兄の部屋は2Fで隣あわせ・・・テレビや音楽がかけてあれば気が付かないけど静かだと聞こえてきちゃう。
 
私もいけないんだけど、聞こえてくると気になって聞いちゃうし・・・(^^;)やっぱエッチ声聞くとね~うちもレス気味だったし・・・疼いてきて・・・まぁそこでちょっと自分でって・・・(;^_^Aアセアセ・・・義兄達はもちろん激しい時や声も聞こえない時とかいろいろあって、週に2回くらいは女友達を連れ込んでいた。そんな感じが3ヶ月くらい続いてたのかな・・・ある時、家のチャイムが鳴ったので出ると義兄の女友達がきてた。義兄を呼ぶと家に迎え入れていた。私も何度か見たことある人。私は部屋に戻りテレビ、義兄達はリビングにしばらくいてそのうちに部屋に。義兄達は部屋に入るとすぐにエッチ開始。女の人の声がだんだん大きくなってきた。義兄達は音楽もかけてなくて丸聞こえ(^^;)そんな声聞かされちゃうと・・・壁に耳を当ててズボンと下着を膝まで下げ自分で・・・すごく興奮して義兄達より早くイちゃいました(^▽^;)義兄達のエッチも義兄の「出るよ~」の合図でどちらの声か分からないような「はぁー」っで終了!(二人の声が重なったのかな?)でね女友達はエッチが終わりすぐに帰っていった。
帰ったのを見て私も安心してリビングでお茶を飲んでると・・・「美貴ちゃん(私)、どう?エロかった?」突然の義兄の声。
固まったよ(-_-;)「え?」っと誤魔化したんだけど・・・「いいよ、気にしなくて、お互いさまってことで!」もう言葉にならない・・・「オナニーのことも内緒にしといてあげる(*´∇`*)」ワーーーー顔が熱いくらい赤くなったのがわかった(>.もうこれ以上ないくらいの弱みを握られた感じ・・・頭の中には「なんで?」がグルグル・・・そして・・・「してあげようか?」えーーーーー(;゚⊿゚)ノもうね、「えーー」っとしか出てこないんだよ(-_-;)後は言葉になんなかった・・・「心配せんでも弟には内緒にしてあげるから」
「最近してないんでしょ?(^^)」
「少しくらい大丈夫だからレス弟が悪いんだし」私は動揺したまま手を引っ張られ義兄の部屋に連れて行かれました。
義兄が言ってくる事は誰にも話してないことばかり・・・さっきオナニーしてた事、うちはレス気味で最近はご無沙汰・・・え?何で知ってるの?もう何が何だかわからず、とにかく恥ずかしい(>.そこでギューっと抱きしめられキス・・・しかもなが~いディープキス(・・;)もうね、とろけちゃった(-_-;)さっきのオナニーでイって感度上がっちゃてたし理性飛んだ。義兄におまかせでエッチ。何度もイかされちゃいました(-_-;)エッチ終わって冷静になり・・・「あ~しちゃったよーどうしよ~(>_当然旦那にも言えず義兄との禁断の秘密。相変わらず女の子を連れ込んでいる義兄ですが・・・実は今もたまに誘われて・・・(・・;)もちろん断る時もありますよ!でも人間ね欲望に負ける時も・・・(-_-;)後で義兄に聞いたんだけど、私のオナニーとレスの話し・・・こっちで聞こえるって事は相手にも聞こえるってこと・・・(^^;)女の子とねエッチを始めると私の部屋のテレビの音がいつも小さくなるんだって・・・(^▽^;)まったく気にしていなかった・・・確かに聞こう聞こうとして音小さくしたり消したりしてた・・・っで聞きながらオナニーしてるんだろうなって・・・この辺はカマかけられたみたい・・・完全に自爆した(-_-;)レスは旦那とケンカした時に私が言った事が聞こえてたみたい。ちょっとこの辺はまだ怪しいんだけど・・・その時ケンカ多かったから・・・やっぱ言ったのかな?でも旦那からもれてるような気も・・・(-_-;)どのみち義兄にはバレてたってことだけどね・・・
 

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】