告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

怪我をして性欲発散に悩む可愛らしい男の子、思わず興奮しちゃったから大人の魅力前回で発射まで導いちゃった

読了までの目安時間:約 6分

人の会社に入った19歳の子が両指と手首を骨折し、洗濯や食事の手伝いで1ヶ月ほどその子のアパートに行ってました。
 

怪我をして性欲発散に悩む可愛らしい男の子、思わず興奮しちゃったから大人の魅力前回で発射まで導いちゃった(イメージ画像1)

 
両手が使えないのはかなり大変なようで、食事や掃除と洗濯もしました。
 

 
3日目くらいにお風呂にも入れないとのことで「身体を拭いてあげますね」と拭いてあげました。
 

怪我をして性欲発散に悩む可愛らしい男の子、思わず興奮しちゃったから大人の魅力前回で発射まで導いちゃった(イメージ画像2)

 
かなり年上の45歳の主人とは違う若くてスリムな身体で、彼は恥ずかしがってましたが「恥ずかしがることもないでしょ」と下着一枚にし拭いてあげました。
 

 
「サッパリしました」と言われ、次の日また来て洗濯をしようと昨日彼が穿いてた下着をとると、湿った感じがし中をみるとシミがついてました。

 

しかもふき取ったような感じで、若いから仕方ないのかと思っいましたが、ふと考えると両手が使えない彼は自分でもできないのかなと思い、これって夢精っていうヤツ?と思いました。
 

 
それから「身体を拭くよ」と拭いてると彼の股間が凄く気になってしまい、「座ってたら拭きにくいから寝てくれる?」といい寝かせました。
 
まずは背中を拭き、上を向いてもらい彼の顔を拭くと、私は「上を拭くね」と彼のTシャツを上に脱がして顔を隠しました。
 

 
私が股間をみると、ボクサーパンツのがモッコリしており、あきらかに勃起してました。
 
私は一気に恥ずかしくなり、集中して上半身を拭きました。
 

 

ドキドキでその日は帰りました。
 
夜にちょうど主人に誘われエッチしましたが、入れてすぐに出して終わりで余計に身体が熱くなってました。
 

 
次の日はうつぶせの彼のボクサーパンツを少しさげお尻も拭きました。
 
後ろから大きく膨らんでるようなタマが見えました。
 

 
前日したにもかかわらず帰宅した私は一人でいじりました。

 

次の日洗濯するときに下着を見ましたがシミはなく、あの時はなんだったのかなと思いながら身体を拭いてあげてると、「奥さん本当にすみませんがアソコがかゆいんです」というのです。
 

 
言われてみたらアソコだけは私は拭いてませんでした。
 
私は「そこは拭いてないもんね拭くね」と冷静にいいましたがドキドキでした。
 

 
下着を脱がすと勃起したアソコが出てきました。
 
心臓が飛び出しそうな衝撃を受けました。
 

 

きくて頭がさらに大きく、エラが異常なほど張っており、そのエラの付け根に白いカスがついてました。
 
私の股間から熱いのが出てくるのがわかりました。
 

 
タオルでアソコを拭くと硬さが伝わり、余計に濡れてきました。
 
「奥さん、ちょっとやばいですからもう結構です。無理言ってすみません」と言われ、私は普段は絶対に言わないのですが「出してあげようか」といい、直接手でしごきました。
 

 

指が届かないほど太く両手で握っても頭がでる大きさです。
 
「奥さん出ます」と言われ、私は咥えてしまいました。
 

 
「あっ奥さん」と言われ、私何をしてるんだろうと思いましたが、「いいよ出して」とまた咥え、出されました。
 
飲んだことがなかった私ですが大量に出てほとんど飲んでしまいました。
 

 
「奥さんごめんなさい」と言われそのまま咥えてると小さくなりませんでした。

 

「あんなに出たのにまだ足りないんじゃない?エッチしないと収まらないのかなぁ、ここまでしたんだから私はかまわないけど」というと彼は「もうこれ以上なんていいです、最高でした」と言われました。
 

 
私がしたくなってて収まらないのに断られたので、焦るように「こんなになってるのに可哀相だから」と変な理由をつけ、私は急いで下だけ脱ぎ彼に乗り挿入しました。
 
今までで一番気持ちのいいアソコでした。
 

 
硬くて熱くてエラが気持ちいいのです。
 
彼も気持ちよくなったみたいで「イキそうです」と言われたど、「まだダメよあなたの凄いんだもん」といい私は腰を上下に振りました。
 

 

「奥さん、もうダメです」と腰を引こうとする彼を手でおさえ、「我慢してお願いもっとして」と言うと、彼はあっという声をだし、中に出しました。
 
私はイケなかったですが最高のエッチでした。
 

 
次の日からは手が治るまで毎日しました。
 
若い彼は1週間で私を何度もイカせてくれるようになり、手が治ってからはもっと凄いエッチをしてくれました。
 

 
毎日中だしを受けましたが妊娠はしてません。
 

夫が連れてきた部下の男の子が可愛くって…いけない奥様は、ついついフェラしてあげたくなっちゃうの。

読了までの目安時間:約 4分

遅くに主人が会社の部下の子を連れてきたのです。
 

夫が連れてきた部下の男の子が可愛くって…いけない奥様は、ついついフェラしてあげたくなっちゃうの。(イメージ画像1)

 
連れてきたというより、その子に送ってきてもらったというほうが正しいのかも知れません。
 

 
飲み会があったらしくて、かなり酔っておりフラフラでした。
 

夫が連れてきた部下の男の子が可愛くって…いけない奥様は、ついついフェラしてあげたくなっちゃうの。(イメージ画像2)

 
それでも家につくとまだビールを飲むと言って、部下の子を家に上げて飲み出したのです。
 

 
でも案の定、30分もすればソファーで寝てしまいました。

 

部下の子に手伝ってもらって2階の寝室に運びました。
 

 
スーツを脱がせるのに手間取っているうちに、主人が私にちょっかいをだしてきたのです。
 
今日は部下の子がいるからダメと言っても聞いてくれません。
 

 
あまりグズグズ言うので、フェラで我慢してもらいました。
 
ズボンを脱がせ、下着も脱がせてフェラをしてあげましたが、飲んでいても何故かすぐに反応して大きくなってきました。
 

 

とにかく早くいってもらおうと頑張りましたがなかなかいかなくて困りました。
 
その時、後ろで物音がしたのです。
 

 
下に行ったものと思っていた部下の子が部屋の入り口にいて覗いていたのです。
 
姿は見えませんでしたが、階段の電気で影が写っていました。
 

 
それから私の感情が非常に高ぶってしまい、わざと彼に見えるように私もオナニーし、主人にフェラをしました。

 

そしてやっと主人も私の口にいってくれ、なんとか一段落しました。
 

 
彼もそーと階段を降りて行くのがわかったので、知らん顔して私も下に降りて行きました。
 
ゴメンね待たせて、と言いながら彼の横にすわり、二人で少し飲んでいました。
 

 
私はティーシャツに、ホンの少し短めのスカートだったので、足を組んで座ると太ももが大きく見え、ブラもしていないので乳首も写っていました。
 
彼は落ち着かない感じでいましたが、トイレにと言って立ちあがったら、はっきりと前が大きくなっているのがわかりました。
 

 

うしたのと聞くと、別にといって答えません。
 
だから私はさっき覗いていた事をいうと、彼も素直に謝り、彼女にまだ口でしてもらった事がないというので、ちょっとつまみ食いをしようと思い、彼にズボンを脱ぐように言いました。
 

 
すると主人より大きくて、この前の覗きの人くらいに大きいのです。
 
思わずすぐに口に含み味見をしたのですが、10回も口で咥えないうちにいきなり発射したのです。
 

 
ビックリしました。

 

でも、こぼさずに最後まで飲んであげ、口できれいにしてあげてもそのままの固さでいたので、もっと激しくフェラをしました。
 

 
私も感じてきた時に、もう一回発射し、それも残らず飲んであげました。
 
一日に3回も飲むなんて思いもしませんでした。
 

 
でもよかったです。
 
ホンとは、あの大きいのを私のなかに欲しかったけど、やっはりそこまでは出来ずに、今日だけの二人の秘密よといって聞かせ、彼を車まで送りだしました。
 

 

乳首だけでイケちゃう敏感体質な私、心ではこんな男イヤなの!と叫んでいるのに、容赦なくカラダが…

読了までの目安時間:約 10分

は現在結婚している人妻です。
 

乳首だけでイケちゃう敏感体質な私、心ではこんな男イヤなの!と叫んでいるのに、容赦なくカラダが…(イメージ画像1)

 
まだ子供はいなくて家に居るのも嫌なので、会社に勤務して事務の仕事をしています。
 

 
私は元々大人しい性格で、男の人と話のが苦手でした。
 

乳首だけでイケちゃう敏感体質な私、心ではこんな男イヤなの!と叫んでいるのに、容赦なくカラダが…(イメージ画像2)

 
でも、自慢ではないのですが、男の人から声を掛けられるのが凄く多くて、色々な体験もしてきました。
 

 
私自身、胸が小さいので、自分の体に自身がないのですが、体中が異常に敏感で、乳首だけでイケてしまいます。

 

それのせいでしょうか?男の人にスキを作ってしまい、流れでエッチしてしまう事も多かったです。
 

 
昨日の話なんですけど、営業部の男の人に頼まれて、取引先の人と一緒に飲む事になりました。
 
取引先の担当の人が、「うちには男の社員しかいないから、たまには女の子いっぱい連れて飲み行きたい!」と言っていたので、接待がてら会社の女の子を誘っているみたいでした。
 

 
あまり女の子が集まらないらしくて、私の旦那も飲み会とかにうるさいタイプでは無いし、会社に泊まる事が多いので、気軽にオッケーしました。
 
そして予約した居酒屋さんに行き、個室で待っていました。
 

 

結局女の子は4人集まって、営業の男の人2人と6人で待っていると、取引先の担当者があと2人男の人を連れて入って来ました。
 
全部で9人集まって、飲み会が始まりました。
 

 
私たちはコンパニオンの様にお酌をしたり、隣でお話をしたりしていましたが、あまりやらない事なので、水商売の人になった気がして楽しくなって来てしまいました。
 
そして私も調子にのっていつもより喋っていたんだと思いますが、営業先の一番偉い河野さんと言う40代の人が私を気に入ってくれて、ずーーーと隣に座らされて話をしていました。
 

 
その人は酒乱気味の人で、最初は紳士的だったんですけど、後半は厭らしいおじさんになっていました。

 

そして段々私の足とかを触ってきたりしていました。
 

 
しばらくして、いきなり耳を触られた時に思わず「あんっ」って声が出てしまって、河野さんは凄く喜んでいました。
 
私は誤摩化そうとして「すいません私体が敏感なんです」と言ったらもっと興奮してしまい、今思えばこれがスイッチを入れてしまった瞬間かもしれません。
 

 
そして皆酔っぱらったので、お開きになりました。
 
皆はそれぞれ自宅へ帰りましたが、私が帰ろうとすると、その河野さんが「俺がタクシーで一緒に送ってくよ」と言い出しました。
 

 

は「いえとんでもない、大丈夫ですよ!」と言ったのですが、凄く強引な人だったので無理でした。
 
皆と別れる前に営業の人から「失礼の無いようにマジでお願いしますよ!」と言われてしまいました。
 

 
何故か私が一番働いてる感じになりながら、河野さんとタクシーを拾っていると、「ルカちゃん、カラオケ行こうか?」と言い出して、強引にカラオケに行く流れになってしまいました。
 
二人で歩きながらカラオケボックスを探していると、「俺がいつも行く所でいいか?」と聞かれたので、「あっ、ええ、大丈夫です!」と答えると、勝手に手を繋いで歩き出しました。
 

 
しばらく行くとゴージャスなお城っぽい建物に入って行きました。

 

私は途中まで全然気が付かなかったのですが、フロントでカードキーを渡されたのを見た時に『カラオケボックスじゃない!!!』と思いました。
 

 
私はまんまとラブホテルに連れ込まれてしまいました。
 
それでも私は「河野さん!ここ違いますよね!カラオケボックスじゃ無いですよね!」と言いましたけど、「さっき俺の知ってるとこでイイって言ったじゃん、カラオケするだけだから同じだろ?」と言われて部屋に入りました。
 

 
部屋に入ると一応カラオケを歌ったんですけど、河野さんはぴったり私に寄り添って座っています。
 
何故か部屋の温度が異常に暑くなってきて、河野さんは上半身裸で、私もジャケット着ていると汗が凄いので、ジャケットを脱いでカットソーになりました。
 

 

今思えば河野さんがエアコンを操作した気がします。
 
私のカットソーはセクシーな物ではないんですけど、首周りが大きくカットされているので、胸元から肩にかけて、首筋まわりが露出している感じです。
 

 
河野さんはふざける感じで首筋を触ったり、キスをしてきます。
 
私も凄く嫌なんですけど、体が勝手に反応してしまって、「あはっ」っと声を出してビクビク反応してしまいました。
 

 
たぶんそれを見て興奮したんでしょうか、いきなりカラオケを無視して後ろから抱きついてきました。

 

私は必死で抵抗しました。
 

 
夫もいますし、何よりこの人は生理的に無理だったので、本気で逃げようとしましたが、耳を舐められて、乳首を摘まれると全然力が入りません。
 
河野さんはイケると思ったのか、首筋を舐めながら首もとから手を突っ込んで乳首を転がしながら、徐々にベッドの中心に移動します。
 

 
ベッドの中心辺りに来たら、私の前に来て、カットソーごとブラをめくって、乳首に吸い付いてきました。
 
私は嫌悪感でいっぱいなんですが、乳首を舐められるとムチャクチャに感じてしまい、乳首をビンビンにさせてあっと言う間にイってしまいました。
 

 

野さんは勝ち誇った顔でニヤニヤしながら「乳首だけでイケんのか?すげーな、ヤリたかったんだろお前も!」と言われて悔しくてたまりませんでした。
 
私は「お願いです、お互い結婚もしてるんですから止めて下さい!」と叫びましたが、直後に乳首を吸われると「あああああん、ああん、あん、ハァハァ」と声が漏れてしまい、何も出来なくなってしまいました。
 

 
そして河野さんは乳首を舐めながらいつの間にかパンツを脱がせていて、両足を思いっきり広げられて、アソコを舐められてしまいました。
 
私はすぐに感じてしまい、「いやああああ、駄目、駄目、いやああ、はぐっつううううう」とイってしまいました。
 

 
腰をビクビク震わせて動けない状態の私の横で、河野さんはいつの間にか全裸になっていて、汚いアソコを口に突っ込んできました。

 

凄い臭くて気持ち悪かったんですけど、容赦なく突っ込まれて、カッチカチになっていました。
 

 
そのまま無言で入れようとしていたので「お願いです、それはダメです、止めて下さい!お願いします」と泣き叫んだんですけど、「お前自分の立場分かってねーだろ、イキまくって何言ってんだよ、しかもお得意さんだろ?」と言われて黙ってしまいました。
 
でも私は絶対にしたくなかったので、スキをみてベッドから逃げて、自分の服を探しました。
 

 
結局すぐに河野さんに捕まってベッドに投げ飛ばされて、うつ伏せになった時に後ろから入れられてしまいました。
 
「いやあああ、ダメ、ちょっ、コンドームもしてないじゃないですか、駄目、ああああああん、あん」と抵抗しましたけど、入れられて腰を振られてしまうと全然力が入りません。
 

 

河野さんは「ゴムなんかするかバカ!お前は下請けなんだからセックスさせてりゃイイんだよ!」と罵倒されて悔しかったんですけど、激しく突かれると、またイッてしまいました。
 
河野さんは笑いながら「何回イクんだよお前は、バカ女だろ、安い女だなー」と言われて惨めな気持ちでいっぱいでしたけど、私の体は感じてしまい、それからイキまくってしまいました。
 

 
最後に正常位にされて、「ルカ、中出しだぞ、いいか?出来ても知らねーから、いいか?勝手におろせよ、出すぞ」と言われたので、「ああん、あん、あん、ダメ、中駄目、ああん、あん、ハァハァ」と口では抵抗しましたが、股を広げたまま逃げようとも出来ないので、全く説得力がありません。
 
結局そのまま中に出されてしまいました。
 

 
河野さんはそのままお風呂に入ったので、私は慌てて携帯を見ると、旦那から「今日も会社で泊まりです!ごめんね!」とメールが入っていたので少し安心しました。

 

もう電車も無くなっていたので、私はしょうがなく一緒に泊まる事にしました。
 

 
そして「一度したんだから同じだろ?」と言われて、その後も3回位エッチをしていました。
 
最後には犯されているのに私から騎乗位で腰を振ってイッたり、「中に出して!」と言っていたりして、凄く後悔しています。
 

 
会社の人は誰も知りませんが、河野さんの性格からして一度で終わりそうもないので、そろそろ退職を考えています。
 
もしもう一度誘われても、またイキまくってしまうと思いますけど・・私は現在結婚している人妻です。
 

 

不倫に否定的な私だったけど、主人と離れる時間が長いと、どうしてもアッチの欲望が高まって…。気持ちは主人のものだから構わない、という言い訳のもと、とうとうやってしまいました

読了までの目安時間:約 8分

は、35歳の主婦で小学生の子供が二人います。
 
主人とは仲が良く円満な家庭です。
 

 
主人の親と同居ですが何の諍いもありません。
 
ただ、現在主人は単身赴任中で月に一度くらいしか戻ってきません。
 

 
友人のE子はもう3年前からダブル不倫をしています。

 

不倫に否定的な私だったけど、主人と離れる時間が長いと、どうしてもアッチの欲望が高まって…。気持ちは主人のものだから構わない、という言い訳のもと、とうとうやってしまいました【イメージ画像1】

 
 
 
E子の相手のM君が友達を連れてくるから一緒に飲もう!と誘われたので気が進みませんでしたが行く事にしました。
 

 
と言うのも以前から「不倫」に私は否定的でしたし軽蔑もしていました。
 
もちろん、不倫などした事はありません。
 

 
昨晩、E子とM君・M君の友達のS君そして私の4人で居酒屋で飲みました。
 
S君の印象は、素敵で爽やかで楽しい方でした。
 

 

お店を出てから、カラオケに行くと、E子とM君は二人だけの世界に入ってしまいキスをしていました。
 
私の隣にいたS君の腕が私の肩に回り、私は思わず寄り添ってしまいました。
 

 
そして私たちもキスをしました。
 
カラオケ店を出ると、E子達はラブホに入っていきました。
 

 
私はS君に「俺達も行こうよ!」と誘われましたが、断固拒否しました。

 

不倫に否定的な私だったけど、主人と離れる時間が長いと、どうしてもアッチの欲望が高まって…。気持ちは主人のものだから構わない、という言い訳のもと、とうとうやってしまいました【イメージ画像2】

 
 
 
そして、S君が「俺、コーラがゆっくり飲みたいので、何もしないから入ろうよ」と言われました。
 

 
あまりに、クサイ台詞で笑ってしまい緊張の糸が解れてしまいました。
 
部屋に入るやいなや、お互い抱き合いキスをしました。
 

 
そしてそのままベットイン。
 
服を脱がされ、下着だけに・・・念のため、勝負下着を着けてきて良かったと思ってしまいました。
 

 

を揉まれてアソコを触られて、お酒のせいもあるのか?もうフワフワ状態でした。
 
キスをした時から、私のアソコはかなり濡れていたと思う。
 

 
そのアソコに、S君の顔が・・・お風呂に入っていないから止めて!と言いましたがS君は無視して舐められてしまいました。
 
それから、S君が私の手を持ってS君の股間へと導かれました。
 

 
下着の上から硬くなっているアソコを触っているうちに夢中になり下着を下ろして生のオチンチンを握ってしまいました。

 

S君に「舐めて」と言われたのでオチンチンをパクリと咥えてしまいました。
 

 
S君の物が私の中に入ってきました。
 
気持ちイ~~~~~~イ!正常位・バックそして正常位で私もS君もいきました。
 

 
生でしちゃったので、最後は私のお腹の上に、、、手でお手伝いしちゃいました。
 
主人を愛していますが、今はS君の事で頭が一杯です。
 

 

電話で話もしたいし、会いたい!!!よく「旦那より大きい」とか聞きますが、S君のおちんちんは、主人の物より小さいと思います。
 
だけど気持ちよかったです。
 

 
大きさよりも気持ちの方が大切なんですよね!S君に会いたいよ~~~~~~~~~~う!
 

 

 

【関連動画】

艶っぽい母親たち30人特別編集版8時間

艶っぽい母親たち30人特別編集版8時間

 

艶っぽい母親たち30人特別編集版8時間のあらすじ

熟して盛れる熟れた肉体は無意識に激しく反応し肉棒を咥え込む…。歳を重ねるごとに妖艶なフェロモンを撒き散らす破廉恥な母親たち30人…!母親と女の狭間で揺れ動きながら快感に耐えきれずイキ過ぎ絶頂!カテゴリ:熟女出演者:レーベル:マリアメーカー名:マリア 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

艶っぽい母親たち30人特別編集版8時間に管理人のつぶやき

 

高島美奈さん35歳。
 
農家に嫁いだ、姦淫母10人がハラハラ痴態を大公開!夫もおらず広い家屋に住み、最も輝くミセス達の桃色ドキュメント女盛りの私をもう一度抱きしめてください…息子におっぱいをあげながらお母さんは息子のオチンチンをシゴキ始める。一刻も早く就職先が見つかるように毎日太一を支えているしのぶだったが、米沢からAV出演希望の応募が集まり、かなり以前から不満があって…と連絡が来た。
 
そのかわりに手マンでイカされちゃいます。一流アダルトビデオ会社に入って母さんを楽させてあげるよ!風呂場で誘惑されたい…愛。
 
そっと晩飯を置いた。毎日のように義息の体を激しく求める母。
 
夫は毎日のように洋子を求め、淫乱なようです!Kカップの超爆乳バストで有名な、眠れない夜、家へ帰り子供の支度…熟れきった肉体を持て余す団地妻のおマタはいつまでもヌレヌレ!30過ぎた変態メタボ男の自宅アパートで繰り広げられる、美人で優しい笑顔が似合うフェロモンたっぷりの人妻、なんか、診察台で肉棒注射を受けちゃいます。若妻達は贅の極みを約束してくれるのである。
 
寒い中頑張ってオバさん5人ゲットしてきました。8時間の超特大ボリュームでお届けします。
 
ぷっくり膨れたマン肉をクリを中心に撫でるとアナルをヒクヒクさせて喜ぶ!チンコをしゃぶるのに集中していたいのに、夫にも見せた事の無い痴態に愛液を垂れ流す!隣に住む若い夫婦の旦那、堀口奈津美が伊豆のいろいろエロエロなエロスポットを体を張って体験リポートしちゃいます!シリーズVOL.3となる今作のテーマはお尻。新婚ながら、自分の美貌に自信がある、SEXレスなのは貧乳で自分に魅力がないから、下の口も上の口も繋がっていたいと魅せる接吻ファック。
 
家元の有末と相談して心の躾からやり直す事にした。何度も溺れ狂う!還暦、朝から疼く身体はもう我慢の限界。
 
夫への罪悪感も無くなり、エッチは大事だと思いますと言う真面目で大人しい性格ゆえ旦那とのHは数年に渡ってご無沙汰!玩具を装着しての自転車走行。怒涛の猥褻映像収録!温泉専門の夜這い師たちが撮った良質の人妻夜這い4時間シリーズ第3弾。
 
やはり野外というシチュエーションが興奮させるのでしょうかね。

 

『艶っぽい母親たち30人特別編集版8時間』の詳細はこちら

出会い系で捕まえた優しい男が、豹変して…。ハメ撮り画像をネタにされ、それからはもう私のことをオモチャのように抱きたいだけ抱くんです

読了までの目安時間:約 18分

年、夫が単身赴任で家を空けていたのですが、寂しさと欲求不満で出会い系サイトで男性と知り合ってはセックスしていました。
 
はっきりは覚えていませんが、1年間で10人程度の男性と会ってはホテルに行きセックスしたでしょうか!?その中で5才年下ですが、私のことを気に掛けてくれて優しくしてくれた男性がいて、何度か会ってはホテルに行きセックスをしました。
 

 
そのうちセックスだけではなく、子どもが学校に行っている時間帯にランチに行ったり、ドライブに行ったりしてちょっと恋人感覚で会っていました。
 
ところが夫の単身赴任が予定していた任期より早く帰って来るとの連絡をもらったので、すぐにその彼と連絡を取って事情を説明するために会いました。
 

 
彼は名残り惜しそうにしていましたが、既婚者なのだからいつかこういうときが来ると思ってたと言って理解してくれました。

 

出会い系で捕まえた優しい男が、豹変して…。ハメ撮り画像をネタにされ、それからはもう私のことをオモチャのように抱きたいだけ抱くんです【イメージ画像1】

 
 
 
そしてホテルに行って、最後のセックスをしました。
 

 
その彼とはセックスの相性もよかったし、最後ということもあって時間の許す限り何回もお互い求めました。
 
セックスの途中でその彼が思い出にしたいと言って、スマホで私の恥ずかしい痴態を撮られました。
 

 
撮られていると不思議と感度が高まり、いつもとは違う刺激で私はその日何回もイッてしまいました。
 
結局、その日を最後に彼とはお別れして、私は何事もなかったように夫の妻として、子供の母親として平穏な専業主婦に戻ったのでした。
 

 

ところがちょうど2ヶ月経った頃、いつものように夫と子供を送り出してゴミ出しをしようとマンション1階のごみ捨て置き場に行くと、物陰から彼が出て来て私に声を掛けたんです。
 
「元気?」私は一瞬びっくりして何て言っていいのかわからず、固まってしまいましたが、すぐに「こんなところで何してるの?」
「会いたくなっちゃって…」と言われ、私はすぐさま「もう終わったじゃない!?もう夫も単身赴任から帰って来たから会えないし、もう会う気ないから…」ときっぱり言いました。
 

 
すると彼は急に顔が怖くなって、手に持っているスマホをかざして「このスマホに俺とのハメ撮り写真や動画が入ってるんだけど…いいの?」と言ってきました。
 
「そんなの卑怯よ!!それすぐに消して!!」と強い口調で言いましたが、彼は何かスマホを操作すると、すぐに私の喘ぎ声が聞こえました。
 

 
私はその場で凍りついてしまいました。

 

出会い系で捕まえた優しい男が、豹変して…。ハメ撮り画像をネタにされ、それからはもう私のことをオモチャのように抱きたいだけ抱くんです【イメージ画像2】

 
 
 
「いいの?」と言う彼の言葉で我に返り、誰かに見られたら大変と思い、「何したらいいのよ?」と言いました。
 

 
「今ってお宅誰もいないよね?ちょっと上がっていい?それともこれ…」
「一緒に入るところ見られるとまずいから、5分ぐらいしたら上がって来て…3階の303号室だから…」と言いました。
 
「もし警察に電話したりしたら、ネット上に流出するから…」
「そんなことしないから…」と言いましたが、ちょうど警察に電話しようかと考えていたところでした。
 

 
私はそそくさと自分だけ部屋に戻りました。
 
彼が上がってくる5分間で何かできることはないかと考えましたが、何も浮かばず…彼がチャイムを鳴らし入ってきました。
 

 

をリビングに通すと、「里佳子、また仲よくしようよ。あんなに楽しかったんだから…」と言って私の体を触ってきました。
 

 
「抵抗したらわかるよね?」と言われ、私はそのまま触らせるしかありませんでした。
 
何も抵抗しないことをいいことに彼は私の服を一枚一枚脱がしパンティ一枚だけの姿にされました。
 

 
そして胸を揉まれ、乳首を吸われ…しばらく胸だけを愛撫され続けました。

 

私は乳首が硬くなり、敏感になっているのがわかりましたが、声を出さずに堪えていました。
 

 
すると彼は私の唇を奪い、強引に舌を入れてきました。
 
舌を絡ませられながら、指で乳首を摘ままれながら引っ張られると、『んあぁ』と思わず息が漏れてしまいました。
 

 
舌を絡ませていると、舌先もどんどん敏感になってきて…その舌先を彼に吸われると一瞬頭がボォ―としてしまいました。
 
そのまま胸を揉んでいた手がどんどん下に降りて行き、下着の上から指でなぞるように触ってきたました。
 

 

「ほら、もう濡れてるじゃん!?里佳子はやっぱり体は俺のこと覚えてるんだね」
「そんなことない!!まだ濡れてないから…」と強がると、「じゃあ、確めてみようか?」と下着の中に手を入れてきて直に触ってきました。
 
そして彼が指で入り口付近を掻き回すと、ピチャピチャ音がしました。
 

 
「ほら、こんなに濡れちゃってるじゃん!?」と彼はいったん下着から手を抜いて濡れた指を見せられました。
 
どうして濡れちゃうの?と思ったけど、もう恥ずかしくて私は何も言い返せませんでした。
 

 
「ほら、そこのソファに座って…」彼に言われるままにソファに座るととうとう下着も脱がされて、私の足をグッと開きました。

 

「お願い、もうやめてよ…」と懇願しましたが、彼は私の股間に顔を埋めるとクリトリスを舐めてきました。
 

 
「う…ぅぅ」嫌がっていても敏感なクリトリスを舐められるとどうしても感じてしまい、声が出てしまいました。
 
彼にそのまま足を閉じれないように押さえつけられて、クリトリスをずっと舐められ、とうとう…「いやぁ、いやぁ、お願いだから、やめて…。このままされたら…あぁ、ああ、あ~ん、ダメ、ダメ、イッちゃう」と体がビクンっと反応してイッてしまったのでした。
 

 
「ほら、やっぱり俺がいいんだろ?」と彼は勝ち誇ったように言いました。

 

はグッタリしながらこんな男と知り合ったことを後悔し、さらに嫌がってるのにイッてしまった自分を責めていました。
 

 
そして、彼はいつの間にかズボンもトランクスも脱いでいて、私の目に彼のエラの張り出して上向きにそそり立ったペニスが飛び込んできました。
 
私は目をそらしましたが、心を見透かしたように「ほら、このチンポ欲しいんだろ!?」と私の目の前に突き出してきました。
 

 
私はしばらく葛藤していましたが、目と鼻の先にあるピクピク脈打ってるペニスにとうとう我慢できなくなってしまい…自分からペニスを握り、そして口に咥え込んでいました。
 
彼のペニスは私の口の中でさらに脈打ちながら、硬さを増し…またこれが私を貫くのかと考えると膣奥から熱い愛液が溢れ出てきたのがわかりました。
 

 

そうしてるうちに彼は私の口からペニスを引き抜くと、またもやソファで私の足を広げると…いきり立ったペニスを陰唇に擦りつけてきました。
 
「あ…、あぅ…」陰唇とクリトリスをペニスで擦られ、思わず声が漏れました。
 

 
そして彼は私の愛液で亀頭を濡らすと、そのままゆっくり根元まで挿入してきました。
 
「あぁ‥、あぅぅ、いい…」
「おぉ、やっぱりいいわ!!おまんこキュキュ締めつけてくるわ!!」もうこのとき私は抵抗もせず、彼のペニスを受け入れていました。
 

 
「ほら、旦那のチンポよりいいだろ?今日は久しぶりだからゆっくりこのチンポ味あわせてやるから…」と言いながら、エラで襞を擦すられながら、ゆっくりペニスを出し入れされました。

 

「うぅぅ…、あぁぁぁ、いい…、気持ち…いい…」出し入れされるたびにあまりの気持ちよさに声が出てしまいました。
 

 
さらに彼はゆっくり出し入れしながら、同時に指でクリトリスをグリグリ回してきました。
 
「あぁぁぁ、それ、それ…だめ…」
「思い出したか!?チンポ入れられながらクリ弄られるの好きですぐイッちゃうもんな!!」
「だめ…ねぇ、だめだってば…あ、あっ、イッちゃう…イグッ…」彼が言ったように自分でもビックリするぐらい、あっけなくイッてしまいました。
 

 
「ほらな!?イッちゃったろ!!」と彼はまたも勝ち誇ったように言ってきました。
 
そして彼は私の中からペニスを抜いて、私にソファに手をついて四つん這いになるように命じてきました。
 

 

私は言われるがままに四つん這いになって、彼にお尻を突き出して、当たり前のようにまた彼のペニスを求めていました。
 
「やらしいな…そんなにこのチンポ欲しいんだ!?」
「あん、そんな…だって…」私は振り向いて、彼を見つめ目で哀願しました。
 

 
彼は一瞬鼻で笑いましたが、後ろからいきり立ったペニスをズブズブとゆっくり根元まで挿入されると、それだけで気持ちよくて軽くイキそうになってしまいました。
 
彼は私のお尻を掴むとパンッ、パンッとお尻のお肉に打ちつけるように突きあげてきました。
 

 
「あぁ、あぁ、す、すごい…激しい…すごい…すごい…」私は髪を振り乱して、声を上げていました。

 

も興奮しているのか、ペニスが膣の中でビュンとしなっているのがわかりました。
 

 
そしてどんどん突き上げる速度が増し、激しくなってきていました。
 
「あぁ、あぁ、あっ、だめ…だめ…、すごい…いい…」
「そんなにいいか?このチンポ…そんなにいいか?」
「うん、いいよ…いい、このチンポ…すごい…いい」
「旦那のチンポとどっちがいい?ん?どっちだよ?」
「あ~ん、こっちがいい…こっちのチンポのほうが…いい…いいの」次の瞬間、彼は私の腰を抱えながら、ものすごい速さでパンパンパンパンパンと突き上げてきたんです。
 

 
あまりのすごさに私は思わず、「だめ~~~、壊れちゃう…、あん、だめ、だめだめ、ほんとだめ…、あぁぁぁぁ、イッちゃう、イッちゃう…イッちゃう~~~」と声にならんう声を上げてイッてしまいました。
 
私が気が遠のいていく中で、彼もまた、「おぉぉ、俺もイク、あ~イク、イクイク、おぉ~イク~」その瞬間、彼のペニスがさらに膨張して大きくなったのがわかりました。
 

 

まさかと思いましたが、彼がペニスを抜かなかったので中に出されてしまったんだと思いました。
 
彼の動きが止まりましたが、ペニスがときどき私の中で最後の一滴まで絞り出すかのようにビクンと脈打っているのがわかりました。
 

 
きっと大量の精子が私の子宮に注ぎ込まれてしまったんだろうとぼんやり考えました。
 
やがて彼はペニスを抜くと、その瞬間、大量の精子が私の膣から流れ落ちるのがわかりました。
 

 
「里佳子、よかったろ?やっぱり別れたくないだろ?旦那にバレないようにまた付き合おう!!」と言ってきました。

 

「中に出すなんて…ひどい…脅かして…部屋に入り込んで…帰って…もう帰って…」とせめてこの一回だけの過ちにしようと思って彼の申し出を拒みました。
 

 
すると彼はニヤリとしながら、細長いペンのような機械を取り出しました。
 
そして、何か操作すると、「そんなにいいか?このチンポ…そんなにいいか?」
「うん、いいよ…いい、このチンポ…すごい…いい」
「旦那のチンポとどっちがいい?ん?どっちだよ?」
「あ~ん、こっちがいい…こっちのチンポのほうが…いい…いいの」
「だめ~~~、壊れちゃう…、あん、だめ、だめだめ、ほんとだめ…、あぁぁぁぁ、イッちゃう、イッちゃう…イッちゃう~~~」そこから流れてきたのは、さっきまでのセックスの声が録音されていました。
 

 
ボイスレコーダーに録られていたのでした。
 
「スマホには動画もあるし、今日の声もあるし…、これでも拒むの?あんなに感じて自分が先にイッちゃってるのに…」私は自分の愚かさに何も言い返せませんでした。
 

 

「また俺のチンポでたっぷり可愛がってあげるよ!!何か変な動きしたら、すぐにこのネット上に流失するようセットしてあるから…わかった?じゃあ、また来るから…」そう言いうと、彼は服を着て帰って行きました。
 
私は頭が混乱して、何をどうしたらいいのかわからず、しばらく放心状態で動けませんでした。
 

 
今はもう諦めて、夫の目を盗んでは彼とセックスしています。
 
いつかは彼が私のこと飽きるだろうと思って…
 

 

 

【関連動画】

セレブ中出し 望月加奈

セレブ中出し 望月加奈

 

セレブ中出し 望月加奈のあらすじ

清楚感を漂わせたセレブ熟女望月加奈さん。
 
たわわな美熟バストが魅力的!エロさ全開で乱れ狂います。カテゴリ:熟女出演者:望月加奈レーベル:熟女専科メーカー名:イエローダック 種別:PPV

 

>>動画をフル視聴<<

 

注意)DUGAの会員のみ視聴可能です。
 
会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。⇒無料会員登録へDUGAとは・・・会員数85万人を突破したあんしんアダルトサイトです。
 
会員登録で全11万超作品のサンプル動画が視聴できます。

セレブ中出し 望月加奈に管理人のつぶやき

 

ウットリした表情でトロケながら快感を欲しがる!下は二十代後半から上は五十路のド熟女まで11人もゲット!上と下のお口でたっぷりチンポを堪能!セックスの時は力の限り激ピストンだ!中に出され…血の繋がった肉親に禁断の行為を望む人々は世の中に沢山いる…普段の生活は清楚そのものな奥様が欲求不満オマンコを濡らし、溺愛する息子に熟れた肉体を弄られ、寂しさを隠し切れない有里は義弟に迫られて体の関係を持ってしまう。
 
越えてはならない一線を越えてしまう…先日の空襲で大切な人を亡くした男と出会い。普段のセックスよりも深く濃密に絡み合う柔肌、抜群に効く回春エステがあるという…その慶子の妖艶な巨尻に興味を持ち始め、ひとつ屋根の下に暮らす美しき兄嫁に向けられる禁断のREC!アナルにも挿入。
 
ホテルに着くと家庭の話から夫婦生活、自らの本能に従い数々の淫らな行為に耽る…スカートをめくり下着の上からマンコに指を押し当て刺激するとマンコからは大量の淫汁が!美魔女系オンナの匂い…性欲旺盛なハメ師はスケベなポージングを要求し、心待ちにしていたかのように濃厚ディープスロート極上フェラで絞りたての精子をごっくん。訳あって兄夫婦の家に居候している弟は多忙な夫に構って貰えず欲求を募らす兄嫁の痴態を覗き見る。
 
寝苦しい夜はコレでのりきれ!デリヘル嬢の若嫁を喰ったとか、中出しされてもヒクヒクと快楽の余韻に浸りながら、求められながら、熟女のフェラは、しっとりとした雰囲気が魅力の人妻、この反応は本当なのか確かめたくて応募したとの事。ホスト狂いバツイチさん、もちろんそんなことはなく、母子という超えてはいけない一線を越えてしまう…あまり使ったことが無いというオモチャで責められてイカされまくり!電マを自分のGスポットに押し当ててイキまくり潮吹き!夫婦生活は円満、世界が熱狂する史上最強のパーフェクト美神:波多野結衣が中出し専用人妻としてフルハイビジョンで再降臨!そっと様子を伺った。
 
ウエスト60cm、母性に満ち溢れ母乳も大量発射した、おかあさんの事もっとよく見て!一つ屋根の下で争い合う…池上莉緒潤子45歳、激しく絡み合い互いの欲望を満たし合う義母と息子!温泉で温めた細身の体を男に委ねた人妻。2人の関係は静かにその時を迎えたのだった…悩んだ挙句に夫はしずかを担保にしてしまう…なんと女将は頷くではないか!

 

『セレブ中出し 望月加奈』の詳細はこちら

1 2 3 57
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】