告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

何の取り柄もないが性欲だけは持て余している普通のおばちゃんが風俗の面接を受けた結果w

読了までの目安時間:約 3分

は47歳のおばさんです。
夫とは何年もしていません。
なぜか45歳ごろから無性にセックスがしたくなり、毎日Hなことばかり考えています。

 

何の取り柄もないが性欲だけは持て余している普通のおばちゃんが風俗の面接を受けた結果w(イメージイラスト1)

 

友人に何気なく相談したのですが、びっくりしたことに風俗で働いてみたらと言うんですおばさんが風俗で働けるの?と聞いてみると、その友人が実話自分もそんな思いがあって時々働いてるというのです。
ほんとうに驚きました。
いったいどんな風俗って聞くとピンサロだというのです。

 

40代50代が多くて60代もいるというのです。
*ピンクサロンってどうするのって聞くと、普通は口だけどいい人だとしちゃうんだって軽くこたえるのです。
その友人はすごく普通の49歳の主婦です。

 

何の取り柄もないが性欲だけは持て余している普通のおばちゃんが風俗の面接を受けた結果w(イメージイラスト2)

 

でも平気と聞くと、大丈夫おもしろいよ今からいってみようよ。
え?そんな簡単にいけるの?平気よ好きな時にいけるし体験でその日にお金もくれるよ。
スタッフがまもってくれるしとほんとうに気軽そうにいわれました。

 

もちろん興味深々でいってみることにしました。
早々に面接して簡単な履歴書書いて接客法をさらっとレクチャーされて早速お客についてみましょうと言われました。
男物のワイシャツに中はパンティーだけです。

 

10分ほどでよばれて暗い席につきました。
40歳ぐらいのサラリーマン風でいい感じのひとです。
すいません、私初めてでよくわかりませんがよろしくおねがいします。

 

いうと彼は、そう初めてなんだ、君のできることやってみてといわれワイシャツのボタンをはずし、彼のズボンとパンツをぬがしおしぼりでふきました。
もうどきどきで何を言ってるかもよくわかりませんでしたが、フェラを必死でしてました。
彼がおまんこすごいねぐちょぐちょだし入れてもいい?私はわけもわかってなくて興奮もしていて、うんってこててました。

 

すると彼は両足を持ち上げいきなり入れてきて2-3分で生で中だししてました。
おねえさんいいね、こんどは指名するねって・・私はもう妊娠しないし中だし好きだからとってもいいのですが、もっとやってほしかったです。
控室にもどり友人にいうと、みんなやってるからいいのよ、おこずかいはもらったの?おこずかいってって聞くと、おこずかいくれるってきいたほうがいいよ。

 

えーよくわかりません。
その日はお昼から6時までやりっぱなしで8人としちゃいました。
腰がぬけちゃいそうでした。

 

のうち4人が中だしで2人が自分でゴムもっていてつけていました。
ときどきこういうのもいいかもなんておもっちゃっています。
 

夫のパソコンを覗いたら寝取りプレイを申し込む投稿をしていることが発覚→実際に寝取られてみたw

読了までの目安時間:約 2分

は47歳の専業主婦です主人専用のパソコンをたまたま見てビックリ、嫁さんのエッチな格好を他人に見せたいとか出来れば夫婦交換したいとか、真面目なあの人からは考えられない様な事をフォルダーに残していたの。
そう言えば以前旅行へ行った時、秋だったので白のタンクトップにカーデガンを羽織っていたんだけど、やたらとカーデガンを脱ぐように言われた事があったの!身長168バスト88-Fカップで身体には自信があったのですが、*近所ではあまり身体のラインが分からない服装が多かったので、カーデガンを脱げと言われた時はなぜ?分かりませんでした。
知らない街で開放的になったんだと思っていると、急にスカートを買いに行こうと言い出しました。

 

夫のパソコンを覗いたら寝取りプレイを申し込む投稿をしていることが発覚→実際に寝取られてみたw(イメージイラスト1)

 

単純に喜んだ私でしたが選ぶもの全てミニなんです。
こんなの普段履けないと言ったのですが旅行様にと仕方なく買ってもらい、その場で着けました。
膝上18cmぐらいの黄色のタイトスカートで、パンツ姿だったのでTバックのショーツを履いていたのですが、スカートの生地があまりに薄いので黒のTバックを履いている事がまる分かりでした。

 

主人はわざと離れて歩き、すれ違う男逹の視線を楽しんでいるようでした。
その時はそれだけで終わったのですが今思うと私にもっといやらしい格好をさせて他人に見せたいんだと思いました。
その証拠にあの日は夕方、ホテルへ帰っていきなり抱いてくれましたし、何時もよりおちんちんがカチカチでした。

 

は少し恥ずかしいですが、知らない土地で分からなければ主人の希望を聞く用意は出来ています。
私も新鮮ですしエッチも好きだから。
 

夫のパソコンを覗いたら寝取りプレイを申し込む投稿をしていることが発覚→実際に寝取られてみたw(イメージイラスト2)

 

旦那と映画を観に行ったら反対側の席のおじさんが痴漢してきた!夫のすぐ横でガチアクメしちゃうスケベ妻w

読了までの目安時間:約 4分

婚した27歳の人妻ですこのHな体験は先日主人と映画館にいった時の事です私の好きな海外の恋愛映画で、大きな話題にもなっていて、以前から楽しみにしていたんです。
久しぶりのふたりでの外出に、主人の好きなかなり短い大胆な白いフレアミニをはいて出かけました。
蒸し暑い日だったのでパンストははいていません。

 

旦那と映画を観に行ったら反対側の席のおじさんが痴漢してきた!夫のすぐ横でガチアクメしちゃうスケベ妻w(イメージイラスト1)

 

平日のため、映画館は空席ばかりで、私たちは中央に並んで座りました。
ロビーに眼鏡をかけた温厚そうな紳士が座っていたのが、何となく意識の隅に残っていました。
映画が始まってまもなく、主人は疲れていたのか眠ってしまいました。

 

しばらくして、私の右側にひとりの男性が腰を下ろしました。
(こんなに空いているんだから、他の席でもいいのに)そう思って彼を見ると、眼鏡をかけています。
(さっき、ロビーで見た男性かな?)そう思いましたが、別に気にも止めずスクリーンを観ていました。

 

旦那と映画を観に行ったら反対側の席のおじさんが痴漢してきた!夫のすぐ横でガチアクメしちゃうスケベ妻w(イメージイラスト2)

 

ばらくすると、隣の男性も居眠りを始め、私にもたれかかってきました。
ふと気がつくと、彼のひじが私の右胸に触れていますが、眠っているのでしようがないと思い、我慢していました。
そのうち男性の手が、私の太ももに触れてきたんです。

 

(わざとだわ・・・)けれども、主人が隣にいるため声を出すこともできず、身体も硬直したように動きませんでした。
そうしているうちに、男性の手が太ももを撫ではじめていました。
(あぁ、そんな・・・だめよぉ・・・)男性の愛撫に反応して、ぴったり閉じていた脚が少しずつ開き、蜜が溢れてきました。

 

(いや、いやっ・・・ああん、そんなにしないで・・・)さらに、その手はついにパンティの中へ入り込み、もうすでに濡れそぼっている部分をまさぐられていました。
感じちゃう・・・だめ、だめよ・・・隣に主人が必死に漏れそうになるあえぎ声を押し殺して耐えていましたが、男性の巧みな指使いに翻弄され、心ならずも腰を浮かせて、とうとう昇りつめてしまいました。
(うぅ・・・また・・・イク!)一度イッたあともクリトリスを摘まれ、アソコの中を掻き回されて何度も絶頂に達してしまいました。

 

撫だけでこんなに感じたのは生まれてはじめてでした。
私がぐったりしていると、男性は私の腕をつかんでトイレに連れていきました。
そこでブラジャーもはずされ、パンティも脱がされてしまいました。

 

私は頭がぼーっとして、されるままになっていました。
(きれいなおっぱいだ・・・)男性はそんなことを言いながら、私の背中を壁に押しつけて、身体全体を舐め回しています。
片脚を洋式トイレにかけられて再びアソコを指で掻き回され、私はまたイッてしまいました。

 

そして、後ろ向きに壁に手をつかされてバストを揉まれ、ヒップを突き出した恥ずかしい格好で後ろから激しく貫かれていました。
「あぁ・・・素敵こんなの初めてよ、もっと・・・イク、イクイクイク!!!」ビクンビクンビクン!!!私は男性の精液を受け入れ、突き出したヒップを震わせて絶頂へと導かれていきました
 

子供と一緒に映画館に行った主婦さん、隣の男に痴漢されて子供のすぐ横で痙攣イキしてしまうw

読了までの目安時間:約 5分

画館という密室空間でHな行為をしてしまいました私は26歳の主婦で去年の暮れ、4歳の子供(男の子)をつれクレヨンしんちゃんの映画を見に行きました。
子供映画はうるさいので行くのは気が進まなかったんだけど、あまりにせがまれるので、たまにはいいっかって思ってはじめて子供とふたりでいきました。
冬休みの日曜日だったせいもあって、結構込んでいました。

 

子供と一緒に映画館に行った主婦さん、隣の男に痴漢されて子供のすぐ横で痙攣イキしてしまうw(イメージイラスト1)

 

前から7列目ぐらいの端っこのほうの席へ座ったんだけど私の左隣の席に父子連れがすわっていました。
軽く会釈しあってジュースを飲みながら開演を待っていると、そのお父さんが「お互い大変ですね~」と話し掛けてきました。
「そうですね」と返してる時ブザーが鳴って照明が消え映画がはじまりました。

 

20分ぐらい経ったでしょうか、結構しんちゃんが面白くって私も子供と一緒に大笑いしていましたが、その時左の太ももの上にいつの間にか隣のお父さんの右手がのっています。
びっくりしましたが、子供が横にいるので声には出さず、その手を払いのけようとしました。
けれどその手はすごく力が入っていて、逆にお父さんの左手で捕まれてしまいました。

 

子供と一緒に映画館に行った主婦さん、隣の男に痴漢されて子供のすぐ横で痙攣イキしてしまうw(イメージイラスト2)

 

のまま私の手を自分の股間へひっぱりズボンの上から押し当てて触らされました。
ズボンの上からでも分かるくらい起っていました。
大きい・・・!!私のあそこがジュンとなってお父さんの右手がスカート(ヒラヒラの少し長めのスカートを履いていたんですが、、)を器用にたくし上げてお尻側へめくられてしまいました。

 

膝の上にはスカートが被さるようにして、、、それから右手がまた太ももの上へ、、私はその手首をつかんで抵抗しましたが、お構いなしに指先がだんだんと上のほうに上がってきてついにパンティまで、、両ももを力一杯閉じていましたがグイグイ指が割り込んできて指先があそこに触れられてしまいました。
その時私少しピクッてしてしまったんです。
それがばれちゃったみたいでその手は大胆になってきてスカートの奥まで手を入れパンストを脱がそうとしたみたいなんですがダメだったみたいでいきなり破かれてしまいました。

 

破れ目から指を入れられパンティを下げようとしていたので必死で手首を掴んで押さえましたがとうとう下げられてしまい、指が股間へ。
足に力を入れがんばって閉じていましたが、座席の下でお父さんの右足が私の左足にからませるように固定し右手で右の膝を広げられてしまいました。
一気に手のひらで私のあそこを押さえつけ、指が入ってきました。

 

をかき回すようにされ、、、一度指を抜くと私の右手の甲に私の愛液を塗りつけ、あざ笑うかのように耳元で「感じてるんじゃないですか」と囁かれ、もう恥ずかしくて抵抗することもできなくなっちゃいました。
また手がスカートの中に入ってきて親指でクリトリスをいじられ指2本が中へ。
どんどん溢れてくるのが自分でもわかりました。

 

声を絶対に出せないので必死でこらえていましたが映画のシーンで子供達が大笑いしている時に合わせるように指の動きが激しくなって、私たまらなくなって一瞬声を出したかもしれません。
お尻の方まで濡れてるのがわかります。
やがて映画も終わって照明が明るくなるとその手はどかされました。

 

子供が「もう一回みたい~」ってわがままを言いましたが、明るい中で今の自分がどんな顔をしてるのかってすごく気になってはやくその場を離れたかったんです。
子供の手を引いて隣の父子の方を見ないように廊下へ出ました。
パンティが下がったままなので子供にちょっと待っててねといってトイレに駆け込みすぐに拭きましたが、すごくあそこが敏感になってしまっていて、触るだけで感じてしまいそうであまりよく拭かずにパンティをはきパンストは捨てようと思いましたが外は寒いのでそのままはきました。

 

画館を出ようとするとあの父子が待っているかのように出口にいました。
目があってしまいました。
こっちへ近づいてきたので私はあわてて子供の手を引いて逃げるように映画館を飛び出し急ぎ足で駅のほうへ行き電車に乗り家へ帰りました。

 

その夜、旦那とSEXしましたが昼の事を思い出してしまい普段以上に感じてしまい旦那もビックリしていました。
二度とないかもしれない経験をしちゃいました。
当然、旦那には秘密です。
 

夫が私の実母とセックスしていたので仕返し!露出狂の変質者に危険日マンコ中出ししてもらいましたw

読了までの目安時間:約 10分

う誰も信じられません。
自分すらも・・・。
数年来の友人と夜通し飲み明かす約束で出かけたものの友人が急に具合が悪くて来れなくなり、私は家に帰りました。

 

夫が私の実母とセックスしていたので仕返し!露出狂の変質者に危険日マンコ中出ししてもらいましたw(イメージイラスト1)

 

すぐには家に入らず私は庭のベンチに腰かけました。
庭作りが好きな私達家族で丹精込めて作りあげた庭でぼんやりするのが好きだったからです。
しばらくすると主人と私の実母の声が聞こえてきました。

 

何気に聞いていた私は凍りつきました。
「隆弘さん!どうしたの!何するの!」
「いやっ!駄目!」私は立ち上がり窓から中を見て呆然としました。
主人が母を後ろから、しっかりと抱きしめているのです。

 

夫が私の実母とセックスしていたので仕返し!露出狂の変質者に危険日マンコ中出ししてもらいましたw(イメージイラスト2)

 

弘さん!やめなさい!具合でも悪いの!」母は抱きしめられながらも主人の太い腕を叩きながら言いました。
主人は「お義母さんだけなんです。俺をわかってくれるのは・・・」と目を閉じたまま弱弱しい声で、しかしきつく母を抱きしめていいました。

 

「やめなさい。美奈に悪いわ。美奈と話し合いなさい。私からも美奈に言ってあげるから」
「お義母さんだって、一人で寂しいでしょう?俺と美奈のセックスをたまに覗いてるじゃないですか」
「!!!!」母が私達の夫婦生活をたまに覗いていたのは知っていました。

 

母は驚きとともに観念したのか、今度は叩いていた主人の手を優しくさすりながら「でも・・・こんなことはいけない事なのよ・・・」
「俺が求めているのは、お義母さんなんです・・・」そういうと主人は母を正面に向き直らせ、激しいキスをしました。
私にもしてくれた事がない濃厚なキスです。
母の口をむさぼるようなキスです。

 

は「だ・・・め・・。あ・・・」と口から漏らしながら主人の頭を優しくなぜながらキスを受けていました。
二人の舌が求め合い喉がごくごくと動いてお互いの唾液を飲みあっているようです。

 

主人は、キスをしながら母のブラウスのボタンを一つ一つ外して、ブラの中に手を突っ込みました。
「あっ・・・隆弘さん・・・」母がのけぞりました。
主人は、もう片方の手で母の頭を引き寄せ、また母の口をむさぼりました。

 

ブラから母の乳房を引き出し、乳首を指先でつまみながら手の平で胸を優しく力強くもんでいます。
主人は私とのセックスではいつも私を奴〇のように扱って愛撫一つしてくれないのに・・・。
主人の頭が母の胸の辺りに下りてきました。

 

の乳房をよだれでべとべとにしながら舌で乳首を舐め回しています。
「お義母さん、美味しい・・・美味しい」って・・・。
母は「ああ・・・うっ・・・隆弘さん・・・」と言いながら立ったまま主人の頭をなぜまわし体をいやらしくくねらせています。

 

そしてとうとう主人は母のスカートを脱がしてパンティの上から、鼻をこすりつけくんくんと母のワギナの匂いをかいでいます。
「隆弘さん・・・やめて・・・いや」母は嫌々と弱弱しく頭をふりながら、股間を主人の顔に押し付けています。
主人はパンティの上から母のワギナに舌を這わせ激しく舐め回しました。

 

「ああー隆弘さん!ああー」母の声が高まり主人はパンティを横にずらして母のワギナを責めました。
「隆弘さん・・・私・・・ああっ」唾液と愛液で、ぐちゃぐちゃになったパンティを主人はむしりとると私の見ている窓の方へこちらを見もせずに投げてきました。
私がそこにいることなど気付かずに。

 

・・・見たら嫌・・・」母は立ったままワギナを押し広げられ嫌々をしています。
「お義母さん、クリがしこってるよ・・・。可愛いクリだね。こうすると電気が走るだろう」と主人は母のクリトリスに音をたててジュルッとかぶりつきました。

 

「あああっつ!ひいっ!」
「お義母さん、俺と美奈のセックスを覗きながら、ここを一人でいじっていたの?」主人は執拗に母のクリトリスを口でもぐもぐと責めています。
私にはクンニなどしてくれた事もないのに・・・。
「ああ・・・悪い子・・・」母の息遣いが荒くなり主人はズボンを脱ぎました。

 

いつになく、そそり立った主人のモノを母が手で撫でさすります。
「お義母さん・・・入れるよ」と主人が立ったまま母の股間にいきり立つモノを押し当てた時、突然私はうしろから口を塞がれました。
びっくりして、みると隣のアパートに住んでいる変質者のようなおじさんでした。

 

きとは俺と同じ趣味じゃねぇか」にやにやと、笑いながら私の口に汚い雑巾のような臭いものを押し込み私を庭の芝生に引きずっていきました。
「いやぁー!!!助けてっ!あなたっ!ママー!!」しかし口を塞がれているため声と言う声にならず目を見開いたまま庭にころがされました。
「大人しくしやがれ!」と平手を2回され鼻血が出て私は朦朧と顔を室内に向けました。

 

母と主人がけだもののように絡み合っている姿が見えます。
シャツを破られブラを引き裂かれ手をブラで後ろに縛られた私を変質者の男は、いやらしく笑いながら「俺達も、しっぽりとやろうじゃねえか」とスカートを剥ぎ取り、パンティを引きちぎりました。
そして私のワギナを乱暴に舐め回しました。

 

「いやっいやっいやぁあああー」と泣く私に変質者は「濡れてるじゃねぇか。
親と亭主の浮気をみながらオナってたんだろう」っと私のクリトリスに噛み付き、乳首をひねりあげました。
「ひいいいいっ」とのけぞった途端、変質者のペニスが私の中に侵入してきました。

 

内では母が主人の上に乗って腰を回しています。
主人は母の口を求め二人は繋がりながらキスをしています。
私は乱暴に膣を犯され、事もあろうに私のワギナからはぐちゅぐちゅといやらしい音が・・・。

 

私はワケがわからなくなり、腰の辺りから甘い痺れが広がり、変質者に抱きつきました。
口から雑巾を取り払われ変質者の臭い唾液を飲まされました。
私は泣きながらも、その汚い唾液を飲みました。

 

「同じようにしてやるよ」と変質者は私を裏返して四つんばいにさせました。
みると母は犬のような格好で主人に貫かれていました。
しかし私は激痛で悲鳴を上げました。

 

質者は私のワギナではなく、お尻に太いペニスをねじ込んだのです。
痛さのあまり悲鳴しかでなかったのに、主人が母の乳房を優しく揉みながら後ろから母を犯しているのを見ていると、私はお尻を犯される激痛が激しい快感へと変わっていくのを感じました。
変質者は主人と同じように、しかし私には乳首が千切れるくらいひねり上げました主人が母の背中にキスをすると変質者は私の背中を強烈に噛みました主人が母の腰を抱え込んでピストンすると変質者は乱暴に私の紙をつかみながら腰を打ち付けてきました。

 

そして私は狂気のような快楽に・・・お尻を犯されたままイッてしまいました・・・「い・・イク・・・うっつ」と思わず言葉にしていました。
室内では主人が母を正上位にして抱きしめ、激しくキスをしながら腰をすごく動かしていました。
母は足を主人の背中にからめ、二人とも絶頂を迎えるようでした。

 

私も変質者に同じように正上位にされ室内を見ながら、再びイカされそうになったとき変質者が「沢山、出すからな。受け止めれよ」とニヤけながら言いました。
「なっ・・中にはださないでぇぇ!」と叫びましたが、激しくピストン運動をされ再び汚い唾液を飲まされ舌をしびれるほど吸われ、乳首や首筋をきつく噛まれ私は頭が真っ白になって「イクっイクっ!イッちゃうー!!!」と変質者の腰の動きにあわせてお尻を振っていました。

 

質者は「うっ!!出る!」と言うと私の子宮の中にドクドクといつまでも放っていました。
・・・私は庭に放置されぼんやりと室内に目を向けると主人が母を腕枕にして二人で満たされた表情でソファーに横たわっていました。
母のむき出しの充血したワギナがぱっくりと見え主人の精子が溢れ出ているのが見えます。

 

痛い体を起こすと、私のワギナから精液が流れおちました。
家には入らず、その日はホテルに泊まりました。
翌朝帰ってみると主人と母はごく普通でした。

 

しかし、その日の午後から主人と母とで二人で買い物に行ってしまいました。
私の体中には変質者の歯型やら、縛られた後が付いていました・・・。
しかし主人は気付きません。

 

って、あれ以来、主人とのセックスは全くなくなり、深夜になると毎晩、主人は寝室から、姿を消します。
一度、深夜母の部屋の前を通った時、母のあえぎ声が部屋からしていました。
私は惨めに一人で泣きながら寝ています。

 

主人が仕事のとき母の外出も目に見えて増え、私が一人で家にいるとき、あのときの変質者が、やってきては私を犯します。
私も鍵を開けて迎え入れ、惨めな快楽を与えられながら、体を変質者のおもちゃにされています。
生理も止まり妊娠しているのがわかりました。

 

変質者の子供です。
主人には、まだ言ってません。
もう死にたいです・・・。

 

が主人の腕枕で眠りについている頃、私は一人ぼっちです
 

当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】