告白H体験談

人妻・主婦・母親の禁断告白&エッチ体験談

人妻の不倫情事から主婦の浮気告白に母親の禁断体験や熟女&おばさんとのセックス体験など既婚女性達とのエッチな体験談から母子相姦までご紹介。

夫の先輩社員を社宅に招き入れて激しくセックスしちゃったドキドキの体験談

読了までの目安時間:約 17分

夫の先輩社員を社宅に招き入れて激しくセックスしちゃったドキドキの体験談【イメージ画像1】

 
んにちは。
私もおなじ社宅の人とときどきエッチなことしてます。
 

昨日、ついにさいごまでしちゃいました。
 
ごいどきどきしますね。
 

私の場合は主人の先輩がお相手なので余計に興奮しちゃって。
その人、主人と同じ部署だから主人の仕事の時間とかも知ってるから主人が遅い日なんかは、仕事の後うちによって行くんです。
 

 

夫の先輩社員を社宅に招き入れて激しくセックスしちゃったドキドキの体験談【イメージ画像2】

 
れで、3階上の自宅に帰っていくんですよね。
顔もすごく好みだし、いけないと分かってるけどやめられないです・・・出会いは私の結婚式でした。
 

12年前です。

人の仕事仲間として出席してました。
 

彼は主人の先輩で、一緒に仕事してた人です。
今は部署は一緒だけど仕事は別みたい・・・。
 

輩と言っても、彼と主人は2つしか歳が離れていなく、ほとんど友達みたいな関係です。
独身のころからしょっちゅう飲みに行ってたみたいだし。
 

結婚して社宅に入りました。

の人が4階に住んでるって主人には聞いてました。
 

うちは1階です。
社宅に入って1年くらい経ったころ、ゴミを出しにいった時にたまたま会いました。
 

ミを捨てて家に入ろうとしたときに「りんちゃん?」って声をかけられて振り返ると彼でした。
彼はその日、休日出勤の代休だったらしくて。
 

ちょっと立ち話をして、奥さんも働いてることが分かりました。

の日うちの主人はもちろん仕事に行ってました。
 

立ち話をして家に入った後、たまたま主人から電話があったので、「吉田さん(彼のこと)に会ったよ。今日休みなんだって」と言うと主人は「おぉそうかー。
昼ごはんでも食べにいけば?」といわれました。
 

は結婚して地元を離れたので友達もいなく、そのころ引きこもりがちだったので主人は気を使ったのだと思うのですけど、主人の先輩と昼ごはんなんてあり得ないと思ったので「そうだねぇ」と適当に流しました。
でも、昼過ぎくらいに携帯に知らない番号から電話がかかってきて、出たら彼。
 

どうやら主人が、彼に私の携帯番号教えたらしくて。

に「御飯でも食べにいこうか」と誘われて、近所のカフェに御飯を食べに行きました。
 

その日は色々話して、ちょっと仲良くなった程度です。
でもその日以来、彼は休日出勤の代休が多いことを知りました。
 

にしろ2週間に1回くらいのペースで昼に電話があるんです。
さすがにそれを3ヶ月も続けたころ、彼が「あんまり誘うと××(主人)に悪いね。」と。
 

はちょっと残念に思ったんですが、もう誘われないかなーと思ってました。
でも電話はいつもどおりのペースでかかってくるんです。
 

その頃から主人には話さなくなってました。

んなことが半年ほど続きました。
 

半年前くらいから、食事をしたあと、彼を家に上げるようになってしまいました。
いつも彼のおごりだったので、私たち夫婦が彼夫婦を自宅に夕食に招いてお礼はしてたんです。
 

けど、秘密にし始めたころからお礼もしなくなっていたので(主人も彼の奥さんもしらないし)お礼のつもりで、食事のあとにお茶を出してました。
彼といたいのもあったし。
 

ある日、いつもみたいにコーヒーを出しました。

の前の日にソファを買ってたんです。
 

彼はそれを見て「ソファかったの?」と。
「座ってみます?」ということになって、ソファに移動したんです。
 

人で並んでコーヒーを飲みながら話していたら、話が途切れたとき、彼にじっと見つめられました。
彼の綺麗な顔をみてたら吸い込まれそうになって、こっちもじっとみつめたら、手を握られて・・・多分すごく汗ばんでたと思う・・・キスされました。
 

最初は軽く舌を入れる程度だったのに、だんだん大胆になって・・・とろけそうでした。

ごくキスが上手でした。
 

彼は「唇がすごく柔らかいね」って。
嬉しくて顔から火が出そうでした。
 

ばらくキスをしたあと「ごめん・・・ずっと気になってたんだよね。りんちゃんのこと。すごく好みで、かわいいなあってずっと思ってた。だけど、もうこれで忘れるから。本当にごめん」ってあやまられてしまいました。
 

も気になってました」って言うのが精一杯だった。
もう会えないだろうなぁと思ってたんですけど・・・その次の日、主人から「今日も遅いから先食べてて」と夕食の時間の頃にいつものように電話がかかってきた後、一人で御飯を食べていたらチャイムがなりました。
 

インターホンで出ると、「池田です」と、彼が尋ねてきたんです。

はスーツ姿でした。
 

「今から帰ろうと思ったんだけど」って笑いながら立ってました。
私は何も考えずに「どうぞ」って彼を中に入れてました。
 

にコーヒーを出して、私は御飯の続きを食べました。
彼は御飯は家に帰って食べるといいました。
 

「今日は××、夜中になるとおもうよ」彼がいいました。

近あいつ、すごい忙しいプロジェクトに入っちゃったからね。さみしくない?」
と聞かれ「ちょっとさみしいけど、一人も平気なほうなので」
と言うと「そうか」と彼。
 

その日はまたキスをしました。

は2時間くらいで自宅に帰りました。
 

そんなことが続いて、昨日・・・。
いつもみたいに主人から遅くなると電話がかかってきました。
 

このところは彼も忙しいみたいで、1ヶ月ほどうちには来てなかったんですけど昨日久しぶりにうちに来ました。
コーヒーをだして、ソファに座っていると、彼がキスをしてきました。
 

昨日の前に会ったときに、寸前まで行ってたので、昨日はもしかしたらと思っていました。

は前にしたみたいに、首筋にキスをしてきて、服の上からおっぱいを揉んで着ました。
 

「いいにおいがするね」
とか「細いね」とかいっぱい言ってくれて・・・だんだんいい気持ちになって・・・キャミソールをたくしあげられて、背中に手をまわされて、ホックをはずされそうになって、「いや」
と言うと「どうして?みたいな、りんちゃんの」と言われて、もうとろけそうでした。
あっさりホックをはずされて、彼はおっぱいに吸い付いてきました。
 

手で揉みながら乳首を吸いながら・・・もうぐっしょり濡れてました。
だんだん彼の息が荒くなって、激しくもまれて吸われて・・・無意識に彼の頭をかかえこんで、自分のおっぱいに思い切りおしつけてました。
 

彼に手をとられて、スーツのパンツの上から・・・握らされました。

のもかちかちになってました。
 

私は、ジーンズを脱がされそうになってふと我に返り、「シャワー」と言うと彼は「このままがいい・・・」って言うんです。
昨日は暑かったし、あせもいっぱいかいたから嫌だったのに、「でも」
というと「いいの、このままが」と、いわれるままにジーンズを脱がされ・・・下着の上からクリをいじりまわされて、下着もぐちょぐちょでした。
 

ごいよ、ココ」とか言われて、もう骨抜き状態でした。
彼は私の足を開いて、間に頭を入れてきて、下着の上からなめられました。
 

臭いがするんじゃないかとおもうと恥ずかしくて余計に濡れるのがわかりました。

わず声を出しました。
 

彼は下着を横にずらして、私のアソコをじっと見つめるんです。
「やだ」
と言うと「すごいよ・・・もっと濡らして・・・」って言われてクリを軽く吸われただけで、もういきそうなくらいでした。
 

はしばらく、胸をもみながらクリを吸いました。
私は、軽くいきました。
 

ぐったりしていると、上にのってきて、しばらくキスをしました。

ーもうだめだ・・・りんちゃん・・・いれていい?」と聞かれてうなづきました。
 

私はピルを飲んでます。
だからもう、気になることはなにもないし、入れて欲しかった・・・彼はいそいでパンツと下着をとってシャツの前を開け・・・彼は自分のを手で持って、アソコの入り口でぬるぬる滑らせながら「りんちゃんすごい濡れてる・・・気持ちよさそう」って言いながらだんだん入れてきました。
 

のは・・・見たときから分かってたけど、結構大きくて・・・先っちょだけ入ったときにすでにすごい快感でした。
「りんちゃんの結構キツいね」といわれて・・・もう興奮しすぎて死にそうでした。
 

ずっと我慢していたけど、彼のが入ってくるとき思わず「あぁーー」って声を上げてしまった。

も興奮してるみたいで・・・ゆっくり出し入れされるんだけど、もう濡れ方もすごくてこっちがはずかしくなるほどぐちゅぐちゅいってました。
 

「すごい、すごい」って彼はずっと言ってくれました。
「あーからみついてくるみたい・・・りんちゃんえっちだね・・・すごいよ」と耳元でいわれてもうあのセリフ思い出すだけで今でも全身の力がぬけそうなくらい・・・彼は腰をちょっと早めに動かしながら、中の様子をいろいろ言ってくるんです。
 

人が黙ってエッチするほうなので、新鮮ですごく良かった。
私も思わず「吉田さんのすごい」
とか「大きい」
とか「かたいよぉ」とか普段いわないようなことを口走りました。
 

途中でうつぶせにされて、足を閉じた状態で後ろから入れられたときがすごかった。

いそうなくらい気持ちよくて、、思わず後ろに手をまわして彼のお尻を力いっぱい自分の方に寄せて、自分で腰をまわしました。
 

今までにないくらいすごいイキ方をして・・・自分から出た液体で革張りのソファが滑るくらい・・・彼も良かったみたいで、「ああもうだめ・・・いきそう・・・いっていい?」と聞かれて「うん。
私ももういく!」て叫んでました彼に「一緒にいこうね・・・りんちゃん・・・いくよ・・・」って言われた瞬間にいきました彼は「あーすごい中が・・・りんちゃんイったでしょ・・中がすごい締め付けるから・・・オレもうだめ!」て言われて「中にだして中にだして」って結構大きい声で言ってしまった・・・「ほんといいの?」って言いながら彼はお尻の上に出しました。
 

ばい、ちょっと中にだしちゃった」と耳元でささやかれて「わたしピルのんでるんです」って言ったら、彼はちょっとわらって「あ、そうなんだあ」。
って。
 

しばらくそのまま、後ろから彼がうなじにキスをしてきたりしてました。

のへんにあったティッシュでお尻とアソコを拭かれて、仰向けにされて抱き起こされて、向かい合って抱き合ってキスをしました。
 

ずっとキスしてると、彼のがまた大きくなってきて・・・「あっ」って私が言うと、彼も恥ずかしそうに「あ・・・あはは」って。
私は彼のを握り締めて、自分から口にいれました。
 

は横になって、私のお尻を自分の顔のほうに寄せました。
69の形になって、夢中でしゃぶりました。
 

先からぬるぬるした液体が一杯出て・・・彼に「上手だね。きもちいいよ」って言われて、私もさらに濡れました。
 

に「顔の上に座って」と言われて、向きを変えて、彼の顔の上にまたがりました。
アソコに舌を思い切りいれられて、下から「エロい・・・」って言われました。
 

きもちよくて座ってられなくなって、私が上のまま、彼のを自分のアソコにこすり付けました。

は「またしたいの?すごいことになってるけど」って意地悪を言うので「うん・・・だって吉田さんのもすごいよ」って言うと、何も言わずにいきなりズボッと入れられて、すごい勢いで下から突かれました。
 

本当にすごくて、子宮口に当たっていたいくらい・・・思わず「あっ、あっ」って叫び続けました。
彼は起き上がってバックの体制にして、またいっぱい突かれました。
 

いっぱい後ろからお尻をつかまれながら・・・急にお漏らししそうな気分になってたのでソファの背にかけていたタオルをとって「おもらししそう・・・」っていうと、彼は「うん」と言って正上位になり、私の腰だけをうんと持ち上げて、がんがん突いてくるんです。
その刺激で本当におしっこ漏らしそう!って思ったとき、ぴゅーって・・・「りんちゃん潮ふいちゃったね」って・・・「ほら」って濡れたタオルを渡されました。
 

色もにおいもなかった・・・初めて潮ふきました。

は正上位のまま腰を出し入れし続けて、動きがだんだん早くなって「りんちゃん中でいいの?」って聞かれて、意識が朦朧としながらうんうん、ってうなずいてました。
 

私も頭がまっしろになってアソコがぎゅーっとしまるのが自分でもわかるくらいでした。
彼は「ああああ」って言いながら中でビクビクさせながらいきました。
 

ばらく入れたまま、息が整うまで重なりあっていました。
キスをして、離れました。
 

「りんちゃんと相性すごくいいみたい(笑)どうしようか、オレたち(笑)」って言われました。

はシャワーをあびて、元のとおりのスーツ姿にもどって、3階上の自宅に帰って行きました・・・。
 

そのあと、主人が帰ってくるまでにソファを拭いたり空気の入れ替えしたり、お風呂に入ったり。
・・・主人が帰ってきてもドキドキ。
 

日は深夜に主人にも求められてしまって、彼とのことを思い出して悪いことしてるんだと思うと興奮してしまって、主人に「どうした?今日はなんかちがうね」って言われて・・・ちょっとビクビクしています。
彼とはもうしばらくは時々会いたいと思ってます。
 

バレないようにしなきゃ・・・長くなってどうもすみませんでした。

付き合いありがとうございます。
 

私は身長160センチ、体重48キロです。
胸はCカップです。
 

がもうちょっと大きかったらなぁ・・・ショボン昨日はジーンズに黒いキャミソール姿でした。

 

【広告】

●麻薬捜査官 菊門狂乱拷問XX みひな● 辱め動画でヌイちゃった!

密売組織の狡猾な罠に嵌り、拘束されてしまう。

【●麻薬捜査官 菊門狂乱拷問XX みひな● 辱め動画でヌイちゃった!】-1【●麻薬捜査官 菊門狂乱拷問XX みひな● 辱め動画でヌイちゃった!】-2
【●麻薬捜査官 菊門狂乱拷問XX みひな● 辱め動画でヌイちゃった!】-3【●麻薬捜査官 菊門狂乱拷問XX みひな● 辱め動画でヌイちゃった!】-4
【●麻薬捜査官 菊門狂乱拷問XX みひな● 辱め動画でヌイちゃった!】-5【●麻薬捜査官 菊門狂乱拷問XX みひな● 辱め動画でヌイちゃった!】-6


麻薬捜査課主任、瀬戸綾香に史上最大の惨劇が襲う。


そして、憎むべき凶悪媚薬を注入され、プライドの高い綾香が最も人に隠しておきたい部分、肛門と秘唇が狙われる。

レーベル:ベイビーエンターテイメント、  出演者:みひな、  作品タイトル:麻薬捜査官 菊門狂乱拷問XX みひな


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数140万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
●麻薬捜査官 菊門狂乱拷問XX みひな● 辱め動画でヌイちゃった! に管理人のつぶやき
 
こね奪う女子校生達がいる。おもちゃをじっくりとご堪能あれ。深い眠りに落ちていく。大量投入!20代後半の巨乳OL。トイレお似合いだぜ。大人気OLナンパ。とツン顔を妹の着替え・・・飽きがくるものである。
 

 

45歳で専業主婦なのですが退屈なのもあって中3の男の子に抱かれるのを許してしまいました

読了までの目安時間:約 8分

45歳で専業主婦なのですが退屈なのもあって中3の男の子に抱かれるのを許してしまいました【イメージ画像1】

 
は45才の専業主婦をしている人妻です。
子供は高校2年生の長女と高校1年生の次女と1歳になる三女と生まれたばかりの四女がいます。
 

今から2年前の事、子供も手が離れる歳になり、自由な時間がふえたので近所のテニススクールに通いだしました。
 
い、夫が会社を経営しているので家計を気にする事無く、セレブ生活を満喫しておりました。
 

テニススクールで仲良くなった妙子さんの家にちょくちょくスクールの終わった後遊びにいく事が多くなり、妙子さんの息子、翔君(当時、中学1年生の13才、現在は中学3年の15歳)とたまに顔を合わせるようになりました。
女の子みたいで可愛く「もてるだろうなぁ~」となんて思ってました。
 

 

45歳で専業主婦なのですが退屈なのもあって中3の男の子に抱かれるのを許してしまいました【イメージ画像2】

 
る日、月に2回程通っているエステに行った時です。
エステが終わり、喫茶店でお茶をしていたら「こんにちわ」と声をかけられ顔をあげると、翔君がニコニコしてがいました。
 

「あら!どうしたの?」
「僕、この近くの学校に通っているいるんですよ」今は下校中だからと言って私の前に座りました。

近で見る翔君は本当に美形で、私はドキドキしていました。
 

とりとめのない会話を交わし、そろそろ帰る頃、翔君に「ハンバーグとか好き?この近くに美味しいお店があるんですけど今度いかない」と誘いました。
翔君は「うん」と言い、それなら「連絡先を教えて」といってメールアドレスを交換いたしました。
 

から次の日にメールを送り、「今度の休みにランチはどう」と誘いました。
こんなおばさんの誘いに乗ってくれるかしら。
 

休みはとくに用事がないとの事で約束をし会いました。

ちろん妙子さんには内緒で。
 

でも、母親といってもいい年齢の女が誘うとは思っていないでしょう。
この歳になると誘っても中々ものにするのも大変です。
 

としては美形の男の子に会う確立が少ないので何とかものにしたいのです。
私の頭は翔君のことでいっぱいでした。
 

そして、休みの日に翔君に会いました。

君は中学生ながら話が上手で、年齢を気にすることなく楽しい時間でした。
 

食事を終え店を出ると私は手を繋いできました。
今考えると手を繋いで歩くなんて、誰に会うか分からないのに、その時は嬉しさと恥ずかしさで私も大胆でした。
 

のこれは」翔君がちょっと恥ずかしそうに前を向いたまま尋ねてきました。
「いいじゃない。それともこんなおばさんが相手だと嫌?」
「そんなことはありません。むしろ嬉しいです。亜子さん(私の名前)美人だから」
「あらそう、うれしいな」
「うん!仲良くなれて嬉しいです」翔君は私に好意を持っていてくれる。
 

し、いける。
「じゃあ、もっと私と仲良くなりましょ」
「えっ」
「明日の夜まで家族はみんな出かけているから」
「でも」
「私のこと嫌い」
「好きです」
「じゃあ、行きましょう」私の家に行くまで本当にドキドキした。
 

翔君は黙ってしまい、私も顔が赤くなり、握った手の熱さだけが二人の気持ちでした。

に戻り、夫婦の寝室に入りました。
 

私も翔君も、始めは照れて、もぞもぞとしていましたが、私が翔君にキスをしてから緊張の糸が切れ、二人とも興奮して服のままセックスをしたんです。
翔君は初めてなので私の中にすぐに出してしまいました。
 

れでも、私は満足でした。
だって、翔君の童貞を奪えたのですから。
 

それに、いっぱいザーメンを私の中に出してくれたのです。

かも、濃いお汁でした。
 

2回目以降はゆっくりと楽しみました。
私から責めたりもしました。
 

い男の子の肉体を十分に堪能し、それだけではなく、翔君を本当に好きになってしまいました。
二人はこの夜から歳の離れた恋人になったのです。
 

2年経った今でもその気持ちは変わりませんし、関係は続いています。

だ、少し問題もありました。
 

1つは私が翔君の子供を産んだ事。
三女と四女は私と翔君の間にできた子供です。
 

い、夫と翔君の血液型は同じでなのでばれずにいます。
私と翔君に似て、とても可愛いです。
 

翔君は三女と四女を可愛がってくれています。

れはそれほど問題ではありません。
 

むしろ、好きな人の子供が産めたので嬉しいです。
もう1つは長女と次女に私達の関係がばれた事。
 

人は黙っている事を条件に翔君と関係を持ち、処女を捧げたからとそのまま恋人になりました。
夫は長女が翔君の彼女だと思い込んでいるので、私との関係を疑われる事はありませんが、そのために翔君とは週に2日しかセックスしかできません。
 

ばれる前は毎日のようにセックスをしていましたが、長女と次女も加わった事で1人につき、1週間に2日と決められました。

り1日は三女と四女の面倒を見るために休み。)それでも、夫が出張の日に夫婦の寝室で三女と四女が隣りで寝てる中、私と長女と次女が四つん這いになり三人並んで翔君にお尻を突き出し、一人づつバックから犯してもらい、膣内にたっぷりとザーメンを注ぎ込んでから「三人とも僕の恋人だよ。みんな、愛している」といってくれるから、いいとしています。
 

 

【広告】

シン・催●隷女 #弐号 平井栞奈 平井栞奈

そんな女の懐に入る為、あらゆる手を尽くしてみる。

【シン・催●隷女 #弐号 平井栞奈 平井栞奈】-1【シン・催●隷女 #弐号 平井栞奈 平井栞奈】-2
【シン・催●隷女 #弐号 平井栞奈 平井栞奈】-3【シン・催●隷女 #弐号 平井栞奈 平井栞奈】-4
【シン・催●隷女 #弐号 平井栞奈 平井栞奈】-5【シン・催●隷女 #弐号 平井栞奈 平井栞奈】-6


他人を信用しない、スピリチュアル的なことも信用しない。


女の関係していた人物にリサーチし作戦を練る。

レーベル:妄想族、  出演者:平井栞奈、  作品タイトル:シン・催●隷女 #弐号 平井栞奈


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数140万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
シン・催●隷女 #弐号 平井栞奈 平井栞奈 に管理人のつぶやき
 
している学生たち。変態男達。じっくり鑑賞出来ます。このオッパイは・・・OLも教師もただの淫乱女だ!こんな女はもうゴメンだ。変えながら快感を勝手に発売!いったい何が?責められ、有名女優ばっかり!早くヤろうよ!
 

 

両親の都合で実家に帰った時に妊娠中なのに8つ違いの弟と繋がってしまいました

読了までの目安時間:約 10分

両親の都合で実家に帰った時に妊娠中なのに8つ違いの弟と繋がってしまいました【イメージ画像1】

 
親が知人のお通夜とお葬式で、2日ほど家を空ける事になった時、弟の食事の世話などする為に実家に帰りました。
私は妊娠中だったけど、大してつわりもなく落ち着いていたし、何より主人の親と同居していたので、息抜き出来ると喜んで帰りました。
 

弟の孝司とは8つ違いで高校1年。
 
さい時から私が良く面倒を見ていて、孝司も私にベッタリでかなり甘えん坊でした。
 

その上すごく気が弱くて人見知り、だけどすごく優しくて、私が熱を出した時など付きっきりで看病(ただ側に居ただけですけど(笑))してくれて、そんな孝司が可愛くて好きでした。
その日、食事もお風呂も済ませてリビングで一緒にテレビを見ている時、翌日が孝司の誕生日だったので「明日の誕生日、お姉ちゃんがケーキ作ってあげるからね?」
「ほんと?…ありがとう」その時私は、ゆったりしたニットのワンピースにノーブラで、普段は出来ないような楽な格好をしていて、後から思えば孝司の視線がチラチラ胸元を覗いていたような気がします。
 

 

両親の都合で実家に帰った時に妊娠中なのに8つ違いの弟と繋がってしまいました【イメージ画像2】

 
生日のプレゼント、何か欲しい物ある?」
「欲しい物……うーん…」
「何でもいいから言ってごらんよ」
「ほんとに何でもいいの?」
「あんまり高過ぎなければね(笑)」
「じゃあ…欲しい物ってゆうか……お姉ちゃんにお願いがあるんだけど…」妙に恥ずかしそうにしている孝司を不思議に思いながらも「お願い?…いいよ。
…なに?」
「お姉ちゃんと………」
「ん?…お姉ちゃんと…なに?」
「いや……やっぱりいい…」
「なによぉ~…言ってみなさいって…ダメなら断るから(笑)」
「いい……無理だから…何か服でも買って?」
「言いかけて止めるなんて、男らしくないなぁ~…」孝司のお願いを聞いてみたくて、ソファーに両肩を押し付けて顔を間近に寄せて「お姉ちゃんにお願い…言いなさい!」強く迫ると孝司も観念したようで「お姉ちゃんと……」
「うん、お姉ちゃんと?」
「……エッチしたい…」
「えっ?…」そう言って顔を赤くして視線を逸らす孝司。
 

私も予想外の言葉に固まってしまって暫しの沈黙その雰囲気に耐えられなくなった私が「なんでそんな事……」孝司は視線を逸らしたまま「ずっと…お姉ちゃんが好きで……いつもお姉ちゃんでオナニーしてた………お姉ちゃんとエッチしたくて……ごめん…忘れて?…服でいいよ…」気が弱い孝司がここまで思い切った事を言うなんて、かなり頑張ったなぁと思いながら「孝司の気持ちは嬉しいよ?…」
「でも無理な話だから……服買って?」無理して笑顔を作っている孝司が可愛くて、何だかキュンとなってきて、孝司の気持ちを受け入れてあげたくなってしまいました。

自身、妊娠してから主人とレス状態で、少し欲求不満だったせいもあるけど、孝司の気持ちを聞いて身体が熱くなってきて、1度だけならと思ってしまって…。
 

「今から孝司は夢を見ます」
「へ?…いや…眠くないけど…」
「目を覚まして思い出すかも知れないけど…それは…夢だからね?」キョトンとしている孝司の肩に手を回して唇に「チュッ…」
「お姉ちゃん?…」目を丸くして驚いている孝司の上に向かい合わせに跨がると、オデコをつけて唇が触れそうな距離で見つめて「今日だけ……夢……見よう?…」
「お姉ちゃん…はぁ…はぁ……いいの?」
「今日だけ見える…夢だからね?…」息遣いの粗くなった孝司を抱き締めて優しく何度もキスしていると、それだけで固くなってくるのを股間に感じました。
私は腰を揺らして刺激しながら「孝司の……固くなってる…」
「だって…はぁ…はぁ…」
「脱ぐ?」孝司のシャツを脱がせて、腰を前後に揺らしながら乳首にキスすると、私のお尻を両手で掴んで股間を擦りつけてきました。
 

ウェットのズボンとパンツをズラして固く勃起したオチンチンを出して、亀頭を指で撫で回すとすぐにガマン汁でヌルヌルになってきました。
「お姉ちゃん……お姉ちゃん……はぁ…はぁ…」腰を動かしながら夢中でキスしてくる孝司少し落ち着かせるように、ゆっくり優しくキスを返すと「お姉ちゃん…はぁ…はぁ……お腹…大丈夫?…」
「大丈夫よ?…楽にして…」唇を離して、孝司の脚の間にしゃがみながらズボンとパンツを脱がせると、目の前で固く勃起したモノは主人のより少し大きくて「孝司の…おっきいね…」ちょっと嬉しそうな表情になった孝司のオチンチンにキスして口にくわえると、身体がビクッとして天を仰いで「あぁ~っ//…」口の中で一回り大きく膨らんだ亀頭を舐めながら唇で上下に擦ってあげると、脚を突っ張らせながら両手で私の肩を起こそうとして「お姉ちゃん…ダメッ…待って//…」イキそうなんだと思って激しくしゃぶってあげると、腰を突き出して私の口の中で射精しました「お姉ちゃん…はぁ…はぁ…出ちゃった…」
「気持ち良かった?」
「気持ち良かったけど…してないのに…」射精して少し柔らかくなったオチンチンで辛そうにしている孝司「すぐ出来るようになるから…大丈夫…」孝司を見つめたまま見えるようにオチンチンに舌を這わせると、すぐにギンギンになってきました。
 

「これで…出来るでしょ?」立ち上がってショーツを脱いで、孝司の上に跨がって「入れるよ?」頷いてゴクンと生唾を飲む孝司を見つめたまま、腰を沈めて奥までゆっくり挿入させると、腰を押し付けるようにしてギュッと抱き着いてきて「気持ちいい?」
「すごい…気持ちいい……」
「すぐに出ないように…ゆっくりするよ?」
「うん//……」孝司の顔をジッと見つめてゆっくり身体を上下させると、孝司も私を見つめて腰を動かしてくる「お姉ちゃんの中に…はぁ…はぁ…入ってる……」
「孝司が中に入ってるの…感じるよ?…」暫くゆっくり出し入れさせて、立ち上がってオチンチンを抜くと「あっ//…お姉ちゃん…はぁ…はぁ…」
「今度は…孝司がして?」ソファーに座って脚を広げて見せると、広げた脚ごと私の腰を抱えてゆっくり挿入してきました。

慢するようにゆっくり腰を動かして出し入れさせる孝司「お姉ちゃんの中…気持ちいい?」
「すごい…気持ちいいよ……はぁ…はぁ…」
「孝司のオチンチンも気持ちいいよ?」
「ほんと?…お姉ちゃんも気持ちいい?」孝司を抱き寄せてキスしながら「気持ちいいから…もう少し早く動かして?…お腹は大丈夫だから…」
「うん……はぁ…はぁ…」孝司の腰の動きが早くなってくると、擦れる音が聞こえてきて、その音に興奮したように孝司の動きが激しくなってくる「お姉ちゃん…はぁ…はぁ…もう…出そう//」
「お姉ちゃんの中に出していいから…そのまま…激しくして…」夢中で腰を動かしながら抱き着いてくると「お姉ちゃん……あぁっ……」孝司の動きが止まってグッと奥まで差し込まれると、中に噴き出してくるものを感じて、ギュッと抱き締めてキスしてあげると、身体を震わせながら私の中で射精していました。
 

その日は一緒にベットで寝て、孝司が眠るまで抱き締めて頭を撫でてあげていました。
次の朝、キッチンで朝食の支度をしていると孝司が起きてきて「おはよう、ご飯出来てるよ?」普段と変わらない挨拶をすると、孝司はゆっくり大きく深呼吸して、息を吐いて割りきったように「おはよう」そう言って朝食を食べていました。
 

は昨夜の約束を確認するように「孝司……いい夢…見れた?」
「うん…すごくいい夢……一生忘れない…」孝司との関係は、その1度きりで2人だけの秘密の夢です。

 

【広告】

★泉りおん★ 後ろ手拘束でジタバタ悶える罰則くすぐり くすぐり映像を見たいならこちらからWW

】泉りおん後ろ手拘束をされたりおんチャンに罰としてくすぐりします。

【★泉りおん★ 後ろ手拘束でジタバタ悶える罰則くすぐり くすぐり映像を見たいならこちらからWW】-1【★泉りおん★ 後ろ手拘束でジタバタ悶える罰則くすぐり くすぐり映像を見たいならこちらからWW】-2
【★泉りおん★ 後ろ手拘束でジタバタ悶える罰則くすぐり くすぐり映像を見たいならこちらからWW】-3【★泉りおん★ 後ろ手拘束でジタバタ悶える罰則くすぐり くすぐり映像を見たいならこちらからWW】-4
【★泉りおん★ 後ろ手拘束でジタバタ悶える罰則くすぐり くすぐり映像を見たいならこちらからWW】-5【★泉りおん★ 後ろ手拘束でジタバタ悶える罰則くすぐり くすぐり映像を見たいならこちらからWW】-6


わかしラボVol.3【後ろ手拘束でジタバタ悶える罰則くすぐり!!


反応が超敏感で汗びっちょりになるりおんチャン。

レーベル:アドア、  出演者:泉りおん、  作品タイトル:後ろ手拘束でジタバタ悶える罰則くすぐり


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数140万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
★泉りおん★ 後ろ手拘束でジタバタ悶える罰則くすぐり くすぐり映像を見たいならこちらからWW に管理人のつぶやき
 
【謝肉祭】、いいんですか?微乳が露に。人気のギャル中出しシリーズ!揺らし、ご覧下さい!使った王道のソープ。突き出しなさい!チェック いきなり全裸!キモチいい事止められない!どうぞお見逃し無く。電マやクンニで何度も絶頂!
 

 

旦那以外の男性とセックスをしてみたら身も心もトロトロで忘れることができません

読了までの目安時間:約 20分

旦那以外の男性とセックスをしてみたら身も心もトロトロで忘れることができません【イメージ画像1】

 
は39歳、兼業主婦をしています。
私は、先日、初めて夫以外の男性とSEXをしてしまいました。
 

そのときの様子をここに書いてみたくなりました。
 
日のデートで私は今も酔ったような気分でいます。
 

いつもの自分とは違った感覚・・何もかも上の空のような状態、気持ちがフワフワしていて落ち着かない。
寝てもさめても、あの時の記憶しかありません。
 

 

旦那以外の男性とセックスをしてみたら身も心もトロトロで忘れることができません【イメージ画像2】

 
テルのロビーで待ち合わせをしていました。
約束の時間より早く到着した私でしたが、その時に携帯が鳴って電話に出てみると社長からでした。
 

「ホテルに着いたら、○○号室にいるので、そのまま上にあがってきて」とのことでした。

となく・・・出かける前から予感はしていたものの、でも、やはり気は落ち着かず、ドキドキしっぱなしでした・・これからの自分のことを考えると・・不安・・。
 

部屋のドアの前のドアに立ち、チャイムを鳴らしました。
部屋の中から歩く音が聞こえ、近づいてくるというのがわかりました。
 

アのロックが外される音、それだけでドキッとしました。
社長が顔を出し私の顔を見るなり「大丈夫?」と聞いてきました。
 

「はい。何とか大丈夫です・・・」と答えると、肩をつかまれそのまま部屋のなかに導かれました。
 

日の仕事の話だが・・・・」と話し出す社長の言葉が、私にはなかなか耳に入ってきません・・・私はかなり緊張をしていたと思います。
緊張の原因はやはり社長の視線でした。
 

ホテルのなかのソファに座った時、ソファが柔らかすぎて、腰がずっしりソファに食い込んでしまったせいで、ミニスカートを履いた私の膝から上が見えそうになるのをずっとスカートのすそをおさえて座っていたためでした。

い向かいに座っている社長に、スカートの中身が、全てが、見えてしまう・・・だから、私はそれだけに必死でした。
 

「三田さん、今の話は、理解できた?」と聞かれたとき、ドキッとしてしまいました。
「何となくわかったような気がいたします」と答えると社長が笑い、「さっきからずっと緊張してるようだけど?ほんとに大丈夫?しょうがないから、三田さんの緊張を解いてあげよう」と社長が手馴れた手つきで、もともと用意してあった??ワインをワイングラスに注ぎいれてくれました。
 

っかく貴女と二人っきりになれたのだし、仕事の話も終わったし、ここでちょっとお話でもしましょう、じゃ、乾杯!」っていう感じで。
いくらかワインに口をつけたかと思います。
 

ワインぐらいなら飲めるはずなのに、なぜだか、体中が火照ってきました。

がまわる?という感覚のような、もう、からだ全体が燃えているような感覚というか、あまりにも熱くて、スーツの上に着ていたジャケットを脱いでタンクトップ1枚の姿になりました。
 

でも、さほど、私はその時、今までのドキドキ感は無くなっていて、気分的には何とも無かったように思います。
社長が私のそんな姿を見てか?「結構いい体つきをしてるんだね?」といったように思います。
 

、いえ、もうくたびれた体ですから、若いひとたちとは違います」と答えると、「今が一番年齢的にも熟してて旬な頃だよ」というと、いきなり、社長が私の手首を掴み、社長のほうへ引き寄せられました。
今まですそを必死に掴んでいた私の手がスカートから離れ、ショーツが見えそうになるぐらい、グイとつかまれその時とても焦りました。
 

私は酔ってはいなかったのです。

だすごくからだが熱かった、それだけ今でもからだが記憶しています。
 

社長から引き寄せられると、私は、そのまま社長の腕の中にいました。
肩を抱かれて自然に寄り添うように座っていました。
 

長のそばに居るとき感じたのは、知らない間に緊張が解けた状態だったということです。
たぶん、その時に、これから起こる出来事に対して、予感し、覚悟を決めていたのかもしれません・・・。
 

社長が「大丈夫だから安心していいよ」と言ってくださいました。

い、わかってます」とお返事をすると、社長が私のあごを持ち上げ、キスしてくださいました。
 

ス・・・それだけで私はとろけそうになってしまいました、もう幸せな気持ちでいっぱいになってしまい、そのまま、キスだけでいい、それ以上は何も無くても・・・なんておもっていました・・・でも、キスされながら、社長の手が私の肩からだんだんおりてきて、腰のあたりをさすっているとき、私は本能的に腰をちょっと浮かせて触らせやすいような体勢をとりました。
本当はもっともっと社長に触って欲しかったからです。
 

ると、社長が私をそのままソファの肘掛の部分を頭にするように寝かせてくれ、社長の体が次第に私の体の上に覆いかぶさってきました。
もう私は身動きがとれませんでした。
 

「私からだがとても熱くておかしくなりそうなんです」といったようです。

長が私の言葉を聞いて「うんうん」
と頷き、「だけど、とてもいい気持ちだろう?大丈夫、任せてくれれば、もっと気持ちよくしてあげる・・」といってくださいました。
 

「貴女の鎖骨はとてもきれいだね」といい、キスをしてくださいました。
「鎖骨ですか?」
「そんな骨をほめられたことは初めてです」というと、笑われました。
 

ん、とてもキレイだよ、それにすべすべしている、だけど、ここの下はどうなってるんだろう?と社長は、私のタンクトップのひもを持ち上げて言いました、「どうなってるのでしょうか?」というと、また笑われました。
社長の口車に乗せられ、私は着ているものをどんどん脱がされました。
 

最後のスカートに差し掛かった時、社長は手を止め、「ここはまだ駄目」って。

はー、きょうはちょっとばっかり緊張してしまうよ」
「え?そうなの?」と私がいうと、「俺のことを、浮気性で、いろんな女性とも関係を持っていることも知っていて、Hであることを全てわかっていて、それでも尚、俺を好きだと言ってくれてるひとが目の前にいるんだから、そのひととこれから関係していいものかどうか、正直言って、迷っている自分もいる・・」と。
 

「だけど、普段の俺なら、構わず食ってしまうところなんだけど、そうに思わせないのは、やはり、貴女の魅力なのかもしれない、そのまま黙って、部屋から出て行ってもらおうかと思ったんだけど、貴女がさっきジャケットを脱いだその姿を見た時に、俺自身、とてもドキッとして、そのまま、返すのは惜しいなんて思ってしまった・・・」その社長の正直?な言葉をいただいた時、更に強く決心させられました。
「このひととならいい!」と。
 

の後、ゆっくりであるけど、とても強く抱きしめられました。
私もドキドキなんて通り越していました・・。
 

その時、もっともっと強い欲求が襲っていました・・・なんていうか・・・あまりにも体が熱く火照って、アソコももう限界に達していたようなのです、どうしてこれほどまでにワインぐらいで酔ってしまったのか、私自身フシギでした。

に社長が私の胸のあたりを口づけしてくれている時に、私のからだの奥底から益々溢れ出てもうどうしようもないほど、社長が欲しくて欲しくてたまらないほどまでになっていました。
 

「もう、私、ほんとにとろけてしまいそうです、なんとかしてくださいませんか?」と。
そしたら、社長がちょっとだけ手の動きを止め、「貴女は媚薬というものは知っているかい?」
「いえ、知りません・・・」と答えると、「そう・・・このワインの中に媚薬というものを入れてみたんだ、貴女があまりにも緊張していたから、その緊張をといてあげたくてね?だから、それのせいかもしれないよ・・・」と社長が。
 

・・その時、初めて、ああああ・・・っと気づいたのでした・・・これが媚薬のせいなの?噂には聞いていたけど、これがそうなの・・・「どんな感じがするのか教えてごらん?」といわれ、正直に答えました。
「からだが熱くてもうどうしようもないぐらい・・・ガマンできないぐらいです」
と「どこがガマンできないの?」と聞かれ、「あの、言いづらいところ、あの、、、ジンジンしてる感じです」と言わされた感じでした。
 

とにかく私は早く社長の指でも何でもいいから、熱くなって溢れ出ている核心の部分に触れてほしくてたまりませんでした。

長が私のスカートの上から「もしかして?ココ?」と指差しましたので、うなづきました。
 

「じゃ、ちょっと、いいかい?貴女が嫌がることはしないから、少しだけ脚を広げられる?」と言われ、それに従う私がいました。
「あれ?オシャレなガーターつけてるね?これはもしかして新調したの?」と聞かれました。
 

論、私は頷いていました。
「せっかくだから、少しずつ剥ぎ取っていくよ、いいね?」ほんとに社長の言われるとおりに、「はい」というだけしかない私がいました・・・。
 

社長が少しずつガーターストッキングをガーターベルトに外しにかかった時、更に、私の体はビクンと感じてしまいました、だって、社長がそこに触れた途端、からだの奥から、ジャーっと何かが流れ出すのがわかったからです・・・もしかすると、私はそれだけでイッてしまった・・・。

長がそれに気づいて「あれーこんなに濡れちゃってるけど、もうイッちゃったのか?」と私に聞きます。
 

「そうみたいです、ごめんなさい・・・こんな経験初めてなので・・・」と答えてしまいました。
「じゃあ、これから、、、どうしようか?」
「そのまま続けてても大丈夫?」なんて聞いてきました。
 

の、いつも、そんな風に女性の方々に承諾を得るんですか?」とお聞きしました、そしたら、「貴女がこういう遊びに慣れてないというから、遠慮しちゃってるんだよ・・それに無理やりするつもりはないんだ、だって、俺と貴女の関係がぎくしゃくしたら、これからの仕事に支障が出ると困るからね。

「私は、正直いいますと、今日は、ちゃんと覚悟してきました、社長に抱かれてみたいのを一度は夢をみたこともあります。だから、大丈夫です」とお答えしました。
 

ゃ、わかった・・・」とひとこというと、私がそう答えた後の社長は、会社の中での社長ではなく、ひとりの男のひとでした。
それまで優しくしていただいていましたが、態度が急変し、私のスカートを荒く脱がせ、ガーターを剥ぎ取ると、私の両足をひょいと持ち上げ、肩にかけて、目の前にある私のアソコを見つめて、「きょう子は、とてもいやらしいおまんこしてるね、それにこんなに濡れてるよ、ほら、こんなにクチュクチュと音がなるぐらい濡れてる、こんな淫乱なんだ、きょう子は・・・」と、私のおまんこに顔を押し付け、舐めだしました。
 

私が「すごく気持ちいい・・・」というと、「じゃ、こんな感じはどう?」と指を奥へ挿入し激しく掻き回してくれ、もっと喘いでいる私がいました。

日のきょう子は仕事の話をしているときのきょう子の表情じゃなくなってるよ、俺には見せたことのないすごくいやらしい顔してて・・・それにここも凄い淫靡だし、それときょう子の声も、また凄く淫乱で、もっともっと喘いでもいいんだよ、もっともっと声をだしてごらん!」社長の言われたまま、私はすごく感じ始めました、とても気持ちがよくて、もっともっと乱れてみたいと私自身も思いました。
 

からだの疼きが抑えられなかった私は、「社長のPを舐めさせてください!」といってしまいました。
というより、私の手は社長のトランクスの上をなぞっていました。
 

慢できなくなった私は、社長のトランクスを勝手に脱がせてペニスを出し舐め始めていました、欲しくて欲しくてたまらなかった。
夢にまで見た社長のペニスを自分で舐めていると思った時、涙が出そうになりました、それほど、私は社長のことが好きだったんだとあらためて思いました。
 

「社長のペニスは、凄くおいしいです、舐めるとまだ大きくなるし、カリが特にステキです」というと、社長は「じゃ、69しよう」といいました。

が社長の上に乗り、社長をまたぐ格好になりました。
 

社長はいっぱい私のおまんこの中に指を2本?挿入し掻き回してくれました、私は気持ちがよくて気が遠くなりそうでした。
でも、社長のペニスを必死で嘗め回しました、おいしかった、すっごく。
 

長が「きょう子が上に乗って腰を動かしてみて」と騎乗位の体勢になりました。
私は膨大した社長のペニスを自分の中に挿入しおさめました。
 

ゆっくり腰を下ろすたびに、ペニスが私の膣のなかでフィットしていて膣壁に当たっているのがわかりました。

ごく気持ちが良くて、私は夢中で腰を振りました。
 

腰を振っている時に社長が「上手だねーきょう子は、さすがに鍛えているだけあるよ」とほめてくださいました。
「いいえ、そんな・・・恥ずかしいです、やめてください・・・」といいながらも私は私自身が感じてみたいがために腰を振っていました・・・。
 

楽も限界に達した時に社長は「まだまだだよ、まだイッちゃ駄目」っと今度は正上位に変わりました、社長は私にキスをしながら「まだだからね、イク時は一緒でないと駄目だから」といってくれました。
社長の腰の動きは慣れていました、ただ単調な動きだけではなく、強弱をつけて、腰を動かしていました、カリの部分が私の膣壁のどこかに触れているのがわかったとき、「私が一番感じるところを刺激してくれてる!」と思いました・・・たぶんGスポットです。
 

時間はどれぐらい経ったでしょうか、よくわからないまま、社長が、急に動きを止めました、あれ?どうしたの?と聞くと、「ああ、避妊しなくっちゃ・・・」とコンドームを取り出すのを見たので、「あ!コンドームはしないでください、私の中で出してください、今日は安全日だから!」と必死にお願いしてました。

にかく私は社長とひとつになりたかったのです。
 

だから・・・社長が「わかったけど、ほんとにいいんだね?」といってくれたときには「はい」と答えていました。
動きが更に大きく荒れて腰を打ち付ける音も激しくなってきました、何となく、激しすぎて痛くなってきて、「気持ちよくてどうにかなりそうです、私が上に!」と叫んで、私はまた騎乗位になり、私が腰を振りました、そうすることによって、打ち付けていた痛みを和らげようと思ったのと、もう少し、社長との交わっている時間を長くしたかったからです。
 

ばらく騎乗位で腰を振っていると、社長がそのとき起き上がりました。
松葉くずしの体勢になりました。
 

ちょっと難しい体位でしたが、社長がちゃんと私を膝の上に乗せてくれ、リズミカルに腰を振ってくださいました。

もそれに合わせて少しずつ腰を振りました。
 

体同士がほんとに密着しているというところがいいのです。
彼が空いている両手で私の胸を揉んでくれたり、私にキスしてくれたりする様は女性との扱いに慣れている証拠でもありました・・・。
 

けども、そんなことはどうでもよかった、社長との情事が嬉しくてたまらなかった・・。
彼は私がイクと言い出すまで、慣れたいろんな体位で、心行くまで私の快楽を追求してくれました。
 

しばらくしてからだじゅうが火照って、もう!ガマン限界直前の時に、私は「イクーーーーー、いっちゃうーー」と叫んでしまいました、そのときに既にもう言葉を発したと同時くらいに体の奥から流れ出たのが自分でもよーくわかりました。

は潮を吹いてしまったのです。
 

彼のペニスがそれを浴びてしまいました、彼が「凄い、凄い」を連発しながらまだ腰を動かしてくれていたのをはっきり覚えています。
彼は私よりも一寸遅れてからイッたようでした。
 

みません・・・私が先にイッてしまいました」と謝ると、「うんうん、大丈夫、凄く楽しいSEXだった、それに凄く気持ちよかったよ、こういうSEXは、あまり経験したことがないんだ、なかなか・・・精神的にもいいね」
と「でさ、もう1回やりたいね、貴女がよければもう1回試してみない?」なんて笑いながら言ってくださいました・・・その後、私と社長はもう1回SEXをしたのは言うまでもありませんが、時間の許す限り、その日交わった回数はといえば、あわせて、4回です・・・今日午前中にお会いしてきました、社長のプライベート部屋に呼ばれました。
何人かの秘書?らしき女性がいましたけど、私が名前を告げると、どうぞと奥の部屋へ案内されました。
 

私も社長がキープしている数十名の女性の一員になってしまいました。

までに不倫など経験のないくせにものすごく淫乱であるということや、私とSEXすると、なぜだか心が癒されるからという理由で、社長から交際してくれるようにと言われております。
 

こんな私だけど・・・なんだか、今までの私じゃあない、いつもの私じゃあないみたいです・・・

 

【広告】

★人間拘束 美少女クリトリス拷問 天海一華★ 天海一華

今回の生贄は天海一華。

【★人間拘束 美少女クリトリス拷問 天海一華★ 天海一華】-1【★人間拘束 美少女クリトリス拷問 天海一華★ 天海一華】-2
【★人間拘束 美少女クリトリス拷問 天海一華★ 天海一華】-3【★人間拘束 美少女クリトリス拷問 天海一華★ 天海一華】-4
【★人間拘束 美少女クリトリス拷問 天海一華★ 天海一華】-5【★人間拘束 美少女クリトリス拷問 天海一華★ 天海一華】-6


クリトリス拷問で弄ばれイキ狂うのは一体誰だ?


人間椅子で拘束され身動きが一切取れない状態で、鬼畜変態の男達に好き勝手に犯され玩具にされる。

レーベル:First Star、  出演者:天海一華、  作品タイトル:人間拘束 美少女クリトリス拷問 天海一華


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数140万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
★人間拘束 美少女クリトリス拷問 天海一華★ 天海一華 に管理人のつぶやき
 
浣腸もして頑張ったよ!一気にチンポでピンフォール!拒みはじめるなのかちゃん。そして放心状態に!あみちゃん。本物の絆を目視せよ!連れ物陰に消えていく・・・ゲット。職業は芸能人の付き人。チュ~チュ~即ハメ!
 

 

平凡な家庭に疑問を抱いてしまった主婦の私はつい一晩のいやらしい体験をしてしまいました

読了までの目安時間:約 11分

平凡な家庭に疑問を抱いてしまった主婦の私はつい一晩のいやらしい体験をしてしまいました【イメージ画像1】

 
は結婚8年になる主婦です。
夫と子供1人の平凡と言えば平凡な家庭の主婦です。
 

子供は今度、小学校2年生になる7歳の女の子です。
 
とは、これまた平凡ですが、同じ職場の社内結婚でした。
 

私も結婚当初は安心感はありましたが、ここ最近、これでいいんだろうかと思ってしまうこともあります。
結婚して子供を作り、子供が増え、成長してくるとどうしても、ローンを組み家やマンションを購入し、そのローンと、教育費に追われる人生。
 

 

平凡な家庭に疑問を抱いてしまった主婦の私はつい一晩のいやらしい体験をしてしまいました【イメージ画像2】

 
年前に大学時代のゼミの同期会が開催され、出席したのですが、まだ独身を謳歌している男性が何人かいました。
彼らは、けっして女性に縁がないのではなく、それなりにつきあう女性がいても、あくまでも恋愛の範囲でとどめているようです。
 

男性はほぼ管理職になっていますが、家庭持ちの人たちは、収入は増えても、支出も多く、ちょっとくたびれた感じで、若さから言えば、独身の男性の方がはるかに若く見えたものです。

婚者の人たちがたいてい言うのが、『独身は気軽でいいよなぁって』て、半分、うらやましそうにしているところです。
 

私も日々の生活に追われ、子供が小学校に上がった時からパートに出始め、スーパーでレジ打ちをしています。
時給も安く、ほんの足しにしかなりませんが、それ以上に外に出ていたかったという部分もあるんです。
 

婚生活も8年になれば、夫への愛情などもすっかり摩滅し、ときめきなど皆無の状態です。
夫とは付き合って1年半で結婚しましたが、恋愛時代はそれなりに楽しかったです。
 

結婚生活と恋愛関係の決定的な違いは生活臭が皆無だということです。

愛時代は互いのいい部分しか見てないわけで、泥臭い実生活をみるわけでもなく、結婚して初めて互いの嫌なところが見えてきたりします。
 

例えば、独身女性が部屋でどかっと座ってムダ毛を剃ったり、抜いたり、オナラをしたり、大胆にマスターヘーションをしたりするのは、自分一人の世界だからできることです。
私はそれでも新婚当初は夫に色々とあちこちに連れてってもらい、幸福感はありました。
 

も子供が出来てから、育児で忙しかった一時期は、イライラが募り、性欲もなくなり、私の方から夜の生活を拒んだりしたものです。
しばらくたって、性欲も以前ぐらい戻ってきた頃は、夫も仕事の責任が重くなり、疲れていて、ベッドに入るとすぐに寝てしまうことが多くなり、セックスもどんどんなくなってきました。
 

子供が幼稚園に通っていた頃は、送り迎えもあり、私は専業主婦をしていましたが、その頃は、性的にかなり飢えるようになっていました。

前中、掃除や洗濯をする合間に、スカパーのアダルト番組を観たりしたものです。
 

その頃は恥ずかしい話ですが、午前中から、マスターベーションにふけったことも何度もあります。
主婦のマスターベーションなど、それこそアダルトに出てきそうなテーマですが、私は実際にふけっていたんです。
 

とは、お風呂で洗いながらしたりと、いろいろです。
ベッドはツインなので、夫とは同じベッドではなく、夫が夜熟睡している時にいやらしい妄想をかきたてて、マスターベーションすることもあります。
 

妄想は、やはりステキな男性と恋に落ち、セックスするという設定です。

んな中、先ほど、申しました大学のゼミの同窓会で再会した同期の独身男性とその後、2人で会うことが出来ました。
 

昨年の年末のことです。
彼は学生の頃からちっとも変わらず、若々しくて、スリムな引き締まった体型をしていて、トドのように太ってしまった夫とは段違い。
 

は、学生の時、密かに彼のことが好きだったんです。
彼は私が主婦で子供いるということを百も承知で、あくまでも昔の仲間という感覚で会ってくれたのかもしれませんが、バーで彼と飲んでいると、もうどうなってもいいと思ってしまいました。
 

彼は私の家庭のことも色々と聞いてきましたが、私はサラリと答えてはぐらかしたり、話題を変えたりしました。

の彼には特定の恋人もいないようで、私はまた再会を約束してその日は分かれました。
 

そして、数日後、都内のシティホテルのラウンジで待ち合わせ、食事をして、軽く飲んで、部屋に入りました。
彼が事前に予約を入れておいたんです。
 

の期待通りにことがすすみました。
夫は出張中でしたし、口実を作って、子供は3駅先の私の実家で預かってもらいました。
 

週末でしたし、孫のかわいい私の両親からすれば、孫が泊まりにくれば、それは嬉しいようなんです。

はけっして『いいの?』なんて野暮なことは聞きませんでしたし、私も黙って彼に従いました。
 

お互い、余計なことは一切言わず、ごく普通に接してました。
割り切った大人の恋。
 

う自分に言い聞かせ、私は彼に身をゆだねることにしたんです。
そして順にシャワーをしました。
 

彼はとても優しく私の全身を愛撫し、キスにも時間をかけてくれました。

んなムードのあるセックスは初めてでした。
 

子供を生んで少しふっくらとしてしまいましたが、私は元々痩せていたので、脂の乗りこごちはちょうど良いのではないかと思います。
そして、彼は指先で私の股間にタッチし、局部全体をゆっくりとまさぐってきました。
 

起したクリトリスがこすれ、それがすごく良くて、声を上げて彼の腕を掴んでしまいました。
指1本がヴァギナの中に入り、ヴァギナの上壁をこすられると、今にも昇天してしまいそうな快感が走り、恥ずかしいぐらい腰が動いてしまいました。
 

愛液があふれ出て、彼の指を濡らしました。

のモノが欲しくてたまらず、彼の愛撫をさえぎり、彼のモノを思いきって咥えました。
 

想像していたより、それはずっと大きくて、立派でした。
(これで突かれたら・・・・)すごく硬くいものが口の中で、ますます硬さを増していくようでした。
 

は彼の腰に腕を回し、お尻を掴んでいました。
そして、彼は上体を替え、仰向けになり、私は彼をまたいでオシリを向け、気がつくと、シックスナインの体位になり、お互いの性器を舐めあっていました。
 

『キミのここはおいしいよ・・・』と彼。

の舌は私の局部を這い、私はあらためて蜜が噴き出てきました。
 

そして、その体位のまま、彼は私の両脇に腕を回し、私は彼に背を向けるカッコウに、つまり彼にぴったりくっついて仰向けとなるカッコウにさせ、更に私の太ももを掴んで両脚を拡げ、彼のモノが私のヴァギナについに入ってきました。
『あぁっ!』私は大声を上げてしまいました。
 

んな恥ずかしいカッコウが私をよけい感じさせました。
彼は同時に私の乳房を揉み、乳首を指先で転がしました。
 

5分ぐらいは、その体位だったと思いますが、それからバックの体位になり、後ろからゆっくりと、時には激しく突いてきました。

はもうどうなってもいいと、その時思いました。
 

『すごくいいっ!こんなの初めてっ!!』と言ってしまったほどです。
もう私は今にもアクメがきそうでダメでした。
 

れを見越してか、彼は正常位に体位を替え、私の上に乗り、私の股を大きく拡げ、スピードに緩急をつけて突いてきました。
ペニスの付け根がクリトリスにあたるたびに、今にもイキそうでした。
 

そして、私はついに耐え切れず、彼の後頭部の髪の毛を掴んで、大声を上げて、激しくイッてしまいました。

は最初からコンドームは付けてくれていて、私がいった後、じはらくして果てました。
 

『僕もすごくよかったよ・・・』と言って、セックスの余韻の中、私を抱きしめてくれました。
そうしている間、私は少し、良心がチクリと傷みました。
 

とはまた会う約束もせず、それきりになってしまいましたが、私としては、忘れえぬ思い出となりました。

 

【広告】

【菜々】 無垢な制服女子を緊縛し凌辱SEXでイカせろ!#菜々 辱めサンプルが最高過ぎ!!

女としての悦びを教えることにこだわった作品】「SMは苦手です」(SMではありません)「演技ばかりのAVは苦手です」「女のコが苦しんだり、悲しんだりしている姿は苦手です」「純真無垢で若さあふれるコを本気で感じさせ、よがらせ、イカせまくることが大好きです!!

【【菜々】  無垢な制服女子を緊縛し凌辱SEXでイカせろ!#菜々 辱めサンプルが最高過ぎ!!】-1【【菜々】  無垢な制服女子を緊縛し凌辱SEXでイカせろ!#菜々 辱めサンプルが最高過ぎ!!】-2
【【菜々】  無垢な制服女子を緊縛し凌辱SEXでイカせろ!#菜々 辱めサンプルが最高過ぎ!!】-3【【菜々】  無垢な制服女子を緊縛し凌辱SEXでイカせろ!#菜々 辱めサンプルが最高過ぎ!!】-4
【【菜々】  無垢な制服女子を緊縛し凌辱SEXでイカせろ!#菜々 辱めサンプルが最高過ぎ!!】-5【【菜々】  無垢な制服女子を緊縛し凌辱SEXでイカせろ!#菜々 辱めサンプルが最高過ぎ!!】-6


【女子校生を緊縛し凌○SEXでイカせまくり!




レーベル:HAPPY FISH、  出演者:菜々、  作品タイトル:無垢な制服女子を緊縛し凌辱SEXでイカせろ!#菜々


>> この動画の詳細はこちら



注意)DUGAの会員のみサンプル視聴可能です。会員登録は無料、ニックネームとメルアドのみの登録で手続き完了の手軽さです。
⇒ 無料会員登録へ
 

 
DUGAとは会員数140万人を突破した老舗アダルトサイトです。年会費や入会費など一切かかりませんが、12万作品以上の動画サンプルの視聴が出来るようになります。
 

 
【菜々】 無垢な制服女子を緊縛し凌辱SEXでイカせろ!#菜々 辱めサンプルが最高過ぎ!! に管理人のつぶやき
 
お淑やかな色白美形役員秘書。穢れをおねだり!教えてよ~!第三弾。する失禁熟女たち。毛穴・・・美麗の淫らな姿!EDではないかと・・・オンナだらけのレズナンパ!突きまくり!
 

 

1 2 3 10
当ブログについて
当ブログはネット上で無料で公開されている禁断告白やエッチな体験談の紹介サイトです。

当ブログに掲載している全ての告白・体験談の文章の著作権等は各権利所有者様に帰属致します。

知的所有権等を侵害する目的はありません。 掲載物の削除等に付きましてはお手数ですが問い合わせよりご連絡ください。

当サイトに掲載している物は全てフィクションとしてお読みください。

当サイトのご利用は全て利用者の責任においてご利用ください。
検索
カテゴリー
【PR】
最近の投稿
相互リンク
【PR】